プロフィール

ヒゲ館長

Author:ヒゲ館長
◆書いてる人: ヒゲ館長

◆美術館の名前:
 花合野(かごの)美術館
<湯布院バイロス美術館>

◆開館日:不定
 (することが無い閑な日)

◆開館時間: ??
 (気が向いた時間だけ)
   
◆入場料:500円
(中学生以下無料)
※館長が気が向くと由布院で二番目に不味いコーシーが飲めます!

  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


091130_0700~01
 ご覧の様に、雨模様の朝です。まだ、雨粒は落ちていませんが、お天気は下り坂??のようです。
 気温も7度ととても温かい朝です。ゴミ出しでしたが、セーターだけで良かったほどです。

 さて昨日は、ブログに熱中していて、公民館祭りに気がついたのは、9時過ぎでした。いつもは準備のお手伝いに馳せ参じているのですが、昨日は遅れてしまいました。で、祭りの始まる前に顔を出しました。「オー、遅かったなー!忘れとったんじゃろ??」「ハイ、忘れていました!」でした。
 一応10時に、公民館長のご挨拶から始まりましたが????実際は、とっくに始まっていました。
 それでも、ヤマメの塩焼きや焼きそば、餅つき等のイベントを始めました。
091129_1027~01
 子供たち用に準備された竹馬作りは、子供たちが少ないので、ほとんど大人が作っていました。
 私目はすることが無いので、世間話に熱中!と、変なことが始まりましたので、そちらへ参加。
091129_1037~02
 何だと思いますか?良??く、ご覧になってください!何と、蜂の子です。スズメバチの巣から幼虫を引っ張り出しています。夏に採っておいたスズメバチの巣を、冷凍していたのだそうです。生でも食べられるとのことなので2・3匹試食させていただきました。食感は、クリーミーでした。お味は??甘くも辛くもありませんでしたが、何せ見かけが・・・・・中には完全に蜂の姿のものも有りました。全部、巣から引っ張り出した後は、塩で味付けし鉄板で炒めました。こちらも5・6匹試食させていただきましたが・・・・・生の方が美味しい?かったです。で、既に成虫になったものも試食、これの方が歯ごたえがあり美味い様な?但し、喉の奥に脚や羽が引っ掛かるような感じも残りました。
 そうしていると、「餅つき最後で?す!」との声が、で今度はそちらへ参加。腰痛でしたので、ホンの少しだけお手伝いをさせていただきました。
 お昼前にバザーが始まりました。
091129_1027~02
 で、色々買ってきました。
091129_1248~01
 おモチと巨大なサツマイモ、白ネギ・トマト&おこわ弁当です。
 と云うことで、今朝はこのお餅で、今季初のお雑煮でした。

 お昼前から、ヤマメの塩焼きとシカ肉などでビールを頂いていましたが、お昼からは公民館の中でのお酒と芸能発表でした。
091129_1235~02
 詩吟です。
091129_1235~01
 チョッとカンニングもご愛嬌でした。
 日本舞踊もありました。
091129_1230~01
 女性3人の詩吟も・・・・。
091129_1222~01
 途中で歌詞を忘れた様で、やり直しでした。
 最後は、ビンゴゲームで盛り上がりました。

 宴の終わり近くになって、呼び声が・・・・・美術館へ来られたお客様が、入館料のお支払いのためにワザワザ来てくださっていました。「コーシーでも・・・・。」「時間が無いので・・・・。」「でしたら、料金はいいですが・・・。」「イエイエ、見させていただきましたから・・。」でした。ありがとうございました。懲りずにまた来ていただきたいものです。

 みんなで片づけた後、先日ご招待を受けた写真家のOさんにお声を掛け、わが美術館へご招待。6時ころまで酒漬けになってしまいました。
 まあ、一日アルコール漬けの楽しい一日でした。

 さて、作品紹介です。昨日のブログで紹介するはずだった西村 亨さんの『EMMA』と云う立体作品です。
091129_0658~01
 今年の1月に、芸術新聞社という出版社から発行されたアートトップの≪いま、立体作家が面白い≫に特集された期待の彫刻家のおひとりです。
091129_0724~01
 この作品は、ヤフオクでとても安く手に入れました。スタイロホームと云う非常に軽い素材で作られており、外国に行かれた経験は無いそうですが、何故か作品は外人さんです。
 どうも、片手間?に、戦闘機などのフィギュアの絵付け(塗装)をされているのでしょうか?一緒に出品されていましたので・・・・。
 今では、もうあんな金額では到底手に入らないでしょう!これからの飛躍が期待されます。

 さて、今日は15時から豊和銀行湯布院支店に展示させていただいている作品を撤収しなければなりません。腰を痛めていますので大変ですが、これが最後の力作業です。頑張ってきましょう!
スポンサーサイト

館長のつぶやき

091129_0654~01
 今朝は、霧と云うより雲でしょうか。低く降りてきた薄い雲が御山に懸っています。
 お天気は曇り、気温は6度ですが、風が無いせいで、暖かい朝です。温泉の湯煙と焚火の煙が真上に立ち昇っています。
 もう一枚、盆地のアップです。
091129_0656~01
 判りますでしょうか?田んぼの上に、薄く朝霧が生まれています。もう少し気温が低ければ、この霧が大きく育ち、盆地を覆っていたのでしょうが・・・・。

 更に、もう一枚です。
091128_0745~01
 昨日の朝霧が晴れる一瞬の盆地の様子です。御山の方は、残念ながら昨日のブログに載せた様な御姿は見れませんでした。

 さて、昨日は珍しく3組もお客様が在りましたので、忙しくて写真が撮れませんでした。いつもこう書けると良いのですがね。
 開館の準備を済ませ、雑用をし、フト外を見ると、駐車場に車が入って来ていました。????どなたかな??でした。午前中の早い時間にお客様が来られることがあまり無いので、<お客様>と云う発想になりません。貧乏性なんです。
 男性が入ってこられ、「よろしいですか?」「どうぞどうぞ!」でようやくお客様だと認識した様な有様です。
 「駅ホールの方に聞いて来ました。水彩画の作品を見たいのですが、お願いすれば、出して来て見せて下さるのではと聞いてきましたのですが・・・。」とのことでした。 三日前に来てくださっていれば、デッサンと水彩画の展示でしたので・・・・残念!でも、もちろんです!と云うことで、取りあえず会場を一巡いただき、その間にコーシーの準備とお見せする水彩画作品を5・6点チョイスしてお出ししてきました。やはり水彩画に気持ちが行っているようで、すぐに喫茶展示室へ戻ってこられました。 
 で、安野光雅・平野遼・神路祇隆さんなどの作品をお見せしました。
 ご自分で絵を描かれておられ参考にとのことで、特に神路祇さんの作品タッチが気に入られたようでした。お見せした裸婦作品では無く、風景画・・とのことでしたので、ドルドーニュ美術館を紹介させていただきました。
 帰られる前に、最後にもう一枚と、平野遼の屏風『薪能』をご覧いただきました。「また、水彩画の時に寄らせてもらいます。」との言葉を残されて帰られました。

 お昼過ぎに、電話が懸りました。「北九州の○○ですが、判りますか?」「もちろんです!」カミさんの同級生の奥様からの電話でした。「今日、行きたいのですが、いらっしゃいますか?」「もちろんです!」「3時にこっちを出るので・・・・。」「何時になっても構いませんよ!」「では8人でお伺いします!」に、ビックリ!8人なんて久しぶりだな?でした。


 時間の過ぎるのが待ち遠しく待っていると。今度は宇佐のAさんご夫妻が、「展示が変わったとブログで見てきました!」と来てくださいました。
 Aさんご夫婦が来られるときは何故かお客様がダブります。まるで福の神か?招き猫?さんの様です。
 館内を一巡。もう何度も来られているので、すでに見ておられる作品ばかりと思っていましたが、初めてご覧になった作品があり意外でした。いつも感心して見ていただけるので、とってもありがたいです。(これが福を呼んでくださっているのかも?)
 で、コーシーを飲んでいただきながらの歓談でした。この頃、奥様の方は焼き物に、ご主人は氷カップに興味を持たれているとのことでした。わが美術館、残念ながらそっち方面のコレクションは無いので、お話を楽しく伺うだけでした。お二人と話していると時間を忘れてしまいます。
 と、外でお客様の音が聞こえました。それを、聞かれてお二人は帰られました。今度は、呑みに来てくださいね!

 で、8名の団体様のご到着でした。スリッパをお出しするのを忘れており、大慌てになりました。別府泊まりで旅館へのチェックインが7時とのこと、時間も無いので、いきなり館内をご案内でした。
 現代美術は、中々判りずらいし、説明のしようもないので、サラリと流させていただき、書の方は面白おかしく説明させてもらいました。旅館での宴会が在るでしょうからコーシーのサービスはパスさせていただき、小一時間ほどで慌ただしく旅館へ向かわれました。ありがとうございました。

 毎日、これ位忙しいとな?!でした。

 オッと、今日は10時から公民館祭りでした。作品紹介まで辿り着きませんでした。さて、顔を出しておきましょう!
091128_0717~01
 今朝も、霧です。でも、幾分薄い様です。トタン屋根に落ちる滴の音もしていません。気温が7度もあるせいかもしれません?暖かい朝になりました。

 お天気は、曇りで晴れ間も見えるでしょうと予報は言っていますが、既に晴れ間は、西の空に少し見えています。

 御山の姿を照会できませんでしたので、昨日見せてくれた一瞬の素晴らしい御姿をお見せしましょう!
091127_0905~01

091127_0904~01
 濃い朝霧が晴れて行く一瞬に見せてくれる幻想的な姿です。

 昨日は、闘病中の門司港の友人が、いつもの様に別府に来るついでに立ち寄るかも?と言っていたので、一応暖房を入れ、朝から待っていました。抗がん剤の副作用もあり、無理をしないように!と伝えていたので、来られませんでした。
 その代わりと云う訳では無いのですが、偶然、門司港の別の友人が3人で来てくださいました。民生委員の研修で温水園を訪問した帰りの自由時間を利用しての来館でした。
 「15年ぶりですねー!」と言われて計算すると、確かに!でした。でも、お顔を拝見すると一瞬で、15年遡って、楽しくお話が出来ました。バスの時間もあるので、1時間ほどでした。もっとたくさん積もる話があったのですが、残念でした。集合場所まで送らせてもらいました。是非、また来てください!

