プロフィール

ひげ親父

Author:ひげ親父
◆書いてる人:

【元】花合野美術館のヒゲ館長



  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 今日はどうにかお山が見えています。
 <夜明け前>      <夜明け>
画像 396 ⇒ 画像 393
 かと言って良いお天気かどうかは???晴れ間も見えていますが、雲が空を覆っています。

 いよいよ歳も押し迫ってきました。明日から11月です。一年は、速い!!
 「光陰、矢のごとし」って、本当ですね。「明日に紅顔、夕べに白骨」、紅顔は遠い昔ですが、白骨はすぐ其処かも?白骨になる前に、何かし残した・・・・?です。

 さて、昨日です。
 午前中は、温泉へ行った余韻でボ~~~~~~っと過ごしました。カミさんが、「お昼、何食べさせてくれるの?」とのたまうので、仕方なくゼンザイを作ると、何とまだ11時でした。なんじゃ!で、早めの昼食となりました。

 お昼が早すぎたので、本当のお昼過ぎにお腹が空いてしまいましたが、食いものは無し。お菓子で我慢でした。

 2時過ぎ頃にチャイムが鳴り、玄関に人だかり!!!

 夢二山荘のNさんがお友達の集団を連れて来てくださいました。
 総員7名、久しぶりなので、てんてこ舞いでした。で、奥からノンビリしていたカミさんも出てきて、コーシーの準備でした。

 横浜から来られたそうで、楽しい集まりのようでした。で、奥から米倉斉加年の絵や木彫なども引っ張り出して来て、お見せしました。こうやって、お見せするのが、私にとっては【至福の時】です。
 皆様も来られた折には、ご要望を言っていただければ、引っ張り出してきますよ!!

 で、中でも一番大事なもの=災害時にこれだけは・・と云うものは何ですか?と云うご質問をいただきました。これには?????でした。みんな大切なものなので、その時になってみなければ、自分でも判らないようです。

 一時間ほどして、雨の中帰って行かれました。ありがとうございました!!

 みなさんが帰られた後、カミさんも北九州へ帰って行きましたので、静かな美術館へ戻りました。

 夜は、蛸飯に挑戦でした。
        画像 398
 味は・・・・・チョッと何かを忘れたような?牛蒡を一緒に入れると良かったかも??

 で、それで一杯!
   画像 395  画像 394
 カミキリ屋さんが持ってきた高価そうな焼酎、封を切って少しか呑まなくて、ほとんど残っていたので、大事にチビチビ呑んでようやく無くなりました。ラベルがカッコ良いでしょ!もちろん美味しかったです。

 美人の先輩のお嬢さんが禁酒宣言をされていました。これからクリスマス・お正月とお酒の機会が多くなるこの時期に、余程の決意だと思います。何か期するものが在るのでしょうね!誘惑に負けないように・・・です。
 で、私目の方は・・・駄目です。呑むたびに友人を失っているのですが・・・もう電話できる友人が数人になってしまいました。大概、止めると良いのでしょうが・・・これを止めると【願】を掛ける時の『絶つ』ものが無くなりますので・・・・私の友人に云わせると、自分はタバコと酒があるが、あんたは酒だけだろ!です。まあ、そう云うことなので、友人を全部無くすまで呑み続けましょう!と云っても、確実に量は減っていますし、次に誰かが来て封を切った酒が、出来るまでは禁酒になりますがね。

 酒飲みの良い訳はこれくらいにして、今日の作品紹介です。
     画像 397
 四方田草炎さんの『牛』です。

 ここでお詫び?です。
 昨日のブログで、ご披露した俳句のことですが、明智光秀の辞世の句の様だと書いたのですが、明智光秀には辞世の漢詩が在るそうです。
 明智光秀は、通説には、自領に逃げ帰る途中で、落人狩の農民に竹槍で殺されたとなっています。と云うことは、本能寺に向かう時に辞世の漢詩を作っていた・・・そんな馬鹿な!です。今から天下を盗ろうと云う人が、辞世を詠んで何て・・それに殺された人が辞世の句を残してるとは思えなかったのでそう書きましたが・・・どう思いますか?

スポンサーサイト
 今朝もこんな状態です。
    画像 385
 雨です。お陰と云うか?気温が高いようです。

 カミさんが来ているので、朝起きて、石松温泉(加勢の湯)へ行ってきました。
   画像 384
 チョッと熱めのお湯が、気持ちよかったです。腰痛にも朝温泉が効くのかも?です。

 さて、昨日です。
 まずはぶっつけてしまった車の修繕でした。
       画像 390
 割れた破片を集めてセロテープで、応急手当!まあ、これで良いか!でした。
 競艇場に勤め始めた時に通勤用に買ったのですから、かれこれ15年くらいのっています。ボチボチこの車も寿命が来ているので・・それでも、120kくらいのスピードはまだ出ます。が、マフラーが破れて、床にも穴が開いていますので・・買い替え時かもですね。

 で、ブログに書いたように、お袋に会いに出かけました。
 11月3日で95歳、相変わらず元気でした。耳が遠くなっただけで、あとは何処と云って悪いところも無いようで、義姉とのバトルを続けているようです。どうも、このバトルがボケない秘訣のようです。義姉さんには感謝しております。

 湯布院ではお魚関係が手に入らないので、その姉に聞いて、買ってきたのが、このワタリカニとイイダコです。
 帰りついて、早速調理しました。
   画像 386  画像 387
 夜に食べましたが、夏が旬のワタリは、チョッと身がイマイチでした。イイダコは、今夜蛸飯に挑戦してみようと思っています。

 で、もう一つ買ってきたのがこの柿です。
      画像 388
 豊前や中津では普通ですが、他の地域ではほとんど見かけない<あおし柿>です。亡くなった親父はこの柿が大好きでした。今朝食べましたが、富有柿とは違い、少しこってりした甘さです。もう少し買ってきて、ご近所に配っても良かったかな??でもね~・・・北九州なら喜ばれるけど、こっちもたくさん柿が在るのでどうでしょうか?

 帰ってくると、ポスターが届いていました。
    画像 389
 東京のホキ美術館からでした。相変わらずの、超写実の絵の展示ですが、一度行ってみたいですね。

 ところで、この頃何所の美術館も経営が厳しいのでしょう。ポスターの数が少なくなってきました。以前は、壁全部を使っていましたが・・・・。

 今日の作品紹介です。
          画像 383
 作者不詳の水彩画『荒野』です。
 小さな絵ですが、こうして写真で大写しにしてやると、少し違って見えます。3号くらいの絵ですが、10号くらいあれば、名画だったのに・・・・。

 私見ですが、大きく描く、大きく彫刻すれば、それは芸術品だと呼ばれるようです。小さいと低く見られる傾向が在るような??で、一言「下手でも大きく作れ、そうすればそれは芸術だ!」なんてね。

 さて、アサガオの種から芽が出ました。
    画像 391
 冬が来れば枯れてしまい、来夏まで生き残れない運命です。

 で、鎮魂の一句

   『 時待てず 立ち枯がるるや 夏の花 』

 何か、明智光秀の辞世の句みたいですね。

宮崎精一の『塔』

 今日もお天気が冴えません。
    画像 378
 お山の上に、雨雲が居座っています。
 土日で、来られる観光客の皆様も・・・・でしょうね。

 こっちも困っています。
         画像 382
 神社前のEさんに頂いた菊芋が乾いてくれません。湿度も高いようなので、腐らなければいいのですが・・。

 さて、昨日です。
 朝からすることも無く、PCを見るばかりでした。

 お昼からは、先輩ご夫婦が息子さんに連れられて来てくださいました。開館以来、来る来ると言い続けて居られて、何と5年ぶりでした。で、お祝いまでいただきましたが・・・何か変!でした。でも、忘れずに来ていただきありがとうございました!です。
 一時間ほど見ていただいた後、絵に興味の無い先輩は、そそくさと玄関へ。奥様と息子さんはまだ見たそうでしたが・・・・相変わらず困った先輩です。まあ、先輩のこの遠慮無さが良いところなんですがね。
 で、2泊目の宿の別府へと向かわれました。この次は、もっとゆっくりと来られてくださいね!でした。

 夕方は、整骨院へ行き、帰りに買い物をして帰りましたが、買ったものが多かったので、玄関前に車を着けました。このことが、失敗の始まりでした。
 8時前に北九州からカミさんがやってきたのですが、まず温泉へ。ところが、お腹が空いていたので、急いで車をバックさせて、カミさんの車にぶっつけてしまいました。
 で、ご覧の有様です。
    画像 381   画像 380
 ぶっつけたと云っても、私の車はバックライトのカバーが少し欠けただけ。カミさんの車も、少し塗料がはげただけでした。まあ、「急がば回れ!」ですね。

 <日々、是好日>も一昨日まででしたか????何てね!

