プロフィール

ヒゲ館長

Author:ヒゲ館長
◆書いてる人: ヒゲ館長
◆美術館の名前:
 花合野(かごの)美術館
 <湯布院バイロス美術館>
◆開館時間: 9:00~17:00
(早起きしたら早く開け、夜更かししたら遅くまで開いてます)
◆休館日:不定休(突然の休館に注意!)
  ◎5月の休館日
   4/30日・1日
   11日~16日
  
   
◆入場料:500円
(中学生以下無料)
 ※館長が気が向くと由布院で二番目に不味いコーシーが飲めます!

◆開催中の企画展
 閉館の企画
 【FINAL展】
  [会期; ~5月末]  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


090731_0651~01
 久しぶりに、ホントに久しぶりに、由布岳????と云う御姿を見せてくれました。
 チョッと寝坊してしまったので、お陽さまが上がってしまっています。と云うのも、夜中のカサコソと云う音が、気になって目が2・3度覚めてしまったからです。タヌキのバカ野郎?です。
 先日、下の畑のご主人が紡績糸を張ったのですが、翌日もタヌキがトウモロコシを食べたそうです。夜中に何度か見回ったのですが・・・・・すぐ上に住んでいるのに申し訳ないです。
 そこでとうとう昨日は、下のご主人が、臭いで撃退する作戦に出ました。若干、変な臭いですが、我慢できないほどではありませんでした。今までは、わが美術館に遠慮して使用しなかったそうです。
 で、今朝、上から見てみましたが、効果があったような????でした。効果を更に上げるには、夕方の使用の方が良いと思いました。それか、いっそのことタヌキの土管に入れたらどうでしょうかね?まだまだタヌキとの知恵比べが続きそうです。

 ところで、今朝、その見廻りで見つけてしまいました。
090731_0652~02
 天使の花傘です。いつもの場所に、いつの間にか?でした。今日は、きっと良いことがある筈です!

 さて、昨日の出来事です。
 ブログを書き終えて玄関に出ると、アサガオのお花が三輪も咲いていました。
090730_1040~01
 三輪ともお花の色が違いました。別の場所にも、もう一輪咲いていました。毎朝咲き続けて欲しいです。

 ところで、昨日は、何と三組六人のお客様が入れ替わりにいらっしゃいました。
 最初のお客様は、北九州からの友人でした。昼前に来て、「今日はお泊り?」「いやいや今夜用事があるので・・・・。」と、一時過ぎに帰って行きました。少し?大分近況を話した後、大急ぎで館内を見て回り、一体何しに?の疑問の様に、トンボ帰りでした。わが美術館をワザワザ見に来てくれたようです。ありがとう!でした。今度は、泊りにお出でよ!でした。

 その友人が帰って、遅い昼食を済ませ、少しウトウトしていると、「ご免ください!」の声が。玄関へ、目を擦りながら、慌てて出ると「<ゆふいんのこともっと知ろう>ですが、良いですか?」でした。
 「どうぞ、どうぞ!」で上がっていただき、記名していただきました。ユースホステルの方でした。「オー、今回の豪雨は大丈夫でしたか?」「砂防ダムが出来たので、今回は大丈夫でした。」とのことでした。
 以前、台風だったでしょうか?ユースホステルのすぐ近くの小川が土砂崩れで氾濫し、通行止めになったことが記憶に残っていたのでのお話でした。もう二年経ったそうです。
 アーデンさんで聞いて来られたとのことでした。館内を説明をしながら一巡していただき、コーシーをとも思いましたが、アーデンさんの美味しい珈琲と比べられては・・・・・で、遠慮させていただきました。済みません!しっかりパンフレットを置いていただくようにお渡ししました。

 と、電話が鳴り、「○○です。憶えていますか?今からお伺いします。場所が判らなかったらまた電話します。」でした。
 待つこと暫し、どうにか辿り着かれたようです。お姉さんとご主人の三人連れです?????とのことでしたが・・・・・まあ、良いでしょう。
 米倉斉加年さんの絵に興味がお有りの様でしたので、まずはそのコーナーから説明しながら見ていただきました。米倉さんの友人とお知り合いで、何度かお会いしたそうです。羨ましい!
 一巡した後は、例の由布院で二番目に不味いコーシーをお出ししました。今日は、何故か美味く淹れられました。温泉の混浴体験談など楽しいお話をさせていただきました。宿泊される旅館が六所宮の近くでしたので結局5時近くまで居られました。
 お見送りに出ると丁度お隣のご主人が草刈りをされていました。自分の敷地をするついでにとわが美術館との境も綺麗に草を刈ってくださっていました。
090730_1717~01
 で、三人をお見送りをした後、今度はご主人と世間話でした。
 全くしゃべらない日が続いていましたが、昨日は、結局一日中しゃべりっぱなしの楽しい一日でした。まあ、珠にはこんな日も無いとですね!

