プロフィール

ヒゲ館長

Author:ヒゲ館長
◆書いてる人: ヒゲ館長
◆美術館の名前:
 花合野(かごの)美術館
 <湯布院バイロス美術館>
◆開館時間: 9:00~17:00
(早起きしたら早く開け、夜更かししたら遅くまで開いてます)
◆休館日:不定休(突然の休館に注意!)
  ◎5月の休館日
   4/30日・1日
   11日~16日
  
   
◆入場料:500円
(中学生以下無料)
 ※館長が気が向くと由布院で二番目に不味いコーシーが飲めます!

◆開催中の企画展
 閉館の企画
 【FINAL展】
  [会期; ~5月末]  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 今朝は、晴れ。
 先ほどまで霧に隠れていたお山も、日の出と共にお顔を見せてくれました。
    画像 133

 先日から、60肩で寝付くまでが大変です。60年も人間やってると、気付かないうちに、いろんな恨みを買っているのでしょう!左の肩から指先まで鈍痛が心臓の鼓動に合わせて起こります。昨夜は、この鈍痛で、どうしても寝付けなかったのですが、枕を外すと少し痛みが引きました。首のコリが最大の原因のようです。少し揉んでやると楽になって、どうにか寝付くことが出来たようです。それでも、痛みで5時過ぎに目が醒めてしまいました。で、起きだして、外の椅子に腰かけ、首を揉みながら、お山をボンヤリ眺めていたのです。
 まあ、そのお陰で、刻々と姿を変える由布院の景色を見ることが出来た訳です。
 
 少し肌寒い朝です。
 昨日の夕方、いきなりの雷、そして激しい夕立でした。
   画像 134   画像 135
 あまりに大粒の雨だったので、一瞬<雹(ひょう)>か?と思ったほどでした。写真のように、降り始めてすぐに、雨樋から水が吹き出し、美術館の玄関前アプローチを川にしました。
 そのせいで気温も一機に下がってしまいました。その気温が現在も残ったままのようです。今日一日こんな気温が続くと・・・・そうはいかないでしょうね。

 では、昨日のハラグロオオテントウムシ君です。
       画像 137
 昨日は3匹でした。ボチボチ桑の枝を処理したいのですが・・・来てくれている間は出来ないな~!です。

 ついでにこんな蛾?も見つけました!
     画像 136
 まるでガッチャマンか or デビルマンのシレーヌが飛んでいるかのような姿です。実際は、壁にへばりついているのですが・・・一体、こいつの飛ぶ姿って、どんなでしょうかね?

 話が脱線しますが、先日のマックロクロスケに似た蜘蛛ですが、偶然PCで見付けたのですが、どうも<ザトウムシ>と云う蜘蛛の仲間のようです。宮崎駿さんも何処かでこの蜘蛛に出会っていたのでは????

 話を戻して、昨日も暑い一日でした。で、今までそれほど臭わなかった栗の花が・・・。
     画像 139
 強烈に臭い始めてしまいました。先日来られたお客様が言っておられた<なまぐさい臭い>ってこれのことだったのかもしれません。
 その暑い日差しで、公民館の炬燵布団を干してきました。裏返すために、三度ほど行ったり来たりでした。
 これで午前中は終わりでした。後は、ひたすらお客様待ち・・・・・。

 チョッと退屈な一日でした。

 では、今日の作品紹介に行きます。
    画像 138
 今日の作品は、荻原季美子さんの『女』です。

 とうとう6月最終日を迎えてしまいました。ウワ~~~~~~です。まあ、良いか!!

 PCで時々<花合野美術館>を検索してみるんです。この頃、いろんなサイトに載っています。少しは、名前が知られるようになったのでしょうかね~????


<余談>
 素麵が切れたので、買い出しに行くと、冷麦を見つけました。
    画像 140
 子供のころは、ほとんど夏のお昼はコレでした。もう何十年も食べていませんでしたので、久しぶりに買ってみました。昔は、一束に一本赤や緑の麺が入って居ました。これを兄弟で取り合ったものですが、今のはたくさん入って居るようです。昭和が遠くになって来たような・・・・・。ウ~ン、あの世が近くなったとは言っていませんよ!!否、近くなってるのか??


スポンサーサイト
 今朝は快晴です。
              画像 123
 ご覧のように素晴しいお姿を見せてくれています。
 
 とっても気持ちの良い朝です。でも、朝のお陽さまを見れば・・・・暑くなるだろうな~!です。(写真をクリックして大きくして見て下さい。写真でも、眼がクラクラします。)

 さて、昨日です。
 開館を終えて・・・・・相変わらず暇だな~!でした。
 で、意を決して、畑を耕すことにしました。
画像 124
 どうです、これじゃあね。ジャガイモを育てているときは、セッセ草を抜いたのですが、雨が続き、ご覧の有様になってしまいました。
 ボチボチ、トマトに植え替えもせねば!です。
 で、鍬を持って、雑草を片付けながら、地下深い茎を持つスギナと土手から伸びた笹の根との格闘でした。
 一時間ほどしてようやく半分でした。
 手に豆が出来、今日は、これくらいにし・・・・何か声がするな~???
 土で汚れ、汗まみれの顔で、館内を覗くと・・・・・お客様でした。
 ゲゲゲゲゲ・・・、で大慌てで顔を洗い汗を拭き拭き、館内へ!
 ご挨拶をしてから、早速コーシーの準備でした。
 汗が次から次と噴き出して来るので、説明はパスでした。しばらくすると、喫茶展示室へ来られました。幾分私の汗も落ち着いてきましたので・・・・・・おしゃべり開始でした。
 中津と北九州の方4名様で、湯布院へ昨日(一昨日)来られたそうです。
 昨日は、わが美術館の場所が判らなかったそうで、他の美術館や街の散策をされ、今日(昨日)ゆっくり見ようと来て下さったそうです。
 【ポス】をご覧になられ、裸婦展をどうしても見たいとのことで、何と、わが美術館を目指されて来られたのでした。
 コーシーを飲んでいただきながら、しばらくお話をしていると、玄関でまた声が・・・・お客様でした。(不思議にダブります。)
 今度は、若い女性がお一人で見えられました。
 「良いですか!」「どうぞどうぞ!あとでコーヒーをお出ししますので、ゆっくりご覧になられて下さい。」でした。
 最初のお客様と楽しくお話をさせていただきながら、後のお客様を待ちました。タイミング良く??前のお客様達が気を利かせて下さったのか??入れ替わりになり、とても助かりました。
 前のお客様を、お見送りした後、(本当はもっとゆっくりお話をしたかったのですが・・・逃げられてしまいました?自分たちが来ると、お客様が増えるとおっしゃられていました。是非またお客様を引き寄せに来て下さいね!)後のお客様へコーシーをお出ししました。こちらは、大分合同新聞で裸婦展を知って来られたのでした。ありがたいことです!!
 絵を描かれて居られるようで、大きな公募展にも入選されて居られるそうです。こんなことをお聞きするとがぜん張り切って、話に弾みがついてしまいました!で、あれやこれや引っ張り出して来て、自慢話??でした。
 あっという間に時間がたってしまい・・・・たぶん一時間半くらいお引き留めしてしまったような??すみませんでした!これに懲りずにまた来て下さい!

 で、昼食を済ませて、またやる気を起こして、畑を・・・・。 
     画像 132
 一応、耕し終えました。さて、トマトが・・・すでに少し実がなり始めています。

 シャワーを浴びて着かえると・・・・ハラグロオオテントウムシさんへのご挨拶でした。 
   画像 130
 で、上の写真でお判りになりますでしょうか?気がつきましたら、えらく個体差が在る!でした。
画像 129画像 128画像 127
 どうですか?小さいものから順に三匹測ってみました。左の一番小さいものは、かろうじて1センチあるでしょうか。中のは1センチ1~2ミリくらいでしょうか。右の一番大きいものは1センチ3~4ミリもあります。
 メジャーで測るとわずか1ミリ単位ですが、直径ですので実際に見るとかなりの差です。
 特に右の写真の大きいのは、滅多にない大きさでした。
 これら三匹を含めて、5匹いました。一匹は、やはり桑の実を食べていました?(桑の実についた虫を食べているのかも???)餌のクワキジラミも少なくなってきたので・・・?

 次にやったことは、山椒(さんしょ)の枝の処分です。枝を処理するのはいいのですが、この棘が、めちゃくちゃ鋭いのです。 
   画像 125   画像 131
 で、今回がひと工夫でした。お米の袋に、段ボールを入れて、その間に切った枝を棒で押し込みました。これで安全に処理することが出来ました。(この方法、バラにも応用できそうです。)

 この作業もひと段落した処に、夢二山荘のNさんが来られました。忙しいようで、明日(今日)から伊東だそうです。コーシーを飲んでいただきながら、少しだけインターネットオークションでGET(お金も無いのに)した自慢話をしました。

 こんな楽しい一日でした。

 さて、今日から、和室展示室Ⅱの作品です。
    画像 122   画像 121
 まずは、ルイ・イカールの『イリュージョン』です。

 さて、今月もあと二日か・・・・・・。

<余談>
 腰痛で、OB会に参加できなかった先輩に、その後の様子を電話で聞きました。CT検査では、手術についての判断がつかなかったそうです。骨の間隔が2か所狭くなっているそうです。で、検査入院し、その後手術になるのでは??とのことでした。症状が、私と似ているようなので、結果次第では私目も手術???
 やっぱりしたいことは、出来る時にしとかなければ!!!悔いって、必ず残るでしょうが、何もしなかった悔いより、した後の悔いの方が良いですよね~!(歳をとれば時間が無い!です。)

保田龍門の『乳』

 今朝は晴れ。快晴とはいきませんが、清々しい朝です。
   画像 114
 朝から、お灸を据えていたので(六十肩&腰痛)お陽さまが上がってしまっていました。
 朝日は、強烈ですが、雲のお陰で涼しい空気が満ちています。正に、高原の朝です。

 では、いつもどおりハラグロテントウムシさんへ!
    画像 119
 昨日は、お天気のせいもあったかも?でしたが、この一匹だけでした。いよいよ何処かへ行ったのでしょうか?
 朝顔日記にするには、まだ朝顔がチョッと育っていません。もう少しテントウムシさんに居座ってもらいたいものです。(フミムシ君も、ほとんど居ませんので・・・?)
 で、もう一枚です。
       画像 118
 クルクル巻いた葉の中を覗き込んで見つけました。此処にも脱皮途中のサナギさんが亡くなって居ました。あれほど大きなテントウムシさんでも、自然界の掟は厳しいようです。

 ハラグロオオテントウムシさんを探していると、こんな処に・・・・。
    画像 120
 雨が多くて湿度が高かったせいでしょうか?桑の木の上の方にカタツムリを見つけました。

 写真を撮って建物に戻ろうとしたら・・・・マックロクロスケです。
        画像 117
 「千と千尋の神隠し」に出てきたマックロクロスケが我が家にも居ました!
 よく似ているでしょう!!蜘蛛でしょうが・・・・何と云う姿でしょうかね???
 この姿、ルドンの版画にも描かれていたような?
03Redon_L00_09.jpg
 ほら出ていたでしょう!!
 いったい何と云う蜘蛛何でしょうかね?(天牛さん、知っていますか?)