 さて、馬鹿なこと云っていないで、作品紹介です。
  画像 379  画像 377
 宮崎精一さんの『塔』です。

 さて、今日は何をしましょうかね??
 お天気もこんな風なので、お袋に会いに行ってきましょうかね。
 少し薄暗い朝です。
 雲が多いようですので、お天気は曇りでしょうか?
画像 369
 ご覧のように、お山も見えません。

 今日は北九州から大先輩が、来てくださる予定なので、お山が少しでも出て来てくれるとありがたいのですが・・・?

 で、お天気の回復の期待を込めて、昨日撮った朝霧後のお山をお見せしましょう!
   画像 366  画像 368
 こう云う姿は、この地に暮らしているか、よほどの偶然でないと観れないでしょうね。
 もう一枚、霧の中に見えた日輪です。
            画像 365
 センターフォーカスでは無いのですが・・・芸術的になってしまいました。

 では、昨日です。

 蔓バラの整理が済んだので、今度は桑の木の枝処理に・・・さてと、準備をしている処に、神社の前のEさんがこんなものを持って来てくださいました。
 落花生です。
   画像 373  画像 374
 いろんなものを畑で作っていらっしゃるのですが、落花生まで作られていたとは知りませんでした。
 で、左は生のもの、右は塩茹でにしたものです。生のものは、レンジでチンして食べるのだそうです。塩茹でのものは、採ってすぐに料理しないとならないそうで、塩加減と煮込み時間が難しいのだそうです。
 以前、大村競艇(仕事で)に行った折に食べたものより旨かったです。
 と、一緒に頂いたものが此れです。
       画像 376  画像 375
 菊芋と云って、コスモスに似たお花を咲かせるキク科の植物で、糖尿に効果が在ると云われているそうです。
 生でも食べられるそうですが・・・牛蒡に似た味でした。右のように乾燥させて、煎じて飲んだり、食べるのだそうです。干すと甘みが出てくるところは、昔食べた干し芋でした。
 右の写真のように、菊芋の処理を済ませた後、作業再開でした。

 下の写真のように、枝と枝とを結びつけてしまうのです。
    画像 372
 で、仕上がった姿が此れですが・・・・。
          画像 367
 さて、来年どうなっていますやら???
 傘のようになってくれるでしょうか?乞う、ご期待!です。

 夕方、Eさんのところへ、菊芋のことを載せた本を返しに伺い、帰りにチョッと神社によって拾ってきました。
     画像 371
 銀杏の実です。何せ臭いので・・・これくらいづつ採ってくることにしましょう!!

 まあ、こんな一日でした。『日々、是好日』の一日でした。

 では、作品紹介です。
   画像 370
 桜田晴義さんの『洋梨』です。

 年賀状の欠礼のはがきが届きました。いよいよそんな時期になってしまいました。
 ところで、年賀状離れが進んでるようです。郵便局の職員の方にはノルマが在るようで、彼方此方から声が掛かります。民営化の影響でしょうか?過労で倒れた方もおられるとお聞きしましたが・・・チョッとやりすぎでは?
 組合の力が弱くなり、格差社会が生まれつつあります。日本国全員が中流意識だと、馬鹿にされた時代が在りましたが、それが懐かしくなります。この先、どんな世が待っているのでしょうかね?
 『起きて半畳、寝て一畳、天下盗っても二合半』、お金はあの世に持っていけませんし、あの世に行くのには六文銭あれば良いのですよ。で、一言『金持ちは、金を無駄に使え!』です。
 江戸っ子の『宵越しの金は持たね~!』は、良い言葉でしたね。もう、死語でしょうけど・・・。
 寒~~~~い!!です。
 今朝の気温は4度、お昼の最高気温が17度だそうです。
    画像 355    画像 354
 お山も盆地も、濃い朝霧に隠れています。
 霜は、まだですが、ここまで冷えればお山の紅葉は進むでしょうね。

 先ほどゴミ出しに行ってきました。そのゴミ出しの最中、通勤の車が引っ切り無しでした。しかもかなり飛ばしていました。視界が悪いのですから、くれぐれも安全運転をお願いします!

 ところで、そのゴミ出しですが、腰を曲げてしか出来なかったのが、まっすぐの姿勢の方が楽になっています。少しづつは良くなっているようです。

 さて、昨日です。

 ブログを書きあげた後、とうとうこの準備でした。
    画像 364
 今年も、炬燵の登場です!!
 そう云えば、この炬燵、結婚した頃から使っているような?・・・と云うことは30年でしょうか。
 若干、ファンの音が大きいのですが、それ以外はどうも無いようなので、使い続けています。この分では死ぬまで・・・チョッとそれは無理でしょうかね??

 さて、そんなこんなの中、区長さんから電話が入りました。
 「今朝の新聞の折り込みチラシ見た?」「新聞とっていませんので・・・?」「エッ・・・・・・・!」でした。
 内容は、来月末の公民館の30周年記念行事に使う記念品のことでしたが・・・・新聞をとっていないことの方に、びっくりされたようでした。

 で、区の会計さんと電話で経費のやり取りの後、時間を待ち合わせて、区長さんと一緒にそのチラシの件でお店を訪問でした。

 その前に、話がそれますが、その会計さんに朝早々いただいたオコワ(赤飯)です。
  画像 356
 夜に頂きましたが、とっても美味しかったです。久しぶりでした。道の駅で買ったものよりはるかに旨かったです。お米のせいでしょうか?作る人の、愛情のせいでしょうね。会計さんのお米に対する情熱はすごいですからね。

 で、話を戻して、数がまとまるのでと、お店と交渉。結果は、オーーーライト!でした。

 ついでに買ってきたのが此れです。
       画像 362
 結束紐です。
 で、こいつを使って、お昼からの作業が此れでした。
    画像 361 ⇒ 画像 360
 蔓バラの処理です。変わってないように見えますが、それなりには・・・なったと思います?とは云うものの、先ほど写真を逆に入れていましたがね。

 次は、此れの枝処理にも使おうと思っています。
   画像 359
 枝をより合せて、[この~木 なんの木♪]の木のように、傘の格好にしたいと目論んでいます。

 ところで、今日もサフランです。
  昨朝:画像 363 ⇒ 昨夕:画像 358
 もう次のお花が咲いていました。前庭の方は、まだ芽が出てきませんが・・・。

 夜は、いつものように整骨院へ。
 昨日は、「先生、尾てい骨の上の方が痛いのですが・・・。」で、そこを超音波治療器でしていただくと・・・何と、お尻から太ももまでが、火傷をするかのように熱くなったのです。痛いのでは、弱音を吐きませんが、これは・・・「この器械、熱が出るのでしょうか?」「音波だけです。」でした。
 説明をお聞きすると、尾てい骨あたりに、脊髄から出た神経が在るそうで、それに作用すると灼熱感が出るそうです。まあその後、楽になったような気がしましたので、今日もお願いしようと思います。

 さて、今日の作品紹介です。
   画像 357
 林 重義さんの『青柿』です。

 さて、美術館の暖房をどうしましょうかね?来ないのに暖房を入れると経費が掛かるし、来られた時に寒いのは・・・・思案のしどころです。

<一句>
    『 カメ虫に 家へ入れと 声掛けず 』 

 寒そうに、玄関にカメ虫が一匹。寒さで、家に入りたそうでしたが・・・・カメ虫はどうもね。誰だって、嫌いな相手に声は掛けないですからね。
 今朝は、ご覧のように良いお天気です。
     画像 349
 お陰で、かなり冷え込んでいます。PCで調べると7度だそうです。この温度が本来の気温かもしれません。
 その気温のせいで、空気が澄んで、お山がくっきりと見えています。

 さて、昨日です。
 お天気もイマイチでしたが、腰痛のぶり返しのため、ひたすら静養の一日?でした。

 で撮れた写真が、この二枚のみです。 
 まずは、開き始めていたサフランです。
     画像 352
 このお花は、パッと開きません。このくらい開いてそのまま枯れてしまいます。この儚さが雄蕊の紅に込められているのでしょうか?
 こちらも同じように、花の命は、儚いのですが・・・。
    画像 353
 アサガオさんです。

 香月泰男さんの座右の銘が確か『一瞬一生』だったと思います。一瞬一瞬に一生を掛けると云うことでしょうか?戦争やシベリヤの抑留を体験した中では、一瞬に命が掛かっていたのでしょうね。
 絵の中にその一瞬を描きこむと云う意味も入っていたのかもしれません。彼は、あの素晴らしい水彩画を数分で描いたとお聞きしました。この言葉とその逸話を聞けば成程です。
 私目には到底、到達できない境地のようです・・・私目だったら「一生一笑」でしょうかね。一生を笑い飛ばす!何てね。

 お花の話が脱線してしまいました。まあ、いつものこと、此れも笑い飛ばしてください!

