プロフィール

ひげ親父

Author:ひげ親父
◆書いてる人:

【元】花合野美術館のヒゲ館長



  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 暗い朝です。
 お天気が、限りなく雨に近い曇りのせいでしょう。
     画像 010
 辛うじてお山は見えています???
 梅雨の真っ只中、湯布院記録映画祭を観に来られた観光客の皆様への精一杯のお姿でしょう。

 さて、昨日です。
 まずは、幻のヘビと呼ばれているシロマダラヘビ君の遺骸を埋めてあげようと・・・・・無い!
       画像 013
 アレレレレ(レロレロレのおじさん風)でした。どうも夜中にイタチか?ハクビシンが処分したようです。まあ、それはそれで、自然の摂理と云うものでしょう。

 それでも、もしか?で探していると、こんなものを見つけました。
    画像 012  画像 014
 妖精か小人さん用のお饅頭です。なんちゃって!もちろんキノコですが、小さな大福やバフン饅頭に見えませんか?

 ついでに写真ネタ探しをすると、アサガオさんとニガウリの蔓が延びて来ていました。
      画像 017  画像 018
 もう少し伸びてくれば、お花が観れると思います。

 もちろん、ハラグロオオテントウムシさんにご挨拶!
     画像 016  画像 015
 今年もやっぱり、蛹から羽化できなかったテントウムシさんも居ました。これもまた、自然の摂理ですね。

 お昼過ぎに、玄関の人の気配で、覗いてみると、やはりお客様でした。
 若い綺麗なお嬢さんがおひとりで見えられました。駐車場を見ると車が在りませんでしたので、歩いて来られたようです。
 簡単に、説明して、ご自由に見ていただきました。
 コーシーの準備をして、待っていましたが、大変ゆっくりと一生懸命ご覧になられて居られたので、「ご自分でも絵を描かれて居られるのですか?」と声をお掛けすると、「いえ、写真を・・・・。」でした。そういえば、首からカメラをぶら下げて居られたような?????(観光の方も持たれては居るのですが、バックに入れられており、首から下げて居られる方は、写真をやられている方のようです。)
 ゆっくりご覧いただいた後、コーシーを飲んでいただきながら、お話を伺いました。
 埼玉から来られて、29日~1日まで、駅近くのお友達のお宅に泊まられての観光だそうです。記録映画祭のことは、こちらに来られて知ったそうで、どうしようか?迷っておられました。まだまだPRが・・・。
 現代の作家さんの作品が在れば・・・とのことでしたので、5枚ほど収蔵庫から出して来てお見せしました。
 これも熱心にご覧いただきましたので、私の方がとても嬉しかったです。
 とても、ゆっくり&熱心にご覧いただきましたので、時間が4時を回ってしまい、空模様もおかしくなったので、駅まで送って差し上げることにしました。
 途中のパン屋さんに、寄ってあげると、お礼にと<餡パン>をいただいてしまいました。、
    画像 011
 ついでに<まきのや>さん、<ステェア><小松屋>さんの宣伝もしておきましたので、行かれるかも?です。
 何時の日かまた来ていただければ!・・・それまで持つ(潰れない)かな???

 では、今日の作品紹介です。
    画像 019
 杢田たけおさんの『ポピー』です。

 夕方、温泉にチョッとだけ浸かりに行きましたが、どうもまだ体調がすぐれません。変な汗が、ズ~~ッと出るので、反って気持ちが悪くなります。芯熱が取れていないのでしょうね。今日も、安静に・・・出来るかな?
スポンサーサイト
 今朝は、曇りですが、お山は霧雨の中です。
      画像 002
 お隣の電柱の真上にお日様がボーーーッと浮かんで、幻想的です。が、段々霧雨が濃くなって来て、そのお日様が見えなくなりました。

 PCで天気図を見ると梅雨前線が小さくなっていますが、梅雨明けはまだまだのようです。今夕から崩れてくる・・・・って、もう崩れてきているような???

 さて昨日です。
 雨は、結局降りませんでしたが、晴れた訳ではありません。一日曇りで、しかもムッとする湿度になりました。

 体調が・・・・で、薬も無くなりましたので、アサイチで病院へ行きました。5・6人の患者さんが居られました。看護婦さんから症状を聞かれているのを聞きますと、その中の数人は、私と全く同じでした。どうも、今の風邪はこんな症状のようです。(歳のせいでは無かったようです。)
 それにしても、長引きます。今年の梅雨と同じです。これなら梅雨明けまで治りそうも在りません。

 病院から戻って来て、気分治しにハラグロテントウムシさんの様子見でした。
 何と10匹ほど見つけることが出来ました。中には、こんな様子も、数匹・・・・。
    画像 006  画像 005
 桑の実を食べているようにも見えます。
 春先から梅雨に掛けての幼虫期には、クワキジラミもたくさん居ました。が、今の時期は少なくなっているようですので、そのせいか?桑の実に中に虫が居るのでしょうか?? 

 チョッと用事で、御近所へ出かけると、帰りしなに、真竹の筍をいただいてしまいました。
       画像 008
 アク抜きをしないで、此のまま煮つけるのだとお聞きして、夕食の際に、そうしたのですが・・・やっぱりアク抜きは要ったみたいです。

 で、次に裏の御主人からトマトの苗をいただきました。
  画像 009   画像 001
 体調が・・・・でしたが、ジャガイモを植えていた後を耕して植えつけました。(まだたくさん苗が残っていますが・・・さてどうしたものか?)
 
 注意!!

 ヘビの駄目な方は、見ないでください!
 庭をうろついていて、何と幻のヘビと言われている<シロマダラヘビ>を見つけました。
  画像 004   画像 003
 ウミヘビのように、特徴的に横縞が入っています。岩の間等に棲み、夜行性のため、中々目にすることが無いため幻のヘビと云われているそうです。
 残念ながら、イタチかハクビシンにでも殺られたのでしょうか?死んでいましたが・・・こんな寒い地にもヘビは居ることは居るようです。

 タカチホヘビと云いこのシロマダラヘビと云い、まあ見たことの無い珍しいものに行きあたります。

 さて今日の作品紹介です。
      画像 007
 藤森静雄さんの『狐のカミソリ』です。

 腰痛が、寝込んだせいでしょうか?ホンの気持ちだけでしょうが、良くなっています。此のまま良くなってくれたら・・・・そう簡単にはいかないでしょうね。

<お知らせ>
 いよいよ今夕の前夜祭から湯布院記録映画祭が始ります。
 今年の松川賞には、夢二山荘のNさんのお知り合いが受賞されたそうなので、見に行きたいのですが、多分、咳が・・・そんな場所に限って止まらないのです。
 是非ご覧になられてください!!!
 (そう云えば、今年はカンパを誰も言って来なかったな???)
 現在は、止んでいるような?居ないような?いずれにしても、今日のお天気も雨でしょう。
       画像 198
 ご覧の様な、空模様ですから・・・・。

 この長雨のせいで、おばあちゃんの畑のジャガイモが・・・・・。
     画像 197
 土からむき出しになったものが、彼方此方に見えています。
 私は、先日収穫を終えていますが・・・・・。

 こんなお天気のせいでしょうか?明け方が、布団の中でも寒く感じました。で、一枚夏布団を出したのですが、またどうも調子が良くありません。風邪がぶり返してきそうです。気を付けねば!!

 今度の日曜日は、河川愛護で大分川の草切りです。小雨決行と在りましたが、この分で行くと雨も在り得るようですが・・・・さてどうなりますやら???
 雨の中、草刈り機を使うのはかなり危険が伴います。お天気の回復を祈るばかりです。

 さて昨日です。
 雨の一日でしたので、何事も無い筈でした。が、二つほど事件が在りました。

 まずは電話です。
 何と雑誌の取材の申し入れを受けました。6年目に入って2度目です。「私の処の様なチン気な美術館で良いのですか?」と念を押したのですが、「いろんな方にお聞きしまして・・・。」とのことでした。「まあ、実際に来られて記事になりますかご覧になられてください。」で、お受けいたしました。本当は、「是非!是非!是非!・・」なんですが、広告料とか言われると困るもんで・・・・チョッと引いてしまいます。まあ、ワクワク楽しみです。
 
 次は、先日から始りましたFM湯布院の放送スタッフさんのおひとりが訪ねて来られました。
     画像 201  画像 200
 頂いたポスターとパンフレットです。
 で、パンフレットのスタッフ紹介の真ん中の可愛いお嬢さんです。
   画像 199
 杵築から通って居られるので、アパートを探されていると云う話をお聞きして、チョッと口を出しただけで、お役に立てなかったのですが、わざわざそのお礼を言いに来られたのでした。
 まだ湯布院のことをほとんど御存じないようですので、一杯見て回り、早く湯布院の人になられると良いですが・・・でした。(もちろん、湯布院で二番目に不味いコーシーもお出ししました。)

 後は、先日来られた町内のパン屋の御主人が、高橋由一が好きだと言って居られた時に、思い出せなかったもう一人の【鮭】の名手を、調べて判りましたので、教えて差し上げました。池田亀太郎と云う由一とほぼ同世代の画家(本業は写真屋さん)のことです。あの[デバ亀]の語源になった池田亀太郎とは別人です。由一の作品と云われている中に、彼の作品が紛れている可能性もあるようですが・・・もっと巧い!!