 マックロクロスケは、宮崎駿のスタジオジブリ映画における架空の妖怪で、ススワタリ(煤渡り、すすわたり)と言うのだそうです。「となりのトトロ」とにも登場すするそうですが・・・出ていましたっけ?

 昨日も一日暇でした。しかも六十肩が痛くて・・・・最悪でした。お灸を据えようにも、この前のドジで、丁度ツボの所を火傷していますので出来ません。イヤー、まいった!まいった!でした。
 で、ロッキングチェアーをレンチ人形から取り上げて、こんな処へ!
  画像 115
 此処が、涼しくて店番にもってこいの場所なんです!今日も、ここに座って、コーシーを飲んで・・・居眠りですかね??

 さて、作品紹介にしましょう!
       画像 116
 今日の作品は、保田龍門さんの『乳』です。こう云う地味な絵が大好きなんですが・・・一般受けしませんね。でも好きなんです!!

 気合!入れて、店番です。

 今朝は雨。
 ジトジトした梅雨の雨と云うより、涼しい雨です。高原の夏の一日に降る雨といったかんじです。
 とても涼しい・・・少し肌寒い朝です。
   画像 104
 お山は、雨雲に隠れています。昨朝の雲と違って、全く動きません。

 さて昨日です。
 昨日は日曜日・・・でしたが、お天気は台風の影響で雨でした。コリャーダメだ!で、突然、朝倉文夫記念美術館へ行くことにしました。
 カミさんと二人でのドライブは一体どれくらい振りでしょうか?
 9時開館なので、8時過ぎに出たらお昼には帰ってこれると云うことで、大慌てで出発しました。
 行きのコースは、庄内から芹川ダムの上を通り、下っていくことにしました。以前、三重町での藤野啓子さんの個展を見に行くときに教えてもらったコースです。

 で、その時にも買った、大きなどんこシイタケで創った巻きずし[どんこ寿司]を、朝地町の里の駅で昼食用にGETしました。 
      画像 110
 写真下は、ついでに買った草餅です。(実際は5ケいりです。2つ食べました。)草餅は、もうひとつ買って板井さんへのお土産にしました。

 一時間ほどのドライブでどうにか到着しました。

 まずは、板井文雄さんの個展を拝見しました。
  画像 109
 送っていただいたパンフよりやはり実物の方が素晴らしかったです。残念ながら、ご本人はまだ来られていませんでした。

 ついでに本館の方も久しぶりでしたので見に行くことにしました。

 途中の通路沿いにある梅が、ご覧のように沢山実を落としていました。
        画像 106
 完熟梅でしたので、ジャムにでもしたら・・・・・でしたが。

 屋外展示物もかなり変わっている様な?????記憶が定かではありません。
      画像 107
 
 で、本館の入口です。
   画像 108
 内部の撮影はもちろん駄目ですので・・写真は此処まででした。

 代表作の<墓守>の像は、やはり素晴らしい彫刻でした。で、早速受付の人に質問でした。「この作品は二席になったとありますが、一席はどなたの作品だったのでしょうか?」普通に沸く疑問でした。
 答えは、「一席は、以後の出品作が無審査となるので、二席が最高なんです。」だそうです。実際は、トップでしたが一席にすると、以後の出品作が良くなくても無審査となる制度だったので、二席になったのだそうです。

 30分ほど館内を見て回った後、帰路につきました。
 途中一ヶ所道を間違えましたが、帰りは湯平温泉を抜けるコースで帰ってきました。

 [どんこ寿司]で、昼食を済ませた後、早速、ハラグロテントウムシ君へご挨拶でした。
    画像 112
 で、次の写真は脱ぎ捨てられたサナギ時代の殻です。
    画像 113
 
 こんなちっこいテントウムシらしき虫も居ました。
   画像 111
 ほぼ同倍率での写真ですので比較してみてください。

 おまけの一枚です。 
       画像 105
 蛾の一種でしょうか?交尾の真っ最中でした。

 夜は、地域の寄り合いでした。
 7月8月は、行事が目白押しです。美術館をほったらかしで、忙しくなりそうです。

 さて、今日はもう27日です。昨日までの今月の入場料収入が4000円、店仕舞いの足音が聞こえてきます。何処かに、貧乏神が棲みついている様な???でも、貧乏神が出ていくと入れ替わりに福の神が来ると云うので・・・出て行ってくれるかが問題です?
 今朝は曇り。雨模様ではありますが、まだ雨粒は落ちていません。
    画像 094
 お山に懸った雲が、すごいスピードで右から左へ流れています。上空に速い気流が在るようです。台風の影響でしょうか?

 さて、ハラグロオオテントウムシさんです。
画像 099画像 097画像 098
 見つけていたさなぎがすべて羽化したようです。いちばん左は前からの成虫ですが、真ん中は羽化したばかりの成虫です。身体の下には脱ぎ捨てた殻が在ります。で、右の写真は、羽化したばかりの成虫が桑の実を食べている処です。どうも羽化したては、アブラムシを食べれないのではないでしょうか?桑の実を食べていましたので・・?
 次の写真のサナギさんは、少し変だと思っていましたが・・・。
    画像 090
 羽化の途中で死んでいたようです。たぶん殻を脱ぎ棄てきれなかったために死んでしまったか?羽化の途中、身体が柔らかく全く無防備になる瞬間に、他の虫に襲われたのではないかと思います。(合掌)

 さて昨日です。
 どう見ても下のおばあちゃんの畑との境にある側溝が見苦しい!
         画像 096
 意を決して、清掃でした。どうです、奇麗になったでしょう!実は、古い側溝で、継目が弱っているんで、草を抜くと水漏れがひどくなったり、ずれて落ちてしまうのでは・・・で、躊躇していたのです。

 知り合いの彫刻家(駅アートホールの展示で知り合ったのです。)板井文雄さんからパンフレットが届きました。
         画像 100
 現在、朝倉文夫記念館で個展をされています。ご案内の電話をいただいたのですが、行けないので送って下さったようです。
 奥様が編集されたそうですが、大変良く出来ていました。
    画像 102   画像 101
 こうしてみると、「良い仕事ですね~!」でした。右の写真のデッサンも、中々素晴らしいです。個展も盛会なようで、良かったです。お礼の電話で、「その内に遊びに行きます!」とのことでした。

 夕方、ハラグロテントウムシさんの様子を見に行くと、裏のご主人にいただいてしまいました!
        画像 095
 採ったばかりのジャガイモと玉ねぎでした。ありがとうございました!
 で、大慌てで、私目の畑のジャガイモの収穫でした。
   画像 093
 わが畑のは、小さいものばかりで・・・・・それでも袋いっぱいになりました。これで、今年は玉ネギとジャガイモは大丈夫なようです。

 夕方、台風の影響でしょう!雨になりました。で、下の畑で作業をされていたおばあちゃんを送って行きがてら、乙丸温泉へ行きました。

 相変わらずの一日でした。

 さて、今日の作品紹介は、小島 功さんの挿絵原画『プラハの春』(仮称)です。
    画像 103

 今日は、日曜日ですが、生憎のお天気・・・暇でしょうね?この分だと、今月の収入は・・・まあ、良いか!!

 今朝は、快晴中の快晴です。
 やはり梅雨は明けていました。気象庁より私の感の方が優れていると云うことです。エヘン!エヘン!
 そもそも季節の移ろいとは、人間の五感から・・・・まあ良いでしょう。
 ブチブチはさて置いて、まずはお山です。
    画像 078
 強烈な太陽の光です。お山の右側麓に、わずかに朝霧が懸っています。

 昨日も暑い一日で、アジサイも少しぐったりしていました。
    画像 085   画像 084
 右の写真は絡み付いていた烏瓜の蔓です。一日で干からびてしまいました。

 裏の畑は、ご覧の有様です。
         画像 089
 ボチボチジャガイモを収穫して、トマトに植え替えましょう!

 さて、ハラグロオオテントウムシさんですが・・・・限界です、
 何と、成虫が4匹、サナギも4匹です。
画像 082画像 081画像 086画像 083(最後の一枚は、葉っぱの裏側からしか撮れませんでした。)

画像 087画像 091画像 092画像 090

 これでは、写真がハラグロテントウムシに占拠されてしまいます。で、明日からは枚数を減らします。

 ところで、昨日したことは????暑かったので・・・ボケて来て昨日したことを忘れました。何てね!
 忘れると云うより、記事になるようなことをしなかっただけでした。

 と云うことで、作品紹介にします。
       画像 080   画像 079
 徳永貞一さんの墨彩画『観音像』です。

 今日も暑くなるでしょうね・・・・・!子どもの頃だったら、モチ泳ぎに行っていましたが、60のおっさん?お爺さん?が泳いで居たら・・・・やっぱし変ですよね。

<お詫び>
 昨日紹介いたしましたカミキリムシは、シロスジカミキリと云うそうで、大型のカミキリムシですがどうも5センチくらいなんだそうです。10センチ以上あったと書いてしまいましたが、間違いでした。すみません!(でも、大きかったがな~~?)
 今朝は・・・・雲の多い晴れ?です。
 たぶん梅雨と夏が、しのぎを削って居るのでしょう!私の予想では、夏が勝つのでは・・・。

 お山は・・・残念ながら、山頂にホンの少し雲が残っています。
   画像 065    画像 066
 見渡す稲田は、いつのまにか青々と育っています。こうなっては、【逆さ由布】は撮れません。

 さて昨日です。
 私の感覚では、梅雨は明けた!で、草刈でした。

 長雨のせいで、かなり伸び放題になって居ました。
 腰の痛みにもめげずに頑張った結果が下の写真です。
             画像 068
 どうですか、中庭も裏庭もゴルフ場のようになっているでしょう!

           画像 070  画像 067
 上と下の境もご覧のように奇麗にしました。

 クヌギが大きくなって、こんなものが来ていました。
画像 069
 カミキリ屋さんが喜びそうな大きなカミキリムシさんでした。触覚を除けても10センチ以上あるようでした。クヌギの根元に居たので、気がつかずに、少し触覚を刎ねてしまいました。御免ね!

 草刈を終えた後、残り湯に入って、サッパリした後に、いつものハラグロテントウムシ探しでした。
 昨日は、ご覧のように、てんこ盛り状態になりました。何と成虫が4匹です。
画像 072 画像 075画像 073画像 076
 昨日のブログに書いたとおりに、4匹です。ビックリでした。しかも、下の写真です。
画像 071画像 074画像 077
 サナギも3匹です。今まで、どうして気がつかなかったのでしょうかね???

 卵は何処に産むのでしょうか???枝を伐採するのですが・・・その時に切り落とさないようにしないと!

