プロフィール

ヒゲ館長

Author:ヒゲ館長
◆書いてる人: ヒゲ館長

◆美術館の名前:
 花合野(かごの)美術館
<湯布院バイロス美術館>

◆開館日:不定
 (することが無い閑な日)

◆開館時間: ??
 (気が向いた時間だけ)
   
◆入場料:500円
(中学生以下無料)
※館長が気が向くと由布院で二番目に不味いコーシーが飲めます!

  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 ようやくアップできました。
 パソコンがやっぱり変!です。困ったもんです。娘によると、これは一度診断に回した方がいい!だそうです。
 と云うことで、今日のこのブログは息子のPCで作っています。
 まあ、北九州だとそんなに記事は無いのですけどね。

 とりあえず、こちらへ戻ってしたことでも載せましょう。
 先ずは、落ち葉の掃除でした。この写真の溝に溢れていた落ち葉を片付けたんです。
091230_0805~01
 ほとんど腐葉土になっていました。

 次は、一年一度のメインイベント餅つきです。家族総出???長女は不参加だったので、家族総出?ONEでした。
 火を起こして、蒸篭で蒸してからはじまりです。
091230_0920~01
 蒸しあがれば、捏ねです。これで、ほとんど餅にしてしまうと楽なんです。
091230_1022~01
 で、餅つきです。結局五臼の予定が、七臼。つき手は三人しかいません。しかも、とり手も居ないので兼任でした。
091230_1053~01
 最後が揉みになりますが、こちらも三人。
091230_1209~01
 大騒動の餅つきで、身体中が痛くなりました。

 で、来年もするのでしょうか????

 さて、今日の作品紹介です。バイロスの『ダンテの神曲 第9歌』です。
091226_1452~01
 「鳳凰の記憶には、よみがえることの少ない聖地において、ヨシュアのてだすけをしたのはラハブであった」
スポンサーサイト
 さて、今日からは、北九州の話題です。でも、そんなにありません。
 取りあえず、我が家の様子からにしましょう。
 まずは、これです。
091228_1303~01
 庭の池です。水は澄みきっているのですが、藻は?
 水は雨水ですので、普通なら濁っているのですが、何故か澄んでいます。実は、買いそこなった銅像を入れているのです。と、こんな風に水が澄む様です。銅が溶けだしているのが何らかの作用を起こしているようです。

 次は、桜です。 
091228_1304~01
 大木になってしまいました。この家を購入した時には、まだこれほどではありませんでした。今日は、この木から散り落ちた枯れ葉が、横の溝を埋め尽くしているので、掃除をしようと思っています。今日のお仕事決定です!

 さて、今回こっちに帰って来るので気になったのが、カメ太の処遇です。
 やはり一週間は長い。で、連れて帰りました。 
091228_1306~01
 久しぶりの帰郷?に右往左往です。水槽の中をあっち行ったりこっち行ったりでした。

 ところで、二ヶ月に一度のアートコレクター、今月が発行でした。湯布院では手に入らないので、北九州で買います。で、早速に手に入れました。
 今回の記事で、気になったものが二つ。
 まずは、以前このブログで紹介した満田晴穂さんの「自在」と題された初個展の記事です。
091228_2052~01
 1月15日?2月13日までラディウム・レントゲンヴェルケというギャラリーで開かれる様です。やっぱり、進化しているようです。行ってみたいですが・・・・チョッと無理?

 もうひとつは、この記事です。
091228_2049~01
 「コトホギス フジイフランシス展」です。小さな写真だけなので良く判りませんが、見てみたいです。まるで、南宋の絵画を思わせる様な絵の様です。

 さてと、今日の作品は、バイロスの『ダンテの神曲 第16歌』です。
091226_1452~02
 「私は孤りで生きることを願い、踊りの褒美のために殉教させられた者のためにひたすらに寄せられる。それゆえ漁師もポーロも知らぬ。」
 ちんぷんかんぷんです。たぶんヨハネのことを言っているのでしょうが・・・・。
091227_1452~01

091227_1454~01
 昨日の昼間に見せてくれたお山の姿です。当分会えないので、お山が姿を現してくれました。堀内孝雄風に「サンキュー!」です。
 これが、本当に今年最後のお山の写真になりました。一年間、ありがとうございました!

 昨朝の気温は、マイナス5度。季節に逆行し、暖かくなってきていた陽気に「喝!」入れるかのように、一気に真冬に引き戻しました。
 で、辺り一面、霜で真っ白け!
 我が庭のツツジも真っ白になってしまいました。
091227_1026~01
 新芽も何もあったもんじゃありません!ご覧の状態でした。新芽に毛が生えているのも頷けますね。

 それでもお日様が上がって来ると、ご覧のようにしっかり解かしてくれました。
091227_1024~01
 陽射しが当たっている処と当たっていない処が良く判るでしょ!
 お日様、あんたはエライ!

 昨日は、ブログを書き終えた後は、北九州へ戻る準備でした。準備と云ったってそれほど何かある訳ではないのですが、やはりお正月を迎えるとなると・・・・ソワソワでした。

 お客様を待っていても、結局落ち着かず、4時に閉めて、帰ることにしました。
 アートホールに連絡を入れると、梅ちゃんが・・・で、年末のあいさつ!

 車に乗り込み、出発すると、丁度お隣のご主人とワンちゃんのお散歩に出くわしました。で、ごあいさつ。「オッ、今年は早いね!」「客も来ないんで・・・良いお正月を!」でした。

 日出生台でお山を振り返ると、「オ?!」と手を振っているようでした。

 さて、今日からの作品紹介は、すべてバイロスの創作画集『ダンテの神曲』の作品です。
 適当に撮ってきたので、順不同です。で、今日は第11歌「私は恥すべてを捨て、自らの意思でシエナの広場に腰を据えた。」です。
091226_1452~03
 全く意味不明です。拡大して見て下さい。シエナの広場で野良犬に吠えられながら物乞いをしているひとりの男性が描かれています。顔は・・・・表現が悪いのですが少しアンポンタンの様です。この人物がダンテ何でしょうか?
 今朝は、寒???い!
 何と、気温はマイナス5度です。水道の水は辛うじて大丈夫でした。
 写真を撮るために外に出ると、ご覧のとおりの霜でした。
091227_0653~02
 霜で凍りついた草を踏むと、足元から身体が凍りついてくるような感覚を覚えました。寒い!否、冷たい!

 この気温のせいでしょうか?朝霧でお山は見えません。
091227_0652~01
 この霧も、冷たい霧・・・霜が空中に舞い上がったのではないか?と、そんな感じです。
091227_0653~01
 ただこの霧、写真を撮っている美術館(南)側とご覧のように盆地の西の端には懸っていません。旅館やお土産物屋さんの多い所(駅前から湯の坪)の上に、ドッカリと座り込んでいるようです。

 この写真を撮り、部屋に戻り、改めて霜を見るためにカーテンを少し捲ると・・・アッ、凍ってる!失敗でした、洗濯物が一晩干しっぱなしでした。大慌てで取り込んだのですが・・・・。
091227_0655~01
 一旦は乾いていたのでしょうが、凍っていました。

 凍ったパンツと靴下を見てもらっても仕方ないので、トットとブログを始めましょう!
 
 いよいよと云うか、滔々と云うか、今日がわが美術館の今年最後の営業日になりました。明日から来年の1月5日まで年末年始の休館になります。

 一年間、ご愛顧いただき、ありがとうございました!

 とくれば、当然今年の美術館10大ニュースとなるのですが、思い起こしても何んにも無い一年だったな??です。せめて、3大ニュースくらいは・・・・・・・・・・無い!何も無いのが、し・あ・わ・せ と云うものなんでしょうね。

 と云うことでニュース無しです。済みません!

 さて、昨朝ブログを書き終え、しばらくすると娘が起きだしてきました。で、スープでもと思いましたが、引き出しを開けると、インスタントのシチーの箱が見えました。オ?、シチューも良いな?!早々、野菜の煮込みに取り掛かりました。で、ルーを加えて出来上がりましたが・・・・・・・これって、カレーじゃん!
091226_0753~01
 「そうです。私がカレーです!」でした。なんちゅうこったい!でした。と云うことで、今流行りの<朝カレー>になってしまいました。まあ、良いか!

 で、3時過ぎに今度は、頂いた柚子でジャム作りに挑戦!テレビを見ていてフト思い立ったのです。
 柚子を絞り、果汁はジュースにして飲みました。残った皮は、細かく刻んで、砂糖と一緒に煮込むことにしました。
 一時間ほど経ってチョッと味見。苦??????い。何じゃこりゃ?!!
091226_1044~01
 で、砂糖追加!でも、最後まで、苦甘or甘苦でした。で、娘に持って帰らせました。正に、父親の味です!甘????くて、苦???いのが【父親の愛】!ウ???ン、逆かな?苦くて甘いかな?

 オッと忘れるところでした。 
091226_1430~01
 クリスマスが終ったので、早速看板の衣替え。お正月バージョンです!
 その内にお金が出来たら、本物の門松を・・・・????無いな?!

 今日は作品紹介、パスの予定でしたが、折角ですので、これです。
091226_1524~01
 見たとおりです。エッ、判らない!三宅一生さんのサインですよ。良???く、ご覧いただければ読めますよ?

 明日も今日の昼間に写真が撮れたら載せますが、もしか見えなかったら?これが今年最後のお姿です。
091226_1523~01
 黄砂が記録されたそうです。そのせいか?少しハッキリしません。

 それでは、今年最後の開館をしてきましょう!

