プロフィール

ひげ親父

Author:ひげ親父
◆書いてる人:

【元】花合野美術館のヒゲ館長



  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 今朝の気温は、マイナス3℃です。
 久しぶりの湯布院の朝は、やっぱり寒い!!!
      画像 275  画像 276
 うすく霞が懸った空気の中に由布岳が浮かんでいます。
 地面には、霜が砂糖を振った様に降りています。
 ア~~~~~、湯布院だ!です。

 写真は、ガラス戸が凍りついていますので、窓から撮りました。

 さて昨日です。
 いつもより少し早めに北九州を後にしました。そのせいで、メタセの森&お袋の介護施設も時間が合わずに通過でした。
 豊前の実家に寄り、香典返しを届けて、真っ直ぐ湯布院でした。
 帰りついて、開館を済ませて、その脚で公民館へGO!
 公民館会計さんと今週末の歩こう会の準備・確認でした。
 お昼前に無事に済ませて、美術館へ戻って荷ほどきでした。

 バッグの底からは、こんなものが・・・・。
     画像 277
 実は、カミさんの職場に刃物の研ぎがとても上手な方がいらっしゃると聞いて、お願いしていました。とても切れ味が良くなって戻って来たのです。
 先日、鹿肉を貰ったのですが、筋を取るようにと言われたのに、全く切れなくて・・・でした。これで、少しは料理も美味くなると思います?

 一週間留守でしたので、カメ太は?????でした。
       画像 278
 木屑の中から引っ張り出したら、しっかりとぼけていました。

 ポスの最新号も届いていました。
    画像 281  画像 280
 今月号にも、しっかり掲載いただいて居ました。ありがとうございました!!

 留守中の電話もチェック??????全く留守電無し!!なんちゅうこったい?でした。泣きっ面に蜂とは此の事ですね。

 さて、今月も最終日です。お客様は来てくださるかな???

<余談>
 先週の22日、北九州へ帰る道で、こんなカラスの集団に遭ってしまいました。
      画像 282
 見た瞬間に、嫌~~~な感じが・・・・・でしたが、正にその予感が的中してしまいました。帰り着いた途端に、「お父さん、妹が・・・・・!」でした。翌日に、義妹は亡くなりました。

 葬儀の翌日に千葉を後にしたのですが、その朝が大雪でした。
   画像 279
 まるで、亡くなった義妹が、カミさんに帰るな!と言っているかのようでした。

 義父の具合も、心配な状態ですので、これからも臨時休館が増えると思います。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくご理解くださいますようにお願いいたします
スポンサーサイト
 23日に千葉の義妹が、亡くなりましたので、休館が続いてしまい、ご心配をお掛けしました。
 義妹は、8年ほど前に、乳がんが見つかり手術を受けました。残念ながら、4年ほど前に転移が見つかり治療を重ねてまいりました。去年の十月に、来北した折には、まだ元気な様子でしたが、12月に急激に悪化し、入院しましたので。今月の三連休で見舞いに行き、会ったのが最後となってしまいました。
 昨日、葬儀を終えることが出来、気が抜けております。
 この一月の間に、三度の上京で疲れも出ましたので、今日一日、北九州でかみさんと過ごして、明日の午後から美術館を開館します。
 ブログも、明後日から再開させますので、また、ご愛顧ください
 
 忌休のため、1月29日まで臨時休館します。スミマセン!!
 真っ暗な朝です。
       画像 256
 お天気は雨。
 このお天気も関係しているのでしょうか?何と!何と!何と!今朝の気温は、10℃です。
 どうしたのでしょうかね????
 残っていた雪も完全に消えてしまいました。

 さて昨日ですが、何も無い・・・・・と云うか、チョッと辛い一日でした!!
 
 それはさて置き、このブログは、いつものようにノ~天気に行きます。
 記事も無いので、宇佐のAさんにお譲りすることになった?様な、お人形さんについて書くことにしましょう。
 これが、そのお人形です。
      画像 255
 銘が入っていますが読めませんので、作者は???です。作品名は『福の神』です。箱書にそう書いてあります。
 このお人形さんは、もう二十数年前になりますが、研修で和歌山に行った帰りに、確か大阪の天王寺の百貨店の骨董市を覗いた時に「連れて帰って~!」で買い、懐に抱えて帰って来たと記憶しています。

 で、偶然この本にそっくりなお人形さんの写真を見つけました。
       画像 257
 昭和60年に読売新聞社から発行された『日本の人形』という本です。
 で、その写真が此れです。
   画像 258  画像
 どうですか、そっくりでしょう!と云うか、同じ作者のものに見えませんか?
 で、その記事が此れです。
       画像 259
 この記事を書かれた磯辺 勝氏に寄れば、このお人形さんは東北・角館地域で作られていた荒川尻焼の土人形ではとのことです。今では絶えてしまった焼きものだそうです。

 今回、改めて記事を読んで、結構貴重なものなのかも?でした。

 Aさんに大事にされますように祈って送り出すことにしましょう!!!って、まだ本当に買っていただけるのやら???ですがね・・・。

 さて、開館しましょう!!