 三人を送った後、美術館へ戻り後片付けを終えると、玄関で足音が・・・・・・。
091127_1507~01
 お客様は、お隣の銀杏の落ち葉でした。風にカサカサと寂しい音を立てていました。

   <カサカサと 落ち葉に追われ 友は去る>

 夕方は、駅ホールの作品の入れ替え作業でした。昨日までの板井文雄さんのインスタレーション作品展は私の担当でしたので、早めに閉館し駆けつけました。こちらの片づけはアッと云う間に済んでしまいました。
 で、今日からの作品展の飾り付けでした。
 と云うことで、<ひげ館長のあーと情報>です。
 今回の展示会は、『足利桂子・金村孝之二人展』です。会期は、12月25日までです。お二人を囲んでのアートフォーラムは、12月5日(土)19:00?です。いずれも、入場無料です。
 で、展示を終えた会場の様子です。
091127_1757~01

091127_1757~02

 足利桂子さんの壁面を覆う巨大なアート、抽象とも具象とつかない心象風景でしょうか?湯布院の風と空気を感じさせる絵と見ようによっては気味悪さを感じさせる金村孝之さんの愁いを帯びた女性像のコラボレーションが駅ホールを埋め尽くしました。
 お二人とも数々の受賞歴を持つ実力のある作家さんです。是非、お立ちよりいただきますようにお願いいたします。

 今日は、<ひげ館長のあーと情報>を載せましたので、作品紹介は無しです。

 金村さんの作品、それほど重くは無いのですが、また腰が・・・・・・・痛てーーーーーーーー!
091127_0657~01
 ご覧の様に、今朝も濃い朝霧です。またまた、昨朝より濃くなっています。下の畑の小屋のトタン屋根の滴の音も雨音の様に、ひっきりなしです。

 霧のため判りませんが、暖かい晴れになるそうです。と云っても今朝は、4度でした。

 今日は、全国的にも霧が発生している様で、湿度が高く、70%もあるとテレビで言っていました。これだけ湿度が高いと、急激に発生件数が増えた新型インフルエンザも、ウイルスは湿気に弱いとのことなので、少し収まるのでは???これは希望ですけどね。

 ところで、その新型インフルエンザ、滔々カミさんの担当学級も学級閉鎖になったそうです。カミさんの小学校は今まで、学級閉鎖が無いと頑張っていたので、一号になったと嘆いていました。
 おまけに、東京の娘から、「とうちゃん、新型に罹っちゃったよ?!」と風邪声で連絡がありました。ついに我が家にも出たか!でした。まあ、わが家族は5人が全部ひとり暮しなんで家族内感染は在りません!特に、私なんか完全に外部と遮断され、おまけに濃い湿度の真っ只中ですからね。

 で、兎に角(ウン?[とにかく]ってウサギにツノって書くのですね?!)&一応、冬の企画展【現代美術×書展】の準備、完了しました。福山のOさんからお借かりしていた村田茂樹先生のはがき絵等も、無事にご返送手続きを済ませました。ホッと一安心です。ありがとうございました。

 と云うことで、展示の終った会場をホンの少しお見せしましょう!

 順番にと云うことで、まずは玄関です。
091126_1341~01
 今回は、いきなり【現代美術】から始めます。
 写っていませんが、チョッと一工夫の展示が在ります!

 次は、ロビー展示室です。此処も【現代美術】作品の展示です。
091126_1342~01

091126_1342~02
 廊下にも、もちろん展示があります。

 続いて、喫茶展示室です。
091126_1343~01
 鑑定団へ出演しそこなったA・ウォホールの作品は此処で見ていただくことに・・・また、これで一法螺吹けます!
 
 和室展示室?&?は、【書】です。
091126_1344~01

091126_1345~01
 両展示室とも、仏像も展示しています。出来ましたら、お線香をあげて、夢でもお願いでも語って下さい。

 図書展示室も一応【書】?ですが・・・・まあ、見てみてください。 
091126_1344~02

 バイロス常設展示室は、創作画集【ダンテの神曲】から8点と、挿絵原画2点です。
091126_1343~03
 創作画集【ダンテの神曲】は、1100部発行された本ですが、戦争を経て一体何部残されているのやら?でも、素晴らしい印刷技術で、到底90年前のものとは思えません。

 全体的には、結構良い展示になったとは思うのですが・・・・・如何せん自己満足の世界ですから、お客様には?????です。

 さて、お客様が一杯来てくださることを、仏様にお祈りしてきましょうかね!

館長のぼやき

091126_0636~01
 今朝も、昨日と同じ・・・否、もっと濃い朝霧で、御山は全く見えません。
 盆地も同様です。
091126_0637~01
 お隣のお宅も霞んでいます。
 湿度の高い霧で、写真を撮るために外に出ると、下の畑の小屋のトタンの屋根に、雨音の様な音を立てて滴が落ちていました。

 お天気は晴れと予報は言っていましたが?????全く判りません。

 今朝は、イラついています。ブログを作ろうとPCを立ち上げ、写真を取り込もうとすると、横に撮った写真が回転しません。で、別の操作で修正しょうとしたら、プログラム更新のために再起動してくださいが何度も出ます。仕方ないので、ブログ作成を中断していました。

 まあ、2・3日前からイラつきはあったのですがね。そもそもはお昼にうどんを作ろうとして、丼茶碗を割ってしまったことから始まったのだったかな?
 そのあと、腰を痛めて、展示替えの作業に取り掛かり、腰が痛くなったのと、夜のアート委員会への出席で焦っていたので、ガラスを割ってしまいました。
091125_1655~01
 あーーーーーあ、です。ガラスの内側に曇りを見つけたので、一生懸命磨いていて、ガチャン!でした。次はアクリル板を入れます。

 で、今日も展示作品の入れ替えの続きなんですが、霧で中断しています。展示作品の入れ替えはほぼ済んだのですが、バイロス作品の展示替えが残っているのです。
 今回のバイロスは、『ダンテの神曲』の展示です。この作品は、バイロスが亡くなる直前に取り組んだ水彩画作品60点を、1921年に特殊印刷で作成したものです。印刷なんですが、素晴らしい技術です。しかも、既に90年を経ているのですが、全くの新品の様です。ただ、60枚を額装にすると金額も掛りますし、保管場所もありません。で、苦肉の策として、マット入りの空額を8枚ほど作成し、絵のみ入れ替え展示することにしました。でも、作品は湿気を一番嫌いますので、霧が晴れるまで出来ません。困っています。

 そうは云っても、時間が無いので、こまごましたことから進めましょう!

 今日は、11月26日。イイフロの日だそうです。後で、何処か温泉でも行こうかと思っていたのに・・・・残念!愚痴っても仕方ないので、作業に取り掛かります。アイテテテテ・・・・・腰が。

館長のつぶやき

091125_0721~01
 今朝はとても温かい朝なんですが、朝霧が出ました。朝霧のタイミング、やっぱり判りませんね?
 お天気は、お空が見えませんので、今はチョッと判りませんが、予報では晴れと云うことです。

 今朝は[ビン・缶の日]なので、先ほど出してきました。で、ついでと云ってはどうかと思いますが、撮ってきました。
091125_0719~01
 お隣の霧に霞む神社です。イマイチでしたね。もう少し濃い霧だと・・・また、挑戦します!

 昨日は、ブログを書き終え、フト外を見ると・・・・・。
091124_0940~01
 おばあちゃんの畑が、真っ黄色に!一晩で銀杏の葉が散ったようです。
 目を移すと・・・・。
091124_0942~01
 神社の入り口の銀杏も、ほとんど裸になっていました。こちらも納屋の屋根に降り積もっていました。

 この様子だと、神社前の道路が落ち葉だらけになっている筈と、清掃奉仕に!
 開館の準備を済ませ外に出て、ウ????ン。と、防火用水池の周りが・・・・・。
 こりゃー遺憾!で、清掃奉仕の前に、まず倉庫から鍬とスコップを持ちだし、山積みにしていたバラスを撒いて、整備しました。
091124_1037~01
 これで、アイタタタタ??!腰を痛めてしまいました。
 それでも頑張って道路に拡がっている銀杏の葉を片づけていると、前のご主人も出てこられ、一緒に清掃作業でした。で、ご褒美?に頂いたトンガラシです。
091124_1930~01
 魔除けになるからといただきました。まあわが美術館、悪魔でも鬼でも来て貰いたいのですが・・・。
ありがたく頂き、玄関に見えないように掛けました。

 雨模様だし、夕方から作品入れ替えもあるので、お昼からチョッと買い物にと出掛けました。帰り着くと目の前を車が・・・・・?またまた、夢二山荘のN女史がお客様をお連れしてくださいました。
 早速、コーシーの準備でした。N女史が「開けっ放しで、買い物に行かれるのですか?大丈夫ですか?」と呆れていました。
 連れてこられたお客様はN女史の古くからのお友達で、木工をされているそうです。館内をご覧いただいた後、コーシーを飲んでいただきながらの歓談中に、作品を見せていただきました。気取りの無いお椀とコップでした。欅の硬い木を、手の掌で磨いたのではと思わせる木肌をした本当に手の温かみを感じさせる器でした。
 1時間半ほどゆっくりされて帰って行かれました。ありがとうございました。
 夕方は、作品の入れ替えに取り掛かりました。
091124_1929~01
 取り掛かり1時間ほどでダウン!昼間の作業で痛めた腰痛で中断し、温泉へ直行!でした。

