プロフィール

ヒゲ館長

Author:ヒゲ館長
◆書いてる人: ヒゲ館長
◆美術館の名前:
 花合野(かごの)美術館
 <湯布院バイロス美術館>
◆開館時間: 9:00~17:00
(早起きしたら早く開け、夜更かししたら遅くまで開いてます)
◆休館日:不定休(突然の休館に注意!)
  ◎4月の休館日
   5日~7日
  
   
◆入場料:500円
(中学生以下無料)
 ※館長が気が向くと由布院で二番目に不味いコーシーが飲めます!

◆開催中の企画展
 閉館の企画
 【FINAL展】
  [会期; ~5月末]  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 いよいよ今年も大晦日です。
 地震から大きく狂った日常でしたが、ようやく歳が暮れます。
 建物の傷みは、どうにかなりましたが、何がどうなのか上手く表現できませんが、私を囲んでいる空気?雰囲気?感覚でしょうか?少し以前と違います。
 今年も日本各地でたくさんの方が地震や火事等々で被害を受けましたが、その方たちも同様に、否、もっとその感覚が強いのではないでしょうか。歳が改まったからと言って、何も変わる訳では無いのですが・・・・・何かを契機にして、一新せねば!です。
 今夜、「ゆく年くる年」の除夜の鐘を聞き、お隣の神社にお参りをして、新しい年の神をお迎えすることにしましょう!!!

 さて、その大晦日に朝のお山です。
DSCN1819[1]
 キンキンに冷え切って居ます。
 北九州が寒いと言っても6度くらいでしたが、こっちはマイナス4度の世界です。此の地が本当に九州かいな?と疑わしくなります。
 車も、ご覧のとおりです。
DSCN1818[1]
 カチンカチンに凍りついています。
 この気温だと、寒いや冷たいを通り越して≪痛い!≫です。
 車に付いた寒さの印で判ります。
DSCN1816[1]
 針の様な結晶や傷の様な霜です。車も痛そうです。

 さて昨日です。
 娘(次女)と孫(2歳と4歳の男の子)の三人を新幹線に載せて見送りました。10日間でしたが、物凄~~~~~く、疲れました!!!
 孫が可愛いなんて唄がありますが、何が!です。チビッ子ギャング何てものではありません。豆台風でした!
 と云うことで、送りだした後は、台風一過の清々しい?ホッと一息でした。一旦家に引き返して、持って帰って居た布団一式や余った食料などを車にギュウギュウに詰め込んで、スーパーで正月の用品を少し買って、出発でした。
 息子が大分空港に19時に到着するので、時間をつぶしながらのドライブでした。
 で、真玉海岸で休憩でした。
DSCN1810[1]
 夕陽が沈む光景を撮ろうと写真家さんがウジャウジャでした。
 子供たちが小さかった頃に、何度か泳ぎにつれて来た場所ですが・・・・・様変わりしてしまいました。昔は、定置網がアチコチに在ったのですがね。

 友人と良く海水浴に行った海岸や婚約までして解消されてしまった女性とデートした海岸へも立ち寄りました。どこも、思い出の中の景色とはかなり変わってしまい、ちょっこし寂しい気分になりましたが、仕方ないですね。

 暗くなってしまいましたので、空港へ向いました。1時間ほど前に到着でしたが、帰省の家族を迎えに来た車で一杯でした。
 10分ほど遅れて飛行機が無事に着きました。で、息子を載せて更にギュウギュウになった車で美術館へ戻りました。
 で、早速この作業でした! 
DSCN1821[1]
 新しい年の神をお迎えをするしめ縄飾りと区から届いていた門松の張り絵です。
 先日見たテレビ番組で、「一夜飾り」はいけないと言っていましたので、昨日中に飾らねば!でした。
 
 さて、今年最後の作品紹介です。
DSCN1801[1]
 大分ゆかりの作家 釘宮對宕 の『春近し』です。

 では、今日はお正月の準備で大忙しです!!!!!
スポンサーサイト
 今朝は、ご覧のように雨でした。
DSCN1805[1]
 現在は、晴れ間が見えています。
 
 さて、今日から、年末の休館です。
 30日には戻ってくる予定ですので、年始のブログは書けそうですし、開館も出来そうです。
 それまでは、暫しのお別れです。

 さて昨日ですが、何と無く運の無かった一日になりました。
 と云うのも、カミさんが、里帰りする娘と孫を迎えに東京へ向ったのでしたが、何んと飛行機がトラブッて飛びません!!
 13:10発の飛行機が何んと18:30の出発になりました。しかも、接続の列車にも間に合わず、娘のところに辿り着いたのが10時過ぎでした。
 私は、こちらでヤキモキの連続でした。
 辿り着いたのを確認して、温泉にも行けずに、自宅の風呂に入ったのですが、何んと風呂の蓋にカメムシが泊って居ました。で、例の臭い一発をかませられてしまいました。

 最悪に一日でした。

 それでは、今から北九州へ出発します。

 オッと忘れていました! 
DSCN1798[1]
 昨日の昼間に見せてくれた不思議な光景の一枚です。
 今日は、こんな空模様なので、雨でしょう。
DSCN1791[1]
 気温は、一昨日・昨日とは大きく違い、何んと6度も在ります。
 二日間の氷点下の気温のせいで、今朝の気温がとても暖かく感じます。まあ、いずれにしても、後10日足らずで、来年です。理想としては、年末はホワイトクリスマスで、正月はお天気に恵まれ暖かくなれば最高ですが・・・・そんなうまい話にはならないかな~~~?