 以上で、記事はお仕舞です。

 では作品の紹介です。 
  画像 203  画像 202
 今日からは花の絵です。まずは、八島太郎さんの『梨花』です。

 さて、今日は・・・・・・何をしましょうかね???

 まずは、館内の清掃ですか!!!お客様が無くても、埃は出ますので・・・。
 表題のとおり、またまたまた雨です。
      画像 191
 当然のことですが、ご覧のとおり、お山は雨雲の中です。
 まだまだ梅雨は続きます。

 さて、昨日です。
 まあとにかくひどい二日酔いでした。レミーマルタンのXOで酔ってしまったのですが、量はそれほど呑んだ訳では在りません。やはり風邪を圧して呑んだのがいけなかったようです。
 夕方まで、全く食べ物を受け付けませんで、夕方になってようやく口にすることが出来たような状態でした。
 で、昼間は敷きっぱなしの布団で、ゴロゴロでした。でも、お陰???で風邪は良くなったようです。痰は少し残っていますが、咳の方はほとんど出なくなりました。気分も、ズ~~~ッと良くなっています。
 友人の初七日から帰ってズ~~~~ッとでしたから、二週間寝込んだことになります。熱は二・三日だけでしたが、微熱と咳痰が止まらず、最悪の状態が続いてしまい、変な病気に罹ったのかも?何て思ったりもしました。
 ひとり暮らしですので、どうしようもなく、生活もままならないので、北九州へ避難もと考えましたが、カミさんも似たような症状になってましたので、それもままならず、八方ふさがりに・・・歳は取りたくないものです。

 風邪のことは、これくらいにして、梅雨の小休止の昨日、もっとも昼過ぎから崩れてしまいましたが・・・。
 それでも洗濯ものを干して、チョッとハラグロオオテントウムシさんにご挨拶でした。
     画像 196
 ほとんど飛び立ってしまい、何匹かしか残っていませんでした。
 それでもこんなシーンを目にすることが出来ました。
  画像 195   ⇒   画像 192
 蛹から羽化したばかりのオオテントウムシさんです。写真右は、夕方撮った同じテントウムシさんです。クリーム色一色の殻が朱色に染まっていました。

 写真は、此れだけですし、誰も来なかったので記事もお仕舞です。

 と云うことで、作品紹介です。
    画像 194
 三奇才展最期の作品になります。
 伊藤晴雨翁の『安達が原』(黒塚)です。

 今回も晴雨の著作本を一緒に展示しています。
        画像 193
 先日来られたお客様に、「或るサイトで晴雨の著作本が一括で出品されています。金額は18万円ですが・・・。」のお話をしました。と、「それは高いのでしょうか?安いのでしょうか?」でした。「高い安いは、個人の感覚なので・・・でも、全著作本を一冊づつ集めるには、とても時間がかかりますよ!」でした。

 ≪コレクションする≫と云うことは、お金に任せて一機に集めると云うことでは無くて、その時間で遊ぶと云うことかもしれません。

 と云うことは、つたない収集品ですが、コレクションの数だけ私が楽しい時間を持てたと云うことになるようです。
 そして個人の美術館を持てたことは、その楽しい時間のお裾分けを、来館されたお客様に差し上げていると云うことなのかも??です。要するに、来館されたら、私の蘊蓄に少しだけ付き合って欲しいと云うことです。
 二日酔いです。
 コリャー、車の運転は無理なようです。まあ、そんな用事も在りませんが、温泉に行きたいです。昨夜は入っていませんので・・・・多分?

 さてと、ようやく雨が止みました。と云っても、小休止でしょうが・・・。
 お山は・・・・何とか見えているような?いないような?
    画像 185
 ご覧の状態です。
 カラッと晴れた青空ではありませんので、まあ梅雨ですから仕方無いですね。

 さて、昨日です。
 ブログを書き終えて、屋根裏へ・・・・。
    画像 187  画像 188
 雨漏りは在りましたが、思っていたよりは少なくて良かったです。以前漏っていた処で、全く無い処も在りました。人が生活していると、こんなところにもその影響が出るのでしょうか?

 点検を終えて、降りて来て、庭のバラを見ていると、こんな処に・・・・居ました。
        画像 186
 草刈りを頻繁にするようになったので、少なくなってきました。以前は、そこらじゅうに居たのですが・・・。

 カヤネズミ・ヘビ・変わった巣を作る蜘蛛・・・・見なくなりましたね。困りもののモグラ君とムカデは、まだ居ますが・・・。かと云って、草刈りを止める訳にも行きませんので、此れも仕方ないです。

 お昼過ぎに、スナックのバーテンダーさんが織田廣喜画伯の遺作の絵を持って来てくださいました。
 アトリエに残されていた作品だそうで、サインが入っていません。でも、一目で、画伯の作品と判るものでした。しかも、どれも素晴らしい!!普段眼にする図柄と違い、描き掛け?描き込みが・・・良いものを見せていただきました。額装したらもっと見栄えのすることでしょう!!そのうちにわが美術館で展示させていただけるとのこと、是非、お願いしたいものです。

 と、そんな最中に、電話が在りました。
 豊和銀行さんの展示スペースが空いてしまったので・・・とのことでした。7月の一月だそうです。さて、何を展示したものか????

 まあ、今日は二日酔いの頭でゆっくり考えましょう。

 夜は、その原因となった呑み会でした。たらふく呑んで、またまた二次会へ・・・まさか街に出かけると思っていませんでしたので、財布を持っていっていず、またご馳走になってしまいました。猛反省です!!!

 では、今日の作品紹介です。 
    画像 190   画像 189
 伊藤晴雨翁の『はや太郎伝説』です。

<余談>
 先日、長府と防府を間違えて、個展を見に行った畑中純さんが突然、御逝去されました。6月13日、腹部大動脈瘤破裂のために死去、62歳・・・私と同学年だったようです。何と云うことでしょうか!まだまだ、これからでしたのに、残念です。一度お会いして話してみたかった・・北九州の漫画文化にもっと・・・・本当に残念です。(合掌)
 今日も雨です。
 <今日も雨~・・♪明日も雨~・・♪>です。
 「いつまで続く泥濘ぞ・・・」って文句も在りましたが、一体いつまで続くのでしょうかこの雨は?
  画像 177
 お山もご覧の有様です。
 降り始めからの雨量もかなりになっているのではないでしょうか?災害などが起こらなければ良いのですが・・。
 昨日の夜、借り受けて来たばかりの防災無線から、大雨注意の放送が在りました。高齢でひとり暮らしの方には、こうして注意していただけると心強いですね。

 さて昨日です。
 ブログを書き終えて、朝食を済ませ、カメ太の餌やりでした。処が、食べ残したレタスを取り除いてあげていて、どうもジットリとして居ます。
 で、敷物を替えてやることにしました。
 まずは、古いものを全部捨ててしまいました。
画像 184
 次は、まず猫用の砂を敷いてあげます。これは、湿気と臭い取りです。
    ➘
    画像 183
 で、次に木屑を敷いてあげます。これは快適感でしょうか?湿度の調整も在ります。
        ➘
        画像 182
 で、完了ですが、今回は暗幕も取り付けてあげました。
        ↓
画像 179
 この作業の間、カメ太君はご覧の状態で待機!!
   画像 181
 ウロウロされて踏んずけると不味いので、暫しの間ひっくり返ってもらいました。

 新しい部屋になって、早速レタスを頬うばっていました!!

 で、午前中はブログに書きましたように、雑誌の付録探しです。
 長年探しているのが此れです。
      画像 180
 橘 小夢と云う画家の河童です。『猟奇画報』と云うカストリ誌に掲載されていた絵です。が、この本、もちろん発禁処分を受けています。と云うことで、手に入れることは、かなり、否、非常に難しい!です。でも、何時か出てくるかも??です。

 お昼からは、ボ~~~~ッと・・・・ウン、何か音が????

 オッとお客様でした。
 「お久しぶりでした~!」と、便所で用を足しながらの挨拶でしたので、???何方か判りませんでした。
 とりあえず、表に出ると、綺麗な若いお嬢さんが「こんにちは!」でした。こんな方が、以前来られたかな???と頭の記憶回路がフル回転しましたが・・・・・・でした。
 用を済ませて出てこられた方を見て、「オオオオオ・・本当に久しぶりですね!」でした。一年・・以上ぶりでしょうか?街中のスナックのバーテンダーさんで、良く街中でお会いしていたのですが、中々お会いしなくなっていました。と云っても、私もアート委員を辞してから、あまり街に出掛け無くなったことも在りますが・・。

 で、先般亡くなられた織田廣喜画伯のことでお見えになられたのでした。どうも、ご関係の方とお知り合い?のようでした。で、二冊ほど冊子をお見せして、何度か行ったことが在る嘉穂郡碓井町の織田廣喜美術館のことを教えて差し上げました。
 前回来られた折に、興味を持たれていた版画家川上澄夫さんの『初夏の風』の情報もご提供しました。
 後は、コーシーを飲んでいただきながらの美術談義でした。
 で、最後に館内をご覧いただき、帰られたのは5時近くでしたので、3時間以上お引き留めしてしまったようです。是非また、楽しいひと時を過ごしにいらしてください!!!です。
 
 で、夕食を済ませて・・・・と、神社前のEさんから「イサキの刺身、要らんかね!」の電話が入りました。
 オ~~~飛んで灯に居る夏の虫では在りませんが、チョッと一杯欲しかったところでしたので、大雨警報の中でしたが、チョッと上がってもらって、持って来ていただいた刺身で一杯が出来ました。

 お陰さまで、楽しい一日になりました!!!

