プロフィール

ヒゲ館長

Author:ヒゲ館長
◆書いてる人: ヒゲ館長
◆美術館の名前:
 花合野(かごの)美術館
 <湯布院バイロス美術館>
◆開館時間: 9:00~17:00
(早起きしたら早く開け、夜更かししたら遅くまで開いてます)
◆休館日:不定休(突然の休館に注意!)
  ◎5月の休館日
   4/30日・1日
   11日~16日
  
   
◆入場料:500円
(中学生以下無料)
 ※館長が気が向くと由布院で二番目に不味いコーシーが飲めます!

◆開催中の企画展
 閉館の企画
 【FINAL展】
  [会期; ~5月末]  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 今朝の気温は何とマイナス9度です!!
 本当に、此処は九州でしょうかね??
 当然、掃き出しのガラス戸は凍りついていて、開けることが出来ませんでしたので、ガラス越しの写真になりました。
画像 159    画像 158
 決して白黒写真にしたわけでは無いのですが、モノトーンの暗い写真になっています。写真からでも寒さが伝わりそうですが・・・・・?
 お天気は晴れのようです。
 寒??????い!エアコンもあまり効いていません!石油ストーブの方が良いのでしょうが、火事が怖いので我慢です。
 
 昨日は、雪。
画像 171
 5センチほど一機に積もっていました。

 早速、こんなものも??
画像 172
 猫なんでしょうか?雪の上を猫が出歩くんですかね?下のおばあちゃんの畑に降りて行って居ました。
 かなりジャンプ力のある動物のようですが・・・・・?

 ようやく解けたと思っていた防火用水池の氷も、ご覧の有様でした。
画像 170
< また凍りついています。

 で、早速雪搔きでした。
画像 167
 こんな日は、当然お客様は来られませんが、こうしておくと雪が早く解けてくれるのです。
 それに、自分自身のモチベーションの維持のためにも、やっておかないと・・・・!!

 車も同じです。
画像 168
 被った雪を除けておいてあげないと、凍りついてしまいます。こうして取ってあげていると、次に降り積もっても、払い除けるだけで済むんです。

 美術館前の坂道の雪もと思いましたが、既にアイスバーン状態でした。
画像 166

 お昼からはお陽さまが出てくれました。
画像 164
 お陽さまの力は、やっぱり凄い!!アッと云う間に解かしてくれました。

 でも、夕方買い物に出て、石松温泉に浸っていると、隙間から見える窓の外がまた一機に積もり始めてしまいました。大慌てで服を着て帰りましたが、危なかったです。

 しばらく閉じ込められても大丈夫なように食料を調達してきましたが・・・さてどうでしょうか?

 さて、今日の作品です。
画像 163
 野村 耕さんの『裸婦』です。

 今日は月曜日、一月も今日までです。過去最低の売上・・・・今年も厳しい年になりそうです。頑張らねば!!
スポンサーサイト
 今朝の気温はマイナス5度です。
 外はまた銀世界へ逆戻りしています。
画像 150    画像 149
 お山は雪雲で全く見えませんし、盆地もまっ白白です。
 昨日のブログに「春遠からじ」と書いたのが、【冬将軍】の気に障ったみたいです。

 既に、昨日の一日が、今朝のこの雪を想定させるものでした。
 午前中に雪が降り始め、アッと云う間に辺りを白銀に変えてしまいました。
画像 153
 で、早速雪搔きでした。
画像 152
 この後も、雪は降り続いていましたが、ボタン雪でしたので・・・・・。
 午後の日差しで、一旦はご覧の状態になったのです。
画像 151
 スッカリ解けてしまっていました。ただ気温は低いままで、終日氷点下でした。

 今日も一日気温が上がらないようで、氷点下の一日が続くようです。此処は九州なんですがね!

 さて、昨日です。雪のせいで、お客の来られるはずもなく、必要最小限の電気だけ点け、ほとんど裏に居ました。それでも時々は、喫茶展示室のストーブを焚き、絵を引っ張り出して来て、お客待ちをしました。
 夕方、久しぶりにお菓子屋のご主人が来られ、「公民館の畳替えが終わったので、確認に行こう!」でした。ついでに、チリメンジャコを持って来て下さいました。で、二人で、公民館へ。
 畳が替えられ、気持ちの良い様子になっていました。大広間の茣蓙もひっくり返され、こちらも新しくなっていました。新しい年にふさわしい感じでした。

 確認した後、再びお菓子屋のご主人が来られて、「珠には、温泉へ入りに来なさい!」で、戸締りを済ませて、厚かましく、お呼ばれでした。
 温泉とお酒も御馳走になってしまい、おまけに漬物までいただいて帰りました。いつも、ありがとうございます!!

 さて、作品の紹介です。
 今日の作品はこれ! 
画像 154    画像 155
 智内兄助さんの『花弁』です。
 実は、この絵とは手に入れる前にすでに出会っていました。
画像 156    画像 157
 1985年1月号の[芸術新潮]のこの記事です。
 数年前に手に入れた絵ですが、何と25年ほど前に、この記事で見ていたのです。この記事の最後の一章節「この魅力ある線が本画ではなぜ消えてしまうのか?」です。
 智内兄助さんは確かリキテックスで、本画を描かれるのですが、毒々しくなりどうも好きになれませんでしたので、やっぱり!とこの記事を読んだことを覚えていました。
 この後20年ほど経って、ふたたびこの絵に出会おうとは夢にも思っていませんでしたが・・・・・。

 <思い>とか<想い>ってものは、深く静かに持ち続ければ叶うこともあるようです。
 今朝の気温はマイナス3度、寝る前の温度がマイナス2度でしたので、以外に冷え込みませんでした。
 お天気は曇りのようです。
画像 146
 ご覧のように、真黒い雲が、お山の山頂に懸っています。

 さて、昨日です。
 帰り着いて、開館を済ませ、ブログを書きあげて、館の内外の点検でした。
 空気が冷たかったですが、お天気は良かったです。
 写真の様な日差しでした。
画像 148
 で、気がつきました。写真の右と左のクヌギの違いです。同時に植えたのですが、左側のクヌギは5m程まで育っていますのに、右側の方は、半分以下です。ご覧のように、右には雪がたくさん残っています。これじゃ?ネ!でした。

 この日差しのお陰で、防火用水池の厚い氷がようやく解け始めました。
画像 147
 張りつめた氷の上に転がっていた子供の投げた小石も、水中に落ちたようです。

 館内に戻り、【森の散歩道】3月号に原稿を、アートホールへメールしたりしている処へ、お隣のご主人が、回覧板を持って来て下さいました。で、「珠には、見ていきませんか!」で、上がってもらいました。

 館内を説明しながら一巡して、コーシーでもとお勧めしたのですが、ご遠慮されてしまいました。

 後は・・・・・・電話が2本でした。間違い電話とお土産のお礼の電話でした。

 【彩雲】は、美術館の来客とは別の[吉兆]のようです。まあ、「果報は寝て待て!」ですね。

 夜、今年度末で早期退職する友人から電話がありました。そのうちに来てくれるそうです。待ってるよ!!

 さて、今日の作品紹介です。
画像 137
 宇野亜喜良さんの『マスカレード青』です。

 予報では、まだ寒い日が続くそうです。とは言っても、雪の解けた後の草は、青々としてきています。「春風駘蕩、春遠からじ!!」梅が咲き、鶯の聲が聞こえてくるのも間もなくでしょう。
 9時半頃に北九州から戻ってきました。
 気温は2度、室内での気温でも6度です。2日間留守にしたせいで、いよいよ館内が冷え冷えしています。
 お天気は晴れです。

 では、今朝のお山です。
画像 140
 今日のお山は少し構図が違います。帰り着く直前に撮ったものです。

 帰る途中の道(県道50号)は、この一ヶ所を除いて、通行に支障のない状態でした。冷え込んではいますが、雪が降っていないせいでしょう。 
画像 141
 でも、夜間は冷え込みますので、注意が必要でしょう。

 ところで、帰り道でこんなものを観ました。
画像 143
 太陽の傍に出来た虹です。これが【彩雲】と云うものだったか!でした。
 で、早速PCでチェックでした。
 【彩雲】(さいうん)は、太陽の近くを通りかかった雲が、緑や赤に彩られる現象である。瑞雲、慶雲、景雲などともいい、この現象は、日光が雲に含まれる水滴で回折し、その度合いが光の波長によって違うために生ずるもので、大気光象の1つなんだそうです。巻積雲や高積雲、風で千切られた積雲などに見えることが多いとのことでした。
 【彩雲】は、昔から吉兆とされ、古くから、景雲や慶雲、また瑞雲などとも呼ばれ 、仏教などにおいては「日暈」などとともに、寺院の落慶、入仏開眼法要などには「五色の彩雲」等と呼ばれるそうです。また、西方極楽浄土から阿弥陀如来が菩薩を随えて、五色の雲に載ってやってくる来迎図などにも描かれており、瑞相の一つだそうです。