 さて今日は、気合いを入れて作品の入れ替え!小さな声で「頑張るぞー!アイタタタ?。」です。
091124_0637~01

091124_0637~02

 縦と横バージョンで撮ってみました。同じ要領で撮ったんですが、何故か色が違いました?まあ、良いでしょう。(たぶん夜明け前だったので露出が足りなかったのでしょう。)

 今朝の気温は0度。で、足元は・・・・。
091124_0638~01
 踏みしめると、霜で草がカサカサと折れるような音を立てます。
 お天気も下り坂だそうです。三連休も終わったことだし、これもまあ良いでしょう。

 昨日は、その三連休の最終日、最高のお天気でした。雲ひとつない青空が終日続きましたので、紅葉見のドライブのお客様が凄かったようです。

 わが美術館には、幼馴染が夫婦で来てくれました。前日に、午前中に行くからとの連絡をもらっていたので、館内(実際は喫茶展示室ノミ)を暖かく?して待っていました。
 10時過ぎ、洗濯をしている処に来てくれました。奥さんから「家で出来たものだけど・・・。」と、柿とゆずとシイタケをお土産に頂きました。ありがとうでした。
 で、早々コーシーの準備でした。コーシーを飲んでもらいながら、しばらく話をした後、館内を一巡、「良く集めたな?!」でした。
 喫茶展示室に戻って来て、お互いのコレクションの話になりました。彼は陶器、特にコーヒーカップを収集しており、最近KPMのコーヒーカップを手に入れたそうです。KPMは、奇麗な女性を描いた陶板画などで有名ですが、コーヒーカップに描いたものは珍しいそうです。かなり高価なものだったようです。
 お昼になったので、それではと小鹿焼の里を目指して、帰って行きました。また来いよ!

 お昼からは、ブログのネタ探し。で、撮った写真がこれ!
 お隣の深紅の山茶花です。
091123_1333~01
 少し散り始めていますが、まだまだ奇麗でした。

 次に挑戦したのが公民館の庭に咲く十月桜です。
091123_1335~01
 電線が気になるので、これが限界でした。丁度、裏のご主人が通りかかり、「地域で申し合わせて、各家々に1本づつ植えたんだけど・・・。古木になれば花も大きくなると思っていたけど、お花が小さい。」と言っておられました。まあ、これはこれで良いと思います。家々に1本づつ???わが美術館には無い!付き合い悪かったんだな?でした。

 最後は、道路からみたわが美術館全景です。
091123_1340~01
 美術館も、すっかり秋模様になって居ました。

 さて、今日で秋の企画展が閉幕です。相変わらずの入場者数でした。こっちは、まあ仕方ないな?!です。どうも、私目のコレクションでは、人は呼べないのでしょう・・・・これも、仕方ないな?!
 あとは、私目の魅力で人を呼ぶしかない!

 さて、今日の夕方から作品の入れ替えに入ります。
 何飾っても、どうせ人は来ないんですが・・・・と言って、適当にとはいかないな?です。
 腰を痛めないように、小声で「エイエイ、オー!」です。
091123_0655~01

091123_0655~03
 昨夜の天気予報(晴で最低気温が2度の予報でした。)から今朝は朝霧だな?、と想像していました。やっぱり、ご覧のとおりの朝霧です。何???んにも見えません!気温はマイナス1度、お天気は晴れです。

 で、ゴミ出しをした後、早速写真撮りに出かけてきました。実は、昨日全く写真を撮って居なかったんで、今日はブログお休みにしようかな??と思っていたんです。

 と云うことで、今日は撮りたて写真でブログの誤魔化しです!

 まずは、狭霧台へ・・・・・超満車でスル―!そのまま登山口へ。で、撮った写真です。
<立ち木越しの由布岳>
091123_0718~01
<素晴らしい由布岳>
091123_0720~01
<朝陽に映えるイモリが城>
091123_0719~02
<鶴見遠望>
091123_0719~01
 最後に、<登山道の霜>
091123_0721~01

 で、戻って狭霧台と行きたかったのですが・・・・満車継続中!
 仕方なく、Uターンして、倉木山の山道へ。
<由布岳>
091123_0729~03
 此処からの由布岳も良いですね?!
<朝霧に沈む由布盆地全景>
091123_0729~02
<左ウイング>
091123_0732~01
<右ウイング>
091123_0732~02

 以上でした。今日は、これでお仕舞いです。
091122_0714~01
 昨朝と同じ?否、今朝は曇り空です。御山が、灰色の空に立ちはだかっているかのようです。
 辛うじて持ちこたえている曇り空ですが、三連休の中日、晴れて欲しいですね?!紅葉の赤も、銀杏の黄色も青空に映してみたいものです。

 写真をアップにしてみると・・・・・?
091122_0719~01
 電線に小鳥たちが並んで、旅館の仲居さんよろしくお客様をお待ちしていました。

 我が家の山茶花がようやく本格的にお花を咲かせ始めてくれました。
091122_0716~01
 奇麗です!お隣の山茶花は真っ赤で、もう散り始めていますが・・・・。

 足元には、母子草の冬芽が、エーデルワイスを思わせる葉を地面に這わせています。
091122_0716~02
 見上げると、滔々花をつけなかったクレマチスが軒を超えて蔓を伸ばしています。
091122_0717~01
 来年にはきっとお花を見せてくれる????と思います。でも、何処まで伸びて行くのでしょうね?。

 お隣の神社の銀杏も、かなり葉を落としました。
091122_0718~01
 お陰で、掃除しても掃除しても追い付きません。今日も後で道路の落ち葉を片づけましょうかね?。

 さて、昨日は道路の落ち葉を片づけた後は、一日調べものでした。

 先月購入したアートコレクターに工芸の秀作が掲載されていました。で、この記事を見ながら・・・。
091122_0734~01
 だいぶ前になりますが、満田晴穂さんの自在置物のことを取り上げた時に、すぐ横で七宝に取り組んでおられる女性さんからコメントを頂いたのですが、そのことが頭に浮かびました。記事を読むと、ようやく七宝作品もオークションで高額で取引されるようになったそうです。良かった!まあ、日本の伝統工芸作品は、今まで評価が低すぎるとは思っていました。値段だけでなく、いろんな意味で評価が上がれば、若い人たちがその伝統を引き継ぎ、発展させていってくれることに繋がるのでは・・・。
 で、先日手に入れたお盆を引っ張り出して、しみじみと眺めまわし、古い芸術新潮を引っ張り出して・・・今度は小川破笠(おがわはりつ)に興味を持ちました。うーーーん、いいな?!ヤフオクを検索・・・・・高!で、次は芝山象嵌へ興味が移動、またまたヤフオク検索・・・・無し!いずれにしても縁の無い代物でしたが、これで一日がつぶれました。

 さて、今日の作品紹介です。西嶋伊三雄さんの『おきゅうと売り』です。
画像 023

 ほのぼのです。
 昨日のテレビで、サザエさんテレビ放送40周年記念番組があっていました。作者の長谷川町子さんのお姉さんがモデルになったNHK朝の連ドラ「マー姉ちゃん」で、上京の途中おきゅうとを買い求めるシーンが思い出されましたので、この絵の紹介になった訳です。

 寒いし、曇ってるし・・・・さて、開館です!
091121_0743~01
 先ほどまで、帽子の様な雲が、丁度山頂に懸って居ました。今は、その帽子を脱いだのか、御姿を現してくれています。三連休初日のお目見えと云ったところでしょうか。さすが千両役者です。

 昨日で美術館入り口の防火用水池の補修工事が粗方終ったようです。
091120_1425~01
 鉄条網が撤去され、フェンスに変わりました。後は排水溝の周りを整備するだけの様です。池周りが奇麗になったせいか?入口が少し広くなった気がします。
 竣工検査が終わったら、シラーーーッとまた看板をつけさせてもらおっと!じゃないと入口が益々判らなくなったようです。

 さて、昨日もいただきものばかりでした。
 回覧板を持って来てくれたお隣の奥さんから、奇麗なシクラメンです。
091120_1356~01
 貴婦人のスカートの様な葉っぱに、深紅のお花をたくさん付けています。ありがとうございました!

 次は、山崎ゴボウです。
091120_1508~01
 下のおばあちゃんの畑で、ご主人(おばあちゃんの息子さん)が息子さんと朝早くからゴボウを掘り起こされていました。深く掘らないといけないので大仕事の様でした。
 夕方、ホンのご挨拶で声をお掛けしたら・・・・・・いつもの調子でいただいてしまいました。いつも済みません!

 お客が来ないのを心配してくださっているのか?それとも、よっぽど物欲しそうな顔をしているのでしょうか?反省しなければ・・・です。いずれにしても、ありがとうございました。

 で、早速お花は玄関に。ゴボウは、きんぴらに挑戦!で、失敗!
091120_1630~02
 如何にも不味そうでしょ?意外に美味しかったのですが・・・・。この次はもう少し上手くなります。

 夕方、久しぶりに福山のOさんから電話が入りました。こちらからボチボチ電話せねばと思っていた矢先でした。村田先生が痛風になられたお話などをお伺いしました。

 何やかやでの一日でした。

 と云うことで記事をお仕舞いにして、作品の紹介です。
091121_0752~01
 ヤフオクで偶然手に入れた安野光雅さんの水彩画です。仮称として『さくら通り』と付けさせていただきました。何かの挿絵原画の様で、数か所に書き込みがあります。辛うじて読めた文字が<さくら通り>でしたので、そう付けています。司馬遼太郎の【街道をゆく】の原画?かもしれません。この絵の裏にも絵が描かれているそうです。

 さて、三連休。どうなりますやら?終われば、作品の入れ替えが待っています。今展示している絵、次に展示されるのはいつになるやら?です。見に来てください!
 久しぶりの朝霧です。薄????く懸って、御山が幻想的に見えます。
091120_0710~02

091120_0710~01
 【幽玄】と云う難しい言葉がありますが、こう云う雰囲気を云うのではないでしょうか?
 盆地には、この朝霧が漂っています。
091120_0711~01

 今朝は、滔々1度でした。氷点下も、もうじきやって来るのでしょう。

 さて昨日は、クヌギの移動に挑戦しました。
 開設した時に息子と二人で植えたクヌギでしたが、何本か枯れたので、位置が良くありません。で、思い立ったのです。3本は移動できたのですが、2本は根が深すぎて、掘り起こすと根を切ってしまい枯れる恐れがあるので断念しました。
091119_1146~01
 ウーーーン、却って変になったかな?・・・・まあ、良いや!