 後は・・・・・「暑ちぃ~!熱ちぃ~!・・・!」を叫び続けました。ホントに熱い一日でした。

 さて、久しぶりに作品紹介です。
       画像 030
 日本画家 稗田一穂さんの『裸婦』のデッサンです。

 今日も、暑い一日になるのでしょうか?今のところ涼しいのですがね。
 寝苦しい夜だったので、少し寝不足です。休館日ですので、もう少し寝坊しても良いのですが、ゴミ出しでしたので、起きざるを得ませんでした。
 このゴミ出しが、この頃辛いです。朝起きてすぐは、腰の調子が良くありません。しかもゴミを片手で持つので、重心がどちらかへ偏るために、どうしても腰に負担が懸ってしまうのです。
 昨朝の件もあり今朝は[せんねん灸]は・・・やっぱり後で?
 昨朝のドジで、カチカチ山の狸よろしく、肩に4センチ大の水泡が出来てしまいました。なんともはや情けない話です。

 さて、今朝も曇りですが、雨になりそうにないような空模様です。
    画像 048
 お山もご覧のように、お顔を出そうか出すまいか?です。

 お山の写真の次は、いつもの写真です。そう、ハラグロオオテントウムシさんです。
 サナギさんに変化無しでした。 
           画像 061
 で、昨日は何と三匹の成虫さんにお目に懸ってしまいました。
<NO1>
  画像 064
<NO2>
          画像 062
<NO3>
                 画像 063
 この分で行けば、今日は4匹となるのですが、そうは問屋が卸さないでしょうね!

 さて、表題の話にしましょう!
 お昼からは、駅アートホールで、8月24日から9月22日までの一月間展示される洋画家の山崎哲一郎さんのアトリエを訪問しました。
 アトリエは大分市と云っても狭間に近い場所でした。閑静な住宅街の中の自宅の中の広いお部屋がアトリエでした。
   画像 060
 案内いただいてお部屋に入ると、裏返しに置かれた200号のキャンパスの前に50号と20号の作品が置かれていました。
 どちらの作品も、当然主題は【化石】でした。
 私たちには既に完成された絵に見えましたが、「この絵を今度の展示会に出すのです。一旦額に納めたのですが、どうも気になり手を入れています。まだ80%くらいですかね・・・。」とのことでした。
 お話を伺い始めて、失敗に気がつきました。訪問の前に予備知識で、PCで作家さんのことを事前に調べてくるのをカチカチ山騒動で、すっかり忘れて来てしまったのでした。
 山崎さんは、大分大学の教育学部を出られ、58歳まで大分市内の中学校の教員をされていたそうです。
 58歳の時に文化庁の海外派遣研修に応募され、その決定を機に教職を辞されて、画業に専念されることにされたそうです。
 もちろん絵は大学時代から描かれていたそうです。身近なものをテーマに据えてと考え、自分の一番好きな石、特に化石をテーマに一度描かれたのですが2年ほどで、一旦このテーマを離れ、10年ほど経ってから、再度テーマに据えられて、現在に至っておられるとのことでした。
 事務的な話などを終えた後に、そのテーマで使ったコレクションの一部を見せていただきました。 
    画像 050
 この写真に写って居るのは見せていただいたホンの一部です。実際は、広いお部屋いっぱいに、始めてみる金鉱石や恐竜の化石など貴重な石・化石を並べた下さいました。(後で片付けられるのが大変だったと思います。)
 2時間ほど楽しい時間を過ごさせていただいたあと、湯布院への帰路に着きました。

 あと丁度2ヶ月後に、描きかけだった絵がどんな姿に変わって、私たちの目の前に姿を現すのか楽しみです。

 ところで、アトリエ訪問の真っ最中に、北九州の友人から「今、美術館の近くまで来ているけど・・・。」でした。残念ながら、引き返すのに1時間掛かります。売上の少ない梅雨の6月、貴重な収入を失くしました。残念!夕方、その友人にお詫びの電話を入れると、「神楽女湖の菖蒲を見に行って、カミさんがコーヒーを飲みたいと言ったので・・・・。」でした。何と、私目のコーシーが目当てでした。少しは腕が上がったでしょうか????
 この次は、きっと美味しい?(由布院で2番目に不味いが正しい!)コーシーを出しますからね!!
 

<余談>
 今日は6月23日、<沖縄慰霊の日>です。去年の今日は、戸畑の方の自宅の裏の先輩と沖縄の地に行っていたのでした。その先輩が、脳こうそくで倒れ、現在は介護施設に入居してしまっています。
 同伴者が居り、許可が在れば外出もできるのですが・・・・痴呆の方がほとんどの施設、比較的元気な先輩にとって、この施設はどうなのでしょうか?と考えさせられます。かと云って、私に出来ることは、月に一度会いに行くことくらいですが・・去年の二人の沖縄行を思い起こせば、昔日の感が在ります。
 元気でしたら、今年も沖縄に行くと言っていました。また、【風の盆】にも・・・・・。
 最後に行き残したと云う、美山町自然文化村へ、いつの日か連れて行けたら・・・・・・。
 また雨です。
 でも、この写真の時は降って居ませんでした。
   画像 036
 写真を撮って、ゴミ出しの準備をしていると降り始めました。ただ、空の感じは、梅雨明けも近いと感じます。

 今朝は、朝っぱらから大ドジをしてしまいました。[せんねん灸]を据えたのですが、最後の一つがシャツに燃え移ってしまいました。えらく熱いな~・・・・アチチチチ!でした。郷ひろみじゃあるまいし、飛び上ってしまいました。で、火傷です。六十面さげたおっさんのすることでは無いですね!

 さて、ドジの話はこれ位にして、昨日です。
 お天気が良かったので、早速溜まって居た洗濯ものを干しました。
 で、ハラグロテントウムシさんへご挨拶!
   画像 044   画像 043
 居た居た!でした。
 さなぎの方は・・・・・・。
    画像 046
 変化無しでした。
 幼虫さんは、どうも食事中でしょうか?見つかりませんでした。
 と・・・・・・・・。
       画像 047
 もう一匹発見!でした。初めて二匹の成虫を見ることが出来ました。

 ところで昨日は何と三組三名のお客様でした。
 お昼を済ませて、今日もノンビリだな~と裏でフリーセルをして遊んでいると???音がするような・・・。
 で、出ると、お客様でした。電話をいただいていた豊後長洲(宇佐)のMさんが来てくれていました。気がついた時は、既に館内をご覧になられた後でしたので、早速コーシーをお出ししました。
 で、お土産をいただいてしまいました。
    画像 037
 何とリトグラフと手前の唐辛子入り味噌?です。ありがとうございました!!
 変な取り合わせですが・・・リトは、知人から頂いたものだそうです。唐辛子味噌の方は手作り(Mさんorお母さん)で、ピリッとして、味噌の甘みと合わさった味で、いろんなものと組み合わせて食べられそうです。(設計事務所でなくてこっちの方が向いているかも?)
 
 と、駅ホールの梅ちゃんが遊びに来てくれました。

 で、続いて門司港のKさんが、「職場旅行の自由時間だったので寄りました!」と来て下さいました。何で一緒の時間になるの・・・・でした。バラバラに来てくれると一番ありがたいのですが、不思議なものです。

 どうも三人を相手に・・・・出来ない!で、梅ちゃんは仲間ですしいつでも会えるので「勝手に遊んでね!」でした。
 Kさんとは、去年のお盆に亡くなった友人の思い出を話しました。「そう云えばもう直一年だね~。」でした。ひとりで水を時々汲みに来られているそうなので、その時には寄って下さいとお願いしました。
 自転車で来られていたので、汗を拭き拭き、駅へ向かって帰って行かれました。

 梅ちゃんとKさんが帰った後、Mさんと絵の話や・・・・の話で、慰めた?貶した?でした。5時近くまで話し込んでしまいました。「今度は、夏休みが終わった頃に来ます。」と笑顔で帰って行かれました。

 さて、温泉に行こうかな?と戸締りを済ませると、ガラス戸を叩く音が・・・・。
   画像 042
 下の畑のご主人が「小さいけど、玉ねぎ置いといたから!」でした。ありがとうございました!!

 温泉の生き返りで、こんなモノに出会いました。
   画像 039   画像 038
 自動車にぶっつかった?チョウチョさんとホタルブクロです。決して、眼を皿のようにしている訳では無いのですが、虫やお花が眼に入ります。それだけ、自然が在ると云うことでしょうかね。

 で、温泉からの帰り道で、お菓子屋のご主人から電話でした。「アジサイが奇麗だから採りに来んね!」「アジサイはいっぱい咲いてるから要らない!」「うちのは珍しのだよ!」
 で、いただいてきました。
    画像 040   画像 041
 左のお花が、そのアジサイです。カシワバアジサイと云うのだそうです。右は、フサスグリです。これ以外にもネギやニンジンなど手に余るほどもらってしまいました。ありがとうございました!!

 この頃、頂きものと虫のブログになっている様な?????

 とにかく、楽しい一日でした!!!

 今日は、お昼から洋画家の山崎哲一郎さんのアトリエを訪問させていただきます。楽しみです!!

 今朝は、曇り??
 明け方近くまで、凄い雨でしたし、また降りだしそうな空模様ですが、今現在は、雨粒が落ちていません。
  画像 022
 ご覧の様な、お姿です。梅雨明けが近いような雰囲気でもあります。

 さて、昨日ですが、雨が止みましたので、お菓子屋のご主人にいただいたツツジを植えました。
  画像 031  画像 032
 5本いただきましたが、1本だけ大きな石に阻まれて、裏庭へ(右の写真です。)
 左の写真の右上に写って居るよりもはるかに大きな石が埋まっており、「どげちこげち、みのけなだい!」(豊前弁で、どうにもこうにも大変だ!)でした。

 作業を終えて、一息ついていると、ホンの一瞬でしたが、お山が姿を現して下さいました。
   画像 029
 曇り空でしたが・・・・アジサイとコラボしてみました。

 ゆっくりしていると、水音がします。何と、いつも空沢の裏の小川に水が・・・・。
   画像 033
 裏のご主人が、上の溝の流れ込み口を掃除して下さったそうです。私も、時々掃除しなければ・・・です。これでホタルや沢ガニが元気になってくれると思います。

 更に、この大雨のせいで、何と我が家の側溝にも小川のように水が流れていました。
  画像 034  画像 035
 側溝ですから??水源を探ると、上との境の崖のブロックの隙間から、右の写真のように水が湧き出していました。この地での4年で始めて見ましたが、いかに今年の梅雨の水量が多いか!です。

 フサスグリがルビー色に輝いてきました。
   画像 028
 
 このキノコ達も・・・・。
  画像 027   画像 026
 今が盛りのようで、間もなく姿を消すでしょう。

 この感じ・・・どうも梅雨明けが近付いているようです。要するに、周りに色が付いて来ているのです。何と云うか?梅雨の白黒の感じから、カラフルな感じに、空気が色づいてきているのです。都会では判らないでしょうね!

 さて、今日の表題の、主役登場です!!!!
 お昼過ぎから、こんなお天気ではハラグロオオテントウムシ君は来ないだろうな?でしたが・・・居た!!
 と云うより、どうも孵った!のようでした。
      画像 023
 ハラグロオオテントウムシ君の上に写って居るのがどうも脱ぎ捨てた殻ではないでしょうか?写真を取る間も、ジッと動きませんでした。

 で、やっぱりこのでかい幼虫は、ハラグロオオテントウムシ君の幼虫だったのです。
画像 024
 しっかりサナギも見つけました!
画像 025
 昨日はこのハラグロオオテントウムシの三態を同時に見ることが出来ました。と云うことは、来年も観れると云うことでしょうね!
 この桑木は、ハラグロオオテントウムシの[親木]?になったのでしょうかね?四年前は、切り株に少しだけ芽を出した小さな木でしたが・・・・わが美術館もこう云う風に育ちたいものです。

 昨日は、これ以外にも、豊後長洲のMちゃんから電話が在ったし、夜は、会議でしたがその後は、吞み会でした。楽しいお酒で・・・・・ホントに良い一日でした!!