 では昨日です。

 気になって居た伐採した大量の枝の処理です。で、思い切って焼くことにしました。
DSCN1770[1]
 風が無いこととご近所に洗濯もの等干して居無いかを確認して、焚火を点けました。
 霜で少し濡れていましたが、柘植の枝を入れると勢いよく燃え上がりました。
 で、当然、焼き芋でした。
DSCN1777[1]
 かなり一杯焼いたのですが、アチコチご近所に配ってしまいましたので、結局、この二つしか残って居ません!「俺って、何て好い奴なんでしょう!」(全部配ったら、アンポンタン!二つ残すところが味噌です。)

 ついでに、前庭の落ち葉もかなり焼きましたが、何せ量が凄かったので、ひとまず袋に貯めました。
 で、ご覧の様になって居ます。 
DSCN1792[1] DSCN1793[1]
 貯めた落ち葉が二袋にギュウギュウです。
DSCN1794[1]
 袋さえ在れば、もっと綺麗に片づけられたのに・・・・・残念!
 そうこうしている間に、焚火も綺麗に灰になりましたので、その灰を畑に撒きました。
DSCN1796[1] DSCN1790[1]
 溜まって居た枯れ枝も、どうにか半分程になりました。また、その内に焚火で枯葉と一緒に片付けましょう!

 さて、昨日も、こんな戴きものが在りました。
DSCN1789[1]
 来年のカレンダーと膝掛けです。近所の電気屋のご主人からですが、忙しいのでしょうソッと置いてありました。ありがとうございました!!!

 では、今日の作品紹介です。 
DSCN1774[1]
 木下克巳の『蛾』です。

 さて、明日から来年の3日まで、年末年始休館です。
 本当は、30日に帰って来ますので、開いているのですが・・・・色々あるカモ?なので。
 ブログもお休みですが、美術館に居たら書きますので、年末のあいさつは後日です。ではでは!!!

<一句>

「年の瀬の 締めはやっぱり 酒一献」

 今朝も、ご覧のように霧が出ています。
DSCN1766[1]
 お天気は晴れでしょう。で、気温は、マイナス2度ですが、昨日から地面が冷え込んでいますので以前のマイナス2度より体感的には遥かに冷たいです。
 クリスマスや正月が近づきて来ている感じが強くなって来ています。

 では昨日です。

 午前中、吾輩は年賀状のあて名書きでした。コメントを入れるつもりでしたが、余白を作り忘れたので、そのまま出さねばならなくなってしまいました。まあ、お陰で楽でしたが・・・・・。
 カミさんは、前の晩から取り組んでいた甘酒作りでした。
DSCN1751[1]
 前回までは、古いもち米が残って居ましたので、それで作りましたが、今回は古いお米で作ってくれました。で、味の方はと云えば、やっぱりもち米の方は美味かったです。
 それでも、夜の晩酌に5:5のお酒と甘酒のブレンドを作って呑みましたが、呑み口がまろやかになってとても美味しかったです。

 午後は、お散歩でした。
 気が付きませんでしたが、地震で裂けてしまっていた遊歩道がいつの間にか仮補修がされていました。
DSCN1759[1]
 随分と歩き易く成りました。
 川面には、いよいよたくさんの鴨が来ていました。
DSCN1762[1]
 変わった鳥も渡って来ていました。
DSCN1755[1] DSCN1757[1]
 ニュースで、渡り鳥が鳥インフルエンザを運んでくると言っていました。湯布院は、養鶏をされている農家があまり見掛けませんが、鳥の死骸を見つけたら、即、保健所に電話します!!!

 では、今日の作品です。
DSCN1769[1]
 智内兄助さんの『花弁』です。

 さて今日は、21日から30日まで北九州で里帰りして来る孫の守です。で、孫の受け入れの為にいろんなものを持って帰る準備をして置かねば!です。 
 今朝は、今季最低気温の更新です。なんといきなりのマイナス6度です。
 寒いから冷たいと昨日書きましたが、もう痛い!の段階まで来てしまいました!!!
 そのせいで、この光景です。
DSCN1745[1] DSCN1744[1]
 霧が盆地覆い、地面も霜で真白です。
DSCN1746[1]
 おばあちゃんの畑も、霜が降りて居ると云うより、凍りついていると言った方が合って居ます。