 次に、館内のお花を見回ると、どうも・・・・・・。
091119_1554~01
 山茶花に生け替えでした。今から、次々と山茶花が咲くので、当分はこれで行けそうです。

 昨日したことは、これでお仕舞い!
 
 さて、作品紹介です。今日は、日花和子さんの創作人形『ダンサー』です。
 喫茶展示室に飾っています。で昨日は、このお人形さんをいろんな角度から撮ってみました。
<現在の展示位置>お顔が正面に来る位置
091118_1027~01
<反対側>スタイルを強調した位置
091118_1029~01
<背中側>背中越しの位置
091118_1028~01
 立体作品なので、何処から見ても良いのですが・・・・・このお人形さん、作者はいったい何処を正面にかんがえたのでしょうか?
 オッと、最後に正面?
091119_1150~01
 これが正面でしょうかねー。

 さて、寒くても開館しないと・・・・・。


<余談>
 国会・・・・強行採決ですか!因果応報とは良く言いましたね―。自民党の皆さん、あなた方が最初にやったことではありませんか!で、民主党さん、次は・・・・・・跳ね返って来ることに。

 それから、今色々問題になって居ることは、「人生いろいろ?♪」で、自民党さんのやったことの尻拭いではありませんか??この次は、民主党の尻拭いを・・・・・。

 もうひとつ、唯一の責め手の献金問題、不正が問題になっていますが、不正とは贈収賄に基づいた金の流れで、自分の金を使ったのなら良いんじゃないとも思いますが・・・これしかないとは、しっかりして欲しいものです。

 まあ、どれもどうでも良いですけどね。

館長のつぶやき

091119_0652~01
 曇り空ですが、低い雲が無いのでクッキリと御山が見えています。山頂には、少し小さくなりましたが、積雪は残ったままです。

<参考>
 昨日、晴れ間に撮った御山です。
091118_1335~01
 少しアップ。
091118_1329~02

 今朝はゴミ出しの日です。いつものように起きてひと作業済ませてきましたので7時半を回りました。でも、薄暗いままです。気温は4度、まあまあです。

 昨日は、開館し、まずは<落ち葉掻き>でした。
 作業前のアプローチです。
091118_0956~01
 集めるとご覧の様になりました。
091118_1006~01
 以外にたくさん集まりました。まだ、散って来るでしょうね。 

 次は、裏の畑です。
 二十日大根の植え替えです。前回は、植え替えをせずに大失敗でした。
<作業前>
091118_1223~01
<作業後>
091118_1259~01
 さて、今度はチャンとラディッシュになるのでしょうか???

 で、こっちの方は????
091118_1222~01
 もう事実を事実として認めるしかないですね。これは、サニーレタスです。アチャ?!私とカメ太の餌だったのに・・・・結局買ってこなければ駄目なようです。これは私だけの餌にします。と、段々美味そうに見えてきました!

 夕方、外に出ると、見ました!久しぶりです。
091118_1534~01
 モコモコです。動画も狙ったのですが・・・・・上手く行きませんでした。その内、ゲットして、お見せしたいと思います。かわゆいですよ!(バニラ君以上かも????)

 夕食の準備をし、温泉に行って戻って来ると、真っ暗な玄関に????
091118_2113~01
 玉ネギのプレゼントです。たぶん?とお礼の電話をすると、やっぱりお菓子屋のご主人でした。奥様が留守らしく、しばらくするとやって来られて、一杯になってしまいました。
 と、お嬢さんが迎えに来られて、今度は私が御邪魔虫に・・・・・。で、お嬢さんのお友達の漁師さんが持って来てくださったと云う<コロ鯛>?という巨大な魚を見せていただきました。
091118_1929~01
 70センチくらいある魚でした。私も、30センチくらいのチヌと??の魚を沢山頂いて帰りました。またまた、ありがとうございました。

 さて、今夜はこのチヌ達をどうしようか??????です。
091118_0651~01
 今朝も曇り空なのですが、この画面の外の空には晴れ間が見えています。
 気温は3度、昨朝よりまた1度下がりました。雲に隠れている御山の山頂を目を凝らして見ると、どうやら薄く積雪している?様です。

 昨日は、雨&寒い一日。開店休業だな?、と思いましたが、何処に居ても寒い。で、ストーブを点けての店番でした。
 と、電話が。毎日新聞のT記者さんからの次回企画展の内容の問い合わせでした。「桑原盛行さんてどんな絵を描くのですか?」「ウーーーン、何十の沢山の円で・・・・・。」「??」「今井俊満さんは?」「ウーーーン、和紙に油絵の具をドバット塗りたくって・・・・。」「??」「アンフォルメルの旗手と呼ばれて・・・・。」「アンフォルメル???」「須田剋太さんの書?」「洋画家の書です、云々。」「永井隆さんて??」「長崎の鐘の、あの永井博士ですよ!」と、漫才の掛け合いの様な説明になってしまいました。でも、よろしくお願いしますね。

 と、玄関で音が・・・・・「バア!」と、【受け月】の芸術家(ウエイトレス)さんが、クリスマスケーキの予約受付のチラシとギャラリーの次回に個展ポストカードを持ってきてくれました。
 「クリスマスケーキは???」「要らん!」(大好きですが、一人ぽっちのクリスマス&糖尿病なんで、ひとつ全部を食べると⇒血糖値検査↑)
 ポストカードは、『アートバスケット展』(会期;11/29?12/26)です。
091117_1953~01
 23名の作家さん達の作品を一堂に見られますので、是非ご覧になってください。
 ケーキの注文をしなかったせいか?館内をザーッと一巡して帰って行きました。今度は、恋人と来いよ?!

 お昼すぎ、寒いし、もう来ないだろうと裏に引き篭もりさんを決め込むと、声が・・・。出ると、夢二山荘のN女史が4人もお客様を連れて来てくださいました。大慌てで、電気を点けて、ストーブを焚き、コーシーの準備でした。
 4人は、T女史の友人で、京都から来られたそうです。私も結構友人は多い方ですが、T女史の顔の広さにはビックリです。
 それぞれが自由にご覧になっていたので、説明はパス。喫茶展示室で待つことにしました。やはり館内が寒いので、30分ほどで戻ってこられました。
 コーシーをお出しして、暫し歓談。4時前に、「もう、宿に入れるだろう。」と、宿に向かわれました。ありがとうございました。

 さて、今日の作品紹介は山本丘人さんのデッサン『浅間は見えず』です。
090828_1247~01
 この絵につきましては、創画会所属の日本画家で、山本丘人先生の研究家でもあるH先生より沢山の資料を頂き、ご教示いただきました。ありがとうございました。
 その資料です。
091117_1959~01
 この絵は、村越画廊での<丘人・松篁・堅二 三人展>に出展された作品「新雪」の基になったデッサンだそうです。
091117_1957~01
 確かに、そっくりです。ただし、本画には浅間山が描かれています。
 また、美術探求と云う冊子の表紙の絵にもよく似た作品があるそうです。
091117_1957~02
 この絵と組み合わせたようです。何度か浅間に行かれた様で、構図を組み合わせたのではないかとのことでした。

 題名の『浅間は見えず』についても、【見えぞ】ではなく、【見えず】でと教えていただきました。
090828_1247~02
 H先生の奥様が書をされていて、【す】を崩した字だそうです。

 この絵に使われている落款についても資料を頂きました。
091117_1956~01
 長谷友二郎さんが刻まれた印だそうです。

 本当に、お世話になりました。ありがとうございました。

 今回の企画展も、後一週間となりました。この記事の掲載は、長くなるので、ギリギリになってしまいました。
 是非、この作品を見に来ていただきたい!です。

 さて、開館してきましょうか!

お盆二題

091117_0636~01
 今朝は、雨音で起こされました。御山と云うより、お空全部が、雲に隠れています。夜には上がると予報は言っていましたが、目の前にはうす暗い景色が広がっています。そのせいで、窓窓には灯りが点っています。
 気温は4度、昨日より2度低くなりました。最高気温も10度を切るようです。今日は、旧暦の10月1日です。暦で、季節を四分割すれば、今日から冬と云うことになります。さも在りなん!です。

 で、私はもう冬籠り状態ですが、こいつは活発化しています。
091116_1406~01
 ホンのチョッと目を離した間に、居間の窓の外に、モッコリと土を盛り上げていました。本当に元気な奴です。モコモコっと土が盛り上がっている処が見たかったです。残念!