 では作品紹介です。
     画像 178
 伊藤晴雨翁の『道行圖』です。

 さて今夜も吞み会の予定ですが、雨はどうでしょうか???チョッと気がかりですが・・・・。

 では、今日のお仕事です。雨漏りは無いようですが、天井裏に登って、様子を見てきます。落っこちて、御陀仏になったら明日のブログはお休みです。気を付けねば!!

雨です!!!!

 昨日のブログで書いたばかりですが、大雨(風を伴う強烈な雨では無くて、雨量の多い雨です。)になっています。
     画像 170
 当然と云えば当然ですが、お山は見えません。
 
 昨日、PCで今年の梅雨明けの予報を見てみましたら、何と去年より2週間以上遅い7月18日頃だとのことです。いくらなんでも・・・・で、地軸の傾きに何かあったのでは?と調べてみましたら、東北大震災のマグニチュド9で少し動いたとの記事が載っていました。(これはあくまでも一つの説です。)
 この説はどうもいただけません!大きな地震は世界各地で頻発しています。地軸に変化が起っているので、世界の彼方此方で天災が増えていると云った方が正しいような気がします。が・・・ただこんな異常と感じる気象も100年を通して見ると異常でも何でも無い気もします。

   < しとしとしと 雨雨雨の 梅雨の雨 >

 さて昨日です。
 お天気も雨でしたので、美術館も開店休業。で、私の方も安静・安静!でした。
 と云うことは、当然のことながら写真が無い!=記事が無い!です。

 でも、せっかくブログを覗いていただいたのですから・・と云うことで、また届いたオークションカタログについて書きます。
 昨日届いたのが此れです。
     画像 173
 先日届いた古裂會さんからの別冊です。
 今回の特集は、<屏風>です。
 で、一押しはこの屏風です。
        画像 171
 『阿弥陀聖衆来迎屏風』です。三曲一隻の来迎図ですが、素晴らしい作品だと思います。ただ残念なことに阿弥陀様の足元に三角形の破れがあるようです。まあ、それが在るにしても素晴らしい出来です。欲しい!!(吾輩もあっちが近づいていますので・・・。)

 まあこの一枚はさて置き、杉本哲郎画伯の作品も特集されていました。6作品出品されていますが、此れが皆デカイ!
 その中の一品をご紹介しましょう。
     画像 172
 この作品も凄い!の一言ですが、何せ大きさが177×188です。欲しい!ですが・・・・。

 ちなみに、入札開始金額は、来迎図が28万からで、杉本画伯の作品は何と7万円からです。もちろんそんな金額では落ちないでしょうが・・・・?(入札ご希望の方は、古裂會さんへorわが美術館へ)

 欲しい欲しい!って、餓鬼んチョじゃあるまいし!で、諦めです。

 では今日の作品です。
       画像 176
 伊藤晴雨の『女犯捕物帳』です。
 この作品?、発禁になった代物ですが、実はこのカストリ雑誌[あまとりあ]の閉じ込付録です。
  画像 175  画像 174
 上の作品は、1万円位ですが、この本は1千円程度です。
 この本を見つければ、必然的にこの版画も手に入る訳ですが・・・・。

 創作版画も一時期こんな風にして手に入れることが出来たのだそうです。

 雑誌の綴じ込み付録で入っていた鏑木清方や伊藤深水などの日本画の巨匠の石版画もいつの日かこんなことになるかもしれませんね?
 その前に、雑誌の表紙や口絵に使われている木版画の方が先かも???です。

 今日は、また暇そうですので、こんなものでも探してみましょうかね。

また雨です。

 今朝はまたまた雨です。
        画像 156
 お山は、ご覧のように辛うじて見えています。

 6月も後半に入り、小雨なので、梅雨明けも・・・・でも、このまま夏には突入しないでしょう。多分もう一度位大雨が降るのではないでしょうか?用心が必要です!

 さて昨日です。
 ブログを書き終えて、すぐに近所の病院へ行きました。
 問診をしていただきましたが、肺炎は起こして無くて、風邪も回復に向かっているとのことでした。まずは一安心でした。
 帰って来て、神社前の御主人と例のペットボトルのふたについてのお話をしました。どうも、捨てるには・・・でした。
 で、家に戻って、ブログを見ると、コメントをいただいていました。湯平では地域を上げての取り組みが続けられているとのことでした。ウ~~~~~~ン??????でした。
 で、中央公民館へ何か情報は無いか聴いてみることにしました。と、「登録しているNPOに渡してあげますので、ついでの時に持って来てください。」でした。ようやく行き先を見つけることが出来ました。
 電話を置いた処へ、市の地域振興課から電話でした。申請していた防災無線が借りられることになったとのことでした。
 丁度良かった!で、公民館へ寄って、ペットボトルのふたを持って、受け取りに行きました。
 中央公民館に寄り、ペットボトルのふたをお願いして、防災無線を受け取りに行くと、受付に地域の方が居られて、ペットボトルのいきさつを伺うことが出来ました。もう少し調べて、公民館長の引き継ぎ事項に残しておきたいと思います。
 で、受け取ってきた防災無線が此れです。
          画像 157
 何となく地域の一員になったような・・・・です。

 ひと段落して、外を見ると、久しぶりのお山でした。
   画像 167
 やっぱりお山には青空が似合います!!

 帰ってくる途中で、神社前のEさんにいただいた胡瓜の苗も植えました。
       画像 169
 ついでにハラグロオオテントウムシさんの様子見でした。
   画像 164  画像 165
 相変わらず、たくさんの成虫が居ました。
 脱ぎ捨てられた蛹の殻もたくさん在りました。
画像 166  画像 163
 成虫の数は、飛び立って行ったのか半分くらいには減っていましたが、成虫になれなかった蛹は今のところ無いようで、こっちも一安心です。

 お昼前に、キュウリの水やりに行き、どうも畑の笹が気になります。で、止せばいいのに、ジャガイモ掘りをしてしまいました。 
  画像 158  画像 159
 ひと鍬毎に息が切れるのに・・・・・汗びっしょりになってしまいました。また風邪がぶり返さないかな?でした。(今の状態から、まあ大丈夫だったようです。)

 まあ、何とも慌ただしい一日ではありました。

 では、作品紹介です。
画像 160画像 161画像 162
 伊藤晴雨の『縛り絵』です。

 さて、今日こそ安静に!!!です。

<おまけ>
   画像 168
 今年も、ゴミ箱の横に見つけました!蟻地獄です。

   < 夏の日に 極楽目指すか 蟻地獄 >

 一週間の命のために、飛ぶ日を夢見て、ジッと穴の底で獲物を待っているウスバカゲロウ(別名;極楽トンボ)の幼虫です。


 ようやく雨が上がったようです。
      画像 154
 とは云うものの、カラッと晴れた訳ではありません。ご覧のように、とりあえず止んだと云った空模様です。
 予報を見ると、昼間は晴れで夜には曇り、明日は又雨となっていました。梅雨ですから仕方ないですが、体調が回復していないので、辛いです。

 昨日も一日咳と痰は続きました。北九州でいただいてきた薬も無くなりました。さて、こっちの病院へ行って薬を貰ってきましょうかね?
 昨夜も、咳と痰で寝付けませんでした。で、胸に保冷剤(凍っていない)を貼り付けて見ました。これが何故か効いたようで、咳と痰が全く出なくなりぐっすり寝ることが出来ました。肺をやられているのかもです?やっぱり病院へ行くことにします。

 さて昨日ですが、ブログを書き終えて時間を見ると7時半でした。大慌てでゴミ出しでした。プラゴミの日でもありましたので、公民館に何故か集められているペットボトルのふたも出すことにしました。
 でも、PCで検索するとペットボトルのふたをワクチンに替える運動があることが載っていましたので、再度、回収へと出かけました。
 ついでに、前の区長さんにお聞きすると市が集めてるのでは?でした。で、市の環境課へ問い合わせすると「市では集めていません。」でした。子供会に聞いても「知りません。」で、ズ~~と以前に区長をされていた方にお聞きしたら、「かなり前までは、学校が集めていたようですが、今はやっていない筈。」とのことでした。
 で、再度PCを見ると、大分では何処もこの運動には参加していないことが判りました。どうも分別収集が始まって、ペットボトルのふただけ別に集めると云う意義が不明となったためのようです。二チャンネルにも同様の疑問がたくさん掲載されていました。結局、次回のプラゴミの日に出すことにします。