 では昨日です。
 午前中は、年賀状の文言や写真を考え、そして印刷でした。
DSCN1748[1]
 結局、二種類にしてみました。
 午後は、こんな良いお天気でしたので、久しぶりにお散歩でした。
DSCN1736[1] DSCN1735[1]
 暖かい日差しに、山頂の積雪が、少し減って居ます。
 神社の木々が葉を落として丸裸になってしまい、カラスが作った巣が丸見えです。
DSCN1738[1]
 来年もこの巣にやって来て、子育てをするかな~~~?です。
 辻馬車の仕事を終えた馬さんが、ノンビリして居ました。
DSCN1739[1]
 大分川の堰では、今年も鴨が、羽を休める姿が見れる時期になりました。
DSCN1741[1]
 水草や藻が少なく成るのですが、水が澄んで魚が獲り易く成るのでしょうか?
 これから迎える冬は、仔鴨には大きく育つ季節ですが、仔魚にとっては生き残りの試練の季節ですね。

 散歩から帰り着いたと同時に、バーテンダーさんが来てくれました。
 相変わらず、吾輩の淹れるコーシーを飲みながら、取り留めの無い会話で、楽しいひと時が・・・・二時間半ほどゆっくりとされて帰って行かれました。今年は、これが最後かな~~~?

 では、今日の作品です。
DSCN1743[1]
 石田賢礼さんの『少女図』です。
 この絵も、オークションに作者不詳で出品されていましたので、安く手に入れました。吾輩は、KENREIのサインを見て、石田さんの作品だとすぐに判りました。

 さて今日は、印刷の済んだ年賀状のあて名書きに精を出しましょう!!!
 今朝の気温は、マイナス1度です。
 お天気は、ご覧のように晴れです。
009_20161217084644caf.jpg
 風も無いので、だんだん暖かくなってくれるのではないでしょうか。

 では、昨日です。
 初積雪でしたので、朝温泉に行こうとしたら、車がご覧の有様でした。
DSCN1669[1]
 カーシート掛けを考えましたが、もう少し様子を見ます。
 さて、午前中ですが、カミさんはパッチワークの講座?(単なる集まり)に出かけました。
 私の方は、忘年会の会計処理などで農協に行ったり、パソコン処理したりでした。
 終わってからは、店番でしたが、フト年賀状に使う写真を何にしょうか?が浮かびました。
 由布岳には雲が懸って居ましたので・・・・・・鳥?と云うことで、これを引っ張り出して来て撮影でした。
DSCN1709[1]
 森本眞象さんの『文鳥』です。
 でもなかなか上手く撮れません。これが十枚ほど撮った中で一番良いかな?の作品ですが・・・・・。

 と、電話が入りました。
 「ユズ練を玄関に置いてるから。」と、老人会の副会長さんからでした。
DSCN1689[1]
 慌てて、玄関に行ってみると、此れが置かれていました。ありがとうございました!!!
 大きな音量で音楽を聞きながら写真を撮って居たので気が付かずにスミマセンでした!!!

 次いで、昔の同僚(先輩)からも電話が、「今年は、喪中だったかな~?」「違いますよ!」でした。年賀状の準備中だったようです。で、近況を聞くと、「カミさんが10月に脳梗塞で倒れて、今、リハビリ中だ。自分も、昨日から突然脚が動かない。」で、ビックリでした。くれぐれも自愛するように、伝えましたが・・・・・。

 お昼過ぎに、もち米が届きました。
DSCN1725[1]
 いつも頼んでいるSTさんのところが、今年は出来が・・・・・。と云うことで、NSさんに相談したら、手に入れて来て下さいました。ありがとうございます!!!!これで、お正月が迎えられそうです。

 カミさんが、Nさんを連れて帰って来ましたので、コーシーを淹れて、おしゃべりをして居ると由布岳の雲がとれました。  
DSCN1696[1]
 これも何枚も撮って、年賀状に使えないか?でした。
 夕方、由布岳を見ると夕陽に染まって、「夕焼け富士」でした!!
DSCN1726[1] DSCN1727[1]
 カメラでは、あの姿が撮れませんね。残念!!!本当に綺麗でした。

 では、今日の作品です。
DSCN1733[1]
 今日の作品は、松井ヨシアキさんの『女』です。

 由布岳と文鳥のどっちを使いましょうかね~?

