プロフィール

ひげ親父

Author:ひげ親父
◆書いてる人:

【元】花合野美術館のヒゲ館長



  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 薄く霞んだお山が見えています。
画像 101
 朝霧ほど濃い霧で無くて、朝霞(あさかすみ)と云った感じです。

 お天気は今日も良いようです。夏休み最終日ですが、季節はもう秋です。
 名残の朝顔さんが二輪咲いていました。
画像 097  画像 100
 その傍にはつゆ草です。
 野菊も咲き始め、お隣の奥さんから頂いたお花は、ご覧のとおりです。
画像 098  画像 099
 聞こえるのも、秋虫の声に変っています。

 さて、昨日ですが・・・・何も無し。
 サニークリーンさんがモップを取り替えに来たり、ご近所の奥さんが公民館の使用料を持ってきたり・・・etc。
 奈良に行く前に駅ホールの展示替えがあったのですが、その際に忘れた道具箱を撮りに行きましたが留守、結局三度行ったのですが、全て行き違いでした。
 まあ、そんな何も無い普通の=平和な一日でした。

 では、【ヒゲ館長のぶらり旅<奈良編partⅣ>】にしましょう。
 東大寺の周りになると、鹿さんもご覧の状態です。 
    画像 055
 ウジャウジャ居ました。中には、角に被っていた皮がとれて、鋭い角になっている鹿も居ました。でも、どの鹿もおとなしいようで、観光客にジャレているようでした。

 で、ここにも榊莫山さんの字がありました。
   画像 054
 こんな風に残っていけば、昭和の書家として後世に伝わっていくのでしょうね。
 で、東大寺の中です。
 大仏さまを載せても・・・・と云うことでこんなものです。
  画像 068
 大仏さまが座って居られる連弁の一枚です。(大きさを比較するためにカミサン立ってもらっています。)流石に、大きいですね!

 で、裏側です。
       画像 063
 光背の裏側はこうなっていました。
 この写真は何だと思いますか?
      画像 062
 そうです。世界に誇る【日本の恥】、落書きです。何百年も経てば、これも文化遺産になるかも??

 大仏さまを拝んだ後は、当然、南大門です。
    画像 056
 流石に、運慶・快慶の作の仁王様は超ド級の迫力でした。が、それを載せても・・・?
    画像 057  画像 058
 仁王様の横の狛犬です。こちらも凄い迫力でしょう!!
 これなら、間違い無く魔物を食い殺してくれるでしょうネ!

 ここで、お昼になりました。
 どこも満杯で、高い!お昼に2千円以上も出せませんよね。夜もご馳走が待っているのに・・・。
 と、目の前に、情報センターが・・ここで検討することにしました。
 入るといきなり[せんと君]でした。
   画像 053
 で、考えました・・・・県庁の職員食堂に行こう!でした。(横に立っているのは息子です。今回の旅では腰痛でしたので、結構役に立ってくれました。私も歳をとったものです。)
 が、庁舎が判りづらい・・・と、目の前に今度は県立美術館でした。
 ここに食堂が・・・無い!でも、お隣の文化会館にあるとのことで、そちらへ行きました。
 1千円もしない金額で、大変美味しい昼食を摂ることが出来ました。
 この後は、県立美術館を覗いて、国立博物館に入りました。どちらも撮影禁止なので、写真は無しです。
 疲れ果ててホテルへ帰り、シャワーを浴びて夕食でした。前日が和食でしたので、洋食をいただきました。マナーが判りませんでしたが、大変美味しかったです。

 さて、最終日です。
 ホテルをチェックアウトして、当然行先は興福寺です。
 まず見えてきたのは、法輪でした。 
  画像 071
 まずは、仏像の国宝の17%が納められているという国宝館です。阿修羅像や天灯鬼・龍灯鬼等々・・流石に見ごたえがありました。
 で、国宝館を見た後、五重塔です。
   画像 095
 こっちは入れませんでした。

 ここで帰路につきました。途中、商店街に入ってみました。狭い通路でしたが、なかなか面白いお店が並んでいました。意外に、ここが穴場かもしれません!

 ようやく、ぶらり旅を終えることが出来ました。(本当はもっとたくさん写真もお話もあるのですがね。)明日からは、元のブログに戻ります。

 イヤー、旅って本当に良いもんですね!!(歩く旅は疲れますが、フトしたものを目にすることができるので・・・もっと足腰を鍛えておかねば!)
スポンサーサイト
 今朝も清々しい朝です。
  画像 097
 朝夕の気温が下がり、空気が澄んできたのでしょうか、ご覧のように、由布山の姿が、素晴らしいです。

 虫たちの動きも、冬に向けて活発になってきたのでしょう。ご覧のトンボや蜂などが、館内に迷い込んできます。
画像 099
 こんな大きなオニヤンマも・・・トンボだけで3匹入りこんできました。

 さて昨日です。
 とっても忙しく楽しい一日でした。
 まずは、朝一番で夢二山荘のNさんが用事で立ち寄られました。すぐに帰られましたので、庭の草刈りをすることにしました。
 と、作業の最中に、今度はTさんが、久しぶりに寄ってくださいました。
 実は、いよいよ由布院から離れた職場に替わられるので・・・のあいさつに見えられたのでした。この地に美術館を造って以来、とても親しく頂いていたので残念ですが、大分なので会えなくもありません。そのうちに訪ねて行こうと思います。持って来られたドーナッツとトマトジュースをいただきながらしばらくお話をされて、「今日の9時までで、最後の仕事です。」と、職場に向かわれました。お互い元気でいればまた会えるでしょう!
 帰られた後、フト思い出し、彼の縁で知り合えたO(K)さんへ電話してみました。こちらも結婚出産を機に由布院を離れられているのですが、母子ともお元気でした。
 で、作業再開!
画像 098  画像 100
 裏庭から駐車場、防火用水池周りまで刈り取って、ダウンでした。

 シャワーを浴びて、着かえ、「こんなことをした時は、お客様があるのだけど・・・。」で、ボンヤリしていると、本当にお客さまでした。
 臼杵の陶磁美術館の学芸員のSさんが、次回のパンフレット持って、こちらも久しぶりに来られました。
 館内を見ていただいた後に、さてコーシーを飲みながら・・・・と、またお客さまでした。
 今度は、宇佐のAさんご夫妻でした。で、お客様同士が良くご存じの方でしたので、4人での美術談義になってしまいました。
 絵の好きな者同士の話ですので、5時の閉館などはそっちのけでした。6時半頃になり、Sさんは由布院へ来た目的の駅ホールの展示を見なければ!と帰って行かれました。Aさんご夫妻とは、結局7時半位までお話を続けましたが、キリが無いと帰って行かれました。

 お陰さまで、息子が東京へ帰ってしまって気の抜けた処が、埋められました。ありがとうございました!

 この3日ほどお客様が続いています。どうも和歌山の亡き友が、皆さんを呼び寄せてくれているのかも?です。

 さて、それでは【ヒゲ館長のぶらり旅<奈良編partⅢ>】を始めましょう。

 春日大社から手向け山八幡宮を経て、向ったのは二月堂でした。
 画像 077
 お水取りで有名なお寺です。
  画像 076
 眺めも<奈良の清水の舞台>のようで、最高でした。
 こんなものをここで見つけました。
画像 075
 何と榊莫山さんの書でした。奉納額に特徴のある字が豪快に描(書)かれていました。

 二月堂の前で、一休み。お昼には少し早かったので、かき氷を食べました。(ここのお昼でしたら観光地料金では無くて、手頃なお値段ですよ。)

 で次に目指すは、東大寺の大仏様です!!

 途中の道は、こんな感じでした。
     画像 074  画像 073
 漆喰の落ちてむき出しになった土壁やお地蔵さま、とても<古都の風情>あふれる【路】でした。

 で、東大寺です!!
    画像 070

 今日はここまでです。
 今朝もとっても気持ちの良い朝です。
    画像 094     画像 093
 いつの間にか、朝日が右の写真でお分かりのように、由布山から離れて昇っています。

<おまけ>
 もう一枚!
       画像 092
 昨朝、お日様が昇った後に撮った写真です。

 さて昨日です。
 2週間ほど居た息子も、奈良から帰り、そのまま北九州に居残りましたが、お昼頃には東京へ戻りました。で、私目は、一人ぽっちの生活に戻りました。
 早速、布団干しから館内の大掃除でした。大方終わったかな・・・で、少し休憩をしていると目の前に車が三台入ってきました。何事やら?????何とお客様が10名も来てくださったのです。
 さて、大慌て!!10名ものコーシーを淹れたことがありません。一応準備を済ませて、説明へ。相変わらずの取り留めも無い説明(自慢話)を済ませて、喫茶展示室へ。チョット濃い目になってしまったコーシーを飲んでいただく羽目になりました。
 で、ここでも、またもやいい加減な蘊蓄をご披露でした。まあ、漫談でも聴くつもりで楽しんでもらえたら?でした。
 お昼を予約されて居られるとのことでしたので、話が乗ってきたのですが、大概で切り上げることにしました。
 お見送りをした後、またまた掃除の再開でした。

 夜は、地域の会合。何と、11時近くまで掛かってしまいました。

 以上が昨日の出来事でした。毎日がこうだと・・・・・。

 さて、ぶらり旅の続きです。
 25日は朝から観光でした。まずは、春日大社を目指したのですが・・・いきなり道を間違えてしまいました。で、新薬師寺に向かうことにしました。(これがまた勘違い!高田好胤さんの薬師寺と間違えてしまいました。)
 その途中に、【縁切り寺】を見つけましたので、参拝!長女の良縁をしっかりお祈りしました。「悪縁を絶ち、良縁を結ぶ!」なんですからね。
  画像 086
 本堂の脇にあったお稲荷様が何とタヌキを祭っていました・・・こんなお寺じゃ?大丈夫じゃ無いでしょうね。

 で、新薬師寺に参拝。五重塔が無い!ここで勘違いに気がつきましたが・・・一応参拝。それでも、ここにも国宝が・・・十二神将でした。

 すぐ隣には鏡神社というものが建っていました。額田の大君の娘の十市皇女(とおちのひめみこ)????でした。(忘れました。)

 で、再度、春日神社へ向かいました。
 ここで初めて、鹿と遭遇! 
  画像 087
 お店のすぐ脇の駐車場に居ました。お店の人にとっては、これが普通の光景なんでしょうが・・・。