 で、お昼から、久しぶりにドルドーニュ美術館へ行きました。
 いつの間にか、お部屋の雰囲気が一変していました。一年前に改造したとのことなので、一年以上お伺いしてなかったことになります。人間、近いと中々行かなくなります。大好きな湯平温泉も・・・・泊まったのはもう何年前になるのやら????今年は!今年は!で、ズーーーーッと来てしまいました。今年も、後2カ月足らずです。さて、どうでしょうか?一緒に行くはずだった先輩がチョッと無理になったので、息子が、社会人になる前に一緒に泊まりに行きたいのですがね。

 また話が脱線してしまいました。で、ドルドーニュの館長さんと2時間ほど四方山のお話をして、帰りました。

 まあ、そんなこんなの一日でした。チャンチャン!!(香月泰男さんとはえらい違いです。)

 さて今日の作品は、生井 巌さんの『冬至』です。
     画像 351    画像 350
 描かれている白菜、全く店頭に並んでなかった先月でしたが、今はたくさん出回り始めました。今日は、鍋にしようかな?です。

 今日も、ノ~~~~ンビリ、腰の静養に努めましょう!!

 今朝は曇りです。雨が降りそうなお空の色です。
   画像 344
 お山も雨雲に隠れています。鬱陶しい一日になりそうです。

 さて昨日です。
 サフランの芽を昨日紹介しましたら、昨日はお花が咲き始めました。
    画像 346
 このお花は、葉と一緒にお花も土から出てくるのでしょうかね?
 
 ところで、午前中は大忙しでした。
 来月末の公民館の30周年記念行事の準備でした。と云っても、区長と私しか動けませんので・・昨日も美術館は放ったらかしです。こんな状態で、お客様が来ないと嘆いても仕方ないですね。

 8時頃から下準備、用品を買いに行き、区長宅へ。そのまま公民館へ場所移動して、作業でした。11時くらいまで掛かりようやく一つ済みました。正に、「ひとつすんでは~♪母のため~♪・・・」賽の河原の石積みのようです。

 美術館へ戻ると、月刊情報誌の【ポス】11月号が届いていました。
  画像 348  画像 347
 しっかりわが美術館の企画展情報を掲載いただいていました。
 と、その【ポス】さんからファックスが入っていました。
 12月号の原稿依頼でした。18日にメールで送っていたのですが、行き違いになっているようで、再送付でした。

 午後からは、また暇になりました。が、腰が・・・・・・・。
 夕方、整骨院へ行くと、何かあったようでした。どうも患者さんが治療の最中に、家のコンロの火を消し忘れてきて、大慌てで先生が送って行ったとのことでした。
 丁度先生が戻ってこられて、家の中に煙が充満しており、かなり危ない状態だったと話して居られました。まあ、無事だったようで良かったです。
 私も、いくらオール電化と云っても気を付けなければ!でした。
 で、腰の方ですが・・・・・。
 治療に入ってすぐ、「どうしました?」と、いっぺんに見破られたようでした。症状が、戻っているそうでした。どうも日曜日の夜の地域の会合の会場設営を一人でやったのがいけなかったようです。資料準備で、早めに行って、ついついやってしまったのが・・・・で、そんな時はこれを着けるように!でした。
   画像 345
 とうとうその時が来てしまいました。無念!せっかく良くなってもう少しだったのに・・・です。でも、何か作業をする時だけにしてください。日常は出来るだけしないように!でした。これからも、いろんな作業が待っているので買おうとは思っていたので、まあ仕方ないですね。
 これからは、充分気をつけたいと思います!!(「後の後悔、先に立たず」もっと前に気がつけよ!でした。)
 今朝は、昨日よりかなり楽になっています。

 夜、久しぶりに福山のOさんから電話が在りました。来年、岡山に行くという記事を見て電話してくださったのでした。
 岡山と云うより姫路になるのでしょうか?北条石仏をどうしても見たいので行こうと思っているのです。
 「気まぐれ美術館」の記事に掲載されていて、不思議なお姿のお地蔵さまがたくさん在るそうなので、行ってみたかったのです。
 その際には是非声を掛けて欲しいとのことでした。また、こちらからも電話します。

 さて、今日の作品は、吉田博さんの『風景』です。
  画像 343  画像 342

 さて、今日は大人しく腰の静養に努めましょう!!
 今朝は、ご覧のとおり濃い朝霧になっています。
   画像 334  画像 335
 と云うことは、気温も下がっているのでしょうが、風が全く無いので、体感的にはそれほど寒くありません。
 お天気は、晴れのようですが、予報では一日曇りとなっています。まあ、予報はあくまでも予報に過ぎませんので・・・・事実、昨日も同様の予報でしたが、朝のうちは雨で、お昼頃からは晴れでした。

 お天気はそれくらいにしてと・・・・。

 昨日です。
 アサガオさんが、朝の雨にも負けずに、咲いてくれていました。
        画像 339
 いつまで咲き続けてくれるのでしょうかね?
 裏庭には、サフランが芽を出しました。
  画像 336
 サフランはとっても綺麗なのですが、アサガオ同様に一日しかお花が持ちません。切り花に出来ないのが残念です。

 朝コーヒーを飲んでいて、フト外を見ると・・・・・何じゃ?でした。
  画像 341  画像 340
 そう云えば、ガス祭りの看板が出ていましたので、そのアドバルーンのようです。
 オール電化が進んで、ガス市場を圧迫していると聞いていますが・・・災害時に、一つのエネルギー頼っていると、全てが動かなくなるそうです。数種類のエネルギーに分散していれば、そのリスクも分散できますが、どうしてもコストが掛かりますので・・・ですね。

 昨日は、カミさんの先輩が、ご家族と一緒に来てくださいました。
 娘さんご夫婦と高校生くらいのお孫さんの四人でしたが、絵に興味が在るのはおじいちゃんだけだったようでした。
 それぞれが、バラバラにご覧になられるので、説明のしようが在りませんでした。残念!!
 で、喫茶展示室でコーシーの準備。
 お昼を摂らずに来られたので、お腹が空いたと・・・それでも40分ほど見ていただき、昼食へ向かわれました。ありがとうございました!!(砂漠に水のありがたさでした。)

 夜は、地域の寄り合いでした。
 会議は7時に始まり、1時間半ほどで終わりましたが、後の打ち合わせで、11時近くになってしまいました。
 今日も、午前中は区長と二人でその延長の作業です。

 では、作品の紹介です。
  画像 338
 山本丘人さんの『浅間はみえず』です。ウ~~~~ン、私的には、『浅間は見えぞ』なんですがね?

 さて、午前の作業の下準備をしましょう!!

 またまた、雨に戻ってしまいました。
    画像 330
 日曜日なので、晴れて欲しかったのですが・・・・お山も雨雲の中です。

 昨日、湯の坪温泉に泊まって、今日来てくださるかも?のカミさんの先輩も、せっかくの家族旅行が、この天気では・・・です。雨と云うことで、美術館見学へ!と意を固めていただければ、私にとっては幸福ですがね。さて、どうでしょうか?気分が乗らなければ、帰っちゃうかもですね。

 ところで、昨日です。何にもありません!で、写真はこれしか撮っていません。
   画像 333
 一輪だけ咲いてくれていたアサガオさんです。

 ウ~~~~~ン、これでは記事にしょうが在りませんね。

 で、苦し紛れに、此れです。
       画像 329
 先日、夢二山荘のNさんが貸してくださった本です。
 枕元に置いていたのですが、今朝、ようやく手にとりました。
 <本>て、本当に良いことを書いていますね。
 まだホンの数ページしか読んでいませんが、【医】の本質を書かれています。


 つい、悩みを日記のように書いてしまいましたので、この部分を削除しました。スミマセン!


 今日の作品紹介です。
    画像 332  画像 331
 難波田龍起さんの「秋の陽」です。
 この絵と睨めっこをしてもらうために椅子を置いています。先日来られた若い娘さんは、何と「タヌキが見えます!」でした。イヤー、私がどう見てもタヌキを見つけられませんです。右の写真にタヌキが居ますかね?

 さて、また今日も仙人への道を模索しましょうかね!(私より、あの娘さんの方が、仙人に近いのでは・・・?)

 今朝は霧なんですが・・・チョッと変!
   画像 324   画像 325
 ご覧の有様です。
 朝霧が、盆地の北側と西側に吹き寄せられたように出ています。南側には、全くありません。高速道路はどうでしょうか?チョッと判りませんが、気を付けてください。

 暗闇で見えないのと霧に囲まれて見えないのでは、人間の心理が違うようです。暗闇は、黒一色なので、人は動こうとしませんが、霧は白一色です。見えないのに明るいので、見ようとして動き回ります。このため山でガス(=濃霧)に囲まれると動き回ってしまい遭難するようです。見えない時は、ジ~~~っとしているのが一番ですが・・・・お仕事では仕方ないですね。くれぐれもご注意ください!

 さて、この写真を撮ろうとガラス戸を開けた途端に、何かが落ちてきました。
    画像 326
 木端かと思ったらこいつでした。スズメガの一種でしょうが、飛ばないで、草の間を這って逃げていました。まるでスズメと云うよりネズミです。

 また、下の柿の木に眼をやると・・・・・。
      画像 327
 甘柿なので、完全にカラスの餌になったようです。蔕(へた)しか残っていません。余ほど美味しかったのでしょうかね??この木の持ち主は、毎年放ったらかしていますが、かと云って、私が採るわけにもいきませんので・・・残念!