 さて、今日はどうでしょうかね????
 今朝も、もちろん雨です。しかもイナビカリ付きでした。
 ピカッと光ってから音がするまでの時間が、かなりありましたので、落ちたのは遠いところのようです。

 さて、まずは見えなくても、お山の写真です。
   画像 018
 毎朝これでは・・・・・・で、此れです。
  画像 019
 帯雲の懸ったお山です。昨日の夕方、雨が一旦小康状態になりました。その時に撮った一枚です。

 昨日も、結局一日雨でしたし、風邪を引いたらしくて、気分がすぐれませんでした。で、夜のアートフォーラムは欠席させてもらいました。

 日本の梅雨と云えば、湿度と温度が高くて、蒸しっとしているのですが、今年はジッとしていると寒いです。ただ、雨のせいで、湿度は、やはり高いようです。
   画像 020  画像 021
 庭の雑草の間には、いつものキノコさんが顔を出しています。雨が嬉しいようです。

 絵を見ようとして、収蔵庫から引っ張り出し、箱から出したとたんに、一瞬にして額のガラスが曇ってしまいました。今の時期は絵も出さない方が良いようです。

 体調の悪さは、気分も落ち込ませてしまいました。【鬱】とまでは云いませんが、そんな感じでした。昨日のブログの記事を読みなおしてみても、酷いな~!でした。(一旦書いたものは消すのも・・・。)

 夜のフォーラムの欠席の電話の際には、駅ホールのFさんが電話を取って、「お疲れ様です!」って挨拶してくれたのに「別に疲れてないけど・・・。」って返してしまいました。実に大人気ない!!!(反省)Fさん御免ね!

 夕方、体中に「せんねん灸」を据えました。少し気分も楽になったので、石松温泉へ、いつもの皆さんにお会いしました。
 先日、温泉で倒れられておられた方は、病院へ運ばれましたが、残念ながらお亡くなりになられたそうです。病院を退院されたばかりで、ほとんど見かけることが無かった方だそうですが・・・合掌。

 夜、早めに寝ようとしている処に、娘と息子から[父の日コール]が在りました。落ち込んでいた気分が、これでかなり良くなり、ゆっくり眠ることが出来ました。

 さて、今日の作品紹介です。
   画像 014  画像 017
 牛島義弘さんの『ビーナス』です。

 まだ20日、もう20日。梅雨明けまでもうしばらくのまだ20日、入館料収入が○○円しか無いのもう20日です。ハテサテ今日はどんな一日でしょうか???
 今朝も雨!
 かなり以前ですが、八代亜紀の<雨・雨・降れ・降れ、もっと降れ~♪>が流行った時もこんなだったことを思い出しました。
 お山を何日見ていませんかね~??
   画像 013
 [段々良く鳴る、法華の太鼓]じゃあるまいに、雨どいを伝う雨水の音も、昨朝より激しいです。

 で、昨日ですが・・・・完全に押し込められた感じでした。今日も!でしょうね。
 写真を撮ろうにも、ネタ探しが出来ません!で、こんなものでも・・・・。
 まずは、お便所に行こうとしたら・・・。  
   画像 011   画像 012
 カラスの親子が三匹、何と桑の実を食べに来ていました。親ガラスが子ガラスに、採った桑の実を口移しで与えている姿も見れました。
 次は、館内の飾り花です。
    画像 015
 摘みに行けないので、手近なところで・・・・・どくだみのお花です。消臭の効果もあるそうなので、結構使っています。

 これで写真はお仕舞いです。と云うことは記事も・・・・・・では、寂しいので、暇にまかせて、想像した珍説『アダムとイブ』をご披露しましょう!!
 キリスト教徒では無いので、いい加減なことを勝手に書くことにしますので、悪しからず!!

 まず、アダムですが、土から神様が作られたそうです。まあ、神様のおもちゃの土人形だったのでしょう。(もしかして、人形の始まりは、此れか?)
 で、次にアダムの肋骨の一本からイブを作ったそうですが、これは間違いです。たぶん、アダムを真っ二つに二つに引き剥いだのでしょう。これ位は神なんですから訳無いことでしょう!
 で、凸と凹になったのです。為に、人間は一つに成りたがる訳です。因みに、土でできているので、時々、余分な土を○ンチとして排出するのです。
 次に、アダムとイブを創った後に、植物を創ったと云うのも間違いです。順序は逆です。と云うのも、神々は、いつも美味しいものを食べているではありませんか。植物は、人間より以前から生と死=[輪廻]を繰り返していたのです。
 で、最大の出来事【楽園追放】です。
 <禁断の実>を食べたので自分たちが裸だと云うことに気がついた。で、エデンの園を追放されることになったのですが、これは人間が性の交わりで、命を生みだす=【増える】ことを知ったからだと思います。【増える】と云うことは大変重要です。数が増えることは、神をも凌駕することに繋がるからです。数は力だったのです。神は数を増すことで、巨人族を滅ぼせたのです。人間が数を増せば、神をも滅ぼす兼ねないと危惧したのです。
 この時、蛇は、ただ植物がどうして増えるのかをアダムとイブに教えたのです。このために蛇は、喋れなくなった=言葉を失ったのです。他にも鳴き声を持たない生き物は居ますが、たぶん鳴き声を上げないだけor人間には聞こえないだけです。
 神々は、いろんなものを創造する=増やすことが出来ます。その能力(命を生み出すく能力=数を増やす力)をアダムとイブにも与えていたが、そのこと(能力を持っていること)を教えていなかった。
 その能力持っていることを、植物に教わったことで、命を創造する力=数を増やす能力を持ってしまった訳です。この為に、エデンの園を追放され、自分で生きていく様に放り出された訳です。
 この時に、原罪=罰として、数を増やさないために、【死】を【運命】として与えたのです。
 ところが、この【死】と云う神も持たない【力】を与えたことが、さらにことを難しくしてしまいました。  
 【死】は、人間を【苦】から解放することが出来るのですが、他の動物や神でさえ持っていない力を自分で行使できる【自殺】と云う強力な力を秘めているのです。
 この力を封じ込めるために神は人間に、【死】に対する【怖れ】を与えなければなりませんでした。
 ところが、またまたパンドラの箱を開けたことで、人間は【絶望】を知ってしまいました。
 この【絶望】は、【自殺】の封印として与えた、【死】に対する【怖れ】を超えてしまう力でした。
 此処で、神はまたもや【自殺】の新たなる[封印]を考えねばならなくなったのです。その新たなる[封印]こそが、【希望】です。エデンの園にあったものを手に入れることが出来ると云う【希望】を与えることで、神さえ持たぬ力=【死を自分で選択する力=自殺】を封印したのです。
 このところ、この封印が緩んだのか?自殺する人が増えているようです。さて、次なる封印は【何】でしょうか?ね。

 こんなことを考えると神の子イエスが、人間を原罪から救うって何??ってなってしまうんですけどね。【希望】の象徴がイエスなのでしょうか?ね。

 ついでですが、仏教は人間が生まれてきた経緯には触れていないように思います。この点、はキリスト教よりチョッと・・・・・。

 どうですか?この珍説。もう少し文章が上手かったら・・・。でも、これってもしかしたら珍説では無くて、知らなかっただけでしょうか?


<余談>
 先日、スーパーで辛子めんたいを一パック買ってきました。ががが・・・ひとり暮らしでは、賞味期限内に食べるには、毎食食べなければなりません。で、このところお昼は毎日と云っていい位、此れです!
    画像 016
 [たらこスパ]です。麺を湯掻いて、玉ねぎやベーコンを入れて、辛子めんたいと混ぜて炒めるだけですが・・こう続けると、厭になってきました。
 と云っても、今日のお昼もこれになりそうです・・・トホホホホ!
 今朝は、本降りの雨になりました。
  画像 001
 もちろん、お山も雨雲の中です。

 よく言われるセリフに「身体にカビが生える!」が在りますが、まさにそのとおりです。とは云うものの、去年もこんなだったのかな??梅雨ですからね。

 さて昨日です。
 午前中は、霧雨の様なお天気でした。
 で、手紙を一通書いて、郵便ポストに出しに行って、戻って来ると丁度小包が届きました。
 届いたものが、此れです。古裂會さんからのオークションカタログです。
    画像 009    画像 008
 早速、ページをめくると・・・・やはり日本人の技は凄い!!こんなものは外国の職人さんには出来るかな?です。右の写真の伊勢エビですが、すべて象牙で、本当にリアルに出来ています。(但し、入札開始価格は流石の40万円です。時が時でしたら・・・今は、到底手が出ません。)これ以外にも、たくさん素晴らしいものが出品されていました。
 ご覧になりたい方は、ついでにわが美術館の展示も見て下さいね・・ついでで良いですから!!何てね。

 お昼からは雨も上がったので、早速草刈でした。 
 まだまだ梅雨明けは先なので、取りあえずお客様から見える駐車場だけ刈りました。
   画像 005
 草が伸びすぎて、カヤツリグサの駐車ラインをハッキリさせるのと、カヤツリグサも伸びすぎていたので少し刈りました。

 ついでに、折れて枯れていたクヌギの枝も切り落としました。
   画像 004
 枝のバランスが悪くなったので、取りあえず丸裸にしましたが・・・・。

 作業を終える頃に、お隣のご主人が田んぼから帰って来られました。で、「防火用水池に水が入って来ていないが・・・?」とお聞きすると、防火用水への水の流れを辿り、すぐに問題解決でした。水利について、みんなが知って居ないと困るなと仰っていました。

 夕方、閉館し、さて温泉へと準備している処に、お菓子屋のご主人がいらっしゃいました。
   画像 003   画像 002
 以前下さると言っておられたツツジを持って来てくれたのです。
 さて、これをどうしたものでしょうか??雨が上ったら玄関脇にでも植えましょう!!で、右の写真は、おまけにいただいたスイカです。(正直、こっちのスイカの方が大歓迎でした。)
 ありがとうございました!!

 で、昨日は、歩いて石松温泉に向かったのですが、着く直前で目の前に車が止まり、「今日は、事件が在って入れないよ!」でした。どうも何方かが中で亡くなられたようでした。いつもでしたら丁度行っていた時間でしたので・・・・せめて知り合いの方でなければ良いのですが。で、Uターンして、一旦家に戻り、車で出直して、買い物のついでに乙丸温泉へ入りました。
 乙丸温泉からの帰りに石松温泉の前を通りましたが、テレビに出てくる事件現場保存の黄色いテープが張られていました。倒れられた時に、行き合わせていたら、せめて救急車を呼べたのですが・・・。(吾輩、救急救命の講習を受けていました・・とは云うものの、ほとんど忘れました。)

 さて、今日の作品紹介です。
画像 007    画像 006
 古茂田守介さんのエッチング『貝と裸婦』です。

 さて、せっかくの土曜日ですが・・・この雨では、お客様は無いでしょうから、何をして暇をつぶしましょうかね??

