プロフィール

ひげ親父

Author:ひげ親父
◆書いてる人:

【元】花合野美術館のヒゲ館長



  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


002_20100131081906.jpg
 麓まですっかり霞んで、まったくお山は見えません。昨日の霞が濃くなったのでしょうか?少し雨も降っています。 気温は4度。1月31日、この時期にしては暖か過ぎる気温です。明日から2月、一番寒さが厳しくなるでしょう。風邪を引かないようにせねば・・・・・。

 さて、表題の【ぜ??んぶ!バイロス展】の展示の様子を、まだお見せしていませんでした。と云うことで、今日は展示の様子を映した写真をご紹介します。
<玄関>
014.jpg

<ロビー展示室>
015.jpg

016.jpg

006_20100130093511.jpg

<和室展示室?>
008_20100130093608.jpg

<和室展示室?>
011_20100130093606.jpg

<図書展示室>
009_20100130093608.jpg

<常設展示室>
007_20100130093608.jpg

<喫茶展示室>
005_20100130093512.jpg

 中々良い雰囲気です。が、バイロスばかりなので、知らずに来られて、バイロスがお気に召さなかったら・・・・?
 案の定、昨日若いアベックが、入口で看板に貼ったチラシを見て帰ってしまいました。ウーーーン、先行き危ない!
 バイロス以外は、収蔵庫からいっぱい出して来てお見せするのに・・・・・です。
 

 ところで、昨日から息子が来ています。で、二週間ほど居る予定ですので、退屈はしないでよさそうです。息子との二人ぽっちは、下宿の引っ越しの時以来です。さて、どうなりますやら???

【バイロス作品コーナー】
001_20100131081906.jpg

 さて、1月の最後の日&日曜日です。頑張らねば・ネバ・ネバ???ネバーエンディングストーリー!
スポンサーサイト
003_20100130093512.jpg
 今朝の由布岳です。春霞??二日酔いで撮ったせいでもないのでしょうが・・・霞んでいます。
 少し視線を上げると・・・・・・。
004_20100130093512.jpg
 上空は寒いのでしょうか?朝一番で大分空港を飛び立った飛行機の落し物の様に、飛行機雲が棚引いていました。

 昨夜は、この像が玄関に立っているお宅にお呼ばれでした。
002_20100130093512.jpg
 両手両足の無いお猿さん<大五郎>ちゃんの像です。
 親猿からも見捨てられていたところを、写真家の大谷さんに見つけられて、家族として育てられた子猿ちゃんです。
 
 で、もうお判りでしょうが、大谷さんのお宅で呑み過ぎた!と云うことです。お世話になりました&ご馳走様でした&ご迷惑をお掛けしました。ありがとうございました!とても楽しかったです。

 本日は、そのお酒が残っており、頭が回転しませんと云うよりズキズキ痛いので、これでお仕舞いです。済みません!
【バイロス作品コーナー】
007_20100129095001.jpg

 オッと忘れるところでした。表題のとおり、今日から豊和銀行湯布院支店ロビーで、[新春!色紙書展]を開催しています。先日まで、美術館に展示していた書のうち、色紙だけを展示しています。ついでがありましたら覗いて見て下さい!
002_20100129075041.jpg
 薄く、霞んだお山が見えています。この霞みのため、まだ奇麗な青空になっていません。時間が経てば、素晴らしい快晴の空を見せてくれるでしょう。
 気温は2度ですが、おばあちゃんの畑には、薄く霜が降りています。時間が経てば暖かい一日になるでしょう。

 さて、昨日は展示替えの微調整でした。『バイロス・アルバム・マッペ』を額装した作品には、ネームプレートがあるのですが、それ以外の作品にはネームプレートはありません。で、すべての作品に付けないことにしました。

 微調整は簡単に済みましたので、チラシの作製です。3種類程作りました。娘に見せると・・・・・・・ウーーーム?でした。でも、私の技術では、精一杯です。で、せっかく作ったので、一枚は美術館に、一枚は駅アートホールへ、最後の一枚は豊和銀行ロビーへ貼付することにしました。

 美術館の分は早速看板へ貼りつけ、駅アートホールの分は、市内散策に会わせて持っていくことにしました。

 娘と二人で、駅ホールへ向かいましたが、駅前には観光客がいっぱいで、娘は車で待機。私は、チラシを貼るのと、会場の様子の撮影に向かいました。
 で、撮った写真です。
 今回の駅ホールの展示会【駅からはじまるアートの散歩道】のシンボルマークです。
006_20100129075040.jpg
 事務局の[つねきち]さんの作品です。シンプルでとても判りやすいマークです。
 
 会場の様子です。9つの美術館やギャラリーが、作品そのものや写真で内容を判り易く紹介しています。
 003_20100129075041.jpg
 写真左、駅ホール正面左隅の展示がわが美術館のスペースです。
 ズームアップするとこうなります。
004_20100129075040.jpg
 自慢のフランツ・フォン・バイロスの蔵書票6枚の展示です。
  
 入口には、大地図です。
005_20100129075040.jpg
 各施設の場所とその説明書きです。

 その説明のアップです。
007_20100129075101.jpg
 吾輩の鬱陶しい姿と美術館から見える素晴らしい由布岳です。

 写真を撮った後は、娘と二人で久しぶりに街中の散策に出かけました。
 冷たい川の中に、鷺が魚を狙っていました。
001_20100129075041.jpg
 
 お昼は、燻家のジビエフェアを娘に奢ってもらいました。

 4時過ぎに川西温泉へ行き、私の作った夕食を一緒に食べてから娘は帰って行きました。

 さて、作品紹介ですが、すべてバイロス作品です。で、この一ヶ月は、【バイロス作品コーナー】として、説明なしの紹介にします。

【バイロス作品コーナー】
006_20100129095001.jpg

 今日は、3時から豊和銀行へ、5時からご近所にお呼ばれです。


 
001_20100128074430.jpg
 今朝は雨。厚い雲が、まるで薄汚れた綿で作った天井板の様に空を覆っています。
 気温は8度、とても暖かい朝です。昨日はマイナス8度でしたので、気温差は16度もあります。呆れてしまいます。原因は、南風が突然吹いたためだそうです。

 わが美術館へこんな暖かい風が吹いてくるのはいつになるのでしょうか・・・・・・?ついつい、愚痴になってしまいました。遺憾!遺憾!

 さて、昨日は気分の乗らないまま、展示替え作業の再開でした。当然のことながら、遅々として進みません。
 少ししては、裏へ・少ししては、裏へ・・・・でした。で、フト外を見ると、励ましてくれるかの様な景色が広がっていました。
 003_20100128074430.jpg
 ご覧に様に、【羽衣】がお山に懸っていました。虹ノ松原の話に出てくる天女の【羽衣】って、これのことでは無かったでしょうか?

 天女に励まされ、作業再開!

 でも、午前中の寒かったこと・・・・。
 まるで冷蔵庫の中で作業しているようでした。
004_20100128074430.jpg
 ご覧の様にガラス戸には氷がびっしりと張り付いている中での作業でした。これって冷蔵庫の中より寒いのでは????冷凍庫の中・・・・これはチョッと大げさでした。

 お昼過ぎに、長女から電話が入り、「今から手伝いに行っちゃるけん!」「トットと来んと、終っちゃうぞ!」「夜勤明けじゃー!」でした。
 うどんを食べ終わった頃にやって来ました。で、娘にも1/26日賞味期限切れの丸天入りのうどんをサービス。食べ終わって、早速作業再開でした。

 娘の手助けもあり、ほとんど作業を終えることが出来ました。後は、手直しを加え、ネームプレートなどを張る作業です。
002_20100128074430.jpg

 4時近くなり、展示する作品などを持って、娘と一緒に今度は駅ホールに駆けつけました。
 今回の駅ホールの展示会は、アート委員会の自主企画展で、9つの美術施設が共同して、施設紹介をする【駅からはじまるアートの散歩道】です。

 ががが・・・・・、展示する作品が中々集合しません。で、全体の構成が決まらず、待機・待機・待機・・・・。
 うーーーーん、問題だな?!

 それでも、7時過ぎにはどうにか一部を残し展示が完了しました。娘も来ており、手も足りているようでしたので、帰らせてもらいました。
 ・・・・・・・・・・で、写真を撮って来ることを忘れてしまいました。今日、撮って来ます。

 さて、ボチボチ昨日の続き作業に入りましょう! 