 書いたように冬籠り中の私ですが、暇を持て余し、モグラ君を見習ってゴソゴソ。防火用水池の工事のために取り外していた入口目印の看板を取りあえず、立ててみました。
091116_1025~01
 最初、見えやすい画面右に立てたのですが、矢印がお隣を指し示してしまうので、反対に付けました。
 まるで、卒塔婆みたいです。と云うことは、我が美術館=お寺?????そう見えなくもないな?!美術館の終焉も近い!かな?・・・・お線香でもあげるかな?。

 ところで雨が続くみたいですが、工事は大丈夫でしょうかね??
091116_1336~01
 寒さも強くなると火事も心配ですが・・・・・・。今日も、お休み。

 次に、またゴソゴソ!先日植え付けたカヤツリグサでの駐車ラインを強化しました。(結構、いけるので!)
091116_1335~01
 画面では見にくいのですが、実際はクッキリハッキリ???ですよ。少し曲がって居るのは愛嬌です。(創った人のへそが曲がっているので・・・。)

 さて、今日の作品紹介は、何とお盆です。
 喫茶展示室にはテーブルが二つあるのですが、ご覧の様に、片方がガラスの天板なので、コーヒーを置くときに気になっていました。
091116_1343~01
 で、小さなお盆に載せて飲んでいただくことにしました。
 と云うことで、今日の作品紹介が、ヤフオクでゲットしたお盆二題となった訳です。当然、美術館で使用するので、それなりのもの??かな・・・・。(値段は聞かないでください!モチ安価です。)
 まずは、小林尚昨『銀覆輪打込象嵌盆』です。
091116_1346~01
 たぶん銅板に銀線で網目模様を叩いて象嵌し、銀で縁取りしたものだと思います。ものすごい技術と手間のかかった逸品です。ご覧の様にデザインも優れているので、もったいなくて使われなかったようです。
 次は、富田渓仙(渓山人)絵付け『銀地盆』です。
091116_1339~01
 木板に布を張り銀箔に漆塗ったお盆に渓仙(渓山人)が絵付けをしたものです。こちらは使用されていたようです。銀地も剥げて、根来塗りの様に骨董の美が感じられます。

 両方とも、嘗てはとても高価なものだったと思います。
 これからは、ガラステーブルの席に座られるとこのお盆でコーシーが出てきます。但し、2人までです。

 さて、開館ですが・・・・この雨、開店休業かな??
091116_0638~01
 冬の空になってきました。今朝も鈍よりとした重い雲のせいで、いつまでも明るくなりません。そのせいで、風は無いのですが、外は肌寒い空気になっています。

 昨日は、共和会(敬老会)の皆さんの月に一度の神社清掃の日でした。お陰さまで、神社の落ち葉は奇麗に取り除かれたのですが・・・・一旦は。
 ブログのネタ探しに神社に出かけてみると・・・・。
091115_1325~01
 もうご覧の様に、銀杏の葉が散っていました。
 見上げると、風が吹くたびに、ハラハラと・・・。
091115_1326~01
 奇麗なんですけどね?。
 こちらも、お花の数を増やしていました。
091115_1328~01
 サクラの一種なんで、もう少しお花が華やかだったら良いのですが、まあ仕方ないですね。チョッと欲を言ってしまいました。言いだせば切りがありません!この時期にサクラが見れる幸せを喜びましょう!感謝・感謝です。

 久しぶりの【怪物?快物くん】です。
091115_1329~01
 何か?立ち上がってきた様な・・・首が長くなったかな??やっぱり狛犬には見えないな?!

 ところで、昨日のお昼に、お菓子屋さんへ行くと、奥さんが「何日か前に、韓国のお客さんが行ったでしょう!」「エ??????来ていませんが・・・。」「若いアベックさんに場所が判らないようだったので教えてあげたのですよ。」どうも、お休みの日だったようです。残念!日本文化の粋を見せてあげたのにな?!
 
 夕方、石松温泉に行くと、桂山窯のご主人が入って居られました。ご挨拶をすると、お元気になられたようでしたが、「カミさんが死んでな?。」を何度も繰り返して口にされていました。早く本当の元気を取り戻されて欲しいものです。

 さて、今日の作品紹介です。佐々木紀政さんの木彫『山椒魚』二題です。
091115_1340~01

091115_1341~01
 両方とも津和野の街中の民芸品のお店で見つけて買いました。聞いたお話では、丹波篠山の若い工芸グループの中のおひとりだそうです。
 このところ、子供も大きくなり家族旅行もしなくなって、津和野を訪れることが無くなったので、あのお店どうしているかな??です。その内にまた行ってみたいものです。

 古き良き時代はアッと言う間に過ぎ去って思い出になってしまいました。そう云えば、昨日は七五三だったんですね。孫が居ないので・・・・・日本の風習が判らなくなっています。遺憾!遺憾!
091115_0708~01
 ギリシャ神話のアトラスの様に、天空を由布岳が支えているようです。厚い雲と云うよりコンクリートの塊の様な雲が、御山の上に懸っています。
 今日のお天気は、曇り?の様です。お洗濯を・・・しないとな?。

 アサガオさん、残念でした。
091114_1400~02
 昨日の小さなお花さんの萎んだ姿だけでした。又と云うより、これが普通の気温でしょうが、今朝の気温は6度、このまま上がらないようです。寒さも本格化してきたのでしょう。

 さて、昨日は予報どおりお昼に向かい、お天気が回復してきました。
091114_1359~01
 御山もご覧の様にクッキリ&ハッキリになりました。
 と云うことで、まずは落ち葉の掃除でした。
 美術館のエントランス
<作業前>
091114_1057~01 
 道路からみると、まるであばら家です。
<作業後>
091114_1114~01
 うーん、これで美術館に見える?

 次は、美術館前のチョッと急な坂です。
<作業前>
091114_1005~01
 銀杏の枯れ葉でスリップ事故でも起きると大変です。
<作業後>
091114_1357~01
 掃いている処に、裏のご主人が来られました。「明日、共和会(敬老会)の清掃日だよ!」「まあ、気になりましたので・・・。」
 で、後でご主人に、こんなものを頂きました。
091114_1603~01
 ご褒美では無いでしょうが、ありがとうございました。
 夕方には、お菓子屋のご主人から御漬物と豆腐も頂いてしまいました。
 ≪神様って居る?≫って一日になりました。

 さて、今日の作品紹介です。作者不詳の水彩画『砂漠の女』です。
091114_1115~01
 作者不詳を展示する美術館はあるのでしょうか?普通無いでしょうが、わが美術館では、【在り】です。どうですか?良い絵だと思いますよ?!

<おまけ>
 お花の写真三題です。
 まずは、昨日飾り替えたお花です。
091114_1008~01
 玄関の菊が終わったので、頂いたシクラメンにしました。お隣の奥さんが回覧板を持って来てくださった時に、枯れた葉や萎れた花茎を残すと病気になるので、コマ目に取った方が良いですよと言われました。これからは気をつけます。
 次は、残っていた菊とジャノヒゲの実・ミズヒキを飾ってみました。
091114_1008~02
 最後は、裏のサザンカです。
091114_1007~01
 真っ白いお花がこれから咲き続けてくれるかな?。
091114_0753~01
 まだ雨雲が厚く、天空全体を覆っています。当然、御山は見えません。
 予報では、次第に晴れてくると言っていましたが、現在の雰囲気では???です。まあ、女心と秋の空と言いますので、急に晴れてくるのかもです。(一説では、男心と秋の空とも言うそうです。)

 さて、昨日アサガオさんが枯れた蔓に一輪咲いたと書きました。が、お昼過ぎに見に行くと二輪でした。
 昨日ブログに載せたのは、このお花です。
091113_1405~01
 で、もう一輪がこのお花です。
091113_1404~01
 最初に載せたお花よりかなり小さめでした。支えの棒取ってしまうのが早すぎた?

 アサガオさんが復活?したように、やはり暖かいのでしょう。お隣の奥さんに頂いたお花の方も復活です。
091113_1406~01
 ご覧の様にたくさん咲いてくれていました。

 さて、昨日ブログを書き終え、館内の整理をしていると、[夢二山荘]のN女史が、来年のカレンダーと現在大分センチュリーホテルで開催されています『没後15年 大平敬次郎 小品展』(会期;?12月5日)と『竹久夢二展』(会期;12月6日?1月6日)のポストカードを持っていらっしゃいました。大平敬次郎さんは夢二山荘の会長さんのお父さんだそうです。ポストカードに掲載された椿の絵から、温かみのある画風の絵を描かれておられたようです。お近くに行かれましたら是非見に行かれてください。また、竹久夢二展は、今回セノオ楽譜表紙絵画大全集出版記念展だそうです。合わせてご覧いただきますようお願いいたします。
 N女史、昨日はお忙しい様子で、館内をザーッとご覧になり帰って行かれました。あまりお話が出来ず残念でした。

 その後は、二日間留守をしていたので、お花が萎んでしまっていました。で、美術館の周りからお花を見つけて来て差し替えでした。と云っても菊しかありませんが・・・・。

 お花の生け替えが終わると何故か眠気が・・・・・・で、ウツラウツラ・・・・ウツラウツラでした。北九州での二日間は、宴会でしたのでその疲れでしょう。

 と云うことで書くことが無くなりました。記事はお仕舞いになりましたので、トットと作品紹介に行きます。今日の作品は、林 義雄さんのあそび発行社のチャイルドブックと云う冊子の表紙原画です。
091113_1407~01
 残念ながら、少し色が褪せています。
 チャイルドブックと云う本がどんな本だったのか全く知りません。また、既にその出版社は無くなって居ると思います。この表紙原画が何処をどう旅してわが美術館へと辿り着いたのやら??一旦役割を終え、第二の職場?安住の地がわが美術館です。

 ところで皆さんは、絵や彫刻・人形さんに「素晴らしい!素晴らしい!」と誉めてあげると、段々作品もその気になって、奇麗になって来るのですよ!これ、間違いない!です。色褪せも治って来る????のです。女性もそうなるかどうかは、私は判りませんが・・・・。

 
<おまけ>
 お隣の茶の木に実が???????
091114_0754~01
 先ほど、古紙回収に出かけて戻り、何気なく見たお隣の畑の脇の茶の木に、何?アレーーー、レモンの木だったかな??で、近づいてみると、やっぱり茶の木!
 何と!カラスウリの実がまとまって小さな一本の茶の木にぶら下がって居ました。

館長のつぶやき

 今朝は、6時前に北九州を発ち、8時過ぎに湯布院へ戻りました。
 で、早速撮った由布岳です。
091113_0821~02
 小雨模様のお天気のため、残念ながらご覧の有様で、全くお姿が見えません。

 フト気がつくと、足元に何とアサガオさんが咲いているではありませんか!
091113_0821~01
 つっかい棒を外して、種を採るために放っておいた蔓の中に一輪の紫の花を咲かせてくれていました。ビックリです。少し暖かいせいでしょうか?ウ????ム、さて明日はどうでしょうか?