 神社への道を進むと至る所にこんな巨木がありました。
      画像 085
 鎮守の森が育んだ歴史が此処にありました。

 で、参道へ到着。
 ここでは、鹿だらけ!!
 シカも、こんなものまで鹿だらけでした。
  画像 083  画像 081
 手水も灯篭も鹿でした。

 参道には鹿がウロウロ!
          画像 082
 最初はおっかなびっくりでしたが・・・良く慣れていました。

 で着いたところが・・・・春日神社では無くて、何と宇佐八幡の何と云うのでしょうか?分祀したという神社です。(もちろん春日大社にお参りをしたのですが、写真が???無い!のでパスしました。)
   画像 078  画像 079
 手向山神社というのだそうです。どうも大仏様を建立する際に宇佐八幡がお手伝いをされたそうで、その時に宇佐八幡をお迎えするために造られたようです。(この時に、宇佐八幡を載せてきたものがお神輿の起源だそうです???)
 ここで宇佐八幡を拝もうとは・・・感激でした!!
 でも、ちっちゃ!!もっと大事にしてほしいですよね。

 今日は、此処まで!
 二泊三日の和歌山&奈良の旅を終えて、昨日のお昼前にようやく戻ってきました。

 で、まずは今朝のお山です。
  画像 089 画像 091
 お疲れ様!と言ってくれているように、素晴らしいお姿です。(お山の向こうで、友が「ありがとう!」と言ってくれているような・・・。)

 さて、和歌山については、想いがありすぎますので、書くのは昨日の記事までとさせてもらいます。
 で、今日からは、家族三人での奈良のぶらり旅にしましょう。

 まずは、久しぶりの新幹線です。
  画像 049
 いつの間にか?座席がゆったりしていました。清潔感があふれ、乗りごこちもとても快適でした。
 乗り換えの大阪駅ではこんな列車も見つけました。
     画像 050
 へーーーー!ってね。男性専用ってのは、無いようです。何故なんでしょうか???女性はどちらでも良いですよ!ってこと?ってことは、お便所も女性専用だけで良いのでは??(おばちゃんたちは、そんな風に使っているような?)

 で、着いたのが此れです! 
画像 048
 なんちゅう貧相な駅!!遷都・・・・で、去年大騒ぎしたのでは???
 帰るときに、お土産を買おうとしたら、キオスクの売店しかありませんでした。まあ、駅ですから・・・。

 で、泊まったのが名門【奈良ホテル】です。
 駅で乗ったタクシーの運転手さんも、「奈良と言えば、大仏さんと鹿、そして奈良ホテルですよ!」なんだそうです。
 で、玄関の写真を撮り忘れました!!(かみさんのデジカメで撮ったので・・・。)

 これで我慢してください。
画像 038  画像 039
 パノラマ模型です。ほぼ奈良公園のど真中に位置しているようです。102年の歴史を持つ、老舗のホテルです。(右の写真が、資料室で見た主な出来事の一覧です。)
 昭和天皇陛下ご夫妻、現天皇陛下ご夫妻を始め皇族方・・・・・たくさんの有名人も宿泊されているようです。

 廊下は、ご覧のように天井が高く、赤じゅうたんが敷き詰められていました。 
     画像 033
 こんな変な?ものもありました。
画像 037
 鳥居?暖炉?
 で、お部屋です。
    画像 046
 お安く泊まれたので、三人部屋になりました。

 ロビー吹き抜けに懸っていた素敵な絵です。
   画像 088
 これ以外にも、上村松園・川合玉堂・竹内栖鳳・・の絵も、懸っていました。
 流石!!と思ったのは、作者不詳の絵や古く破れた絵を誇りを持って展示してあったことです。これらは、もちろん天皇陛下様もご覧になられたと思います。良いものは良い!これが老舗の力ですよね。

 とりあえず、今日はここまでです。

 ところで、昨日です。
 由布院に戻って、バタバタしているところへ、朝倉文夫記念美術館の館長ご夫妻が訪ねて来られました。
 場所が分からずに、ようやくたどり着かれたとのことでした。館内をご案内した後に、由布院で二番目に不味いコーシーも飲んでいただきました。お世辞とは思いますが、展示について、お褒めの言葉もいただいてしまい恐縮しました。一時間ほど居られて、帰られました。ありがとうございました!



<余談>
 ヤフオクでようやくこの本をGET出来ました!
   画像 090
 【国画創作協会の全貌】です。1万円ほどで落札しました。それでも普通に買えば28000円です。
 貧乏人の私目にとって、本に3万円は・・・・です。でも、これを見たら、また絵が欲しくなるでしょうね。
 ようやく2月に急死した友人にお線香をあげることができました。

 亡くなって半年が過ぎ、やっとお宅を訪問し、お母さんにお会いできました。
 お母さんにお歳をお聞きすると、88歳になられるとのことでした。
 玄関に杖がありましたので、お墓にお参りするのを止めて、ご仏壇へお参りさせていただくことにしました。

 お父さんも同じくらいの歳のときに、同じ心臓まひで急死されているようで、何か因縁を感じずには居れません。

 あいつは、一人っ子でしたので、お母さんだけが残されたということになったようです。

 お母さんには、どうしても言葉に出すことができませんでしたが、ご近所の方に、偶然少し亡くなった時の様子をお聞きすることができました。
 ご遺体は、少し苦しんだ様子に見えたそうですが、私にはお歳を召されたお母さんをひとり残しては、死ねない!もう少し生きたい!そのもがきだったのではなかったかと思いたいです。とっても、人の良い性格で、あんな奴が苦しんで死んだとは思いたくありませんので・・・。

 正直、話をするにも・・・・あまり長居をしてもと30分ほどで辞去させていただきました。話してる間中、手を合わされて私たちを拝んでいました。
 姿が見えなくなるまでズーーーーっと、拝んだまま見送っていただきました。

 「息子さんの分まで長生きをされてください。」何て、つまらない言葉しか出ませんでしたが・・・。

 とってもきつい和歌山行でした。

 「残されし 母の涙 君知るや」


 今朝も曇り空です。夜に降った雨は小康状態のようです。
 かろうじてお山は見えていますが、麓には太い帯状の雨雲が掛かっています。
    画像 025   画像 026
 その帯状の雲が、右の写真のように盆地の北側にそのまま伸びています。

 今では、こんな二重に懸った雲も見慣れてきましたが、北九州では見ることは無い光景です。

 さて昨日です。

 開館の準備中に、こんな珍客が紛れ込んでいました。
    画像 028  画像 027
 大きなオニヤンマです。日本最大のトンボですが、やはり大きいですね。(もちろん、写真を撮ったあとは逃がしてあげました。)

 午前中は、大分川の土手にコスモスの種植えでしたので、まずは公民館へ集合。と、役場から届いた種は、何と菜の花の種!
 集まったみんなも、「今頃、菜の花を植えるの????」でした。まあ、お役所さんのすることですから間違いは無いでしょう?と、指定された場所へ移動でした。
 作業そのものは30分ほどで終わりました。引き続いて、公民館へ戻り役員会でした。
 議題は、9月の行事<敬老会>についてでした。75歳以上の方をご招待しての区最大のイベントです。今年度の対象者は43名、総戸数80戸ですので、ほぼ二軒におひとりづつ居られることになります。あと半月は、これに係り切りになりそうです。(またまた美術館を空にして・・・。)

 打ち合わせが済んで、帰るともうお昼でした。

 と、月刊情報誌【ポス】(9月号)が届いていました。
    画像 030  画像 029
 さっそく開いて、中身を拝見。しっかり載せていただいていました。ありがとうございます!!

 夜は・・・・・昼は、相変わらず暇でしたので。
 今夏最後の由布院での息子と二人きりでの晩餐でした。
   画像 031
 いつか食べさせてあげようと取って置いたシカ肉での焼き肉でした。(シカ肉は、刺身が一番なんですが、このところ少し気をつけて、すき焼きの予定でした。が、薄く切れないので、焼き肉になってしまいました。)
 味塩コショウだけで食べました。牛タンに似た感じ、でも違う!これはこれで、とっても美味い!!でした。またどうにかして手に入れねば!!

 こんな一日でした。

 では、今日の作品紹介です。
   画像 032
 吉野辰海さんの『共生のダンス?』です。

 今夕は、駅ホールの作品入れ替えです。終わり次第に、北九州へ帰り、明日は和歌山です。2月に急死した友人にお線香をあげに行ってきます。

 と云うことで、24・25・26日は休館とブログもお休みです。

<一句>

   「旅立ちに 後ろ髪引く 今朝の雨」
 
 チョッと気の重い旅立ちです。
 今朝は・・・晴れ?うす曇りかな?
   画像 017
 お山は残念ながら見えません。
 このまま残暑が無くて、秋に突入でしょうか。天気図にある列島を横切っている停滞前線は秋雨前線なんでしょうかね~?

 さて昨日です。
 まずは此れです。
   画像 023
 カメ太に敷いてある猫の砂の取り換えでした。沼ガメなので、本当は排便のための水場が居るのですが、すぐに溢してしまいます。居間で飼っているので、水無しで育てていますが、そのせいでしょうか?段々陸ガメっぽく進化してきているような・・・甲羅が横に広がらずに、ゾウガメのように高くなってきています。それにしてもその甲羅の材料は???レタスしか食べないのに・・・です。

 次は、お香をまた焚きました。でも、豊前長洲のMちゃんにもらったサンゴのお香立てでやると最後がちょっぴり残ってしまいます。 
  画像 022
 せっかくいただいたお香ですので、残ったところは・・・。
      画像 024
 しっかりと焚かせていただきました。

 で、その煙の横の<肥前スミレ>ですが・・・・花をつけずに実をつけます。受粉はどうしているのでしょうか?不思議なお花です。
  画像 021
 もうじき種を撒くので、花顎を高く背伸びさせています。

 ところでまたカタログが送られてきました。今度は【CBAオークション】です。
     画像 019  画像 020
 で、欲しいものは、右の前原冬樹さんの彫刻ですが・・・。カタログを見るたびに、欲求不満が増してきてしまいます。まあ<無い袖は振れない!>ですね。

 で、9時半ころに電話が入りました。山崎哲一郎さんから「10時半前には着くと思います。」でした。
いよいよ作品の搬入です。
 ところが10時過ぎにお客様から電話です。「いま市庁舎の近くなんですが、この近くですか?ナビに電話番号を入力したら此処に着いたのですが・・・。」でした。「由布院幼稚園と入れていただければその近くなんですが・・・。」「どのくらい掛かります?」「車でしたら5分もあれば・・・迎えに行きましょうか?」「いえ、いいです。」でした。で、待つことに・・・・駅ホールに電話を入れて、作品の搬入に行けそうに無い旨伝えました。
 でも、待てども待てども・・・来られません。フト・・・「市庁舎って、庄内のこと?」でした。
 結局、10時40分過ぎまで待ちましたが・・・30分待って来られないのは・・駄目かな?で、息子に留守番を頼んで、駅ホールへ向かいました。どうにか搬入に間に合いました。
 どうも我美術館、ナビに電話番号を入れると、変な場所に連れて行かれるようです。これは????PCのサイトで間違っているのは見つけるたびに訂正を申し入れていますが・・・ナビの方は、どうしたものでしょうかね?

