プロフィール

ひげ親父

Author:ひげ親父
◆書いてる人:

【元】花合野美術館のヒゲ館長



  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 今朝も、ご覧の様に、日の出は観れませんでした。
DSCN3746[1]
 この処、朝霧や霧雨、霞等の為に日の出が隠れて見えません。お陽様は、かなり昇ってからお月さまの様に薄ぼんやりと見えます。
 でも、日中は暑い・・・・と云うか蒸し暑いです。湿気が多いせいでしょう!
 と云うことで、キノコが・・・・ 
DSCN3739[1] DSCN3743[1]
 芝生の中とクヌギの庭木の中に生えて来ました。白珠と黒球です。生えて来た場所が違うと似た形でも色が違うようです。
 一方、お花も咲いて来ました。
DSCN3744[1] DSCN3745[1]
 ミズヒキとヤブランです。花穂を伸ばすのは同じですが、花の形と色が違って・・・・まあ、そんなところです。

 さて、昨日も又二点ほど新たに出品したので、現在二十点ほどがヤフオクに出ています。
 一週間が締め切りで、入札が有れば落札、無ければ自動更新になります。
 安い金額での出品なのに入札無しだと、ガックリです。とは言っても、落札されてもほとんど競らないので腹が立ちます。まあ、仕方ないですが・・・・。
 今日も、一点送付して、又二点ほど追加出品しましょうかね!! ≪ひとつひとつ、コツコツと・・!≫です。

 ところで、先日亡くなった先輩の娘さんのブログが再開されていました。良かった!です。
 しばらく休止していたので、心配でした。生前のお母さんの写真なども掲載され、亡くなられたこともシッカリ書かれていました。どうにか前を向いて行けるようになったようです。先輩は、生前持病と戦われている娘さんのことを大変心配されて居ましたので・・・・本当に良かった!!
 ガンバレ!頑張れ!!です。

 吾輩も、頑張らねば!!!!




<余談>
 この掛け軸を見て、フト先日の国会を思い浮かべました。
DSCN3747[1]
 天桂と云う方が詠んだものですが、『奈るさへの 石亀ドンジョウ 泥に棲むよし 田螺云うを 臍の笑うぞ』です。
 同じ穴の狢(むじな)どうしが、貶し合っても・・・・新聞記者の質問の方が鋭いですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kagonomuseum.blog120.fc2.com/tb.php/3141-7bdf8068


Powered by FC2 Blog