 ついでに館の周りも一巡。入り口の防火用水池の工事も少し進んでいました。
091113_0819~01
 まだまだ掛りそうですし、お天気も悪いみたいですが・・・・・。

 お隣の神社の銀杏もスッカリ黄葉していました。
091113_0819~02
 雨のせいで、かなり散って居ました。
 お陰で、境内もご覧の様に黄色の絨毯です。 
091113_0819~03
 まだまだ沢山の葉が残っていますので、間も無くおばあちゃんの畑に積ってしまうようです。

 今日は、遅めのブログになりましたので、これ位にします。さて、開館です。

<余談>
 休館日の2日間、バイロスの二作品を掲載させていただきました。
 『楽園の追放』と『プロメテウス』です。
 で、この二作品の私目の少しひねた考察をしてみました。これを書きたくて、この二作品を載せたのです。
 まず『楽園の追放』です。これは、アダムとイブが、禁断の木の実を食べて、エデンの園を追放されたお話です。禁断の木の実を食べて【知識】を得たことで自分たちが裸であると気がついたと聞きました。いろんな画家がこの主題で絵を描いています。
 これが【知識】でなくて、もしか【知恵】であったら・・・・さてどうでしょう?
 ?禁断の木の実を食べたことを言わなかった。
 ?食べなかったと嘘をついた。
 ?食べたことの言い訳をした。
 さて貴方は、どうだったと思いますか?

 と云うことで、禁断の実では、【知恵】を人間は得ていないと考察すれば・・・・だったらいつか?
 で、次の作品になる訳です。この『プロメテウス』から得たのは【火】だとされていますが、【火】とは象徴的な表現で、本当は【知恵】だったと考えればどうでしょう?
 火を使うこと=工夫を凝らして何かをするという【知恵】をこの時にプロメテウスから与えられた。プロメテウスは人間の恩人だと考えられていますが・・・・。でも、この【知恵】を与えられたと云うことは、それによって人間は滅亡の道を歩まされることになった、とは考えられないでしょうか?
 そのためにプロメテウスは神の罰を受けなければならなくなった。ハゲワシに内臓を抉られながら、実はプロメテウスは薄笑いを浮かべているのかも?・・・・・思ったとおりの道を人間が歩いていると・・・・・。プロメテウスこそ悪魔だった!こう云う風にも解釈できるかもでした。
 ここまで、ひねて物事を見ることは無いのですが、視点を変えれば善悪は逆転すると云うことです。チャンチャン!
 今日も、北九州ですので、休館ですが、折角見てくださった方のために、予約投稿です。

 バイロス・アルバム・マッペより『プロメテウス』です。
091110_1446~01

 先程と言っても、火曜日の3時頃です。兵庫県佐用町から年配のご夫婦が来館されました。雨だし、閉館して帰ろうとした矢先で、ビックリしました。ひと通りご覧いただいた後、コーシーを飲んでいただきながら、お話を伺うと美術の先生だったそうです。それで、奥様にご説明されながら廻られていた事が納得でした。お子様も高校で美術の先生をされておられるそうです。山中鹿之助で有名な上月城の話や河童のお話など楽しいお話を聞かせていただきました。お礼というわけではございませんが、駅まで送らせていただきました。ありがとうございました。
 今日は、北九州ですので、休館ですが、折角見てくださった方のために、予約投稿です。

 バイロス・アルバム・マッペより『楽園追放』です。
091110_1447~01

<おまけ>
 おばあちゃんにもらった大根のうち1本は、留守の間はご覧のようにして保存してきました。
091110_0945~01
 こうして土に植えとくと長持ちするそうです。

館長のつぶやき

091110_0652~01
 ご覧のとおり、今朝は雨。御山も雨雲の中です。いつ降り始めたのか?静かな雨です。

 久しぶりな気がしますが、2・3日降り続くそうです。(今日から北九州なんですが、雨漏り大丈夫かな??)

 さて、今日は写真が多いいので、トットと始めましょう!
 まずは、昨日したお仕事です。新聞社等への今月末からの秋の企画<現代美術×書展>記事の掲載依頼の送付です。
091109_1136~01
 よろしくお願いいたします。
 今回は、テレビ局への依頼文は止めました。テレビ番組には向かないようで、反応なしですから。

 次は、畑の見回りです。
 で、ガラス戸をあけると・・・・。
091109_1325~01
 いきなり目が合ってしまい、睨みつけられてしまいました。お前さんの方こそ、大概冬籠りしろよ!
 で、畑を見回ると順調に育っていますが、これは本当にレタスなんでしょうか?
091109_1333~01
 これから巻いていくのかな????
 こっちは、負けています。
091109_1332~01
 写真左の大きく茂っているのは、野草の野蒜(ノビル)で、右側が韮(ニラ)です。肥料をあげたのですが、ほとんど養分を野蒜に取られているようです。
 次の、この写真の植物、何だと思いますか?
091109_1329~01
 鶏のトサカのように葉が生えていますが、植えたばかりの陸わさび(西洋わさび)です。「これ植えたら育つから!」とお菓子屋のご主人に頂いたのですが、酔っておられたので・・・上手く育つでしょうか???

 お昼からは、玄関の方です。
 まずは、防火用水池のポールに立てていた看板です。
 お昼過ぎに、これを作ってくれた門司港の印鑑屋さんから、電話がありました。闘病中で入院しているのですが、抗がん剤の経過が良いので、今日退院だそうです。来週、来てくれると言っていましたが、無理をしないように!
 この電話で、看板をどうしようか?
091109_1137~01
 入口に、毎日取りあえず立てかけることにしました。

 それはそうと、防火用水池の工事、水を抜いたのに始まりません。今日から数日は、今度はお天気が・・・・・また、底に雨水も溜まってしまいます。防火週間なのに、火事が起こったら・・・・。北九州でこんなことをしていたら、苦情だらけになりますが。

 また愚痴ってしまいました。反省!反省!

 で、駐車場の雑草を見ていて、よっしゃ!とこんなことをしてみました。
091109_1419~01
 判りますか?チョッと判らないでしょう。で、大写しにしてみました。
091109_1420~01
 カヤツリグサで、駐車のラインを引いてみました。
 以前トラロープで、ラインを引いていたのですが、雑草に埋まってしまい見えなくなってしまったので、これだったらと、やって見ました。
 さて、春になるのが楽しみです。半分だけしたので、結果が良ければ残りもしてみましょう。

 こんなふざけた作業を終えると、おばあちゃんが来て、畑の手入れをしていました。声を掛けると、「降りといで!」でした。で、降りて行って頂いた野菜です。
091109_1633~01
 白菜と大根を引っこ抜いて、くださいました。おばあちゃん、いつもありがとうございます。

 夜は、この大根で、「フロふき大根」にしていただきました。

<おまけ>
091109_1138~01
 カラスが異様に啼くので振り返ると電柱の天辺に・・・雲に隠されたお陽さまも。【不穏】【不吉】ってこんな感じかな?で撮ってみました。どうでしょうか?もっとも、見ている私の心がそう思わせているのかも??です。

 ここで一句と行きたかったのですが・・・・浮かびません。残念!

館長のつぶやき

 現在、何と8時20分です。6時30分に起きてからこのブログと格闘していました。ようやく記事が書けるようになりました。何んだかな??です。無料ブログなんで仕方ないっチャ、仕方ないんですけどね!
 朝から愚痴になってしまいました。気を取り直して、書くぞ?????!です。

 さて、今朝の御山の写真です。
091109_0623~01
 朝霧はありません。穏やかな朝でした。少し薄曇りのお天気です。
 と云うこと?で、此処は一発素晴らしい写真を載せましょう!
 昨日の濃????い朝霧が、晴れて行く途中で見せてくれた光景です。
<横バージョン>
091108_0838~02
<縦バージョン>
091108_0838~01
 おまけの盆地の光景
091108_0838~03
 どうです、素晴らしい光景でしょう!
 と、その数分後に、また朝霧が・・・・・・。
091108_0851~01
 この後は、次第に霧も晴れてきました。
 これだけでブログを終わっても良いくらいです。

 でも、そうもいきませんので・・・。
 昨日から、いよいよ美術館入り口の防火用水池の改修工事が始まりました。で、消防署員さん達が池の水抜きです。
091108_1203~01
 かなり泥が溜まって居ました。
 で、私目は、ポールに取りつけていた美術館入り口の表示を一時撤去。
 (此処で、またもや愚痴です。工事をするのにチョッと一言云えないのでしょうか?駐車場を勝手に使い、入口を塞いでしまって・・・呑み会の席次でがたがた云うのに、こんな時は・・・・・正直、ふざけんな!礼儀を知らんのはどっちだー!→→今、このまんま言ったらチョッと大変なので、もう少し力を付けてから言いましょう!)
 
 で、痕を見に行くと、泥まみれの道路に、銀杏の葉がハラハラと・・・・見上げれば神社の銀杏も色づいてきました。
091108_1204~04
 神社の中は・・・・。
091108_1204~03
 お隣の畑のおばあちゃんに、「また、銀杏が散りますね?。」と声をかけると、「そうッチャ!困るンよな?!」でした。もうすぐ、おばあちゃんの畑は、真っ黄・黄になってしまいます。毎年、処理が大変だそうです。
 と、神社の[十月桜]も咲き始めていました。
091108_1204~02

 夕方、ボチボチ閉館かな?と、呼び鈴が・・・・。お菓子屋のご主人が、どなたかを連れてこられました。相変わらず、お酒を呑まれていたので、話が良く判りません。まあ、ご主人のお友達なんだろうと館内をご案内。その後、良くお話をお聞きすると、リフォーム業者さんで、飛び込み訪問して意気投合?されて連れてこられたそうです。とんだ珍客さんでした。
 この後、畑に連れていかれて、山わさび(西洋わさび)と里芋を頂きました。ありがとうございました。でも、それよりも以前お願いしていた年賀状を、すっかり忘れられてしまって居ました。昨夕も念を押しましたが?????

