プロフィール

ひげ親父

Author:ひげ親父
◆書いてる人:

【元】花合野美術館のヒゲ館長



  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 雨になりました。
DSCN0477[1]
 先程までは、どうにか持っていましたが、予報どうりになったようです。梅雨明けまで、もう少しかな?です。
 梅雨の象徴のアジサイは、ご覧の様な感じです。
DSCN0472[1]
 咲き始めに比べて、やはり勢いが無くなって、枯れたお花も目立ってきています。いずれにしても、夏はすぐそこまで来ているようです。

 では昨日です。

 暑い日差しに誘われて、草刈でした。それほど伸びては居ませんでしたが、タンポポの勢力が強く、見苦しくなったので、刈り取ることにしました。
DSCN0473[1] DSCN0474[1]
 草刈は、生えて来る雑草の種類を変えます。刈り取る度に、異なった種類の草が蔓延り始めるようです。今は、タンポポが全盛ですが、この次は????

 その最中に、北海道から帰られたばかりのNさんが来られましたので、ザーッと済ませてしまいました。今日、仕上げる予定でしたが、このお天気なので先延ばしです。
 で、またまた北海道のお土産を戴いてしまいました。
DSCN0479[1]
 今回は、鮭の削り節と云う珍しいものも戴きました。ありがとうございました!!
 久しぶりでしたので、色々在りましたが、カミさんが≪○付け先生≫に行かなければならなくなりましたので、お話の続きはまたの機会にとなりました。
 Nさんが帰って行かれ、カミさんも出かけた後、新聞代の集金にご近所のKTさんが来られました。で、「出ちょったね!」でした。テレビを見て下さったようで、実物が見たいとのことでした。で、感想は「へ~~~~~!」でした。
 仕事の途中だったので、またゆっくり呑みながら・・・・と云うことになりました。

 ところで昨日の続きです。
 今日はこの冊子です。
DSCN0475[1] DSCN0476[1]
 CBAオークションのパンフレットから、良いな~~~!が、右の作品です。今井俊満のアンフォルメル作品です。私目も、此の作家の作品を二点持っていますが、良いな~~!です。まあ、指を咥えて見るだけですがね。

 では我が社の作品の紹介です。
DSCN0478[1]
 作者不詳の紙塑人形です。

 さて、今日で6月もお仕舞です。色々在ったひと月が終わります。最後に母の死も迎えました。
 気分を切り替えて、明日から7月、現在開催中の企画展も後ひと月になりました。収蔵庫に納すことを考えると、頭が痛くなります。でも、ボチボチ考えておかねば!です。夏休み前に入れ替えた方が良いのかな??
スポンサーサイト
 今朝は、ご覧の様に久しぶりの晴です。
DSCN0470[1]
 4時過ぎにガラス戸の外が異様に明るかったので、起き出してみると、非常に濃い霧でした。
 朝霧の出た日は、晴になることが多いですが、その通りになりました。

 さて昨日です。

 祖母の葬儀に出席できなかった長女がお参りをしたいとのことで、朝イチで兄へ電話しましたが、中々繋がりませんでした。介護施設や葬儀場の片付けに行っていたようでした。ようやく連絡がついて、出発でした。
 お昼前に着いて、お参りを済ませ、昼食・・・携帯のベルが・・・「今、美術館に居るけど、何処?」でした。門司に勤めていた頃、通っていたスナックのママさんからでした。20年ほど前に、お店は閉められて、ご結婚されていますので、なかなかお会いする機会も無くなっていましたので、ビックリでした。「実は・・・・・・。で、今豊前に居る。」でした。と云うことで、大急ぎで湯布院へ引き返しました。有料道路が開通したお陰で、1時間ほどで戻れました。電話すると、すぐ戻って来てくれました。で、いただいたお土産です。
DSCN0462[1]
 これ以外にも・・・・・・ありがとうございました!!
 カミさんも加えて4人での談笑でした。1時間半ほどゆっくりされて、「この次は、泊まりがけで来て!」で、帰って行かれました。本当にありがとうございました。

 友人が、帰られた後、早速ビデオを見ました。
DSCN0467[1] DSCN0468[1]
 中々の晴姿でした。息子は残念ながら半分しか映っていませんでした。
 見終わって、次は届いたばかりの本と睨めっこでした。
DSCN0463[1]
 この本の中にも懐玉斎正次の作品が載っていますので買ったのです。
 本に掲載されている作品を比べて見ました。
DSCN0464[1] DSCN0466[1]
 どっちのお尻もカワユイのに・・・・・・?まあ、誰が何と言っても、大事にしましょう!!