<一句>
     [ 梅雨の聲 暇ひまヒマと 耳につき ]

 会う人ごとに、「この雨で、人出が・・・。」です。と、雨音までがヒマ・ヒマ・ヒマと聞こえてきそうです。
 今朝も雨です。霧雨の様な細かい雨が降っています。
画像 032
 霧雨も重なれば、視界を失くしてしまうようで、ご覧のとおり、お山は見えません。

 こんな天気を、喜んでいるのは、このアジサイでしょうか?
画像 033
 お花を広げ、七色に変わるという色をつけ始めました。

 さて昨日です。
 開館準備で、玄関を掃除している処に、お隣のご主人が回覧板を持って来られました。「上がって観ていきませんか!」とお声を掛けたのですが「イヤー・・・・。」でした。で、「お客様は一日に何人くらい来るのかい?」「一日と云うより一ヶ月で20人くらいです。」「・・・・・!」「やっぱり場所が・・ですね。」でした。
 昨日のお客様?は、このご主人だけでした。もっとも絵はご覧になられませんでしたがね。

 午前中は、掃除をしたり、屋根裏に上がったりでした。幸い、雨漏りは大したことはありませんでした。

 お昼からは、コーヒーを飲みながら・・・・・ひたすらボンヤリでした。

 此処で、唯一ブログネタの写真の紹介です。
   画像 035  画像 036
 3時頃でしたでしょうか?雨が小振りになり、帯雲が懸って居ました。で、何故か?湯の坪とおり辺りだけが明るいんです。こちら側は暗いので、人は、こんな天気でもあっち側には来ているんだろうな・・・何ちゃって!

 一日、こんな感じでボンヤリでしたって、このところ、否、一年中ズ~~~~~~ッとそんな感じですかね。

 さて、今日の作品紹介です。
画像 034
 菊地辰幸さんの油絵『裸婦』です。

 明日は、週末です。少しでもお天気になってくれれば・・・・・お天気は関係無いかも??

 オッとボチボチ次回の企画を考えねば・・・・でした。
 ひどい雨が昨夜から降り続いています。
   画像 022
 お山もご覧のように、雨雲に覆われてしまっています。

 雨漏りの音も聞こえていますので、後で屋根裏に昇らなければ・・・です。
ブルーシートとバケツを置いていますので、天井から漏れては来ませんが・・・。修繕して、どうにか治って居たのですが、これほどの雨になると防げないようです。
 (愚痴っても仕方ないのですが、改築の大分市の業者を誤ったのが原因です。悪徳業者とは云いませんが、ダメ業者でした。知り合いの紹介で信頼して・・・ですが、今になってみれば、地元の業者に依頼すれば良かったです。)

 さて昨日です。
 ブログを書き終え、朝食を済ませて、いつもより早めの開館の準備をしていると、もう神社清掃に何人か来られているようでした。
 用事を済ませて、駆けつけ、早速作業開始でした。それでも集合時間の45分前です。
 で、30分ほどでご覧のように奇麗になりました。
        画像 031
 掃除が終わると公民館で集まりでした。此処でようやく集合時間でした。
 話は、もっぱら旅行をどうするか?でした。行くのか行かないのか?行くとすればどういう形で何処に?でしたが、雨のせいで出席者が少なかったため、次回へ繰越されました。
 帰る際に、お菓子と合せて、健康のための万歩計をいただいてしまいました。
 画像 030
 早速着けて、昨日一日で歩いた数値は4921歩でした。家の中だけでも結構歩いているようです。

 午前中は、これでお仕舞いでした。

 お昼からは、絵や彫刻を引っ張り出して来て、お客様待ちでした。

 と、お客様・・・では無くて、並柳(なみやなぎ)のAさんが遊びに来たのでした。コーシーを飲みながら、一時間ほどお話をして帰って行かれました。

 見送りに出て、ついでにブログのネタ写真をパチリでした。
 まずは、この写真です。
  画像 027
 先日の雨と風で折れてしまっていたクヌギの枝です。
 応急処置はしたのですが、やはり枯れてしまいました。晴れたら、切ってあげます。

 次は、去年お菓子屋のご主人にいただいたフサスグリです。
    画像 025
 小さな丸い実が、ルビー色になってきました。来年は、もっと一杯実をつけてくれるでしょう!

 最後に、気がついたのが此れです。
    画像 028   画像 029
 たくさんの小さな小さなキノコが、繁茂した草の間から顔を出していました。こんなのを見ると、妖精さんて居るんじゃないかな??って思いますよね~!(還暦を迎え、敬老会に入ったおっさん?お爺さん?の云うことじゃ無い様な・・・。)

 ところで、夕方こんなものが二番目の娘から届きました。
    画像 026
 ティーセットです。何と!何と!昨日は。カミさんと私の○○回の結婚記念日でした。で・・・・・何で娘から???夜、電話すると、結婚記念日の祝いと父の日と母の日をまとめたプレゼントだそうです。
 その後、長女からもお祝いの電話をもらいました。これも、お嫁に行っていないせいかな?嫁いでいればそれどころでは無いでしょうからね。
 いずれにしても、嬉しかったです!!(本当だったら、夫婦で何かするべきでしょうが・・・今度来たときに・・・?)

 さて、今日の作品です。
画像 024   画像 023
 古沢岩美さんの『裸婦』です。

 梅雨なので仕方ないですが・・・やはり雨の日がこう続くと気分が落ち込んでしまいますね。

<一句>
     [ シトシトと シトシトシトと 梅雨の音 ]

 二日も三日も続く雨を詠んでみました。

<おまけの一句>

     [ 屁をへれど 笑うものとて つゆの雨 ]

 今、おならをしたのではなくて、ひとりで朝食の準備していて、結婚記念日を思い浮かべながら、フト思いつきましたので・・・・。

 今にも降り出しそうな空気になってきました。
   画像 015
 このお山の写真では、朝霧に見えますが、雨の前兆のような感じの霞です。

 今朝は、敬老会に入会して二度目の神社清掃ですが・・・雨の日はどうするんでしょうか?とりあえず、時間になったら行ってみます。

 さて昨日です。
 相変わらず、ブログのネタ探し?と云う訳では無いのですが・・・ブラブラでした。
 薔薇のお花も終わったようです。
     画像 021
 結局、雨の降り続く中に咲いていたので、あまりパッとしませんでしたね。

 ハラグロオオテントウムシさんも来なくなりました。で、見つけたのが此れです。
    画像 018
 カタツムリさんです。梅雨と云えばテントウムシよりこっちですが、こんな上の方に昇って居ました。マイマイカブリやシデムシなどの天敵から逃げるには、これ位しないと・・でしょうか?

 もうひとつ梅雨の風物詩?です。
画像 019   画像 020
 洗濯ものを干していて、足もとの白い点々に気がつきました。マッシュルームの様な白い球形のキノコです。

 こんな写真を撮ったりして、館内と外回りを行ったり来たりしていて、フト駐車場から出ていこうとしている車を見つけました。玄関を見ると、このチラシの入った封筒が置いてありました。
    画像 017
 直方谷尾美術館で開催される≪山喜多二郎太展≫(会期;7/2~9/19)です。(好きな作家のおひとり何ですが、この作家さんの名前、何処までが名字で、何処からが名前なのか???)
 で、このチラシを乗用車で持ってきたのかな?・・・・で、外に貼り終えて・・・やっぱり何か変!!
 料金箱を覗くと1000円札が入って居ました。アリャー!やっぱりお客様だったのでした。コーシーもお出ししていませんのに・・・ありがとうございました&済みませんでした!でした。

 3時からは、豊和銀行ロビーの展示の立ち会いに行ってきました。写真展を開いていただくようにお願いしていましたので、そのお手伝いにと駆け付けたのです。
 ほぼ終わるのを見届けて、美術館へ戻って来ると、またまたチラシが届いていました。
    画像 016
 今度は、朝倉文夫美術館で開催される≪板井文雄展≫(会期;6・8~7/3)でした。このチラシも、玄関横に貼りだしました。

 二日酔いの一日がどうにか終えました。
 よくよく考えてみたら、8日がOB会、9日が義父のお宅、11日がご近所の方と、で13日が写真家の大谷さんご夫妻と・・・ちょっと呑み続け過ぎたようです。当分は、アルコールを抜かないと、来月の血糖値検査とCT検査に差し支えてしまいますね!

 さて、作品です。
     画像 014
 阿部慎蔵さんの『裸婦』です。

 もう少ししたら神社清掃に行ってきます。

<一句>

     [ 摘むよりも 心に刻む つゆの花 ]

 今朝は、晴れのようですが、イマイチハッキリしないお天気です。
 お山も、ご覧の有様です。
        画像 011
 朝霧でもなさそうな???ぼんやりとしています。

 私目の頭の方も、二日酔いでぼんやりしています。どうもひとり暮らしも限界なのでしょうか?自分でも呑み過ぎだな~とは思っています。猛反省です!!

 さて昨日です。
 久しぶりに雨が上がったので、ハラグロオオテントウムシ君を探してみました。
   画像 012   画像 008
 残念ながら、あの天気では来てくれなかったようです。カラッと晴れなければ・・・・。
 おまけに、ご覧のように、枝も伸び、葉が茂ってしまいました。これでは、たとえ居たとしても???です。で、見つけたのが右の虫です。コメツキムシの一種なんですが、まだらの模様でした。一生懸命に桑の実を食べていました。

 午前中にチョッと用事で湯布院公民館へ行きました。お隣の由布院小学校の校舎の新築工事もご覧のようにかなり進んでいました。
   画像 013
 屋根の上には、ソーラーパネルも設置されていました。

 夕方、夕食の準備を終えた直後に電話でした。「今晩、空いてる?」でした。夕食の準備を済ませたばかりでしたが、これで3度目のお誘いでしたので、断れずにOKでした。
 と云うことで、二日酔いになってしまった訳です。まあ、楽しかったので良かったです!!

 さて、今日の作品です。
   画像 010    画像 009
 神路祇 隆さんの水彩画『裸婦』です。

 もう少しハッキリと晴れてくれないと洗濯物が・・・・・・。
 ようやく雨が上がった?ようです。
 でも、まだ雲が残っており、お山は裾野しか見えていません。
    画像 002
 お天気予報では、晴れてくるそうですが、まだその兆しを見ることは出来ません。カラー写真なんですが。まるでモノクロ写真で撮ったような風景になっています。

 さて昨日です。結局一日中雨でした。
 時折、強く降りました。
    画像 006
 風はそれほどではありませんでしたが、雨樋からの水が、ご覧のように勢いよく噴き出すことが多かったです。

 美術館の入り口は、少し下り坂になっているのですが、雨水が小さいですが波を作って流れていました。
画像 005
 入口の溝を奇麗にしていて良かったです。溝が無ければ、雨水が入って来ていたでしょう。

 外に出るのも億劫でしたので、一日ジ~~~~~~~~ッと息をひそめて、沈んでいました。

 夕方、小ぶりになったので、外を見るとお山が顔を出していました。
       画像 007
 また雲に隠れては・・・と、しっかり写真に収めました。

 夜、雨音も静かになり、以外に明るかったので、また外を見ると・・・!
  画像 004    画像 003
 ご覧のように、クッキリとお山が見え、盆地には低く一条の雲が懸って、面白い景色でしたのでパチリ!でした。こんな雲って、余所でも現れるのでしょうかね?(北九州では見たことはありませんでしたが・・・。)

 さて、今日の作品紹介にしましょう。
画像 001
 米倉斉加年さんの『憂気世繪の女』です。

 予報では、今日明日のお天気は晴れるようですが、土日が崩れるパターンにならなければ良いのですがね!