 さて、昨日です。
 雨でしたので、することも無しでした。
 それでも洗濯をして、便所の掃除をして・・・・ウーーーン、それだけでしたか。

で、夜になり・・・オッと、みそ汁の具が豆腐しかない!さてどうしよう?そうそう、ムカゴではどうかな?でした。
     画像 328
 で、ムカゴと豆腐の味噌汁になりました。結構美味かったです。

 これで一日が終わりました。チャンチャン!です。

 では、今日の作品紹介です。
  画像 323  画像 322
 難波田龍起さんの『水のある風景』です。

 さて、今日は晴れのようです。何をしましょうかね?

 とりあえず一句!

    < 秋雲に 乗って行きたや 五行山 >

 由布岳の上に浮かぶはぐれ雲で、孫悟空が觔斗雲(きんとうん)に乗っていった五行山=地の果てと思った所まで行ってみたいですね。

 表題に書きましたように、今朝は雨です。
画像 314
 ご覧のとおり、お山も雨雲の中です。
 週末のお天気もイマイチのようなので、せっかくの晩秋の湯布院を楽しみに来られるお客様は、チョッと残念かも?まあ、こればかりはどうしようもありませんが・・・。

 さて、昨日です。
 未練がましく?(実は片づけが面倒なので・・・。)トマトを待ち続けましたが、今年は、ほとんど収穫できませんでした。実が熟し始めると雨で、裂けてしまいましたので。
 とうとう諦めてひっこ抜きました。ご覧のように、巨大になったのに・・・・。
    画像 316
 来年は、しっかり実を付けて欲しいものです。
 で、もうひとつです。
     画像 315
 そのお隣のナスです。まだ実が生り続けていますので、未練がましく残しています。実が硬くなってしまって、食べるには・・・・ですが、こいつもひっこ抜くと、畑が淋しくなるので、残しておきました。
 さて、後始末が大変です。当分、放ったらかしておきましょう。

 ところで、昨日もオークションのカタログが届きました。
    画像 321
 お金の無いわが身が恨めしいですが、ページをめくって、観るだけでも、結構楽しいものです。
 で、成程と読んだ記事が此れです。
    画像 320
 私もそうだよな!と思っていましたら、かなりの方がそう思われているようです。臼杵の石仏です。文化庁の指導か何かで落ちていた仏頭を元へ戻したことです。このことには、当時も賛否両論が在ったようですが・・・。やはり歴史はそのままにしているべきだったと思います。修復されて、行った時に、アレ~でした。以来、二度と行っていません。落ちたものは落ちたままで・・・。
 豊津に三重塔が壊れそうに建っていました。修復されて綺麗にされてしまいましたが・・・行く気がいっぺんに失せたのを思い出しました。

 夕方、先日一緒に呑んだご近所の写真家大谷さんがDVDを持って来てくださいました。
 で、夜はこれを観ました。
   画像 317
 『花に逢わん』と云うOA琉球朝日放送が制作したドキュメント作品です。
 大谷さんのライフワークでもあるライ病への偏見差別の告発をテーマにした作品でした。番組の中で、大谷さんご夫妻もインタビューされていました。非常に考えさせられる内容で、私のボケた頭では・・・でした。改めて、ライ病に対する差別と偏見の根深さを思い知らされ、「人間て・・・」でした。ワイドショウに出てくる批評家と違い、実践者の言葉の重みをしっかり感じさせられました。
 このところ、テレビ嫌いになって、ビデオしか見ていませんでしたが、こんな番組を民放が制作したとは、まだまだ報道魂を持っている人が居るのですね。

 では、今日の作品です。 
   画像 319   画像 318
 村田茂樹さんの『蘇州郊外』です。

 さて、今日は一日雨のようです。何をして過ごそうか???????を考えて一日が終わりそうです。

   『 秋雨の 暖かきこと 疎(うと)ましき 』 

 秋雨は、暖かいからといっても、冬の入り口ですよね。もうじき、寒い冬がきます。
 先ほどは、ご覧のように、今日は曇りかな?
    画像 306
 でしたが、今は晴れて、良いお天気になっています。

 昨夜は、吞み会でしたので、温泉に行けませんでした。で、写真を撮って、ゴミ出しをして、開館を済ませて、朝温泉と洒落てみました。イヤー、朝の温泉は最高ですね!

 ここで、もう一枚お山の写真をお見せしましょう!
     画像 313
 いろんな姿を見せてくれる由布岳です。昨日は、こんな姿も見せてくれました。

 独立峰ならではの景色です。富士山も、当然似たような景色を見せてくれると思いますが、お山が大きすぎるので、こんなに身近に見ることは出来ないのではないでしょうか。

 さて、昨日です。
 とうとうスリッパも冬バージョンへ衣替えでした。
  画像 311
 こっちのストーブも出してきて、灯油を入れて、いつでも炊けるようにしました。
     画像 310
 由布院には、もうすぐそこに冬が来ています。
 車全体に大粒の朝露が付いていました。初霜の便りも、もうじき聞けるのではないでしょうかね。

 植物の方も、準備が整いつつあるようです。
     画像 309
 鹿のウ○チではありません。蔓枯れの山芋に、ご覧のようにムカゴがたくさん出来ていました。

 腰痛も一定のところまでは回復したので、少し運動した方が良いのかな?で、こんなものをもらってきました。
      画像 312
 年金病院のリハビリの施設案内です。15mプールに行こうかと検討したのですが・・・チョッと高い。それに医者の診断書も要るようなので断念!
 まあ、出来る範囲で、少しづつ運動してみましょうかね。

 さて、今日の作品です。
   画像 308  画像 307
 友江久幸さんの『風景(廃屋)』です。

 今日は、少し散歩でもしてきましょうかね!
 日一日と寒くなってきました。それでも日中にお日様が出てくれれば暖かいです。
 今日もお天気は良いようです。ご覧のように、朝霧が少し出ていますが、お山はお姿を見せてくれています。
画像 304   画像 305
 初老性の軽いうつ病か?乙女チックな秋のアンニュイか?気分がすぐれませんが、お天気が良ければ、元気になれます。

 さて昨日です。
 ブログを書き終え、朝食を摂っていて、お山を見上げると・・・・・。
画像 303 山頂UP⇒  画像 302
 山頂に後光のような雲が!で、パチリでした。
 お山はいつも新しい顔を見せてくれます。

 で、お日様とともに、こいつも出てきました。
画像 301暖かくなって⇒画像 300
 カメ太も木くずの中から顔を出し、ついには身体も出してきてレタスを食べていました。「お前は、お日様か!」です。
 今朝は、昨朝より寒いので、当然、木くずの中・・・でなくて出ています。変な奴!

 ところで、昨日アサガオさんを見に行くと、ご覧のように、一昨日の花がそのまま咲いていました。
     画像 299
 寒さのせいで、お花の寿命が延びたのでしょうか?もし、突然変異だったら・・・・銭儲けに繋がりますがね。

 そのアサガオさんを見に行って気がついたのです。軒の板が・・・・。
画像 298  修繕後  画像 297
 で、俄か大工の出現でした。
 この軒板、大分の工務店がどうしてもと、してもらったのでしたが、この有様では、やはり大した大工仕事では無かったようです。この業者は失敗でした。皆さんも、家の改築・改造にはくれぐれも、お気を付けください!!

 あとは、インスタントコーヒーを飲みながら、絵を引っ張り出して来て、ノ~~~~ンビリでした。
 で、フト思いつきビンゴで、ご近所の写真家のOさんへ電話・・・・今夜の吞み会、決定!でした。

 で、やる気を起こして、月刊情報誌≪ポス≫さんへ今年最後の企画『美術館棚卸展』の原稿を作成して送りました。どうも、エネルギー源は、お酒かな?です。

 腰痛も少しづつ改善されています。今秋の由布登山は無理なようですが、来春は頑張りたいと思います。来年は、岡山と東京に行きます。出来れば、京都も・・・・お金次第ですがね。(臨時休館と長期休館が増えますので、ご注意願います。もっと、動き回らないと、オジンになってしまいますので。)

 では、今日の作品紹介です。
     画像 288  画像 287
 安野光雅さんの挿絵原画?『さくら通り』(仮称)です。

 朝霧が、濃くなってきました。


<おまけの一句>

    『 秋の宵 はてさてこれから どうしよう 』

 友人の死や病に倒れた先輩を見て、動けるうちにしたいことをせねば!の思いで作りました。
 美術館を造って5年、まだまだやりたいことの半分です。出来なくなったのは、ギニア高地に行ってみたかったことくらいでしょうか?バイロスの生誕の地クロアチア・ウイーンにも行きたいし、この地には幸い芸短があるので、もう一度大学に行って、彫刻を習っても見たいし・・・・・。こんなことを書くと、昨日、古希を迎えた知人から怒られそうですね。介護をしなければならない親もいないし、自由気儘です。でも、この自由は、贅沢なんでしょうが、結構きついものです。常に罪悪感や劣等感みたいなものを感じていますし、存在意義は、自分で見出さねば・・・・。
 いよいよ寒くなってきました。たぶん10度を切っていると思います。
 朝霧が出ました。写真を撮った時間はこれくらいでした。
     画像 291  画像 293
 今は、お山はもちろん、何も見えなくなっています。右の写真に写っているすぐ下の家も霞んでいます。

 この分だと、今日は良いお天気になるでしょう。

 で、今朝はこいつの鳴き声に叩き起こされました。
画像 292
 キビタキでしょうか?
 北九州ではチョッと聞けない、けたたましい鳴き声でした。

 さて昨日です。
 相変わらずアサガオさんが咲いていました。
    画像 295
 去年は、どうだったかな~?で調べると、10月末くらいまでは咲き続けていたようです。

 ブログを書いていて、寒さが堪えます。こたつが・・・・・我慢!!