 この本以外に、この数日でこれだけ届いています。
DSCN0471[1]
 目を通すにはチョッと時間が掛りそうです。が、時間だけは十分に在りますので・・・・・・。

 今朝は、ご覧の様に、少し晴れ間の見えるお天気になっています。
DSCN0461[1]
 曇り空に、辛うじて青空が見えて居ますが、晴れてくれるかも?です。

 さて昨日です。

 3時過ぎに、豊前から帰って来ると、いきなりお客様でした。
 カミさんが、読み聞かせの会でご一緒して下さっておられる方が、訪ねて来て下さったのでした。ボ~~~ッとして居ましたので、いつもの様な説明が出来ませんで、その後の【湯布院で二番目に不味いコーシー】も、一段と不味くなった様な???
 
 お客様が替えられたのと入れ替わりに、下の畑のご主人がジャガイモを持って来て下さいました。
DSCN0459[1]
 先日も、いただいたばかりでしたのに、本当にありがとうございました!!!!

 さて、表題に書きましたが、大分だけですが、今日の12時から放映の≪何でも鑑定団≫に出演しています。是非、ご覧ください!!もっとも、由布院以外の地域のでは6月2日に既に放映されていますけど・・・・・。

 実は、6月25日の夜、豊前の介護施設に入っていました母が亡くなりました。26日通夜、27日葬儀を済ませ、昨日の3時過ぎに帰って来ました。享年98歳、後4カ月程で白寿(99歳)でしたので、大往生と云うのでしょうか?
 一週間ほど静養に来ていた義母を北九州に送って行った帰りの25日朝、介護施設に立ち寄って、会ってきたばかりでしたので、あまりに突然のことで、まだボ~~ッとして居ます。
 三人兄弟だけでの通夜でした。チョッと口喧嘩をした長兄と仲直りさせる契機を与えてくれたような・・・でした。
 あまりに高齢でしたので、親戚もほとんど代替わりしてしまって居り、私たち子供三人も既に定年を迎えています。介護施設に4~5年になりご近所の方とも疎遠になっていましたので、子と孫だけでの家族葬でと云うことになりましたが、良かったな~と思っています。
 仕事の関係で参列できなかった長女と今日、もう一度お参りしてきます。テレビの放映はビデオで見ることになりそうです。
 
 お昼過ぎに北九州から帰って来ました。
 と云うことで、お昼のお山です。
DSCN0448[1]
 残念ながら、雲で、お山は見えません。

 では昨日です。

 朝一番でいただきものでした。
DSCN0441[1]
 美術館前の奥さんから、スモモを戴きました。お宅の前の木に今年も実ったのです。
 次いで、道路上の奥さんからは、ほうき草の苗も戴きました。
DSCN0442[1] DSCN0443[1]
 日当たりの良い場所が良いとのことでしたので、例年アサガオさんが咲いてくれる場所に植えました。アサガオさんは、てんとばえでしたので、段々小さくなってしまっていましたし、草刈で刈り取ってしまったようです。
 秋には、黄葉して、冬になったら箒になるとのことですので、楽しみです。

 昼前に、義母を北九州へ送って行きました。

 夜は、久しぶりに門司港で友人と一杯でした。で、話題はもちろん何でも鑑定団のことでした。二次会で、スナックのママさんと話していると、知り合いが丁度来ました。で、そちらの連れの方も「テレビ見ました!」でした。まだ当分、このことで呑めそうです。

 では、今日の作品紹介です。
DSCN0449[1]
 博多人形の女ダルマです。
 今朝は、霧雨です。
DSCN0435[1] DSCN0434[1]
 ご覧の様に、全く何も見えません。雨粒は落ちていませんが、こんな状態ですので、湿度は高いようです。

 さて、昨日でようやくメキシコ行の記事を書き終えました。もっといろんなことが在りましたし、同行した方たちとの交流もとっても楽しかったですが、そんな話は行った本人は楽しいのですが・・・・・ブログに書いてもね。

 と云うことで、一息ついた!為に、記事が無くなってしまいました。

 昨日は・・・・・何も無し!