<お知らせ>

 12月28日?1月5日まで休館です。
 PCが・・・・ブログが・・・・・?バカヤロ?????!
 中々インターネットが繋がらないし、再立ち上げでようやくと思えば、今度は記事が消えてしまうし・・・。
 そんなことを言っても仕方ないので、また書きます。

 今朝のお山です。
091226_0707~01
 朝霧はありませんが、残念ながら、お顔は雲の中です。
 気温は3度と、暖かい朝になっています。
 クリスマスも終わり、いよいよ正月ですが、段々暖かくなっていっているようです。この分だと、お正月はアロハシャツ・・・そんな訳無い!

 この暖かさのせいで、葉が大きくなってきましたが・・・巻きませんね???
091226_0708~01
 キャベツなんです!いつになったら食べられるようになるんでしょうね????

 サニーレタスは・・・・もうボチボチでしょうか。
091226_0708~02
 今日、娘に持って帰らせましょう!

 処で、クレマチスって葉を落とさないって、知りませんでした。
091226_0709~01
 見た感じ、ジャックと豆の木の様です。この様子だと、来年には天まで届きそうです。さすれば、巨人の国の黄金のアヒルを盗んでくる・・・・フフフフフ!銭儲けじゃ??!

 馬鹿な妄想はこれ位にして!

 昨夕は、駅ホールの展示替えでした。彫刻展の撤去が大変だろうと早めに出かけました。
 案の定でした。雨のせいも有り、汽車待ちの人が駅に溢れているため作業が進みませんでした。一時は、入れ替えの作品を積んだトラックも来てしまい、右往左往の状態に・・・それでもどうにか積み終えて、お礼を言われ帰って行かれました。お疲れさまでした。(で、担当のウエイトレスさんは、間に合いませんでした!)

 早速、新しい展示の作業開始でした。こちらは、プロの方が来られていたので、見守るだけでした。
 と云うことで、あまりお手伝いの出来なかった展示が完了した会場の写真です。 
091225_1809~01
 
091225_1809~02

091225_1809~03
 お正月にピッタリの華やかな展示になりました。
 今回の展示会は、書道家藤井美相さんの書による『古に誘われて』と題された作品展です。会期は、1月27日まで。
 作家さんを囲んでのアートフォーラムは、1月23日(土)19:00?です。ゲストで、日田市在住のミュージシャンじゃじゃんまさんを迎えてのミニライブも催されるようですので沢山来てください。もちろん無料です!

 さて、私の方の作品紹介は、打撃の神様 川上哲治さんの書『和』です。
091226_0711~01
 
 ようやく、書き終えることが出来ました。なんちゅうこったい!でした。

オッと、そう云えば大事なことでした!
 
      12/28(月) ? 1/5(火)まで休館です。
091225_0658~01
 ご覧のように、今朝も濃い朝霧です。真っ暗な朝でしたが、昨朝よりは少し明るかったかな??
 気温は1度と、氷点下脱却です。お天気の方は、残念ながら下り坂、曇りにのち雨の予報です。
 今日はクリスマス、七夕では無いので、お天気はあまり関係ないでしょうが、やっぱり晴が良いですね。
 私は、クリスチャンでは無いので、おめでたいと云う感覚は無いのですが、そこはそれお祭り男、≪楽しいことは、良いことだ!≫です。
 と云うことで、わが美術館もホンの少しクリスマスでした。
091224_1626~01
 館内の音楽は、当然クリスマスソング特集の繰り返しでした。もちろん今日もです。

 子供たちが、まだ小さかった頃、クリスマスプレゼントを買ってきて、隠すのに苦労をしたことを思い出します。お姉ちゃん二人は、小学生の間はズーーーッとサンタさんを信じていました。「お姉ちゃん、昨日サンタさん来たヨ!」「ウン、鈴の音が聞こえたヨ!」には、カミサンと笑いをこらえるのに苦労しました。
 一番下の息子には、お姉ちゃんたちが一緒になって、「サンタさんてほんとに居るんだヨ!」と言い聞かせていました。
 その娘が今日、ケーキを持って来てくれるそうです。

 と云うことで、今日の作品紹介は、やっぱりこれ!
091224_1014~01
 オッとこれは磔刑だから、キリスト様が死んだ方で、クリスマスの逆でした。
 こっちでしたね!何チャって、最初から出さない処がミソです。
 091224_1024~01
 今日の作品は、『クリスマス』と題されたバイロスのヘリオグラビールの傑作です。今回の展示からは外れていますが、やっぱりクリスマスにはこれですよね!

 ところで、昨日のNHKのテレビで、クリスマスをXMASと書くのは、X=キリスト様、MAS=メリーだそうです。で、X‘MASは、日本だけの表現だと言っていました。民放のテレビ番組では平気でX‘MASと書いていました。まあ、いい加減な…と云っても公共の番組です。海外の方も沢山見ています。しっかりしろ!でした。

 さて、一人ぽっちのクリスマスイブ、私にもクリスマスプレゼントが南の方から届きました。
091224_1946~01
 どうもこの地には湯平にサンタさんが居るようです。ありがとうございました!

 さて、クリスマス!開館‘開館‘⇒日本人的表現にしてみました。
091224_0653~02
 いつもの時間(6時半)に目を覚ましましたが、「ウン?なんか暗いなー!」で、写真を撮るためにカーテンを開けると・・・・・暗い筈です!霧でした。
 この写真は、真っ暗じゃ画像になら無いので、少し画像処理したものです。実際は、もっと暗いです。
 
 気温は0度と暖かい?朝です。雪も霜も有りません。お天気は???霧だから晴かな?

 さて、次の写真は、何だと思いますか?
091223_0955~01
 「・・・・・・?」だと思います。
 ガラス戸を撮ったのですが、ご覧のとおり外が見えません。
 実は、昨朝開店の準備の際に、内側に付いた水滴は雑巾で拭き取ったのですが、ガラス戸はご覧のように曇ったままです。水滴が外にもついていました。
 と云うことは、朝の気温はマイナス4度、この時点では水滴は内側に付きます。でも、昨日は急激に気温が上がったため、開館の時間9時には、逆に外の気温の方が高くなったと云うことです。
 この地に住むといろんなことが判ってきます。

 さて、お風呂場のシクラメンですが、また少し元気になった気がします。
091224_0654~01
 どうでしょうか?「昨日と変わって無いんじゃない!」否・否、変わっています?ヨ。

 昨日も、一日喫茶展示室でお客待ち・・・・・暇!

 4時近くになり、さて片づけようかと・・・お客様です!またまたまた・・・・夢二山荘のN女史が、「東京からのお客さんを連れてきましたよ?!」で、若い奇麗なお嬢さんを連れて来てくださいました。本当に、いつもありがとうございます。
 大慌てで、灯りを点けて回り、コーシーの準備でした。
 N女史、夢二山荘の辺りが先日来の雪で、ずーっと行っていなかったそうです。あの辺りは坂だし木立に囲まれているので雪は解けない様なので、雪だったら行けないだろうな?でした。
 コーシーがはいり、東京からのお客様も会話に参加、東京の亀戸から来られたそうです。展示している作品がバライティに富んでいて面白いと喜んでいただけたようでした。私は、説明(自慢話)が出来なかったのが残念でした。で、喫茶展示室の分だけでもと、コーシーを飲んでいただいている間、しっかりと説明させていただきました。
 「また来てくださいと言っても東京ですね。」「友達に話しとけば・・・・。」で、「さて、次は温泉!」と、石岳温泉?へ向かわれました。

 では、作品紹介にしましょう。今日の作品は、喜多條 忠さんの作詞『神田川』の一節です。
091224_0656~01
 喜多條 忠さん「きたじょうただし」ではなく「きたじょうまこと」と読むのだそうです。
 この一節「ただ あなたの やさしさが こわかった」、女性が言ったように表現されていますが、こう恋人に行って欲しいと云う男の希望でしょうね。
 この歌が流行った当時、確か≪同棲時代≫と云うマンガが流行っていたと思います。団塊世代が大学生だった時代だったと思います。古き良き時代でした。
 昨日は、【天皇誕生日】でしたが、わたしの天皇誕生日は4月29日です。平成も、もう20年、昭和が遠くなりました。【昭和】良い時代でした。もうあの時代は帰って来ません。死んで天国に行ったら天国が昭和の時代でありますように!です。

 さて、今日も喫茶展示室です。昔を懐かしんで・・・・否、お客様を増やす方策でも考えましょうかね?

館長のつぶやき

091223_0706~03

091223_0706~02

 今朝の光景は素晴らしい!残念ですが、この写真では、それは表現できていません。
 朝霧が帯になり、屋根より少し高い位置に伸びています。まるで羽衣の様です。

 気温はマイナス4度とかなり寒いのですが、お日様のせいで、それ程寒さを感じません。もちろん、お天気は晴です。

 昨日は冬至だったそうですが、そのせいと云う訳でもないでしょうが、今季最低のマイナス6度の世界でした。
 と云ってもどの位かが判りずらいので、写してみました。
 まずは、おばあちゃんの畑です。
091222_0846~02
 残り雪と霜です。霜だけだと白く感じますが、やはり雪の白さには敵いません。
 次は、その畑までの道の草です。
091222_0847~01
 まるで宇宙生物の様です。凍っているので、踏むと、折れるかのようにカサカサと音を立てます。
 次の写真、南米のジャングルの航空写真の様です。
091222_0848~01
 霜柱が土を持ち上げているのです。
 次は、氷の棒です。
091222_0849~01
 小川の水しぶきが作り上げた芸術です。
 畑のサニーレタスもご覧のように・・・。
091222_0846~01
 まるで海岸に打ち上げられて、干からびたクラゲのようでしょ!