 さて、久しぶりにお客様が在りました。駅ホールからの紹介で来てくださったそうです。
 館内を御案内した後、いつもの由布院で二番目に不味いコーシーを飲んでいただきながらの雑談でした。千葉から来られたそうで、絵手紙を習われているそうです。
 「絵手紙は、ハガキに描くので、送る相手を想い、必ず描き終えたら、言葉を添えて出すことにしている。」とのご意見をお伺いすることが出来ました。成程!です。
 小一時間ほどして、次に向かわれるのでと、話を切り上げて、次の目的地の大杵社の大杉を目指されて行かれました。今月は、3組5人目のお客さまでしたので、チョッと張り切りすぎて、おしゃべりを過ごしてしまいました。済みませんでした。

 夕方、店じまいの準備を・・・と、夢二山荘の会長さんがいらっしゃってくださいました。門司港で開催された中原淳一展の片づけなどのために来られたそうです。また次の展覧会も・・・で、ゆっくりしている暇が無い、合間を縫って立ち寄ってくださったのでした。
 11月は少しゆっくり来られるとのことでした。

 夜は、冷え込んできたので、こいつもとうとうこの有様に!
      画像 294
 陽が昇るまで、もぐっているでしょう。

 さて、今日の作品紹介です。
    画像 290   画像 289
 山本明比古さんの『ある日の胆星台』です。
 思えば、この絵から始った美術館への夢でした。最初に買った油絵が、『胆星台』=今で云う天文台です。星を見るように夢を見てきたのですが・・・・・。

 人生は、<生れ来て 死ぬるまでの 浅き夢>ってところですかね。
 今朝は、昨日より少し又寒くなりました。最高気温も20度を切るようですが、明日はもっと気温が下がり、最低気温が10度を切るようです。
 お山も少し寒そうです。
     画像 277
 いよいよ、晩秋から冬支度になってきました。

 昨日で終わったポスターを剥がしました。 
 画像 279  画像 278
 と、判りますでしょうか?そのポスターの裏で、寒さを忍んでしたアマガエル君とカメ虫さんです。「御免よ!」でした。

 こちらもたくさん実を付けていました。
   画像 284  画像 285
 防火用水池のフェンスに絡まった山芋の蔓に、<むかご>がたくさん出来ていました。もう少し待って、集めて、湯がいて酒のつまみに・・・・?

 お隣のコスモスも散り始めました。
    画像 283
 散り落ちた花弁を見ると<秋桜>と字を当てる意味が良く判ります。

 秋が深まったな~!って、これは何??
   画像 286
 植木鉢の片隅から、昨日とは別のアサガオが咲いていました。持ち主に似て、酔っぱらってるのでしょうかね?

 さて昨日です。
 湯布院の入り口にオープンしたニトリじゃない、コムリでもない、コメリでした。そのコメリに買い物に行きました。
 ごみ箱が壊れてしまったので、買い替えでした。
     画像 281
 三つで1980円のゴミ箱を見つけて、ご覧のようになりました。
 もうひとつ、敷物です。
   画像 282
 カミさんが四畳半だと云うのに、安いので欲張って六畳を買ったら、部屋いっぱいになってしまいました。失敗でしたが・・・・まあ良いでしょう!!「一年もてば元は採れる!」です。

 さて、今日も銀行へ行かねば!金が無い・・・・。カレンダーには、今日は『貯蓄の日』と書いているのに、トホホホホです。

 では、作品紹介です。
   画像 280
 今日の作品は、宮崎喜恵さんの『杵築港』です。

<一句>
     『 コスモスの 花弁散りて 春想い 』

 厳しい冬の寒さが来る前に、冬の寒さの後には、暖かい春が来るよ!と、神様が<秋桜>を咲かせてくれているのでしょうかね?
 体感的には寒い朝です。が、朝霧が出ていませんので、それほど気温は低くないようです。
 お天気は晴れ、久しぶりにお山が姿を現してくれました。
    画像 272
 山頂は、かなりの冷え込みなのでしょう?雲が懸っています。と云うより、山頂から雲が湧き出しているように見えます。

 さて、昨日です。
 ブログを書き終えると、カミさんの「神社で、もう音がしてるよ!」の声で、結局、朝食抜きで神社へ駆けつけました。
 で、清掃が終わった神社の境内です。
        画像 275
 会長さんが植えた菊もつぼみを付けています。
  画像 271
 もうじきお花が咲いてくれるでしょう!
 掃除を終えて、しばらくみんなで焚火の番をした後、みんなは公民館へでしたが、私は整骨院へでした。

 治療を終えて、帰って来ると、公民館に子供会が集まって空き瓶回収の真っ最中でした。すっかり忘れていましたので、慌てて、貯まっていた一升瓶を5本持って行きました。大酒のみの私にしては少ないとお思いでしょう!実は、ほとんど5合瓶で呑んでいるので、一升瓶は少ないのです。(冷酒で呑むため、冷蔵庫に入れるには5合瓶でなければ・・・です。)

 瓶を届けて、あいさつもそこそこに帰りました。去年はお手伝いをしたのでしたが・・・今年は腰痛で、それどころではありませんでしたので・・・・。
 で、帰って来て、次は此れでした。
    画像 276
 北九州で買ってきた木くずとカメの餌です。
 カメ太の住処の冬バージョンへの入れ替えでした。
   画像 273
 既にヒーターは入れてあげているのですが、ネコの砂では寒いでしょうから、木くずをたくさん入れてあげました。ついでに高いレタスとカメの餌も・・・お陰で、今朝も元気なようです。

 昨日は、土曜日でしたが、お客様は無しでしたので、11月の公民館の30周年記念の準備でした。
 打ち出した資料を持って、区長さんのお宅へ。資料の説明を済ませて帰ろうとすると、「カボス、持って帰り!」で、かごいっぱいいただいてしまいました。夜は鍋の予定でしたので、良かったです。
 
 で、夕方に、夢二山荘のNさんが生シイタケとカボスを持って来てくださいました。焼いて食べましたが、最高に美味しかったです。

 まあ、そんなこんなの一日でした。

 では作品です。
    画像 270
 穴吹哲二郎さんの『関門夕景』です。
 そう云えば、久しくこの景色を見ていませんね。先日北九州へ帰った際に、門司港と下関まで行ってみようかと思ったのでしたが・・・・気力が落ちていて、腰が上がりませんでした。今度帰った時にでも???

<おまけの一枚>
 カタバミのお花畑です。
      画像 274
 このお花、目立たないので気がつきませんが、冬を除いてて一年中見るような気がします????どうなんでしょう?季語になってるのでしょうか?

  『 カタバミの 小さき花にも 主張あり 』

 本当に目立たない小さな花ですが、今の時期になると、俺だって咲いてるんだと、虫たちを誘っていました。

 
 今朝も、雨は降っていませんが、パッとしないお天気です。
   画像 269
 お山にも横に一筋大きな雲が懸っており、山頂を隠しています。

 お天気はどうなんでしょうか???
 土日で晴れてくれると、観光地域としてはありがたいのですが・・・・。(美術館は、観光施設????じゃないですけどね。)

 昨日の写真が無いので、お山を撮ったついでに、美術館をひと回りしてきました。
 咲き続けてくれていた野菊も、昨日の雨で散ってしまいました。
    画像 266
 来年もよろしくね!!です。

 ところがです、その横にアサガオさんが・・・・咲いていました。
    画像 267
 おまけにこちらも・・・?
         画像 268
 狂い咲きしたアジサイも、まだ頑張っています。
 何ちゅうこったい!です。

 畑を見ると、ナスビも小さな実を付けてくれています。
   画像 265
 もう少し、頑張ってもらいましょう!!
 で、こっちはさすがに終わりでしょう!
        画像 263
 グリーンカーテンが、茶色のカーテンになっています。
 それでも、枯れた葉の間には・・・・。
   画像 264
 まだゴウヤが生っています。
 採り切れずに、熟れてはじけて、種を撒いてしまったのがたくさんあるので、来年は繁茂するかも??です。

 今朝は、神社の清掃ですので、ブログはこれで切り上げです。

 作品紹介は、小杉小二郎さんの『コスチュームパリジャン』です。
画像 262   画像 261

 それでは、朝食を摂ったら出かけてきます。
 先ほど、ようやく北九州から帰りつきました。今日は、えらく時間が掛ってしまいました。と云うのも、苅田の道路で、大型トレーナーが左折しようとして、ジャックナイフ状態になり、動けなくなって道路を塞いでしまったのでした。おまけに、あちこちで赤信号に引っかかって・・・何ちゅうこったい!でした。
 帰りつけば、今度は大型店の開店セールで、車が一杯でした。トホホホホ・・・・!