 こんなことで雨の中公民館と行ったり来たりでしたので、安静にしている筈が、最初からパアでした。

 で、次は次回の企画展のポスターを1/2に縮小し、チラシに変える作業です。
 これが結構難しいのです。何せエクセルで創っていますので、縮小と行った作業が出来ません。で、全てを少しづつ小さくしていくしかありませんが、此れが・・・・・・途中で何度も写真が消えてしまいました。
     画像 155
 で、どうにか作り上げたのが此れですが、これを複写して二枚にすると、また消えてしまうのです。
 結局、裏表で印刷して作り上げました。

 雨と風ならぬ風邪で、写真が撮れませんでしたので、此れで記事はお仕舞です。

 では今日の作品紹介です。
         画像 153
 伊藤晴雨の『自来也』です。

 病院へ行くのは面倒ですが、早くお酒が飲めるようにならねば!で、行ってきましょう。(三つほど待ってもらっていますので・・。)
 今朝は、雨です。
       画像 151
 風は、在りませんが、お山は、ご覧の有様です。

 4号に続いて来ていた台風5号が、勢力を弱めて熱帯低気圧に変わりました。が、その影響で梅雨前線の活動が活発化しそうです。予報では、西日本に大雨が降るとのことですので、くれぐれも気を付けられてください!!

 さて、私の風ならず風邪の方ですが、今朝は幾分良くなっているなと感じられるようになってきました。目の奥の熱っぽい感じや首筋の寝汗も、微かになりました。
 痰も少なくなり、咳も・・・時折、咳き込んでは居ますが、かなり楽になっています。ただ、少し動くと身体全体に変な汗が噴き出してきますので、芯熱が残っては居るようです。今少しの用心です!

 寝込んでいる間に、亡くなった友人たちが入れ替わりに、夢に現れて、手招きしてくれましたが、我強力な背後霊が、引き止めてくれたようです。(不思議に、友人の出てきた部分だけ覚えていました。)

 さて、臥せっているその一週間の間には、いろいろありました。それはさて置くとして、美術のブログですのでそれに関するものといえば、このパンフレット二冊が届いたことです。

 まずは【古裂會】さんからのこのパンフレットです。 
    画像 145  画像 144
 で、オ~~~~~ッは、表紙の白隠の達磨図と写真右の高井鴻山の妖怪図です。
 どちらも、吾輩の長年の垂涎の的でしたが・・・今の私には到底手足の出ない代物になってしまいました。特に、高井鴻山の妖怪図は・・・・。小布施まで実に行きました。

 もう一冊のパンフレットは、【版画堂】さんからのものです。
    画像 148   画像 147
 相変わらず、名品をそろえておられます。何とあの谷中安規の『自画像』の掲載された版画誌【白と黒】が・・・・今だから出てきたのでしょうが・・・これも残念です。
 ついでに、もう一枚?????とても気になった絵です。
       画像 146
 戸田勝久さんと云う方の『海へ行く』と題されたこの絵です。まっすぐの道の上を飛行船が飛んでいます。何とも不思議な感覚を呼び覚ましてくれる絵ですが・・・・。

 さて久しぶりのハラグロオオテントウムシさんです。 
   画像 149 画像 150
 桑の木は、蛹から孵ったばかりの成虫で一杯でした。
 ただ今、新天地に向かうための準備中でしょうか?皆、一心不乱にクワキジラミを食べていました。みんな元気に巣立って、また来年も戻って来て欲しいものです。

 ところで、昨日ももう20日でした。広報依頼を出さねばなりません!で、熱でボ~ッとしては居ましたが、どうにか記事にしてメールと郵便で依頼しました。
 で、次はポスターの作成です。
       画像 152
 息子が就活で忙しくなりましたので、また吾輩の自作です。何と云ってもエクセルで創るのですからこれで精一杯です。まあまあの出来???

 では、久しぶりの作品紹介です。
    画像 143
 今日からは伊藤晴雨の作品です。まずは『立美人図』です。

 さて、今日も一日安静に・・・・です。
 ひどい風邪です。一週間寝込んでしまいましたが、まだ完治していません。痰の出方が少なくなりましたが、咳は収まっていません。時折、咳き込んでしまいます。
 この地に美術館を建てて以来、初めて寝込んでしまいました。美術館も休館状態でしたが、ようやく、ブログを書く気力が戻ってきました。

 とにかくお山の写真です。
      画像 134
 台風の過ぎ去った所謂<台風一過>と云えるのか?はなはだ疑問ではありますが、お日様は出ています。
 続いて近づいている台風のせいでしょうか?昔の少年時代劇に云う<風雲急を告げる>雰囲気のお山の姿です。こんなお姿のお山も中々観れませんので、良い写真かも?になりました。

 床についてしまっている間に、アジサイも満開になってしまいました。
   画像 136
 そのお隣が今回の起因になってしまったツツジです。余りたくさん切ったので、怒ったのかも?
 まあツツジより、私の不注意(年甲斐も無く雨に打たれながら作業を続けたこと)が原因ではあります。

 畑のジャガイモも葉を枯らして居ます。
        画像 135
 収穫の時期になったようですが、多分小さいと思います。[追い肥]が必要だったとのことでしたが、やっていませんし、植えつけた時期も遅かったので・・・・・まあ、ひとり暮らしの私には反って手頃な大きさかもしれません。

 流石に梅雨です。
 駐車場の芝生に、こんなものが生えてきました。
   画像 137
 キノコです。例年より気温が低いようですが、それはやはり梅雨ですから・・・・。

 フサスグリの実が、ルビー色に染まってきました。
       画像 138
 本当に綺麗な実ですが、まだ木全体が小さすぎて、切り花にするには可哀そうな気がします。

 アサガオさんも、夏を待ちかねているように、こんなにたくさん芽吹いて来ています。
   画像 139
 間も無く、恒例のアサガオ日記も始められそうです。

 明日からは、本来のブログに戻れると思いますが???????ぶり返さなければ・・・・・です。
 先週来、風邪が治っていません。
 ズ~~~~~~と床に伏せっておりますので、ブログも描ける状態ではありません。すみません!
 状況が改善されるまで、今しばらく、お待ちください!
 これくらいでは、憎まれっ子世にはばかるで、たぶん死にはしないと思います?何てね!!

 咳が停まりませんので、電話には出ません!悪しからずです。
 今朝は北九州です。
 ということで、お山の写真はありません。

 さて、昨日です。

 一昨日のツツジの剪定で、風邪を引き込んでしまいました。雨に打たれながら作業を続けたのがいけなかったようです。あの程度で・・・・歳です。5年ぶりに風邪を引きました。気が緩んだか?気力が衰えてきたのか???

 そのせいでしょうか?水中スクワットがよくなかったのか?腰痛がぶり返してしまい、一日歩くのが大変でした。
 それでも、お客様が来られたので、踏ん張ることができました。

 昨日は、火曜日でしたので、いろんな方の出入りがありました。
 まず最初に来られたのが、東京から派遣で黒川温泉で働かれていると言う若い女性のお客様でした。
 玄関でお目に掛かった時は、<湯布院のこともっと知ろう>企画で来られたのかと思ってしまいましたが、今月初めての収入でありがたかったです。
 既に中をご覧になられたとの事でしたので、コーシーをお出しして、少しお話を伺うことができました。
 バイロスや伊藤晴雨もご存知でしたことが、とても嬉しかったです。
 駅から歩いて美術館を巡るとの事で、ビックリ!でした。で、一番遠いアルテジオまでお送りしようと・・・丁度、次のお客様がいらっしゃいましたので、ご遠慮されて、ドルドーニュ美術館へ向かわれました。すみませんでした!
 入れ替わりに来られたお客様は、和歌山から来られたご夫婦でした。
 墨絵をされておられるとの事でしたので、かなり絵にお詳しいようでした。携帯の画像で作品を見せていただきましたが、なかなかの腕前でした。
 収蔵庫から、宮永岳彦さんの『隅田川』、玉村方久斗さんの『山水図』、藤井達吉さんの『山水図』を出してきてお見せしました。

 お話を伺っている最中に、川西のAさんが高菜漬を持ってきてくださいました。お客様がいらっしゃっていましたので、すぐに帰られてしまいました。ありがとうございました!