 とんだ一日の締めになってしまいました。まあ、良いか!
 
 明日は、閉館を早めにして、また北九州です。毎月の血糖値検査です。明後日の夜は、去年亡くなった上司の『偲ぶ会』です。と云うことで、11日と12日はブログお休みの予定です。
 昨朝に続き、ご覧のとおり、濃???い朝霧が出ました。
091108_0632~01
 お天気次第とはいえ、義妹が来たときに・・・・・仕方ないのですね。
 今朝は、玖珠・日田地域にも霧の注意報が出ているようです。ドライブの方は、気を付けてください!

  さて、アサガオさんは滔々終わりました。でも、お隣の奥さんからいただいたお花は、まだつぼみがたくさんついています。で、昨日枯れた枝や花を取ってあげました。
091107_1521~01
 スッキリして、お花が目立つようになった?気がします。

 昨日は、福岡の方は夏日だったようです。こちらも幾分暖かかったのですが、そこは湯布院ですからやはり冬にしっかり向かっているようです。モグラ君の活動が活発化しています。
091107_0923~01
 お隣のおばあちゃんが草取りをしていて、「モグラが困る!」と言っておられました。ウチみたいに、ホンの少しの畑でしたら、モグラ君が居てもどうということは無いのですが、チャンとした畑を作って居られると、やっぱり【困った奴】なんでしょうね。

 昨日のお昼前に突然、お客さん?の音がしてプライベートエリアに入ってきました。ウン?と出ると、オーーーー!びっくりでした。現職時代の上司が、「便所・便所!」と、そこに居ました。
 小用を澄まされている間に、コーシーを早速準備。
 「相変わらず、下手だなー!」と、淹れている手元を見ながら言って居ました。お出しすると、「まあまあ!」と言って頂きました。もう、75歳になられたそうで、少し手が震えるそうです。フト思い立ち、門司港からリンゴを手土産に、高速道路の1000円を利用して来たそうです。
 コーシーを飲んでもらった後、館内を一巡。元上司の趣味はお茶碗の蒐集です。で、この頃はどうですか?とお聞きすると、「いやー、もう処分のことの方を考えないとなー。」の返事でした。
 奥様が3年ほど前にお亡くなりになったのですが、お元気なころはお二人でドライブのついでに窯元に寄られて購入されていましたが、御一人になられてからは・・・・。やはり、一緒に喜んでくれたり、貶されたりと見てくれる人が居ないと・・・の様です。(私の方は、カミさんは全く無関心です。)
 12月に、門司港で一杯の話をすると喜んで居られました。小一時間ほど居て、「待ってるよー!」と、帰っていかれました。

 さて、今日の作品は、黒崎義介さんの童画『一寸法師』です。
080209_0851~02

 この絵は、企画展のデッサンではありません。全くの日本画の本画です。絵本作家として一時代を過した作家さんですので、彼からすれば、この日本画の本画を描くことが自分に対する挑戦だったのかも知れません。

 さて、霧で全く何も見えませんが、そうは云っても・・・とにかく開館・開館です!もしか?<待てば海路の日和あり!>です。
 突然の濃???い朝霧です。
091107_0645~01

091107_0646~01
 ご覧のとおりの有様です。御山はもちろん、盆地全体が見えなくなっています。この霧がどう晴れてくるのか?楽しみです。この様子も奇麗ですよ?!

 アサガオさん、滔々お仕舞いになりました。
091106_0944~01
 一昨日、どうもこの一輪が咲いてくれていたようですが、気がつきませんでした。昨日、片づけていて萎れているのを見つけました。このお花が最後でした。で、感謝の一句。

    「残り花 もういいよっと 声をかけ」

 もう11月7日、<立冬>ですから、仕方ないですね。長い間ご苦労様でした。

 このアサガオさんの枯れた蔓に何???
091106_0944~02
 シャクトリ虫さんです。青々とした色、茶色の蔓になってしまったので、すぐに判ってしまいました。 
 いよいよ寒さも本番、「早く冬籠りしろよ!」でした。
 こちらのお花も、もうボチボチでしょうか?
091106_1651~01
 まだ少しお花の陰につぼみがありますが・・・・。

 お花が終わった方には、駐車場に生えていたカヤツリグサを植えてみました。
091106_1441~01
 土止めにしてみましたが、どうでしょうか?来年が楽しみです。

 先ほど書きましたように今日は立冬。テントウムシさんが、越冬場所を探してアチコチで忙しなくウロウロしていました。
091106_1347~02

 話は変わりますが、夕方石松温泉に行くと、久しぶりに桂山窯のご主人にお会いしました。奥様を亡くされて臥せって居られたようで、半月振りくらいです。
 どう、お声をお掛けしようか?で、奥様のことに触れずに、お天気の話などで誤魔化していましたが、ご近所の方が入ってこられ、いきなり奥様のお話になってしまいました。ウ????ン、どうなんでしょうか?仕方ないので、私も帰り際に、お悔やみを申し上げました。帰りが一緒になったので、戸を開けて待っていると、心なしか寂しそうに見えました。中々でしょうが、温泉の暖かさで、早くお元気になられることを祈っています。温泉の効用は、暖かさで包んであげることで、心も温かくしてくれることでしょうから。

 さて、今日の作品紹介です。
071207_1255~01.jpg

 牧野邦夫さんのデッサン『裸婦』です。

 さて、この企画も2週間ほどになりました。良い企画なんですが?????まあ、仕方ないですね。コツコツ・コツコツ・コツコツです。息子が通った高校もモットー<啐啄同機>(そったくどうき)だと、殻の外からもコツコツが返ってくるのですけど・・・・。
091106_0643~01
 今朝の気温は9度、暖ったかい朝は、この曇り空のせいでしょうか?それでも影絵のように、そのお姿を灰色の空に見せてくれています。裾野にかかる朝霧とまって、幽玄の世界を創っています。

 昨日は、良い御天気に変わったので、洗濯物を早速外に干しました。で、足元に見つけたお花です。
091105_1222~02
 サフランです。玄関の方には毎年咲いていたのですが、裏庭にいつの間にかです。私が植えたのではないので、どうやって移動したのやら???

 そのサフランの傍の畑には、レタスの苗と葱のタネを植えているのですが・・・・・。
091105_1226~01
 これってレタス?サニーレタスだったのかなー?まあ、良いか!で、ようやくネギが芽を出しました。ヨッシャ!
 もうひとつの畑にはしっかりと??
091105_1223~01
 キャベツが育っています。二十日大根も芽を出しました。ラディッシュって云うのだそうですが、前回は丸くならず、ちっちゃくて細長い赤い色の大根になってしまいました。さて、今回は????

 そんなこんなの暇な一日の筈でした。3時頃に洗濯物を取り入れ、簡易物干しを片づけようと・・・ネジが一本外れていました。で、修繕しようとすると、「マーフィーの法則」です。ドライバーが見つからない。アチコチ探していると玄関の呼び鈴が鳴りました。
 で、出ると、オオオオオオオ?でした。北九州からのお客様でした。枝光のIさんとお姉さん&もう御一人????(お姉さんのボーイフレンドかな?)でした。
 Iさんは、私の友人(美人の先輩)の友人ですが、4度もお会いしていますので、もう友人です。でお姉さん&お姉さんの友人も、もう2度目の来館ですので、お友達です。友達の友達は、みな友達!です。ただお名前をお伺いしていませんので・・・何とお呼びしたらいいのやら???まあ、良いでしょう!

 で、ボーイフレンド様、今回は私と同じような御髭での登場でした。とっても御似合いでした。
 まず、上がっていただいて、コーシーを準備。
 で、前回来館頂いた時(7/30)のブログの記事の話に・・・・・。

<7/31のブログ記事抜粋>
 待つこと暫し、どうにか辿り着かれたようです。お姉さんとご主人の三人連れです?????とのことでしたが・・・・・まあ、良いでしょう。
 米倉斉加年さんの絵に興味がお有りの様でしたので、まずはそのコーナーから説明しながら見ていただきました。米倉さんの友人とお知り合いで、何度かお会いしたそうです。羨ましい!
 一巡した後は、例の由布院で二番目に不味いコーシーをお出ししました。今日は、何故か美味く淹れられました。温泉の混浴体験談など楽しいお話をさせていただきました。宿泊される旅館が六所宮の近くでしたので結局5時近くまで居られました。

 今回もブログネタになりました。すみません。

 で、今日の作品紹介です。原 康子さんの創作人形『遊女』(寝姿)です。
091106_0647~02
 この人形さんの艶めかしさがお気に召されたようで、「こんな姿してくれ!」なんて話で盛り上がりました。さて、昨夜お宿でこんなお姿が・・・・・まあ、無理なお願いでしょう!
 で、このお人形の掲載された写真集を差上げましたら、お礼を頂いてしまいました。何か押し売りをしてしまいました。済みません!&ありがとうございました。

 5時前に、お宿へ向かわれました。お泊まりいただき一杯一緒に呑みたかったのですが・・・その内に!でした。
 と云うことで、夜は、思い出しながらのひとり酒でした。
091105_0653~01
 今朝は曇り空。写真のように御山もお顔が見えませんでした。
 現在は、雲の多い空に、お顔だけは拝むことが出来ています。
 お天気は、曇りのようです。気温は6度でした。昨日との温度差が9度もあります。体調管理も大変です。

 昨日・今日と、アサガオさんは・・・・お仕舞いでしょうか?今日は暖かいので、若しか明日の朝・・・。

 さて昨日は、お隣の神社の境内から<由布山おろし1号>(こちらでは、木枯らしの吹き始めをそう呼びましょう!)で、吹き飛ばされてきた杉の枝を拾い集めました。
091104_1126~02
 結構、ありました。で、その作業中に見つけました。
091104_1126~01
 スミレの花?♪咲くころ?♪です。狂い咲きでしょうかね??