 さて、今日の作品紹介です。
  画像 018
 吉野辰海さんの『SCREW DOG』です。

 今日は、大分川の河川敷にコスモスの種の植え付けに行って来ねば!です。一体、毎日美術館を放ったらかして、何をやっているのやら???身辺を見直さねばならないようですね。

<休館のお知らせ>
 8月24日から26日まで休館します。
               画像 012
 ご覧のように雨模様の暗い朝です。写真だけだと、梅雨のようですが、温度が低い分だけ、すごしやすいです。ただ・・・観光地の日曜日がこれでは困りますよね。

 さて昨日です。
 午前中、駅ホールに行きました。今日、倉庫に搬入予定の山崎哲一郎さんの絵の収納スペースを確保するためでした。倉庫には、現在開催中の兼子真一さんの彫刻を入れてきた木箱が詰まっていますので、少し整理をしてきたのです。
 雨の場合濡れないように、しかも車が長時間駐車できません。搬入作業は短時間で手際良くしなければなりませんので、事前準備でした。

 作業を終えて美術館へ戻ってからは、ひたすらお客様待ちでした。でも・・・無し。

 夕方を待って、息子と二人で街へ土曜夜市を散歩がてらに見に行きました。
 で、途中の写真です。
 まずは「大変だ!」の写真です。
 穂が垂れてきた稲を見ながら・・・・アレ~~~~!でした。
   画像 016  画像 015
 全国で繁茂が問題になってきているウオーターキャベツです。由布院の田んぼに侵出してきています。これは早く処分しなければ大変なことになるんですが・・・・・。此処の冬は厳しいので枯れてくれるといいのですが????

 次は、「アッ、馬だ!」です。
       画像 014
 川沿いを歩いていて見つけました。この馬さんは、観光馬車を曳いてる馬さんでしょうか?こんな処で休息しているのかな?でした。

 で、街に着くと?????土曜夜市は、盆前に終わったそうでした。なんちゅうこったい!でした。
 少し街を歩いてみましたが・・・・で、ホルモン屋さんへ。メニューの上から順に注文して、腹いっぱいになって帰りました。美味しかった筈です、代金は二人で一万円でしたので。

 さて、今日の作品紹介です。
  画像 011  画像 010
 吉野辰海さんの『TWIN.HEADS.DOG』です。

<余談>
    画像 013
 下のおばあちゃんの畑に落ちていた栗の実がきれいに片づけられていました。実を採った後に出る毬(いが)が無いので、どうも虫が入って落ちたのでしょうね。


 さてブログも書き終えたので、朝風呂(温泉)にでも行ってきましょう!オッと雨がひどくなってきました。それにしても、雨が続きますね。で、一句!

   <人生も 節目節目に 雨は降る>

 わが人生、この先どんな雨が降るのやら??ですが・・・・子供たちには、竹のように、その雨を糧として、伸びていって欲しいものです。


【休館のお知らせ】
 8月24日(水)~26日(金)は休館します。
 今朝も曇り空です。盆地の北側はすでに雨ではないでしょうか?
 お山も、まったく見えません。
    画像 001
 盆が過ぎたら、天気も・・・・・秋の行楽シーズンまでお休み?

 見渡す盆地の田んぼの稲も、穂を垂れ始めました。安心院では、稲刈りをすでに始めた処もあるように聞きましたが、由布院も間もなくでしょう。東北の大震災もあり、お米の不足も懸念されているようです。お天気はさて置き、台風だけは逸れてほしいものです。

 さて昨日です。
 まずは一服と洒落てみました。もちろん、タバコではなくて、お香です。
   画像 005
 線香も好きですが、お香の甘い香りに包まれると、心が楽になります。

 フトを外を見ると、おばあちゃんの畑に、栗の実がご覧の状態です。
画像 008  画像 007
 実って落ちたのか?虫が入って落ちたのか?いずれにしろ、秋ですね!
 もう一つ秋ですね!です。
    画像 002  画像 003
 網戸に停まったカナカナゼミ=ヒグラシです。(もっとも、此処では夏の盛りから鳴いていましたがね。)

 [バケツガニ]の私が、こんな風に一日ボーーーッとしていた訳がありませんね。

 午前中は、先日の続きでした。ツゲの木を息子が切ってくれたので、私は、クヌギの枝の剪定でした。で、切った枝の後始末・・・・。
 午後は、息子の手助けで、この額の入れ替えでした。
  画像 004
 右と左の絵を入れ替えたのです。窓際にパステル画(松樹路人)では、絵が痛むのが気になっていました。で、油絵(斎藤研)を窓際に持って行ったのです。

 次は、お便所の掃除です。便器の中に手を突っ込んでしっかりゴシゴシ洗いました。いつか見たテレビでタレントの松居 一代さんが、お便所は素手で心をこめて洗いなさいと言っていましたので、「なるほど!」と実行しています。
 どうもトイレには神様が居られるようで、掃除をした後には良くお客様がいらっしゃるんです。(本当ですよ!)
 昨日も、この後にお客様がいらっしゃってくださいました。
 大阪のほうから来られて、お嬢さんが「米倉斉加年の絵が見たい!」で来てくださったとのことでした。
 今回の企画では展示していませんでしたので、「後から、コーシーを飲んでいただきながらお見せします。」で、とりあえず館内をご案内しました。もちろん、吾輩の説明(別名;自慢話&ホラ話)付きです。
 見終わられた後は、喫茶展示室で5枚ほど出してきてお見せしました。金鱗湖の話なども交えながらの由布院の話もさせてもらいました。1時間ほど居られた後、旅館へ向かわれました。ありがとうございました!(トイレの神様にも、ありがとうございました!です。)

 というところで、作品紹介です。
  画像 006
 今日の作品は、杉全 直さんの『作品』です。

 雨が降り始めました。夕方までに上がって欲しいのですが・・・・?

<おまけ>
   画像 009
 雲を薄絹のようにまとった昨日のお山です。

<一句>

    「わが影に 夏の終わりの 雨が降る」
    「往く夏を 惜しむかのよに 鐘の音」
    「送り火に 彼岸の見ゆる 齢(とし)となる」

盆が終わった!!

 今朝は曇りです。灰色の雲が、空全体を覆っています。
   画像 028
 お山ももちろん見えませんが、雨はどうにか降らずにもっています。
 朝のラジオ体操に行く子供たちの声が聞こえています。朝錬でしょうか、10名ほどの若者が駆けて行きました。それ以外は、虫の聲しか聞こえない静かな朝です。暑くて、何となくせわしい夏の朝も少しづつ、少しづつ秋に向かい始めています。

 今年はとうとう復活しませんでしたが、行く夏を惜しむかのように、アサガオが一輪だけ咲いてくれました。
  画像 030
 昨日、野菊と秋の虫も見つけました。  
    画像 031 画像 032
 夏休みも、もう少しで終わりですね。

 さて、昨日です。
 開館を済ませて、8時過ぎに息子と一緒に公民館へ。
 お盆の最後の仕上げ、傘鉾の解体等です。
 まず、区長さんと二人で、お世話になった方のお宅を訪問し、無事に全てが終えることが出来た報告とお礼を申し上げました。
 帰ってからは、三人で傘鉾をバラバラにして、倉庫へ納しました。これで来年まで出番無しです。
 他の用品の収納も確認して、作業終了でした。

 お昼からは、今度は息子とふたりで、前庭の木の剪定でした。
  画像 033 ⇒ 画像 029
 私は相変わらず腰痛なので、ほとんど息子に任せました。まあまあの出来栄えです。これで来年の夏までは大丈夫でしょう。

 夕方、買い物に行き、ついでに乙丸温泉へ。これでお盆の疲れが取れました。
 疲れを取った後は、栄養補給です。夕食は、今季初鍋でした。
  画像 034
 チョッと高級に、和牛の霜降りをカボスで食べました。(半額でしたが、それでも高かったので、飲み物は韓国製の発泡酒でした。)

 もう少しで息子も大学に帰って行くので、ひとりぽっちの生活に戻ります。その前に奈良に連れて行きます。就職してしまえば、こう云うことも出来なくなるでしょうから、良い思い出になれば・・です。

 さて、明日はふたりで土曜の夜市にでも出かけましょう!


<一句>

    「ふたたびを 忌(い)むかに響く 鈴(りん)の音」
 
 忙しかった盆、静かになって、ふと・・・敗戦記念日に詠むべき句でした。
 今日は晴れでしょうか?少し雲が多いようですが・・・・。
    画像 025  画像 026
 お山にもご覧のとおり雲が懸っています。
 お盆を過ぎたせいでしょうか、盆地の空気も幾分秋めいた来た感じがします。右の写真の様に、朝日もかなり右寄りの処から昇り始めました。
 先ほどまで朝日が出ていましたが、次第に雲が多くなってきました。

 さて昨日です。
 お盆の行事も夜の介護施設での盆踊りだけになりました。で、洗濯物を干していて、どうも草が気になりました。と云うことは、当然草刈でした。
   画像 021 画像 022
 やはり草刈をすると、散髪に行った後の様に、気持ち良くなります。

 草刈の後は、畑の草むしりでした。
 と、こいつを発見!えらく星の数の多いテントウムシです。
画像 023 画像 027
 通常、テントウムシは葉っぱに付くアブラムシを食べる益虫と思われていますが、このテントウムシの様に、右のナスの葉っぱを食い荒らさす害虫も居ます。虫の世界も陰と陽、益虫が居れば害虫も居る、表があれば必ず裏もあると云う事の様です。

 夕方、次回の駅ホールの展示をして下さいます山崎哲一郎さんがフォーラムの打ち合わせに来られましたので、駅に駆けつけました。
 やはり大分の画家さんなので、お知り合いも多く、フォーラムも盛会になりそうです。担当なので司会をしようと思っていますのが、失敗しないようにしたいものです・・・・。

 で、夜は白心荘と云う介護施設で、盆踊りでした。
画像 024
 写真は、[並柳地区]の方達による<庭入り>と云う行事の様子です。
 90歳以上の方が多く入居されて居られることもあり、一年間でお亡くなりになられた方の祭壇が用意されていました。お参りさせていただくと、ほとんどの方が90歳以上で、100歳の方がお二人、20名の方がお亡くなりになられたそうです。(合掌)

 途中の楽しい休憩も挟み一時間ほど踊りましたので、流石に疲れました。公民館へ帰り着いたのが9時でした。

 さて今日の作品です。
画像 020 画像 019
 元永定正さんの『まるからかたち』です。

 ようやく盆の行事が終わりましたので、今日の午前中に片付けです。
 
 曇り空が・・・にしては、気温が高いようです。
 残念ながら、ご覧のとおりお山は雲の中です。
    画像 017
 この数日、夕立ち等で、一度は雨が降っています。で、こんなものが???
画像 011
 ピンポン玉のようなキノコです。そう云えば、天使の卵<キツネノ・・・>は、この頃見れませんね?その代りなんでしょうかね??