 気を取り直して、お山です。
     画像 250
 お山も、ご覧のとおり生憎の曇り空に隠れています。
 現在は雨は降っていませんが、午後から荒れると帰りのカーラジオで言っていました。でも、明日からは晴れて欲しいものです。
 で、今回北九州から持って帰ったものが此れです。
   画像 253
 いよいよ冬支度のこたつ布団です。
 節電のため、せめて11月までは我慢したいですね。

 次が此れです。
   画像 255   画像 254
 山口県の海岸で見つけた化石です。
 先日、お知り合いになった画家の山崎さんは化石の大コレクターです。珪化木を差し上げたら大喜びでした。11月に遊びに来られるとのお葉書をいただいたので、此れも差し上げようと持ってきました。(要るのかな??)

 最後が極め付けです。
     画像 256
 昨夜、義父とお酒を飲んだのですが、その時にもらった空蝉です。何と一枚の葉に4匹も羽化したようです。この葉っぱも珍しいですが、これに眼を付けた95歳の義父の方が珍しい?かも・・・です。

 で、その際に見せてもらった?見せられた?これ!
画像 258  画像 260
画像 259  画像 257
 上の二つがお爺ちゃんのもらった勲章で、下の二つが義父のもらった勲章です。
 「これは我が家の宝であり、歴史だよ!」って、義理の関係の私が見ても・・・・・ですが、義兄が関心が無いとのことで・・・でもね?です。私に出来ることって、カミさんにしっかり納し場所を覚えて置くように言うしかないですよね。

 変なお話になってしまいましたので、作品紹介にします。
 今日の作品は、村田茂樹さんの『風景』です。
    画像 252  画像 251
 イヤー、この画家さん、本当に絵が上手い!!

<おまけの一句>

  『 秋空に 観客独り ここに居り 』

 先日、病気に倒れた先輩を見舞いに行って、感じました。人間て、誰かに見てもらう、誰かに関心を持っていてもらわなければ生きる気力が無くなるのですね。
 今日も北九州です。
 で、お山の写真は無しです。もっとも写真は全く無いのですがね。

 昨日は、病院へ行き、血糖値検査でしたが、いただいた先月の結果を見てビックリでした。何と、何と、何と、ヘモグロビンA1cが、正常値の範囲に入ったのです。血糖値は若干のオーバーでしたが、他の数値はすべてOKでした。
 喜び勇んで、脳梗塞で倒れた先輩のお見舞いに病院へ行きました。ところが、リハビリセンターへ転院したとの事、オーーー良かった!良かった!で、リハビリセンターへ。
 で、会えたのですが・・・・少し疲れが出ているようなので少しだけ話をして引き上げました。
 その足で、美人の先輩を訪問、コーヒーをご馳走になりました。お礼に、小倉の映画を見に行くというので、送ってあげました。
 お昼からは、時代劇三昧でした。

 夕方、小倉に出て、幼馴染3人で呑み会でした。でも、三人とも還暦を迎え、身体の彼方此方にガタがきており一次会で解散でした。まあ、気長くいつまでも元気で呑みたいものです。

 さて、今日の作品は、池田一憲さんの『離陸』です。
画像 238


 

松久公嗣の『蝶』

 今朝は、北九州です。
 昨夜の地域の集まりでの打ち合わせが終わったのが9時過ぎでした。で、9時半ごろに由布院を立ち、帰り着いたのが11時10分頃でした。チョッと飛ばし過ぎましたかな??

 さて、昨日です。
 先般、駅アートホールで個展をされた山崎さんからお葉書をいただいていましたので、返信を作り、郵便局に持っていきました。
 と、こんなポスターが・・・・・。
    画像 205
 年賀状の発売のポスターです。いよいよ、そんな時期に来てしまったのか~!です。

 美術館にも??????
   画像 204  画像 206
 秋風の中、カメムシ君やテントウムシさんが、建物に入れてくれよ~!と、網戸にしがみついていました。テントウムシは、建物の隅で冬越をすることは、聞いていましたが、カメムシも同様なんでしょうかね?

 ところで、今頃こんなお花が・・・?
        画像 203
 「スミレの花~♪ 咲く頃~♪」って言うのですが、スミレは、冬以外はほとんど咲いています。で、セッセセッセと、種を撒いているようです。<可憐>というより結構しぶとい野草です。

 ところで、今度は版画堂さんからもパンフレットが届きました。
  画像 237  画像 236
 表紙は、谷中安規の版画でしたので・・・残念ながら、高すぎて手が出ません。で、好いな~!が、右の作品です。以前、見たことがある吉岡憲の絵ですが、良い絵ですよね!もちろん手が出ませんが・・・お金が欲しい!!何チャッテね!

 さて、ボチボチ病院ですので、今日の作品紹介です。
   画像 240  画像 239
 松久公嗣さんの『蝶』です。
 うちの庭にも、こんなくもの巣がたくさんあります。
 書き忘れていましたが、明日と明後日は休館日です。ブログは書くつもりですが???写真はあるので・・・。
 今朝は、ご覧のとおり朝霧が在りません。
     画像 235
 お山は霞んでいますが見えています。雲が多いようなので、お天気は曇りでしょうか?
 三連休の間は、しっかり良いお天気でしたので、良かったです。

 わが美術館にも久しぶりに、本当に久しぶりに、本当に本当に久しぶりに、本当に・・・・、チョッとしつこかったですね!お客様が二組来てくださいました。

 その話の前に、まずはこの写真です。
    画像 246
 朝霧に沈んでしまった由布院盆地です。
 カミさんにせかされて、狭霧台まで出かけて行って撮ってきました。
 渋る私を、「気力が落ちてるから・・・朝霧、見に行くよ!」でした。
 で、右ウイングと左ウイングです。
   画像 248 画像 247

 ついでに、見上げる由布岳です。
    画像 249
 このお山のお陰で、この素晴らしい光景が見れるのです!!ありがとうない!(ここの方言でしょうか?言葉の最後に「ない」と付けるようです。)

 この光景を見に行ったお陰で、少し活力が出ました! 
 腰痛も・・・こっちは、残念ながら、やはり痛いです。

 で、帰って来て、コーシーを淹れ、飲みながら、届いたばかりのオークションカタログに眼を通していました。
  画像 245  画像 244
 年末が近づくと、オークションがたくさん開かれるようです。手放す人が多くなるのでしょうか?良い作品が安く出品されます。で、良いな~が、右の天然水晶の香炉です。中国の骨董ですが、こんな硬いものを良く削れるものです。
 何て、感心していると、裏からカミさんが跳んで出てきました。「お父さん、お客さまよ!」でした。
 玄関の呼び鈴は、裏には聞こえるのですが、館内にいると聞こえませんので・・・・。
 久留米から来られたご夫婦でした。昨日、泊まられて、行くところが無いのでと来てくださったのでした。
 ご主人が、趣味で絵を描かれて居られるそうで、じっくり見ていただきました。館内を一回りした後、いつもの湯布院で2番目に不味いコーシーのサービスでした。
 一時間ほど居られて、見送りに出ると、車が在りません。何と、歩いて来られたのでした。「送りましょうか?」と、お声を掛けたのですが、見物しながらと帰って行かれました。この次は、お電話いただければ、迎えに行きますので、また来てくださいね!!

 で、「良かった良かった!今月、始めてのお客様だ!」で、喜んで一安心。
 裏に引っ込んで、お茶をしていて、カミさんがお菓子をくわえながら、ドアを開けると目の前にお客様!!
 またもや「お父さん、お客さまよ!」でした。
 福岡から日帰りで来られた若い女性お二人でした。夢二山荘で聞いて来られたそうです。Nさんありがとう!でした。
 一日に二組が来られたのは、何時のことだったか????忘れました。
 館内を案内した後、またもや湯布院で二番目に不味いコーシーのサービス&私目の蘊蓄でした。
 ついでに、朝の霧に沈む湯布院の写真をお見せすると、「泊まらないと観れないね~!」でした。泊まっても、中々観れませんが・・・・・今頃か春の翌日が晴れの予報の時がチャンスかも?です。お酒と絵の好きな男の方でしたら、わが美術館にお泊り頂くのですが・・・・若い女性ではね。
 一時間ほどして、またいらっしてくださいと、お見送りしました。

 元気の出る一日になりました。

 夕方、夜空にはこんなきれいなお月さまが出ていました。
      画像 243

 では、今日の作品紹介です。
 画像 242  画像 241
 宮永岳彦さんの『隅田川』です。

 今夜は、地域の寄り合いですので、今から整骨院へ行ってきます。
 今朝も濃い朝霧が出ています。
     画像 232  画像 231
 三連休は、全て朝霧に包まれた湯布院になりました。
 旅館に宿泊されたお客様は、これには驚かれたのでは・・・・。

 先ほど、公民館に国旗の掲揚に行ってきましたが、ご覧の有様です。
        画像 230
 近くでは、どうにか見えますが、離れると全く見えません。まあ、気持ちの問題ですから・・・・。
 役を承っているので、国旗を掲揚しますが、家ではしなくなりましたね。

 さて、昨日です。
 整骨院もお休みなので、腰のために、カミさんと散歩に出かけました。と云っても、すぐ下の総合運動場までですが・・・それでも、何人かの人に会い、挨拶を交わしました。地のものに、少しは近づいているのでしょうか?