 オー、今年はもしかして良いことがあるかも?????です。

 大写しにしたものが此れです。
画像 145       画像 144

 ついでに撮った八面山です。
画像 142
 四日市から撮ったのですが、やはり名前のとおり同じ形でした。

 さて、昨日です。
 二階の便所が使えなくなったので、下の便所の古いウオシュレットと取り換えようとしましたが・・・チョッと無理でした。
 お昼から、先輩の見舞いへ。
 また少し元気になっていました。話もたくさん出来るようになっておりましたし、憎まれ口も叩けるようになっていました。また、来月行くのが楽しみです。

 夜は、息子にカレーライスを作らせました。まあまあでした。

 さて、作品紹介です。
画像 138
 田中 保さんの『窓辺の裸婦』です。

 お天気の良い金曜日です。さて、お客様はどうでしょう?【彩雲】は吉兆でしょうかね?
 今朝も北九州です。で、お山の写真はありません。
 
 記事も無いので、とりあえず作品の紹介だけでも・・・・・・。
画像 136
 牧野邦夫さんのデッサン『裸婦』です。

 明日、早起きして、由布院へ帰ります。で、帰ってから記事を書きますので、遅くなります。悪しからず!です。

 とりあえず、昨日の出来事は・・・・・・・。

 午前中は、由布院や北九州でご馳走になってしまった方へ、お礼の訪問でした。お宅はすぐに判りました。すぐ近くに友人の家があったので・・・・が、あいにく留守でした。家の中でワンちゃんが吠えていましたので、旅行とかでは無い様なので出直すことにしました。
 お昼から、病院へ先輩の見舞いに行くはずでしたが、いっしょに行くはずでした先輩から電話があり、今日に延期!さて、スケジュールが狂ってしまいました。
 で、春休みで帰郷している息子と昼飯がてらに美術館へ。常設展を見、ついでに福岡教育大学の学生さんの作品展も除いてきました。
 一旦帰ってきて、再度ワンちゃんの吠えていたお宅へ。今度は、玄関が開いていました。
 ご主人は、残念ながらワンちゃんのお散歩へ出かけていました。奥様にお土産?お礼?の品を預けました。ご本人が居ると受け取られない恐れもあったものですから・・・留守で良かった??
 少し、お話をすると、奥様は、何と私の門司港の友人のお友達であることが判り、ビックリでした。世の中、どうも何処かで繋がっているようです。

 帰ってくる途中、帆柱ケーブルの駅に立ち寄りました。知り合いが勤めているので、会いに行ったのですが、こちらも残念ながら留守でした。名刺だけ置いて帰りました。

 夜は、おじいちゃん・おばあちゃんといっしょにスーパー銭湯へ行って来ました。

 さて、今日は・・・・生命保険の方と会って、お見舞いに行って・・・・・・かな。

 
 今朝は北九州です。と云うことで気温は判りませんし、由布岳の写真は撮れません。でも、せっかくブログを覗いていただいたので、昨日帰る途中で撮っておいた写真を載せます。
画像 139
 山頂は、真っ白に戻っていました。これが九州の山でしょうかね!

 ところで、とうとうこの寒さのせいで霜焼けが出来てしまいました。私の場合、足の裏によく出来ます。今回も足の裏に3箇所出来て、歩くと痛いです。
 一昨日まで出来ていなかったのですが???
 で、早速PCでチェック!!
 【しもやけ】は、寒さのために血行が悪くなり生じる炎症のことであり、手足など血管が細い四肢末端に発症しやすい。しもやけの状態で肌が乾燥すると、皮膚の角質層の厚い部分に亀裂(皹裂)が生じ、内部が赤く見えたり出血したりする。これを[ひび]、また程度の甚だしいものを[あかぎれ]と呼ぶ。

 なるほど!!あかぎれってそう云うことでしたか!!幸い、私の場合、あかぎれになったことはありません。

 体質や遺伝も関係するが、しもやけになる大きな要因は、一日の気温差と、皮膚表面の温度だといわれている。総じて、気温が5℃前後で昼夜の気温差が大きい時期にしもやけになりやすい。

 オーーーー!なるほどです。このところ毎日こんな状態でした。

 また、手足の周辺の湿度が高かったり、皮膚(特に手足)を濡れたまま放って置くと気化熱により皮膚の表面温度が下がり、しもやけになりやすい。そのため、日頃から体(特に手足の指先や、指と指の間)が濡れたら、なるべく早く、しっかりと拭き取り、靴は乾燥させ、手袋や靴下が濡れた場合は早く取り替える事が予防に効果的である。また、先が細い靴や、ヒールが高い靴を履いていると、足の指先が圧迫されて血行不良になり、これもまたしもやけになりやすい。

 これで判りました!!一昨日の夜、会議からの帰りに温泉に行きましたが、その際に敷き板が濡れていました。で、履いた靴下も濡れてしまいましたが、そのまま帰りました。どうも、これがいけなかったようです!!
 まあ、春になれば治るので、もうしばらくの辛抱ですね!(そもそも、温泉の入り方を知らない人が多くなったことが原因です。かぶり湯を浴びるときは、辺りに気をつけて、出来るだけソッと!ですよね。ガバッと浴びて辺りをビチャビチャにしてしまう人は、来るなって言いたくなります。プンプン!!)

 さて、昨日です。
 まず、北九州へ帰るので、その準備でした。次は、洗濯。それを終えて、駅ホール20周年記念の2部の礼状と県立芸術会館の建替えに関するアンケートを書き上げ、それを持って、豊和銀行から駅ホールへ向かいました。
 豊和銀行にお礼状をお渡しし、お礼を申し上げました。ついで駅ホールに行き、アンケートを出して、郵便局で作家さんあての礼状を郵送して帰りました。
 3時ころに、夢二山荘のNさんが来られ、或る有名画家の絵を見せてくださいました。とても高額ですので、もちろん見るだけでした。
 4時を待って、閉館し、北九州へ向かいました。
 途中の道(県道50号)の雪は、由布院側は完全に解けていましたが、安心院側は5箇所ほどアイスバーンが残っていました。まだ当分は残りそうなのでこの道を通られる方は、気をつけられますように!!

 途中、豊前の実家に寄り、母の顔を見て、現在駅ホールで開催されています東勝吉賞公募展に応募した母の絵の載った作品集を渡してきました。結構喜んでいました。
 実家を後にして、あとはひたすら車を走らせました。

 まあ、バタバタした一日になりました。

 さて、今日の作品です。
画像 125
 ルイ・イカールの『イリュージョン』です。

 さて、今日もバタバタした一日になりそうです。
 今朝の気温は、マイナス5度です。風はありませんが、冷たい朝です。
 水は大丈夫です。雪は、夜に少し降ったようですが、こちらもそれほどではありませんでした。ただ、美術館前の急な坂道は?????滑るかな?

 お山と盆地は、ご覧の状態です。
画像 132   画像 131
 厚い雪雲が山頂に懸っており、うっすらと雪化粧した田んぼや畑が目の前に広がっています。

 写真を撮っていて気がつきました。目の前に足跡です。
画像 130    画像 129
 崖を登って、わが美術館の軒下を通り抜けた??のでしょうか?しかも、雪を被っていませんので明け方でしょうかね??
 猛獣では、無いようですが・・・気になる奴です!!

 さて、昨日です。
 ブログを書き終えて、開館。で、早速雪搔きでした。 
画像 134    画像 135
 雪は、薄らとでしたので、高箒で掃くだけでした。

 その後は、裏にこもって、地域の役をしているので、その書類の整理。年度末が近付いたので、決算や事業報告の準備でした。

 それも終わると・・・・・気になっていた電子レンジの周りの掃除でした。
画像 133
 油が、どうしてもこびり付くので、こまめに掃除しています。戸畑の家より、奇麗かな?