 さて、昨日は、万灯籠と花火大会で、またまた飲み過ぎてしまいました。で、二日酔いのためブログを休みました。覗いて下さった方、済みませんでした。

 でも、カミさんと息子とお泊まりのお客様がいらっしゃいましたので、電話の被害者は0でした。

 さて、昨日です。
 5時に一旦目をさまして、そのまましばらく時間待ち。5時半になったので、万灯籠の片づけでした。既に片付けの作業は始まっていましたので、早速加わりました。
 30分ほどで、ほとんどの作業が終わりました。公民館へ帰り、持ち帰った用具を倉庫に入れて、終了。
家に帰って、しばらく布団の上でゴロゴロでした。
 8時過ぎに美術館の開館準備を済ませて、お客様の朝食を出して、見送って、我が家の花火大会も終了でした。

 もうひと寝入りと目を閉じますが、そうもいかず、息子の起きだすのを待って、石松温泉へ。ようやく目が覚めました。

 相変わらず、お客様は0。コリャー・・・・・です。

 そうは云っても、日がたてば展示替えです。秋の企画展の準備が始まりました。【ポス】さんと【森の散歩道】へ10月号の原稿送付です。次回の企画は、『け・し・き展』と銘打って、風景画と心象風景の展示を考えていますが、さてどうなりますやら????

 3時にカミさんは北九州へ帰って行きました。

 4時を回ったところで、店じまいをし、息子と二人で公民館へ。
 傘鉾を、盆地まつりのメイン会場に持って行かなければなりません。トラックに載せて会場へ、作業はすぐに済みましたが・・・・・夕立がやってきました。それほどひどい降り方ではありませんでしたが、やはり雨です。傘鉾が濡れると、あとの始末が大変なので・・・。

 7時に公民館へ集まって浴衣を着せてもらいました。7時20分に出発し、会場で出番待ちでした。
 8時にいよいよ盆踊りの開始でした。
画像 016   画像 014
画像 015  画像 013
 踊りながらすれ違う人の中に、知り合いも増えてきました。此処を竟の住処とするのも良いのかな?
 途中休憩が入り、約一時間ほど踊りました。
 踊りが終われば、また傘鉾の撤収でした。家に帰り着いたのが10時前でした。ヤレヤレの一日がどうにか終わりました。

 で、今日の作品紹介です。
画像 018
 水野邦之さんの『追憶』です。

 ようやく今夜の介護施設の盆踊りで、今年の盆の行事も終わり、明日は片付けになります。ふ~~~~!です。

 昨日の町内のイベントのため、猛烈な二日酔いのためお休みです。

天野喜孝の『眼』

 心配が当たってしまいました。蝗攘まつりや万灯籠・花火大会など、盆の期間中の一番のイベントがある今日のお天気は今のところご覧の状態です。
   画像 002
 夜半から降り始めた雨が、残っています。イベントは夕方から夜に掛けてなので、お昼までに止んでもらえればOKですが・・・?

 さて、昨日です。
 まずはブログに書きましたように、初盆会の片づけでした。
 腰が痛いので、息子を連れて行きました。お陰で、思っていたよりもかなり早く済んでしまいました。息子も良く頑張ってくれました。

 で、公民館へ紛れ込んでいた蛾です。
   画像 010
 萬霊参界の碑の魂(無縁仏の魂)の一つが帰り損ねてのでしょうか?もちろん、逃がしてあげました。

 片付けを済ませ、少し打ち合わせをして、美術館へ帰り、墓参りの準備でした。
 お花と線香を持って、中津にある親父の墓へ向かいました。本家の横を通り、息子に場所を教えながら、「就職したら、中々来れないだろうが・・・・。」
 お花と線香をあげ、お参りを済ませました。来年が十三回忌になるようです。

 お昼になりましたので、宝来軒で久しぶりにラーメンを食べ、実家のおふくろの顔を観に寄りました。相変わらず元気で、ひと安心でした。

 湯布院へ戻ったのが2時。後は三人でお昼寝でした。それにしても人出がイマイチです。何とわが美術館は今月一組2人しかお客様がありません。館長の私も、まあ良いか!です。「ケセラ~セラ なるようになる~♪」です。まあこんなもんでしょう!人生って本当にままならないものですね。

 夜になり、「アチャー!ブログの写真が無いぞ~!」でした。
 で、苦し紛れの此れです。 
 部屋を見渡すと、箱が今やビデオ専門となったテレビの上に・・・。オ~~~、これをチョッと!
    画像 009
 トラフカミキリと・・・・普通種の亜種のカミキリムシです。とりあえず、足を伸ばして、標本体型にしてありますが・・・・カビは大丈夫かな?

 次は、もう一冊のより、少し遅れて届いた古裂会のもうひとつのオークションカタログです。 
   画像 003
 こちらの、一品は此れです。
      画像 005
 黒サンゴの握りの杖です。最低価格は10万から、到底手も足も出ません。残念!

 もうネタは無いか?????
 在りました!!!昨夜は十五夜でした。
    画像 007
 残念ながら、雲に隠れていました。
 で、もう1枚。十五夜を撮ろうと窓を開けると、居ました。
           画像 006
 アマガエル君でした。

 これでお仕舞いです。
 と、寝込んだ夜中に足元でムズムズ???起きて観ましたが異状なし、しばらくすると手がムズムズ、何じゃ?で、払い除けて飛び起きると、ムカデでした。刺されなくて良かったです。もちろん、蠅タタキでペッタンコの刑にしました。(合掌・・・この次はチョウチョに生まれ変われよ。)

 1日がとんだハプニングで終わりました。

 さて、今日の作品です。
  画像 004   画像 008
 天野喜孝さんの『眼』です。

<余談>
画像 001
 先日、ほとんど穿いていなかったツナギのジーパンのポケットから出てきた千円札です。
 覚えていますか?このお札。
 いつ頃まで使われていたんでしたっけね~?忘れられていたお札であり、忘れられたお札です。お札は、銀行で替えてもらえますが・・・わが美術館は、覚えられる前に、忘れられていくような?

 オッと、陽が差し始めました。お天気カムバックです。夜は大丈夫なようです。
 朝早くから、盆で帰って来たか?旅行で遊びにきた若者の車の轟音が盆地に響いています。
 今朝も良いお天気です。
     画像 043
 ご覧の様に、若干雲がありますが、清々しい朝です。
 湯布院はお盆を境に一機に秋へ向かうのですが、今年もそのようです。朝の空気は、ヒンヤリとして、気持ちが良いです。
 さて、もう一枚由布岳の写真です。
   画像 051
 昨朝の朝日が上がった後の様子です。こんなに霧の似合う山は無いですね。

 午前中は夜の初盆会と盆踊りの準備でした。
 2時間ほどで下準備を終えました。
  画像 050  画像 047
 祭壇と口説きの舞台です。
 で、準備を終えて、余ったお花をいただいて帰りました。
       画像 049
 これが<吾亦紅>です。(この歌が大好きなんですが・・・。)

 7時に集まって準備の仕上げでした。3時頃に予報どおり夕立がありました。凄い雷と雨でしたが、帰ってこれで暑さが和らいでくれました。
  画像 044  画像 045
 祭壇に灯がともり、傘鉾の設置が終わった様子です。

 7時半に役員も集合し、初盆を迎える家族も来られ、お寺さんの読経が8時に始まりました。
 初盆会の方は20分ほどで終了し、盆踊りが始まりました。
 私は踊り手なので、裏方のカミさんに写真を頼んだのですが・・・・・全滅でした。公民館活動の補助金の申請に要るのに・・・トホホホホ。まあ、上の写真で誤魔化すしか無いですね。

 9時頃に踊りも終わりましたので、重いものだけ役員に片付けをお願いし、散会。今朝は、また後片付けです。かなり疲れましたが、頑張りどころです。

 さて、今日の作品紹介です。
      画像 048
 イリナ・イオネスコさんの『EVA』です。

 明日が<万灯籠と花火大会>、明後日は<盆地まつり>、その後が<白心荘での盆踊り>と続きます。さて、お天気が最後まで持ってくれますでしょうか?
 今朝は快晴です。
 お山や盆地は、天女の羽衣を透かして見ているようです。
       画像 036  画像 035
 薄い乳白色の朝もやが・・・・・幻想的な景色を醸し出してくれています。さて、この景色、お陽さまが上がってくると、どう変化していくのでしょうね?楽しみです。

 いよいよお盆に突入ですが、昨日の人出はそれほどでもありませんでした。
 これは、景気がどうこうの問題では無く、もちろんそれもあるでしょうが、日本人の生活観が変化してきているのかもしれませんね?
 正月とお盆に見られた、民族大移動。正月はまだ残っていますが、これとてこの先どうなるのやら?です。
 先日の村々の荒廃を目の当たりにすれば・・・故郷(ふるさと)が消えて行っている姿を観れば、この生活観の変化は当然の帰結かもしれません。良いとか悪いとかの問題では無く、それが現実だと云うことですね。

 さて、昨日です。
 朝、ブログを書き終え、開館を済ませて、早速公民館へ。
 まず、今日の初盆会の太鼓の周りに飾りつける葉竹を採りに行きました。
 以前と云っても相当前の事のようですが、湯布院町も公共下水の整備を進めていたようです。で、盆地の端に下水処理施設を造って、そこで汚水の処理をしていたようですが、大水に施設が浸かってしまい、使用できなくなったのだそうです。当時は下水道債が発行出来たのですが、小泉内閣以後方針変更を余儀なくされ、現在は浄化槽による整備を進めているようです。(私も当時下水道に関わっていたので、良く覚えています。)で、その処理場跡地に竹を採りに行きました。たくさん繁茂してしまっているのですが、真っすぐで葉のたくさん茂ったものは中々ありません。どうにか4本を選んで持ち帰りました。これで竹は準備完了でした。
 続いて、公民館周りの庭木の剪定でした。形を整えるだけでしたのですぐに終わりましたが、この切った枝葉を片付けていると、盆踊り会場の広場の草が気になりました。先日一旦刈り取っていたのですが、また生えて居ました。で、草刈機を取りに帰り作業開始、これが終わったところで、今度は溜まったビールの空き瓶が・・・・で、今度はこれの片づけでした。まあ、次から次へと仕事はあるものです。とりあえず昨日は此処まででした。

 帰ると神社の前のEさんが黄色いトマトとキュウリとセロリを持って来て下さったとのこと、早速お礼の電話をすると、「奥さんが来られているようなので、あれでは足りないだろ?もう少し持って行ってあげるよ!」でした。それではと、袋を持ってもらいに行き、またまたキュウリとカボチャとサニーレタスをいただいてしまいました。ありがとうございました。

 Eさんにいただいたニガウリもしっかり育っています。
    画像 042   画像 041
 グリーンカーテンにはまだまだですが、花が咲き始めて、実も生りそうです。

 ところで昨日、古裂会さんから新しいオークションパンフレットが送られてきました。
   画像 040
 早速、なかを点検!
 仏教美術が充実していました。
 で、今回欲しいな!が、此れです。
   画像 039  画像 038
 [風外本高]と云う方のトラの掛け軸と木彫の小仏像です。良いですが・・・お金がね!