<お知らせ>

  明日と明後日(23日・24日)は、休館です。

火事でした!

 薄暗い朝を迎えています。
        画像 248
 ご覧の様に、お山は見えていますが、上空は雲に覆われて、朝陽の昇る前の光も全く見えません。
 お天気は、曇りです。
 気温は、マイナス2℃、昨朝ほど寒さを感じませんが、庭の雪は残ったままです。
     画像 249
 雨になれば、この雪も消えてしまうでしょうが・・・・?

 さて昨日です。

 いろんなことが重なって、少し気落ちしているカミさんと二人、アサイチで乙丸温泉へ出かけました。
 人間、身体が温まって、お腹が膨らめば、気力も湧いて来ます。で、朝の温泉、お昼は、燻家さんで美味しいものをいただきました。そして、後は吾輩の愛情・・・何ちゃって!(まあ、吾輩の愛情は、付け足しですがね。)

 お昼過ぎに、お客様でした。
 宇佐のAさんご夫婦でした。で、いきなり「館長さんに見ていただきたいものがあるので・・・。」と、絵を抱えてのご来館でした。
 今回もコーヒーとケーキ、それに此れもお土産でした。
       画像 251
 写真で見ると、何じゃ此れは???ですが、中身は、袋一杯の銀杏です。ありがとうございました!!!
 
 (※ くれぐれもお願いしますが、皆様、美術館ですので、お土産は要りまっせんよ!)

 で、早速、持参された絵を見せていただきました。
 「あまりに安かったので、真贋が・・・・?」「オー、良いですね!これは間違いないですよ!」でした。私の見る限りでは、本物でした。ヤフオクで手に入れられたそうですが、出品者は、私も数点購入した相手でしたので、間違い無いものでした。Aさんは、良いものを手に入れられて、良かったです。今年は、運が向いて居られるようです。

 と云う処で、ひと段落して、頂いたコーヒーを淹れて、これまた頂いたケーキを食べることに・・・で、奥のカミさんも引っ張り出して、みんなで楽しいひと時となりました。

 3時近くなって、カミさんは北九州へと帰って行きましたが、Aさんご夫婦との絵談議は4時近くまで続きました。
 で、帰り道で、十一面観音様が納められた動真庵へ、食事に立ち寄って行く話になりました。が、その話が、何故か?玄関先の土人形『恵比寿大黒』様をお譲りする話へとまとまってしまいました。私の顔に、何か書いているのでしょうかね?

 どうも作品を整理する時期が、風に乗ってやって来たようです?
 (豊後高田のMちゃん、あなたの欲しがっていたお人形さんも、そのうちに無くなっているかもですよ?) 

 お二人を動真庵へ送り出して間もなく、けたたましいサイレンが盆地に鳴り響きました。
     画像 254  画像 253
 まだ明るいのに、火事でした。
 丁度わが美術館の反対側の家に黒煙が上がり、炎も見えていました。
 消防車のサイレンで、盆地の中は大騒ぎの有様でした。
     画像 252
 30分ほどで、黒煙は白くなりました。

 この10日程の間で4度目の騒動だとのことでした。火事は本当に怖いです。くれぐれも火の元には気を付けてください!!!

 夜、Aさんから電話が在りました。「頂いたお酒、とても美味しかったです。動真庵での食事も美味しかったし、お話もとても楽しかったです!」とのご感想でした。もちろん、お話の最後に「恵比寿大黒様を今度はいただきにまいります。」とのことばも・・・・。

 では作品紹介です。
     画像 250
 須田剋太さんの『いろは歌』です。

 さて、次はどの作品が、わが美術館から巣立って行くのでしょうか???チョッと寂しいです。
 表題に書きましたように、今朝の気温は、マイナス4℃です。
 ガラス戸が凍りいついてしまっていて、開けることが出来ませんでした。が、意外に暖かく感じます。お天気のせいでしょう。
       画像 244
 ご覧の様に、しっかりお山が見えています。

 今日のお天気は、晴れです。
 この様子だと、お日様が、つもり残った雪を、キッと解かしてくれるでしょう!

 昨日は、カミさんとゆっくり一日を過ごしました。
 で、下の田んぼまでお散歩に出かけました。
 ご覧の様に、素晴らしいお姿を見せてくれました。
    画像 246  画像 245
 山頂は、真っ白です。氷の世界になっているのでしょうね。

 田んぼ横の小川の水が、澄み切っていました。つめたそうな水の中に、小魚をたくさん見ることが出来ました。

 帰って来てからも、ただボ~~~~としたカミさんと二人の時間で、一日が過ぎて行きました。4月からは、こんな一日が多くなってくるようです。

 夕方、久しぶりにお菓子屋の御主人から電話が入りました。で、野菜やお肉をたくさんいただいてしまいました。<下さるものは、断ってはいけないん、必ず頂く!>が、近所づきあいの基本ですので、当然、ありがたく頂きました!!ありがとうございました!