 こちらのお客様も、美術館を周られるとの事でした。で、次にトキ工房へ行かれるとの事でしたので、其処まで送って差し上げました。

 お昼を済ませて、さてボチボチ店じまいしようかと思っているところに、梅ちゃんが遊びに来てくれました。3時過ぎまで話をして、北九州へ向かいました。
 途中、久しぶりにおふくろの元気な顔を見てから、北九州に帰りついたのは、6時でした。

 では、谷中安規さんの最後の作品紹介です。
      画像 131
 『自画像』です。

 さて、今夜は3年ほど前に亡くなってしまった先輩を偲ぶ会です。体調が・・・・。
 今朝は、正に梅雨空です。
        画像 126
 でも、梅雨と云えば、生温かくてじめじめしたうっとおしい筈なんですが、全くそんな感じが在りません。
 気温が低いのです。一応、18度はある筈なんですが、体感的にはもっと低いような・・・・・。まあ、ありがたいのですけど、何処かに影響が出なければ良いのですけどね。

 さて昨日です。 

 まずは、いつものように、ハラグロオオテントウムシさんの様子観です。
 と、こんな危なっかしい奴が居ました!
     画像 132
 今にも散りそうな葉っぱで蛹になっています。チョッと強い風や雨で落っこちてしまいそうで・・・困った奴です。
 下に落ちたら、蟻ん子を始めとして、いろんな奴等が待ち構えていますから心配です。しかし、それも自然の摂理ですから・・・放って置くしかないですね。

 午前中は、こんなことをしてみました。
      画像 133
 何だか判らないでしょう!
 実は、地面一杯にアサガオさんの芽が出てきたのです。で、蔓が絡まれるように、桜の枝を支柱に見立てて、立てかけてあげたのです。切り倒してしまった紅葉も、ついでですから支柱にしましょう!

 お昼からは、こんなことも・・・・。
         画像 129
 ツツジの枝を、汗まみれになりながら、しかも途中から雨も降り始めたのですが、刈り上げました。
 思い切って刈りこんだので、刈り採った枝が、手前のゴミ袋一杯になりました。

 こんな作業の合間を縫って、先日、<湯布院のこともっと知ろう>企画で来られた方が、ハンカチを忘れられていましたので届けてあげました。で、ついでにやまんばさんのお店を訪問でした。
 留守がちで、良く閉まっているのですが、昨日は、しっかり仕事に出ていました。
 可愛い子猫を見せてくれました。何とわらび野に住みついた野良猫が産んだ子猫だそうですが、グレーの柔らかい毛並みで、どう見ても野良チャンには見えませんでした。私は、猫が駄目なので、早々に退散でした。で、義父へのお土産のどぶろくを買って帰館でした。

 あとやったことは、明日の宴会の出欠の確認とお店に人数の報告、それと土曜日の結婚記念の食事予約でした。土曜日は、娘も来るので久しぶりに三人で呑みます。

 以上が、昨日の出来事でした。もちろん、お客様は無し!!

 では作品紹介です。
      画像 130
 谷中安規さんの『おばあさんの引っ越し』です。

<余談>
 この二日間、結構肉体労働に勤しんでいます。と云うのも、腰痛が落ち着いていたからです。
 実は、腰痛緩和の新しい試みをしているのです。
      画像 128
 このテレビショッピングで買ってしまった歩行器ですが、長年、洋服掛けになっていました。今回、此れに再登場してもらいました。
 ご覧のように、座布団を掛けて、それに鉄棒をするように、お腹を載せて、反対側の支柱に足を掛けて、反る運動をするのです。こうすれば、前方にズレている関節を元に戻して、腹筋と背筋を同時に鍛えることが出来る筈?です。
 具体的に、下の図で示しましょう!
    画像 127
 腰椎すべり症は、脊髄の関節が前方(腹側)にずれることから起こります。背筋が強ければ、元に戻るのですが、弱くなると元に戻れなくなります。加齢とともにこの状態が進みます。
 で、前方に出てしまった関節を、お腹側から押し戻し、ついでに背筋を強くするのです。合わせて、お腹にも筋肉が付けば、関節がズレ難く無くなる筈です!!!どうですかこの方法は・・・。

 この方法は、理論的には正しいのですが、間違って、飛び出た関節の上下の関節を圧してしまうと、ズレが酷くなってしまう危険性もありますので・・・・・さてどうでしょうか?

 ちなみに、あまり調子が良いので、昨夕に水中スクワットもやってみました。そしたら、此れが最悪でした。良いと思ったのですが・・・今朝は以前に戻って歩けません。水中スクワットは当分パスし、上のやり方一本にします。何でも、やり過ぎは駄目です!!

<お知らせ>

  明日と明後日は、休館日です。今日も、3時に早仕舞します。

ホタルです!!

 高原の清々しい朝を迎えています。
    画像 116
 こんなお空を見ると、もう夏もすぐ其処のようです。

 空模様はそうなんですが、放射冷却現象でしょうか、気温の方は、少し肌寒いです。PCで調べると何と13度しかありません。それでも昼間は25度くらいまで上がるそうですので、体調管理が大変です。

 さて昨日です。
 <建物横の庭>    <建物前の庭>     <駐車場>
画像 124画像 123画像 121
 ご覧のとおり、頑張りました!!
 で、大失敗も在りました!
 裏庭も綺麗にしたのですが・・・・・
         画像 122  画像 125
 お菓子屋の御主人にいただいた紅葉を一本切り倒してしまいました。
 笹が、庭に侵入して来ていたので、切っているうちに、手元が狂ってしまいました。残念!!

 一生懸命やったので、刈り終えたのが二時近く、作業時間は4時間にもなってしまいました。で、クタクタに・・・少し脱水症状を起こしたようで、疲れ果ててしまいました。

 シャワーを浴び、着ていたものを洗濯し、遅い昼食を済ませて、ようやくひと段落でした。

 刈り取った様子の確認で、庭に出て、ついでにハラグロオオテントウムシの様子を見ると、もうすぐ羽化の蛹も在りました。
                画像 120
 中には、他の虫に殺られてしまった蛹も在りましたので、早く出てきて欲しいものです。

 くたびれが酷かったので、水中トレーニングはパスして、家のお風呂に入りました。
 ビールを2本飲んで、外に出ると、見つけました!!
     画像 117 画像 118
 ホタルです!!!
 あまり多くは居ませんでしたが、それでも5・6匹が飛んでいました。
 一匹捕まえて、写真を撮りましたが、手の上から中々飛び立ちませんでした。メールで友人に知らせると、「先日亡くなった友人が来たんだよ!」でした。そうかもしれません。

     < 友逝きて 蛍の光に 思い馳せ >
     < 蛍火の 亡友(とも)より出ずる 御魂(みたま)とも >

 では今日の作品です。 
      画像 119
 谷中安規さんの『狼の魂』です。

 一日、草刈りもやったのに。腰痛が出ませんでした。背後霊が守ってくれたのかも?(実は、私には子供のころから非常に強い背後霊さんが憑いているんです。どんなかは、見たことが在りませんので?ですが・・・。とにかく、何処かでいつも見守ってくれています。そう思うことにしています!)

<余談>
 土曜日から以前勤務していた若松競艇場の周年記念レース(G1)が始りました。帰った時に行こうと思っていましたが、現在の開催がナイターになっていることに気がつきませんでした。夜は、予定を入れてしまいましたので・・・・・さて、どうしたものか? 
 今朝は曇りです。
 でも、午後からはお天気が回復するとの予報です。まあ、当てにはなりませんが・・九州北部も8日に梅雨入りしたそうですから。
     画像 109
 残念ながら、今のところは、ご覧のとおりお山は見えていません。予報が当たれば昼過ぎには見れるかも?です。

 このところの雨で、また雑草が・・・・。
           画像 110
 お天気が良くなれば、草刈りです。腰痛ですが・・・・・そんなことは言って居れませんのでね。

 さて昨日です。

 朝から、電話で「今日は、開いていますか?場所は、どの辺りでしょうか?」でした。≪湯布院のこともっと知ろう≫企画でお見えになるとのお電話でした。
 時間を聞きませんでした・・・これが大失敗でした!
 結局、待てども待てども、来られなかったのです。お陰で、何処にも出かけられませんでした。イライラが・・・・・まあ、いつものことですけどね!

 昨日のことですので、気分を治して、ハラグロオオテントウの様子でもお知らせしましょう!
     画像 115
 ほとんどの幼虫がご覧の状態です。二匹ほどまだウロウロしていましたが・・・この幼虫は、どうも違う時期に生まれた幼虫さんのようでした。
 それにしても、あとどのくらいで羽化するのでしょうか?とっても楽しみです!!

 で、桑の木の葉の裏で、偶然&ようやく見つけたのが此れです。
   画像 113  画像 114
 多分、光る方のホタルさんです。光らないホタルさんとは大きさが全然違っていました。
 裏の小川のホタルが全滅したのか心配でしたが、生き残ってくれていたようです。

 ところで、次回の夏の企画展の広報依頼の時期が近づいてきました。
 つい先日までは、風景画を中心にした企画展にしようと思っていましたが、フト・・・・・閃きました!