館長のつぶやき

005_20100127080845.jpg
 素晴らしい眺めが、眼の前に拡がっています。ががががが・・・・・寒い!もの凄???く寒い!
 何と、今朝の気温はマイナス8度です。エアコンが作動していません?否、茶道はしているのですが、お部屋が暖かくなりません!ハア???。
006_20100127080845.jpg
 真っ白です!強烈な寒さで、霜の白も・・・・・・・雪並みです。

 さて、昨日は暇にまかせてブラブラ。で、畑にもう草が生えて来ているのに気がつきました。少しづつ、少しづつ季節は移ろっているようです。
 と云うことで、もちろん草むしり。
002_20100127080846.jpg
 今すぐ、何か植えると云う訳ではないのですが・・・・・陽が照っている処は、暖かいので。

 玄関へ回るとこんな景色・・・。
 001_20100127080847.jpg
 白く雪を抱いたお山を背景に、わが美術館・・・・良い美術館なのになあ?・・・何で????

 この後は、お天気とは裏腹の最悪の半日になってしまいました。

 それは一本のファックスから始まりました。
 いつもわが美術館の企画展示を掲載して下さっている月刊情報誌【ポス】さんからでした。実は、より情報を魅力的にするために画像を掲載して下さることになったのですが、残念ながら、美術品には著作権と云うものがあります。自分の持ってる絵や彫刻でも、自由に雑誌などに使用することは出来ないのです。で、残念ながら、掲載をお断りした次第です。
 【ポス】さん、長い間ありがとうございました。さて、別な方法を考えねばですが・・・チョッと、否、かなり堪えました。

 次が、この写真です。
003_20100127080846.jpg
 判りますでしょうか?額の裏に映えてしまったカビです。展示替えの準備をしていて気がつきました。こうやって次第に作品が劣化していくのです。こう云うのを見つけると、作品に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
 もっとお金持ちに買われていれば、温度・湿度も管理されて保管され、こんな目に会わずに済んだだろうにね。ご免ね!

 で、一気に気力が萎えてしまい、作業放棄!
004_20100127080846.jpg
 
 夜、気になっている息子へ電話・・・・・・最悪になってしまいました。

 とどめが、真夜中の地震です。震度2と言っていましたが、そんなものではなかったように感じました。湯布院の地震は群発するので、今後も気をつけないと・・・・です。

 さて、昨日ほったらかした作業を再開しましょう!今日は、正直、気力が湧きません。
003_20100126071340.jpg
 素晴らしい夜明けでした。お山の右側、東の空の色、言葉では表現のしようがありません。
 気温はマイナス2度、お天気はもちろん晴れ???!
 
 さて、表題のとおり、今日で今回の企画展は終了です。まあ・まあです。(正直なところは・・・・です。)

 と云うことで、昨日は駅ホールと豊和銀行ロビーの展示の準備でした。作品の選定と表示物の用意でした。作品の選定は、すぐに出来ました。表示物も以前作ったものを用意しました。この看板だけは新たに製作しました。
001_20100126071341.jpg
 PCで作ったのですが・・・・・以前は、ワープロの垂れ幕印字の機能で作れたのですが、PCにはこの機能が無いので、貼り合わせて作るしかないのが不便です。技術革新について行くのも大変です!シンプル・イズ・ベスト!だと思うんですが・・・・時代遅れなんでしょうね。

 美術館の展示の準備は、いつも通り、場当たりです。今夕から二日間で考えて行きます。

 ところで、昨日ビックリのお便りをいただきました。20年ほど前に一緒に仕事をし、此処10年ほどほ全く音信不通でした方からのハガキでした。先日来てくれた友人に聞いて、お便りを下さったのでした。
 早速、お電話をして、少しだけお話をさせていただきました。今日は、お手紙を書きましょう!

 さて、最後の一日、何か起こりますかね?????

<おまけの一枚>
002_20100126071341.jpg
 夕方、雲が取れて、見せてくれたのは、雪を被った姿でした。

<余談>
 先日、テレビの特集番組で寅さんシリーズのエキスが放映されていました。今回、山田洋次監督の映画『おとうと』のプロモーションで組まれたものの様でした。その中で、タレントの勝俣さんが「いつも笑ってろ!そうすれば良い奴だと思われる。」と鶴瓶さんに教えられたと言っていました。そのとおりだと思います。私も昔良く言われました。「西野さん(私)は、いつも笑ってるけど、怒ることがあるの?」・・・実際は、そうではなかったのですがね。
 
 また別な番組で、人間の免疫についての番組を見ていると、癌細胞でさえ食べてしまう免疫機能が既に人間の中に在るそうです。それがMS(NK)細胞?だそうです。で、この細胞を活性化すれば、癌を制圧することも可能だそうです。では、どうすれば活性化するのか?です。で、科学者の出した答えは、何と<笑うこと>だそうです。

 で、言いたいことは・・・・大いに笑って毎日を過ごしましょう!・・・なんてね!

判った!

002_20100125081410.jpg
 昨日とはうって変わってのお天気、曇りです。しかも、限りなく雨模様です。お陰で気温は4度と暖かい朝ですが・・・。

 月曜で曇り・・・・外では米軍の演習の大砲の音がドカン・ドカンと雷鳴の様に鳴っています。ア????あ、憂鬱な一日になりそうです。

 気を取り直して、昨日の快晴の写真でも見て、頑張りますか!
001_20100125081411.jpg
 昨日は、一日こんなお天気でした。

 さて、いよいよ明日で今回の企画展も閉幕です。企画が良ければ人(お客様)は来るとの信念でやってるのですが・・・先日、テレビで野村監督が言っていました<努力に即効性は無い!継続は力です。>この言葉を信じて頑張りましょう!

 ノンビリしたことは云って居れません!今日から大忙しになります。明日、閉館したらすぐに作品の入れ替え作業です。27日と28日は休館しての作業になります。
 次回の企画展は、【ぜ??んぶ!バイロス展】です。全館を使ってのバイロス作品の展示になります。作品の総入れ替えです。しかも27日の夕方から駅ホールの作品入れ替えもあります。こちらに展示する品もバイロスです。
 で、翌29日には、豊和銀行ロビーの作品展示も請け負いましたので、そちらの作品搬入があります。こちらは、【新春!色紙書展】で、今回展示した作品の中から色紙作品を選んで展示する予定です。

 と云うことで、今日の作品紹介はありません。
 そこで、今回の展示で新たに判明したことを載せましょう!
 まずは、北原白秋の短冊『紫蘭』です。
080426_1411~02

 友人から聞きましたが、今日1月25日は北原白秋が生まれた日だそうです。PCで調べると
 [北原 白秋(きたはら はくしゅう、1885年1月25日 - 1942年11月2日 )は、日本の詩人、童謡作家、歌人。本名は北原 隆吉(きたはら りゅうきち)。]
 となっていました。確かに、今日は白秋の誕生日でした。(ちなみに、その友人の誕生日も今日なんだそうです。お誕生日おめでとう!)

 次に、俳優緒方拳さんの書『草』です。
画像 065
 お客様に説明していて気がつきました。キャプションと作品の落款が違う!で、調査。緒方拳さんでは無くて、落款の緒形拳さんが正しいです。緒形拳さん、すみませんでした!深くお詫び申し上げます。
 (この説明のために、緒方拳さんの表記で載せました。)

 最後は、西村陽平さんのオブジェ『距だたりながら近づく』です。
091215_1334~02
 先日のブログで、この作品を紹介した際に、この題名の意味が判らないと書きました。
 先週の新日曜美術館[伊藤若冲]を見ていて、題名の『距だたりながら近づく』の意味が、何となく判りました。
 ご覧になられた方も多かったと思います。伊藤若冲の群鶏図の説明にその答えがありました。十三羽の鶏を描いた作品で、「十三羽の鶏が同じ大きさで描かれている。」その理由の解説に、【圧縮効果】と云う聞き慣れない言葉が出てきました。
 通常、縦に並んだ鶏だったら、奥に行くにしたがって鶏が小さく見えてくるから、同じ大きさに描かれるのは不自然です。では、何故鶏を若冲は同じ大きさに描いたのか?
 その実験がありました。十三羽の鶏をすぐ前に立って、カメラで覗くと奥の鶏は小さく写りました。しかし、撮影者がズーッと離れて望遠レンズで覗くと、十三羽の鶏が同じ大きさになって見えました。これを【圧縮効果】と云うのだそうです。
 西村陽平さんの『距だたりながら近づく』は、このことを作品にしたのではないでしょうか。自分が、対象物から遠ざかれば遠うざかる程、見えている対象物同士は、ドンドン近づいていくと云うことだと思いました。もしかして、陽平さんは、若冲からヒントを得た?????

 さて、準備!準備!