 お客様の来ない美術館、もう収蔵品を増やすどころか、整理しなければなんですが・・・コレクターって仕方ない性分ですね。我ながら呆れます!

 さて、今日の作品紹介は、この二点です。 
    画像 024
 池田満寿夫さんの写真二題です。
       画像 022  画像 023
 ヌードと云うよりお尻の写真ですが・・・。

 さて、開館の準備をして、公民館へ。夜の初盆会本番の準備です。毎日、ほとんど商売になっていません。まあ、暇な美術館だから出来るので・・・良しとしましょう!

<余談>
 昨夕、息子を駅まで迎えに行く途中、お月さまが倉木山の横に出ていました。
    画像 037
 へ~~~あんな所から出てくるんだ!!でした。十三夜のお月さまですが、ほぼ満月。今夜は盆踊りを照らしてくれるでしょうね。
 今朝の夜明けの様子です。
  画像 034  ⇒  画像 033
 わずかに切れた雲間から、朝日が昇り始めた時の様子です。後光のような朱色の光が由布岳の登山口辺りから煌き始め、次第に明るさを増し、盆地に差し込むと、田畑から朝霧が生まれ始めました。
 残念ながらこの後、雲に隠されてしまいました。と、朝霧も・・・・・。

 お天気は晴れ、まだ涼しいのですが、日中は暑くなるでしょう!

 さて昨日の続きです。

 里村の降りて来ると、こんなものがあちこちに。
  画像 180
 耶馬渓の八十八か所巡りの札所です。その内の一つだけお参りしました。

 こんな村おこしも・・・・。
     画像 179
 民家の喫茶の看板でしたが、何処にあるのやら????(こんな処で、お客様って何人あるのかな?)

 羅漢寺の手前にこんなものが???
画像 174

画像 176画像 177画像 178
 どうも此処の川原の石の様です。自然の造形は、不思議なものを作るものです。(真ん中のも自然が作り出したようです。)

 で、反対側は砂利の採石場です。
     画像 175
 以前は、この採石場の下を道が走っていました。
 すぐ下の河原が此れです。
   画像 173  画像 172
 まだ若かったころ、友人と夜のドライブに来たら、ホタルがたくさん居ました。

 で、羅漢寺ですが、この岩山が旧羅漢です。
  画像 171
 この岩山の窟に古い羅漢寺があります。山頂には確か国東塔?宝経印塔?が在ったと思います。

 橋の上から撮った耶馬渓です。
   画像 168
 橋の反対側には、こんな綺麗なアーチの石橋もありました。
       画像 169
 山国側のアユ釣りも解禁になっているのでしょうか?釣り人の姿も見えました。

 これで、<ひげ館長のチョッと寄り道>はお仕舞いです。
 
 ときどきは、こんな記事も良いでしょう!

 で、昨日ですが、9時過ぎに家を出て、嘗ての先輩のお宅を突然急襲の予定でしたが・・・家が判りません。やむなく電話で呼び出して迎えに来てもらいました。何せ、30年振りくらいですので・・・。で、少しお話をして、先輩の同級生である私の小学校の恩師のお宅を訪問。残念ながら、こちらは留守でしたので名刺を置いて湯布院へ向かいました。お昼を宝来軒のラーメンと立ち寄りましたが、定休日。結局、安心院まで車をとばして遅めの昼食になりました。
 ボーーーッとしている処に、先生から電話が入りました。八十近いお歳になられていましたが、大変お元気なご様子で、百歳まで頑張ると言っておられました。あの様子では、きっと大丈夫だと思います。その内に来て下さるとも言って下さいました。待っています!!

 夕方、遅れてきたカミさんと温泉に行き、出て来るとカミさんが湯あたりを起こしたようでダウンしていました。しばらく安静にしていると楽になったようです。一日の最後にとんだハプニングでした。

 さて、今日は朝から盆踊りに使う竹を取りに行きます。さて、大忙しが始まったようです。

 

 先ほど、由布院に戻ってきました。こっちも暑いけど、何か違います。
 文章で書くと・・・・気持ちいい空気!ですね。

 さて今日と明日は、<ひげ館長のチョッと寄り道>と題して、昨日出会ったものを載せてみます。
 その前に、まずはお隣の神社です。
画像 202
 朝の清掃で、ご覧の様に奇麗になりました。で、早速出発でした。
 日出生台の自衛隊を過ぎた処で、シカの死骸を発見!どうも車に撥ねられたようでした。(合掌)
 今回は時間もゆっくりあるので、以前良く通った耶馬渓に出る道を通ることにしました。安心院に出る前を羅漢寺方面へ曲がるコースです。
 で、院内のこの橋までは、いつものコースでした。
画像 200  画像 201
 橋からの眺めです。深い谷川が好きで、通る度に車を停める場所です。
 此処で、道を間違えてしまいました。
 道を間違えたのはすぐ判ったのですが、まあ良いや!で、そのまま直進!!!
 道路標識は、県道667号線でした。
 で、まず遭遇したのが此れです。
 鳥居が・・・・・?
画像 199
画像 197  画像 198
 両脇の柱に、こんな文字が?????

 車を更には知らせると、また神社。
画像 194
画像 193  画像 192
 たぶん同じ言葉が刻まれているのでしょうが、こちらの鳥居の方が古いようです。
 その鳥居の横に・・・・。
画像 195
 こんなに奇麗なユリが咲いていました。

 しばらく行くとこんな景色にも巡り合いました。
画像 196
 青空に映える岩山です。

 限界集落と云う言葉を聴き始めて久しいですが、此処もだんだん畑が広がっていた筈ですが・・。
画像 190  画像 191
 セイタカアワダチソウに覆われた畑や田んぼが、かなり在りました。嘗ては使われていたであろ云う名残も既に草に覆われて、朽ち果てようとしていました。

 この畑や田んぼを作っていた家族でしょうか?道路の脇に、廃屋が多数見られました。嘗て此処に住んでいた人たちは何処へ行ったのでしょうか?荒れ果てた家に笑い声が溢れていたのは何時だったのでしょうか?
画像 188画像 187画像 181
 あと何年かすれば、木に覆われて、それすら判らなくなってしまうでしょうね。

 明日へ続く・・・ 
 今朝は、共和会(敬老会です。老人会って言わないのです。)の例会で、7時から神社の境内の清掃です。で、このブログは、予約で書き込んでいます その後は、休館日なので北九州へ帰ります。

 と云うことで、由布岳の写真だけ嵌めこみです。
     画像 031   画像 030
 薄く、盆地の北側から由布岳にかけて朝霧が懸っています。
 お天気は、さてどうでしょうか???晴れているような?曇っているような?

 昨日と云うか今日と云うか?先日に続いて今度は畑の草むしりでした。で、写真は、草を撮った後です。 
 画像 025  画像 026
 畑なのか?藪なのか?吾輩の<猫の額>ほどしかない畑、すぐ夏草に覆われてしまいます。それでもご覧のようにいろいろ植わっているのです。で、草むしりは欠かせないのです。
 今年はミニトマトが遅いですね。未だにこの状態です。収穫できないかも???

 蚊取り線香を焚かずに作業したので、蚊に食われてしまいました。パンツ一枚になって薬を塗っていると玄関でベルが鳴りました。コリャー遺憾!で、大急ぎで服を着て出ると、川西のAさんでした。このところ川西温泉が改修中なので、お会いしていませんでしたので、久しぶりでした。
 鬼灯(ほおずき)が出来たので持って来て下さったのです。
        画像 028
 で、しばらく立ち話でした。イヤーそれにしてもAさんのお顔の広さには呆れました。炭で繋がったり、薪で繋がったり、畑作りで繋がったり・・・の様です。
 しばらくお話をお聞きしていると、突然雨音が・・・で、帰って行かれました。楽しいお話と鬼灯、ありがとうございました。

 お昼過ぎに、裏に引っ込んでいると、また呼び声が・・・・?
 今度は、お菓子屋のご主人が、キュウリとカボチャを持って来て下さったのです。
 立派なカボチャでしたので、チョッとイタズラ!!
   画像 029
 ご覧の様に、カボチャは飾らせてもらいました。

 折角ですので、この写真の作品を今日の紹介にしましょう。
  画像 027
 佐藤正和さんの『ビソンノコギリクワガタ』です。
 この作家さん、現在は「佐藤正和重孝」と長い名前になっておられます。少し、抽象傾向を強めているような?です。

 さて、今晩はソフトの試合の応援です。由布市内三町の優勝チームのガチンコ試合です。此処で勝てば、市の代表として、次は県大会です。頑張って、美味しいお酒を呑みましょう!それには是非参加しますので・・・!
 では、行ってきます。

 残念ながら、負けてしまいました。
画像 032
 同点での試合終了でしたが、出場選手9名によるジャンケンで、あっさり1:5で勝負ありでした。コリャー残念!誠に残念!
 当然、残念会ですので欠席でした。これは、選手だけで、大騒ぎするしかないでしょう!!