 お昼前に、大分の娘も遊びに来てくれました。
 で、三人で昼食に・・・・・と、盆地の反対側の湯布院インターからの道路が、車の列が出来、停まっています。コリャー駄目だ!で、湯平へ行く途中にあるラーメン屋さんへ行くことにしました。
 豚骨ではなく醤油ラーメンですが、結構美味いので、ときどき食べに行っています。行き始めた頃は、ご夫婦二人でされていましたが、赤ちゃんが出来、その赤ちゃんも大きくなってきました。
 丁度、テレビでなんでも鑑定団があっていました。司会が紳助さんでないのを、始めてみました。
 伊賀の花瓶が出ていました。「伊賀焼とは違うようだが・・・?」案の定、新しい京焼の花瓶でした。ヤフオクで手に入れたそうで、そりゃー駄目だろう!でした。

 帰りに、庄内のスーパーに買い出しに、立ち寄りました。が、魚が無い。湯布院では魚を手に入れるのは難しい様です。

 山道を帰ってくる途中で、敷石になるようなものを拾ってきましたが・・・・。 
    画像 227
 穴を掘って、埋めていると、ご覧のように、いきなり割れてしまいました。
 仕方ないので、少し小さいのですが、庭にあった石を埋め込みました。
        画像 228  画像 229
 美術館出口が上り坂になっているので、タイヤで土を掘ってしまいます。で、ご覧のように石を埋め込みました。これで大丈夫?

 そうこうしていると、もう夕方です。
 娘が大分に帰るので、早めの夕食になりました。

 鍋を囲んでの夕食でしたが、こういう機会も少なくなりました。
 食べ終わり、娘を見送って一日が終わりました。

 さて、今日の作品紹介です。
      画像 234  画像 233
 伊藤應久さんの『伊豆風景』です。

 腰痛で私の気力が落ちてくると、どうも美術館も活気が無くなるようです。展示している絵は、元気なんですが・・・早く腰痛を治さねば!!です。
 今朝は、凄い霧です。
    画像 218  画像 219
 今季の一番濃い朝霧のようです。もっとも、これから更に濃くなるのかもしれませんが・・・。

 こちら方面へお出かけの方は、お車の運転には、くれぐれもご注意ください!

 さて、昨日です。
 朝は一番で、整骨院へ。
 帰って来てからは、身体を動かす為にウロウロでした。で、時折読書・・・と云ってもコーヒーを飲む間だけですがね。
 で、読んだ本というのが此れです。
     画像 224  画像 220
 月刊アートコレクターの最新号です。今回はカタログレゾネの特集でした。
 あまり関心がありません。こんなものに掲載されているものは、高価で買えませんし、私がコレクションしている作家さんは、マイナーなので贋作もありません。
 で、気に入ったものは、右の写真に掲載された井上有一の書です。力が在って個性的で良いですね!
 彼の作品の実物は見たことが在りませんが・・・・第一、何所で見れるのかも判りません。いつかどこかで巡り合えるでしょう!

 ところで昨日郵便が2通届きました。
 一通は此れです。
 A.C.Nオークションのカタログです。
  画像 223  画像 221
 お金が無いので参加したことが在りませんのに、どこで調べられたのやら???です。でも、館内に置いておけば、来館された方のお役にたつかもしれませんので、大歓迎です。
 で、気になったのが右の写真のデッサンです。浅井 忠の風景デッサンです。流石に上手いですね!もちろん手が出ませんがね。
 もうひとつ、隠崎隆一さんの備前三角水差しをカミさんに「俺の骨壷に買ってくれない?」と言ったら、「自分で買いなさい!」と言われてしまいました。もちろん無理ですが・・・。

 もう一通は此れです。
        画像 222
 由布市から送られてきた『由布盆地景観計画』なるものの説明会の案内でした。
 大分前に、条例が出来て、観光協会からも説明が在ったような気がしますが???

 さて、今日の作品紹介です。 
 画像 226   画像 225
 作者不詳の屏風『漁村の暮らし』です。
 斎藤英則さんの作品とのコラボです。
 展示する作品が限られていますので、展示方法に工夫をしているつもりです。ミスマッチの様な展示手法を良く使いますが、今回はどうでしょうか?

 今日も良いお天気のようです。さて、どうしましょうかね??臨時休業にして、遊びに行くかも???です。
 いよいよ寒くなってきました。
 ご覧のように、お山も盆地も濃い朝霧に覆われてしまっています。
   画像 211   画像 212
 こんな霧の日は、晴れになることが多いので、今日のお天気も良い筈です。

 三連休の初日、まずは好天のスタートになった?と思います。

 で、早速、クリスマスの準備?
                画像 208
 ではありませんが、朝霧が見せてくれるクリスマスツリーです。まあ、そう見えなくもないでしょう!

 で、もう一枚です。
  画像 209
 お菓子屋のご主人に頂いたクリスマスローズです。枯れたと思っていたら、芽吹き始めました。名前からしてクリスマスの頃にお花が咲くのでしょうか?さて、去年どうだったか、覚えていませんので・・・・まあ、小さく期待しましょう!

 では、昨日です。
 外を見ていると、カラスが盛んに飛び回っていました。で、やってきました!!
         画像 210
 下の柿の木の実が熟したのを、見逃さないのです。
 この頃は、ゴミあさりもし辛くなっているのでしょうかね。と云うか、こっちの方が本来の姿ですよね。

 我が家の畑の収穫も、ボチボチ終わりでしょうか?
    画像 216
 今年は、トマトが駄目でした。大きく茂ったのですが、肝心の実が生りませんでしたし、生っても雨に祟られてしまいました。また、来年です。

 こっちはようやく実を付けるようになりました。 
          画像 217
 クヌギの実=ドングリです。
 苗から育てて5年目です。<クヌギ林の中の美術館>をめざして植えたのが、ようやく見えてきました。
 後5年もすれば、完璧でしょう。が・・・・それまで、持つかな??

 ところで、とうとう冬支度に入りました。
    画像 215
 まだ火入れはしませんが、一応準備です。もうじき、此れが必要になるでしょう。

 さて、整骨院の時間です。今日は午前中だけですので・・・作品の紹介にします。
  画像 214   画像 213
 西山英雄さんの『桜島』です。

 では、行ってきます!!
 今朝は、寒くて5時に目が覚めました。布団を出して二度寝をしたので、7時過ぎになってしまいました。
 外は、朝霧がホンの少し出ています。
     画像 203
 由布岳に、絹のベールが懸ったようです。
 盆地にも、薄い乳白色の朝霧が懸っています。
  画像 204
 この様子だと、お天気は晴れに間違いないようです。
 明日からの三連休もお天気だと良いですが・・・期待しましょう!!

 ところで、わが庭ですが、相変わらず狂い咲きしたアジサイの花がご覧の有様です。
      画像 205
 しかも二輪ですよ!!呆れるでしょう。まあ、良いですけどね。

 で、下のおばあちゃんの畑には、いよいよ最後でしょうか?
  画像 202
 栗の実が、一杯落ちています。今日くらい、またおばあちゃんが拾いに来るでしょう。

 さて、昨日ですが・・・・・何~~~~~んにも無し!!
 誰も来ませんし、腰も大事にせねばで、本を読んで、ひたすらジ~~~~~っとしていました。

 夕方、整骨院に行き、帰り際に先生に日常の注意事項をお聞きしましたら、何と!ジ~~~っとしていてはいけないそうで、少し屈伸運動などすべきだったそうです。アチャー!でした。同じ姿勢を長くとるのは良くないそうです。
 こうしてPCの前で動かないのはいけないので、トットと切り上げることにします。
 今日は、少し身体を動かすことにをしましょう!!