<余談>
 プーチン大統領が来ましたが、私は、ロシアが大嫌いなので、どうでも良いです。ラス・プーチンと云う怪僧をついつい思い浮かべたりです。
 私の二人の兄弟が、ロシアの裏切りに寄る参戦で、餓死と云う悲惨な最期でした。もちろん、私は産まれて居ませんでしたが・・・やっぱり、信用できない国だと思っています。
 それより、スペースワールドの閉園の方が・・・・・・残念だな~~~!!
 とは云うものの、私自身は、1回しか行ったことが無いので・・・・・申し訳なかったな~~~です。
 今朝は、ご覧のように今季初の積雪になって居ます。
DSCN1661[1] DSCN1662[1]
 これで晴れて来て、お山の写真が撮れれば、年賀状に使えるのですが・・・・・?
 気温は、マイナス1度と、それほどではないのですが、この雪のせいで、体感的には非常に冷たく感じます。
 西の空には、有明の月がお隣の神社の杉とコラボして居ました。
DSCN1663[1]

 では昨日です。
 朝イチの神社清掃は、雨の為中止で、10時半からの定例から始まりました。もっとも、私は、9時前に公民館へ準備のために出勤でした。

 と云うことで、ほぼ半日が宴会でした。
 帰って来ても、酔っ払っていますので、炬燵に入ってウトウトでした。
 夕方、温泉に入って、ようやく酔いも醒めて来ました。
 で、夕食は此れでした。
DSCN1660[1] DSCN1657[1]
 忘年会では、ほとんどお弁当を食べずに呑んでばかりでしたので、マルマル残った弁当と予備のお弁当を買って来ました。それと余った漬けものもいただいて来ました。流石に、お酒は無しでした。

 昨日も、こんな楽しい一日でした!!!

 では今日の作品紹介です。
DSCN1665[1]
 斎藤 研の『港の女』です。

 さて、昨日、カミさんが年賀状を買って来てくれました。
DSCN1667[1]
 年金を貰ってから、お菓子屋さんに買いに行くつもりでしたが、郵便局に用事が在ったので、そのついでに買って来てくれたようです。
 年賀状の受け付けも始まりましたので、吾輩も、書かねば!です。
 今朝も、ご覧のように由布岳は雨雲の中です。
DSCN1655[1]
 晴れが続けば、雨も続くようです。イヤ~~~~な予感が当たったようです。こうなると、次は・・・雪??
 このお天気ですので、気温は4度。少し下がって来ましたので、雪に繋がって行く予想も強ち(アナガチ)外れて居ないのかも?です。

 では昨日です。

 午前中は、娘の結婚式の打ち合わせに同行するカミさんを駅に送って行き、その脚で今日の忘年会の買い出しでした。(私も、行きたかったのですが・・・・・)
 銀行でお金を下ろして、お肉屋さんへ・・・・・・と、何んと、休業日!!!!!
 さて困った!でした。唐揚げの予約と地鳥肉を買う筈でしたが・・・・大慌てで、会長さんへ電話でした。と云うのも、数日前からいつもの唐揚げ屋さんへ連絡をして居たのですが・・・繋がらず、会長と相談して、お肉屋さんに頼む予定でした。
 会長にも連絡が付かず、仕方ないので、最期の電話といつもの唐揚げ屋さんへ電話したら・・・・・繋がった!でした。数日、留守をして居たとのことで、無事に今日の唐揚げを頼めました。直後に、会長とも連絡が着き、一安心でした。
 お酒とビールも注文し、具材の調達も終えて、無事終了でした・・・・・が、買わないで良いと思っていたジュース類を確認すると、お茶の類が全く無いことが判明、またまた、スーパーへ・・・・バタバタでした。
 お昼からは、先日亡くなってしまった先輩を偲ぶ会の打ち合わせでした。北九州のことなので全て電話でした。
 皆さん、それなりにお年を召されて居ますので、お昼にやることにしました。で、私目の都合で、何んと25日=クリスマスです。場所は、戸畑のど真ん中。幹事の役得です。
 地域の皆さん、この処、忘年会が続いているようですが、吾輩は今日の老人会の忘年会だけですので、これでやっと一つ増えました。もうひとつぐらい・・・・・まあ、今日が終わってからですね。(現職時代は、一日置きに忘年会でしたが・・・・・健康的になったようです。)

 で、後はこのパンフレットを眺めて過ごしました。
DSCN1653[1] DSCN1654[1]
 古裂会さんのパンフレットです。今回は、右の写真のデキャンタが・・・・・紫色のガラスの切子のデキャンタです。こんな入れものにワインを入れて・・・・俺って、日本酒しか呑まないんで要ら無いですね。
 夜、温泉から帰ってきたら、区長さん=下の畑のご主人から電話でした。「蕪を置いといたから!」でした。
DSCN1651[1]
 真っ暗になった玄関脇に、置かれていました。ありがとうございました!!!!!
 またまた、戴きもので一日が終わりました。

 今日の作品紹介です。
DSCN1652[1]
 友江久幸さんの『風景(廃屋)』です。

 今日は、朝の神社清掃が雨の為中止になりましたので、10時30分から会議で、即、忘年会です。(その会議も、新年会の打ち合わせです。遊ぶことばっかりです。)
 今朝もこんな空模様です。
DSCN1650[1]
 晴れが続くと書いたら雨になり、氷点下の季節に入ったと書いたら、昨朝・今朝と8度です。ウ~~~ン、困ったものです!
 去年の初積雪が12月17日の朝でした。今年は、暖かいから・・・・・・て、書いたら雪が降るかも????