 終わった頃に、呼び声が・・・・・何と、雪の舞う中を、お客様でした。
 北九州の門司から来られて、「お雛様じゃないのですか?」「すみません!お人形展は次回です。」でした。

 でも、せっかく来たのでと、ご覧になっていただけました。コーシーを飲んでいただきながら、「お人形さん、何点かお見せいたしましょうか?」「否、その時にまた来ます。」でした。
 こちらに別荘をお持ち?で、前にもお見えになっていただけた方でした。しばらくお話をしていると、ガラス戸越しに見える雪が、吹雪きになり、ひどくなってきたので、高速道路が通行禁止になってはと、あわててお帰りになりました。また、お人形さんに会いに来て下さると良いのですが・・・・。

 夜は、駅アートホールで会議でした。(メンバー二人が欠席でした。どうもインフルエンザが流行り始めているようです。)
 主な議題は、来年度の展示会が決まり、担当の確認と自主企画についてでした。
 画像 128
 雪を気にしながら、9時まで熱心に協議しました。
 アート委員のメンバーも少しづつ変わって行き、4月からは事務局も一新されるようです。(私目も、年金をもらえるので新しいことに挑戦したくなりました。で、ボチボチ抜けたいのですが・・・・もう少しお手伝いして考えましょう!!)

 さて、今日の作品です。 
画像 124
 春口光義さんの『自己愛の女』です。

 今日の夕方、北九州に帰るのですが、雪は大丈夫でしょうかね??

 明日と明後日は休館日です。雪が降りそうなので・・・まあ、良いでしょう!!
     画像 120    画像 119
 また雪です。お山は、ご覧のように雪雲に隠れてしまっています。盆地にも薄っすらと雪が積もっています。
 気温はマイナス5度、水道は大丈夫ですが、やはり寒いです。

 先ほどゴミ出しに行こうと玄関の戸を開けると・・・・・!
画像 123
 薄暗い中に、雪道が・・・・・・・。

 凍りついたままの防火用水池にも雪が・・・まるでお月さまが写っているかのように円く積もっています。
         画像 122
 ゴミ捨てからの帰りに見えるわが美術館が、遠く感じられます。
                   画像 121
 イヤー、灯ってありがたいですね?!

 昨日は、日曜日だったのに、全く・・・・・・でした。
 で、カミさんと由布院インター前の道の駅に行ってきました。お客様は、やはり少ないようでした。
      画像 127
 お花のつぼみがたくさん付いている豆盆栽を見つけましたので、卓上飾り用買ってきました。蕗蒲公英(フキタンポポ)と云うのだそうです。PCで調べると、明治時代に入ってきた外来種だそうで、葉っぱが蕗に、お花がタンポポに似ているのだそうです。葉っぱは咳を鎮める効果があるそうです。さて、咲いてくれますやら???

 その後、アーデン(音楽喫茶)さんの前の骨董品?古道具屋さんを覗きました。明治?の漆器がとても安く5客で1000円とか1500円でした。鏡のついた素敵な衣紋かけは4500円と、みんな安いのにビックリでした。
 お昼は、湯平温泉大橋手前のラーメン屋さんへ。とんこつ味でなくて卵麺の醤油ラーメンです。回転の頃から時々食べに立ち寄ります。若いご夫婦がされているのですが、最近赤ちゃんが出来たようでした。

 3時過ぎにカミさんが北九州へ帰って行きました。

 その後は、お天気も下り坂・・・お客様も無く暇!でした。日曜日なのに・・・・。

 さて、今日の作品です。
  画像 126
 伊原宇三郎さんの『指輪の女』です。

 さて、今夜は駅ホールでアート委員会ですが、雪はどうでしょうか?明日、北九州へ帰るのも・・・車出せるか心配です。
 まあ、お天気は仕方ないですね!朝飯でも食べることにしましょううかね!!
 今朝の気温、何とマイナス6度です。ガラス戸は凍りついて開きません。
 で、ガラス越しに撮ったお山です。
画像 113   画像 112
 お天気は良いようです。が、右の写真のように、霜が降りて、辺りはレースの布を敷きつめたようです。

 さて、昨日です。
 昨年末、娘に買ってもらったジーパンを降ろしました。
画像 115    画像 114
 LEEと云うメーカのジーパンで、ご覧のようにアチコチに飾りがつき、少し裾がせまくなっています。かなり若々しくなりました??(娘とお店の人に煽てられて・・・・。)
 私の学生時代・・・・40年前は、裾が広がったラッパ姿でした。おまけに裾に鈴を着けて、下駄をはいて歩くたびにチリンチリンと音をたてていました。もちろん頭は、肩まで髪がありました。その髪も、ほとんど白髪になり・・・・隔世の感があります。

 このジーパンを履いて、下の田んぼまでカミさんとお散歩に出かけました。
 田んぼからのお山です。
画像 118
 雪をかぶったお山でしたが、振り返った日出生台のお山の方が真っ白でした。
画像 117    画像 116
 小川を覗くと、小魚がたくさん泳いでいました。
 と、突然真黒い影が目の前を横切ぎりました。何と大きなナマズさんでした。一瞬でしたので、写真は撮れませんでした。残念!!

 帰り道で若い人に道を尋ねられました。由布岳の写真を撮りに来たようです。ガイドブックより、下の方が良いですよと教えてあげました。良い写真が撮れていたらいいですが・・・・・。

 とっても良いお天気でしたが、相変わらず暇!まあ、カミさんがそれで良いと言ってくれていますので・・・。

 さて、今日の作品です。
画像 106
  岡村倫行さんの『若い女』です。

 寒さは厳しいのですが、解けた雪の下は青々とした草が芽吹いています。寒い日、少し暖かい日、また寒い日、そしてまた少し暖かい日と、少しづつ・少しづつ春に向かうのでしょう。
 今朝の気温はマイナス2度です。思っていたより高くなりました。
 お天気は、ご覧のとおり快晴です。
画像 108
 全く雲がありませんが・・・・・何かスッキリしません?
 間もなくお陽さまが出てくだされば・・・・・・・です。(空気が少し乾き過ぎなんでしょうか?)

 さて、昨日です。
 何にもありませんでした。こう書くと、記事になりませんね。間もなく還暦・・・歳のせいか?感激すること・・・興味が沸くことが少なくなった様な???男の更年期でしょうかね。
 まあ、一日ジ??????ッとしていたら老けこむのは当たり前ですが・・・・何せ寒いもんで、出不精になっています。もともと寒がりなんで、冬は弱いのですが、今年は特に寒さが身に滲みています。

 こいつも、久しぶりに、本当に久しぶりに顔を出しました。
画像 111
 10日振り?掃除をした時は、無理やり引っ張り出して、終わったらまた木屑に潜っていましたので・・・。
 で早速レタスをあげましたが・・・しばらくしてまた潜っていました。こいつも飼い主に似て寒いのが嫌いなようです。

 ところで、午前中お客様を待っていて、暇を持て余したので、夢二山荘でも覗こうかな?と思い玄関までは行ったのですが、アプローチに残った雪を見つけ・・・これは何とかせねば!!
画像 110    画像 109
 で、鋤鍬で引搔いて除けてあげると、あまり強くないお陽さまでしたが、右の写真のように消えてしまいました。
 で、すっかり何をしようとしていたのか忘れてしまいました。

 夕方、夢二山荘のNさんが来られて、ようやく行きかけたことを思い出した次第です。認知症の始まりみたいです・・・・危ないな???!(少し、頭と身体を使わないと!ですね。)

 コーシーを飲んでもらいながら、Nさんとお客様の来ない愚痴をこぼしあいました。不景気なのか寒さのせいなのか・・・わが美術館は、関係無く来ませんが・・・・。30分ほど居られて帰られました。
 
 夜、カミさんが北九州から来るのを待って、石松温泉へ。ご近所の方が、「この頃来てたかい?」と声を掛けてくださいました。あちこちに知り合いが増えています。
 世間話で、「役場が、給水制限するって放送していたな???!ビックリだい!」でした。私も4年間で初めてでしたが、地元の人にも驚きのことのようです。少し、雨が欲しいですね。

 さて、今日の作品です。 
画像 107
 相笠昌義さんの『由美子・まどろみ』です。

 寒いし、お客は無いし、水も無い!三重苦です。オッと、我が家は地域水道で、水は在るのでした。

 
 今朝のお山です。
画像 100
 ご覧のとおり、お天気は良いようですが・・・・・。何故か薄暗いです。
 中々お陽さまが出て下さらないせいでしょう!!

 このお天気で、放射冷却現象が起こったのでしょうか?気温はマイナス5度です。風が無いので、昨日と変わらない感じです。これがもう1度下がると、水道が凍ってしまったり、足先が痛くなり、肌に刺さるような冷たさになります。

 このところ気温が日中でも上がりません。昨日は、最高気温が3度でした。
 ほとんど1日、寒い!寒い!寒い!寒い!でした。

 さて、昨日です。
 次の写真、何だか判りますか?
画像 099
 このモグラ君が掘った様な後は、霜柱がまばらに立っている姿です。霜柱って、当然ですが、水気のあるところしか出来ないのですね。
 空気がもの凄く乾燥しているようです。先日来、雪がかなり降ったようでしたが、実は、降水量は少なかったようです。昨夜遅くに、役場の放送で、公共水道の水源が限界水位になってしまっており、給水制限になると言っていました。雪って、水にすれば大した量にならないようです。我が家は、地域水道ですが、水は大丈夫なんでしょうか???
 