 では、今日の作品紹介です。
  画像 207  画像 206
 武藤完一さんの木版画『別府』です。

 朝陽が、遥か倉木山の上から輝いています。

 ところで、腰痛で、友人から心配の電話がたくさん掛かってきました。もう少しで、復活します!ありがとうございます!です。 
 今朝は、久しぶりの晴れのようです。
          画像 197
 お山の山頂には雲が懸っていますし、若干曇り模様ではありますが、期待を込めて、晴れにしました。
 見下ろす田んぼも、最後の刈り入れを待っていますので、ボチボチ晴れて欲しいものです。

 さて、昨日です。
 朝の開院を待って、整骨院へ行っても、10時近くになってしまいます。わが美術館の開館は9時であり、朝は何かとバタバタしてしまいます。と云うことで、夕方に行ってみることにしました。

 案の定、豊前長洲のMさんから、来館の連絡が入りました。

 午前中は、お天気が悪くなったので、することも無く、インスタントコーヒーを飲んでばかりいました。
 お昼過ぎに、Mさんが宇佐神宮の神水を持って来てくれました。ブログを見て、元気がつくようにだそうです。で、その水でコーシーを淹れて、飲みましたが・・・効能は???まあ、Mさんの励ましの方が効いたようです。

 で、話し込んでいる処に、夢二山荘のNさんもお友達と一緒に来てくれました。

 2時頃まで、話をして、それぞれ帰って行かれました。ありがとうございました!!

 で、見送って郵便受けを見ると、封筒が一つ。 
     画像 201
 桑原盛行先生からの世田谷美術館分館でのグループ展のチラシが送られてきたのでした。いつもありがとうございます。
 『抽象の風Ⅱ』と題された世田谷美術館の所蔵品展で、来年の3月20日まであるそうですが・・・ハテサテ東京に行く機会が在るかな??です。

 ついでと云っては失礼ですが、もうひとつ展覧会の情報です。
 豊後大野市の【朝倉文夫記念館】が20周年を迎えられるそうです。で、記念展が10月8日~11月6日まで開催されるそうです。
   画像 198
 こちらも御案内状を頂いてしまいました。
 東京の朝倉彫塑館や大分県立芸術会館、別府市立美術館に所蔵されているものも借りてきての大規模な展覧会になるそうですので、是非、ご覧になられてください。

 さて、吾輩の腰痛ですが、かなり改善されてきてはいますが、まだまだのようです。
 腰から両脚の太腿、ふくらはぎまでが痛いのです。この痛みが、気力を弱めてきているようです。
 60歳、まだまだやらねばならないことがたくさん残っています。何としても、治さねば!!です。で、当分は、治療に専念して、気力の回復を図ります。

 さて、今日の作品紹介です。 
    画像 200    画像 199
 袋戸棚の扉に描かれた玉村方久斗の水墨のよる『山水図』です。

 先日、二階堂美術館で見た巨匠と呼ばれる方々の絵より、こちらの絵の方が素晴らしく見えるのは・・・やはり手前みそなんでしょうかね?
 もう百年たったら、答えが出ていると思いますが・・・・?

<おまけの一句>

     「 歳末の 訪れ告げる 赤い羽根 」 

 歳末助け合いの赤い羽根が届きました。でも、こんな句は、誰かが詠んでるですよね。
 今朝もどんよりとした曇り空です。
    画像 171
 雨は降っていませんが、今にも降り出しそうな感じです。

 さて、昨日です。
 いろいろ考えていて、気が沈んでしまっていたので、臨時休業にして、気晴らしに行ってきました。
 ブログを拝見させていただき、いろんな場所を教えていただいている【へんろみち大将】さん、お勧め?の穴場を二つ、どうしても行きたかったので、思い切って目指しました。
 と云っても、まずは腰痛の治療からでした。
 8時の開院に間に合うように整骨院へ行きました。既に、何人かの治療が始まっていました。で、わたくし目もいつものコースで治療開始。終わったのがやはり10時頃になっていました。
 で、まずは別府へ!
 『時代村』と云う今年の春に開館したばかりの博物館?骨董屋?資料館???です。
 場所は、血の池地獄のすぐ横とありましたので、行けば分かるだろう!!でした。ががが・・・血の池地獄に行ったのが、何せ小学校の修学旅行でしたので????幸い、坊主地獄がすぐに判りましたので、この近くだろうで、停車。駐車場の地図で確認すると、遥か離れた柴石温泉の先だと判りました。柴石には一度行ったことが在りましたが、これとて10年以上前の話です。とにかく、地図を頭に入れて、目指しました。で、到着。
 まずは、此れです。
     画像 186
 血の池地獄の隣上でした。地獄の上だから天国????
 と云うことは、これが天国への入り口??
     画像 185
 すぐ横の大きなタヌキの置物が出迎えてくれました。
 登り道脇には、植えたばかりの石菖(セキショウ)が、ずらりと並んでいました。
 門をくぐり、到着した先には、骨董品屋(美術品無しの)さんが・・・・・・。で、奥さんらしき方にご挨拶すると、ご主人が出てこられました。
 いきなりコーヒーをどうぞでした。無料ですと言われましたが、それではと入場料500円をお支払しました。
 それではと、ご主人の案内で本館へ案内されました。本館の方は、有料の資料館でした。
   画像 184     画像 183
 メインは、別府の昔の資料でした。どうも昔は、混浴だったらしくて、真っ裸の男女が、平気で一緒に温泉につかっていました。
 懐かしい『別府大仏』の写真もありました。
 ひととおりご案内いただいた後、コーヒーを頂きながらご主人の苦労話や武勇談をゆっくりとお聞きしました。
 元々は病院だったそうです。竹やぶに覆われていた建物を、切り開き、修復して、ようやく開館へ辿り着いたそうです。以前何かあり、マスコミ嫌いになったそうですが・・云々のお話もお聞きすることが出来ました。
  
 小一時間ほどして、では、と腰を上げ、外に出て、裏を見ると、こんなものが!
   画像 172
 防空壕かと思っていましたら、病院の院長さんが文殊菩薩を納めていた洞窟だそうです。

 出口まで、お話をうかがいながら見送っていただきました。ありがとうございました!!

 で、次は、別府美術館でした。
 別府に来た時は、必ず立ち寄ります。展示作品は、ほとんど入れ替わりませんが・・・・此処で、何と先日お近づきになれた山崎哲一郎さんの作品に出合いました。

 で、次に目指したのが日出町です。
 まずは、二階堂美術館でした。
 相変わらず、ほとんどの展示作品が、日本画の巨匠と呼ばれる方の作品でした。でも・・・・・私には、この巨匠と呼ばれる方たちの作品の良さが、どうも良く判りません。800円の入場料が、500円の時代村より高く感じられるのは何故でしょうか?『品格』のある絵・・・私には無いもののせいでしょうかな?
 ところで、私の美術館の500円とはどうなんでしょうかね?やはり高いのかな???
 帰り際に、聞くとは無しに聞こえた電話の会話で、経営に苦労されて居られるのは何所も一社だな~!でした。 
 さて、次がどうしても行きたかった【回天神社】です。
 二階堂美術館で、地図を頂いて、目指したのですが・・・・目印になるものがほとんどありません。この方向で良いのかな??で、車を進めると、住吉神社の秋の大祭の幟が、家々に掲げられていました。「よっしゃ!」でしたが、これがいつまでも続きます。
 で、幟を目印に、ようやく到着しました。
 まずは、その案内板です。
   画像 182
 入り口にも大祭の幟が立っていました。
画像 181
 参道を昇った先に、在りました!
     画像 173
 【回天】です。
 と云っても、手前のエンジン部分が本物です。
 頂いた資料によりますと、【回天】は、一人乗りの人間魚雷で、全長14.75m、重量8.3tだったそうです。かなり大きなもので、昭和19年8月に正式採用されたようです。と云うことは、終戦までの1年間だけ開発研究がなされたことになります。
 以前、徳山沖の大津島の回天基地に行ったことが在りますが、その時の記憶が完全に忘れてしまっており、認識が全く間違っていました。2人乗りで真珠湾攻撃に参加したと思っていましたので・・・どこでどう間違ったのやら????9人の英霊って無かったですかね?2人乗りなのに9人の英霊、一人だけ捕虜になったので・・・の話を聞いたような気がしますが・・・・。(PCで調べました。真珠湾攻撃の特殊潜航艇と回天は別だったようです。)

 回天神社の中にある掲示物によれば、回天以外にもたくさん研究開発されていたようです。
   画像 179  画像 180

 この回天神社のある深江港は、戦争末期には、回天の軍事施設がたくさん築かれていたようです。 
画像 178
 この静かな入り江が、ほとんど軍事施設だったとは想像できませんね。
   画像 175
 今は、シラスの産地なんだそうです。

 当時を知るのは、こんな壕のみです。
   画像 174  画像 176
 右の写真は、回天の保管壕ですが、明かりが見えている所まで続いています。

 神社裏には、何故か?長崎の被爆楠二世が移植されていました。
   画像 177

 もっと一杯記事を書きたいのですが・・・・・。

 ただ最後に一言、

「こう云う時代が在ったことだけは、忘れてはいけない!」

 チョッと、気の滅入ることが在り、落ち込んでいました。
 友人だと思っていた人から、単なる通行人にすぎないといわれてしまいました。ブログを見た別の友人からの励ましの電話で、少し復活してきました。
 完全復活のために、今日はお休みをして、気晴らしをしてきます。
 と云うことで、美術館は臨時休館にします。

Powered by FC2 Blog