 まだ草が乾いていませんので、明後日くらいに草刈りでしょうか?
 今朝も雨・・・・・・。
 まさに梅雨ですね!
 お山にも、もちろん雨雲が懸っています。
    画像 363
 この雨のせいで、今日来ることになって居た娘と娘のお友達が来れなくなりました。と云うのも、娘のお友達の実家が宮崎だそうで、その実家に土砂崩れ等の心配が出て来たからだそうです。新燃岳に近いのでしょうか?何も無ければ良いのですが・・・・・。

 さて昨日です。
 ぼんやり外を見ていると、アジサイが咲き始めていました。
   画像 361
 間もなく木全体がお花になるでしょう。
 雑草も元気になっています。
        画像 362
 雨が上がれば早速草刈になるようです。

 お昼前にお隣の奥さんが、「お萩を作ったので・・。」
  画像 360
 黄粉のお萩と粽(ちまき)を持って来て下さいました。これもお土産のお返しでした。これでは繰り返しですが・・・まあ、これで良いのでしょう。

 3時頃に幼馴染の友人ご夫婦が来てくれました。
 県道50号沿いの旅館に泊まるのだそうです。コーシーを飲みながら、お互いのコレクションの自慢話で、盛り上がりました。
 その最中に、神社前のEさんから電話でした。「今夜、どう?」「待ってますよ!」でした。
 5時近くになり、「またな!」で、友人夫婦は、宿に向かいました。

 6時になるとEさんが、奥さんの手料理を持って、来られました。
 で、次の写真が<祭りの後>です。
画像 364
 つまみがたくさん残っていましたが、生酒を一本空けて、帰って行かれました。今夜は、オカズを作らなくても良いようです!!

 楽しい一日でした!!

 では、今日の作品紹介です。
画像 336   画像 330
 作者不詳の銅板レリーフ『色不異空』です。
 裸婦の横に、この般若心経の一節『色不異空』が打ち出された銅板レリーフです。
 この『色不異空』は、<色不異空 空不異色 色即是空 空即是色>と続くことは、皆さんご存知です。で、これをPCで検索すると
 
 <色は、実感がある二元のこと。空とは、実体がない一元のこと。実在するかに、物が現われるのは、実体がないのに、心が囚われるから。たとえ、同じ物を見ていても、心が異なると、見え方も異なる。移りかわる、外なる物の世界とは、映りゆく、内なる心の世界と等しい。たとえ、違う物を見ていても、心が等しいと、見え方も等しい。捕らわれた、内なる心の世界とは、捉らえた、外なる物の世界と等しい。色は、実体がない、空であり、空とは、実感がある、色である。実体がない、という、実感がある。色は空である、故に、空は色である。>

 と云うことになるのだそうですが・・・良く判りませんでした!!

 で、一句!
      <燃え尽きぬ 己が心に 夜叉を見る>


 いつの間にか梅雨入りをしていました。もう少し先かと思っていましたが、気象庁の発表だと6月5日だそうです。新聞も読まないし、テレビのニュースも見ないので、今日まで知りませんでした。
 と云うことで、昨日のお昼過ぎからズ~~~~~~~~~~ッと雨です。特に昨夜は強く降りました。何処かで土砂崩れなどの災害が無ければ良いのですが・・・・・。幸いわが美術館の雨漏りは無いようです。後で、屋根裏には上がってみます。(久しぶりなのと腰痛で落っこちないようにせねば!!)
 
 当然と云えば当然ですが、お山はご覧の状態です。
画像 358
 まあ梅雨は雨が降るから梅雨なので、当分は仕方ないですね。

 ただ今日は、幼馴染の友人が奥様と一泊(旅館泊まりです。)で来るし、明日は娘がお友達と湯布院散策に来るので・・・晴れて欲しかった!!

 さて昨日です。
 北九州から帰り着くと、郵便受けにオークションのカタログが届いていました。  
画像 354
 私は残念ながら8月まで金欠病で、参加できません!が、来館されるお客様にご覧いただいています。絵はこうして手に入れられるんですよ!です。昨日は、開いていませんので、今日ゆっくりと見させていただきます。

 で、お昼過ぎにはポスターとチラシが届きました。
画像 356
 石橋美術館で開催予定の【高島野十郎展】(会期;7/1~8/21)です。早速、配置させていただきました。機会が在れば、行ってみたいと思っていますが・・・・。
 大ファンで、画集もしっかりGETしています。
画像 355
 息子も大好きな画家の一人なので、夏休みに帰って来たら見せたいですね。

 夕方、お菓子屋のご主人が来られました。早速、持って行ったお土産のお返しでした。
画像 357
 いつもいただいてばかりだし、大したお土産でも無かったのに・・・・。ありがとうございました!

 梅千切りで、かぶれた腕を石松温泉に浸けてみました。結果は良好でしたが、夜になるとやはり痒くなりました。それでも見た目でもかなり改善されてきたようです。今日も浸けてきます。

 さて今日の作品紹介です。
画像 334
 春口光義さんの鉛筆画『自己愛の女』です。

<一句>

   「梅雨に入り 心の中にも 雨が降り」 

 お天気が悪いと、気が滅入ってきますね。でもこの雨が無いと大変なことに・・・。
 10時半頃に帰りつきました。
 開館を済ませ、北九州から持って帰ったものや途中の道の駅≪メタセの森≫で買ったものを始末して、ご近所と川西のAさん宅へお土産(大したものではありません!)を持って行きました。
 お昼すぎてようやくブログに取り掛かっています。
 まずはお山の写真です。
    画像 353
 この写真を撮った時は、まだ雨は降って居ませんでしたが、お山はご覧のとおり雲の中でした。

 現在は、カミナリ様が鳴り響き、夕立の様なかなり激しい雨が降っています。天気予報が当たったようです。

 さて、留守をしていた二日間で、雑草がかなり伸び、おまけにこんなものも生えていました。
  画像 349
 毎年、この時期に見られるニガクリタケです。留守の間、こちらは雨だったのでしょうか?

 裏庭の桑の実も熟して、落ちているものもありました。残念ながら、ハラグロオオテントウムシは居ませんでした。

 さて、昨日です。
 梅の実を千切って欲しいとのことで、まあ一時間もあれば・・・と出かけました。
 ところが・・・・・・伸び放題の枝にびっしりでした。但し、この伸び放題の枝が曲者で、鋸で切りながらの、収穫でした。2年目の枝に花が咲いて実がつくので、枝は毎年切らなければならないのですが・・・・。
 後で聞いたのですが、収穫した梅の実は、全部で35キロほどあったそうです。
 で、右腕はご覧の有様に!!!
   画像 350
 草負け?毛虫???でしょうか?現在もご覧のようにブツブツに腫れています。

 一時間ほどと思っていましたが、30分ほどオーバーしてようやく作業が終わりました。一旦家に帰って服を着替えて、今度は二人の美人の先輩を迎えに行き、脳こうそくの治療の後、介護ホームに入った先輩を訪ねました。
 一緒に行った先輩の持って来て下さった写真とお菓子です。(これは私へのお土産です。)
   画像 351
 訪ねて行くと、入所している先輩が、待っていましたとばかりに、これを出してきました。 
  画像 352
 短歌二首です。

   <夢に来る 者らのために 醸したる 酒を重ねる>
   <これよりは ひとり静かに 下り坂 道野辺の一枝 手折りて静か>

 ウーーーーン、中々の出来栄えでした!!
 昼食の放送が在りましたので、「また来月!」のことばを残して辞去しました。

 夜は、義父母のお宅で、久しぶりに美味しいお寿司とお酒(父の日のプレゼントのお酒)をご馳走になりました。

 さて、今日の作品です。
画像 332
 柳原義達さんのサインペンデッサン『裸婦群像』です。

 明日と明後日は、お天気が回復してくれると良いのですが・・・幼馴染のご夫婦と娘が友達を連れて来てくれることになっているので・・・。
 今朝も北九州市です。
 お天気は、晴れ!

 さて、昨日です。
 病院で、先月の検査結果をいただき、今月の血液検査でした。
 HbA1cは、先月より数値が改善されていましたが・・・・すい臓の数値が悪くなっていました。
 腰が痛いので、骨密度の検査とレントゲンを撮ってもらいました。骨密度は、少し低くなっていました。レントゲンの方は、骨の変形も無いようなので、来月CT検査することになりました。いよいよ危ないかも???

 病院の後、飯塚の古本屋さんへ行く予定でしたが、時間が下がってしまいましたので、これも来月まわしにしました。で、小倉の酒屋さんへ行き、九州菊の生酒を購入、その足で義父へ『父の日』のプレゼントとして届けました。少し話をした後、散髪屋さんへ。さっぱりしたところで、夕方まで時間待ちでした。
 夜は、戸畑の街でOB会でした。
 話が弾んでしまい、9時までも呑んでしまいました。この会も、とうとう最後の集まりになりました?(たぶん)

 さて作品紹介です。
画像 333
 栗原一郎さんの水彩デッサン『裸婦』です。

 朝早く、義父から電話が入り、梅を千切って欲しいとの事でしたので、今から行って来ます。
 今朝は、北九州のほうの自宅です。と云うことで、お山の写真はありません。

 お天気は、雨です。
 今日は、病院に行って血糖値検査、その後もいろいろ用事があるのですが・・・・・。
 とにかく夕方まで、忙しくなりそうです。

 さて昨日ですが、一日雨でしたので、ネタ探しが出来ませんでした。
 お客様もいらっしゃいませんでしたので、その記事も無しです。インスタントコーヒーを飲み続けた様な・・・。

 とは言っても、何か書かなければです。で、此れです。
 隔月発行でした【アートコレクション】が、毎月発行されることになりました。その第一号です。
     画像 147
 この中身でも書くことにします。
 この冊子で紹介される作家さんですが、皆さん絵が上手い!上手すぎるです。
 本物を見る機会があれば、お金がいくらあっても追いつかないでしょうね。
 で、その中でも特に見たいと思った絵が此れです。
    画像 145
 山本じんさんの作品です。この絵以外にどんな作品が展示されているんでしょうかね?東京は遠い!!

 もう一つ、素晴らしい新人をたくさん発掘、育てておられるレントゲンヴェルゲさんが20周年を迎えられたそうです。  
画像 146
 記念展をされていますが、これも行って見たいですね。
 
 まあ、書いても詮無いことですが・・・・。

 さて、作品紹介にしましょう。
   画像 338    画像 337
 今日の作品は、鳥居言人の『髪梳き』です。

 さて、病院へ行く準備でもしましょうかね。
 今朝は雨。
 雨雲に隠れて、お山は全く見えません。
 画像 328
 見た目は、昨日と似たような写真になりましたが・・・・・。

 さて昨日です。
 相変わらず、ハラグロオオテントウムシ君探しから始まりました。でも残念ながら見つけることは出来ませんでした。
 で、フト気が付くと、この二本の枝だけ葉っぱが在りません! 
    画像 341
 やっぱり居ました。蛾の幼虫の芋虫です。
 で、枯れ枝で排除! 
   画像 344
 大写しにすると気持ちが悪いので・・・・。溝の中から恨めしそうに見ていました。ホントは、そのままにしてあげたいのですが、葉っぱを食べつくしてしまい、ハラグロオオテントウムシが居なくなってしまうので、止む無くでした。

 どうにか桑の木で見つけたのは、こんなテントウムシさんでした。 
   画像 343    画像 342
 黒字に黄色の三日月紋が二つでした。こんなテントウムシさんも居るんですね。

 その他には、道端にこんなのも居ました。
    画像 331
 ミチシルベ(ハンミョウ)のように金銅色でしたが、平たくてカメムシ一種のようにも見えましたが・・・全く?????です。(天牛さん、知っていますか?)