 温泉館の定期券が切れましたので、また以前の様に、石松温泉(加勢の湯)と乙丸温泉を行ったり来たりの生活に戻りました。あと、川西温泉が戻ってっくれば・・・・です。

 では、作品紹介です。
       画像 247
 八島太郎さんの『梨花』です。

 今朝の気温は0℃です。
 予報では、もっと低くなる(マイナス4℃)とのことでしたが、意外でした。
      画像 236  画像 235
 お天気の予報が晴れで、放射冷却現象で低くなる予想だったのでしょうが、ご覧の様に、晴れては居ますが雲が多いせいで、そこまで低くならなかったようです。それでも、氷点ですので、昨日の雪は残ったままです。
 もう少しお日様が昇ってくれば、雪も薄くなるでしょう。

 さて昨日です。

 一昨日の夜、既に大雪でしたので、温泉から帰ってそのまま車を玄関先に止めて置きました。
              画像 243
 で、朝一番でタイヤにチェーンを履かせました。
 湯布院で、スタッドレスタイヤを持っていないのは私ぐらいでしょうね。でも、わが美術館前の坂は、アイスバーンになったらスタッドレスぐらいでは全く駄目ですから・・・。次の作業は、当然のことながら、雪掻きです。
       画像 239
              ➘
      画像 242  画像 241
 腰痛の身には、堪えました!!
 作業をしながら、「こんな大雪に中、お客様何て、有る筈も無いのに・・・ブツブツ。」でした。

 以前は、張り切ってやった作業ですが、この頃は・・・・・・気力が落ちて来ています。でも、一昨日のコメントを見ると、俄然、身体の隅っこのまた隅っこに僅かに残っている気力が沸々と湧いてきます!!!ナイスタイミングのコメントありがとうございました

 次の作業は、作品の荷作りでした。
 売ることを、まだまだ先と考えていましたので、用具を用意していません。で、有り合せのもので台用でした。
          画像 240
 四つの作品を梱包したのですが、大きさがそれぞれ違うし、箱も無い&レリーフ状の半立体なのでで、上手くいかずに右往左往でした。どうにか、梱包を終え、アサイチでチェーンを履かせていた車で、運送会社に持ち込むことが出来ました。

 これで昨日の一日が終わった!でした。

 夕方の高速道路の状況を、カミさんへメール、無事に車で、やって来ました。(高速道路の再開は意外に早かったです。助かりました。職員の皆さん、本当にありがとうございました!!)

 では作品の紹介です。 
           画像 238
 徳岡神泉さんのデッサン『菖蒲』です。
 先日、版画堂さんから買ったばかりの作品です。今回の目玉の一つです。それほど高価な作品ではありませんが、素晴らしい!! 
 もっと評価されても良い作家さんですが・・・・・そうなると私には手に入らなかったですがね。

<おまけ>
           画像 237
 雪の上に残された、此の有刺鉄線のような足跡の主の正体は、一体何????

今朝は大雪です。

 今朝は、大雪です。
  画像  画像 232
 一面の銀世界が目の前に広がっています。
 高速道路も通行止めになっているようです。
 現在の気温は、マイナス1℃で、最高気温も予報では3度にしかならないとのこと、積もった雪は解けそうにありません。

 さて昨日です。

 朝から、お天気がすぐれず、寒く憂鬱な一日でした。

 バーテンダーさんとお昼をご一緒する約束でしたが、止めようと思っている処に電話でした。彩岳館の食堂に懸っている有島生馬の絵を見るのが目的でした。バーテンダーさんの方は行く気満々でしたので、結局・・・・。
 実は、バーテンダーさんの目的がもうひとつ在ったのでした。PCが駄目なので、或るオールドマスターの画家の事を調べて欲しいとのことでした。そんなことは、正に昼飯前でしたが、昼飯後に調べて差し上げました。
 2時間ほど絵の話に熱中した後、お仕事の時間になりましたので、お宅まで送って行きました。

 帰り着いて、郵便受けに入っていた手紙を開けると、わが美術館の絵を・・・・・貸して欲しい?かの様な内容でしたので、早速お電話でした。
 と、貸して欲しいでは無く、譲って欲しいとのことでした。
 腰痛等の事情から年4回の企画に切り替え、どうしても展示されない作品が多数生じています。で、或る程度の作品を処分しようかと考えていましたので、OKさせていただきました。

 で、お値段ですが、言い値でもと伝えたのですが、どうしてもとのことで、買値に近い金額を申し上げましたら、その倍でどうですかとのこと、ビックリでした。その上、キリが悪いとのことで、更に上積みの金額を提示され大ビックリでした。(買値が、とても安かったので、倍でも極端に大きな金額では有りませんが、極度の金欠病を患っている吾輩にとっては大金です。)
 と云うことで、今日は、この作品を梱包して送る作業に精を出すことになりました。

 少し気分が落ち込んでいますので、こう云う仕事があると、気が紛れます。

 夜は、気が滅入っているのを察したかのように、Eさんが来てくださって、一杯でした。ありがとうございました!!