<一句>

     「 吹く風に 秋の香拾ふ 盆の朝 」

 目が悪いせいか、匂いに敏感な私、鼻から秋を感じ始めるのです。

<余談>
 余談で書くことでは無いのですが、8月も中旬に入ってしまいました。「八月や 六日九日十五日」(諌見勝則;詠)の6日が過ぎ、9日が過ぎました。残すは15日です。忘れてはいけないこの日付、繰り返されることが無いことを祈るばかりです。
 少し寝苦しかった夜も、今朝になれば、やはり高原の朝です。
 お天気も良いせいでしょう、お山が素晴らしい!
     画像 011
 少し朝寝をしたかな~?で、起きたのが丁度6時でした。外を観ると、写真のように、顔を出したばかりのお陽さまが、お山を朱色に染めて居ました。

 グリーンカーテンになる様に植えたニガウリも蔓を伸ばし始めたようです。
画像 016
 さて、この調子で間に合うのでしょうか?残暑を防ぐには良いかもしれません。

 まず、ブログを書き終えて、洗濯し、干し終えたところで、早速、桑の木を蹴飛ばしてみました。 
         画像 022 画像 023
 と、この二匹が落ちてきました。左はテントウムシのようですが、こんな色のテントウムシさんも居るのですね。右は、コガネムシでしょうが、あわて者のようで、大急ぎで土に潜って、隠れようとしていました。
 午前中は、ひたすらコレでした。
   画像 015
 アート委員会のお仕事?でした。記念誌の原稿作りです。お昼過ぎには任されていた3年分、終えることが出来ましたので、早速、駅の担当者にメールで送りこみました。

 ホッと一息ついている処に、久しぶりに従妹のKちゃんから電話が入りました。久しぶりでしたので、少し長話になってしまいました。Kちゃんもいろいろ苦労しているようです。
 で、後は草刈です。
 午前中、一旦は取り掛かったのですが、月曜日でした。旅館にお勤めの方が周りに居ますので、もしか夜が遅かったのでは・・と、午後にずらしたのです。
 で、刈り終えた姿が此れです。
画像 017画像 018画像 021
 一機にやったので、流石にくたびれました。一反=300坪=約1,000㎡、家の建ってる部分を除いてもかなりの広さです。クタクタになりました。で、シャワーを浴びて、また洗濯でした。
 次は、エントランスや軒の下に飛び散ったゴミの清掃でした。これで本当に草刈終了!
 と、突然、ギャーギャーと凄い声がしました。見上げると、鶴??鷺??でしょうか、大きな鳥が神社の杉の上に留まっていました。で、この芸術写真になった次第です。
  画像 020   画像 019
 ほとんど鶴?は見えませんが、両方とも写っています。ががが・・普通に写真で見ても良い構図だと思いますが・・・・?

 シャワーを浴びたので、温泉はどうしょうか、考えたのですが、やはり行ってきました。これで本当にホッ!でした。

 午前中頭を使い、午後は身体を使ったので、ハリーポッター賢者の石を観た後、ぐっすりでした。(睡眠は、頭と体、両方をを疲れさせると熟睡できるそうです。)

 さて、今日の作品です。天才アラーキー(荒木経惟さん)の『近景』です。 
  画像 012  画像 014
 作品は所蔵しているものなので、使い回しになります。そこで演出です。どうでしょうか、今回の飾りつけは??

 さて、草刈で奇麗になったし、お天気も最高!舞台は揃ったので、後はお客様の入りですが・・・?

 ところで、草刈の最中に二度ほど電話が鳴りました。いずれもタッチの差で間に合いませんでした。お客様だったのかも・・・・残念!



<余談>
 何処の企業や団体も、お客様窓口とやらを設けています。吾輩が問い合わせをした件数4件、で回答をいただいた件数2件、回答率5割です。まあ、やる気の無い形だけの窓口・・・・モンスターが多いいのでしょうかね。吾輩のは、苦情ではないし、そんなに難しいものでは無かったのですがね。
 今朝は晴れ、但し快晴とはいかなかったようです。
 5時に目をさまして、バリスタのコーヒーを入れて夜明けの様子を見て居ました。
   画像 007 ⇒ 画像 001
 残念ながら、ご覧の状態で、結局お陽さまは出てくれませんでした。それでも、右の写真です。携帯電話のカメラではこれで限界、良く写せませんでしたが、由布岳の右側が、一瞬朝焼けに染まったんです。奇麗でしたよ!!

 コトンと音がしたので、フト足もとに視線を移したら、こんな光景が目に入りました。
  画像 002   画像 003
 昨夜から、網戸に居た二匹、アマガエル君とコガネムシの一種でしょうか?この後、私の視線に気づいたようで、アマガエル君はトットと草むらに、コガネムシの方はしばらく死んだふりでした。

 さて昨日です。
 公民館に地域の皆さんが集まっての傘鉾作りでした。去年のを取っていたので、組み立てと補修だけでしたので、半日掛っていたのが、実質1時間程の作業で済んでしまいました。午前中でしたので流石にビールは出ませんでした。(また写真忘れました!)
 戸締りをして帰ろうとしている処に闖入者発見!コクワガタでした。裏の僕ちゃんにあげようと持って帰りましたが留守のようでしたので、一旦持ち帰りました。で、帰りしな、桑の木を蹴飛ばすと、クワカミキリが落ちてきました。一緒に容器に入れるとこんな状態に!!!
       画像 005
 どう見ても緊迫した様子が伺えます。この後は想像してください!その通りでした。
 で、別々の入れ物に移してあげました。もちろん後から持って行ってあげました。

 この後は、ひたすらPCと睨めっこ。アート委員の仕事に没頭??でした。
 お昼からもそんな状態でしたが、飽いて一休みしている処に、此れです。
     画像 004
 『危険な美術館partⅡ』、とうとう鉄砲まで完備の美術館へ!何ちゃってね。お祭りなどの出店で、テキ屋さんが的当てに使っているコルク銃です。鶴田浩一風に・・・男って奴は、いつまでたっても銃や刀を欲しがるもんでございます。
 小さい頃、おもちゃ屋さんの鉄砲を欲しがって、道路に座り込んで泣きじゃくったのを覚えています。小学校の時、お金持ちに友人の鉄砲を観て、くれないと遊んであげないとゴネて、もらったことも・・大人になって、プラスチック弾の飛ぶエアガンを買いましたが、これは威力があり過ぎて、子供が遊びたがったので何処かに隠しました。(隠し場所を忘れたので、現在行方不明です。)こんな調子したが、これ位が丁度好いです。暇にまかせて、これで遊びますかね。(また、カミさんに「こんなもん買って!」と怒られるでしょうね。男はいくつになってもロマンを追い続けるって、女には理解できないでしょうからね!ところで、コルク銃ってロマンになりますかね??)

 夕方、閉館しようと・・・・松田優作風に「何じゃコリャ~!」(鉄砲買ったもんで・・?)
    画像 006
 カウンターに、パセリ?レタス?違う違う、セロリでした。(セロリと云う名を思い出すのにいつも此れです。)
 一体どなたからの?????とにかく、ありがとうございました!!(因みに、お菓子屋のご主人ではありませんでした。これって貴方ですか?貴方ですか?って聞いて回り辛いですよね。違ってるとお互いバツが悪いですからね。)

 さて、今日の作品です。
 美術館の番犬です。
画像 010
 餌も食わずに、いつも此処で番をしてくれています。斎藤英則さんの『犬(B018)』と『犬(B017)』です。
画像 008  画像 009
 うるさくも無く、お散歩にも連れて行かないで良いし、○ンチもしません。親孝行なワンちゃんです。

 さて、今日も昨日の続き・・・・あと少しで終わります。

<余談>
 さて、どうやったらトラブル無く、アート委員会から抜けられますかね?
 会長さんの助言では、理由は云うとゴチャゴチャする。シラーっと用事があるのでと会合に欠席し続ければ、その内忘れられるよ!でした。その手もあるな~です。こう云う場合は無口が良いのかも??
 で、最終手段は、コガネムシ君風に、死んだ振り!ですね。
 今朝は・・・限りなく雨になりそうな曇り空です。まあ、雨粒が落ちて居ませんので、曇りで良いでしょうね。
    画像
 お山の上には、ドッカリと雨雲が座り込んでいます。

 今朝は、5時前に目が醒めてしまいました。仕方がないので、薫体操でした。それが済めば、次は腰にお灸!しっかり老人になっています。何と云っても還暦ですからね。

 8時に公民館に集合がかかっていますので、15分前には行かなければなりません。大急ぎでブログを書きあげましょう!!

 と云っても、昨日は雨でしたので、写真は0です。
 出来事と云えば・・・先日来館してくれた嘗ての同僚から礼状が届いたので・・・と云う電話が入りました。丁度お灸を据えた処でしたので、腹這いのままのお相手になってしまいました。次は、一昨晩のお酒のお礼の電話と月末にお伺いする友人のお宅への連絡でした。
 午前中は、これでお仕舞い。

 午後からは、アート委員会から承ったお仕事?に励みました。とりあえず預かった3年分の内の1年分は処理しました。
 3時を廻ったところで、今日はお客様は無いだろうと、館内の電気を減らした処へ、夢二山荘の会長さんがお見えになりました。
 少し世間話をされて、帰られました。

 これで一日が終わってしまいました。これでは・・・・ですので、チョッと脱線の話です。
 地デジの施行以後、ビデオ三昧の日々ですが、先日映画館で最終回を観たので、ハリーポッターを続けて観ました。
 で、俺も【杖】持ってるよな~!でした。
 これが私目の【杖】です。
     画像 015
 残念ながら、呪文を知らないので、魔力を出せていませんが、その内に・・・?

 実は、これは裏の畑から出てきた鋼線です。表面が錆びて、ゴツゴツになっていました。錆を落とし、磨きあげたらこんな姿に変身しました。骨董で云う【味のある】姿です。
 夜は、枕元に置いて、それこそ≪用心棒≫になってくれています。もしもの時は、これが武器になります。元々が鋼線ですので、かなり強力ですので、泥棒さんは気を付けて下さいよ!

 と云う訳では在るような無いような?今日は、美術館中にある危険なものを紹介しましょう!
 まずは、喫茶展示室のテーブルの中です。
画像 008
 これは一目で判るでしょう!
      画像 009
 そうです!ブーメランです。オーストラリアに仕事?で行った折に、シドニーのギャラリーで買いました。お土産品では無く、本物で大型の動物用なので、重さもある大型のブーメランです。本来外で使うものなのですが、振り回せば、かなり強力な武器ですよ!

 次も喫茶展示室です。此処の中にあります。
画像 010
 チョッと判り辛いですが、三本の竹で編んだ鞭です。
    画像 011
 鹿児島の骨董品屋さんで見つけました。馬の鞭と聞きましたが、それにしては短いような気もします。竹の節だらけですので、これで叩かれると痛いですよ~!