<余談>
 先日の駅で開催されたアートフォーラムで、書家の藤井美相さんへ「書と絵の関連は?」と描かれた書と抽象画の見方についてお聞きしましたら、「書は見て、絵は読んでください!」との答えでした。
 ≪絵を読む≫・・・・・確かに!でした。
001_20100124075340.jpg
 今朝は快晴、本当に雲ひとつない朝です。
 気温は0度、意外に冷え込みませんでした。昨晩、僅かですが雪が降ったので、今朝はもっと冷え込むと思っていましたので。良かった、良かったです。

 さて、昨日はこのチラシに唆されて、お昼を豪華に?食べてきました。
002_20100124075340.jpg
 <由布院ジビエフェア>(?2/15)です。ジビエ料理??だそうです。ワンプレートが1000円で食べられるランチです。由布盆地内の四店が参加していて、シカ肉を素材にして作られた料理を提供してくれるそうです。
 どのお店の料理も美味しそうですが、取りあえず、まず以前から行ってみたかった【南の風】に行きました。パスタを中心にした料理でした。とても美味しかったです。
 で、次の写真はお店の横に居たお馬さんです。 
004_20100124075340.jpg
 オーナーさんのお話では、お酒の席で酔った勢いで頂いてしまったそうです。道産子と云う馬だそうです。(ちなみに横に居るのはウチのカミさんです。)とてもおとなしいお馬さんでした。
 このお馬さん、コミュティー創生支援事業[馬がつなげる教育・福祉・農業・市民の輪]で、活躍しているそうです。とても凄???いお馬さんでした。
 帰る途中、久しぶりに【あーでん】さんで美味しい珈琲をいただきました。

 美術館へ戻ると、[森の散歩道]2月号が届いていました。
003_20100124075340.jpg
 いよいよです。今回の≪駅からはじまるアートの散歩道≫(会期:1/28?2/26)は、アート関連の9施設が参加しての展示会です。各施設で展示されている絵の実物又はその写真を展示しての施設案内です。
 (ちなみに、このチラシに私目が何故か登場しニヤッと笑っていますよ!)

 昨晩は、現在駅ホールで開催中の藤井美相作品展≪古にさそわれて≫のアートフォーラムでした。
005_20100124075340.jpg
 作家さんをお迎えしての楽しい会合でした。(写真中央が美相さんです)
 日田のミュージシャン[じゃじゃんま]さんのミニコンサートも開かれました。
006_20100124075339.jpg
 美相さんの交際の広さを物語る盛況の会になりました。とても楽しい会でしたので、ついつい二次会にまで参加させていただいてしまいました。美相さん、楽しい会をありがとうございました!

 さて、今日の作品です。
003_20100119085436.jpg
 大分出身の元総理村山富市さんの書『青春とは』です。

 快晴のお天気、気持ちいいです!さて、商売!商売!なんちゃって!
003_20100123075651.jpg
 今日は、ご覧のとおり曇り空です。お山の上に重たそうな雲の塊が乗っかっています。お山も肩が凝るだろうな?!です。
 気温は0度、昨晩の冷え込みからもっと低くなるかと思っていましたが、この雲が防いだ?のでしょうか。
 オッと、鶯です。まだ、ホーホケキョとは啼きませんが、確かに鶯です。春がしっかり近づいているのでしょう!

 さて、昨日です。
 お客待ちをしていて、フト音信不通になった友人を思い出しました。で、もう起きてるかな???と幼馴染の携帯に電話。
 「オ???イ、起きてるか???!」
「何いっとんじゃ!今日は、金曜だぞ?!」
 ゲゲゲゲゲ・・・・・土曜日だと思っていました。大失敗!
 それでも、久しぶりだったので、チョコッと談笑でした。悪りかったな?!すまん・すまん!でした。
 結局、友人の消息は判りませんでした。最後に、友人とすれ違ったのは、もう10年以上前です。丁度、その時は競艇場で仕事をしていました。大きなお金が動いている職場なので、関係者以外は立ち入り禁止です。開催中は、急に大忙しになることも有り、「私は友人なんで連絡してみてください!」の彼の声も私には届きませんでした。
 それ以来????になってしまいました。彼は、専門学校を出て、整備工になり努力して支店次長、一念発起し小さな浄化槽の会社創りに参画、此処でも専務にまでなりましたが、独立し有限会社を設立しました。その時に、連帯保証人になってあげたのですが・・・。その後株式会社へと会社を大きくした話は、風の便りで聞きました。現在は、この会社をもっと大きくしているかorまた新しいことに挑戦しているのではないでしょうか。とにかくバイタリチーの溢れる奴でした。元気でいれば良いが・・・・・。
 
 そんなことを、思い出していると、由布岳がこんな姿を見せてくれました。
001_20100123075651.jpg
 「山のあなたの空遠くさいわい棲むと人のいう・・・・・」あの山の向こうには春が来ているのでしょうか。

 お昼からは、先日来てくれた友人へ礼状を書き、【森の散歩道】の原稿を送付し・・・・雑用でした。

 館内を見ていて、オ???MG2です。
002_20100123075651.jpg
 久しぶりの姿です。葉っぱもほとんど枯れてしまいました。お水だけはやっているのですが・・・・。

 さて、今日の作品です。
011.jpg
 三木武夫元総理の『無信不立』です。「信無くば立たず。」・・人の信頼を無くしたら、人の上に立つべきではないor人の上に立つには、信頼が必要である・・・でしょうか。
 総理に限らず、どんな立場の人にも言えることではないでしょうか。


<余談> 
 昨日から、米軍の演習が始まりました。小銃機なのでパン・パンと乾いた音がするだけと聞いていましたが、何の何の、ドカン・ドカンでした。やっぱり戦争の道具です。米軍が演習をやっていると思うと戦争ってやっぱり【そこに在る!】ものだと感じます。自衛隊の演習の音とは違って聞こえてきます。人間、いつまで戦争をするのでしょうか???
004_20100122074956.jpg
 今朝も暖かい朝です。気温は4度、お天気は晴れだそうですが、少し雲があります。段々回復してくるのでしょう!ご覧の様に、写真を撮った時刻、夜明け前のお山は雲が懸っていましたが、現在はお姿を見せてくれています。

 さて昨日です。
 まずは、月刊情報誌<ポス>の原稿作りでした。次回の企画展【ぜ??んぶ!バイロス展】は、ひと月だけですので、次次回の企画展についての掲載依頼です。次次回は、裸婦を主題に制作された絵画や彫刻を展示する【LOVE・らふ展】です。乞うご期待です!

 次は、頂いた竹炭の処理です。高温で燻されて作られているので硬いのですが、そこはやはり炭ですから、チョッとしたことで折れてしまいます。折角頂きましたので、早速手当てをしました。
 短い孟宗竹の炭は、冷蔵庫に入れました。炭はとても消臭能力が強いそうで、しかも洗って乾かせばいつまでも使えると云うことです。
 筒状の孟宗と長い真竹は、ご覧の様に飾ってみました。
005_20100122074956.jpg
 チョッとした抽象オブジェに見えませんか???
 ありがとうございました。

 次に、畑の見回りに・・・・と見上げると、まだ山茶花が咲いてくれていました。 
001_20100122074957.jpg
 白い奇麗なお花とつぼみが合わせて4つほど残っていました。頑張れよー!です。

 で、畑の様子は・・・・・悲惨です。
003_20100122074957.jpg
 辛うじて4つだけラディッシュが出来て?いました。
002_20100122074957.jpg
 味はマアマアでした。後は全滅????まあ良いか!

 夜は、アート委員会でした。28日からの自主企画展の最終確認の会議でしたが・・・・・後は、27日の作品入れ替え当日を待つばかりです。(正直、祈るばかりです。委員は熱心なんですが・・・・?)

 さて、今日の作品です。
012.jpg
 浅沼稲次郎さんの『解放』です。
 この政治家の名前を知っている人も少なくなりました。【暗殺】と云う言葉が新聞に載った最後の政治家ではないでしょうか?
 旧社会党を機関車のごとく引っ張って行っていて、突然凶刃に倒れました。テレビニュースに何度も流れたシーン、学生服の少年が突然壇上に現れ、演説中の浅沼委員長に体当たりしたシーンは今でも強烈に目に焼き付いています。
 これも昭和と云う時代の1ページでした。
 【暗殺】と云う言葉は死語になりつつありますが、果たして今の時代があの頃より良くなって行っているのでしょうか?