 では、久しぶりに、作品の紹介をしましょう。
    画像 234
 お正月らしく、矢野文夫さんの『赤富士』と、土人形『福の神』です。

 またまた、気が滅入ってきましたので、飯食って作業に取り掛かります。
 暗い朝です。
 もう7時なのに、この暗さです。
         画像 217
 「トットと、夜が明けんか!」って言いたくなりますよネ。

 気温は1℃なので、昨日よりはかなり暖かいようです。(ちなみに昨日はマイナス5℃だったそうですので。)
 お天気は、この暗さですので????ですが、曇りの様です。

 天気図を見ると、大陸からの高気圧の端に在るための様ですが、この高気圧が張り出してくれば、晴れてくるかも?但し、寒気も連れてくるようですので、寒さは増す?予報では、今日の最高気温は3℃で、夜にかけては、氷点下になると出ていました。まあ、この時期ですから、仕方ないですね・・・・。

 さて、昨日です。

 北九州を、7時半に出て、途中で道の駅【メタセの森】に寄りました。残念ながら、まだ海産物が並べられていませんでしたので、目的の牡蠣をゲット出来ませんでした。残念!!

 四日市からの有料道路を過ぎ、安心院に入り、順調な道のりでしたが、次第に雪が現れて来ました。

画像 222
 ➘
    画像 221
    ➘
       画像 220
 日出生台自衛隊演習場前から町の入り口までの道路は、こんなアイスバーン状態になっていました。(車は、轍を外さなければ、大丈夫でしたが・・・かなり危ない状態でした。)

 由布院に着くと、街中は、すっかり雪が解けていました。

 ががが・・・・・、わが美術館の駐車場は、この有様でした!
   画像 219  画像 218
 しっかり凍りついていました。歩くと、滑ってしまいます。現在も同じです。
 ところで、車の轍の後がクッキリありましたが、もしかして休館中にお客様が来られたのかも?????

 帰り着いて、開館を済ませ、暖房をいれて、ひと段落。
 で、お昼過ぎに、お客様でした!と云っても、ほとんど呼び出しを掛けたような????バーテンダーさんへ、帰って来た連絡をして、迎えに行ったからでした。
 お仕事の関係で、一時間ほど絵の話で盛り上がり、今日のお昼の約束をして、送り届けました。

 もうお客様も無いだろうと、暖房を落して、裏に引っ込んで、東京行の疲れが出たのか、炬燵でお昼寝でした。

 ところが、4時近くにチャイムが鳴りました。何と、お客様でした!
 お客様は、あの動真庵さんのご夫婦でした。態々、来てくださったのでした。
 で、館内をご案内し、コーシーを飲んでいただきながら、6時近くまでお引き止めをしてしまいました。とっても楽しい時間をありがとうございました!

 さて、今日は???????楽しい一日でありますように!!(合掌)

<おまけ>
 此れなんだと思いますか???
       画像 223
 まるでサボテンの様ですが、ブロッコリーの一種だそうです???
 東京行で、甥っ子の奥さんの実家で採れたものをいただいてきました。料理法は、ブロッコリーと同じだそうですが・・・・・・自然って、芸術家ですね。

<一句>

     「 雪凍り ただ冷え冷えと 冷え冷えと 」

 チョッと山頭火風に・・・・なってないな!(東京行で、寂しい出来事が在りましたので・・・・。)
 今日も北九州です。
 さっき、朝風呂に入りましたが、頭に霞が懸かっています。

 何で???????

      画像
 ゲリラ低気圧の襲撃にあったためです。

 癌で闘病中の義妹のお見舞いに、義母を連れて行くのが、今回の東京行きでした。高齢と脚が悪いので、かみさん一人では大変と言うことで、付いて行くことになった次第です。
 連休初日の12日に、車で義母を自宅へ迎えに行き、新北九州空港へ。車は、駐車場で待っていてもらうことにしました。
 チケットの手配の細に、車椅子の借用をお願いしていましたので、搭乗手続きと一緒に車椅子もお借りしました。
 保安検査を受けて、機内へ。
 搭乗口からは係りの方がエスコートしてくださり、座席も最前列を確保していてくださっていました。
 到着してからも、バス停まで送ってくださり、更に、バスの優先席の手配までしていただきました。至れり尽くせりで本当にありがとうございました!!