 少し脱線しました。続きです。
 ブログのネタを探していて見つけたのが此れです。
画像 097    画像 098
 毎年、小さな氷の芸術を見せてくれる裏の小川です。今年も、鍾乳石の様な見事な氷柱を作ってくれています。
 中には、こんな抽象芸術作品?もあります。
画像 096    画像 095
 左は、マッチ棒の超でかい奴。右は、風で斜めに歪んだツララです。

 ところで、昨日の天気予報は晴れのち曇り。で、洗濯は◎でした。が、午前中は曇りでした。
 お陰で、干してあった洗濯物は乾きません。 
画像 102
 取り込んで、家の中に干すと、ご覧のように、凍りついていました。(下の方を握るとそのままの形です。)

 お昼からは、少し晴れ間も見えました。 
画像 101
 残念ながら、お陽さまが当たったのは、川北の方(湯の坪通りの方)ばかりでした。

 防火用水池は凍りついたままです。
画像 094
 子供が投げ入れたのか?石ころが水面?に転がっていました。

 この防火用水を見て、開館中の看板を作ることにしました。
画像 104    画像 103
 で、作ったものが此れですが・・・・此処まで来てもらうのが大変です。
 ついでに、先日作った看板が下です。
画像 105
 全体の文字を大きくしました。でも、位置が????みっともないような?

 さて、作品紹介です。
画像 089
 三尾公三さんの『女と貝』です。

 オッと、今日は朝から自衛隊さんが頑張っているのでしょうか?ドカンドカンと大きな音が聞こえています。

 今日は金曜日、お客様は????寒いしな???!
 今朝の気温はマイナス1度、またまた氷点下へ逆戻りです。もっとも、今日が【大寒】なので、寒さもまだまだ、否、これからです。
 お天気は曇り??
画像 109    画像 108
 予報では、晴れのち曇りだったと思います。雪が、まだこんなに残っています。

 さて、昨日です。
 写真が・・・・・・無い!!
 何もしなかった訳では無いのです。
 午前中は、サニークリーンさんがモップの交換に来てくれたので、さっそく館内を拭きあげました。
 午後は、美術館のアプローチに残った雪を片付け・・・そう云えばこの時にガンゼキが折れてしまったので、買い替えに行かなければナ?!
 これが終わって、館内に戻り、さてインスタントのコーヒー飲もうとしている処にお客様でした。入口の看板がまだ水・木曜日が休館になっているので「今日はお休みでしたか????」と、帰ろうとされていました。「イエイエ、やっていますので、どうぞ!」でした。(後で、看板は書き換えました。)

 絵が大好きと云う感じのご夫婦で、特にご主人はお詳しそうでした。少し説明をした後は、自由にご覧いただきコーシーの準備でした。
 熱心にご覧いただいたあと、コーシーを飲んでいただきながらのお話も大変楽しかったです。
 宇佐から来られ、駅ホールの展示に感動された後、立ち寄ってくださったのでした。美術館の前で私と一緒に写真を撮られて金鱗湖へ向かわれました。ありがとうございました。是非また来られますように!!

 そう云えば、来館された方の何人かは私と一緒に写真を撮られます。ありがたいことです。

 さて、記事はこれでお終いです。

 最後に唯一の写真を紹介します。
画像 110
 石松温泉から帰って来たら、大きなお月さまが美術館の上に出ていました。

 さて、作品紹介です。
画像 090
 鳥居言人の木版画『髪梳き』です。

 さて、今日も頑張らねば・・・・・。

 オッと忘れていました。今日は【大寒】、早速PCでチェック!
【小寒と大寒】
 寒さが最も厳しくなるいわゆる『寒の入り』のことを[小寒]と言うそうです。1月5日ごろで、この日から寒中見舞いを出し始めるんだそうです。偶然、その頃に出したような・・・・・・。
 小寒の後、15日で【大寒】に入り、大寒の後、15日で、寒が明け、この小寒から節分までが[寒の内]と呼ばれるのだそうです。
 寒の内とは一年の内最も気候の寒い季節で、実際に気温の最も低い季節です。
 【大寒(だいかん)】は、二十四節気のひとつです。(この日から立春までの期間を指すこともあります。)
 大寒は、『寒の内』の真ん中でもっとも寒い時期で、最低気温が観測されるのもこの頃が一番多くなっています。
 武道ではこの頃寒稽古が行われ、また、凍り豆腐、寒天、酒、味噌など寒気を利用した食物が仕込まれる時期だそうです。

 アレ??、私の大好きな新酒は、今頃仕込むんだったかな?そう云えば、バレンタインの頃に出るんだったような??もう一ヶ月ほどの辛抱か!!!

 [だいかん]と読むのでしたか![たいかん]と読むのだと思っていました。「越前屋、お前も悪よな?!」の[だいかん]って読むのか!!
 今朝の気温は0度です。また少し暖かくなりました。このまま春に・・・ならないですよね!
 何と云ったって、明日が<大寒>なんですからね。
 でも、この気温のお陰でご覧のように盆地の雪は姿を消しました。
画像 104

 お天気は曇り。
画像 105
 当然、お山は見えていません。気分の乗らない一日になりそうです。

 さて、昨日です。
 開館時間の9時頃、電話のベルが鳴りました。
 「今日は開いていますか?」「もちろん、開いていますよ!」
 で、コリャ?????お客様が来られるようだな!で、待ちましたが・・・・・・・・何?
 待ちくたびれて、チョッと裏へ。少し用事を済ませて、館内へ戻り、何気なく外を見ると、お母さんが娘さんの写真をわが玄関で撮っていました。「ご覧になりますか?」と声をお掛けしましたが・・・・・・・。
 単に、玄関で[来たよ!]の写真を撮られただけのようでした。一体???????私の胡散臭い顔がいけなかったのでしょうかね?まあ、仕方ないですね。(ションボリ!)

 後はオボロ?♪後はオボロ???♪でした。
 吉冨の道の駅で買ってきたこのテーブル飾りも、虚しい!!!
画像 107
 ミカン食って、コーシー飲んでの一日でした。気落ちして風邪引いたみたいです。

 昨日は旧暦で12月15日。お空には満月がかろうじて姿を見せてくれていました、
画像 106
 気持も落ち込んでいたので、正に【孤月】に見えました。

 さて今日の作品は、甲斐【荘】楠音の『暑さ』です。以前は、甲斐【庄】楠音の『ストローを持つ女』(仮題)で紹介した作品です。
071206_1712~01.jpg

 ヤフオクでかなりの金額で購入したものです。99%本物と思ってはいましたが、とうとう100%になりました。
 それを証明してくれたのがこの冊子です。 
画像 103
 大正12年7月に発行された週刊朝日の夏季特別号です。
 この冊子は、やはりヤフオクで見つけたもので、水島爾保布の人魚の絵の関係で購入したものです。
 この冊子の中に、挿絵として使われていた絵の原画だったのです。
画像 102    画像 101
 題名も『暑さ』と云うことが判明し、この当時は名字も本名の甲斐【荘】を使っていたことが判りました。制作年も大正12年、楠音29歳の時だったようです。

 甲斐荘楠音が、大正15年の第5回国画創作協会展へ出品した意欲作『女と風船』(現在行方不明)が、土田麦僊に[穢い]との理由で展示から外されて、絵の世界から遠ざかる切っ掛けとなった3年ほど前の作品です。
画像
 黒の繻子を透かして見える女性の生身を描くスタイルを追及していた頃で、この代表作に近い作品と思われます。
 以後は、画風が変わってしまい、37歳のお母さんの死後は、ほとんど絵を描かなくなりました。

 こんな凄い作品も持ってるのですが・・・・・・誰も見に来ないって何?

 もう少し暖かくなれば・・・・・きっと来る!!