 さて、開館してきましょう!
003_20100121075139.jpg
 今朝は、ご覧の様に雨模様の空です。お陰で暗い朝になってしまいました。このせいで家々には灯りがともっています。
 ところで、気温にビックリしました。何と13度です。気温計が狂ったかと思いましたが、エアコンがほとんど作動しません。先ほど、ゴミを出してきましたが、異様に暖かかったです。どうなっているのでしょうね?
 予報によると、次第に気温が下がって来るそうですが・・・・・・。

 そう云えば昨朝も、こんな状態でした。
005_20100121074855.jpg
 開館し、玄関の戸を開けると・・・ご覧の様に、玄関に設置しているアクリルボックスが曇ってしまいました。
 こちらでは、こんな現象も・・・・・。
004_20100121075139.jpg
 いつもの様に、ガラス戸の水滴を拭きとった後、ご覧のようにまた曇ってしまいました。が、今度は外側が曇ったのでした。と云うことは、外の方が気温が高くなったと云うことでした。
 で、すべてのガラス戸と窓を開け放しました。外から部屋に暖かい空気が入って来るのが良く判りました。

 さて、昨日です。
 まずは郵便です。
 一通目は、観光協会からでした。日出生台の自衛隊演習場で間も無く始められる米軍の実弾砲撃演習についてでした。この件について、地元の方々がどう考えて居られるのか???でした。これで何となく判りました。

 もう一通は、小包でした。鹿児島に転勤になった友人から、立派なカレンダーが送られてきました。
001_20100121074856.jpg
 判りますでしょうか?図版が薄いステンレスの板に印刷された浮世絵の名画です。薄いと云っても金属板ですので、少し重量があります。ありがとうございました。早速、寝室に飾らせていただきました。

 次も、いただきものの続きです。
 この頃通っている川西温泉で知り合った地元の方に頂いてしまいました。
002_20100121074855.jpg
 竹炭です。長い炭が真竹、筒の炭と短い炭は孟宗竹だそうです。ありがとうございました。
 川西のお山に炭焼きの窯を作られており、作られた炭はあちこちにお分けしているとのことでした。先日も、湯平の方が売店で売るカキ餅やアラレを焙るための炭を探していて、買いに来られたそうです。煙の少ないクヌギの炭は中々無いそうです。結構欲しがる方は多いいそうですが、ご高齢のため体調に合わせて作られているそうです。
 お礼を申し上げると、「今度、美術館を見せてください。」とおっしゃって下さいました。もちろん大歓迎です!

 さて、今日の作品です。
010.jpg
 岩崎巴人さんの『天桂詠』です。
 「奈るさえの 石亀どんじょう泥に棲むよし タニシ云うをへその笑うぞ」と天桂と云う人が詠んだものを巴人さんが描いたものです。

 今日は、雨。しかも寒くなって来るそうです。おまけに木曜日・・・・お客無し?
 次回の企画展の準備でもしましょう!
003_20100120075417.jpg
 山頂にだけ雲が懸っています。盆地の北側から由布岳にかけて朝霧が出ています。
004_20100120075417.jpg
 霧の中を行く車のライトが時折光ります。盆地の中央から南側には霧は有りません。静かな朝です。

 今朝の気温はマイナス2度、ようやく厳しい寒さが緩みました。お天気は晴、暦の上では大寒だそうですが、暖かい一日になりそうです。

 昨日、お日様が高くなるにつれて、朝霧が薄くなりましたが、余計に地面の霜と一体化していました。
005_20100120075416.jpg
 
 こんな光景も見せてくれました。
001_20100120075418.jpg
 判りますか??お日様の輝きが凄いのですが、その下に飛行機雲がクッキリと出ていました。かなり長い間出ていたので、ご覧になられた方も居たかと思います。次第に太くなり、まるで巨大な龍が由布岳の天空を泳いでいるかのようになりました。写真にと思いましたが、アングルが撮れませんでした。残念!

 (此処からの記事、何度書いたでしょうか?厭になります!でも、書かねば・・・・。)

 さて、昨日です。
 まずはお手紙です。先日、ご夫婦で来てくださいました門司港の呑み友達?から届きました。お手紙に写真が同封されていました。
002_20100120075417.jpg
 早速、喫茶展示室の壁に貼らせていただきました。ありがとうございました!また、是非来てくださいね。
 
 お昼からは二組のお客様も有りました。
 一組目は、もう何度もいらっしゃって下さっている大分の方です。お名前をお聞きしていませんので、画家の神路祇さんの同級生さんと覚えてしまっています。女性の方にお聞きしてよいものか???いつも迷います。
(この頃は、プライバシー保護の問題から備え付けの思い出ノートにも、記帳をお願いしていいものか???難しい世の中になったものです。)
 で、今回の現代美術の企画展が間も無く終るとのことでお友達をお誘いしてくださっての来館でした。
 一緒にいらっしたお友達は、書をされておられるとのことで、今回の書の作品も楽しんでくださいました。良かった!良かった!です。
 コーシーを飲んでいただきながらのお話もとても楽しかったです。熱心にお聞きいただいありがとうございました。また、湯布院で2番目に不味いコーシーを飲みに来てくださいね!

 お二人が帰られて、少しして次のお客様がいらっしゃいました。
 このタイミングでお客様が来ていただけるのが一番うれしいです。おしゃべりが沢山出来ますので・・・お客さまにとっては迷惑かも????

 お客様は、夢二山荘のNさんが連れてこられた横浜からの女性お二人でした。
 でも、まだ横浜で暮らし始められて間もないとのことでした。絵にお詳しい様で、熱心にご覧になって居られました。コーシーを飲んでいただきながらのお話もとても楽しかったです。小一時間ほど居られ、お宿の『月燈庵』へ向かわれました。また、機会がありましたらお立ち寄りください。

 さて、今日の作品紹介です。
002_20100119085436.jpg
 東大寺の元管長清水公照さんの『流花』です。

 ようやく書き終えることが出来ました。最後の方で、頭に来て中断してしまいました。済みません!私目、もともと気が短い方で、歳を取って少しは丸くなってきたのですが・・・・・反省!
 このところ、気がかりなことと風邪のせいで、気が滅入っていたのでしょう。先日は、真っ黒い便が出てビックリしました。気持ちを穏やかに、ノーーンビリとせねば!でした。大いに反省でした!
 今度、息子と湯平のお湯を飲みに行きましょうかね!
004_20100119074314.jpg
 今朝は、ご覧の様に濃い霧です。
005_20100119074314.jpg
 気温は、何とマイナス8度でした。霜も昨日と同じように降りているので、霧と霜の境が無くなっています。ただどう云う訳か?昨日ほど寒さを感じません。霧のせいでしょうか?霧で湿度があるために?????
 写真を撮ろうとして、開けたガラス戸もご覧の有様です。
006_20100119074314.jpg
 完全に磨りガラスになっています。
 今日のお天気は晴、気温もグングン上がり、予報では13度までなると言っていました。

 昨日は、朝の気温がマイナス7度でしたが、最高気温は13度を越えました。で、お山の雪もすっかり姿を消してしまいました。
007_20100119074313.jpg
 周りの雪も解けてしまいましたが、我が庭は相変わらずご覧の状態です。
008.jpg
 畑のキャベツも・・・・・。
009.jpg
 この状態では、まあるくなるのは何時になるやら?

 さて、昨日です。
 裏で、年賀状の整理をしていると玄関の呼鈴です。出ると、先日鬼が島文庫の新年会に連れて行って下さった、ご近所のEさんとシカ肉とイノシシ肉を提供してくださったAさんでした。
 「チョッと絵を見せてもらいに寄ったけど・・・・。」「イヤー、ありがとうございます。どうぞどうぞ!」と上がっていただきました。
 Aさんは、絵を勉強されているのでその参考にと来られたのですが、現在は現代美術と書の展示なので????。
 書の方は珍しいものなので、気に入っていただけたようで、たいへん喜んでもらえました。
 一巡していただいた後、絵の参考にと徳永貞一さんの菩薩様や佐藤勝彦さんのお地蔵様などを引っ張り出して見ていただきました。
 ご覧いただいた後、感想をお聞きすると、「とても良い美術館!もっと宣伝したら・・・。」とのお褒めの言葉をいただいてしまいました。お世辞だとしてもたいへん励みになりました。
 用事があるとのことで、自慢のコーシー?は飲んでいただけなかったことが残念でした。また、是非立ち寄ってください!

 おふたりが帰られた後、門司港の友人へ電話をしてみました。
 一昨日、塚原に行き宴会の用意をしている最中に電話があり、検査で癌が少し大きくなったと言って来てくれたのですが、ゆっくり話を聞けなかったので、電話をしてみた訳でした。
 詳しくは聞けませんでしたが、当分入院治療になったので、2月に来る計画が狂ったと残念がっていました。気落ちしないで、良くなれば又来るように伝えました。また、お見舞いに行こうと思っています。元気な顔が見たいものです。

 夜、いつもの川西温泉が湯量調整のため、当分の間月曜日を休業にしたため、乙丸温泉へ出かけました。ゆったりと入り、風邪がようやく治りました。

 さて、今日の作品です。
001_20100119074314.jpg
 村田茂樹先生にいただいた色紙です。『淡々と凛凛と』です。先生の座右の銘だそうです。まだ、実際にお会いしたことは有りませんが、福山の小川さんのお話だと、この言葉通りの方の様です。

 いよいよ、一週間になりました。展示替えの準備も考えねば・・・です。取りあえず、開館!