 バスを降りて、バス停の近くのファミレスで次女と合流して、昼食でした。
 タクシーで病院へ、お見舞いには家族のほかに義兄夫婦が既に来てくれていました。一時間ほど話して、「明日も来るね!」で、帰りました。
 ここで、私たちは次女の家へ、義母は義兄の家へでした。

 翌日も病院へ。
 
 その日は、帰りのこともあるので、義兄のお宅に泊めていただきました。新婚の甥っ子夫婦も来て、鍋を囲んでの楽しい宴となりました。

 朝起きると、雨でした。
 バス停まで送ってもらい、バスに乗ったまでは平穏な旅でした。ここからが大変なことになってしまいました。羽田空港に近づいて行くほどに雪がひどくなってきました。で、途中の有料道路の出口で大渋滞に巻き込まれてしまいました。雪のせいでETCのセンサーが作動しなくなったため、手動での処理のため、大渋滞になったのでした。車の中から携帯メールを使って、息子と娘たちに飛行機の運行状況などを調べさせました。途中、通行止めや動けなくなった車をたくさん見かけました。でも、大幅にバスは延着しましたが、どうにかたどり着くことは出来ました。
 それでも、ギリギリの時間でしたので、搭乗手続きを急がねば!で、大混雑の空港の中を走り回りました。
 手続きを終え、車椅子を借りて、来た時と同じように保安検査も受けて、待合室へ。
 これから延々と待ち続け、13:55発が、16時30分に欠航決定でした。それからが大変でした。脚の悪い義母を連れているので・・・タクシーもバスも完全に止まっています。で、ホテルに泊まろうにもホテルに歩いてはいけません。娘の所にも、義兄の所にも行く方法がありません。で、空港から品川に出て、新幹線へ乗り継ぐしか方法がなくなりました。がががが・・・・・新幹線の最終便に間に合うか?でした。京急の電車にはどうにか乗ることが出来、座ることが出来ました。JRで、もっと早く車椅子を手配すれば良かったのですが、チケットに気をとられてしまい・・・それでも、漸くのこと18:45発の最終便に乗り込めました。もちろん、座ることは出来ません。でも、世の中には神様が居るようで、名古屋で義母を座らせることが出来ました。と言うのも、長崎までの方が、席を譲って下さったのでした。この方、とうとう小倉まで立ちっぱなしでした。で、かみさんの方も京都でこれまた諫早までお帰りになられている方から席を譲っていただきました。この方も、小倉まで立ちっぱなしでした。こんな状況でしたので、もちろん私目は立ちっぱなし!!腰が・・・・・・最悪に!
 帰り着いても、接続の列車に当然間に合いません。で、タクシーで帰宅。夕食を済ませて寝たのが1時過ぎでした。
 で、朝6時に起きて、空港まで車を取りに行き、かみさんはお仕事、私目は・・・・・です。

 ということで、今日も美術館はお休みです。
 本来は、今日からブログもお休みですが、予約で投稿しました。

 北九州への道を、久しぶりに国道500号に採りました。
 去年の豪雨の傷跡がのこっているのでは?で通ってみたのですが、やはり!でした。
    画像 287 画像 286
 鹿鳴山横辺りの谷間がこんなでした。

 鹿鳴山墜道の前に見つけたお地蔵様です。
       画像 285
 どうしてこんなところに?嘗て、事故があったのでしょうかね・・・。

 その鹿鳴山墜道の入り口には、大きなツララでした。
     画像 283 画像 284
 この鹿鳴山墜道を抜けるともう耶馬溪です。

 旧羅漢がくっきりと見えるようになっていました。
       画像 282
 豪雨で、木々がなぎ倒されたのでしょうか?

 最後の一枚は、メタセの森で撮ったカミナリ?????
 画像 281
 正解は、飛行機雲でした。

 この記事を読まれる頃は、飛行機の上です。
 今朝の気温は、何と・何と・何と、マイナス6℃です!!!!

 不燃ごみの日なので、仕方なく外に出ましたが、物凄~~~~~く、寒い!在るもの全てが凍りついていました。

 お天気は晴れ、全く雲がありません。

 空気も凍りついているようで、由布岳がクッキリと見えています。此れほどのお山の姿は、年に何度かしか見れません!本当に写真をお見せ出来ないのが残念です

 さて、昨日です。

 いつも猪肉や花オクラなどを持って来てくださる並柳のAさんが新年のあいさつに見えられました。で、を飲んでいただきながら、猪猟の話を聞かせてもらいました。Aさんは、は使わずに、もっぱら罠で捕まえるのだそうです。雪が降った日が良いのだそうですが、中々思うようには獲れないそうです。
 今度、鳥が獲れたら持って来てあげようとのことでした。鳥って???何の鳥か聞き漏らしてしまいました。

 を飲み終わって、館内をゆっくり見てもらいました。見終わると、もうお昼になっていましたので、帰って行かれました。

 入れ替わりに、大分の長女が来てくれました。と言っても、北九州に忘れて行ったものを取りに来ただけです。 で、吾輩の手料理でお昼と夕食を一緒に食べました。(ちなみに、お昼はスパゲッチー。夕食は、カレーでした。)

 夕食の後、明日から三日間留守にしますので、長女にありったけの野菜や食料を持たせて、帰らせました。私もその脚で、へ!

 昨日も、ありふれた平凡な一日でした。これこそが、[幸福]と云うものなんでしょうね!! 