 いつもは、テーマを決め、いろんな作家さんの作品を一枚づつ展示する企画でした。今回は、個展のように同じ作家の多くの作品を並べる企画でした。普通、どんな美術館もこの二つの展示形式で、企画展を開催しています。

 次回は、【に・ま・い展】と銘打って、25人の作家さんの作品を各二作品づつ、展示して見ようと思います。

 と云うのも、一作家一作品では、その作家さんの特徴が良く判りません。(他の作家さんとの比較によって個性を見てもらおうと云う意図だろうと思いますが・・。)
 逆に、あまりたくさんの作品を見せられると、こんがらがってしまいます。(同じ作家さんでも、作風は時代によって違ってきますので・・・。)

 テレビのCMで、「大事なことですので二度言いましたよ!」ってのが在りましたが、二度聴くことで、頭に入りやすくなるようです。しかも、人間は、別々の人から同じことを二度言われると嘘でも信じてしまうそうです。 以前テレビの企画で、ある同窓会に全く関係ないひとをひとり紛れ込ませて、数人に同級生の一人だと、言わせると、言われた人は、完全に信じてしまいました。

 同じ作家の作品を二枚づつ並べ、比較することによって、「この作家さんはこんな絵を描くんだ!」「この作家さんは、こんな絵も描くんだ!」が、より判ってもらえると思います。
 こんな風にです。
画像 111  画像 112
 二枚で、その作家さんの全体像は掴めませんが、特徴は見てとれると思いますが、いかがでしょうか??

 大きな美術館さんも、私のこの考えを試してもらいたいものですが・・・・?

 昨日は、この4作品を出して、並べて写真を撮ったのですが、広報依頼に使うには、もう少し別のものも見てみなければ・・・です。

 以上で、今日の講釈はお仕舞です。

 では、今日の作品紹介です。
  画像 107  画像 106
 谷中安規さんの『花』です。

 さて、今日も一日が楽しい一日になるように、
    頑張るぞ~~~~~!!
 今朝は、ご覧のとおり雨雲一杯のお天気ですので、お山は見えません。
      画像 104
 新聞もテレビも無い生活ですので、判りませんが、梅雨入りしたのでしょうか?そんな感じのお天気が続いているようです。

 さて昨日です。

 相変わらず・・・暇!!!!

 まずは、館内のお花の入れ替えでした。
     画像 108
 北九州から帰ってくる道の途中で摘んできた雑草ですが、活けて見ると結構様になっています。(花も、技術より活ける人の心に在るようです。私のように澄んだ心??????冗談ですよ!)

 次は、蔓バラのお花が終わったので、その処理でした。が、何んと見ないと思っていたフミムシ君がこんな処にたくさん文箱を作っていました。
          画像 105
 大きくなったクヌギよりこちらの方が、葉っぱが柔らかくて作りやすいのでしょうか?

 これで、もうすることも無くなったので、PCの無料音楽配信サイト(此れ違法?)で、懐メロを聴きました。
 聴くのは、ほとんどフォークなんですが、途中からは歌謡曲・映画音楽・軍歌云々も聴かせてもらいました。

 で、何故か特別特攻隊の映像も入っていましたので、それを観ました。
 その古くなって雨の降るフイルムを観て、「戦争は、しない方が良いに決まっていますが、始めてしまった戦争の終わり方が・・・・もう少し早ければ・・・せめてこの人たちが生きて日本の再建をしていたら、もっと住みよい国になっていたのではなかったでしょうか?【一億総玉砕】を言った人は・・・この国の将来をどう考えていたのか?沖縄に行った時にも、そのことを強く思いましたが・・・。
 また、敵国のアメリカも、此処まで日本を追い込んでしまったことに、何も感じなかったのだろうか?でした。戦国時代に、お城を包囲し、兵糧攻めをした時に、お城の中で起こってしまった死肉を漁るあまりの惨状に、降伏を促して、戦を終わらせたように出来なかったのでしょうか?」などと考えてしまいました。

 そんな処にお客様でした。
 ≪湯布院のこともっと知ろう≫企画で、施設見学に来られた旅館の従業員の方でした。
 美術には全く興味が無かったそうですが、この機会を利用して、少し観て見ようとのことで来られたのでした。わが美術館の特色や、所蔵している作品のことなどを話しながら館内を観ていただきました。
 見終えた後は、自慢の湯布院で二番目に不味いコーシーを飲んでいただきながら、話の続きをさせてもらいました。
 一時間ほどして、次の施設へと向かわれました。

 帰られた後は・・・・・また暇!!!

 書くことが無くなりましたので、作品紹介です。
      画像 100
 今日の作品は、谷中安規さんの『水遊び』です。もうすぐ夏ですね。

 さて、今月の売り上げ・・・・ただ今0円です。いよいよ美術館の閉鎖が現実のものになって来たようです!何てね。
 閉館は、さて置き、ボチボチ作品の整理には手を付けねば・・・です。此処で大きな問題です。売れる絵は、売りたくないし、売っても良い絵は、多分売れないでしょう?ハテサテ、どうしたものでしょうかね。

<おまけの一枚>
     画像 103
 害虫?の方のテントウムシさんだそうです。ジャガイモの葉っぱを食べるから害虫なんだそうですが・・・?
 虫から見れば、人間の方がもっと害虫?でしょうけどね。
 今朝は雨です。
      画像 102
 夜は、雨音も凄かったのですが、今は、静かに降っています。

 今頃満開を迎えたサツキが、その雨に濡れています。
        画像 101

 一昨年、嘗ての同僚たちが集まった時の集合写真の真ん中で、亡くなった友人が微笑んでいます。
 北九州から遠く離れた湯布院に居るお陰か、友人の亡くなったと云うことを少し静かに考えさせてくれています。
 
 通夜の席のお寺さんの講和で、「生者必滅 会者定離」「諸行は無常である」とおっしゃいましたが、中々、言葉の意味は理解できても、「肉親の情 捨てがたく」ともおっしゃいましたように、肉親では在りませんが、淋しいものが在ります。

 昨日は、朝起きて、身支度を済ませ、時間を待って家を出ました。準備万端のつもりでしたが、やはりどこか変だったようです。
 友人の死が、かなり堪えていたようです。何かやってることがちぐはぐで、上滑りしていたようです。
 葬式までの時間調整で、まず病院へ血糖値検査に行き、そのまま式場へ向かいました。ところが、着いて・・・何と式服の上着を家に忘れて来ていました。仕方ないな~で、今度は、携帯のマナーモードを確認すると、留守電が・・・おときについて欲しいとの伝言が入っていました。式場へは、一番先については居たのでしたが、既にその時間は過ぎてしまっていました。友人は、家で良く私のことを話していたようで、いろいろ聞きたかったようでした。後で、しっかりお詫びしました。

 会場で、懐かしい人たちに会いました。これを仏縁と云うのだそうです。全てのことは、因果によって結ばれているのだそうですが・・・。

 式が終わった直後に、少しハプニングが在りました。
 参列されていた年輩の方が、座られたまま意識を失われてしまったようで、全く身動きをされませんでした。どうにか、5分ほど介抱されて意識が戻られましたので、良かったですが、どうも冷房のせいだったようです。

 帰りの道でももうひとつハプニングに出くわしました。
 安心院のICを入ったところで車が駐車していました。ICの係員にお聞きすると、ICを入ってすぐに車が中央分離帯に乗り上げたそうです。どうしてあんなことに????と、不思議がっていました。
 
 夜は、公民館で裏のお婿さんの送別会にお呼ばれでした。
 今度、イタリアのミラノの日本食レストランの料理長になられるそうです。2・3年ほど行かれるそうですが、是非ともその間に行きたいとカミさんと話しています。
 二次会は、青年部長の家に行き、大騒ぎ・・・三次会は、街のスナックでした。
 大概酔っぱらってたのでしたが、スナックのカラオケを歌いながらも、亡くなった友人のことが思い出されて仕方ありませんでした。
 今度帰った時に、おときのお詫びに、線香を上げさせてもらいに行ってこようと思っています。

 
 今朝は、濃い霧になりました。
     画像 095  画像 096
 お山はもちろん見えませんし、盆地もご覧の有様です。
 台風の雲も、去ってくれたのでしょうか?お天気は多分晴れでしょう。

 さて、昨日です。

 火曜日と云うことで、もしか????お客様が在るのではと、喫茶展示室でお茶を引いていると、玄関で物音が・・・・・郵便?とととと・・・?
 郵便屋さんのバイクの去った後を、一台の車が駐車場から出て行くところでした。ア~~~~ア、またお客様が帰っちゃった!でした。もっと早く気が付けば・・・・残念!!
 多分、こんな感じで何人ものお客様を逃(のが)して居るんでしょうね?