 では昨日です。

 雨でしたので、することも無しでした。
 カミさんが、折り紙でリーフを作ってくれました。
DSCN1640[1]
 昨日一日やって居ましたので、三つもぶら下がって居ます。

 さて、私目はですが・・・・郵便が二つ届きました。
 まずは、此れです。
DSCN1642[1] DSCN1648[1]
 版画堂さんのパンフレットです。
 今回も、素晴らしい作品ばかりです。特に、鶴田吾郎の女性像は・・・・良(好)いな~~~!!です。中村 彜が同時代に居たばかりに陰になってしまいました。この人の描いたエロシェンコ氏像も素晴らしいと思いますが・・・・。この他にも恩地孝四郎の油絵や谷中安規の作品も載って居ましたが・・・・残念ながら、美術館の閉館を考えている私には、縁が無くなって来ました。
 もうひとつが、いつも利用して居る旅行会社のパンフレットです。
DSCN1646[1] DSCN1645[1]
 このパンフレットを見て、カミさんがビックリシャックリの嬌声を上げました!!!右のツアーです。何んと、レンソイスのツアーの募集です。一番行きたかった場所でしたが、そんなツアーは無いだろうと諦めていました。冥土の土産に・・・なるかも???時期も、地域の行事の無い頃なので、借金しても行かねば!です。
 カミさんが、「絵を売りなさい!」で、私も「よっしゃ!!!!」本気で考えねばならなくなったようです。

 さて、閉館を前にした PRE FINAL 展の作品紹介を始めましょう。まずは此れです。
DSCN1640[1]
 狩立友広の『山の妖精(ポケポケ)』です。

 明日は、老人会の忘年会です。朝の神社掃除も在りますので、ブログは書けないと思います。

 久しぶりの雨?の様です。(撮影時は降って居ませんでした。)
DSCN1636[1]
 お山も、ご覧のように雨雲の中です。このお天気のせいで、気温が8度も在ります。昨日のブログで氷点下の季節に入ったと書いたばかりなのに・・・・・。
 さて昨日です。
 ようやく、展示替えが終わりました!!
 ロビーと廊下の展示風景です。
DSCN1620[1] DSCN1621[1]
 大小和室です。
DSCN1624[1] DSCN1626[1]
 図書展示室とバイロスの常設展示室です。
DSCN1625[1] DSCN1622[1]
 バイロスが孵って来ました!
 喫茶展示室です。
DSCN1634[1] DSCN1632[1]
 サンタさんもやって来ています!
 と云うことで、

   今日から 【 PRE FINAL 展】 の開幕で~~~~す。

 で、展示替えの作業が終わった直後にEさんからの差し入れが在りました!
DSCN1635[1]
 白菜と大きな人参です。
 ありがとうございました!!!!!

 しばらくEさんとコーシーを飲みながら談笑をした後、名札を付ける作業でした。
 すべたが終わって、ホッと一息をついて居ると、神社から音が聞こえました。出向いてみると老人会のお二人が枯葉の片付けをされていました。もう終わりかけていましたが、ついでに少しだけお手伝いでした。

 夕方は、石松温泉でユックリ・湯ったりでした。

 さて、ボチボチ年賀状の準備をせねば!!ですね。

<余談>
 先日の続きの鳥インフルエンザですが、このウイルスって、変節して毎年流行するインフルエンザ菌として人間にもうつりますよね。だからインフルエンザのワクチンは鶏の卵で作って居ます。
 で、疑問です。他の動物にもうつるのでしょうか?たとえば狸とかイノシシや鹿は罹るのでしょうか?聞いたことが在りませんよね。言いたいことは、猿が罹るのかってことです。ニホンザルがインフルエンザで死んでいた何てニュース聞いたことが在りません。だったら、何で人間にはうつるのか??

 話は突然変わりますが、旅行バトって聞いたことが在りますか?
 アメリカ大陸全土を覆うほど何百万羽も居たそうです。が、現在は絶滅したそうです。アメリカに渡った移民がみんな食べたって言われていますが・・・・・そんな馬鹿な!と思いませんか?
 乱獲が全く関係無かったとは言いませんが・・・・たとえば数千羽・数百羽位しか居なくなった鳥を、あの広いアメリカ大陸を何処のヒマ人が追いかけて行って捕まえますか?
 多分、否、間違い無く、鳥インフルエンザが一番の原因でしょうね。
 と云うことは、人類が滅亡するとしたら、やっぱり旅行バトを絶滅させたような超極悪インフルエンザとの戦いに敗れた時じゃないでしょうか??????
 今日も、こんなに良いお天気です。
DSCN1606[1]
 余りに晴れが続くと、後に・・・・・まあ、それは書かぬが華ですね。
 気温は、マイナス1度!いよいよ氷点下の季節到来でしょうか?まあ、12月も中旬ですから仕方ないでしょうね。