 先日ご招待された近所のご夫婦を昨夜はお返しにお呼びしました。ご主人だけが来られるかと思っていましたらご夫婦でしたので、大慌てになりました。で、二日酔いです。

 ということで、ブログはこれ位です。最後に2枚。
 避難してきた天道虫さんです。 
091222_0842~01
 外は寒いので仕方ないのですが、電灯のフードの中に入っちゃうと死んじゃうので・・・・。
 最後の一枚は、萎れてしまっていたシクラメンです。 
091222_1515~01
 我が家でいちばん温かい場所=お風呂場で養生させていましたら、ご覧のように復活の兆しが・・・もう一息です。ガンバレー!

 私も、二日酔いでも頑張らねば・・・・。
091222_0655~01
 寒そうでしょ!そうなんです。今季一番の寒い朝です。何と!マイナス6度です。
 この写真を撮ろうとガラス戸を・・・・当然開きません!で、別のガラス戸へ・・・・こんな状態でした。
091222_0654~01
 磨りガラスじゃありません。ただの水滴でもありません。何と!凍りついた水滴です。

 水道は、少し前までは出ましたが、今は出ません。夜明けの前が一番寒いと云いますが、本当です。起きてすぐは、マイナス4度でしたので。

 写真でお判りでしょうが、お天気は晴れ、最高気温も8度まで上がるそうです。お日様はありがたいですね!

 さて昨日、朝は雪に覆われていた盆地も、お日様のお陰で、お昼過ぎにはご覧の状態になりました。
091221_1345~01
 3時頃には、こんな素敵なお姿も見せてくれました。 
091221_1442~01
 それでも気温は低いので、外に出ると空気がとても冷たいです。

 出来るだけ、外に出ずに、本を読んだりしていましたが、暇を持て余しウロウロ。で、こんなことをしました。
091221_1436~02
 エアコンの調子が???なんで、外設器の周りの笹が、原因?と取り除いてみました。さて、結果はどうでしょうか?
 取り除いた笹は、蔓バラの保温用に被せてみましたが、こっちの効果も???です。
091221_1447~01
 まあ、何もしないよりは、良いと思います。

 ついでに、裏庭の畑の様子見に。
091221_1445~01
 雪に埋まっていたサニーレタス、元気に育っています。細ネギもどうにか育ってきているようですが、いつになったら食べられるようになるのやら???

 さて、今日の作品紹介です。詩人松永伍一さんの『古代織』という詩と抽象画です。
090124_1501~01
 「こころの糸を紡いで あの人のために織る 大和のすすき野の乙女ですけど」という詩とその詩を視覚にした絵です。どちらも、感覚で感じるものの様です。

 さて、開館してきましょう!

<余談>
 川西温泉、設備が故障したので当分?利用できないようです。石松温泉は車が止められないので・・・家の風呂に入るしかないようです。トホホ・・・もう、冬眠に入りましょうかね!と、云ったところで、残り5日間でした。頑張るしかないですね。

<おまけ>
 暇にまかせて二句!
 
  「年の瀬の 寒さ伝わる ガラス越し」
  「ふざけた世に 天誅くだすか 冬将軍」
 今朝、夜明け前の写真です。
091221_0639~01
 まだ真っ暗です。
 昨夜も雪が降ったようです。 
091221_0639~02
 部屋から漏れる薄明かりの中に、雪が降り積もっています。

 30分ほどして撮り直した写真です。
091221_0703~01

091221_0703~02
 昨日の夕方には、かなり消えてしまった雪が、また盆地を白く覆っています。

 今朝の気温は0度で、最高気温は5度だそうです。お天気は、曇りのち晴れだそうですので、お日様が出てくれれば暖かくなるでしょう。

またまた、これから下の記事は予約投稿です。これって非常に便利だと気がつきました。前の日に、大体の記事を書いて於けば、当日の朝にPCが言うことを聞かなくなっても、大丈夫です。これからも、時々利用しましょう。

 さて、昨日はブログに朝の写真と記事を追加し、大慌てでトーストを口に入れ、厚手のジャンパーにマフラー、軍手に長靴のいでたちで、鉈を持って、勇んで7時半に公民館へ!
 ウ??ン??????誰???れも居ません?
 アレーーー?時間、間違えたかなな??で、一旦、帰館!

 ブツブツ言いながら、帰り道で、オー・・・パチリ!
091220_0740~01
 「冷え????ッ!」寒いはずです。流れる水がツララを作っていました。

 帰り着いた美術館の玄関のアプローチです。
091220_0742~01
 「冷????え!凍ってる。」でした。

 ついでにもう一枚!
091220_0742~02
 「冷え冷えしてる?!]寒さだけで無く、お客様が来ないせいです。まあ、この寒さじゃ客は来ないワナでした。

 一旦館内に戻り、窓越しに様子を見ていると、軽トラックが荷物を積んで、公民館の駐車場へ入って行くのが見えました。
 「オ?、やっぱりだ!」で、再度出直しでした。
 オットリ刀で駆けつけると、ご近所の皆さんも集まって来ていました。今回は、定時?で良かったようです。

 早速、暖房の火を起こし、作業開始でした。で、此処で作業中の写真となる筈ですが・・・無い!撮り忘れました。
 と云うことで、いきなり完成の写真です。 
091220_0954~01
 一時間半ほどで、ご覧の様な立派な門松が完成しました。

 次は、神社です。
 こちらは、駆けつけると門松は既に完成していました。で、鳥居にしめ縄の取り付けでした。
 で、完成した姿です。
091220_1023~01
 いよいよお正月だなー!でした。

 お開きになり、美術館へ戻り、暖房全開にしましたが、冷え切ってしまった身体がそう簡単には・・・。
 こう云うときは、軽く熱燗を一杯呑んで、身体の中から温めると簡単なんですけどね。まだ、営業中そんな訳にはいきませんよね!(山登りの時は、ウイスキーを少し持って行っていると良いらしいですよ!)

 お昼を食べて、ようやくホッと一息でした。

 年賀状の出し忘れをチェックしていると、お菓子屋のご主人が袋一杯のお漬物とシカ肉を持って来られました。
 
 で、当然上がっていただいて、お礼の焼酎を一杯。但し、既にかなり召しあがって居られたので・・・・。
 今度は、温泉に入りに来なさいと、ご自宅へ引っ張って行かれる羽目になりました。まあ、嬉しかったのですけどね。
 お陰さまで、芯から冷えた身体を温めることが出来ました。
 帰ろうとしたら、今度は野菜を袋一杯頂いてしまいました。で、我が家の野菜篭は、ご覧の状態に! 
091220_1841~01
 これで今冬の野菜は、十分です。ありがとうございました。

 帰りついて、私の方も眠気が襲ってきたので、炬燵でまあるくなって、暫しの睡眠でした。

 何という生活でしょうか????呆れるでしょ!

 さて、今日の作品紹介は、勅使河原宏さんの書『森』です。
090108_1710~01
 今日からは、当分の間書になります。
091220_0702~01
 昨朝の景色とは、全く違い、冬????!って、寂しく・暗く・冷たい光景です。
 空の色も、鈍よりと薄汚れた感じの、薄い鼠色です。

 盆地の中は、昨日の雪が解け、まだらに残り、土は凍りついています。
091220_0702~02

 現在の気温はマイナス4度。お天気は、曇り時々雪でしょうか。寒????い!一日になりそうです。
 お車の方は、くれぐれもお気をつけて下さい。

 これから先は、予約投稿です。実は、今朝8時から、公民館で門松の設置作業があるんです。で、此処の定時は30分前。と云うことは、昨日の例から云うと、起きてブログ書くことは絶対無理。で、予約投稿となったの訳です。
 
 さて、昨日は大雪で始まりました。が、後は一日良いお天気に恵まれました。
 でも、まず最初は、当然のことながら雪搔きでした。
091219_0919~01
 来ないだろう?と云って、ほったらかしにしておけるはずもない訳で・・・竹ぼうきでエントランスだけは奇麗?にしました。まあ、寒かったので、これ位でしたがね!
 それでも、入口のタイルが滑るので、しっかり注意の看板を立てました。
091219_0920~01
 保養所で使っていた時にはどうしていたのでしょうか?滑り止めの砂でも撒いたのでしょうかね?

 駐車場入り口の坂は、もっとひどかったです。
091219_0921~01
 轍の跡がある処を見ると、車は通ったのでしょうが・・・・かなり危険な状態でした。

 この雪のお陰で、一昨日・昨日と友人たちから寒中見舞いの電話が掛りました。ありがとうね!