<余談>
 大地震に見舞われ、被害に遭われたハイチの皆様に心からお見舞い申し上げます。
 テレビで被害の様子が映し出されていますが・・・言葉がありません。
 チャンネルを回すとお笑い芸人がご馳走の値段当てをやっていました。この国は病んでいるな?!私も、その国の一員です・・・・・。

寒い!

 寒い!
 何と今朝の気温はマイナス7度でした。この地に棲みついて早3年、この中で経験した一番の寒さです。
 お日様が上がった今(8時)でも、マイナス5度。予報では、今日の最高気温が10度だそうですが、その寒暖差は17度も有ります。体調管理は大変です。
 昨晩、用心のために水道の水は出しっぱなしにしていたので、水は確保できています。

 さて、お山です。
004_20100118080136.jpg
 今朝も快晴の空に神々しく立ち上がっています。この快晴の空が、放射冷却を呼び、寒???い朝となったのでしょう!
 見渡す盆地の様子も、ご覧の有様です。
005_20100118080136.jpg
 霜で凍りついてしまったようです。写真を指で弾くとチ??ン♪と音がしそうです。

 さて、昨日です。ブログを書き終え、開館の準備も済ませ、今日は???と、携帯に電話が。「オイ、俺・俺!」「オ?、どうした?」「そっちに向かってる。いま、駅館川だ。」「待ってるぞー!」と、幼馴染が来てくれるとの連絡でした。
 正月に届いた年賀状に、今年の9月に定年退職し、田舎に帰ると書いていたので、ビックリして電話。田舎でお母さんがひとりで暮らしているのでとのことで、帰る決心をしたそうです。と云っても、豊前の奥、修験道で有名な求菩提山の麓なので、仕事は小倉に通うそうです。詳しくは、その内に会ったときにと話していたのですが・・・・。
 30分ほどして、「今、由布院駅に着いた。」との連絡があったので、迎えに行きました。連れて来て、早速、自慢の?コーシーを出して、歓談でした。北九州の家のすぐ近くに住んでいるのですが、中々会う機会がありませんでした。久しぶりに会いましたが、相変わらず日に焼けた顔でした。
 ほとんど休日は、テニス三昧だそうですが、身体の方は満身創痍。10本の手の指は、すべてバネ指で手術したそうで、今も1本抜糸待ちでした。足は痛風で、2月には両方の目の白内障の手術を受けるそうです。
 そんな話をしている処へ、近所のEさんから「今から、炭焼きの窯を開けるけど見に来ないですか?」とのお誘いの電話が入りました。「お客様が居るので」とお断りをして、その話をしたら、奥さんが「田舎に引っ込んだら炭焼きをしたいと思っているので、見たい!」とのこと、みんなで見せてもらいに出かけました。
<取りだした炭>
007_20100118080155.jpg
<窯の内部>
001_20100118080137.jpg
 折角の機会でしたので、窯の作り方や炭の焼き方の話をお聞きしました。Eさん、ありがとうございました。
 美術館へ戻って、今度は館内を一巡。と、時間もお昼を大きく回ってしまいました。温泉に入りたいとのことなので、七色の風を教えてあげ、見送りました。

 お昼を済ませ、風邪薬を飲むと、急に眠気が差してきました。炬燵で仮眠し、眼を覚ますと人の気配が・・・・。
 出るとご夫婦とお母様の三人連れのお客様が来られていました。大慌てで、「後で珈琲をお出しします。」とお声をお掛けして、コーシーの準備でした。準備を済ませ、説明は???と様子をうかがっていると、お母様が「永井さんてあの永井さんですか?」「そうです。あの永井博士です。」「へ?、子供たちは知らないって言うんですよ。そんな時代ですかね?」で、得意の説明に入りました。コーシーを飲んで頂きながらの訳のわからない展示品の説明も楽しそうに聞いていただき、私の方が嬉しくなりました。小一時間ほどして、次に向かわれるとのことで席を発たれました。是非、またいらっして欲しいものです。
 お見送りに出ると丁度、幼馴染の車が戻って来ました。わざわざお土産を買って来てくれたのでした。金鱗湖の近くの珈琲専門店ボンボヤージュの珈琲豆とプリンでした。奥さんが、マスターを知っているとのこと。何で???と、詳しく話を聞くと、マスターは中津で喫茶店をしていて、そこで働いていたとのことでした。で、ビックリ!私も、マスターを知っていたのでした。独身時代、週に1回くらい行っていた喫茶店だったのです。中津時代の喫茶店の名前がマシュマロで、最初中津の真ん中にお店がありました。その後、旧10号線沿いにお店を持たれ、珈琲に拘っていたことを良く覚えています。
 で、頂いたプリンがこれです。
003_20100118080137.jpg
 夕食を済ませた後いただこうとしてビックリ!何と、焼酎【兼八】入りのプリンでした。早速、美味しく頂かせてもらいました。そう云えば焼酎の味もしました。
 みんないろいろ工夫しているなー!でした。見習わねば!!!!!

 ようやく書き終えました!

<余談>
 鋼の戦士さんのブログを読んでビックリ!佐久市で美術館の館長さんを公募しているそうです。ウ????ン、魅力あるな?!応募してみようかな???・・・・・この美術館は?????遺憾!遺憾!今が頑張り時と、鬼が島文庫の館長さんに言われたばかりでした!

榊莫山の『夢』

006_20100117093027.jpg
 今朝の湯布院は、マイナス5度です。9時半になっても、水道の水が出てくれません。お手上げです。
007_20100117093055.jpg
 おばあちゃんの畑も、霜で真っ白です。

 ところで、この朝のお山と畑の写真は、8時半の写真です。と云うのも、今朝は朝帰り。昨夜、塚原で大宴会で、お泊りでした。鬼が島文庫の館長さん達とシカ肉とイノシシ肉をたらふく頂きました。もちろん、お酒もです。

 で、塚原で眼を覚ますと、何と気温はマイナス8度です。
004_20100117093027.jpg

003_20100117093028.jpg
 建物の周りは、ご覧のとおり雪野原でした。
 乗り込んだ車の窓ガラスも・・・・。
005_20100117093027.jpg
 凍りついていました。

 さて、昨朝は薄い霧でしたが、時間がたつにつれて、次第にお山が姿を現してくれました。
001_20100117093028.jpg

002_20100117093028.jpg
 白い帽子を被った姿は、どうですか?良いでしょう!
 今日は、雲ひとつない青空に、スックとお山が聳えていますが、雪はほとんど無くなっています。やはり昨日撮っていて良かったです。

 さて、今回の企画展も残すところ後10日になりました。いよいよ終盤と云うより、次回の準備に取り掛からねばです。次回は、駅ホールのアート委員会自主企画展と合同の開催です。で、全館を使って、バイロスの作品を展示する予定です。特に、挿絵本の展示方法をどうするか?早急に考えないとです。

 取りあえず、今日の作品を紹介します。 
画像 061
 榊莫山さんの木片に書かれた作品『夢』です。
≪わたしはゆうべ夢をみました。花がさいて蝶が舞い 蛙の踊りがはじまって やたら気持ちがよくなって ホタルの唄がきこえてきたら めがさめました。≫
 こんな楽しい夢だったら私もみたいです。

 さて、寒い一日が始まりました。頑張って開館しましょう!
004_20100116074512.jpg
 今朝は久しぶりの霧です。かなり薄い霧です。透けてお山が半分だけ見えています。お山の見えている部分の雪は、昨日解けたようです。中腹から山頂にかけてはまだ雪が残っている?ようです。

 気温はマイナス1度、お天気は・・・晴れてくるのかな?予報では、寒波の山は過ぎたそうです。

 ところで、昨日は旧暦の12月1日、師走に入りました。今日からセンター試験、正に先生が走る月です。このお天気で、九州では、まあ受験生の足は確保されたようです。東北以北は、まだ寒さが続いているようですが・・・。
 兎に角、受験生諸君には自分の力を出し切ってほしいものです。

 さて昨日、ブログを書き終えた後、雪搔きでした。お客様を少しでも招き入れる努力はしている?つもりです。で、その写真をと、暫くして気がついて撮りに行きました。
002_20100116074513.jpg
 オーーーー、解け始めていました。

 ついでに建物をひと回り。と、また足跡発見!
001_20100116080926.jpg
 誰かさん?が、覗きに来たようです。絵に興味のある動物さんでしょうか?来るものは拒まず!です。

 そう、風で吹き飛ばされていたポスターも拾って来てまた張り替えました。
003_20100116080734.jpg
 送られてきたポスターは此処に必ず貼っていますので、たくさん送ってください。

 結局、お客様は来ませんでした。まあ、気長に焦っても仕方ない???ことは無い!やっぱり、ジタバタしましょう!
 ウ????ム、何かせねば???まず、それを考えることか!