 ところで、表題に書きましたように、明日からの三連休は、残念ながら臨時休館です。間違えて、来館されませんように!!って、そんなことは無いか。

<余談>
 一昨日の夜の番組で、ナンチャラ珍百景と云う番組を偶然点けてしまい、俳優?野草料理人?の岡本信人さんと珍獣ハンターの井本さんが、珍食材とやらを求めて、山の中をうろつくのを見てしまいました。で、その珍食材が、何と何と何と南都雄二!!(久しぶりの、このギャグでした。)あの巨大なナメクジでした。犬のウ◎チと間違えそうなほどの大きさで、わが庭で見つけるたびに、背筋に何か走る不気味な生き物ですが、お陰で、名前が判明しました。『ヤマナメクジ』と云うのだそうです。番組で、お二人は、何とその『ヤマナメクジ』をテンプラにして食べました。お味は、イカのテンプラの様だったと・・・・・。当分、イカのテンプラが食べられそうにありません!
 貝の一種なので・・・でも、やっぱり食べれないな~!(ウミウシだったら食べれるかも?だって、ナマコは大好きですので・・?)
 今朝の気温は、また氷点下に戻り、マイナス2℃です。
 ゴミ出しに行ってきましたが、とても「寒い!!」でした。
 現在は、風は在りませんが、強くなると予報が行っていますので、寒さを強く感じる一日となりそうです。

 お天気は快晴です。

 お山が、山頂に白く雪を抱いた素晴らしいお姿を見せてくれています。写真をお見せできないのが残念です。

 さて昨日です。

 朝一番で、先夜の運営委員会で決定した歩こう会の回覧板を組長さん方へ配って回りました。

 帰って来て、年賀状の再点検。いただいたのにお送りしていない方3名に遅れた年賀状をお出ししました。
 ところで、此の年賀状点検で気づいたのですが、年賀の挨拶の中に気になる記事(病気療養中等)を見つけた時は、どう対応すれば????
 ① すぐに電話をする。
 ② 寒中見舞いなどを出す。
 ③ 来年の年賀状まで待つ。
 今までは、③でしたが、歳をとってくると、相手も当然歳をとってきますので、病気などの事が増えてきました。気になるのですが・・・・・?

 この後、NさんとMさんが来てくれました。
 Nさんは、またまた北海道の御土産持参でした。義父母の介護で行っているので、辞退しているのですが・・・ありがとうございます!

 Mさんは昨日はNさんのお宅にお泊りだったそうです。で、夜は、女子会での御食事を楽しまれたとのことでした。
 冷え切った館内を見ていただき、唯一暖かい喫茶展示室でコーシータイムでした。
 お昼過ぎまで、楽しいひと時を過ごした後、お二人は動真庵へ昼食に向かわれました。

 夕方、カミさんから電話が入りました。あまり良い知らせではありませんでした。
 で、明後日からの三連休は急遽、臨時休館とすることにしました。

 12日・13日・14日の三日間は、臨時休館です。

 ブログも書けそうにありませんので、お休みです。

 今日明日は、開館しています!!!

<一句>

   「 歳重ね 賽の河原の 石を積む 」 

 還暦を過ぎてから、歳を重ねるということが、どういうことなのか?楽しいことより辛いことの方が増えて来ているように感じます。
 今朝の気温は1℃です。久しぶりに〇℃を超えたようです。
 お天気は、晴れています。いつもなら放射冷却現象で、冷え込むのですが・・・・。
 お山は、残念ながら雲が懸って見えません。

 では昨日です。

 まずは、不足している名札の作製でした。合わせて、ポスターも作りました。

 今回の企画展の目玉は、恩地孝四郎の油彩画『裸婦』、徳岡神泉のデッサン『菖蒲』、都路華香の軸『松』などです。
 いずれも新しく購入した作品です。ボチボチ、閉館も視野に入っているのに、現実とは裏腹に、作品を増やしているとは、イヤハヤ困ったものです。

 その後は、公民館へ行き夜の会議の資料の印刷でした。

 帰って来て、館内の清掃。今年も、相変わらずジッとして居れないようです。

 後は、お客様待ちでした。残念ながら・・・・表題にお書きましたように、ア~アでした。

 夕方、早目に温泉館へ行き、会議に備えました。

 夕食を済ませ、公民館へ。7時からの会議は、誰かさんが来なかったお陰?30分で無事に終了でした。で、Eさんへ電話、「チカ~~~~~ッと、どうですか?」でした。
 と云うことで、姫路から買ってきたお酒を一本(720ml)空けてしまいました。

 今年は、お酒で失敗しないように!って、難しそうです?