 日中は、晴れでしたので、お日様のお陰で、この道路も夕方にはご覧の様に回復しました。
091219_1533~01
 車もどうにか安全に通れるまでになりました。 
 でも、寒さの方は、一向に衰えず、滔々一日中冷え冷えしていました。
 お隣のワンちゃん、お散歩の時間に近くなったので、小屋から出て来ていましたが、寒そうでしょう!
091219_1533~02
 リクチャンと云う名ですが、いつまでたっても懐いてくれません。昨日は、寒さでおとなしかったです。

 さて、作品の紹介です。今日の作品は、元永定正さんの『まるからかたち』です。
091219_1303~01
 管理が悪かったのか?色紙に描かれているのですが、その色紙に問題があったのか?おおきく滲みが出てしまいました。反省!です。

<おまけ>
091219_1607~01
 夕日に変わる前のお山の写真です。山頂は雲に隠れていましたが、奇麗でした。

 さて、門松作りに行ってきましょう!
 今朝は既に2度記事が消えました。2度目は、何と四行しか書けませんでした。アーア!一行ずつ保存しないといけなくなったのでしょうか???憂鬱になります。

 とは言っても、このブログを楽しみにされておられる40名ほどの方のため?否・否、暇を持て余している自分自身のために頑張らねば!です。保存を小まめにやれば・・・・・。

 今朝は、寒さとパタパタパタと凍りついた道路を駆けてくるチェーンを巻いた車の音で目が覚めました。
 布団の中で、アッ、やっぱり道路、凍ってるんだ!でした。足元の湯たんぽは、まだ暖かさを残しているのですが、肩口が冷え、布団を持ち上げても寒さが収まりません。少し風邪を引いてしまったようです。
 季節型と新型の両方のワクチンの接種をしているし、他人にほとんど会っていないのでインフルエンザでは無いでしょう。でも、風邪も怖い病気です。ひとり暮らし、寝込む訳にもいかないので、頑張らねば!です。さて、リポビタンDを飲んで治しましょう!

 さて、今朝の夜明け前の写真です。
091219_0642~01

091219_0642~02
 寒々とした光景が、眼の前に在りました。
 気温はマイナス4度、水道は辛うじて出ました。以前にも書きましたが、マイナス5度を下回ると凍ってしまいます。どうにかセーフでした。
 お天気は、晴の様です。最高気温は2度と予報で言っていました。お天気が晴れの日の朝は、気温が下がります。放射冷却なんでしょうね。

 遅々として進みません!相変わらず、つい保存を忘れて・・・・・・です。4行くらいが限界見たいです。

 昨日は、午前中こそホンの少し晴れ間を見せてくれましたが、その後は、降ったり止んだり吹雪いたりでした。
 で、その様子を撮ってみました。雪の降っているさまが判りますでしょうか?
091218_1304~02
 振り返ると畑の中にお地蔵さん?だるまさんの行列?
091218_1511~01
 冗談ですが、もちろんおばあちゃんの作った白菜です。幼稚園の園児よろしくお行儀よく並んでいます。

 この寒さに、カメ太の奴も、ヒーターの上にべったりと貼り付いて寝ています。
091218_2012~01
 見ていると、片手と片足を伸ばして、アクビ?でしょうか。飼い主そっくりにズンダレています。

 昨日は、こんなものも作りました。
091218_1303~01
 いよいよ今年も後一週間ほどで、冬休みに入ります。その準備ですが・・・今日も、この続きです。

 ようやく、作品紹介に漕ぎ付けました。今日の作品は、吉田稔郎さんのオブジェ『Recycle art No47』です。
091218_1307~01

 さっき、スウエーデンでの国際会議のことをこの作品にひっかけて書いたのですが、最後の「。」を打った処で消えました。書くな!と云うことだと思いますので、此処で止めます。
 現在の時刻、九時七分。朝の六時半から掛りました。

 さて、玄関の雪かきをしてきましょう!
091218_0705~01
 「ゆきが?ふっています?♪さよならの?ことばもいわないで?♪」(あのねのね)と云うフォークグループの唄です。外の景色を見て、思わず口ずさんでしまいました。
 由布岳は、雪雲に隠れています。見えない山頂は、真っ白なんでしょうね。
 盆地の中も、ご覧の有様です。今年初めての積雪になりました。
091218_0705~02
 気温はマイナス1度です。オヤ?でした。もっと低いかな?と思っていました。

 お天気は雪、最高気温は2度だそうです。寒????い一日になりそうです。と云うことは、開店休業です。

 今朝は雪でしたが、昨日は霜でした。おばあちゃんの畑、霜柱で真っ白でした。
091217_1158~01
 我が畑も、ご同様に霜柱でした。
091217_1157~01
 畑のひと皮が、霜柱に持ち上げられていました。

 ところで、友人とお隣の奥さんに頂いたシクラメン・・・・やばいです。どうも、水やりに失敗したようです。
 で、わが美術館で一番日当たりのいい場所へ避難!
091217_1244~01
 此処で養生してもらい、元気に復活・・・と行きますかね?????

 昨日は、真面目に年賀状に取り組みました。で、無事完了!約150枚、少なくなりました。年々少なくなって、その内に出すところが無くなってしまう・・・自分に出すという手も有り???かな?。

 さて、PCのご機嫌の良いうちに、作品紹介です。今日は、小松則子さんの創作人形『夕凪』です。
091217_1245~01
 かなり古い作品ですが、デザインは洗練されたものがあります。

 工芸家について調べるのは至難です。本を買いあさって、偶然見つけるしかないようです。

 今日は、雪籠りです。
091217_0701~01
 今朝の気温は、マイナス2度でした。それほど低い温度では無いのですが、御山はご覧の様に冬空に聳えています。何たって、雪が舞っていますので・・・。
 この写真を撮ろうと、外に出ようとしたら、ガラス戸が凍りついていて開けることが出来ませんでした。仕方無く別の出口から出て撮りました。温度計の温度より、かなり寒い感じでした。そうですね?、寒いと云うより冷たいと言った方が判りやすいでしょうね。
 お天気は曇り時々雪って処でしょうか?予報では、最高気温が2度と言っていましたので、このまま一日気温は上がらない様です。こんな日は、動かずにジ????ッと、ひたすらジ????ッとしていることにしましょう!

 カメ太の奴は、暖房が入っているので、ガサゴソうるさいのですが・・・・・。

<おまけの写真>
091216_1431~01
 昨日、ホンの少しの間見せてくれたお姿です。薄くベールの様に雪を被った様子は、正に冬山って感じですね。

 さて、昨日は年賀状書きの続きでした。でも、今年の正月に届いた年賀状を読みながらですので、遅々として進みません。フ???ン、へ????!で、滔々飽きてしまいました。この分だと終るのはいつになるやら?です。
 で、結局、脱線!チョッとお買い物へ。
 ついでに寄った駅ホールで会ったK女史に頂いてしまいました。
091216_1430~01
 生姜を甘辛く炒めたものだそうで、お酒のおつまみに合うそうです。ありがとうございました。

 さて、PCの調子がおかしくなってきました。もうすでに5回ほど記事が消えています。少しづつ保存しているのですが、やっぱり堪えます。
 昨夜、娘から電話があり、正月に見てあげるからと言ってもらいました。でも、こっちに来る暇が無いだろうと言うと、PCを持ってくればいいだろう!でした。そうでした!このPCはノート型なんで、持ち運べるのでした。
 年末年始の間、ブログをどうしようか?の問題は一機に片付きました!

 娘に見てもらう前なので、取りあえず記事を急ぎます。
 
 で、今日の作品です。 

 画像削除


 斎藤義重さんのデッサン『作品』です。日本現代美術の巨匠ですが・・・・日本人の知らない凄い人のおひとりです。
 皆さん!この方を始め、今展示している作家さんはどの方も凄いんですけどね?・・・・・。

 よっしゃ!作品紹介も済んだ。

 で、最後に・・・・もう一枚!
091212_1249~01
 先日来られたお客さもからの礼状です。水彩画の勉強をなさっているとお聞きしましたが、これはもう勉強をしているという段階では無い様です。あまりに素晴らしい絵でしたので、額に入れて飾らせていただきました。他にもたくさんいただいていますので、その内にコーナーを作ってみんな飾りましょうかね?。

<お知らせ>

         12/28(月) ? 1/5(火)まで休館です。


 なんちゅうこったい!書き終わったのが、9時35分。呆れました!
091216_0706~02
 ≪君子豹変す≫です。由布岳、ご覧の様に雪のベールを被ってしまいました。この写真よりも、眼で見える姿はもっと白いです。
 周りのお山もご覧の有様です。
091216_0707~01
 特に、安心院に抜ける谷は真っ白です。昨夜降った雪が吹き溜まったのでしょうか。

 それでも気温は0度です。盆地の中は、意外に暖かい!やはり温泉のせいでしょうか?

 お天気は、お空の様子からだと、晴でしょうか。と云っても、この状態では、気温は期待できないでしょう。ただ、風はほとんど吹いていませんので、陽射しの暖かさがあれば、気分的に暖かい一日になる・・・かな??。

 さて、昨日は雪こそ降りませんでしたが、曇り空で、強くはありませんが風も有りましたので、寒い一日でした。今朝のこの景色もある程度は想像できるものでした。
 で、先日まで黄色い葉を残していたツツジも、完全に葉を落とし、冬芽だけになりました。
091215_1128~01
 暖かくなる春を待つ姿です。

 遅咲きの我が家の山茶花も、寒さに気付いたのか?咲き急ぎ始めました。
091215_1129~02

 それに引き換え、我が畑は、ご覧の有様です。
091215_1130~01
 二十日大根はチョッと無理なようです。お隣のキャベツは?????果たしてどうなるやら?

 オッと、記事が消えました。今日、初めてです。でも、保存していたので、被害を最小限に抑えることが出来ました。今日は、頑張れるド?!

 さて、昨日いよいよ年賀状の受付が始まりました。私目も、一生懸命年賀状のあて名書きに励みました。と云っても、字を間違えたり、文が浮かばなかったりで、ツイツイ中断の連続。お陰で、まだ1/3しか書けていません。困ったもんです。今日も、引き続き頑張るしかない様です。トホホホホ!