 作業の後は、コーヒータイム。(ここはインスタントコーヒーなのでコーシータイムではありません。)
 で、カミさんが持って来てくれた『アートコレクター』と版画堂さんから送られてきたパンフレット最新号です。
091104_1128~01
 今回の一押しは、版画堂さんに掲載されていたこの版画です。
091104_1130~01
 創作版画雑誌の『HANGA』に添付されている平川清蔵さんの版画です。欲しい!→金が無い!=見送り!・・・・・さ・よ・う・な・ら?でした。

 本日の格言・・・・・<諦めこそ最高の選択なり!>

 まあ、背に腹は代えられないので、次の話題にいきます。

 で、お昼からは、カーテンレールの付け替えでした。
 居間の掃き出しの上のカーテンの位置が少し低いので、金具の取り換えでした。その結果です。
091104_1529~01
 代わっていません!何で???付け替えたのですが、石膏ボードの裏の無い処になるので、レールが持ちませんでした。壁中穴だらけにして、結局元の位置に戻しました。徒労に終わった!と云うことです。チャンチャン!

 格言PART?・・・事前調査を確実に!

 でも、壁にほいでしまった穴は、上手く誤魔化しているでしょう!

 夜は、駅ホールでのアートフォーラムでした。今回は私の担当でしたので、早めに言って準備のお手伝い。飲み物やおつまみも沢山準備されました。
 お客様も作家さんのお友達がたくさんいらっしゃいました。定刻に開始され、楽しいひとときでした。
091104_1936~01
 9時頃、無事に終了し、大任を終えることが出来ました。皆さん、ありがとうございました。

 さて、今日の作品紹介です。
090924_1743~01_edited-1
 木原和敏さんの鉛筆画作品『想う』です。物思いに沈む思春期の少女です。もう少し色気を描ければ・・・・まあ、良いか。

<おまけ>
091104_0928~01
 洗濯物を干していて、見上げると、主の居なくなった蜘蛛の糸に、枯れ枝がぶら下がって居ました。
 で、一句。

  <蒼空に 季節を繋ぐ 蜘蛛の糸>
091104_0649~01
 今朝は、ご覧のように朝霧でした。昨朝に出ていてくれたら義妹に見せたあげられたのですが、お天気のことなので・・・・。
 お天気は晴れ。そのせいか?気温は、マイナス3度ですが、風が無いのと陽射しの暖かさで、それほど寒くは感じられません。

 さて、昨日は初冠雪でしたので、義妹を連れて登山口へ。
<縦バージョン>
091103_1013~01
<横バージョン>
091103_1012~02
 どうです、素晴らしいお姿でしょう!
 足元には、雪が・・・・。
091103_1016~02
 夜に降ったのでしょう。
 遠い鶴見岳ももちろんでした。
091103_1012~01
 空の青さも最高でした。
 帰りに狭霧台に寄りましたが、車で一杯でした。
091103_1022~02
 で、この一枚だけ写真に収めました。

 街中を散策すると云うので、カミさんと義妹を金鱗湖近くで下し、私は店番へ帰りました。

 で、館内を冬バージョンへ。
091103_1139~01
 ストーブの着火点検・・・・・OKでした。
091103_1137~01
 スリッパも冬仕様に取り替えました。
 これで、準備完了!です。

 お昼過ぎに、散策?買い物?を終えて、ようやく帰ってきました。
 途中、【受け月】に寄ったそうですが、芸術家さんは忙しそうにしていたそうです。で、【やまんばさんのお店】に寄り、木で出来たブラシを買って来ていました。やまんばさんに、柄の部分にコスモスを描いて頂いて居ました。

 お昼を済ませ、少しゆっくりして二人は北九州へ帰って行きました。

 一人ぽっちの夜に、石松温泉へ向かうと・・・・。
091103_1754~01
 由布岳の裾野に見事なお月さまが出て居ました。

 さて、今日の作品紹介です。
091103_1140~02
 西山英雄さんのデッサン『桜島』です。水彩・鉛筆・パステルで描かれた作品です。そのせいか?見る角度で色あいが変わって見えます。桜島が時間やお天気で姿が変わって見えると言われていますが、それも合わせて描いた???? 
 日本画家の巨匠ですが、まるで洋画家の描くデッサンです。洋画家になって居た方が良かったような・・・・・。
 カミさんが連れて来た義妹に、朝霧に沈む由布盆地を見せてあげたいと、6時過ぎに目を覚ましました。外を見ると、朝霧は無し。残念!
 で、外を見ると、「ゲ????、お山に雪が・・・・!」
091103_0627~01
 ズームイン!
091103_0627~02
 見渡せば、雪・・・・初冠雪です。
091103_0629~01
 安心院のお山も日出生台のお山も、みんな雪化粧でした。

 アサガオさん、昨日は<木枯らし1番>の中、しっかり咲いて居ましたが・・・・。
091102_0943~02
 今朝は、流石に咲いていませんでした。ウ?????ン?????

 昨日は、義妹を案内して、買い物ついでに久しぶりに盆地内を散策。
 で、まずは大杵社の大杉へ。
091102_1309~01
 でも、お隣のこちらの木から落ちてくる・・・・。
091102_1307~02
 銀杏の実攻撃!
091102_1307~01
 風が吹くたびに頭の上から落ちて来ました。おまけの落ちている実がものすごい臭いで攻撃してきました。写真を撮って直ちに撤収!
 次は、六所宮→豊和銀行へ。
 ロビーに展示しているわが美術館の河童君たち、銀行に来られたお客さんが熱心に見てくださっていました。
 ダイエーで夜の買い物をした後、興禅院へ。風が強く寒いので、トットと退散しました。

 さて、今日の作品紹介に行きましょう。版画家の相笠昌義さんのデッサン画『由美子・まどろみ』です。
080426_1413~01


 飛び石の三連休最後の休日、文化の日ですが、この寒さでは・・・・一応開館です。
 朝一番で一生懸命作ったブログが消えました。ショック!全部文章を入れて、記事の保存ボタンを押すと、「只今、アクセスが集中しています。時間をおいてやり直してください。」の文言が表示され、戻すとタイムアップの文言で消えてしまいました。「責任者出てこい!」って叫びたくなりました。
 気力が萎えてしまいましたので、銀行へ。帰って来て数字の確認・・・・・合わない!計算を間違えて居ました。明後日、また銀行に行ってくることにします。ガックリの連続です。

 喝!

 気を取り直して、再度ブログを作りましょう!

 今朝は、カーカー、カー、カーカーカーのカラスの会話で起こされました。ウ????、今朝はゴミ出し日か!でした。
 由布岳の写真を撮って、顔を洗ったり、開館の準備をしていると、今度はドカ?????ンと強烈な音。演習場からの実弾演習の大砲の音です。身体に感じるほどでしたので、朝寝をされている宿泊客のみなさんはビックリされたと思います。まあ、これも話のタネと堪えてください!由布院盆地が水の底に沈まなかったのは、自衛隊さんのお陰なんですから。

 では、いつものように早起きして撮ったその写真から始めましょう。
091102_0646~01
 残念ながら、今朝は雨雲で、お顔を見せていただけませんでした。(今は、見せてくださっています。)
 お天気は、曇りでしたが、晴れてきました。昨夜の天気予報から、ひょっとして今朝は霜が・・・と思っていましたが、まだでした。ただ、次第に風が出てきましたので、朝より寒く感じられます。このまま気温は上がらないそうですので、この風のせいで一日寒いと思います。

 で、アサガオさんですが、昨日も咲いてくれました。
091101_1612~01
 先ほど見に行くと、今朝も咲いてくれていました。この写真は明日に使います。

 昨日は雨模様の天気でしたので、暇。ヤフオクを覗いて遊んでいると、玄関から呼び声が・・・。出てみると、「ナ???ンだ!」「そんなにずっこけなくても・・・。」【受け月】の芸術家さんがギャラリーのポストカードを持って来てくれたのでした。「見て行くね?!」「抜け出してきたので?!」と急いで帰って行きました。

 夕方、何気なく外を見ていると、お菓子屋のご主人が袋を提げてやってきました。で、頂いた袋の中身です。
091101_1553~01
 野菜と漬物、カボス&奥様の作られたカレーでした。「上がりませんか!」と声をお掛けしましたが、まだ明るかったので帰って行かれました。いつもありがとうございます。早く体調が快復されると良いのですが・・・・。

 夜、突然娘(次女)から電話。「おとうさん!何か言う事があるでしょ?」「ウ?????ン?今日は???オ?、誕生日ジャン!」でした。この数日バタバタして、いろんな事を忘れてしまって居ます。こりゃーボケて来たかも???
 「いくつだっけ?」「27だよ!」「おばあちゃんが曾孫を見たいと言ってたけどどうなんか?」「姉ちゃんに言いなよ!」でした。そのお姉ちゃんからはチャンチャンと電話があったそうです。あとは、お友達がケーキでお祝いをしてくれたそうです。ありがとうございました。

 さて、今日の作品紹介です。きふじ 早苗さんの創作人形『清姫』です。
091101_1607~01
 かなり大きな紙塑人形です。和紙の着物の柄は、<辻が花>の現代作家大脇一心さんの作だそうです。

 先ほどカミさんが義妹を連れてきました。1泊で来たので、さてお昼でも食べに行きましょう。
折角書いた記事が・・・・・・・どうなっちょるんじゃー!書き直す気力が・・・・。コーシーでも飲んできます。

Powered by FC2 Blog