 
 
 今朝の気温は、マイナス2℃です。
 やっぱり湯布院は寒い!!と云っても、昨朝に比べると5度も高いようです。昨日は、何と!何と!マイナス7℃だったと聞きました。帰り着いたら庭に霜がビッシリ降りていましたし、ガラス戸も凍りつい於ていました。
 
 お天気は、曇りです。

 と、ここで当然のことながらお山の写真になるのですが・・・・スミマセン!
 新年早々、携帯からパソコンへ移す器具を北九州に忘れて来ています。映像を取り込むことが出来ません。今週末に北九州へ所用で帰りますので、一週間は写真無しの状態が続きます。何と云うことでしょうかね!
 年が改まり、ひとつ歳を重ねて、いよいよボケが酷くなったようです。

 仕方ありません、取ってくるまでの間は記事だけの寂しいブログになりますが、ご辛抱のほどお願い申し上げます。

 さて昨日です。

 大慌てで、北九州から湯布院へ帰りました。本当は、ゆっくり帰り、途中の道の駅[メタセの森]で、牡蠣を手に入れてくる筈でした。5日に豊前に里帰りをした際に買って帰ったのですが、身がたくさん詰まってとても美味しかったので、Eさんと一杯やるつもりでしたのに、早過ぎて売っていませんでした。残念!!

 で、帰り着いたのが10時過ぎ、開館を済ませて、お喋りの資料を探して、スタジオに着いたのが11時過ぎでした。簡単な打ち合わせで、11時17分から生放送に10分ほどの会話でしたので、チョッともの足りませんでしたが、楽しい経験でした。機会が在れば、また出たいです。

 ところで、打ち合わせの際に判ったのですが、何と担当のアナウンサーさんが私の高校の後輩でした。帰り際に「そのうちに、遊びに行きます。」と言っておられましたが・・・本当に来られたら、故郷<豊前>の話をしたいですね。

 美術館へ戻り、今度は会計の締めです。一年が終わりましたので、税務署への申告の準備のための締めをしました。合わせて、新しい会計年度の為の資金補給でした。まあ、数字さえ判れば、ATMで通帳間の振り替え処理で済みます。
 此れを終えるともうお昼でした。

 お昼からは、今夜の公民館での会議の準備でした。議題を作り、進行を確認したら、疲れが出て、炬燵で暫しお昼寝でした。

 起きだして、展示作品の名札貼りでした。
 今日は、此の名札が不足している作品の名札作りです。

 さて、また一年が始まりました。今年は、どんな年になりますやら????(お酒で失敗しないようにせねば!!!) 

<一句> 

     「 さて一年 期待と不安が 入りまじり 」

[お知らせ]

  今月の休館日は、13日・23日・24日です。
 (これ以外にも臨時休館が在るかもしれませんので、ご注意ください。)
 今朝、湯布院へ戻ります。とうとう年末年始のお休みも終わりました。
 
 で、新年の抱負です。

  今年のコンセプトは、「我侭!」です。

 今年は、美術館の経営から解放されて、ノーーーーーーンビリ湯布院生活を楽しみます。気が向いたらお休みして、ドライブや旅行に出かけようと思っています。ということで、コンセプトに選んだわけです。
 特に、大分の県南は心に残しておかねば!と思っています。
 東九州縦貫道の工事が進んでいくと、失われていく景色が・・・・で、見に行かねば!です。

 ところで、昨夕、突然連絡が入り、表題の次第となったわけです。ということで、大急ぎで湯布院に戻らなければならなくなりました。
 
 今日から、新春特別企画<ひげ館長の特選展’13>が開幕です。まあ、それほど期待は出来ませんが、いろいろ頑張ってみましょう!!

 雪が心配で、中々湯布院へ脚が向かない時期でしょうが、良かったら立ち寄ってみてください。運が良ければ開いていますので・・・。

  
 まだ北九州で、お正月しています。

 で、昨日は、息子を豊前の施設に入っているおふくろに会わせに行きました。
 息子も、今年度末にはいよいよ大学を卒業です?まだ就職先が決まっていませんが、心配しても・・・後は、自分で道を切り開いていくしかないでしょうから・・・ということで、中々こちらへ帰って来れなくなるし、お袋も高齢(96歳)なので・・です。。
 
 お袋は、耳が遠くなっては居ますが、いたって元気でした。この分だと、100歳まで大丈夫なようです。我輩は、その息子ですが到底あと30年は無理です。

 お袋を訪ねたあとは、実家に挨拶に寄り、いつものように宝来軒の美味しいラーメンをを食べて、帰宅の途の着きました。で、久しぶりに行橋市の増田美術館を訪ねました。
 お隣の敷地を買い取り、駐車場として整備されていました。これでゆっくり駐車することが出来るようになりました。

 で、運良く、何と今年の開館が、昨日からでした。
 で、初日の最初の来館者と言うことで、絵葉書を3枚いただきました。

 階段を上がり、見せていただきましたが、相変わらず素晴らしい作品でした。お目当ての山崎朝雲の彫刻と狩野芳崖の掛け軸が、しっかり展示されていました。
 今回の展示作品の中に、徳岡神泉の作品を見つけ、流石だな!でした。

 他にお客様も無く、ゆっくりと見させていただくことが出来ました。

 で、いただいた絵葉書の一枚です。
       画像
 狩野芳崖の掛け軸です。
 この絵は、この大鷲図のために描かれたものだそうですが・・・・
     狩野芳崖 大鷲
 本物を見ていませんので、なんとも????ですが、増田美術館の絵のほうが、構図的には優れていると思うのですがね。

 すごい美術館ですので、お近くに行かれた際には、是非立ち寄ってください!!