 唯一は、版画堂さんからこのパンフレットが届いたことくらいです。
DSCN0438[1]
 今回も欲しいものだらけですが、これは・・・・・・欲しい!
DSCN0440[1]
 田中 保(たなか やすし)の油絵です。所蔵する絵を減らさねばならないのに・・・・・欲しいな~~~!
 この画家の大コレクター鋼の戦士さんはご覧になられたでしょうかね?ブログをツイッターに替えられたので、連絡の方法が無くなったので、確認出来ませんが・・・。
 どうもツイッターやチャットと云ったものは、どう使うのやら????です。

 では、今日の作品紹介です。
DSCN0436[1]
 火の番の鬼ごろし像と小さな弥勒菩薩像です。

 さて、20日から来ていた義母を今日のお昼頃に北九州へ送って行きます。とんぼ帰りで、明日の昼過ぎには帰ってくる予定ですので、その間は休館です。
 一体今月は、何日営業したのやら????です。

 余談ですが、テレビの影響って凄い!!!とにかく、いろんな人が見ていてくれたのには本当に驚かされます!!!こんな人も見てくれたんだ!です。もう一度、出たいな~~~!今度は、人生の楽園にでも応募してみようかな~~~?
 今朝も、ご覧の様に梅雨の空模様=曇りです。
DSCN0432[1]
 避暑に来ていた筈の義母は、結局、湯布院の涼しさと云うより夏の暑さに会わないまま明日北九州へ戻ることになります。

 いよいよメキシコ旅行記の最終報告です。
 現地の日付の6月12日~日本へ帰国する日付で6月15日までの旅行記です。
 市街地のホテルを出発して、まずはメキシコ市内観光から始まりました。ホテルを少し早目に出て、ソカロ広場で車を降りると物々しい警官の数でした。と云うのも、この日に大規模なデモ行進が在るようで、その間広場が封鎖されるのだそうです。で、その前に到着しておかねばならなかったからとのことでした。 

 広場の正面には、メキシカン・バロック建築様式の教会カテドラルが、聳えていました。
SSCN0419[1]
 ソカロ広場は、アステカの都の上に築かれたそうです。アステカの信仰や尊敬の対象であったピラミッドや宮殿の上に、官庁舎などが建てられたそうです。この教会もその一つです。

 この後、支倉常長一行が宿泊したサンタベラクルス教会も見学させていただきました。
SSCN0420[1]
 バスの中で、現地ガイドさんに支倉一行の苦難の旅の様子を聞かせていただきました。
 次いで、グアダルーベ寺院で、褐色のマリア様の絵を拝観しました。
SSCN0421[1]
 メキシコの信仰のメッカとも云えるらしいのですが、仏教徒である私目には・・・・・・アステカやマヤを滅亡させ、メキシコを支配して行ったスペインの陰がチラついてしまい???でした。

 此処でメキシコシティの街を離れ、テオティワカン遺跡へ向かいました。
 まず昇ったのが此れです。
SSCN0422[1]
 ケツアルコアトルの神殿です。この神殿からは、太陽のピラミッドと月のピラミッドの両方を見ることが出来ました。
 で、この日のハイライトの太陽のピラミッドに登りました。
SSCN0002[1]
 縄伝いにおそるお猿登りましたが、63mの頂上からは、月のピラミッドや辺り一帯が眺望出来ました。
 続いて、月のピラミッドにも登りました。
SSCN0433[1]
 こっちは45mと少し低いです。しかも、途中までしか昇れない様になっていました。以前、急な石段から落ちた人が出た為だそうです。
 休憩時間に、見つけた雑草ですが、日本のものとはチョッピリ違うような、何処と無く似ているようでもあります。
SSCN0423[1] SSCN0424[1]
 ネコジャラシとクローバーです。
 で、ジャガーの宮殿も見学しましたが、炎天下に石段を上ったり下りたりでクタクタでした。
SSCN0425[1]
 バスまで戻って来ると、高い棒の上から足に紐を結んでらせん状に降りて来ると云うイベントが行われていましたが、写真を取ると20ペソ取られるとのことでしたので、止めました。
 で、月のピラミッド裏のレストランで昼食となりました。レストランは、月のピラミッドの真裏に在りましたので、道端で小石をゲットでした。もしかしたら遺跡の一部???単なる砂利?
 この時に、冷たいビールを一機に呑んだのとハバネロを塗ったチーズを食べたので、胃が痙攣を起こしてしまいました。疲れも加わっていましたので、これ以後、食事が出来なくなってしまいました。何んと!何んと!お酒が呑めなくなったなんて・・・・。
 レストランの外で、記念撮影でした。
SSCN0426[1]
 酋長になった気分でした???これも20ペソでした。