<余談>
 ところで、昨日の小鳥の名前が判明しました!いつものように友人の天牛さんが教えてくれました。ジョウビタキと云う鳥だそうです。
 この鳥は、渡り鳥だそうで、山に雪が降ったので下ってきたのでは無かったようです。

 早速PCでチェックすると、こんなものを見つけました。

 つばさにある白い斑点をキモノの紋に見たてて、モンツキドリという地方があり、ときどきぴょこんとおじぎをして尾をふるわせる、かわいい冬鳥です。その動作から、こんな話が―
 <昔、スズメとモンツキドリは姉妹でした。母親が重い病気になったとき、スズメはお歯グロを塗っていましたが、すぐやめて駆けつけたので死に目に会うことができました。ところがモンツキドリは、化粧をしたりモンツキを着たりと時間をかけたので、死に目に間に合いませんでした。怒った父親はモンツキドリに「もう、こんりんざいタベモノをやらない」と言いました。だから今でもモンツキドリ―ジョウビタキは、おじぎをしているのです。いっぽうスズメの口もとが黒いのは、途中で塗るのをやめたお歯グロのあとだというのですが・・・西瀬戸内地方にある民話です。>

 スズメさんて親孝行だったようですね。



 今朝の気温は、マイナス3度!!
 昨日より5度も暖かいと云っても氷点下です。凍りついたものが解けません!で、お風呂が相変わらず使えません。
 一人暮らしで火事が怖いので、オール電化にしました。これが裏目に出ています。タンクには55度のお湯がたっぷり入っていますが・・・・お風呂だけお湯が出ません。
 オール電化をお考えの方、寒冷地では?????ですよ!!!

 さて、お山ですが・・・・・・
画像
 白黒写真になってしまいました。厚い雲が天を覆っています。

 さて昨日です。
 我が家の気温計ではマイナス8度でしたが、お天気ニュースによるとマイナス9.2度だったそうです。
 どのくらい寒かったのか!!
 カーテンを開けると・・・・・・・。
画像 095   画像 094
 氷の結晶がびっしりでした。景色で見難いので、布に転写?してみました。草の根っこのようにガラスにへばりついているようでした。

 さて、玄関に出ると、また足跡が???
画像 100    画像 098
 おばあちゃんの畑に行って、ネギを食べてはいないようですが、穿っていました。
画像 099
 足跡は、犬より少し小さいようです。いったい何???

 とうとう防火用水池がこんな有様に!
画像 097

 で、昨日も雪かきでした。
画像 096
 お客様は、結局来られませんでしたが、地道な努力だけはしておきましょうかね。

 お昼からは、こんなに良いお天気でした。
画像 088
 お散歩に出て、下の田んぼから取ったお山です。良いでしょ!!!

 お川で、見つけました!!
画像 087
 川岸に震えながら咲いていたタンポポです。春を待ち切れなかったのでしょうか??

 帰って来て、お便所に行き、済ませて出てくると、庭に奇麗な小鳥が・・・・。
画像 092
 お山に餌が無くなったのでしょう。良く見かけるようになりました。

 カメ太が、敷いていたプチプチを破ってしまいました。
画像 086    画像 085
 新しいものと敷き替えてあげたのですが、また潜ってしまいました。この寒さでは・・・仕方ないですね。

 夕方には、美術館前の急な坂の雪も解けましたので、石松温泉へGO!
 行く途中に、夕焼けのお山に月が!!!!
画像 084
 ピンク色に染まった由布岳の右上にポッカリと月が浮かんでいましたので、パチリでした。すばらしい光景でした。こんな景色は、一年に一度も見れるか見れないかです。(但し、夕焼けがピンクの時、翌日のお天気は崩れるようです。)

 さて、今日の作品です。 
画像 091
 荻原季美子さんの『女』です。

 今日は、火曜日です。さてお客様はどうでしょうか?
 今朝の気温はマイナス8度。昨日よりまた1度下がりました。
 お天気は晴れでしょうか?お山には山頂に少し雲があるだけです。
画像 073
 ご覧のとおり青空です。
 気温が低くなったのは、この放射冷却現象も加わったせいでしょうね。

 風は、全くありませんが、冷たいです。

 さて昨日です。
 ブログを書き終えて、開館の準備に行くと・・・・・・。玄関のポスターがご覧の有様でした。
画像 082
 一昨日は風も吹いていましたので、吹き飛ばされたようです。押しピンが雪の中なので、放っておきました。

 水が長靴の裏に付くと、この床が滑るのです。雪だと尚更です!
画像 080
 どげんかせねばですが・・・・・。
 仕方なくこのお知らせだけは出していますけど・・・・。
画像 081
 まあ、こんな日はお客様は無いのですけど、来られたらを考えましょう!!(タイルの張替は出来ないので、気をつけて下さいね!のお願いだけですが・・・。)

 雪が降り続いていたのですが、やっぱりこれくらいはしないとですね。
画像 083
 アプローチの雪かきでした。
 道路の雪かきもと思いましたが、既に車が通り、雪が固められてしまい、アイスバーンの状態になっていましたので、断念!
画像 075
 防火用水池も、スケートが出来るほど、完全に凍りついていました。

 お昼すぎには、ほんの少しだけ姿も見せてくれました。
画像 077
 空も青空がときどき覗きました。
画像 074
 その青空の中に、お月さまが見えたので、パチリでした。

 時々、玄関を点検していたのですが、こんな訪問者が・・・・・?
画像 078   画像 079
 看板の下に足跡が・・・いつの間にか何か来ていたようです。

 裏庭にも足跡です!
画像 076
 近くに野犬は居ません。猫は炬燵で丸くなっているし、崖を登って何かを探し廻り、また崖下へ降りて行ったようです。
 タヌキって崖登れるかな???体型的には無理!と思います。イタチ?ハクビシン?でしょうか。変な鳴き声なんですが??????かなりすばしこい奴です。

 ところで、昨夜、さて寝ようかとしている処に、電話が入りました。
 何と!従妹(いとこKちゃんの妹)からでした。叔父さんの葬式以来ですので、20年振りくらいになります。もっとも、その時に言葉を交わしたのか???ですので、5歳くらいの子供の頃の顔しか思い浮かびません。
 現在は、ここから一時間くらいの筑紫野市に住んでいるとのことでした。なんじゃ近いじゃん!です。30分ほど話し込んでしまいました。そのうちに姉妹で遊びに来てくれると良いのですけどね。また、電話待ってるよ!!


 さて、今日の作品です。
画像 062
 松樹路人さんの『水差しを持つ少女』です。

 結局、昨日の最高気温はマイナス4度でした。
 と云う事で、ここで一句!

  <大雪に 暇持て余す 昼寝かな> 

 今日は、お天気が良さそうなので、少しは暖かくなるでしょう!
 
 ご覧ください!
画像 072    画像 071
 白銀の世界へ逆戻りです。
 気温は、マイナス7度。
 昨夜、寝る前の気温が既にマイナス5度でしたので、もっと下がる気もしましたが・・・・良かった?
 (水道は、少し出しっぱなしにしていたので、大丈夫でした。)

 お天気は、一日雪だそうで、降り続くとのことでした。今日明日は、完全に閉じ込められたようです。
 昨日の3時、厭?????な予感がしましたので、買い物へ。しっかり買い込んできました。これで、当分は大丈夫です。

 で、その後、川西温泉にも行ってきました。
 食料は確保したのですが、温泉へ入れないのは辛いですね・・・・仕方ないので、お風呂で我慢!です。(もっとも、お湯が出ていませんので、このままだと、お風呂も????です。)

 さて、そんな状態でしたので、記事が・・・・・。

 昨日の午前中は、お隣の神社に展示していた平川 渚さんの作品撤去のお手伝いでした。お菓子屋のご主人に手伝っていただき、アッと云う間に終わってしまいました。
 二人で、区長さんと神社総代さんのお宅へ、お礼に出かけて、ようやく完了しました。
 美術館へ戻って、コーシーを飲みながら、しばしの芸術談義でした。若い方は、既に「アンフォルメル」「パフォーマンス」や「具体」「九州派」「ネオダダ」何て言葉も、全く知らないようで、時代の流れを感じました。
 日田で個展を開催中なので顔を出しておかなければと、雪を心配しながら帰って行きました。ひとり暮らしなので、お土産にお菓子屋のご主人にいただいた漬物を持たせてあげました。

 さて、先日【版画堂】さんからパンフレット(新年特別号)が届きました。
画像 054
 今回もたくさん素敵な作品が掲載されていました。特に、ポール・ジャックレーや芳年の版画が充実していました。
 水道管の修繕や・・・・でお金が要るので買えませんが・・・。