 ところで、昨日は久しぶりに塚原の鬼ヶ島文庫の館長さんが来てくれました。
 逗子から来ていたお友達をバス停まで送って来たついでに寄ってくれたとのことでした。このまま庄内へ用事で行くのでとのことでしたので、インスタントコーヒーを飲んでいただきながら少しだけお話をしました。
 相変わらず忙しそうで、でも楽しそうで良かったです。

 夜は、駅ホールでアート委員会でした。記録映画祭の前なので、メンバーのほとんどがそっちへ行ってしまっていました。
 会議の内容は、駅ホール20周年の記念誌の編集についてでした。
 で、ついでに現在開催中の わかばやし ひろこ さんの≪静物のある風景≫展の展示風景を撮ってきました。
画像 329
 会議は、8時半まで掛かりましたので、大急ぎで石松温泉へ行きました。

 少しバタついた一日でした。

 では、今日の作品紹介です。
画像 340   画像 339
 田中 保さんのデッサン『窓辺の裸婦』です。

 明日と明後日は休館日です。今日は雨ですので、早めに店仕舞いのようです。
 明日は、またいつもの血糖値検査です。さてどんなでしょうかね???
 で、その後は40年ほど続いているOB会です。楽しんできます!!
 今朝は、濃い霧になっています。
      画像 322    画像 321
 ご覧のように、お山はもちろんのこと周囲全体が見えません。久しぶりのこれほどの朝霧です。

 お天気も全く判りませんが・・・あまり良くないのでは???

 さて昨日です。
 8時に公民館へ集合でしたので、その前に美術館を開館させ、雨に対する準備も万全にして出かけました。
 かなりの雨で人手が心配されましたが、地域の皆さんはほとんど来られました。

 区長さんの挨拶と手順の説明で、各地域に分かれて作業が始まりました。
 一番大変だったのが、側溝の桝に溜まった泥の搔き出しでした。大きい方は5人ほどでされていましたので、小さい方へ行きました。
 一人しか入れない場所でしたので交替しながらになりました。
 で、ホタルの出てくるこの水路からもようやく水が落ちてくるようになりました。
     画像 324

 後で撮った写真ですが、その水源です。
     画像 323
 この涌水の余った水が、流れて来るのです。此処にはたくさんホタルの餌になる蜷が居ますので、此処からホタルもやってくるようです。
 
 道路清掃の一方で、消防団はわが美術館の前の防火用水池の清掃でした。
                     画像 327
 道路清掃が終わった頃には、こちらの作業も終わっており、水を溜めていました。

 美術館へ戻り、汚れた服を着かえて、石松温泉へ?????こちらも清掃中だったため、一時間後に出直してから、入らせてもらいました。

 お昼から、ハラグロオオテントウムシさんを一応見に行きましたが・・・やはり居ませんでした。天気が良くないと来ないようです。
 ただ、雨のせいか?桑の実が、一機に熟し始めました。
  画像 325
 桑酒でも作ってみましょうかね?体に良いそうですから。

 道路清掃の手伝いのために来ていたカミさんも、3時頃に北九州へ帰りました。(私が、地域の役員を引き受けたばかりに、行事の都度、手伝いに来なければならなくなっています。)
 入れ替わりに、夢二山荘のNさんが本を返しにやってきました。で、いただいたお土産でした。
       画像 326
 コーシーを飲みながら、しばらくお話をして帰って行かれました。

 閉館をしてから、また石松温泉へ。
 戻る途中で、前の区長さんにお会いしました。「呑む機会が少なくなりました。」「いつでも付き合うよ!」「ジャ~、遠慮なく誘いの電話をしますよ!」でした・・・また吞み会が増えそうです。

 さて、今日の作品は、鈴木 光と云う人の『妖奇』と云うカストリ誌の表紙原画です。
     画像 320     画像 319
 これほどの絵の技術を持っていた方ですが????偽名かもしれません。

 ところで今日は6月6日、≪芒種≫と云う日だそうです。で、早速PCでチェック!

 ≪芒種≫は、二十四節気の一つで、芒(のぎ、または「禾」)の穀物の種蒔きをする頃という意味です。禾とは、先っぽに棘のようなものがある種の植物をさし、稲の籾などがこれにあたります。

 そう云うことだそうです。田植えの頃を指すようですが、由布院では終わっています。



春の収穫です!

 段々、何のブログだか分らなくなって来ています。
 とりあえず、まずはお山です。
      画像 309
 朝霧に・・・かろうじて北側の稜線が見えるだけです。
 お天気は、曇っているようです。

 で、お山の次は、ハラグロオオテントウムシ君です。
   画像 317
 棲みついている様な??居ないような???
 朝は、居ましたが・・・お昼過ぎには居ないようでした。見つけられないだけかもしれません?もしかしたらクルクル巻いた葉っぱの中で食事をしているのかもです。

 と云うのも、こいつがクルクル巻いた葉の中で食事をしているからです。
 テントウムシの幼虫なんですが・・・・・。
    画像 315   画像 316
 やはりハラグロオオテントウムシの幼虫ではないでしょうか?大きさが、右の写真で測ったのですが、2㎝まではありませんが、サイズは普通の幼虫より三回り位大きいのです。
 こいつが、ハラグロオオテントウムシの幼虫!と云うことになれば・・・・毎年、ハラグロオオテントウムシを観れると云うことです。ヤッター!になります。

 さて、次からは表題の【春の収穫】のオンパレードです!

 まずは、8時過ぎに川西のAさんご夫妻が昨日に引き続いて、来られました。 
画像 318
 別府の歯医者さんに行く途中に寄って下さって、いただいたスナッエンドウです。(スナッエンドウではないそうです。)

 で、次も川西のAさんご夫婦にいただいた(新)玉ネギです。今度は、歯医者の帰りに、親戚の家に寄っていただいたもののお裾分だそうです。
    画像 313   画像 312
 右の写真で、普通の玉ネギと比較してみましたが・・・・大きい!巨大な!玉ネギです。今年はあまり玉ネギの出来が良くないと聞いていましたが、立派なものでした。ありがとう居ございました。

 で、次はキャベツです。
画像 310
 下のおばあちゃが、先日の雨で家まで送って差し上げたお礼にと持って来て下さったのでした。ありがとうございました!

 で、最後は・・・・・・。
画像 311
 チョッと用事で、お菓子屋のご主人へ電話したのですが、その際に「芽が出てるけど玉ネギ要らんね?」「眼(芽)でも歯(葉)でも出ていてももらいますよ!」で、いただきに行くと・・・・・写真の状態のものを持って帰る羽目になりました。
 芽の出た玉ねぎ、新玉ネギ、サニーレタス、普通のネギとおまけのハーブの鉢植えでした。何ともはや!!!「何で、こうなるの!」でした。とにかく、ありがとうございました!!

 当分、野菜は・・・・・。

 処で、夕方、もうお客様は来られないだろうと、玄関を残して戸締りをして、奥に引っ込んでいると???音がする!・・・・引っ込んだとたんにお客様が来られたのでした。
 大慌てで、電灯を点けて廻り、コーシーの準備でした。近くの旅館に泊まられて、お散歩に出て、わが美術館を見つけていただいたとのことでした。
 別府にお住まいで、結婚記念にと湯布院に来られたそうです。5時近くまで居られて宿に戻られました。また、来て下さいね!!

 お客様をお見送りした後、再度美術館を閉めて、公民館へ!
 5時からは、公民館の周りの草刈と庭木の剪定を四役ですることになっていたのでした。一時間ほど掛って、作業を済ませ、今度は防火用水の水抜きでした。
 こちらは、消防団員と一緒に、バルブを開けるだけでしたので、すぐに済みました。

 少しバタバタした一日でした。

 今日は朝から、道路清掃です。
 雨になったようですが・・・二時間ほど掛ります。まあ、役員は雨が降ろうが、槍が降ろうが・・・です。
 今朝は、彼岸からの電話で眼を醒まされました。
 と云うのも、今年の12月で亡くなって2年、三回忌を迎える元の上司からの電話の夢を見ました。
 電話に聞き覚えのある声で、「オイ、あいつは今どこの職場か?」「あいつは・・・・。」で、眼が醒めました。醒めてから・・・・・ウ~~~ン?亡くなった筈だよな!でした。
 枕元の十一面観音に線香をあげ・・・そう云えば今年は三回忌だよな!でした。今もその声が頭に残っています。
 外はもう明るかったので、硝子戸を開けると・・・・。
    画像 301
 お山がまるで【須弥山】のように見えました。

 そう云えば、4時前に眼が醒め、お便所に行き、うつらうつらしながら、門司の亡くなった友人の初盆に行けないかな?・・・、和歌山の親友のお墓参りもしなければナ~・・・と思い浮かべていたせいかもしれません。
 夢に出てきた上司が、亡くなってから、思いつきビンゴで仲間を集めて、偲ぶ会を開いているので、これもボチボチ考えておきましょう!


 もう一度布団に入りましたが・・・眠れませんでしたので、起きだしてお山を見ていました。
 夜明け前のお山です。
       画像 300
 そして夜明け直後のお山です。
           画像 308
 本当に、あのお山の向こうに彼岸があるようですが・・・あっちは東でした。

 お天気は晴れのようです。

 ついでにもう一枚お見せしましょう。(サイズを間違えてとった昨夕のお山です。)
  画像 302
 <朝霧>はいつも撮っていますが、これは≪夕霧≫です。

 さて昨日です。
 朝、8時過ぎに玄関のチャイムが・・・もう開けていましたので。
 と、川西のAさんご夫妻が、持って来て下さいました。
   画像 307
 あのラッキョウです。別府に行く途中に寄って下さったとのことでした。ありがとうございました!

 朝からラッキーでしたが・・・残念ながら昨日はハラグロオオテントウムシさんは来てくれませんでした。
 代わりではありませんが、フミムシ君がいつの間にか薔薇の葉に文箱を作っているのに気がつきました。
   画像 305
 クヌギの木に見えないなと思っていたら、こっちに来ていました。

 ついでにこんなものも見つけました。
          画像 304
 ヘビイチゴです。真っ赤でとても奇麗です。

 で、昨日はと云うと・・・・・休み休み、いただいたこの本『石炭物語』を読みました・・・。
  画像 303
 この処、写真ばかりの本しか見ていませんので、字しかない本は、暇が掛かります。いよいよ老眼ですかね?
 内容は、へーーーーっと感心させられることばかりです。良くこんなに調べたものだと・・とても素晴らしい本です。まだまだ読み終えるのに時間がかかりそうですが・・Oさん、本当にありがとうございました!です。

 では、作品紹介に行きましょう! 
画像 306
 今日の作品は、野村 耕さんのデッサン『裸婦』です。

 所蔵作品の処分を、考え始めました。となると、こう云うサインも落款も無い絵って、どうしたらよいかな?ですね。まあ、私みたいに良い絵なら・・・って人も居るでしょう!!かな?