 最後が此処にあります。
画像 012
 玄関脇の傘立ての中です。
 此れです。
    画像 013
 そうです!杖です。
 但し、この杖、そんじょそこらの杖ではありませんよ!
 こうなっているのです。
      画像 014
 仕込杖です。鞘を払うと、手槍になります。正に本物の武器です。(本当のところ、槍先は錆びてしまっていますので、刃物って云えるのか???)

 この他に、もっと怖いものも在ったのです。刃渡り20センチを超える山刀でした。が、薄い紙も何もせずに切れるほどの切れ味でしたので、これは持ってる私がさすがに怖くなったので、先日人にあげました。

 こんな武装をした美術館ですので、泥棒さんは入らないで下さいよ!!(持ってる本人が弱虫なので・・・ですが・・・これは内緒です。)
 ところで、そんな高価のものがあるのか?ですか。所蔵品の中には、もちろん在るのですが、それが見分けられるのはかなりの目利きです。当然ですが、お金はありませんよ!

 さて、ボチボチ出かける用意をせねば!!でした。
 今朝は、ご覧のように雨です。
   画像 052
 カミナリ様もゴロゴロ鳴っています。久しぶりのまとまった雨になったようです。これで畑の野菜も、ホッと一息ついているでしょう!!

 さて昨日です。
 と書いたものの・・・・・写真が無い。

 8時過ぎに電話が鳴りました。ご近所の大谷さんからでした。「今晩空いてる?」「ハイハイ!」でした。夜の予定が、突然決まってしまいました。

 お昼少し前に、電話のベルが2度鳴りましたが、取ると切れてしまいます。不審電話に思えましたので三度目は、かなり鳴らしてから出てみました。と、先日小倉でご一緒に飲んだかつての上司からでした。「お前のところの電話、テレホンカードでは受け付けないようになっているのか?」でした。「エッ、ヤフーBBに替えたからでしょうかね???」でした。で、「今、厚生年金病院へ知り合いのお見舞いに来ているので、寄りたいが、近いのか?」「すぐですよ!」で、また電話が切れてしまいました。
 で、道路に出て待っていましたが・・・しばらく待ちましたが来ません。コリャー迎えに行けば良かった!でした。

 外を気にしながら、お昼を食べた処に、また電話でした。今度は、アート委員会の委員長さんでもあるドルドーニュ美術館の館長さんからでした。で、昨晩の件(退会)について・・・・でした。
 と、玄関にお客様でした。待っていた、嘗ての上司が奥様とご一緒に来られたのでした。
 奥様とは約五年振りでした。開館の時に、ご挨拶に行ってお目に懸って以来でした。奥様が、少し体調を壊されたために、なかなか来館出来なかったそうです。
 まずは上がっていただいて、少しお話をした後、館内を見ていただきました。
 二時間ほどゆっくりされて、「楽しかった。また来ます!」の言葉を残されて帰って行かれました。ありがとうございました!是非また来て下さい。

 閉館をして、6時前に家を出て、大谷さんのお宅へ。
 相変わらずの凄い料理に驚かされ、9時過ぎまで美味しいお酒もたくさんいただきました。
 で、今回初めて、24歳のネコちゃんに逢うことが出来ました。人見知りをするそうで、中々姿を見せないそうですが、昨日は何度か入口を行ったり来たりしてくれました。
 真黒い毛並みのネコちゃんで、人間の歳にすれば120歳にもなるそうです。まるで宮崎駿の<魔女の宅急便>に出てきたジジそっくりでした。
 この猫ちゃんは、金鱗湖に捨てられていたのを、拾ってきたのだそうで、奥様にしか寄りつかないそうです。聞き忘れましたが、もしかして♂でしょうかね?

 酔っ払って帰りましたが、昨日の私目の電話被害者は0の筈です。

 楽しい一日でした。こんな日がチョコチョコ在れば・・・です。

 さて、今日の作品です。
画像 055

 画像 053 画像 054
 赤瀬川原平さんの作品二題です。そう云えば右の絵は、黒猫でしたね。大谷さんの家のネコちゃんほど迫力がありませんが・・・・。

 さて、今日はどんな一日になりますやら????
 えらく暗い朝です。
    画像 049
 ご覧のとおり、どんよりとした厚い雲が空を覆っています。
 雨は降っていませんが、風は冷たく、湿気を含んでいるようです。
 何となく<嵐の前の静けさ>を感じますが・・・・台風の影響でしょうか?

 さて昨日です。
 日中は何もありませんし、お客様もありませんでした。どなたにも会わないので、おしゃべりの私には地獄でした。「こんな日が続くと、死んじゃうぞ~!」です。

 で、美術館の周りをウロウロ・・・と、眼の前をヒラヒラ飛ぶ虫発見!手で払うと、こんな虫さんでした。
     画像 047
 蛾の一種でしょうが、ヒラヒラと飛ぶ姿は、空中を飛ぶ小さな金魚のようです。

 これで今日の昼間の記事はお仕舞いです。

 で、夕方、美術館を閉め、夕食のカレーを作り終えた処に、お菓子屋の御主人がまた持って来て下さいました。
    画像 048
 まだ暖かいトウモロコシです。どうも再入院が待っているようで、公民館長の職に支障が出るのを気にされているようです。病気なので仕方ないのですが・・・・ジッとして居れないのでしょうね。
 ありがとうございました!と云っても、到底ひとりでは食べきれません。で、夜のアート委員会へ持っていくことにしました。

 夜は、駅ホールでそのアート委員会でした。
 主な議題は、ホールの看板と20周年記念誌についてでした。 
 おもてなし事業の一環として、ホールの表示を見直すことになったそうです。

 20周年記念誌は、資料が整いましたので、いよいよ原稿制作の開始です!
 と云うことで、私目に割り振られた三年分(約40名分)の資料です。
   画像 046
 さて、暇にまかせて励みましょうかね!!!

 これで、昨日の一日の出来事は終わりました。チョッと感動がありませんでした。
 ウーーーン、どうもバイオリズムが最低になっている処のようです。

 石松温泉から帰り着いたのが、9時半でしたんで・・・おちゃけは、我慢でした。(昨夜の被害者0名)


 では、作品紹介です。
画像 050
 今日の作品は、桑原盛行先生の『群組織の相関』です。

 オッと降り始めました。冷たい風が吹いてきました。今日は、8月にしては寒い一日になりそうです。

<余談>
画像 051
 観光協会から、会費の請求書が届きました。今年度分は、支払わねばですが・・・・来年はどうしょうか?です。
 アート委員会が終わったところで、来年は脱会するかもしれません旨、伝えました。
 わが美術館の在り方を含めて、アート委員会・観光協会へのかかわり方を見直す時期に入ったようです。5年後の閉館も視野に・・・です。当面は、閉館と云っても、美術館を辞めると云うのではなくて、開館の在り方(開館日を週に3日にする。)と云った方が良いでしょうが・・・腰と気力に問題が!です。
 いつの間にか雨が降ったのでしょう、庭の草が濡れています。
 西の空は、幾分晴れ間が見えていますが、東側のお山の方はご覧のとおりです。
   画像 040
 今にも降り出しそうな雲行きです。
 今日のお天気は、久しぶりの雨でしょうか?と云ってる間に降り始めました。

 さて昨日です。
 早起きをして、ブログを書き上げ、朝食のトーストを食べ、開館の準備をする。これが、いつもの作業です。

 昨日は、これが終わったら、お客様が使ったお布団干しをしました。 
      画像 045
 これも、お客様が泊まった後の、いつもの作業です。

 で、落ち着いたところで、インスタントコーヒーを飲みながら、お香を焚きました。これからは、いつもやってることではありません。
  画像 041
 豊前長洲のMさんにいただいたお香です。
 アロマテラピーって言うのでしょうか?鼻は脳に近いので、香りの作用が、直接脳に心地よさを運んでくれるようです。女性の香水(これはこれで良いのですが・・・)とは違い、ツン?と来ることはありませんし、部屋中をホンワカした雰囲気で包んでくれます。

 いただいたハワイの海岸の珊瑚で焚いたのですが・・・最後が少し残ってしまいました。もったいないので、いつものコーヒーカップで、最後まで楽しみました。
      画像 042
 ところで、この珊瑚でお香を焚くシーンですが、デジャブであった様な?????おいどんは、もしかして予知能力があるかも・・・・??です。

 お香を楽しんだ後、豊和銀行のギャラリーの作品展示のお手伝いでした。
 前回と今回のギャラリー展示は、銀行の方からの依頼で、紹介させていただいたので、「行かねばならぬ、妙信殿!」でした。(このギャグって、判りませんよね!実は、平手造酒が大利根川原に、喀血しながら駆けつけようとする・・・まあ良いか!)
 で、飾りつけが済んだ様子とその作品です。
  画像 043  画像 039
 『ゆめのよ展~藤田実花~』で、9月2日まで開催します。学校出たてのフレッシュな感覚の絵です。わが美術館には向かない、ロマンチックな?メルヘンチックな?楽しい絵ですので、是非ご覧になられて下さい。もちろん無料です。豊和銀行ロビーですので、平日の9時から3時までです。

 帰って来て、昼食を食べ、今度は公民館での、お盆の行事の準備作業でした。区長さんと二人で、汗だくになりながら、一時間ほどで終わりました。
 美術館へ戻り、シャワーを浴び、汗で汚れた服を洗濯、干し終えて・・・・駐車場に車でした。どうも、入口まで来られて、現代美術と云うことで、入らずに帰られるところのようでした。ガックリ!!
 道楽でやろうと思っても、お客様が来られないのでは・・・・館を閉じたくなってしまいました。後5年は・・と思っていますが・・・どんな企画を組んでも、所詮は私のコレクションの範疇なので、無理があるのかもしれません。何か、起死回生の妙案はないかな~?です。まあ、時間だけは豊富にありますので、じっくり考えるしか無いですね。

 こんなことを、裏庭のトマトを見ながら考えていると、玄関から声が・・・。  
       画像 044
 お菓子屋のご主人に、私のぼやくが聞こえたのでしょうか?「お中元!」とスイカを持って来てくれました。ありがとうございました!!

 夜は、久しぶりの<ひとり酒>の筈が・・・・トンだハプニングが起こって、大わらわになってしまいました。何と、藤田さんが熱中症になったようでした。このブログのために、展覧会の名前と会期を聞きに電話を入れると、ダウンしていました。展示作業の後、放ったらかして帰ったのがいけなかったようです。炎天下を歩いて帰ったので、熱中症になったようで・・・チョッと責任を感じて、コンビニで食べ物を買って届けることにしました。ところが、此処でどうにかたどり着いた藤田さんと遭遇、まあ良かったです。

 で、ようやく<ひとり酒>再開!でした。昨夜の私目の電話の被害者は二名でした。この二人には、許可をもらっているので・・・・たぶん???