 急がねば!何といっても、残す処10日ほどになってしまいました。オッと、そう云えば大事なことでした!
 
      12/28(月) ? 1/5(火)まで休館です。

 と云うことで、今日の作品紹介です。今日の作品は、西村陽平さんのオブジェ『距だたりながら近づく』です。
091215_1334~02
 先日の新日曜美術館のアートトピックスに、この作家さんの本を焼きものにした作品が出ていました。
 題名の『距だたりながら近づく』どう云う意味なんでしょうか?男女の仲だったりして・・・そんな訳無いか!

 ところで、年末年始の休館の間、このブログ?????さて困った!予約投稿かな????
 昨日のブログ作りで上手く行ったので、油断しました。ぜ?????んぶ消えてしまいました。ア????ア!です。

 でもこのPCしかないので・・・・・これを使うしかないですね。

091215_0724~01
 さて、今朝の気温はマイナス2度、ようやく普通の?冬になってきました。盆地を包む空気もキ??ンと澄んできました。で、写真の様に今朝は御山も御姿を現してくれました。

 昨日、もしか御山が見えない場合を想定して、撮っておいた写真も折角ですので載せましょう。
091214_1336~02
 久しぶりに、クッキリハッキリした御姿でしたので、パチリしました。やっぱりヒンヤリした空気だとこんな写真になるようです。ちなみに昨日の気温は、最高気温が10度に届きませんでした。

 で、このお天気に誘われて、お隣の神社までブログのネタ探し。
 十月桜も満開でした。
091214_1338~01
 (もう少しお花が大きいと・・・・まあ、仕方ないか。)
091214_1341~01
 ついこの前まで、銀杏の葉の絨毯でした境内も、先日今年最後の敬老会の清掃奉仕でご覧の様に奇麗になっていました。裏のご主人のお話だと、納会で小旅行されるそうですが、ご高齢の方や病人が多くなったため、公民館でのお食事会になったそうです。若い方?の入会が少ないそうです。

 また、消えちゃいました。これで3度目です。でも、めげずに頑張りましょう!カレンダーに載っている今月の教訓は<困難から逃げる心が、新たな困難を産む>です。

 で、何て書いたっけ????

 で、また消えました。4度目か!それでも今日は黙々と・・・・・。

 さて、エ???と。4度書いても同じ文章にはならないので・・・と云うより、ボケて来て、思い出せません。

 そうそう、お昼からの出来事でした。

 駄目なようです。諦めました。

 サニークリーンさんがモップの入れ替えに来てくれました。新しいモップで、ひと拭きしたら、気力が戻ってきました。

 お昼過ぎ、暇にまかせて、絵の額の入れ替え作業。と、玄関に人の気配?大慌てで、作業途中の絵を脇に片づけ出ると、「ヨ?!」「オ?、どうした?」「チョッと小鹿田まで焼き物を買いに・・・・・。」と、豊前の幼馴染が奥さんと一緒に来てくれたのでした。で、お土産に頂いた小鹿田の珈琲カップです。
091214_1531~01
 ありがとう!でした。この次からは、このカップで、コーシーを淹れるからね!

 奥さんからは、「この前の絵、飾ったらとても素敵でしたよ。」と、前回の企画展の際に販売した村田茂樹先生のはがき絵を喜んでもらえたようでした。良かったです。

 「この前と絵が変わってるな!」と、そう云えば、この前来たのは前回の企画展の最終日だったので、今回の絵はまだ見てもらっていませんでした。で、早速館内を見て回り、「こんなもんも持っていたのか!」と呆れ、否、お褒めの言葉?をもらいました。
 喫茶展示室へ戻って、コーシーを飲んでもらいながらの歓談、親友も後1年チョッとで定年ですが、色々あるようです。奥さんが「この頃、西野さんは良いな?!って言っていますよ。」だそうです。「もう少しだからナ?。」と、慰めにもなりませんが、自分も勤めていたら同じだったろうな??でした。
 まあ、身体だけは壊さないように勤めあげて欲しいものです。
 2時間ほどゆっくりとして、「又な!」「オッ?!」っと、帰って行きました。友達は有りがたいです。

 夜は、晴れていたので、流れ星を探しましたが・・・・・見つかりませんでした。見つけられたら、「宝くじが当たりますように!」で、宝くじを買うのでしたが、止めました。

 さて、今日の作品紹介です。今日の作品は、高松次郎さんの『平面上の空間 ?861』です。
091214_0711~01
 ご覧になられた人は、サ?ッと通り過ぎてしまわれますが、アートコレクターの記事では、この作家さんの人気のシャドーシリーズは市場にはほとんど出てこないそうです。版画しか手に入らない状況だそうですから、このデッサンだって・・・・・?

 ようやく、書き終えました。7度ほど消えちゃいましたけど・・・明日は????
091214_0649~01
 今朝も朝霧が出ました。が、何か?うす暗い!もちろん、夜明け前のせいもありますが・・・・変!
 気温は4度、昨夜のテレビニュースの寄ると、寒波が襲来し、本格的な冬の到来と聞いていましたので、ちょこっと拍子抜けしました。←こんなことを書くと、明日はひどいことになるかもです?

 そんな事とは関係無いのか?去年半年近くもお花を楽しませてくれたミニシクラメンが、いよいよ咲き始めてくれました。
091214_0712~01
 今季も半年頑張ってほしいものです。

 さて、昨日はブログの記事の消滅のせいで、気分が勝れなかったのですが、友人の訪問で「元気はつらつ、オロナ○○C!」になりました。

 開館してすぐに、以前【受け月】に居られ、現在【有楽】でお仕事をされるようになったTさんが、デジカメを片手にいらっしゃいました。
 「やあやあ!」「いやいや、まあ上がってください!」で、コーシーをお出しし、久しぶりの歓談でした。「コーシーの淹れ方も少し上手くなったでしょう!」の言葉に、「美味しくなりました。」と・・・御世辞かな?
 で、来られたのは、ブログにわが美術館を載せたいのでとのことでした。いつまでも気を使ってくださりありがとうございます。出勤前とのことで、長居が出来ない様で、館内も案内できず、コーシーを飲まれた後、勤務先へ向かわれました。また、来てくださいね!

 お昼前になり、さてお昼の準備と、裏に引っ込むと、携帯に電話が「珈琲を飲みに来たよ!」と。慌てて、ドアを開けると門司港の友人が笑っていました。
 先日も、抗がん剤の副作用で、皮膚に湿疹が出来たので、塚原温泉に入りに来たのでしたが、気分的に良いからとのことで又来たとのことのでした。
 いつも、コーシーを飲んだ後トットと次に向かってしまうのですが、昨日はゆっくりしていきました。と云っても1時間ほどでした。「次は、来年だなー!」と、帰って行きました。来年もよろしくね!

 お二人のお陰で、落ち込んでいた気持ちが、楽になりました。ありがとうございました。

 夜は、川西温泉へ。
 駐車場は車で満杯状態。こりゃー、困ったな?!残念ながら入り口では中の様子が判りません。ままよ!と入ってみると、おひとりしか入って居られない様子に、ホッとしました。
 入ると、良くお会いする地元の方でした。農業の傍ら炭焼きをされている方でしたので、炭焼きをするために、場所を探していて、山口県に田舎家を購入した友人の話などで盛り上がりました。年明けに、炭の入れ替えをするので身に来ませんかと、お誘いを受けました。

 帰り着くと、残念ながら曇りだったので流れ星は見れませんでした。今夜はどうでしょうか?

 さて、今日の作品紹介です。今日の作品は、真板雅文さんの『森のシンフォニー』と云うオブジェ作品です。
091214_0711~02

 今日のブログ作りは、どうにか上手く行きました。良かった!良かった! 
091213_0709~01
 今朝は久しぶり?の朝霧ですが、いつもの奇麗な朝霧では・・・曇り雲が降りて来たような感じです。それもそのはず、気温が6度。昨朝が10度でしたので、4度下がったのですが、今の時期にしては、暖かいです。

 朝霧が出たので今日は晴れでしょうか?せめて夜は晴れて欲しいものです。テレビニュースによると、今夜と明日の夜は、ふたご座の近くに流れ星がたくさん見えるのだそうです。流れ星っていつ見たのか?子供の頃だったと思うので50年ほど前になるようです。見えると良いな?!です。

 昨日は、滔々ブログを書けませんでした。今朝はうまくいっていますが・・・小まめに保存します。

 昨日は、半日ブログに振り回され、残りの半日も年賀状の作成で振り回されました。
 何せ、一年に一度のことなので、作成方法を忘れてしまっていました。

 また、「インターネットイクスプローラーの動作を停止します。」の言葉が出て消えてしまいました。ウ??ン???保存していた上の記事だけ残っていました。(かなり書き換えていたのですが・・・・。)

 めげずに書き続けましょう!