 明日のお昼前くらいには湯布院へ戻ります。今年からは、休館日を随時として、気分が乗らなければ休館にします。来館されるときは、気をつけてくださいね!!
 今週いっぱい北九州です。

 昨日は、お昼過ぎに東京から息子が帰ってきました。で、駅まで迎えに行き、そのまま義父のお見舞いのために病院へ連れて行きました。
 丁度、義母も来たところでした。息子を見て、義父も大喜びで、ベットを起こして楽しく話をしました。前日は、体調が悪く、声も出無かったそうですが、昨日は体調もよく、楽しそうにしていました。
 あまり長居をしては、良くないと思い、30分ほどで切り上げて帰りました。
 まだ、口からの食事が出来ないので、それさえ良くなれば・・・です。

 写真が無いので、今日は年末の北条石仏行きの途中で見つけたものを紹介します。

 まずは、姫路から北条町へ行く途中の駅で見つけました。
     画像 286
 旅行すると必ず在るのがヘンな?地名です。厄神(やくがみ)って、どうしてそんな地名が????それに、日本へそ公園てどんな公園なんでしょうか?
 で、これが乗って行った電車です。 
        画像 277
 何と、この電車、時折、お猿さんが運転するそうです。

 次は、お宿<四つ目旅館>さんから北条石仏への道で見つけたものです。(ところで、四つ目旅館さんの名前の由来をお聞きしましたら、家紋が四つ目というものだからだそうです。)
 何と、この地に【うだつ】が在りました。
画像 278  画像 285
 観光案内のパンフレットを見ましたら、何と偶然見つけたこの二つしか、この地には無いのだそうです。

 で、次はこのお寺です。
画像 284画像 283画像 282
 酒見寺と言うお寺だそうですが、仁王門・塔・本堂と、何と立派なんでしょうか!!

 そしてそのすぐ隣は、これまた立派な神社でした。
       画像 280 画像 281
 住吉神社と言うのだそうですが、何と灯篭についていたのは三つ葉葵の御紋でした。徳川家に縁がある神社なんでしょうね?

 旅は、途中のほうも楽しいですね。

 今日は、長女も帰ってきます。久しぶりに家族4人が揃うようです。
 早、正月も三日ですが、我が家はようやく正月になるようです!!!!!!

<一句>

    「 正月で ようやく家族の そろいぶみ 」

 子どもも自立してくると、揃うのは、正月だけになりますね。
 今日は、また北九州です。

 息子が帰ってくるのと、入院してしまった義父の様子、それ以上にその看病をしている義母のことがありましたので、トンボ帰りでした。

 ということで、今朝の由布岳の写真はありません。で、この写真は、昨日のお山の写真です。
         画像 287
 今朝の由布岳は、どうなっているかな??です。

 昨日の元旦のあいさつのブログは、31日の夜に予約で0時0分に掲載されるように入れていたものです。朝起きてから、改めて大晦日の出来事の記事を書くつもりでしたが、寝坊をしてしまい、国旗の掲揚に行った後、お雑煮を食べて、引き続いて、すぐに拝賀式に出かけてしまいました。そのあともバタバタして、そのまま北九州に帰ってしまったので、書けませんでした。
 と言っても、31日は、朝温泉に行ったこととお昼を動真庵さんに行ったことくらいで、あとは展示替えの作業のみでした。もちろんカミサンは、おせちの準備でした。
 で、この記事を書くつもりでした。
 新たに届いた古裂会のパンフレットです。何と3冊目です。 
     画像 290
 で、この記事が・・・・・・何と大分の画家 釘宮對宕の作品が出品されていました!
        画像 292
 入札最低価格は、125万円です。しっかり評価が上がってきているようです。以前、ヤフオクで見かけたときに買っておいたら・・・・後の後悔、先に立たずです!!!

 ところで、このパンフレットで「欲しい!」と思った作品がこれです。
    画像 291  
 素晴らしい屏風です!!でも、飾るにはチョッと大きすぎますね。それにお金もありません。

 歳が明けて、お隣の神社に初詣でした。
    画像 289  画像 288
 帰ってくると、お空にはこんなお月様でした。

 さて、新しい年が来ました。今年は、大忙しになりそうです。
 年度末には、息子の卒業&カミサンの退職。五月には、娘の結婚式。6月に海外旅行ETCです。もちろん、地域の行事も例年通りです。
 新しい年が明けました 

        おめでとうございます!

 今年も?否、今年こそ、花合野美術館をご愛顧のほどお願い申し上げます!

 と云うことで、まず一句です。

 < 人の世に 幸多かれと 年が明け >

 今年も、作品の紹介と合わせて、駄句を披露させていただきます!!

Powered by FC2 Blog