 今朝は霧です。
画像 288     画像 287
 ご覧のようにお山も里も全く見えません。
 お天気も晴れているのか?曇って居るのか??全く・・・・・です。
 薄暗いせいでしょうか?ヨタカが朝になってもウロウロしています。キョキョ・・・の聲がうろついています。(どうしても写真に撮れません!)

 さて、昨日です。
 ハラグロオオテントウムシさんを探して桑の木へ。
 居ません?諦めて、桑の実をパクリ!
画像 299
 黒く熟した実は、乳甘い味ですが、赤い実は、甘酸っぱい味です。
 2粒3粒ほど食べて居たら・・・・・居た!ハラグロオオテントウムシさんが、居ました。
画像 298    画像 297
 昨日も来てくれていました。

 昨日は、クワガタも来てくれました。
画像 290    画像 291
 子供でしょうか?小型の種類でしょうか?こっちは捕まえて、お隣のご主人へ「お孫さんへ、どうぞ!」と差し上げました。先日、ホタルをお孫さんが追いかけていたのを窘(たしな)めておられましたので、代わりにと差し上げた訳です。クワガタにとっては、とんだ災難ですが・・・・「俺って、ホタルの代わりなの???」。

 ところで、息子の作ってくれたポスターです。 
画像 289    画像 296
 早速、ラミネート加工して、写真のように、美術館の駐車場入り口と玄関へ貼りだしました。私のより確かにカラフルでインパクトがありそうです。

 お昼過ぎに、庭をうろついていると、裏のご主人にトマトの苗をいただきました。
画像 295
 挿し芽で根付いたそうです。2・3本で良かったのですが・・・・・で、植える場所探しです。
画像 294
 と云っても、此処しかありません。が・・・・・西洋ワサビが邪魔なんです。でも、これを移し替える場所がありません。
 で、ネギを移動させました。
画像 293
 本当は、白ネギなんで抜いて捨てても良いのですが・・・捨てられませんね!
 少し畑を増やして、トマトの苗を植え付けました。
画像 292
 小さいものは梅雨の間に枯れたり病気になるのだそうです。何本か生き残ってくれれば?」です。

 ミニトマトは実生で、しっかり育っています。今年も、トマトは豊作になりそうです。

 夕方、突然雨が降り始めました。下の畑で作業をしていたおばあちゃんに、「送って行きましょうか?」とお声を掛けると、「傘があるから良いよ。」でした。でも・・と、お風呂の準備を済ませ、店じまいをしようと、ドアを開けると??????女性の香りがします。何じゃ・・・・・で、玄関のスリッパを見ると、一足無い!
 何方か来られている????居ました!駅ホールのFさんが、喫茶展示室で本を読んでいました。
 「居られたんですか?借りていた本を返しに来たのですが・・雨が降りだして、帰れなくなってしまったので、雨宿りさせていただいていました。」でした。(自転車で来たからでした。)
 と云うことで、取りあえずおばあちゃんを送って行き、引き返して雨が止むまでFさんのお相手でした。まあ、私の方は、暇で話し相手が出来たのでありがたかったのですが・・・・これが男性でしたら、即、一杯!でしたのが、チョッと残念でした。
 一時間ほど経って、ようやく雨が止んでくれました。暗くなる前で良かったです。「また、コーシー飲みにお出で!」で、見送った後、石松温泉へGO!

 夜は、ひとりで【木枯らし紋次郎】三昧でした。「イヤー、時代劇って本当に良いもんですね~!」(水野晴郎って判りますかね?)

 さて、馬鹿なこと言っていないで、絵の紹介にしましょう!
画像 282   画像 283
 今日の作品は、麻生三郎さんのデッサン『裸婦』です。

 ところで、来週の水曜日、戸畑で最初の職場のOB会です。残念ながら、今回が最後になりそうです。OB会の幹事を3・4つしていますが、一番古い会です。
 昭和49年4月に入職し、3年後に別の職場に異動した頃から始まったOB会です。と云うことは、昭和52・3年頃に始まったのですから・・・・・33・4年続いていることになります。
 最初は、男ども4・5人が集まって呑んでいたのですが、女性からの抗議で、女性を加えて・・・・・延々と続いてきました。
 14人のメンバーも、2年ほど前まで、いつもほぼ全員が出席していました。が、寄る歳浪で今年は4人(+1人:一昨年ひとり亡くなられました。)欠席です。現職も、3月末で退職しましたので、今回で0人になります。
 何事も、始まりが在れば終わりが来るようです。しっかり顔を見てくることにしましょう!
 今日も晴れです。
 少し霧が出ています。
           画像 278
 お陽さまに懸った雲のせいで、少し変ったお山の写真になりました。

 昨日も、ハラグロオオテントウムシさんが来てくれました。
     画像 285       画像 284
 ついでにこんな大きなテントウムシの幼虫も見つけました。
             画像 286
 この前のより2倍ほど大きいのですが・・・・これもハラグロオオテントウムシさんの赤ちゃんでは無いようですが???もしかして・・・・?

 さて、昨日です。
 相も変わらず、≪何かせねば、日が経たぬ!≫でした。とは云うものの、草刈は済んだし・・・取り立ててすることも無し!です。
 かと云って、何処かに出かけるわけにもいきません。美術館は開館していますので・・・。で、いつものようにただひたすらブラブラでした。
 と、入口のツツジ、こんな状態になっていました。
  画像 279
 種類が違うのか?完全に今が満開です。

 夕方、川西のAさんがキャベツを持って来て下さいました。いつもありがとうございます!で、チョッと川西温泉のことで立ち話でした。修繕にもう少し時間かかるだろうとのことで、早く直って欲しいものです。と、カミさんと娘にラッキョウをこの次に持って来て下さるとのことでした。蜂蜜と酢で漬けておられるそうですが、とっても美味しいラッキョウですので、楽しみです。よろしくお願いします!でした。

 これで昨日の出来事はお仕舞いです。アチャー!でした。

 Aさんの帰られた後、電話でした。駅ホールの展示替え・・・・人手が足らないようでした。担当の時以外は、5時の閉館を待ってお手伝いに出かけていますが・・・・どうも気になったので、早じまいでした。
 着くと心配することは無かったようで、片付けの方はほぼ終わっていました。
 最後の積み込みを手伝い、続いて今回の展示作業に移りました。展示の構想が実際にやってみると、変えざるを得ないようで、休み休みの作業でした。
 7時前にどうにか終えることが出来ました。少し話し合いをした後、スーパーによって、石松温泉に入って帰りましたが、マタマタ写真を忘れてしまいました。歳ですね~!!
 で、仕方ないのでパンフの写真で堪えてください!です。
       画像 276
 今回の駅アートホールの展示は、表題に書きました わかばやし ひろこ さんの<静物のある風景>展(会期; ~ 7/1、フォーラムは6/19 19:00~)です。
 沈んだ色調の油絵とドローイング・エッチングの作品です。ジョルジュ・モランディが大好きとのことで、その影響を受けておられるようですが、しっかりとした自分の世界を創られて居られるようです。是非、足を運んでください。

 帰り着くと息子から電話でした。頼んでいたポスターが出来たとのことでした。
 で、送ってもらったポスターが此れです。
  画像 280    画像 281
 右は、私が作ったものと比較してみました。やはり勉強しているだけのことあるようです。
 さて、貼り替えることにしましょう!!

<余談>
 現在の大分県立芸術会館の老朽化に伴う大分県立美術館へ建て替えの場所が、大分市に決まったそうです。『やはりか!』の結果でした。が、湯布院の皆さんが少しでも美術に目を向けて下さったことは、ありがたいことでした。残念!

<もうひとつ余談>
 裏の小川のホタルようやく姿を見せてくれました。と云ってもまだ三匹でした。裏のご家族の声が聞こえたので、窓を開けて挨拶をしたら、教えてくださいました。
 一昨年は、みんなで騒ぎながら見たのですが、今年も静かにひとりで観ることになりそうです。

  「 もの思えば 沢のホタルもわが身より あくがれいずる魂かとぞ見る 」(詠;和泉式部)
 
 夜中に少し雨が降ったようでしたが、先ほどまで明るい朝でした。
                 画像 266
 ブログを書き始めたら、薄暗くなってきました。
 どうも雨になりそうな雲行きです。小鳥たちの鳴き声も止んでしまいました。耳障りなカラスの声だけが聞こえます。

 さて昨日です。
 どうも由布山とハラグロオオテントウのブログになってきました。
 で、そのハラグロオオテントウムシです。
   画像 274    画像 275
 朝から夕方まで桑の木でセッセセッセと食事をしていました。流石に陽が落ちたら塒(ねぐら)に返って行っていました。いったい何処に帰っているのでしょうかね?

 昨日は、薔薇の棚のやり直しでした。彼方此方折れていましたし、枝がもつれてしまっていましたので、その整理をしました。
    画像 268
 折れた枝を除けてあげ、要らない枝を切って空かせてあげました。ただ、お花がついた枝は切れないので、ヒトシーズンを終えたら、もう少し薔薇棚らしくしたいと思います。

 その他の見回りもしてみました。
 画像 269
 フサスグリも順調に育っています。もう少し大きくなってもらいたいのですが・・・雑草に負けないようになってもらいたいです。

 見つけたテントウムシ二題です。 
       画像 271    画像 270
 フミムシに代わって、七星テントウムシさんがたくさん来ていました。右のように沢山星を持っているテントウムシさんもいました。

 で、クヌギの枝が台風で折れているのを見つけました。
   画像 273   画像 272
 無理かもしれませんが・・・一応手当してみました。

 最後にもう一枚です。
   画像 267
 [ヒトリシズカ]と云うお花です。う~~~~~ん、地味なお花ですが、何処となく良いかも?

 さて、今日の作品紹介です。
          画像 226
 平野 遼さんの水彩画『裸婦』です。

 今日から6月です。美術館を開館して丸4年経ちました。一向に来館者が増えません。もはや経営の上では、美術館の体をなしていないようです。【大いなる道楽】と居直るしか無いようです。
 以前、脳梗塞で倒れた先輩に、「1ヶ月0人の月があったら閉める。」と言ったら、「1ヶ月くらいじゃ・・・3ヶ月だったらな。」と言われました。お陰さまで、まだまだその状況では無いようですので、続けられそうです。
 いずれにしても65歳まで、後5年です。どこまで頑張れるか・・・これからが本番です!!

 ブログの方は、4万人を超えました。1年間に1万人です。たぶん同じ方が毎日見てくださっているのだと思います。ありがとうございます!!(段々、美術のブログから逸れて行っていますが・・・。)

 今年は、ナンジャモンジャに花が少し咲きましたし、玄関のクヌギも大きく育って来ています。吾輩も、今まで以上に張りきらねば!です。

 とは云うものの・・ハテサテ?

   『 花が咲き 残された日を 我に問う 』 

 自問自答の日が続きそうです。

Powered by FC2 Blog