 帰ってしまったものは、仕方ありません!と思いつつ、それでもなお後ろ髪を魅かれながら、収蔵庫から絵を引っ張り出して来て、「良い絵を持ってるのにな~!」とのひとりごとでした。

 引っ張り出した絵は、まだブログに写真を載せたことが在りませんが、秋山泉さんの絵、二枚です。
 この人は、鉛筆の濃淡でガラスや陶器の質感・・・<存在>そのものを表現しています。
 で、この人だったら・・・「墨に五色在り!」を表現できるのでは=鉛筆で赤や黄色・金色銀色云々を表現できるのでは?でした。
 色は、光の波長で見えているにすぎません。
 この【ベンハムの駒】を御存じの方も多いと思います。
      ベンハムのこま
 この駒を回すと色が出てきます。
 この原理を理解すれば、鉛筆の濃淡で色が表現できる筈?です。是非、秋山泉さんに挑戦していただきたいですね。
 真珠で、真珠色は表現できませんし、血で血は描けません。金色も、金では表現できないのです。

 こんなことを考えて、いる処に、突然の訃報が・・・・・。

 頭の中で、ベンハムの駒がグルグル回っている感じで、電話の聲を聞きました。
 元の上司であり、年齢も20ほど離れていましたが・・20年来の呑み仲間で、すでに友達でした。
 携帯の表示を見て、何事かな?で、耳に当てると、女性の声でした。アレ~~~~で、「・・・・・父が、亡くなりました????」にビックリ!良く意味を理解できなかったのでしたが、最後の「亡くなった!」は判りました。後は・・・・多分、亡くなったご様子などをお聞きしたと思うのですが、覚えているのは、葬儀と通夜のことだけで、それ以外のことは????
 何が何だかで・・とりあえず、知っている仲間たちへ連絡しました。みんな一応に、ビックリでした。
 
 連絡し終えて、ボ~~~~と、雨の降る中、何気なくいつもの癖で、テントウムシの幼虫を見ていました。
画像 097画像 098画像 099
 蛹になっているのも居ました。
 昔の人は、虫が蛹から羽化したり、卵から孵ったりする自然の営みを【復活】or【再生】と見て、≪輪廻≫の思想にたどり着いたようです。
 何を書いているのか?書こうとしているのか判らなくなりました。

 要するに、死はみんなに訪れますが、それはホンの暫しの別れ、自分もいつか死を迎えれば、あの世とやらでまた会えるし、輪廻を繰り返せば、何時か何処かで又お酒を酌み交わすだろうな!です。


 今日の3時くらいに北九州へ帰り、今夜の通夜と明日の葬儀に出ますので、臨時の休館になります。スミマセン!!
 今朝は雨です。
         画像 091
 そのせいでしょうか、肌寒く感じます。
 風は無いのですが、お山に掛かる雲が、嵐の様相に見えます。沖縄付近を進んでいる台風の影響なんでしょうか?
 九州本土へは、上陸はしないと思いますが・・・・春の嵐は、強烈と云いますので、注意せねば!!です。

 さて、昨日です。
 ゴミ収集の日でしたので、我が家のゴミ出しを済ませた後、公民館へ。
 先日の道路愛護デーで、積み残しになった木屑を、ゴミ袋に集めて、出しました。丁度、ゴミ出しに来られた御近所の方がお手伝いくださいましたので、助かりました。

 お昼前に、再度、公民館へ・・・今度は、木の葉の掃除でした。公民館長ですから・・・。

 帰りの道端には、私の大好きなニワゼキショウが咲いていました。
       画像 094
 確か、この花は一日しか咲きませんが、次から次に咲いて、可愛い丸い実を付けるのです。PCで調べたら、何とこのお花も帰化植物だそうです。(各云う私目も、湯布院では帰化植物みたいなものなんでしょうね。)


 玄関に回ったら、サツキが五分咲きになっていました。
   画像 093
 五年前は、根っ子と株しか無かったのですが、こんなに茂ってくれました。(美術館とは真逆です。今は、根っ子と株しか残っていないような・・・・。)

 さて、ハラグロオオテントウムシさんです。相変わらず観るのは幼虫ばかりです。27匹までは、数えましたので、多分、30匹ほど居るようです。昨日は、少し寒かったのか?みんな動かずにジ~~~~~~ッとしていました。

 夜は、最後のどぶろくを呑みました。今日明日は、大人しくして、酒を抜きます。

 これで記事は、お仕舞です。と云うことで、作品の紹介にします。
    画像 092
 今日の作品は、谷中安規さんの『盆踊り』です。

 さて、今日は火曜日、一番お客様の来られる確率の高い日ですが、このお天気では・・・ハラグロオオテントウムシの幼虫さんのようにジ~~~~ッと潜んでいるしかないようです。

<余談>
 先日来、夜鷹の声がするようになりました。ホタルは???でしたが、こちらは渡って来たようです。
 今朝のお天気は、曇りです。
      画像 083
 お山は、ご覧のように見えていますが・・・・・。

 さて、昨日です。

 ブログに書きましたように、道路愛護デーで、午前中は潰れました。
 お昼からも何も無し。
 と云うことで写真が在りません=記事ネタが無いと云うことです。
 ででででで・・・・先月、東京に行った時のことでも書くことにします。

 今回の東京行で、とってもビックリしたことが二つありました。

 まずは、東京国立博物館の常設展示です。
     画像 087
 ご覧の年次計画のように、いつの間にか、作品の展示替えが行われるようになっていました。
 以前は、いつ行っても同じ作品が展示されていたように記憶しています。で、東京に行くたびに、二つの作品を目当てに必ず、訪れていました。
 その二つの作品と云うのは、高村光雲の『老猿』と荻原守衛(碌山)の『女』です。
 今回は、両作品とも観ることが出来ませんでした。残念!!!

 高村光雲の『老猿』は、今年は8月7日~9月17日までの展示だそうです。
    画像 086
 そのタイミングで、東京へ行かなければ・・・って難しいです。

 しかも、荻原守衛(碌山)の『女』に関しては、お目に掛かることは、ほぼ不可能になったようです。
 インフォメーション(こんなものも以前はありませんでした。)の若い女性にお聞きしたら、おひとりは「この2・3年ほど観たことが在りません、そのようなものは此処には無いと思いますが・・・?」でした。「そんな筈は在りません。5年ほど前まで、東京に来るたびに見に来ていたのですから・・・。」で、もう一人の女性がPCで調べてくれましたら「門外不出品になっています。」でした。
 ブロンズの原型、石膏で出来た原像でしたので、経年劣化が始って、保存のために門外不出になったようです。

 私が、観ていた時は、確か二つの作品とも、ガラスケースなどには入れられておらず、直に見ることが出来たと記憶していますが・・・もう見れないとなると、残念です。

 もうひとつのビックリは、娘の安産の祈願に水天宮さんを訪れたときでした。
 日曜日の戌の日と云うことで、在る程度の人出は想像していましたが・・・・遥かに超える人出でした。地下鉄の駅を出ると、目の前が神社の入り口でしたが、人人人人・・・・・・行列の最後は滔々見ることが出来ませんでした。
 娘は、「此れだけの人が一斉に赤ちゃんを産むんだ!東京って・・・。」何て事を言っていましたが・・・本当に東京は凄いな~!!

 これでは、と諦めて他の神社へ!
 で、お参りしたのが、永田町に在る娘の会社の近くの日枝神社でした。
     画像 085
 かなり大きな神社で、何と参道にエスカレーターまで在りました。こちらは、すぐに祝詞をあげてもらえましたし、しっかり腹帯も頂くことが出来ました。(ちなみに星ヶ丘っていう場所でしたが、魯山人の星ヶ丘茶寮ってここの近くに在ったのでしょうかね?)

 それにしても、水天宮の行列の最後の方は一体何時間並んだんでしょうかね?

 話を戻して、わが美術館の裏のホタルさん、今年はまだ観れていません。 
    画像 089
 この小川なんですが・・・・・何故でしょうか??
 昨夜も、見に行きましたが・・・・でも、此れを見ることが出来ました!!
        画像 084
 スーパームーンではありませんが、とても素敵なお月さまでした。

 で、記事も終わりとなる筈でしたが・・・・眠りに着いた処に、電話でした。
 「呑みに来たよ~!戸を開けて~~!!!」で、叩き起こされてしまいました。で、結局、若者二人と延々11時過ぎまで呑んでしまいました!!(もっとも、10時前に娘から「父の日のプレゼント贈ったよ!」のコールも在りましたので、呑まなくても叩き起こされては居たようです。)

 トンだ楽しいひと夜になってしまいました!!

 では作品紹介です。
       画像 088
 谷中安規さんの『朝鮮』です。

<余談>
 5年前の開館時に、息子と植えたクヌギも大きくなってきて、頭に描いていた【クヌギの木立の中の美術館】に近づいてきましたが、建物にこんなものが・・・・・。
    画像 090
 雨どいを伝って、木蔦が伸びてきました。
 【蔦の絡まる美術館】と云うのも良いかも?ですが、建物が痛むような気もします。
 さてどうしたものでしょうか???<to be or not to be>「切るべきか?切らざるべきか?」

谷中安規の『桜』

 今朝は、昨夜の雨の名残の雨雲に覆われて、ご覧の状態です。もちろん、お山も見えません。
    画像
 現在、雨は止んでいます。このまま上がってくれることを祈ります。と云うのも、8時から道路愛護デーで、地域総出の環境整備の日なのです。
 予報では、日中は曇りで、夜は晴れるとなっていますが、所詮、気象庁の当てにならない予想ですので・・・心配です。

 さて昨日です。

 午前中、カミさんと話し合って、どうせお客様も無いだろう?で、大分の娘の処に出かけよう!と云うことに・・・。で、準備していて、電話すると、「福岡の友達に会いに行っている処。」との返事でした。それじゃー行ってもね!で、いきなり計画がパアでした。(恋人に会いに行ってるのだったら・・・そんな訳無いか!)