 昨日はお昼をお芋さんにしようと、レンジにサツマイモをセット。待つこと暫し、ウロウロして戻ってレンジを開けてみると、この有様でした。
091212_1125~02
 何と、爆発していました。卵が爆発することは知っていましたが、お芋が爆発するとは思っても居ませんでした。お味の方はまずまずでしたが・・・・・。

 で、出来あがった年賀状がこれです。
091212_1541~01
 今年の絵柄は、≪戎と大黒さま≫です。イマイチですが、今の私の技術では、これで精一杯です。

 気力がさっきの消滅で少し萎えていますので、早々に作品の紹介にします。今日の作品は、吉田稔郎さんのオブジェ『ROPE?LOOP93』です。
091206_1321~01
 ものごとは、この作品の様にグルグル回っているのでしょうね。

 昨日書こうとした記事を書きかけたら、また消えてしまいましたので、これで止めます。残念!今日は、腹を立てずに静かな一日にします。

館長のぼやき

 朝から最悪の日になりそうです。PC中々立ち上がらないし、次はブログが開かない。で、写真の取り込みで、横に撮った写真が回転しない。カリカリきながら、ブログを作っていると、突然再起動へ。ほとんど書き終えた記事が消えたかと思って落ち込んでいたら、「復元作動・・・」の記事が表示され、やったー!と喜んでクリックすると、真っ黒の画面になったまま固まってしまいました。それでも、≪待?てど 暮ら?せど? 来ぬ人を????♪≫と待ちましたが・・・・。諦めて、強制終了!一縷の望みを託し、下書きページは・・・・本文無し!どげんなっとんじゃ?!何度もどん底へ、≪涙・涙の電線音頭≫でした。

 と云う理由で、アップが遅れました。私のせいでは無いんです!東芝がボロなのか?ウインドウズに問題があるのか?プンプン!

 そうは云っても仕方ない!また初めからやり直しです。


また消えました!今日は諦めました。


091211_0835~01
 8時過ぎに帰り着き撮った由布山です。残念ながら、雨で見えません!

 6時少し前に戸畑の家を出たので、真っ暗な中を飛ばしてきました。安心院のインターを降り、仙の岩でトイレ停車。
091211_0749~01
 薄明かりに、霧に霞んだ奇岩が見えましたが、正に仙人が居そうな雰囲気を漂わせていました。
 そのすぐ下の椿?山茶花?でしょうか、満開を過ぎ、花弁を絨毯の様に散らしていました。
091211_0750~01
 椿は花弁を散らさずに花ごと散ると言いますが、山口県のお寺で<五色五弁散り椿>と云う椿を見たことがあります。一本の木に五色の花をつけ、五枚の花弁を一枚づつに散らす椿でした。まあこのお花は、時期的に山茶花だと思いますけどね。

 深見の里で、晴れ間から一瞬山越しのお日さまを拝みました。朝の光に照らし出された谷は、エルドラドって此処じゃない!と思わせられるかのように黄金色に輝いていました。ただ、その光はすぐに雲に隠されてしまいました。

 帰りつき、荷物を降ろして、館内の点検。異常無し!で、ガラス戸の水滴を拭こうとしたら・・・・・。
091211_0856~01
 ゲゲゲゲゲ・・・・・、外に付いています。と云うことは、美術館の内側の方が寒い!なんちゅう建物でしょうかね、私の足先が霜焼けだらけになるはずです。二日北九州だったので、霜焼けも治ってきたのですが、またぶり返すでしょうね。トホホホ・・・。インフルエンザの予防接種は、新型も季節性のも済ませて来たのに・・・・。
 ところで、私目糖尿のお陰で????新型インフルエンザのワクチン摂取が優先されたのでした。糖尿ってそんなに怖い病気だったと改めて自覚しました。用心せねば!まだまだ夢を果たさないとです。夢、叶えたんじゃない?否・否、叶えてしまえばそれは夢じゃなくなるので、次は世界一周です。絶対、叶えるぞー!です。

 話を戻して、朝食のトーストを食べ、ひとごこち着いて、早速ブログの準備でした。これを書き終えたら、年賀状の準備です。プリンターのインクを北九州で買って来たのでようやく取り掛かれます。

 と云うことで、今日はトットと作品紹介です。上田臥牛さんの『裸木1962』
091206_1321~02
 フォルムの追求の結果がこれだそうですが、これが日本画だとは到底思えないような作品です。今井俊満さんの作品の対極にあるように感じますが・・・・お二人とも後年、花鳥画の形態に戻られたのは何故だったのでしょうか?
 折角ブログを覗いてくださった方のために、作品の紹介だけしておきます。

 今日は、浜いさを さんと云う創作人形の作家さんの作品?です。
091206_1451~01
 この作品は、実は『白い群れ』と云う本のケース?です。本の裏表をこの様なシュール調のオブジェで挟み、アクリルケースに入れると云う凝った装丁がなされています。と云うことで、本自体は詠んだことがありません。作品集の様ですが・・・・・。

 明日朝一番で湯布院へ戻りますので、ブログ記事のアップは遅れます。よろしくお願いいたします。

由布岳の七変化

 今日は北九州です。で、この記事は予約投稿です。と云うことは以下の写真は今朝の由布岳ではありません!
 昨日の由布岳、いろんな姿を見せてくれました。
 まずは、朝、起きだして一番の写真です。(これだけは再掲です。)
091208_0658~01
 で、その後をこれから連続で載せます。
091208_0732~01

091208_0751~01

091208_0813~01

091208_0839~01

091208_0942~01

 マイナス四度?の世界で見せてくれた一時間半ほどの間の変化です。順番は間違っていません!
 霧に隠れていた由布岳が、日の出を合図にお姿を現し、間をおかずに、再び朝霧に隠れ、次は少しづつ少しづつハッキリと見えて来た様子でした。どうですか?

 でも、寒かった!

 その様子です。
091208_0800~01
 水道の鼻水も凍っています。

 バケツの水は、もちろんです!
091208_0800~02

 残念ながら霧氷までは行きませんが、ホワイトボールの様でした。
091208_0801~01

 と云うことで、今日と明日は、休館日です。

館長のつぶやき

 今朝の気温は???です。
 毎朝、エアコンで調べているのですが、起きてすぐ見たときはマイナス1度でした。昨夜、寝る前に見たときマイナス2度だったので、エ???ッ、そんなもんかな?と思ったのです。が、御山の写真を撮った後、どうも変!と、調べなおすと、何とマイナス10度でした。ゲ????ッ、そんな!更にもう一度調べるとマイナス11度!何じゃこりゃーでした。
 今までの経験から、マイナス3度を下回ると水道が凍っているので、マイナス10度は無いな?。でも、マイナス1度も無いな?。と云うことで、今朝の温度は???となった訳です。
 今、8時40分では、マイナス4度です。これ位なら正解でしょう!そう、今朝の気温はマイナス4度です。

 決着がついたところで、御山の写真です。
091208_0658~01
 朝霧に霞む姿、良いでしょう!
 片や盆地は霜で真っ白です。
091208_0659~01
 朝霧の白と朝霜の白のコラボレーションでした。

 昨日も午前中、喫茶展示室でお店番。と、チョッと留守をして、【受け月】で開催中の≪アートバスケット展≫を見に行ってきました。入り口で芸術家=ウエイトレスさんに見つからないように、そ???ッと二階の展示室へあがらせていただきました。23人の作家さんによる、さまざまな技法や表現による作品が、スッキリした形で展示されていました。とても見ごたえのあるものでした。ただ、少し辛口で言わせてもらえば、スッキリし過ぎている!でした。それぞれがおひとりでも個展をされる実力のある方たちと思われるのですが、競合しないのはいかがなものでしょうか。それにWORKSと題された作品が多かったのにも????でした。WORKSとしてしまえば単なるセンスの良い飾りものになってしまうのでは?芸術作品として成立するには制作に対する作者の明確な意図が必要だと思いますが、どうでしょう?『漂流物』と題された作品の様に、逆に作家さんが手を加えなくても、意図を持って作品として展示すればそれは芸術だと思います。
 いづれにしても素晴らしい展示会でした。

 で、帰って来ると、お客様が来られたような気配が・・・・・わが美術館、そう云うことはすぐに判るのです。が、私目が居なかったので帰ってしまわれたようでした。残念!

 お昼からは、夜のアート委員会の準備でした。

 陽が落ちて来ると、朝干しておいた白菜を取り込んで、漬物へ。
091207_1238~02
 今度は美味く行きますように!

 夕方、会議の準備&夕食の準備をしながら、ウーーーン、おかずは会議の後にダイエーで買ってこよう!にしました。

 で、会議に出席。新年早々の自主企画展へ向けての詰めの話でした。
 九つの美術関連施設から作品などを持ち寄っての自主企画展です。とても見ごたえのあるものになりそうでした。この展示会を見れば、湯布院の美術施設のことが良く判るし、きっかけとして、もっと訪れていただきたいものです。わが美術館は当然バイロス蔵書票の展示です。

 8時少し過ぎで終了、早速ダイエーへGO!と車に乗り込むと、フロントガラスに夜露がびっしり。で、ワイパーを作動。さあ大変!一瞬にして水滴が凍ってしまい、視界0へ。拭くものが無いので手でゴシゴシ、どうにかダイエーへ。お惣菜類はほとんど半額でした。ラッキー!

