FC2ブログ

プロフィール

ひげ親父

Author:ひげ親父
◆書いてる人:

【元】花合野美術館のヒゲ館長



  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 今朝は、シッカリ青空が拡がって居ます。
DSCN6645[1]
 そのせいで、放射冷却現象が起こったのでしょう!気温の方は、<一寒一温>の予想を裏切って、昨朝に続いての氷点下、マイナス3℃です。
 でも、何んと無く日差しに温かみを感じます。
 まだ2月・・・・・ウ~~~~ン春はまだまだですよね。

 さて昨日です。

 午前中は、明後日の会議の準備でした。
 今年度の決算の確認と会議後の慰労会の食べ物や飲み物の手配でした。
 農協に行って、お金を下ろしたり、料理屋さんへ確認を入れたり・・・・でした。

 お昼からは、ヤフオクに出品中の作品を見たいと云う方の接待でした。
 駅まで迎えに行ったり、コーヒーを出したり・・・・・。
DSCN6646[1]
 北九州から汽車を乗り継いで、態々、一枚のこの絵を見に来られたのでした。
 で、見られた後、すぐに駅に戻って、帰って行かれました。もちろん、送って上げました。
 世の中には、吾輩に似た方が結構居られるようです。

 その方が、帰られた後はボ~~~ッとでした。

 夜、Eさんがゴルフの打ち上げに出掛けると云うので、温泉の時間をずらして街まで送って行きました。
 「俺たちも、知らん顔して、その飲み屋で夕食するか?」何て、カミさんに言いましたが・・・まあ、日曜も在るので、遠慮しました。

 さて、今日も出品!出品!!!


<余談>
 またまた【ふれあいの郷】の話です。
 いまDVDで見ている処は、八千草薫さんの姫に、終戦直前に特攻隊の若者に逢いに行ったことをドラマ化するために向井理扮するシノと云う人気俳優に逢わせると云う処です。で、石坂浩二さんが姫に、その話を聞かれたら・・・・と云う場面で、姫が激しく拒否するのですが・・・・。この場面を見て、私に思い当たることが在りました。私が、おふくろに兄と姉が満洲の暴動で亡くなった様子を聞いたことが在りました。おふくろは、姫のような拒絶はしませんでしたが、ハッキリとは話してくれませんでした。結局、うやむやになったことを、おふくろが無くなった後に悔んだのですが、多分、聞いたとしても・・・・姫の話の様に、聞いてはいけないことだったのかもしれません。
 もう何年か後に、あの世で会って、亡き姉と兄と一緒に雲に腰かけて聞きましょうかね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kagonomuseum.blog120.fc2.com/tb.php/3301-037c5aae


Powered by FC2 Blog