 さて、ゴミ出しに行ってきましょう!!
 
 今朝も晴れですが、お山にはまだご覧のように雲が懸っています。
    画像 028
 何と云ったって、起きた時間が5時過ぎですから、まだアチコチに灯りが燈っています。
 無意識に、布団を肩まで上げて、目が醒めてしまいました。夏の朝って、こんなにヒンヤリとしていましたかね??
 今年は、寝苦しさがありません。エアコンのコンセントは抜いたままになっています。別に我慢している訳ではないのですけど・・・一度も使っていませんね。

 さて、昨日です。
 洗濯ものを干しに、裏庭に出ると・・・・何だ?
   画像 036  画像 035
 壁から枝が出ているではありませんか。
 木が生えた???そんな訳ないですよね・・・。で、良く見るとシャクトリムシです。でも、擬態するなら違う場所でしろよ!でした。どう見たって、不自然でしょ!(本人(虫)は、一生懸命のようですが・・・。)

 洗濯ものを干し終えて、畑を覗くと何か動いた?
 画像 034   ⇒  画像 033
 トノサマガエルです。(判らないでしょうから、右のズームにして見ましたが・・?)
 何で畑に居るの??

 こうなると、普段見えていないものが見えてきます!!!

 まずは、此れです。
  画像 037  ⇒  画像 038
 年金病院の階段に居ましたナナフシです。

 同じナナフシでも、我が家の方は・・・・これじゃ、判り過ぎです!
      画像 031
 擬態もヘッタクレも在ったものではありません!

 こいつもです!
    画像 030
 何もこんな目立つところでサナギにならなくても・・・でしょ!

 で、こんな奴まで、見えてきました!
    画像 032
 桑の木に来るカミキリムシを見つけようと探していたら、カタツムリ君がこんな処に・・・呆れますよね!

 で、最後が此れです。
    画像 029
 玄関を見ながら、全く来ないお客様を待っていて見つけました。
 何かにぶつかって、ひっくり返り、もがき始めました。何とドジな・・・で、捕まえると??変ったと云うより見たことも無いカミキリムシ!!(たぶん?)でした。
 普通種or希少種?・・・で、PCで調べましたが全く判りません。となれば当然、あの人へご登場願わねば!でした。
 電話では、結局判らないとのことで、毒瓶へ!!!(普通種でしたら生かしておいて、裏の僕にあげるんですが・・・。)
 電話の後も、PCのカミキリムシ図鑑で調べたのですが??????やっぱり判りませんでした。
 どうでしょうかね?カミキリ屋=天牛さん!!

 まあ、ビックリでした!カミキリムシって、呆れるほど種類が居るもんですね!で、天牛って、カミキリムシの中国名だそうです。ウーーーン、紙切虫=天牛、中国と日本の感覚の差でしょうが・・・・これは中国の勝ちでしょう!!

 ところで、とうとうトマトが成り始めました。
  画像 027
 昨夜、今季初めての自家製トマトを食べました!
 ということで、昨日が、我が家の今年の『トマト記念日』です!!
 今朝は霧です。そのせいで、お天気は???です。
 もちろんお山は、霧の中!幻の山の様にボンヤリと見えています。
         画像 024
 手塚治の『ジャングル大帝』のレオの最期に出てくるお山のようで・・って書いても、ご存知ないでしょうね。
 私は、小児腎盂炎で一学期ほど小学校を休見ました。その時に、亡くなったおばあちゃんが、貸本屋で借りて来て、読んでくれた本です。今でも、とても記憶に残っていますが、そのワンカットに出てきた幻の山(確かキリマンジャロ?)の姿のようです。

 さて、昨日です。
 ブログを書き終え、お泊まりでしたお客様を放ったらかして、竹切りに出かけました。
 地域の四役で、竹藪へ入り、あれにするかこれにするか?蚊に食われながら三本を選び出して、エンヤコリャ!で、公民館まで持って降りました。

 で、私は一旦美術館へ戻って、お客様の朝食の準備でした。少しお話をして、またまた、公民館へ取って返して、夜の盆踊り練習会の会場設営でした。
 それを終えて、美術館へ戻ったらもう11時でした。もちろんお客様は帰られた後でした。楽しい一杯でした!

 で、月末の締めをして大○銀行へ。たった8500円を入金するのに30分も掛かり、可愛い行員さんへついブチ切れてひとこと言ってしまいました!それでも気持ちがおさまらずに、返って、メール(硬貨の入金できるATMを設置してください!)を送りつけてしまいました。
 実は、その返事のメールに今もブチ切れているのです。設置しない理由は、「変形硬貨によるトラブルが怖いため!」だそうです。「経費が懸るので・・。」の方が気が利いていますよね!別の金融機関や、自動販売機などで出来ているのに・・・ふざけんな!です。4台もあるATMの一台にトラブルが発生したからと云って、どうあろうか!です。「出来ない理由を考える暇があれば、どうやったら出来るかを考えろ!」です。また、その返事の文面・・・これこそ慇懃無礼(いんぎんぶれい)!そのものでした。大○銀行の田舎銀行の馬鹿野郎!です。窓口の方たちは美人で親切なんですが・・・ね。

 まあ、腹の虫はこれ位にして、お昼から豊前長洲のMさんが、来て下さいました。これで、プンプン虫が何処へ行ってしまいました。
 で、いただいたお土産です。
   画像 022
 暑中見舞い?の絵葉書とハワイの海岸で拾って来られたと云うサンゴをお香立てと箸置きに、それとビールのお供にとお菓子でした。ありがとうございました!
 で、調子に乗って、若い女性に、こんなものまでお見せしてしまいました。
     画像 021
 先日、お亡くなりになった団鬼六さんの「花と蛇」の載った奇譚クラブ(これは、夢二山荘の会長さんのせいです。)、それと私が生まれた日の新聞・・・・です。

 4時前になったので、私の用事(駅ホールの展示替え)に気を使われて帰って行かれました。ありがとうございました!!

 で、戸締りを済ませて、駅ホールへ。
 作品の入れ替えでした。で、またまたいただいてしまいました。
    画像 019
 昨夜、お泊まりいただいたお礼だそうで・・・・恐縮です。ありがとうございました!

 今回の展示は、『瞬きのあいだにみえるもの』兼子真一展です。会期は、8月23日までです。
 画像 026   画像 025
 東京芸大・大学院のデザイン科をご卒業になられて、何故か彫刻家になってしまったとおっしゃられていましたが・・・・不思議な経歴同様に、不思議な形の彫刻群が駅ホールに出現しています。是非、ご覧になられて下さい!!

 展示作業が終わったのが、6時半でした。美術館へ引き返すと玄関にこんなものが・・・?
  画像 018
 ジャガイモとスイカとカボチャです。「ハハ~・・・たぶんでした。」大当たり!お菓子屋のご主人でした。ありがとうございました!

 で、即席ラーメンをかっ込み、すぐさま公民館へ行きました。盆踊りの練習会の準備です。
 で、開始時間の7時半になったのですが・・・・人が集まりません?私の奇声で呼びかけの放送を二度も行ったのですがね。
 それでも、練習を開始すると、次第に集まってこられましたので、ひと安心でした。
 無事に、練習を終え、片付けを済ませて帰ったのが9時前でした。慌ただしい一日がようやく終わりました。

 では、今日の作品です。
画像 020    画像 023
 高松次郎さんの『平面上の空間 no.861』です。

 今日は骨休め、否、腰休めです。腰がまたアイタタタタ・・・・・です。

捕まえた~!!

 今朝も気持ちの良い朝ですが、お天気は下り坂だそうです。やはり、台風の影響でしょうか?
 それでもお山は、今の処は、ご覧の様なお姿です。
            画像 007
 朝日に映える素晴らしい姿です。

 さて、昨日も腰痛で、静かにしていました。
 午前中は、先日来て下さって知人に礼状を書いたりして安静にしていました。
 ががががが・・・・・・!
 窓の外で機械音が・・・・で、外に出ると、お隣のご主人が境の崖を奇麗にして下さっていました。 
   画像 017
 ご覧のように、すっかり雑草が刈り取られて、土止めの茶の木も、奇麗に選定されていました。
 で、私目も、お昼を済ませた処で、≪バケツ蟹≫が動き始めてしまいました。
 と云うことで、桑の木の伸びすぎた枝を伐採でした。
  画像 006  画像 005
 結果は、ご覧のとおりです。袋いっぱいの枝を切り落として、傘の姿に・・・見えますでしょう!

 この木の枝を剪定しているときに、カミキリムシです!!!!大慌てで捕まえて、毒瓶へ。早速、カミキリ屋さんへ電話でしたが・・・・山の中に行っているのでしょうか出ません。ウン?トラフだったら縞模様の筈なのに、毒瓶の中で苦しんでいるのは、豹紋のカミキリムシです。コリャー????で、PCで検索。残念ながら、キボシカミキリという普通種のカミキリムシでした。で、急いで、毒瓶から出してあげて、間一髪セーーーフでした。
 丁度裏の僕が、出てきたので、「カミキリムシ要る??」「要る!!」で、あげると、お返しが返ってきました!
     画像 004
 昔懐かしいマクワウリです。「あまり美味しくないけど・・・食べて。」でした。カミキリムシで儲かってしまいました。
 そんなやり取りの最中に、眼の前を何かが横切りました。今度こそ、トラフカミキリでした!!
それこそ大慌てで捕まえて、毒瓶へ!
    画像 002
 どうです。まぎれもなくトラフカミキリでしょう!
 これで、どうにかカミキリ屋さんからの大任を果たすことが出来ました。取りに来てね!です。

 ホッとしている処へ駅から電話でした。次回の展示作家さんが来ているので・・で、行くと、今夜のお宿を!でした。「お酒、呑める?」「呑めます!」で、OKでした。

 と云うことで、夜は芸術論議で盛り上がりました。チャンチャン!(コリャコリャ、脂肪肝だろうが!)

 さて今日の作品です。
     画像 003
 阪神淡路大震災の犠牲になられた巨匠 津高和一さんの作品です。

 さて、今日は大忙しです。8時から、竹切り・・夜の準備、お昼からお客様、夕方は駅ホールの展示替え、夜は盆踊りの練習会です。コリャー、お天気より、腰が持つかな~???

<おまけ>
 画像 001
 桑の木を切っていた時に見つけました!奇麗な虫でしたのでパチリ!

Powered by FC2 Blog