 帰りついて、ホッと一息の一日でした。

<おまけ>
091207_1238~01
 MG2です。まだ元気?です。

≪お知らせ≫
 明日と明後日は休館日です。北九州なので、ブログは???です。


091207_0659~02
 寒?????むい朝です。何と・何と、マイナス2度、今季初の氷点下です。御山もキーーーーンとした空気の中に固まってしまったようです。
 冴えきって、目の前にクッキリと見える盆地も、霜で覆われてしまいました。
091207_0659~01
 庭も、白いレースの布を被せたようです。
091207_0705~01
 この写真を撮るために外に出ようとしたらガラス戸のレールが凍っていたようで、開け辛かったです。

 最初のお山の写真では判りづらいですが、山頂には雪があります。昨日の日中の方が判り易かったので、お見せしましょう!
091206_1448~01
 山頂に懸っていた雲が取れた時に撮っていたものです。

 昨日は、気温が日中も上がらなかったせいで、テントウムシさんも我が家へ避難してきていました。一昨日の夜は天井にいたのですが、こんな所に・・・・!
091206_0834~01
 別な場所へ移動頂きましたが、夕方には・・・・。
091206_1844~01
 今度は、こんな所に居ました。部屋の中をウロウロしているようです。

 さて昨日、喫茶展示室でお客待ちをしていると、下の畑でブワー????ッと音がし始めました。スワ何事?と見ると、ご主人が送風機で畑一杯に散っていた落ち葉を吹き集めていました。で、アッと云う間にこんなになってしまいました。
091206_1320~01
 送風機、恐るべし!でした。集められた葉っぱは、軽トラック一杯にもなっていました。
 
 お昼近くになり、さて駅前にラーメンでも食べに行こうかな?と準備している処へ電話が・・・・「今、何処?」「何処って、美術館だよ!」「俺も!」何じゃ!とドアを開けると目の前に、門司港の友人が笑って立っていました。
「ありゃ?、来たの!大丈夫?」「昨日今日と塚原温泉に入ってきた。」でした。抗がん剤の副作用で、痛痒い湿疹が全身に出来てしまったそうで、皮膚病に良い塚原に来たそうでした。早速、コーシーを淹れながら、暫しの歓談でした。湿疹以外は元気そうで、本当に病気か?と云う位でした。「気力が萎えないようにしないとネ?。」「気持ちで負けないように!」と気持ちを奮い立たせて居ました。コーヒーを飲んだ後、少し館内を見て、蕎麦を食べてから帰ると館を後にしました。また、年内に来れたら・・来れなかったら来年すぐに、また来ると云ってくれました。待ってるよー!

 お昼を済ませ、ボ??????ッとしている処へまた電話が、「今日、居る?」「居るけど・・・」「じゃ?、今塚原だから行くよ!」でした。また、塚原でした。今度は酒飲み友達の来訪でした。早速、暖房を入れ待つこと暫し。
 「久しぶりだねー!」と、奥さんとお嬢さんの3人ご家族で来てくれました。早速、館内を見てもらっている間に、コーシーの準備。檻に入った河童等を見て呆れていました。
 一人娘のお嬢さんも大学を卒業され、働かれているとのこと、一安心のご様子でした。
 
 そんな話をしていると、下の畑のご主人がガラス戸の外に。お野菜を持って来てくださったのでした。
091206_1541~01
 立派な大根と大きな白菜でした。ありがとうございました。

 小一時間ほど話した後、年末の呑み会の約束をして、福岡へお嬢さんを送って行くと帰って行きました。年末ね!

 友人たちのお陰で楽しい一日になりました。

 さて、今日の作品紹介です。田中稔之さんの水彩画『円の光景』(ウイグル)です。
091206_1322~01
 絵に描かれていて動くはずが無いのですが、円がくるくる動き回っているようで、楽しい絵です。

 では、今日も元気に開館とまいりましょう!

<余談>
 昨夜のNHKの夜のドキュメント作品、素晴らしい見ごたえのある番組でした。真珠湾攻撃で【軍神】と奉られた人間魚雷の真実を探るものでした。ご覧になられた方も多かったと思いますが、≪戦争≫・・・・・改めて考えさせられるものがありました。
091206_0656~01
 気温3度ですが、このお天気と風のせいで寒い朝を迎えています。ご覧の様にお山には重苦しい雲が懸っています。

 点けているテレビから伝えられてくる巷の様子も、同じように鈍よりと曇っているようです。

 さて、ブログに書きましたが、昨日は、セッセセッセとブログのネタ探しでした。でも、でも、そう簡単には見つかりません。で、苦し紛れに見つけたネタがこれです。
091205_0856~02
 お菓子屋のご主人に頂いた山茶花です。切り花で飾っていますが、まるで薔薇の様に大輪のお花を咲かせてくれています。奇麗でしょ!

 次に見つけたのがこれ。
091205_0902~01
 お庭のツツジです。地味に真っ黄・黄になっています。ツツジもこんな風に黄葉するんですね。その黄葉の真ん中には春を待つ新芽がしっかり付いていました。

 以上二つを、どうにか見つけたので、一安心しました。で後は、昨日の作業の続きに励みました。お陰で、本箱の古い芸術新潮がご覧の様に付箋だらけになってしまいました。
091205_1347~01

 この中の付箋の記事からとっても興味を引かれたお二人の作家さんを紹介しましょう。
 ひとりめは、浜田浜雄さんと云う画家さんです。
091205_1350~01
 <忘却のシュルレアリスト>と題された記事でした。戦争で創作の場を失った作家さんだそうですが、掲載された作品、良いですね。
 もう一人は、山崎省三と云う画家さんです。
091205_1357~01
 <二流にとどまるか>と題された記事でした。掲載されていたデッサンを見る限り、二流じゃないですね。
 このお二方の作品もいつか是非見てみたいです。

 夜は、駅ホールでアートフォーラム【足利桂子氏、金村孝之氏を迎えて】でした。
 今回の二人展の作家さん、お二人を囲んでの楽しい会でした。
091205_1949~01
 お仲間の二作家さんも含めての芸術論は、かなり難しい内容でした。お酒も少し?出たのですが、面白い会話が続き、一〇時近くまで話しこんでしまいました。楽しい会をありがとうございました。

 さて、作品紹介です。赤瀬川原平さんの『猫』です。
091205_0857~01
 作品?うーーーん、さあどうでしょうかね?まあ、猫の絵です。

<おまけ>
091205_0855~01
 飼い主に似ると言いますが、我が家のカメ太のアホな姿です。レタスしか食べない亀ですが、何もこんな恰好で食べなくてもね?!何たって亀なんですからね。
091205_0651~01
 ウ????ン、コメントのしようが無い景色ですねー。お山のお姿は見えているのですが、朝霧も無いし、そんなに良い天気でも無い・・・・。せめて、お山に白く雪でも降って居れば・・ですね。
 ご覧の様に、おばあちゃんの畑には薄っすらと霜が降りていますのにです。
091205_0652~01
 お天気は晴れ、気温は3度です。それほど寒くありません。

 さて、昨日はお店番をしながら、一日中嘗ての芸術新潮の再点検でした。
 実は、金子光晴さんについて調べているうちに、他の記事に興味が湧き、付箋を付け始めたら止まらなくなったのです。で、今日はブログの写真がありません。すみませんです。
 エ?とかオッとと云う記事をたくさん見つけました。その内に、作品紹介の中で引用させてもらうことにします。

 と云うことで、作品紹介です。今井俊満さんの『作品』です。
090529_1135~01
 正に抽象そのものです。

 何と!何と!今日はこれでお仕舞いです。やる気無いなー?ってそんなことは無いのです!やる気があり過ぎて、写真を撮れなかったんです。今日は、ネタ探し、頑張ります!
091204_0658~01
 今朝のお山は、ご覧のとおり半分だけです。お天気は晴れなんだそうですが、残念無念でした。気温も7度と高い様です。去年の今頃は、寒さはどうだったかな??です。なんとなく、暖かい気がしてるんですが・・・・。

 昨朝、ゴミ出しをした後、神社前を少し掃除。で、朝食を済ませた後、お隣の奥さんに頂いたお花もとうとう終わったようなので、抜き取って、カヤツリグサを移植。
091203_1422~01
 これで、玄関アプローチが春にはグリーンベルトになるはず?です。さて、結果が楽しみです。

 と、入口の防火用水池で何かやっているようでした。近づくと、区長さんとご近所の方がお二人で看板を着けていらっしゃいました。で、早速お手伝い。部品が足らず、一時中断し、完了したのは昼からの作業になりました。
091203_1420~01
 これで、写真を撮って、申請しないといけないのだそうです???これってお役所の仕事だと思うのですが・・・?
元役人の私目から見ると?????です。区長さん、ご苦労様でした。

 後は、お店番の一日でした。時折、物凄い風(由布山おろしでしょうか?川西の方から由布山に向かって吹いているのですが・・・。)が吹き、銀杏の葉の積もったおばあちゃんの畑に、今度はサクラや栗の葉を降らせていました。おばあちゃんが先日片づけたばかりだったのですが・・・。このお手伝いもしたいのですが、畑を荒らすようなので・・・。

 此処で大失敗をお披露しましょう!
 長女のお土産の三瀬鳥を使って夕食を作っていての失敗です。
091203_1838~01
 既に味が付いているお肉ですが、野菜と一緒に炒めようと、胡椒を振ったのですが・・・・一便全部がドバ???ッと罹ってしまいました。何とか取ろうとしましたが、無理。ウ???ン、まあ良いか!折角の娘のお土産だし・・・。
 で、食ってみましたが・・・・・・ギャー!それでも、我慢して半分食べました。で、気がつきました!洗って落としてから炒めれば何でも無かったんだ!しっかり、あとの祭りでした。(教訓;失敗したら、まず一息ついてから料理する!)