 さて、作品紹介です。 
画像 063
 斎藤 研さんの『港の女』です。

 昨日・今日とセンター試験だそうです。受験生諸君、全員が合格と云う訳には行かないだろうが、雪に負けないで頑張れ!です。

 さて、今日は【やぶ入り】だそうです。で、PCでチェック! 
 「奉公人は、昔は日曜・休日何てものは無く、しかも朝から晩まで働きづめの毎日だったそうです。ただ1月と8月の16日前後の一泊だけ実家へ帰ることができたのだそうです。これを【やぶ入り】と言ったのだそうです。(閻魔大王様もこの日だけは休んだそうです。)
 商店では、奉公人を帰すとき、奉公人の着物や下駄(げた)を用意し、小遣いやお土産を持たせたそうです。農家では農産物を持たせたそうです。
 また、この日は嫁いできたお嫁さんも里帰りさせたそうです。現在では名称のみ残ってる行事ですが、・・・・・です。」



<余談>
 あまりニュースも見ないのですが、偶然見たニュースに管総理の奥様が出られておりコメントされていました。この女性は素晴らしい!入れ替えて総理にしたいくらいでしたね。

 今朝の気温は0度です。昨朝よりかなり暖かい?感じです。
 お天気は、小雪。
画像 056    画像 055
 お山は、ご覧のように雪雲に完全に隠されています。見渡す景色は薄らと雪に覆われています。
 予報では、今日明日は雪。特に明日は、大雪の可能性があるそうです。
 土・日ですが、これではお客様は・・・・・・・。

 さて、昨日の午前中は、出初式でした。
画像 070
 合併した3町の消防団が終結しての出初式でした。
 隊列を組んでの、訓練の様子の後は、放水でした。
画像 068    画像 069
画像 067    画像 066
 青空に放水の描く放物線や平行線が映えてとても奇麗でした。放水が終わっても、虹がしばらく出ていました。

 さて、標題に掲げましたように、昨日から、ゆふいん三世代物語第3部東勝吉賞水彩画公募展「陽はまた昇る?83歳からの出発?」が始まりました。
画像 065
 応募のあった全作品に優劣を付けず、すべてを駅アートホールに展示、写真集に収めるという企画でした。
 その写真集が此れです。
画像 061
 もちろん、私の母の作品もこの写真集に掲載され、駅アートホールに展示されました。
画像 060    画像 059
 94歳になるこの頃は流石に描かなくなりましたので、88歳くらいの時に描いた作品で応募しました。
 
 夜は、十数名の応募者が参加されてのアートフォーラムでした。残念ながら、母は参加できませんでした。
画像 057
 お客様も大変多く、料理や飲み物などもたくさん提供されて、凄い会になりました。
 偉い方??もたくさん来られていたので、私的には苦手な雰囲気でしたが・・・・まあ、仕方ないですね。

 2次会にも参加し、帰り着いたのが12時を回っていたようです。

 何とも、バタバタの一日でした。
 今朝の気温はマイナス7度、痛い感じの寒さです。
 お天気は晴れ!寒気団と放射冷却現象が重なったせいだそうです。
 
 ところで、回線が混んでいたのでしょうか?写真の取り込みが上手くいきませんでした。で、今頃(9時前)になって、ようやく記事のアップが出来ました。

 と云う事で、今日は出血大サービスです!2枚お山の写真をお見せしましょう。
画像 052    画像 049
 夜明け前の写真2題です。

 マイナス7度がどのくらい寒いのか!
 何と!何と!美術館入り口の防火用水池に氷が張りました。
画像 051
 水の流れがある上に、ご近所から出る温泉水も入っているので、過去4年間で始めてみました。マイナス10度が最低でしたが、その時は張っていなかったと思いますが?????

 次の写真は駐車場です。
画像 050
 雪は解けているのですが、敷きつめた砂利がカチンカチンに凍りついています。
 写真を撮っている少しの間でしたが、手足が痛くて我慢できなくなってしまいました。

 さて、昨日です。
 お昼から、作品の撤去のお手伝いでした。
 で、ドルドーニュ美術館へ。で、ついでに、お隣の板井文雄さんの作品をパチリ!
画像 053
 作品を引き取りに来られた神路祇 隆さんとコーヒーをいただきながら、少しお話をしてから、クワージュへ向かいました。
 展示作品は、既に完売しているそうでした。作品を車に積み込むと、中に木のオブジェが・・・。購入してくれた方の誕生日なので、プレゼントだとのことでした。クスノキの切り株が手に入ったとのことで、作られたそうです。
  神路祇 隆さんをお見送りした後、そのままフローラハウスへ向かいました。
 征木 高さんの作品を撤去し、ドルドーニュ美術館へ運び込むともう4時半でした。一旦、美術館へ戻り戸締りを済ませて、今度は駅ホールです。
 既に、高見 剛さんの作品は撤去されており、第三部の作品の展示作業が始まっていました。
 こちらの作品の展示が終わったのが、6時。夕食の準備の暇がなかったので、ラーメンを食べて、帰りに石松温泉へ入って、ついたのが7時でした。
 バタバタした一日でした。

 さて、作品紹介です。
画像 048
 人形師辻村ジュザブローさんの挿絵原画?『薩』です。

 さて、今から出初式に行ってきます。
 今日もバタバタの一日になりそうです。
 間もなく13時ですが、寒い!冷たい!痛い!です。気温は、3度です。朝はマイナス5度だったそうです。
 やっぱしこっちは寒いな?!!!

 帰り着いて、日出生台で撮った由布岳です。
画像 038
 こっちからの由布岳も珠には良いもんでしょう!

 さて、その帰路の様子です。
 先日、車をスリップさせた場所(安心院を抜けるカーブ)は、今日も危なかったです。何とか切り抜けましたが・・・・。
 ほとんどの道路は、お陽さまおのお陰で、ご覧のように解けていました。
画像 042
 が、ところどころ、日陰のため凍っていました。
 そして、最大の難所が此処です。
画像 044
 完全にアイスバーンに状態です。少しスリップしながらでしたが、無事通過できました。

 自衛隊の演習場は、ご覧の有様でした。
画像 043
 雪中行軍の訓練が出来そうでした。この九州でです!!此処は八甲田山か?です。

 帰り着いたのがお昼前でした。

 ところで、次の写真をご覧ください。
画像 045
 戸畑の家の水道管が破れていました。その検査後です。これでも判らなかったのです。結局、この間の管か?or
建物の地下か?です。結局、新しく管を露出で引きくことしかできなくなりました。で、二階の便所が使用不能に・・・・仕方ないです。

 またお金が・・・・・・・やっぱり辞めるの早すぎたかな???言っても仕方ないですね!!

 さて愚痴こぼしてる暇はありません!作品紹介です!!
画像 046    画像 047
 平野 遼さんの『鳥の毛をむしる村の女』です。

 さて今から作品入れ替えのお手伝いです。今日はここまで!
 今朝は北九州です。
 で、気温は判りませんし、お山の写真も撮れません。

 が・・・・・お山の写真です。
画像 035
 昨日撮っておいた青空に映える雪化粧のお山です。
 (※くれぐれもお間違えの無いように、この写真は昨日ですよ!!)

 一見、良いお天気でしたが、気温は上がりませんでした。
画像 032     画像 031
 バケツの水は当然凍り付いていましたが・・・ご覧のとおり厚さが5センチほどもありました。寒いはずでした!

 さて、昨日ですが、この寒さのせいで、お客様は・・・・・・でした。
 が、お昼前に、川西のNさんご夫婦がいらしてくださいました。
 何と、持ってきてくださったのがこれ!畑から抜いたばかりの聖護院大根だそうです。 
画像 033
 大きさが判りやすい様にまな板の上に置いてみました。ご覧のようにダチョウの卵くらいもあります。
 で、次の写真の漬物がその聖護院大根を漬けたものです。
画像 034
 右のシイタケもいただきました。ありがとう
 コーヒーでもと申し上げたのですが、お昼でしたので、帰っていかれました。

 夕方、雪が舞い始めましたので、早めに店じまいをして、北九州でした。
 ところが帰る途中で大ハプニングでした。
 何度も自慢のハーレーに跨って来館してくれた嘗ての同僚から電話が入りました。「漏水していますよ!」でした。「何処の?」「戸畑のお宅です。」でした。てっきり、私と入れ違いに由布院に来て、漏水を見つけてくれたのかと思ってしまいました。まあ、戸畑の家も古いので彼方此方痛んでしまい、また金が要るようです。

 ところで、いよいよ<駅からつながるアートの散歩道>も、明日までとなりました。ご覧になられる予定の方はお急ぎください!!
 と云うことで、明日のお昼までには由布院へ戻ります。わが美術館は既に済んでおりますが、他の会場や駅ホールの展示替えのお手伝いです。

 さて、ボチボチ漏水の検査が来るでしょう!!
 その後は、血糖値検査のため病院。帰ってきて、入院中の先輩のお見舞いです。まあ、今日も結構いろいろあります。
 今朝はまたまたマイナス5度です。
 水道は、何もしなかったのですが、大丈夫でした。もう少し下がると駄目ですが・・・・。

 雪も、夕方少し降っただけで、夜中は降らなかったようです。今夕、北九州へ戻るのですが、道路は、大丈夫なようです。

 では、お山です。
画像 019
 暗い冷たい空気にも関わらず、かろうじて姿が見えています。

 お天気は曇り??雪もあるかもしれません?