 メキシコシティに戻って、フリーダカーロ博物館・コヨアカンの市場なども見学しましたが、此処で初めて小雨に遭遇でした。夕食は、折角のマリアッチの演奏を聞きながらの食事でしたが・・・・・体調不良、食べれなくて残念でした!
 で、いよいよ最終日は、メキシコ国立自治大学を訪問でした。
 食事も出来ずにいたので、バスで待っていようかと思いましたが、シケイロスの壁画が見れるとのことでしたので、やっぱり見学に参加しました。
SSCN0427[1]
 壁画芸術を堪能した後、ソチミルコと云うところで、一時間ほどの運河クルーズでした。
SSCN0428[1]
 と云っても、ご覧の様な飾りを付けた五平太舟のような小舟に乗って、ひとときノンビリ・・・でした。
 で、最後の観光ソチカルコ遺跡の見学に向かいました。昼食は、あまり素敵とは言えない遺跡傍のドライブインでした。名物のタコスも出ましたが・・・・どうも具の中の葉ものが苦手で食べられませんでした。
 遺跡見学は、私だけ残念ながらパスでした。
SSCN0429[1]
 と云うことで、遠景です。

 以上で観光は終了!
 空港へ向かい、夕食後、飛行機で成田へ向かいました。日付変更線を越えたので、翌々日の朝の到着でした。

 と云う、簡単な旅行記でした。お天気に恵まれた楽しい旅行でした。

 ところで、何でも鑑定団の湯布院の放映の日がハッキリしました。何んと!今週の日曜日=28日のお昼の放送です!!!
 暇な方は、是非ご覧になられて、大笑いして下さい!!

 今朝も曇り空です。
DSCN0430[1]
 昨朝の様な晴れ間が見えませんので、お天気の回復はどうでしょうか??

 では昨日です。
 朝イチで昨日も戴きものが在りました。
DSCN0416[1]
 朝温泉へ義母を連れて行こうとした処に、上の奥さんから炒ったばかりのアラレでした。ありがとうございました!!

 朝から、お客様を迎える準備でした。
 で、それ以外は・・・やったことは薔薇の剪定くらいかな?
DSCN0417[1] DSCN0431[1]
 暇にまかせて、ウロウロしていて、気になりましたので・・・・。
 消防車のサイレンに気を取られて、フト田んぼを見ると、白い点が8つも見えました。
DSCN0415[1]
 何んとシラサギでした。田んぼ二枚に8羽ですから、一体全部で何羽いたのでしょうかね~?
 結局、待ちかねていたカミさんの知人は来られませんでした。

 では、メキシコ旅行記です。
 朝イチで、カンクンを発ち、メキシコシティに向かいました。
SSCN0418[1]
 空から見ると、本当に巨大な街でした。
 到着後、まず向かったのは国立人類博物館でした。
IMG_0040[1]
 玄関は、一本の柱に支えられた近代建築で、メキシコの有名な建築家の仕事だそうです。
 メキシコの文化の歴史を順序を追って部屋ごとに紹介されていました。
IMG_0011[1] IMG_0013[1] IMG_0014[1]
 全部見ていたら一日かかりそうでしたので、マヤ文明とアステカ文明を駆け足で見て回りました。
 一巡の後、フリータイムにどうしても見たかったオルメカ文明のこの像に会うことが出来ました。
IMG_0018[1]
 この人頭像を見た後、急ぎ足で他の遺物も見て回りましたが、次の写真の像にはビックリでした。 
IMG_0025[1]
 とにかく繊細に造られていたのには脅威と云うほかありませんでした。

 夜は、久しぶりの?日本食でした。
 今朝のお天気は、ご覧の様に曇りですが、晴れ間が見えていますので、回復して行くようです。
DSCN0413[1]
 眼下には、育ち始めた田んぼの緑が拡がっています。梅雨明けも近いかも???
 さて昨日ですが、早速いただきものでした。
DSCN0408[1] DSCN0407[1]
 昼過ぎに北九州から戻って来ると、自転車の籠に新玉ねぎが置いてありました。道路上のご主人からでした。下畑のご主人に挨拶をしたら、新ジャガとキャベツを戴いてしまいました。ありがとうございました!!!