 さて昨日です。
 モチのロン!一日中、作品の入れ替え作業でした。
 何せ、何もテーマを決めないでの展示替えなので、滅茶苦茶ヒマが懸って居ますが、どうにか形が整いました。でも、散歩も行かずにセッセセッセでしたので、全く写真が在りません。スミマセン!!!
 と云うことで、お詫び?に、セルビア行で拾ってきた石でも紹介しましょう。
 まずは、この二つです。
DSCN1616[1]
 右の石が、シロゴイノの野外民族博物館の外で拾った石で、左がソボチャニ修道院の手前の空き地で拾った石です。(ソボチャニ修道院は世界遺産なのでその中のものは絶対に拾いませんよ!)
 次は、この二つです。
DSCN1615[1]
 アボリジャバロ<悪魔の街>からの日暮れで薄暗くなった帰り道で拾った石です。固くて大きい方が、石塔の一番上の部分、柔らか目の小さい方が胴の部分の石質の石です。もう少し形の好いものが欲しかったのですが、何せ、急いでいた上に暗かったので・・・・。
 最期は、ガムジラード(ガレリウスの宮殿)外の駐車場で拾った石です。
DSCN1614[1]
 此処も世界遺産でしたので、当然、施設内のではありません。
 旅行中に親しくしていただいた方が、見学中に「西野さん、ほらほら石が在りますよ~!」と遺跡の破片を指さして悪魔の誘惑の囁きを掛けて来ましたが、しっかり断りましたよ。

 で、オマケです。
DSCN1611[1]
 ニシュのホテル前の植え込みの飾りに使われていた(多分)ガラス片?です。石なのかな~?で、ひとつ拝借してきました。

 今回は、チョッと多すぎたようです。反省!

 さて、展示替えをトットと済ませましょう!!

<余談>
 昨日、カミさんの誕生日でしたが、スッカリ・・・完璧に記憶の彼方でした。
 現職で収入の在った頃は、結構プレゼントを買って居ましたが・・・・・収入が無くなったら+退職金も使い果たした後は、それこそ<背に腹は代えられぬ>です。まあ、おめでとうの言葉はお金が懸らないのですが・・・・日本人は、日本男児は、言葉に中々出せないものです。でも、私同様に世の夫諸兄は、キッと【否】絶対に、心の中で言っていると思いますよ・・・・・・たぶん?
 今朝はご覧のとおりの凄い霧でした。
DSCN1602[1] ⇒ DSCN1605[1]
 で、朝温泉から帰って来ると右の写真の様な素晴らしい光景になって居ました。
 朝霧に浮かぶ由布岳って、やっぱり最高ですね!
 これで山頂がもう少し白ければ、年賀状に使えるのですが・・・・・真に会いますかね~?

 今朝は、空気が寒い!!と云うか冷たい!になって来ました。それもその筈、気温はマイナス2度です。
 もちろん、辺りは霜で真白です。
DSCN1604[1]
 おばあちゃんの畑には、霜除けにもみ殻が巻かれていました。

 さて昨日です。
 当然、一日中作品の入れ替え作業でした。
 ようやくここまでに辿り着けました。
DSCN1600[1] DSCN1597[1]
DSCN1596[1] DSCN1593[1]
DSCN1591[1] DSCN1590[1]
 昨日は、飾り付けよりも撤去した人形や現代美術の作品を元の場所に納める方に手が懸りました。人形はとにかく大変でした!

 廊下は、まだこの有様です。
DSCN1592[1]

 今日は、まず最初に人形の展示で移動して居た本箱や棚の移動と撤去から取り掛かります。
 今日も晴れ、ズ~~~~ッと良いお天気に恵まれて、観光地湯布院には有難いです。
DSCN1584[1]
 気温は、冷え込んで来て、今朝は0度です。
 おばあちゃんの畑にも数日振りに霜が降りました。
DSCN1586[1] DSCN1583[1]
 車の窓にも、ご覧のとおり霜がビッシリです。いよいよ霜除けにカーシートを被せなければならなくなった様です。

 さて昨日です。
 少しづつの作品入替では、今年中に終わりそうにありません。お天気も良いし、湿度も低いので、一機に入替をしようと・・・・・
DSCN1587[1] DSCN1588[1]
 で、現在はご覧の状態です。今日も頑張って、やらねば!です。

 夕方、お散歩に出かけました。
DSCN1582[1]
 いつものコースですが、いつの間にか?アレほど繁茂して居た草が、ご覧の様に枯れてしまっていましたので、歩き易くなって居ました。でも、風が・・・・・もっと早い時間にお散歩せねば!でした。