 とは言っても、このお天気だけはどうしようも有りません。早く暖かくなって欲しいです。「春?よ来い♪早?く来い♪」 

 さて、作品紹介です。
画像 066
 池田満寿夫さんの書『山』です。

 このお山、お辞儀をしているようです。ものごとは謙虚であれと云うことでしょうか?

 さて、開館しましょう!
 
004.jpg
 今朝も雪雲が湯布院の空を覆っています。もちろん由布岳にもです。
 昨晩にも少し降ったのでしょう。先ほど、不燃ごみを出しに行ったとき気がつきましたが、昨日の帰った時に付けた足跡が雪に覆われていました。
 気温は0度、お天気は曇りだそうです。寒気も今日までで暖かくなるそうです。明日からセンター試験ですが、せめて受験生の足が確保されることを祈ります。

 もうお分かりでしょうが、昨日のうちに湯布院へ戻っています。
 すぐ上に住んでいますいつもの先輩とうどん屋さんでお昼を撮った後、意を決して戻りました。
 道路情報では、大分廻りでしか帰れないようでしたが、幸いにも宇佐からの有料道路が回復していましたので、ラッキーでした。
 で、写真は、その帰り道で出迎えてくれた由布岳です。
006.jpg
 
 次第に大きくなってくる姿は、まるでアイガーの北壁の様でした。大きく立ちはだかった岩壁に、雪がへばり付いていました。
007.jpg
 と云っても、写真でしかアイガーの北壁なんて見たことは有りませんが・・・・。

 【 ※ 写真を先に取りこんだら、急に記事が消え始めてしまいました。写真が多すぎるのでしょうかね?】

 有料道路で車を止める訳にはいきません。でも、迫って来るお山があまりに凄いので、サービスエリアに車を臨時停車しました。が、残念ながら近すぎました。
002_20100115080204.jpg
 ついでに撮ったお隣の塚原の硫黄岳?です。
001_20100115080204.jpg
 こちらも当然のことながら、ご覧のとおり真っ白でした。

 北九州を発ったのが一時過ぎ、湯布院到着が4時でした。
 で、荷物を美術館へ運び込もうとして、こんなものを発見!
003.jpg
 動物の足跡です。クヌギの根元で引き返したようです。犬では無いし、猫でもなさそうです。????タヌキさんでしょうかね??

 どうにか美術館へ戻れたので一安心でした。

 さて、今日の作品紹介です。
画像 064
 元総理大臣田中角栄さんの書『大同』です。
 ご存じのとおり、ロッキード事件で総理の座を追われた政治家でした。現在も、政治と黒い金が変わらず問題になっているようです。<数は力=金は力>なのでしょうね。数の無い力は無力、金の無い力も無力と云うことでしょうか?当たらずとも遠からずの真理では有るような気もします。奇麗事では政治は出来ないと云うのも事実かもしれません。

 この『大同』と云う言葉は、以前もブログに書きましたが、≪天地が一体となること≫、≪人心が和同した平和な世の中≫を指しているようです。理想は高かったようですが・・・・?

 私の友人が言った言葉で、私もそうだ!と思い、いつも口にする言葉<正しいことを言う人を信じるな!>これも、また真理だと思いますが・・・・どうでしょう?

 さて、雪搔きでもしてきましょう!

<おまけ>
005.jpg
 北九州で夜の買い物で見つけた駐車場に設置されたイルミネーションです。

緒方拳の『草』

 今日も北九州です。昨日の雪は、今朝は無くなっており通勤通学には影響ないようです。でも、冷え込みが相当強いようで、庭の池に氷が張っています。

 で、湯布院へ戻るか?迷っています。日出生台越えがあるので、通れるかどうか?お昼からの天気予報で考えることにします。

 昨日は、雪に閉じ込められたので、結局お昼からはテレビに相手をしてもらいました。懐かしい【花山大吉】があっていました。白黒の時代の番組でしたが、今見ても楽しい時代劇です。近衛重四郎さん(松方弘樹さんのお父さん)と品川隆二さんの名コンビ。確か、【素浪人月影兵庫】の続編だったと思います。品川隆二さん扮する焼津の半ニはどちらにも出ていました。蜘蛛と曲がったことが大嫌いで、刀も真っ直ぐです。二枚目半と言う言葉が生まれた最初の俳優さんだったと思います。近衛重四郎さんの立ち回り、手を伸ばして演じるので、とても大きく感じます。
 それにしても、あの頃の番組は、明るいです。時代が、明るかったのでしょうね。

 さて、今日の作品です。
画像 065
 俳優緒方拳さんの書『草』です。

 また、今日もテレビ三昧かな??

中川幸夫の『人』

 今朝は北九州です。で、雪・雪・雪・・・・・・でした。この様子だと、わが美術館は雪に埋まってしまったかな?
 帰りはどうなることか?????ケセラセラ・・・なるようになる?♪です。

 と云うことで、起き出してすぐに、カミサンのアッシー君に!南ヶ丘に送り届けてきました。で、帰ってきて今度は、血糖値検査の為に区役所横の病院へ。
 前回の検査結果を見ると、NaとCLが不足しているとのこと・・・・何と塩分が足りないと言うことです。そう云えば野菜の多いい食事ばかりでしたからな?!です。
 で、診察を受けると・・・薬を増やしましょうか?→否・否、冬場は運動できないのでと言訳して退散!

 帰ろうと車に乗って、オッと美人の先輩にコーシーでも恵んでもらおうと電話。「スッピンだけど・・・。」「別にかまいませんよ!」で押しかけて、コーシー&朝食をご馳走になりました。

 お互い子供の愚痴を1時間ほど言い合いました。帰り着いて、急いでブログの作成です。ところが、アクセスが集中していて開けません!仕方なく放置。
 お昼を食べ、ようやく作っている次第です。

 もちろん、当然由布岳の写真はありません!
 で、代わりに昨日撮った冬将軍の写真をお見せしましょう!
画像 059
 店番をしていると北の空が真っ黒に、大慌てで撮った冬将軍の写真です。こいつが今日の大雪をもたらした元凶です!ウーーーム、間違いない!

 こいつを見て、早速その襲来の準備でした。
画像 067
 庭の我輩の畑の貧弱なサニーレタスを全て引っこ抜きました。と言ってもこれで全部なんですが・・・。寒波が来る度に下葉が枯れていったので、こんなんになっちゃいました。

 次に、この天気では・・・と【受け月】で開かれている展示会へ出かけました。
 アート委員会の仲間の後藤千香子さんの個展です。会場の撮影は出来ませんので、神戸で先日まで個展をされていた案内状の写真を載せます。 
画像 060
 この個展と同じ作品も展示されているそうです。墨で描かれた音楽を主題にした抽象画でした。私は、特に20年程前に屏風に描かれた作品に惹かれました。兜町の証券取引所がまだ機械化されていない時の様子を描いたそうです。
 この展覧会は、今月一杯開催されていますので、是非ご覧になられてください。

 美術館へ戻ると、今度は北九州へ帰る準備です。と言っても、何も無いので・・・何の脈絡も無くビデオの入れ替えでした。
画像 069
 家から持ってきたビデオデッキが壊れたので、娘にもらっていました。
画像 068
 写真は、前に壊れた二台のビデオです。これで、三台目と言うことになります。大好きな鬼平犯科帳のビデオを見るのにどうしても要りますので・・・。

 と、突然電話が・・・鬼が島文庫の館長さんから新年会のお誘いでした。もちろんOKですが、土曜日帰れるでしょうかね?

 何やかやで4時に館を閉めて帰路につきました。

 さて、今日の作品紹介です。
画像 063
 前衛華道家中川幸夫さんの書『人』の一文字です。地面にへばりついて生きる人を書いたのでしょうか?それとも、踏まれても踏まれても立ち上がる人の姿を書いたのでしょうか?

 さて、どう思われますか?