 で、吾輩も元気を出して草刈りに励みました。
DSCN0409[1] DSCN0410[1]
DSCN0411[1] DSCN0412[1]
 今日、カミさんのお友達の奥さんが来て下さるそうなので、ハリキッてしました。

 では、メキシコ旅行記の続きです。
 メリダのホテルを出発して向かったのがチチェンイッツアー遺跡です。で、入口で見つけたメキシコの郵便ポストです。
SSCN0397[1]
 可愛いですね。赤では無くて緑でした。

 こちらも、ご覧の様に綺麗なピラミッドでした。
SSCN0398[1]
 階段横の飾りが春分秋分の日に蛇の陰を落とすことで有名なピラミッドです。
 ハリーポッターに出て来る球技<クイリッチ>の様なゲームが行われていたそうで、メキシコ最大の球戯場も在りました。
SSCN0399[1]
 豊作祈願のために、勝者の首を刎ねたとも言われていますが・・・真偽のほどは?です。 
 この後、セノーテのひとつ<聖なる泉>の見学でした。
SSCN0400[1]
 このセノーテだけは、聖なる泉として信仰の対象となっていたそうで、泉から沢山の遺物<貢物>が見つかったそうです。
 サンゴ礁の隆起で出来た土地なので、石灰質の岩で出来ているそうで、水脈が地下通っており、その水脈が地表に現れたものです。生活用水などは此れに頼っています。
 この後、イッキルと云うセノーテで、泳ぎました。
SSCN0403[1] SSCN0402[1]
 ツアー参加者16人のうち、此れに挑戦したのはたったの二人でした。
 深さはかなりあるようで、底は全く見えませんでした。20センチほどのナマズが沢山泳いでいました。

 この後、高級リゾートとして有名なカンクンのホテルに向かいました。
 車窓から見る巨大なホテル群に圧倒されました。いずれもホテルも、高層ビルでは無くて、カリブ海に面するように横に長く造られていました。
 もちろん宿泊したホテルもその一つでした。到着後、シッカリ泳ぎました。
 夜は、テラスでホテルの用意して下さったワインと洒落てみました。が、果物の方はイマイチでした。

 テラスからの朝陽がとっても綺麗でした。
SSCN0404[1]
 この日は、海に面したピラミッドのあるトゥルム遺跡の見学でした。
SSCN0405[1] 
 断崖の上に在る遺跡でしたので、その下では観光客が泳いでいました。で、空にはペリカンが飛んでいました。
 此処もイグアナだらけでしたが、こんな動物にも出会いました。
SSCN0406[1]
 名前は????原猿の仲間でしょうか?ごみ箱を漁っていました。
 午後は自由時間でしたので、やっぱり泳ぎました。で、昨日紹介したサンゴを採って来たのです。
 夜は、和食レストランでの夕食でした。
 サボテンの土佐煮と云うものを頼んでみました。メカブの様な味で、結構いけました。

 夕食の後、一旦、ホテルに帰り、出直して銀細工のお店に行き、イグアナの彫刻をゲットしました。
 
 今朝のお天気は、雨です。
IMG_0001[1]
 明け方は、かなり強く降っていました。一日、雨の様です。

 さて、今日から、メキシコ旅行記を載せて行こうと思っています。
 では、この旅行でゲットしてきたものからスタートです。
 まずは此れです。
 メキシコと云えばやっぱり此れでしょう!
IMG_0006[1]
 リュウゼツランから作られたお酒、テキーラです。40度も在る強いお酒で、呑んだ翌日は、熟し柿の様な臭いがしますので、焼酎に近いお酒の様です?
 ついで、此れです。
IMG_0001[1]
 メキシコでは銀が採れるため銀細工が有名なのだそうです。と云うことで買って来ましたが、本当に純銀なのかは???です。お店の人は、証明書を見せて、純銀だと言っていましたが、それにしては光り過ぎだと思いますよね。多分、石膏の型押しに銀を吹きつけているのでは????
 で、何で、イグアナかは後で判ります。
 これはいつもの採集品です!
IMG_0004[1]
 宿泊した高級リゾート地カンクンの海の底から拾ってきた石(サンゴの化石)と遺跡の近くで拾った小石です。
 カミさんから「また、そんなものを・・・!」のクレームでした。

 では旅行記です。
 一日目は、13時間の飛行機での旅を終えて、首都メキシコシティーに到着。更に飛行機を乗り継いでメリダと云う都市で、その日は宿泊だけでした。
 翌日から、いよいよ観光開始!でした。
 まず案内されたのが此れです。
SSCN0388[1]
 思っていたより、チョッと小さい銅像でしたが、野口英世像です。
 黄熱病菌の発見が間違いとされ、医学的には功績が無いそうですが、あのシュバイツー博士と同様に、メキシコの医療では素晴らしい実績を残されて居られました。
 次いで、遺跡観光へ出発でした。
SSCN0389[1]
 <魔法使いのピラミッド>とも言われるウシュマル遺跡の綺麗なピラミッドです。手を叩くと、何故か反響しました。
 で、此処の住人がこいつです。
SSCN0390[1]
 イグアナが沢山棲みついていました。と云うことで、前述の銀細工のイグアナに繋がった訳です。