 さて、今日も頑張って&気合を入れて、入れ替え作業をせねば!!!です。

<余談>
 今日もまた余談です。
 テレビのニュースを見ていると、鳥インフルエンザで何十万羽もの鶏が殺処分されていました。動物園の黒鳥の死骸からも鳥インフルエンザが見つかって、大変なことになっているそうです。その後、録画して居たお宝ガレリアで貴重な化石を、小学生が発見したのを見ました。恐竜時代に生きていた小さな哺乳類の化石でした。
 で、フト思いつきました!!!!≪恐竜の絶滅の原因は、もしかしたら鳥インフルエンザらしきものだったのでは!≫です。
 と云うのも、今では恐竜は鳥に進化したと云うことが定説です。恐竜⇒鳥ならば・・・在りえ~~~る!でしょう。仮に恐竜インフルエンザとしましょうか。その恐竜インフルエンザが恐竜を絶滅させた、否、この恐竜インフルエンザウイルスこそが恐竜を鳥に進化させた張本人であり、又、恐竜インフルエンザ自体も鳥インフルエンザに変容した!学者さんの中に、此れを思いついた人は居ないのでしょうかね~???(ウイルスが進化に、何らかの関与して居ることは事実です。)
 この説で行くと、鳥は何億年か後に、別な何かに進化することになるかも?ですが・・・・・。

 <余談の余談>
 『人間は、絶対に猿からは進化して居ない!!!!』絶対に水棲の動物からです。
 身体の一部にしか毛が生えて居ないことや水かきが在る等から、そうとしか考えようがないと思うのですがね・・・・・・・。
 恐竜が、現代に全く生き残って居ない様に、人間の祖先も又人間に姿を変えた為、地上から全て居無くなってしまった。恐竜にそっくりの両生類や爬虫類が存在するように、人間に似た猿や類人猿が残っているのと同じです。人間の祖先は、今の人間とは似ても似つかない姿の動物だったのかも?
 今日もお天気は良さそうです。
DSCN1581[1]
 ご覧の様なお天気ですので、晴れは間違いないでしょう。
 気温も、上がりそうですが、今日の最低気温は0度で、目覚めた時の気温は4度でした。

 さて昨日です。

 午前中は、カミさんを迎えに大分空港へ行きました。で、帰りに遅めの昼食を、いつも立ち寄る回転寿司屋さんで済ませることにしました。と、大将から「久しぶりに来たら変わってしまったでしょう!」と声を掛けられました。
 お店の周りが綺麗に整地されていました。このお陰で、お店への入り口がチョッと判り辛くなって居ました。
 で、地魚で握られた一皿108円のお寿司を鱈腹いただきました。城下カレイや関アジ・関サバにトラフグのお寿司も108円で、シャリもとっても美味しいです。それにトラフグのアラの吸い物も300円+税で戴きました。とても美味しかったです。
 腹いっぱいになって、帰り着くと大分の娘が、重そうな紙袋を抱えてやって来ました。中身は、結婚式の引き出物などのカタログでした。で、カミさんと三人でアレにしようか?こっちにしようか?でしたが・・・・・・。
 その後、今度は会場に展示する資料に使うため、娘の赤ちゃん時代からの写真を引っ張り出して来て、娘が育ってきた姿を思い出しながらワイワイガヤガヤでした。
 夕方、娘の要望で海老フライと貝のみそ汁を作りました。私は、冷酒を一杯でした。
 7時半頃娘は、写真の入った紙袋を一つ増やして、重そうに抱えて大分に帰って行きました。

 娘と三人の食事もあと何回出来るやら????でした。

<余談>
 先日、物書きに挑戦中の娘に、蒲団の中で浮かんだ小説のストーリーを書いて送ったら、「お父さん、自分で書いたら!」って返事でした。
 と云うことで、吾輩に文才が在るかな~~~?で、セルビアの景色を書いてみました。
 
 「芝生を植えたかのような青い丘が連なり、少しだけ葉を残した白樺の林に丸見えになったカササギの巣が所々に見える。遥か遠くの山々には、先日降った雪が、此の地の厳しさを伝えてくれる。朱色の屋根のてっぺんの煙突の白い煙が、人々の豊かな暮らしを私に知らせてくれる。裸の木立の間から見える家々は、まるでカスミの中に建っているかの様で、まほろばの里はこの地に在る。」

 どうでしょうかね~?やっぱ、無理なようです。
 今日も、ご覧の様に昨日に比べて、お山が若干ぼやけて見えますが、晴れの様です。
DSCN1578[1]
 このせいでしょうか?気温は、昨日より5度ほど高くなって2度です。でも、やっぱり寒い!!!です。

 一週間ぶりに、建物の周りを見てみましたら、完璧に冬景色でした。
DSCN1580[1]
 2本のイロハモミジもナンジャモンジャの木も葉を落として、丸裸です。

 山茶花は今が盛りですが・・・・・・・
DSCN1579[1]
 一斉に咲かないので、枯れかかって薄チャになってしまったお花、真白なお花、まだ蕾と云うバラバラな状態です。」

 さて昨日です。

 一週間の孫の守が、腰痛持ちの老骨には、思った以上に堪えて居たようです。身体の全体が熱っぽく、節々が痛くて、何と無くダルク感じて、一日動けませんでした。
 朝早くに起き出して来て、ウロウロに始まって、お散歩に付いて行ったり、おもちゃを片付けたり、抱っこをしたり・・・を毎日しました。その時は、可愛いので気になりませんでしたが、帰って来て、一気に疲れが出てしまいました!