 ところで、以前紹介した此処!
画像 018
 今朝も、まるで焚火をしているかのように朝霧が発生しています。嘗て、由布院で唯一の名湯[柴石温泉]が在った場所の下くらいじゃないでしょうか???

 さて昨日です。
 めまぐるしくお天気が変化しました。
画像 027
画像 021
画像 020
 小雪でしたが、降ったり止んだり吹雪いたり、時には晴れ間も見えていました。

 こんなお天気なので、お山に餌が無くなったのか??
画像 026
 山鳥さんも降りて来ていました。

 ところで、昨日もいただいてしまいました。
画像 030
 チョッと用事でご近所に出かけ、帰ってくると、お隣で餅つきが始まっていました。火を焚くついでに焼いたシシ肉を御馳走になりながら、しばらくご主人と立ち話をしていて、奥様にいただきました。
 かき餅とアラレです。去年のものを煎ったものだそうです。保存食ですが、良く持つものですね!!

 (どうももの欲しそうな顔立ちなんでしょうか???貧乏たらしい顔・・・・髭のせいかな?)

 で、お客様の方ですが・・・・・・無い!と思っていましたら、来られました。
 どうも大学の先生でしょうか?建築を勉強されておられるとのことでした。館内をご覧いただいたあと、コーシーをお薦めしたのですが、<駅からつながるアートの散歩道>を巡っておられるので・・・とのことで辞退されてしまいました。仕方なく、ストーブの前で少しだけ立ち話でした。
 お隣の平川さんの作品をご覧になられた後、他の作品を見に行かれました。もう少しお話をお聞きしたかったな?!!

 夕方、石松温泉(加勢の湯)に行くと、久しぶりにお会いする方に、由布院でも十日戎があっていることをお聞きしました。温泉まつりのお薬師像や弘法様と同じように恵比寿様の石像を隣組で持ちまわっているそうです。
 
 では、作品紹介です。
画像 029    画像 028
 池田満寿夫さんの写真作品『裸婦』です。

 今日は鏡開きです。で、早速PCでチェック!
 「鏡開き」は、もともと武家で、正月に鏡餅を供え、正月11日にこれらを割って食べるという習慣があり、これを『鏡開き』と言っていたことが、現在では家庭や事務所で年の始めに鏡餅を供え、一年の健康と発展を祝い、供えた鏡餅を食べる『鏡開き』が正月の行事として受け継がれているとのことでした。「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味するそうです。


<余談>
 本屋さんで立ち読みした或る本に、夫婦の危機について書かれていました。何気ない言葉に感情のもつれが始まるのだそうです。
 「歳とったな?!」「太った!」「お茶!」・・・・・いけませんのいけませんだそうです。
 「お互い歳とったな?。」「少し健康に気を付けようか!」「お茶にしようか!」って声をかけないとでしょうかね。
 珠には、向かい合って座らず、隣に座って、「半分づつ食べようか!」ですね。

 さて、カミさんの扶養(ふよう)になっている私目、不要(ふよう)にならないように、今日は鏡開きで、家庭円満を祈りましょうかね!

 今朝の気温はマイナス1度です。昨日よりは3度ほど低くなりましたが、昨夜の予報ではもっと低かったので、良かったです。まあ、何となくそこまで低くはならないんじゃないかな?とは、感じていました。此の地に住んで4年、少しは土地勘が付いてきたようです。

 お山は、今朝も見えません。
画像 007   画像 006
 薄らと雪が降ったようです。

 お天気は曇りだそうですが・・・・・雪かもしれません?

 さて、昨日ですが・・・・こいつは懲りない奴です。
画像 017
 呆れて、放ったらかしましたら、どうにか元に戻れたようです。また、木屑に潜っていました。

 支えをした蕗は、どうやら元気が少し戻ったようです。
画像 014
 ただ、今日もまた冷え込んだので、どうなるでしょうか??

 午前中は、ポスターを作成しました。
画像 013    画像 012
 いろいろ図柄を考えましたが、右側の細密画の方にしました。

 作成したポスターを駅ホールに貼ってもらいに2度行きましたが、駅前が混雑していましたので、車を止めることが出来ませんでした。今日も持って行ってみましょう!!

 お昼過ぎに、気温は上がらなかったようですが、駐車場の雪がようやく解けてきました。 
画像 009    画像 008
 先ほどゴミ出しに行きましたら、また真っ白になっていました。

 お隣の神社の平川さんの作品の状態を見に行きました。
画像 010
 大丈夫なようです。この展示もあと4日ほどになりました。見に来られていない方は、是非来てあげてください!!(ついでに、わが美術館も・・・・・!)

 さて、作品紹介です。今日からは、【描かれた女性展】の作品になります。
 まずは、ホールの作品です。
画像 015    画像 016
 三栖右嗣さんの『裸婦』です。
 
 ※ 今年も写真はハッキリさせません。著作権との兼ね合いですので、ご了解お願いいたします。

<余談>
 今日は、成人の日です。
 と云う事で、さっそくPCでチェック!!!
 <成人の日は、前年の成人の日の翌日からその年の成人の日までに誕生日を迎える人を祝う日
 国民の祝日に関する法律(祝日法)2条によれば、「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨としているそうです。
 新しく成人になられる若者たち、しっかりこの趣旨を理解・・・・まあ、良いか!!

 ところで、【成人】って??????で、またまたチェック!!
 <成年(せいねん)とは、法的には、単独で法律行為が行えるようになる年齢のこと。>だそうですよ!

<余談の余談>
 今日は、十日戎だそうです。で、これもチェック!!
 <毎年1月10日は十日戎といわれこの日を本戎、前日を宵戎、翌日を残り福と称し三日を祭礼の日としています。
 「戎(恵比寿)」様は、「七福神」の中の一人で、釣り竿と鯛を両手に持ってほほえんでいる神様です。遠くの海からやってきて人々をしあわせにする神様だといわれ、漁業の神、商売繁盛の神、福の神として親しまれています。
 この祭礼では、枝先に縁起物を飾った「笹」を売り賑わいます。その「笹」を売るときのかけ声が、かの有名な「商売繁盛、笹もってこい」なのです。
 戎様自体はは全国的に有名ですが。十日戎というのは東京の人には馴染みが薄く、西日本の行事のようです。東京にはエビス神社が30社もありませんが兵庫県や京都府は200社以上、広島県に至っては400社を超えるそうです。最も賑やかな大阪の今宮神社の十日戎。宵戎、戎、残り戎の3日間で訪れる人は100万人と言います。>なんだそうです。
 ヘ??、西日本の行事だったんだ!!!
 久しぶりにと云うより、PCを替えて、初めて書いた記事が消えてしまいました。
 気を取り直して書き直すのにワンクッション!洗濯をしてきました。
 さて、また最初から書くことにしましょう!!!!!

 今朝の気温は2度です。昨朝の気温がマイナス7度でしたので、10度近くも上がったことになりました。体調管理が・・・・・暖かいので良いのですが・・・・・。
 お天気は曇りです。
 画像
 ご覧のとおり、お山は見えません。

 三連休の中日ですが、このお天気では・・・まあ、天気は仕方ないことですね。

 さて、昨日は完全快晴でした。朝から夜まで雲ひとつ浮かぶことが無い青空に恵まれました。
 お陽さまの光が暖かかったせいで、こいつがはしゃぎ過ぎてしまいました。 
画像 005
 カメ太の奴、ウロウロしていると思っていたら、この有様です。人間だったら素っ裸で大股開きの状態ですね。あんまりみっともないので、元に戻してあげましたら、また木くずの中に潜って行きました。恥ずかしかったのでしょうかね????

 お天気は最高でしたが、気温が上がりません。
 玄関のお菓子屋のご主人にいただいた蕗もしな垂れてしまっていました。
 で、暖かい喫茶展示室へ移動させて、支え棒をつけてあげました。
画像 004
 さて、回復してくれるのでしょうかね?

 昨日の午前中は、支払いや掃除でした。
画像 002
 お花が無いので困っていますが・・・咲き遅れた山茶花のつぼみを見つけたので挿してみました。
 室内の気温でお花が開いてくれると良いのですが・・・さてどうでしょうかね??

