プロフィール

ヒゲ館長

Author:ヒゲ館長
◆書いてる人: ヒゲ館長

◆美術館の名前:
 花合野(かごの)美術館
<湯布院バイロス美術館>

◆開館日:不定
 (することが無い閑な日)

◆開館時間: ??
 (気が向いた時間だけ)
   
◆入場料:500円
(中学生以下無料)
※館長が気が向くと由布院で二番目に不味いコーシーが飲めます!

  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 久しぶりに濃???い朝霧です。見ているうちにドンドン濃くなってきました。
11220001.jpg
 予報だと今日の最低気温はマイナス1度と言うことでしたが、今の気温は0度でした。
11220002.jpg
 それでもご覧のとおり、しっかり霜が降りて、霜柱も立っています。
 天気は晴れ、三連休のうち、今日が最高のドライブ日和だとのことでした。各地の紅葉も一番の見ごろすぉ迎えているそうです。
 さて、今日の由布山が見えないので、代わりに昨日撮っていた由布山の写真を二枚、お見せしましょう。
<晩秋の由布>
11210002_20081122072532.jpg
<初冬の由布>
11210001.jpg
 少しは、写真の腕が上がっているのでしょうか?
 今日ドライブで来られたら、たぶん<晩秋の由布>の方が見られるのではと思います。

 昨夜遅くに、カミさんを南由布駅に迎えに行きました。ご近所の方が、お花などを飾り綺麗にしてくれていました。
11210003.jpg
 で、待合室に飾られていた[ビックリ!]です。
11210004_20081122073056.jpg
 大きな(ひょうたん)でしょうか?良いですね?!このセンスの良さにはビックリでした。
 で、今日の【気まぐれ写真館】は、≪夜の蝶≫言い返ると【蛾】です。
11210005_20081122073453.jpg
 肉眼では、黒い戦闘機[ステルス]の様でしたが、写メで撮ってみると木の葉の形でした。
11210006_20081122073516.jpg
 寒いのでしょうか、全く動きません。夏場にはたくさん居たのですが、少なくなりました。それに色も地味?になってきたような気がします。
 相変わらず【ヤママユ】は、見つかりませんね?!
 さて、今日は吾輩の変なコレクションを紹介しましょう!何と・何と、武器です。
<ブーメラン>
11170001.jpg
 一度紹介したものです。オーストラリアの美術ギャラリーで購入してきました。武器と言うより美術品です。アボリジニーアーティストの作られたものです。葉っぱがコアラの好物のユーカリの木でできています。けっこう重いものです。
<竹の鞭>
11170002.jpg
 同じ太さの竹を三本組んで作っています。娘のお受験に付いて行って、鹿児島に行った時に骨董品屋さんで見つけました。薩摩藩の上級の武士が馬に乗る際に使っていたと言っていましたが????。もしかしたら幕末の志士が使ったかも?[んん!]篤姫が、そんな訳ないな?。
<長十手>
11170004.jpg
 鋼鉄の十手です。嘘ですよ?!これも以前紹介していますが、少し育っています。裏の畑を掘っていて出てきた鋼鉄の資材が錆びたものですが、良い鉄味になっています。ヤフオクに十手で出してもとおると思いますよ。まあ、一生懸命磨いて育てたので愛着が湧いてしまいましたので、売ることはありませんけどね。
<サタンの爪>
11170005.jpg
 北九州のアジアングッズを扱っているお店の隅で見つけた銀で出来た爪です。これこそ男のネイルアートです。今頃の(ガキ)が、女性のネイルのマネをしてやってるのとは違いますよ。やっぱり男はこうでなくっちゃね!ワイルドで悪魔的、良いでしょ。銀なので結構高かったですが、柔らかいので本当の武器にはならないですね。
<スパイダーマンの肩たたき>
11170006.jpg
 娘からの大阪のユニバーサルスタジオのお土産です。これだって武器になりますよ!
<仕込み槍>
11170003.jpg
 本当の武器です。もっとも刃の部分は錆びてしまって、実用にはならないですけどね。
 今日は、チョッとマニアックでしたかね??
スポンサーサイト

コメント

返事ありがとうございます。

昨日は早速の返事ありがとうございます。
こちら北九州も今日は久しぶりにいい天気で、少し寒さも和らいだようです。

私は今年バイクを購入し、3年ぶりにツーリングを楽しんでいます。
由布院の近くまで時々バイクで行きますので、ぜひ立ち寄らせていただきます。

こちらのブログにも、時々お邪魔させていただきます。
どうぞよろしく。

けんしさんへ

バイクですか。門司港に大型バイクに乗って良く来てくれる私の友人がいますよ。いつかわが美術館で鉢合せになると良いですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kagonomuseum.blog120.fc2.com/tb.php/432-6ef626a8

たかが湯布院されど湯布院

何気にはまってる湯布院。インターネットには沢山の湯布院に関連したブログやHPが...

Powered by FC2 Blog