 この後、カバー遺跡・・・で、これはその凱旋門です。
SSCN0391[1]
 一段高く綺麗に舗装された道路でしたが、馬車などの運搬道具が無かったので、もっぱら人力に寄ったようです。
 遺跡の彼方此方で、こんなものも見つけました。
SSCN0393[1] SSCN0392[1]
 馬のウンチの様な実を付けたマメ科の木です。
 有名なジャガランダも似たような実を付けるようです。

 遺跡観光の後はメリダに戻って、市内観光でした。
SSCN0394[1] SSCN0395[1]
 カテドラルや市庁舎を見学して、二日目が終わりました。

 明日と明後日は北九州です。月一の血糖値検査です。と云うことで美術館は休館です。 旅行記の続きは、帰って来てからになります。
 一昨日(15日)の朝に、メキシコの旅から成田に、どうにか帰って来ました。
 で、千葉の孫の顔を見に寄って、昨日の夜に湯布院へ戻ってまいりました。
 と云うことで、久しぶりの湯布院の朝です。
IMG_0001[1]
 生憎、ご覧の様に雨になっています。

 もう枯れているのでは?と思っていた庭のアジサイが、その雨に濡れて、ご覧の様に綺麗です。
IMG_0002[1]
 これから盛りに向かうようです。

 畑の野菜は、どうなったか?の危惧でしたが・・・・無事でした。 
IMG_0003[1]
 しっかり育って居るようです。

 メキシコ行の旅日記は、明日からのことにして、今日はこれまでです。何んと言っても、14時間の時差が在る場所からの帰還で疲れが出ていますので、ご容赦のほど・・・・・!
 旅立ちの朝を迎えましたが、生憎、お天気は雨です。
IMG_0001[1]
 その雨に濡れたアジサイが、花を咲かせ始めています。
IMG_0002[1]
 帰って来る頃は満開でしょうか?

 さて、今日から16日まで休館です。暫しの別れになりますが、スミマセン!!

 と云うことで、昨日は休館の準備でした。
 その前に、まずは冬仕舞いでした。で、ストーブの中に残っている灯油を燃やしてしまいました。残っていると、良くない聞いた様な????
IMG_0003[1]
 チョッと時間が掛ってしまいましたが、三台のストーブを押し入れに納しました。代わりに出て来たのは、当然此れでした。
IMG_0004[1]
 扇風機ですが、昨日の気温では、まだ必要在りませんでしたが・・・・・。

 次いで、臨時郵便受けを設置しました。
IMG_0006[1]
 郵便受けに入らないオークションカタログなどもあるので、取り敢えず設置しておきました。
 最後に、此れでした。
IMG_0005[1]
 植物の避難です。
 天からの恵みに頼るしかありませんので、日陰で且つ雨の当たりそうな場所に異動させました。でも、どうだか???です。帰って来るまで無事であることを念じるのみです。

 これで、私の方は完了でした!

 旅行の準備の方は、カミさんがしましたので、私は「あれは?これは?・・・?」と、確認するだけです。意外に亭主関白なんです?

 間も無く家を出て、朝温泉に浸かり、その脚で大分空港へ・・・・朝食は空港で摂ります。
 今日と明日は、千葉の娘の家に待機し、7日のお昼の飛行機でメキシコに向かいます。さて、どんな旅になりますやら・・・・当然、無事に帰って来ることが一番です。旅は、帰るから楽しいのです。

 では、行って来ま~~~~す!
 夜明け前と、日の出直後の写真です。
IMG_0001[1] ⇒ IMG_0002[1]
 雨上がりの素晴らしいお天気になっています。旅行前の最後の洗濯ものを干すのに絶好です。
 梅雨に入ったばかりで、もう一休みですが、長雨や大雨はやっぱり嫌ですから有難いです。でも、とっても寒いです!何んと気温は12度しか在りません。ウ~~~~ン、野菜が・・・・・・・・影響が無ければよいのですがね~~?