 お昼過ぎにご近所の写真家の大谷さんが先般香美市立美術館で開催された個展の資料を持って来て下さいました。
 館内を見ていただいたあと、個展のことについてお話を伺いました。
 一時間ほど経った頃に、玄関で声が・・・・ギャラリーブルーバレンのUさんが福岡から来られたお客様とお隣の神社の平川渚さんのインスタレーションを見に来られたのでした。
 2時近くになったので、大谷さんは花園のラグビーを見るために帰られました。

 夕方、夢二山荘のNさんが大阪から来られたお友達のご夫婦と一緒にいらっしゃいました。
 で、また新年早々お土産をいただいてしまいました。
画像 001
 ご夫婦は、年末から来られておられたそうですが、ズーーーッとお天気が悪かったので、ようやく観光に出られたと喜んでおられました。
 コーヒーを飲んでいただきながらのお話で、「これから少し絵に興味を持ってみよう!」とおっしゃられていましたが、「見るだけにしておかれた方が・・・・。」でした。
 5時を過ぎた頃に、「湯布院に来る楽しみが増えました。」「また、来られた折には寄って下さい!」で、宿に帰って行かれました。

 さて、今日の作品です。 
画像 003
 石橋一寛さんの『土龍』です。

 なかなか【描かれた女性展】の紹介になりません。明日から始まりますよ!!!
 寒????い!!!!! 
 今朝は何とマイナス7度です。

 で、ガラス戸はご覧のようにスリガラス状態です。
画像 032
 良???く見ると奇麗ですが・・・・・・。

 寝る前に水道の水は出していたので大丈夫ですが温水は出ません。

 さてお山です。 
      画像 031
 ご覧のように青空の下にくっきりと見えています。お天気は快晴のようですから、暖かくなっていくと思います!!
 で、今朝発見しました!!
    画像 030
 いつもは田んぼ全体から朝霧が発生しているのですが、ご覧のとおり一ヶ所だけから発生することもあるようです。
 あの下は、地表近くを温泉のお湯が流れているのでしょうかね???
 あそこで出来るお米ってどんな味でしょうか??

 さて、昨日です。
 帰り着いてから、少しは気温が上がったのでしょう?ご覧のお天気でしたので・・・寒かったのですがね。 
画像 039    画像 037
 青空の下のお山のお姿はやっぱり良いですね!!

 元旦に作った雪だるまさんもご覧の状態でした。
画像 033    画像 006
 写真右が作った時の雪だるまさんですが、痕跡だけになってしまいました。

 畑のパセリを見に行くと?????足跡が二つ!!
      画像 036
 鳥の足跡と獣の足跡です。
画像 034    画像 036
 ハテサテどんな動物が来たのでしょうかね??

 さて、今年最初の作品紹介です。 
画像 028    画像 029
 やはり目出度いものから紹介します。矢野文夫(汒土)さんの『赤富士』です。

 今日から三連休です。お天気は良いのですが、この寒さではどうでしょうか??
 お陽さまのご威光で・・・・・・今年は、太陽信仰で行きましょう!!
 新年明けましておめでとうございます!

 今年もわが花合野美術館をよろしくお願いいたします。

 年末年始お休みを終え、今日から新しい企画展を開催致します。
 新春特別展【描かれた女性展】です。
 とっても雪の深い新しい年を迎えておりますが、道路状況に御留意のうえ、御来館されますよう、お待ちしております。

 さて、今回ブログを長々とお休みしたのは、こいつのせいです。
画像 018
 これを忘れて帰ってしまったからです。
 元旦の朝、お隣の神社の拝賀式を無事に済ませた時点では、北九州へ帰ることはホボ絶望的でした。ところが、お昼を過ぎると、美術館前の坂の雪が解けてくれたのでした。31日に雪搔きをしていた部分だけでしたが、どうにか坂を上がることが出来るようでしたので、思い切って帰ることにしました。大慌てで帰ったため忘れてしまい、写真の取り込みが出来なくなったため、お休みとなった訳です。まあ、忘れた私が悪いのですけど記事も無かったので、仕方なかったです。済みませんでした。
 
 では、まずはお山の写真からです。
画像 021
 残念ながら雪雲が山頂を覆っています。見えている処は、これが九州の山か?って感じに雪化粧しています。

 さて、今朝いつものように6時に起きて家を出たのですが・・・・・・すでに、北九州の外れで雪に遭遇!!
 「こりゃーやばい!!」でしたが、案の定、高速道路は通行止めでした。
 下の道も、完全に雪道状態で、山越えは??????
 で、何とか【仙の岩】に到着。 
画像 026    画像 025
           画像 024
 此処もご覧の様な状態でした。で、チェーンを装着することにしました。
 
 無事に装着を終え、これで大丈夫と車を走らせたのですが、トンでもハップンでした。曲がり角で、車が180度スリップしてしまいました。対向車が来なかったので、良かったですが・・・・・。
 やはり雪道は気を付けて安全運転を心掛けましょう!!!
 これがその山道です。
画像 023     画像 022
 アイスバーン状態でした。

 ゆっくりゆっくり気をつけながら、9時過ぎに帰り着くことが出来ました。と、こんなに郵便受けに年賀状が・・・・・・。
          画像 019
 私目は、140通しか出していないのに・・・・ハテサテどうしたものでしょうか??
 今日は既に7日、今さらですよね!
 年賀状を送っていない方、スミマセンでした!!(来年は激減するでしょうね!!・・・身から出たさびですから仕方ないですね!)

 ところで、正月早々チョッとだけ良いことが・・・・・これが届きました。
画像 020
 年金の申請書です。
 今年、還暦ですので、いよいよ頂けるようです。全額ではありませんが、何せ退職金も底をついていますので、良かった!!今年はなんとか暮せそうです。

<おまけ>
画像 027
 初日の出ではありませんが、2日に撮っておいた日の出です。
 この日の出のように明るい年になりますように!!!!!

<余談>
 昨夜、友人からの電話で、嘗ての上司が亡くなられていたことを知りました。帰り着いての留守電に葬儀の伝言も入っていました。年末の吞み会で、悪いと聞いていましたが・・・・私とは合わず、いろいろあった上司でしたが、亡くなれば仏様です。ご冥福をお祈り申し上げます。    <合掌>
 今朝の気温もマイナス4度です。
 がががが・・・・・今までマイナス6度で凍っていた水道が、出ません!否、水道は出るのですが、温水が出ません!どうなっているんでしょうか????
 まあ、良いですが・・・・。

 今朝も、硝子戸が凍りついて、開きません!
 で、こんな写真しか撮れませんでした。
画像 001
 もちろんお山は見えませんから・・・これでも良いか!!

 さて、昨日です。
 とにかく雪・雪・雪・雪・・・・・・・・・!!
 こんなに積もっていました。(今も同じですけど・・・・・。)
画像 014  画像 015
画像 016   画像 017

 こんな雪のオブジェも・・・・?
画像 013    画像 008
画像 009    画像 010

 由布岳が少しだけ姿を見せてくれましたが・・・・。
画像 007
 この合間を縫って、雪かきをしました。
画像 011    画像 012
 必死の雪かきも虚しく、温泉行きを二度挑戦しましたが、結局この坂を昇ることが出来ませんでした。何ちゅう坂でしょうか!!

 で、雪かきのついでに娘と作ってみました。
画像 006
 この雪は、中々丸くなりませんでしたが、どうにか雪だるまさんになりました。雪の質もいろいろあるようです。

 雪かきの後、神社の様子を見に行きました。
画像 005
 平川渚さんの作品は無事でした。

 坂が昇れないので、仕方なく家族で歩いて温泉へ!!!

 温まって、帰る途中で、こんなものが・・・・・。
画像 002   画像 003
 道路脇の壁に出来ていたつららです。本当に寒い一日でした。

 ところがこのあとハプニングに遭遇でした。
 事故車に会ってしまいました。何とか動かしてあげようとしたのですが・・・・・・ダメ!!!
 結局、JAFへ電話してあげることしか出来ませんでした。

 とんでもない一日でした。
 紅白を見た後にお隣の神社へ初詣に行くと、平川ちゃんが写真を撮りに来ていましたが・・・流石に大雪でしたので来客が無かったようです。

<おまけの一枚>    
画像 004
 何の足跡か??????????


 新年の二句!!!

    「元旦で 消費期限に また一歩」

    「元旦に 末期の酒を もう一杯」

 今年もこんな感じです!!!!

Powered by FC2 Blog