 すぐ上の先輩に電話しましたが出ません。行くところが無いですね。と夕方、カミサンを迎えに行かねば・・・・です。
002_20100112082121.jpg
 今朝は、ご覧のとおり曇り。少し、否、かなり鬱陶しい朝です。
 気温は2度、予報では雪に向かうそうです。毎日、そんな予報なんですが・・・・雪?
 ヨーロッパやアメリカに豪雪をもたらしている北極からの大寒気団が襲来すると言っています。正直、今朝の気温からチョッと信じがたいです。確か昨日の予報も夜は雪だと言っていた気がします。

 ところでモグラ君、我が庭の主ですが、元気ハツラツオロナミンCでも飲んでいるのでしょうか?土の出ている処をほとんど掘り返しています。お陰で庭はボコボコです。で、外に出るたびに踏み固めているのですが、チョッと目を離すともうこの有様です!
001_20100112082120.jpg
 こんな巨大な?土のお山を、本当にチョッと目を離した隙に、作っていました。元気な奴です!こんな元気、ミミズ食って出る訳が無い。きっと、ドラゴンボールの元気玉の様に、大地のエネルギーをあの尖がった鼻から取り込んでいるんだと思います。少し分けて欲しい?!

 さて昨日は、偶然門司港から二組のお客様がありました。
 一組目は、呑み友達?が、奥様を連れて来てくださいました。と、私が言うと迷惑かもしれません。何せ、私が門司港で呑むたびに、酔っぱらって呼び出されるのですから・・・いつも済みません!
 現在は、大きな会社の専務さん(本人は、何もせんむと云っています。)になられているので、お忙しいのですが、断られたことがありません。誠に申し訳ありません!(反省)
 で、突然電話が入り、「今、金鱗湖に来ているが・・・・。」「迎えに行くので待っていて!」で、迎えに行き、無事にご案内しました。
 何と、5時半に出発して来たそうです。到着するなり、お土産にと焼酎をいただいてしまいました。来てもらうだけでもありがたいのに、本当にすみません。ありがとうございました。
 早速、館内を一巡していただき、喫茶展示室で歓談。とても楽しいひとときでした。お昼も近くなり、次に日田に寄りたいとのことでしたので、駐車場までお見送りに出ました。道順を説明している処へ丁度車が入って来ました。この入れ替わりに入ってきた車も、門司港からの友人でした。で、ヤアヤアの挨拶をした後、お二人は日田へ向かわれました。ありがとうございました。

 で、二組目の門司港からのお客様は、現在癌と闘病中の友人で、一月に二度ほど塚原のお湯に入る為に来ており、そのついでに寄ってくれます。いつも、コーシーを出して、歓談をするだけです。絵は相変わらず判らないと言っています。今回も、絵を見ずに話だけでした。寒さのせいも有り、咳が出るようでしたが、何処か痛いと云うようなことは無いそうで、一度抜けてしまった髪も黒さが増して来ているようでした。木曜日に検査だそうで、その前に温泉にと塚原に寄った帰りで、二月にはまた来るよ!と元気に言ってくれました。検査の結果が良いといいのですが。
 小1時間ほどして、お昼の蕎麦を食べに行くと行きつけのレストランを目指して帰って行きました。また、来いよ!でした。

 友人たちが帰った後、三連休で来ていたカミサンも、ボチボチと帰って行きました。もっとも、私目も今日の夕方、北九州へ血糖値検査のために帰るのですが・・・・。

 さてボチボチ、今日の作品紹介にしましょう!
091226_1452~04
 今回最後のバイロスの作品の紹介になります。『ダンテの神曲 第二十四歌』です。
 「信仰は望みの実体、まだ見ぬものの証」・・・・?

 どうにか書き終えました。以前ほどではないのですが、やはり記事が消えてしまいます。これはPCとは別の問題?でしょうかね。
001.jpg
 今朝、7時頃のお山です。曇り空のため山頂が見えませんでした。今、8時には薄っすらと霞みが懸ったお姿で見えてきました。
 この分だとお天気は回復してくる??と期待しましょう。気温は、3度と暖かいです。が、昨夜の予報だと、夜は雪になるそうです・・・・・どうも、今の感じでは、この予報は当てにならないですね。

 昨日は、お昼を大分のホテルのランチをご馳走になると、カミサンが娘について行ってしまいました。で、いつもと同じように、ひとりでお留守番でした。
 体調もお天気もイマイチでしたので、奥に引き篭もりでした。

 で、PCと格闘!東芝のサービスセンターへ電話してみました。
 まずは、修理の電話番号で問い合わせ。担当の方とのやり取りで、ハードではなく、ソフトの問題では?とのご指摘を受けました。
 で、電話を掛け直し機能の検査をしていただくことにしました。遠隔操作による修復が出来なかったため、電話での口頭による検査で、どうも何も操作をしていないのに、PC内部で何らかの処理が行われているようだとのことでした。
 と云うことで、指示により不必要な機能を外すことにしました。もっとも、20程の機能のうち、不必要な機能がどれなのか不明な為、一度すべての機能を除き、必要な機能のみにチェックを入れて作動させると云うことでした。
 言われたとおりにした結果が、このブログです。作成が以前のようにスムースになりました。途中で、記事が消えてしまうと云うことも無くなりました。ありがとうございました!

 で、この作業が終わり、夕食の準備をしていると、お菓子屋のご主人がいらっしゃいました。カレーを作り過ぎたので、とのことでしたが、相変わらず、他にもいろんなものをビニール袋に入れて持って来てくださいました。いつもありがとうございます。

 そうこうしているうちに、カミサンが娘の所から帰ってきました。で、お土産です。
002.jpg
 ゆのひらりんさんのブログに載っていた「ムッキ―」です。里芋やゴボウ等の皮むき用のゴム手袋です。ブログを読んで早速買ってきてもらいました。ゆのひらりんさん、否、娘さん、ありがとう!でした。

 さて、今日の作品紹介です。
091226_1453~01
 バイロスの『ダンテの神曲 第二十三歌』です。
 「おもては見るものの目をくらませるほどの黄金色に輝いているが、うらはどれも鉛でたいへん重く・・・あわれ永劫に重苦しいマント」だそうです。
 地獄篇の一節なので、仏教的に云うと鬼に踏みつけられている亡者の姿でしょうか。どんな悪いことをしたんでしょうかね??クワバラ・クワバラ!

 さて、連休最終日、頑張って開館してきましょう!

<おまけの一句>
  
  「正月の 欠伸(あくび)の向こうに 白き峯」
 
画像 053
 今朝はご覧のように久しぶりの霧です。お陰で、お山の姿は見えませんが、あまり濃くない霧です。

 今日のお天気は曇りでしょうか?気温も3度ととても温かい?朝になりました。

 昨日は、風邪でしたので、一応ストーブを焚き、裏に引っ込みました。お天気が良かったので、お客様も来られるかと思いましたが、まあその時はその時と・・・。
 と、物音が。出ると、お客様が帰ろうと靴を履かれていました。外国の方で、どうも展示している作品がお気に召さなかったようでした。無理に引きとめずに、観光案内の地図をお渡しすると、「持っています。」と笑顔で答えられて帰って行かれました。うーーーむ、もしかすると、日本的なものが見たかったのかも?でした。

 お昼を娘と一緒に外に食べに行きました。帰ってくると、玄関横に自転車が・・・・。
 慌てて、コーシーの準備。
 と、お客様の笑顔が・・・。町内の素敵なスナックでバーテンダーをされておられるMさんでした。帝国ホテルで働かれていたという経歴のとおり、芸術に対する造詣も深く、会うといつも楽しくお話をさせていただいています。
 昨日も、絵や焼き物・骨董など幅広い話題に、話が弾んでしまいました。2時間ほど居られて、「また来ます。」と帰って行かれました。また、楽しいお話を聞かせてください!

 夜は、娘が買ってきてくれた風邪薬が効いたようで、鼻詰まりもなくなり、気分が楽になったので、幸せの湯へ。熱めのお湯につかり、気分も良くなりました。風邪も治りつつあるようです。
画像 054
 で、今日は一枚も写真を撮っていなかったことに気がついて、苦し紛れに幸せの湯の写真でも、と撮ってきました。

 夜、夕食を済ませ、テレビを見ていると携帯に電話。
 「お風邪はどうですか?」と、旅館<有楽>のTさんからお見舞いの電話でした。「カミサンと娘が来てくれているので、楽になりました。」「良かった!良かった!」でした。お気づかいありがとうございました。

 何処かで誰かが、いつも見守ってくれているようです。感謝!感謝!です。

 ところで、昨日今年最後の?年賀状が届きました。宇佐のAさんでした。が、何と!年末年始、肺炎で入院されていたそうです。一度肺炎になると、罹りやすい体質になるようなので、くれぐれも気をつけていただきたいものです。温かくなりましたら、また元気なお顔を見せてください。

 さて、今日の作品紹介です。
091226_1450~01
 バイロスの『ダンテの神曲 第三歌』です。
 「破門の呪いによって、永遠の愛が戻らぬほどに人が滅びることは・・・。」
 キリストの遺体でしょうか?黒い布の塊を、黒装束の人が運んでいます。寄り添う天使も悲しみに沈んで、その魂を運んでいるような構図の絵です。

 三連休の中日。さてさて・・・・・開館です。
画像 032
 今朝のお山は・・・・・昨日のお山がよすぎました。
 そのお姿がこれ!
 アララララララ・・・・・消してしまいました。やっぱり、風邪のせいでしょうか?ボケています。

 お天気は晴れとのことでした。三連休の初日、まずは、よっしゃ!です。
 今朝の気温はマイナス2度。で、硝子戸の水滴はご覧の状態!
画像 030
 凍りついてしまい、磨りガラスのように曇っています。

 さてと、昨日の午前中は大人しく布団の中で養生しました。昼からは気分悪いまま説明会に出席、終り次第に脱兎のごとく帰りましたので、写真がありません。
 で、一昨日の写真を御紹介しましょう!
 氷点下の気温に生まれ出でたる????
 まずは、水滴の芸術二題。
 石灰岩だったら、鍾乳石と石筍ですね。
画像 022

画像 023

 次の写真、何だと思いますか?
画像 025
 最初に見つけた時には、草の根の繊維がほどけたもかと思いました。が、よく見ると、細い糸のような氷が集まってサンタのお鬚のように出来たものでした。
 どうやったらこんなものが出来るのでしょうか?自然は不可思議なものを作り出しますね?。もう二度と見れないでしょう!