 では昨日です。

 前夜の強い雨で、クヌギの枝が叩き落されて、エントランスに散乱していました。
IMG_0001[1]
 虫に根元をやられていたようですが、それにしても強い降りだったようです。

 その枝を集めていて、気がつきました。
IMG_0002[1] IMG_0003[1]
 フサスグリの実がルビー色になり、山椒も実をつけていました。もう少しで、どちらも収穫の様です。

 朝イチで、娘が大分からやって来ました。お休みだったので一緒におふくろの見舞いに行くためです。
 三人で、豊前の施設に行きました。
 両手のむくみもすっかり無くなっており、本人も調子が良いようで、娘のこともシッカリ判ってくれて、返事もしてくれました。
 旅行で留守にしますので、心配でしたが、大丈夫なようです。後は、兄たちにお願いしました。 

 帰りに、道の駅で夕食の食材を買い、早めの昼食は宝来軒のラーメンでした。娘と三人でこのラーメンを食べるのも本当に久しぶりでした。

 美術館へ戻って、一休みしていると、下の畑から呼び声が・・「葉大根要らんかえ!」でした。
 下の畑のご主人からいただきました【葉大根】です。間引きした大根では無くて、葉を食べるのだそうです。旅行に出かけてしまうので、少し?いただき、漬けものにしました。
IMG_0009[1]
 刻んで、塩もみしてご飯に掛けても美味しいのだそうです。

 夜、娘がカメ太を連れて帰りました。
IMG_0010[1]
 旅行の間くらい、何も食べなくても元気なんですが、何せカメ太も高齢?になっていますので、預かってもらいました。
 このミツヅメハコガメの寿命は良く判っては居ないのですが、30年くらいでは?だそうです。で、カメ太が我が家に来て、もう二十数年です。既に、成長していましたので、三十歳は超えている筈です。間も無く寿命かと思われますが?????です。
 娘とカメ太を川西温泉まで見送って行き、温泉に浸かって帰って来ると夜空に大きな満月が・・・・!
IMG_0011[1] IMG_0012[1]
 スーパームーン?では無かったと思いますが、その時の外気温は14度でした。
 当然ホタルさんは出ていませんでした。

 ところで、テレビの力って凄いですね~~~~!昨日は一日、アチコチから「テレビ見たよ!」コールでした。私の方は友人から数人でしたが、カミさんの方は何年も会っていなかった同窓生や親戚からも在りました。(これって、良~~~~く考えると・・・・ですよね!本人は、まだまだ若いからだ!何て不届きなことを宣っています。私は、髭を生やしたので判らないかも?でも、主人公は私の筈???)

 ところで、明日から、東京です。7日から15日までは日本脱出!!ですので、お電話は今日中にお願いします・・・何てね。
 で、その旅行ですが、こんなものを見てくる予定です。
 IMG_0006[1] IMG_0005[1]
 ピラミッドやセノーテと呼ばれる泉などです。
 で、カンクンと云うひょろ長~~~~い半島に在るリゾートにも停まる予定です。
IMG_0008[1] IMG_0007[1] 
 泳げるようですが・・・・サメは居ないのかな???

<余談>
 こんなことを書くと怒られそうですが・・・・田舎暮らしをしたり、テレビに出たり海外旅行をしたり、人間、破れかぶれになれば何でも出来るものですね。正に≪遊びやせんとや、生れけむ≫ですが、他人から見たら非常にいい加減な男に見えるでしょうね。まあ、その通りなんですが・・・。
 こんな生き方も、するかしないかは本人次第で、出来るか出来ないかも本人次第と云うことじゃないでしょうか?自分に言い訳しても仕方ないので・・・・・・。
 
 今朝は、梅雨の雨です。
IMG_0001[1]
 昨日、九州全域で梅雨入りでしたが、いきなりの大雨です。
 シトシト、シトシト、シトシト・・・・・と降るのが梅雨の雨ですが、時折強く降る雨音が一晩中聞こえていました。
 でも、吾輩は、7日から日本を脱出して15日まで日本を留守にしますので、チョッと良いかな???

 さて、昨日です。

 旅行に備えて、歯医者さんで仮歯を点検してもらいました。
 これでj私自身の準備はOKでした。

 午後、久しぶりにバーテンダーさんが来られました。久しぶりでしたので、見せたことの無い作品を引っ張り出して来てお見せしました。
 と、何んとさっき治療していただいたばかりの歯医者さんと看護婦さんが往診の帰りに立ち寄って下さいました。
 少ししか時間が無かったので、ザ~~~ッとみていただきました。
 その後、バーテンダーさんとソーメンを食べながら美術談義でした。

 夜は、実は<お宝鑑定 何でも鑑定団>に出演していましたが、その放映が在りました。残念ながら、湯布院での放映は7月5日になりますので、私は見ていません。
 直後に見た友人や親戚から沢山メールや電話を貰いました。
 で、これがその作品です。
IMG_0002[1]
 素晴らしい出来栄えなので、未だに結果が信じられません!
 特に、こっちの姿が最高です。
IMG_0003[1]
 後ろ姿と云うよりお尻が、本当にかわゆいです。
 まあ、結果はどうあれ、私が良ければ、良いんです!!!!