 それでも、絵の入れ替えをと少しだけ絵を出してみましたが、どうも頭が回転しません。と云うことで作業は諦めて、炬燵猫に!なってしまいましたので、記事はこれでお仕舞です。

 今日は、カミさんが娘たちの看病を終えて、帰って来ますので、空港までお迎えに行かねば!です。
 今朝のお天気は、ご覧の様に晴れです。
DSCN1572[1]
 朝霧が、麓を覆っている姿は、最高です。
 気温は、今季最低に次ぐマイナス3.4度です。(ちなみに、今季最低気温は、マイナス3.6度です。)
 と云うことで、ガラス戸が開きません。外の霜も凄い状況です。
DSCN1573[1] DSCN1574[1]
 おばちゃんの畑も焼き芋を焼くための枝の束も真白になって居ます。
 18度の東京から一機にマイナス3度なので、体調が・・・・・・・。

 で昨日です。

 大変でした!!!!
 娘の家に泊って居たのですが、未明から部屋の外の廊下でバタバタと音がし続けていました。てっきり、孫がオシッコで起きているのと思っていました。で、朝になって起き出すと、何んと廊下で娘が動けなくなっていました!
 吐き気が酷くて・・・・で、婿殿は?と聞くと、何んとベットで動けなくなって居るとのことでした。孫二人は?と聞くと、こっちは大丈夫でした。で、後から起き出してきたカミさんはと云うと、下痢!
 私と同じものを食べた筈なのに??????
 取り敢えず、カミさんが娘を連れて病院へ。で、私は起きて来る孫の守でした。
 しばらくして、カミさんと娘が帰って来ました。幾分、楽になったとのことでした。病名は?でしたが、ウイルス性の急性胃腸炎では?とのことでした。
 で、さてどうしたものか?????でした。
 航空券は購入して居るし、荷物も届くことになってるし、車も・・・・・で、カミさんを残して私だけ帰ることになってしまいました。
 それからは、大慌てでした!走って・走って・・どうにか飛行機に間に合うことが出来ました。
 
 帰り着いてみると、税務署から封書が届いていました。
DSCN1577[1]
 スワ、呼び出し?と思っていましたら、何んと地震の被害による控除の申請書でした。まあ、呼び出されるほどの収入は無いのでした。

 で、夜、今度は私の胃が痛くなってきました。娘たちと同じかな???でしたが・・・単なる食いすぎでした!!

 ところで、今回の東京行は散々でした!!
 姪っ子の結婚式にカメラを忘れて行ってしまいました。カミさんもカメラを持って来ていましたが、数枚撮ったら電池切れになってしまいました。と云うことで、写真を撮ってあげられませんでした。御免ね!!

 で、ついでに寄った久米美術館の企画展も・・・・・・ガックリでした。
DSCN1576[1]
 態々、行ったのでしたが・・・・・失敗!!!

 さて、暖かくなったら、作品入れ替えを進めましょうかね!
 今朝は10度も在ります。ゴミ出しでしたが、チョッと動いただけなのに汗をかきてしまいました。昨日まで寒かったので、身体が変です。
 お天気は、ご覧の様にあまり良くありません。
DSCN1571[1]
 この気温も、このお天気と関係して居るのでしょう。

 さて昨日です。

 朝イチで、幼稚園の焼き芋大会の手伝いに駆り出されました。と云う訳で、ブログがお休みになりました。

 午前中はその焼き芋大会で、帰ってきたら、バーテンダーさんが来て下さいました。と云うことで、結構忙しい一日になりました。
 でも、カメラを持って行きませんでしたので写真は無しです。

 それでは・・・・なので、昨日のブログに載せる筈でした。お散歩に写真を載せます。
 久しぶりの散歩になりましたので、いつものコースも様変わりして居ました。
 グランド横の道路がいつの間にか拡張されていました。
DSCN1562[1]
 この一部だけですが、益々、車の通りが増えそうです。
 繁茂していたウオーターキャベツが、寒さで枯れ始めていました。
DSCN1563[1]
 もっと寒い日が続いたら消滅してくれるでしょうが・・・・困ったものです。
 毎年、河川清掃で川渕の雑草を刈っていますが、こっちの方の駆除の方が本当は大事だと思うのですが・・・・・・。

 田んぼに群れていたシラサギが姿を消して、代わりに鴨の群れが今年も渡って来ていました。
DSCN1564[1] DSCN1568[1]
 大型の雁も数羽入って居ました。

 湯布院は冬にまっしぐらの様相です。今日から12月、当たり前ですね!

 さて、3日の土曜日に東京の姪っ子が結構式を挙げますので、そのために今日から6日まで休館します。もちろんついでに東京の美術館も覗いて来ます。ではでは、暫しのお暇乞いです!!

Powered by FC2 Blog