 さて、話はコロッと変わります。
 東京神田神保町の版画堂さんから今年初めての作品目録が送られてきました。
 さっそく読ませていただきました。今回は神保町のほかの書店さんたちとの合同の目録です。
 で、今回の欲しい一点です。
画像 020
 橘小夢の色紙です。8万円か!!!月1万円の収入では・・・・。
 この作品、橘小夢の代表作「おせん」の色気はありませんが、この作家の直筆はめったに出てきません。
 私は、この作家の描いた風俗雑誌創刊号付録の口絵の河童が欲しいのですが・・・・・発禁になったので出てくるのは難しいでしょう。弥生美術館にはあったと思います。

 さて、今日の作品紹介にしましょう。
091226_1451~01
 バイロスの『ダンテの神曲 第十九歌』です。
 「フィレンツァは、いまだに三時と九時の鐘が時を告げる昔の城壁の中で、節度を持ってひっそりと平和の日々を営んでいた。」何のこっちゃ?
 鐘の音から天使が一斉に羽ばたいて云っているような???

 さて、開館です。風邪はまだ治っていませんが・・・・。

臨時休館です!

画像 029
 今朝の夜明け前です。

 で、夜明け直後です。
画像 019

 風邪です。湯布院に来て初めての風邪です。気持が緩んだのでしょうか???チョッと心配事も・・・。

 と云うことで、臨時休館です。

 熱は無いので、インフルエンザではないようです。で、一応午前中は寝ていることにします。
 お昼からは、観光協会の説明会に出なければならないので・・・・?
画像 016
 昨朝と同様の寒い朝を迎えています。御覧のように、お山も山頂が雲に隠れています。
 お天気は曇りでしょうか?
 気温は、マイナス2度。今日の最高気温は2度と予報が言っていました。
画像 015
 写真のとおり、おばあちゃんの畑も真っ白です。寒い・寒い一日になりそうです。お正月に引き込んでしまった風邪が治りません。もちろん、インフルエンザではありません。扁桃腺が腫れ、鼻が乾くと云う症状です・・ワンちゃんと同じです。熱はありません。と云うことで、昨夜は、久しぶりに川西温泉へ行ってきました。
 のどの痛みは取れたのですが、鼻水が出始めました。やっぱり、本格化してきたのでしょうか??
 それでも、一人ぽっちの美術館、頑張って開けねば!です。

 庭の畑も、御覧の有様です。
画像 018
 キャベツは少し大きくなったようですが、それ以外は、霜柱のために土が浮いてしまって、どうなりますやら?

 冴えないな??!

 で、お山に気分直しをしてもらいましょう!
画像 017
 昨日のお昼過ぎに見せてくれた御顔です。この後は、また雲に隠れてしまいました。

 ところで、今年の正月の2日、とても残念なことがありました。何と、豊前のわが母校の同窓会があったそうです。
 お昼過ぎに突然親友から電話が入りました。「どこで、何しよんか!」「北九州だよ!」「今日は同窓会だぞ!」「・・・・・」「出欠名簿を見たら、お前、行方不明になってたぞ!」
 そう云えば、この湯布院の家で、四軒家を買い換えたので・・・行方不明になるな?!
 「来年は絶対行くから!」「この次は、五年後だ!」でした。残念!その頃は、浦島太郎だな??。

 さて、今日の作品紹介は、バイロスの『ダンテの神曲 第三十二歌』です。
091226_1451~02
 「神の御子が、私たち人間の罪の重みを肉として身に背をうことを望まれた時・・・」
 エデンの園で、アダムとイブが神に何か言われているシーンのようです。禁断の木の実と蛇が背景に描かれています。楽園追放にしては、にこやかに話をしているようですが・・・禁断の実を食べる前でしょうか??

 晴れ間が見えてきました。さて、開館してきましょう!
画像 006
 久しぶりの由布岳です。残念ながら、御覧のとおり山頂は雲に覆われています。
 気温はマイナス2度、やっぱりこちらは寒い!
 雪が降ったのか?あたり一面薄く白いレースの布を敷き詰めたようです。

 お天気は、曇りのようです。まもなく三連休なので、今のうち悪い御天気で、スカーーっと晴れてくれると嬉しいなー!嬉しいなー!です。

 ところで、北九州で美術展を二つ見てきました。
 まずは、<クリムト、シーレ ウイーン世紀末展>です。北九州市美術館の本館で、二月末まで開催されています。
 たぶん、北九州で初めて紹介された作家だと思います。なかなか、この二人の作品を目にする機会は少ないので、良い機会でした。
 久しぶりの北九州市美術館訪問でした。
画像 014
 由布院駅と同じ磯崎新の斬新な建物も、健在でした。
 次は、<ロートレックコネクション展>です。ロートレックのポスター展と思っていましたが、コネクションの名のとおりロートレックを取り巻く作家の作品も沢山あり、見応えがありました。こちらは2月7日までです。

 実は、もうひとつ美術館を訪れました。下関市美術館です。ところが、改装工事のため休館でした。

 折角でしたので、近くの関見台公園へ行ってきました。
画像 013

画像 012
 クジラ館の跡地です。ちょうど10年前までは、ここに水族館がありました。よく子供たちを連れてきました。
 こんなものも展示されていました。
画像 011
 クジラを捕まえるための銛を打つ機械とミニ潜水艦です。
 タイムカプセルもありました。
画像 010
 今年、このタイムカプセルは掘り起こされるそうです。
 このクジラ館の下の海岸にも行ってみました。
 砂浜のきれいな海岸でした。
画像 009
 向こうに見えている小島が満珠・干珠です。
 反対側は、御覧のような崖でした。 
画像 007
 崖の岩をよく見ていると・・・・・・フックが?
画像 008
 何で?あんなところにフックがあるのでしょうか?まあ、良いですが・・・。

 機会がありましたら、行ってみてください。

 ホッ!今日は何とかブログが作れました。さて、明日は・・・・・?

 さて、今年が始まりました。開館しましょう!

 今年もよろしくお願いいたします! 

 

お詫び

 元旦以来、ご迷惑をお掛けしています。すみません!

 PCは、娘が置いていきましたが、ブログの調子は悪いままです。で、昨日も書きかけたのですが、何度も消えてしまいました。で、途中で断念しています。湯布院に戻りましたら、ゆっくり書けますので、何とかしようと思っています。明日からは、どうにかして記事を書き、由布岳の写真も載せたいと思っています。乞うご期待です。

 完全復活は先になりそうですが・・・・。
 今日は、1月4日。ブログのアップも久しぶりです。と云うのも、わがPCがイカレタせいなんです。
 で、娘のチッチャなPCを借り、ようやく書けるようになりました。

 ただし、年末の餅つきで、こっちの身体が今度はやられました。腰の痛みが取れません。どうも、最後の一臼で力一杯衝いたのがいけなかったようです。歳ですね!

 そんなこんなでブログが・・・・になってしまいました。

 と云うことで、ひげ館長の三ケ日をまとめてご報告です。
 
 まずは、元旦です。



100102_1009~01

100102_1010~01

100102_1034~01
100102_1041~01
100102_1034~02
100102_1056~01
100102_1056~02
 あけまして おめでとうございます!

 今年も、わが花合野美術館を、よろしくお願い致します。



 今年も、さまざまな企画展、並びに常設展も蔵書票や創作画集など色んなバイロス作品での展示を予定していますので、遊びに来てください!

Powered by FC2 Blog