 良かったら、是非、本物を見に来て下さい!!!!
 雨になるかと思っていましたが、こんなに良いお天気です。
IMG_0001[1]
 梅雨は何処に行ったのやら???・・・こんなことを書いていると、一機に梅雨に突入するんでしょうね。

 では昨日です。

 朝温泉から帰って来ると神社から箒の掃く音が聞こえました。総代さんのお一人が、落ち葉を片付けて居られましたので、早速お手伝いでした。
 掃除を終えて、帰ろうと・・・・・美術館入り口の防火用水の水が溢れそうになっていました。オーバーフローのはけ口が藻で詰まってしまっていました。神社に引き返して、ガンゼキを借りて来て、藻を除けました。

 次いで、月初めですので、まずは帳面を締めて、銀行へ行って清算でした。

 昼からはブラブラでした。
 で、ハラグロオオテントウムシさんは・・・・・・見つかりませんでした。
IMG_0003[1] IMG_0002[1]
 桑の実がこんな状態ですので、何処に居るのやら????
 で、昨日の幼虫さんは、
IMG_0001[1]
 完全にさなぎに変わっていました。

 夜は、街に出て吞み会でした。

 帰って来て見上げると、満月でした。
IMG_0004[1]
 で、それならホタルは????
IMG_0006[1] IMG_0010[1]
 我が家の庭に、一匹だけですが、飛んで来ていました。

 さて、歯医者さんへGO!です。メキシコ旅行まで後4日です。9日間の抜けない様に、仮歯をシッカリ診ていただいて来ましょう!!!
 今朝はいつもより早く眼が覚めました。
IMG_0001[1]
 夜明け前です。少し雲が残っていますが、今は、暑い日差しになっています。
 今日から6月に突入です。で、梅雨の花=庭のアジサイも蕾が大きくなってきています。
IMG_0002[1]
 メキシコへ向かう頃には、それこそ贐(はなむけ)になって、帰って来る頃には散っているかな~~~?です。

 さて、昨日です。
 朝イチで、おふくろに会いに豊前へ向かいました。
 一昨日に会った時とは変わって、むくみもかなり引いていました。呼び掛けると眼を開け、持って行ったプリンを一口ですが食べてくれましたので、チョッと安心しました。
 また眠ってしまったので帰りましたが、どうも一日と云うサイクルが二日で一日になっているようです。
 で、帰り道で、サイクリングの大会に会いました。
IMG_0006[1] IMG_0007[1]
 安心院から湯布院までズ~~ッと列が連なっていましたので、車の中から声援を送りました。

 帰り着いてから、早速、ハラグロオオテントウムシさんへ挨拶でした。
IMG_0010[1] IMG_0011[1]
 昨日は、どうにか一匹だけ見つけるかとが出来ました。幼虫さんの方は、お尻が葉っぱにくっ付いており、さなぎに成りつつありました。
 この後、何んとお客様が二組(計三名)在りました。
 最初のお客様は、以前町内で板前をされていた方で、久しぶりにお見えになられて、「今、福祉の専門学校へ通っています。」とのことで、ビックリでした。一時間ほどゆっくりされて、お知り合いのところに向かわれました。
 二組目は、宇佐のご夫婦で、三ヶ月振りくらいでした。
 その間に新しく購入した作品の話などで延々と・・・・三時間ほどゆっくりされて下さいました。

 お陰さまで、半日楽しい時間を戴いてしまいました。

 来客中に、ご近所の方がこのお花と真竹の筍を持って来て下さいました。 
IMG_0024[1]
 接客中でしたのでお礼が言えませんでしたが、ありがとうございました!!!

 夜、温泉から帰って見上げると丸~~るいお月さまでした。
IMG_0012[1]
 チョッと欠けていますので、今夜あたりが満月でしょう。
 で、、ヒヨッとしたらと裏に出て見ましたら、居ました!!!!
IMG_0019[1]IMG_0021[1]
 10匹ぐらいのホタルが光っていました。裏のご主人の努力が実りつつあるようです。

 最後の最後まで、良い一日になりました。

 と云うことで、今日の作品紹介です。
IMG_0023[1] IMG_0022[1]
 人形作家の浜 いさを の作品集兼オブジェの『白い群れ』です。

 余談ですが、6月を<水無月>と呼びます。梅雨の最中に水が無い月って????で、調べると、田に水を引く為に、水が無くなると云う説が在るようです。
 今日から6月、ほとんど休館になりますので、来館される方は電話を入れてからに・・・そんな人も居ないでしょうがね。

Powered by FC2 Blog