プロフィール

ひげ親父

Author:ひげ親父
◆書いてる人:

【元】花合野美術館のヒゲ館長



  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 今日は、ご覧のように曇りです。
DSCN3457[1]
 由布岳の山頂には、ご丁寧にも、綿帽子の様な雲も掛って居ます。
 今日は、『河川愛護デー』で大分川の護岸の草刈りです。75歳以上の方を除く区民全員での奉仕作業で、由布市でも湯布院町だけの行事だそうです。大分川も庄内に入ると谷が深くなるからでしょうか?
 昨日の猛烈な暑さと日照りが少し緩和されていますので、役員の一人として少し安心です。

 さて昨日、この湯布院で柄本明さんと東京乾電池の役者さんの劇が観れました。
DSCN3458[1]
 内容は、かなりブラックユーモアと云うか、テレビで見て居る柄本さんの役柄とは全く違うシュールなものでした。
 元々、去年の四月に開催される劇だったそうですが、地震の翌日で御本人たちも地震に遭遇されたそうで、中止になったそうです。で、今年、開催になって、偶然私は観る機会を得た次第です。
 途中、多分アドリブでしょうが、地震のことをセリフでそれとなく入れて下さっていました。「前夜祭でお酒を呑んで、丁度、お便所に入って居て地震に会った。もう無いでしょう!」でしたが、昨夜も地震が・・・・・・またお便所でビックリ!だったのではないでしょうか??亀の井の中谷さんに「柄本さんが来ると地震も起こる!」って言われているのでは???

 ところで、あの複雑で長いセリフを覚えるとは・・・・・役者さんも大変な仕事だと感心でした。テレビの対談で、柄本さんが「自転車に乗って、セリフを覚えながらブツブツ言って居るので、変な危ないおじさんに見える・・・」と言って居られましたが、そうなんだろうな~~~!でした。
 若くて綺麗な女優さんが最後にヒラヒラのスカートを頭の上まで捲り上げるのは、これも役者って本当に大変だな~~~~!でした。
 席が、一番前しか空いて居無かったので、まさに[かぶりつき]で、すぐ目の前で観ることが出来、とても良かったです。
 夜の部だと、懇親会に出席できたようですが、そこまでの贅沢は言えません。

 さて、朝飯を食べて出陣しましょうかね!!!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kagonomuseum.blog120.fc2.com/tb.php/3126-32517765


Powered by FC2 Blog