 それではと云うことで、お昼を駅前のイタ飯のランチを食べに!に計画変更・・・・ところが<当分の間、ランチは休業です。>の看板!!・・・がっくりでした。

 おまけにお昼から雨も降って来て・・・・することも無し。

 生き生きしているのは・・・・・・・
     画像 078  画像 077
 庭のアジサイが、蕾を膨らせ始めていました。もうじき梅雨になるようです。

 で、やることと言えば、読書でした。
 昨日、カミさんの持ってきてくれたアートコレクターです。
     画像 071  画像 082
 今回は、欲しいと云うより実物を見て見たい絵が、右の写真です。
 裏表紙の新生堂さんの広告に掲載されていた藤城正晴さんと云う画家さんの『糸』と云う題名の墨絵です。ウーーーーン、今の時代に、墨一色で・・・・視て見たい!!!

 この絵はさて置き、中国の作品が特集されていましたが・・・・凄い!!
     画像 081  画像 080
 やはり6000年の歴史を誇る国です。書と水墨画しか無かったような芸術の門戸が、自由に開かれた途端に、此れほど多彩な作品が生み出されてくるって、【眠れる獅子】が、滔々目を覚ましたようです。
 これからどんな風に発展していくのでしょうか?オークションでの高い値ばかりが目立っていましたが、芸術の中心が中国になる日は、もうすぐそこのようです。

 まあ、それはさて置いて、わが美術館の作品紹介です。 
     画像 079
 谷中安規さんの『桜』です。魯迅にその才能を認められた作家ですから、中国の人の目に留まってくれると良いのですが・・・・。

 さて、飯食って、出動です!!
 今朝は、曇りです。
 そのお天気のせいでしょうか、少し肌寒く感じます。
       画像 073
 ご覧のように、辛うじてお山は姿を見せてくれていますが、あまりパッとしません。由布岳には、やっぱり青空が似合いますので・・。

 さて、昨日です。

 まずは、洗濯物を干して、桑の木のハラグロオオテントウムシさんの様子を確認・・・・滔々でした!
     画像 074
 まだこの一匹だけのようでしたが、幼虫さんの蛹化が始まったようです。
 かなりの数の幼虫がせわしなく葉っぱや枝の上をを動き回って、餌のクワキジラミを探していますが、みんな一cmを超えていますので、これらの蛹化も間もなくでしょう。

 喜んだ後は・・・・悲しみが!

 銀行へ5月分の精算です。これで4ヶ月過去の収入の最低記録を更新し続けています。5か月分の合計収入が去年の2ケ月分にも満たない状況ですので、凹んでしまいました。

 悲しみの後は・・・喜びです。

 凹んでいる処に、嘗ての職場の同僚が奥様と御一緒に来てくださいました。
 で、いただいてしまったお土産です。
       画像 076
 何と何と、私の大好きな銘酒<九州菊>です。最高のお土産でした。それにもう一ついただいてしまいましたのが此れです。
          画像 075
 同僚の趣味は、化石の蒐集なんですが、その化石を研磨して創ったと云うループタイです。ありがとうございました!!!

 コーシーを飲んでいただきながら、昔の思い出や現況の話をしまた。少し耳が遠くなったとのことで、奥様に聞きながらの会話になりました。それと驚いたのは、偶然、検査に行った時に、動脈硬化で心筋梗塞を起こす寸前で、血管が詰まっているのが判り、緊急入院をした話でした。お互い歳をとって彼方此方ガタが来て、病持ちになったようです。
 そんな話の後、館内を見ていただきました。
 結局、2時間ほどゆっくりされて、「今度は、体調を整えて、呑みに来ます!」のことばを残して帰って行きました。是非、その言葉どおり、また是非来てくださいね!!

 遅めの昼食を済ませて、チョッとひと段落していると、若い女性が近づいてきました。エッお客様???
 今度は、先日来てくれたKさん(埼玉から派遣で湯布院の旅館へ来た)でした。同じ企画展の二度目なので、「今日は入場料は、いいや!」「ラッキー!」でしたが、お土産のラスクを貰ってしまいました。
 先日見せていなかった資料を引っ張り出して、説明していると、またまた玄関で「ごめんください!」でした。
 
 今度は、駅ホールの梅ちゃんでした。こっちも「お土産です!」で、小松屋のおはぎをいただいてしまいました。で、Kちゃんへおはぎを、梅ちゃんへラスクを、でした。

 二人の相手をしていると、今度は、Kさんのお友達が来るとの連絡が・・・・何と云うことでしょうか!!
 で、待つこと暫し・・・・来ない????電話すると、何故か大杵社の上に・・・又来ない・・・今度は、通り過ぎて南由布まで行ってしまっていました。
 右往左往の末、ようやくたどり着いたので、三人へアイスクリームをサービスしてあげました。

 この後、三人はそれぞれ本を読み始めて・・・・・時間が6時近くになったので・・・・店じまいでした。また来てね!でした。

 夜、カミさんが明日の道路愛護デーの関係で来てくれましたが、三組もお客様が来てくれた喜びの後でしたので、運んできたのは悲しみ????

 滔々、14年乗り続けてきた愛車イプサムに寿命が訪れたようです。応急手当で次の車検まで・・・・で、買い換えのパンフレット持参でした。お金が・・・・仕方ないですね。
 合わせて、戸畑の家の査定も持ってきましたが、買った時の三分の一まで値下がりしてしまっていました。何ちゅうこったいです。叩き売って優雅な老後の夢が・・・・。これでは売ることも出来ないようです。と云うことは・・・・こっち(由布院)を売る???さてどうしますかね?まあ、当分はデュアルライフ継続です。

 悲しみの後は・・・喜びです。
 千葉の義姉さんからのお土産です。スコットランドへ行って来たそうでそのお土産ですので当然スコッチでした。 
      画像 072
 久しぶりに本場のモルトウイスキーが手に入りました。ありがとうございました!!!

 と、もうひとつが此れです。
         画像 071
 アートコレクターの最新号です。今日は此れで暇が潰れそうです。

 では、今日の作品です。
   画像 070  画像 069
 谷中安規さんの『見世物』です。

 昨日は、正に「あざなえる縄のごとし」の一日でした。さて、今日はどんな一日が始まったのでしょうか??
 とりあえずハラグロオオテントウムシさんの様子でも視てきましょうかね!!
 今朝は霧です。
  画像 062  画像 063
 此処に住みついて、何度この朝霧に会ったでしょうか?
 私には、この湯布院を象徴する景色も見慣れたものになってきました。ブログを読んでくださっている方は、「今朝も出ているのか。」と、思われるでしょう。が、実際に観光で来られた方が、この朝霧に出合われる確率は、かなり低いでしょう。
 もし来られて、この霧に遭遇されたら、『あなたは、かなりの幸運の持ち主です!!』

 さて、湯布院の自慢話はこれくらいにして、昨日です。

 スフインクスの逸話ではありませんが、とうとう三本脚になってしまいました。
     画像 068
 伊達で買っていた杖ですが、使ってみるとかなり楽です。で、室内移動用に改善でした。
 そのまま使うと滑るし、床に傷がつきますので、山伏が持っている杖みたいに、先っちょにクッションを付けました。結構、気に入ってしまいました。
 腰痛の対処療法的にはグッドです。根本治療の方も、水中スクワットを増やしましたが、こっちは中々・・・です。渋らずにじっくり続けて見ます。
 ところで、腰痛手術を三度も経験された方に、「自分は駄目でしたが、ブロック注射で傷みが引いた人も居ますよ。」とお聞きしました。今度、病院の先生に聞いてみようかと思っています。
 どうも気力が落ちている原因は、歳のせいやお客様が来ないのが原因では無く、この腰痛のようですので、どうにかせねば!!です。由布岳に登りたいし、秋には孫も抱かねば・・・・。

 ところで、暇を持て余して美術館の周りをウロウロでしたが、雑草が・・・・雨で一機に伸びてきました。 
   画像 061
 特にこの草です。稲系のこの草は、伸びるのが早いし、すぐ増えてしまうし、ワイヤーの草刈りでは切れません。で、手で引っこ抜きました。
      画像 065
 一時間ほどで、こんなに抜いてしまいました。で、ご覧のように綺麗になりました。
   画像 064
 まだ、たくさん生えていますので、コツコツ抜きましょう。

 さて、ハラグロオオテントウムシさんですが、相変わらず全く姿を見せません。
 幼虫さんは、ホントに大きくなって、桑の木を占拠しています。
    画像 067  画像 066
 クワキシラミが餌なので、桑の木に来るのと思っていましたが、右の写真と見比べて見て判りました。桑の実が熟すと丁度大きさ形が、幼虫さんにそっくりになるのです。自然て面白いですね!!

 ところで、水中トレーニングの行き帰りで、嘗てのアート委員の仲間三人に会いました。しかも別々にです。みんな元気に&忙しそうにしていました。良かった良かった!!
 湯布院のアート施設が減少してきているのがチョッと心配ですが・・・まあ、他人の心配どころでは無いですがね。

 では、今日の作品です。
       画像 060
 谷中安規さんの『公園』です。

 今日から6月です。だからどうということではありませんが・・・・何かせねば!!

 とりあえず5月分の精算ですかね。

Powered by FC2 Blog