 さて、作品紹介です。今日は、荒木経惟さんの写真『近景』にしました。
071213_1849~01.jpg

 何度見ても、良い写真です。やっぱり彼は、【天才アラーキー】です。

<おまけ>
 昨夜もお月さまが奇麗でした。
091203_1834~02

091203_1834~01
 何で?また月か。良???く、見て下さい。由布岳の稜線に出て来たお月さまですよ!
091203_0739~01
 ご覧の様に曇り空です。景色もパッとしません。

 と云うことで、昨日のパッとした景色をお見せします。
 まずは御山です。
091202_1016~01
 どうだこれでもかと言わんばかりのお姿でした。
 青空も・・・・・。
091202_1014~01
 と云って青空だけでは何んですので、完全に葉を落とした銀杏の木を添えてみました。これが冬空でしょうかね?
 冬空ってイメージは、今朝の様に鈍よりと曇ったお空と冷たい空気なんでしょうが・・・ところが、これがまた暖かい!何と8度も有りました。まあ、寒いより良いのですがね。

 さて、昨日も午前中は、ブログのネタ探しでした。
 で、見つけたのがこれです。
091202_1018~01
 何と云う名前の草かは?ですが、小さなお花が、まだ咲いていました。

 次に見つけたのが、これです。
091202_1023~01
 タンポポの冬芽に溜まった朝露です。大きなクリスタルの様な水玉を葉っぱ全体を使って集めていました。

 で、こんなものも見つけました。
091202_1030~01
 側溝の傍にポッカリ空いた穴。モグラ君が此処から顔を出したんでしょう。
 覗いてみると、これが結構深い様で・・・中が真っ暗です。
091202_1030~02
 小型カメラでもあれば、覗いて見れるのでしょうが、まあそこまでしてもね?。せいぜい、モグラ君の真っ黒なお尻が見えるくらいでしょう。

 最後は、キノコの子の行列です。
091202_1013~01
 この前の写真の時よりは少し大きくなったかな??

 お昼からは、アート委員会の取材が入っていましたので、ソワソワ待っていると、お客様でした。
 マタマタマタ、夢二山荘のN女史が若いお嬢さんお二人をご案内して来てくださいました。ありがとうございました。
 コーシーの準備を済ませ、早速説明(自慢話)の開始!と、そこに取材陣到着!でした。(取材陣と云っても、顔見知りの3人ですけどね。)
 と云うことで、ダブってしまいてんてこ舞いになってしまいました。
 取りあえず、お客様の方を先にお相手をしました。あまり絵には詳しくないようでしたが、作者のことや絵画運動についての説明を熱心に聞いてくださいました。書の方は、池田満寿夫・北原白秋・緒方拳等の作者の名前を言うとビックリして、改めて覗きこんでいました。
 その間、アート委員の方には、勝手にご覧になっていただき、丁度喫茶展示室に来られたので、同時にコーシーをお出ししました。その後は、今度は取材協力でした。美術との出会いや美術館の由来等々の質問に答える形で、楽しくお話ししました。お客様の方は、他へ観光へ向かわれ、取材も終えるともう4時でした。夕食のカレーを作り終えると5時、いつもの様に水戸黄門を見て、川西温泉へ。

 石松温泉、思いすごしかも知れませんが、駐車場の件でどうもご迷惑をお掛けしたようなので、春になって歩いていけるようになるまでは、川西温泉に通うことにしました。(いつも駐車していたお便所の前は、消火栓の近くだったので、苦情が出てしまった?ようでした。もしかそうでしたら、済みませんでした!反省。)

 で、見上げると奇麗なお月さまでした。
091202_1800~01
 ズームアップにしてみました。
091202_1843~02
 最後は、美術館の玄関との組み合わせです。
091202_1844~01
 後で判ったことですが、昨夜は旧暦の10月16日ですが、月齢で満月だったようです。

 中へ入った途端に、いとこKチャンから電話。小倉の井筒屋さんで別な従姉が個展を開催しているとのことでした。このブログをご覧の方で、井筒屋さんへの買い物のついでにギャラリーを是非覗いてください。可愛いお地蔵さんに巡り合えますので・・・お願いします。

 で、Kちゃんとの長話の最後に、一句ご披露でした。
  <音も無く 欠礼届く 師走入り>
 年賀状だけのやり取りになっていた友や知人から、いつ届けられたのか気がつかないうちに郵便受けに入っていた賀状辞退のハガキを詠んでみました。(音は、郵便受けの音と友の訪れを掛けてみました。)

 さて、今日の作品紹介は、天野裕夫さんの彫刻『一本足的世界』です。
091126_1350~01
 この作品で、作者は一体何を表現したのか???難しいな?!
091202_0657~01
 今朝の気温は3度、お天気は晴れ⇒朝霧という方程式が成り立つかどうかは??ですが、ご覧の様に非常に濃い朝霧の朝を迎えています。なーーーんにも見えません!

 で、昨日の霧の晴れて行く素晴らしい御写真の登場です。
091201_0844~01
 盆地も素晴らしい景色でした。
091201_0845~01
 こう云う景色が、霧が晴れて行くときに必ず見られると云う訳ではありません。中々見れないと云うのが、残念ながら本当のところです。

 さて、我が畑のお野菜さんですが、順調?に育っています・・かな。
091201_0846~01
 キャベツ=大きくなってきましたが、葉が巻きません。ラディッシュも????枯れてはいないようです。
091201_0846~02
 サニーレタスは食べごろになってきました。ネギは・・・・・・・なんじゃこりゃ??です。

 やっぱり、野菜は買って来た方が良い様です!

 ところで話は変わりますが、このところお芋さんに魅せられています。小腹が空いた時に、レンジで焼いて食べていますが、これが美味い!次女が大好きなものですが、東京でも食べているやら?先日聞いた話だと、掘りたてのものより2・3ヶ月放置してから食べた方が美味しいそうです。そう云えば、干し芋にすると甘くなるので、そのせいでしょうか?
 で、昨日も作りました。
091201_1132~01
 美味しそうでしょう!でも、大失敗しました。
091201_1132~02
 IHのレンジなんですが、水の引き方が少なかったようで、お皿がまっ黒けになってしまいました。で、教訓:お皿には水をたっぷりと!です。
 来年は、お芋さん作りに精を出しましょうかね!

 さて、作品の紹介です。今日の作品は、林 範親さんの木彫作品『路地』です。
091201_1512~01
 足洗い場とバケツです。昔はよく見かけましたが、今では・・・・・。で、この作品は木です。とても根気が居る仕事だと思います。木の塊から掘り出した作品です。出来あがった作品より創っている作者の姿こそ、芸術活動?だったと思います。

 さて、今日は駅ホールの企画展のための取材があります。掃除でもしておきましょうかね。
091201_0650~01
 地を這う朝霧にスックと聳える御姿は、素晴らしいですね! 
 今朝は2度、放射冷却現象のお天気のせいでしょう。お天気は、見る限り晴れの様です。昨夜の天気予報では曇りと言っていたと思うのですが・・・・?まあ、良いか!

 さて、ご心配をおかけしています腰痛ですが、寝る前に体中にサロンパスを張っていたので、少し楽になりました。鎮痛剤なので、根本的な解消になるのか??ですけど・・・・。

 今日から12月、師走です。いよいよ今年も押し迫って来ました。と云うことで、美術館も、ホンの少しだけクリスマスです。
091201_0656~01
 これで、デコレーションはお仕舞いです。後は、もう少ししたら館内のメロディーもクリスマスソングにします。

 北九州のカミさんも学期末の準備で大忙しの様ですが、PCが壊れてしまって困っているようです。ノートパソコンは持ち運べるが売りですが、実際はあまり持ち歩くとハードディスクが衝撃で痛み、壊れてしまうようです。で、買い替えが・・・お金が出て行く・・・・・です。給料やボーナスが下がっているので、大変です。結果は当然、私目に跳ね返ってきたわけですが・・・。まあ、良いか!ケセラ?セラ?♪

 ところでこの頃、遺憾!感動が少なくなってきました。結果、ブログネタが見つからない!
 【感動】の気持ちを忘れないことが、気力の根源!なんですがね。気持ちに余裕がなくなっているのでしょうか?反省です。
 で、見つけたものが、これ!
091130_1100~01
 植木鉢の青々と生えた苔に・・・・・・何?
 小さな兵隊さんの行列の様にキノコの子が、生えていました。どうです、可愛いでしょう!良??く見ると、まだまだ【感動】は身近にあるようです。

 昨日は、15時から豊和銀行湯布院支店のロビーに展示させていただいていました作品の撤収でした。で、持ち帰った荷物がこれです。
091130_1528~01001
 <河童と沼の仲間達展>だったので、焼き物がほとんどでした。割れものなので、片づけはすべて自分でしなければなりませんでした。私の腰痛、歩くと尾骶骨が物凄く痛いのです。それほど重くは無いのですが、車までの往復が大変でした。何とか無事に持ち帰り、収納しました。
 豊和銀行さんには、10月の<バイロス蔵書票展>、11月の<河童と沼の仲間達展>と2ヶ月間御世話になりました。ありがとうございました。また、機会があればよろしくお願いいたします。

 と云うことで、今日の作品紹介へ移りましょう。今日の作品は、吉田稔郎さんの『ROPE?LOOP216』です。
091201_0655~02
 鮮やかなブルーの下地に、松の皮とロープを貼りつけています。推測ですが、この松の皮とロープは、おそらく吉田さんのご自宅の近くの海岸で拾われたものではないでしょうか?そして青は、その海を現している?のではないかと思います。もう少しメッセージ性の高いもののようにも思えます。残念ながら、未だそのメッセージを読み取るに至っていませんので、今日は此処までです。

 さて、月替わりしましたので銀行に行ってきましょうかね。 

Powered by FC2 Blog