 さて、今日の作品紹介です。松下紀久雄さんの墨彩画『鰻どじょう屋』です。
090731_0756~01
 今日は、一月に二回ある土用二の丑の日だそうです。で、この絵にしました。
 湯平の花合野川の橋の袂、ゆのひらりんさんのお店の反対側には鰻屋さんがありますが、由布院ではさてどうでしょうか?まあ、今夜はスーパーで買ってきて鰻丼でも食べることにしますかね?
 ところで、東京では、鰻屋さんでどじょうも売っているのでしょうか?この絵で見ると、江戸では売っていた様ですが・・・ね。
スポンサーサイト

館長のつぶやき

090730_0600~01
 今朝も、小雨が・・・・いつまで続くぬかるみぞ?って、本当に、これって梅雨ですか?まあ、酷いことになって来たようです。
 このまま。この天候が続くと農作物に大きな影響(飢饉)が出てくるではないでしょうか?
 農業に対する支援と食糧の確保を緊急に想定しておく必要が・・・・高級官僚は、きっともう手をつけていると思います・・・・たぶん?

 後は、天に祈るばかりです。

 さて昨日は、またまた<ゆふいんのこともっと知ろう企画>に乗っかって、湯布院民芸村にある古陶院さんを訪問させていただきました。と云うのも、来館されたお客様の中に、陶器を展示している美術館はありませんか?と聞かれた方がいらっしゃったのででした。
 受付で、名刺とパンフレットをお渡しし、見せていただきました。思ったより内部は広く、展示室は三っつ在りました。主な展示品は、古伊万里でした。残念ながら、私は陶器は全く判らないので・・・・でしたが、すばらしいものばかりの様でした。(良く判らなくて済みません。)

 で、帰る途中、蛍見橋の下の河原の様子です。
090729_1112~01
 ご覧のように、長雨に中州が削り取られていました。

 帰り着いて、退屈・・・・・・で、お隣の神社へお散歩&ブログのネタ探し。
 ひと回りすると、あちこちにセミの抜け殻がありました。
090729_1257~01

090729_1300~02

 相変わらず、銀杏の実生の苗もたくさん育っていました。
090729_1259~01
 残念ながら、全部冬を越せずに枯れて行くようです。
 と、何故か?銀杏の実がちらほら。
090729_1300~03
 これも、長雨のせいでしょうか?

 次に見つけたのが、コレです。手水鉢の代わりに置かれた大石の下にありました。
090729_1302~01
 アリ地獄です。わが美術館の周りにもたくさんあったのですが、ムカデ除けの薬を散布しおたため居なくなってしまいました。

 散歩から戻り、駐車場に又生えてきた雑草を見ながら、「雨があがったら、また草刈りか!」と呟いていると・・・・何じゃこりゃ?!
090729_1306~02
 茂って来た雑草の間から白いものがニョキニョキ。で、パチリ!
 と、その傍には、まん丸いものもありました。
090729_1307~01
 これもキノコの一種でしょうが・・・・?
 
 本当に、自然は楽しい!ですね。

 で、最後にもう一枚。
090729_1416~01
 お菓子屋のご主人に頂いたフサスグリを挿木にしているのですが、その様子を見ていると目の前にこの真っ赤なトンボ君がポーズをつけて留ってくれました。
 
 またまた、自然は本当に楽しいです!

 今日は、写真が多かったので、作品紹介はお休みします。
090729_0625~01
 少し寝坊をして撮った由布岳です。少???し、お陽さまが出ようかな????としているようですが・・・・・さて、お天気はどうなるでしょうか。予報では、また雨の様です。気温も低い様で、パジャマ姿でいると寒さを感じます。

 さて、この写真、何だと思いますか?
090728_0907~01
 そうです、ピンクの真珠です・・・な、訳ないですね!
 正解は、葉っぱに出来たムシコブ(虫瘤)でした。真珠は、貝の中に異物が入って出来るのですが、同じように、木もこんなものを作れるのですね。それにしても、何でピンク色になるのでしょうか?
 裏側には、グリーンの真珠も出来ていました。
090728_1318~01
 このグリーン色なら何となく判るような気もしますがね?。

 と、こんなものも見つけてしまいました。
090728_1400~01
 セミの抜け殻です。今年初めて見つけました。
 そう云えば、長雨のせいか?脂汗が絞り出されるような蝉しぐれを、今年はまだ聞いていませんね。

 と云うことで、今日のブログは昆虫特集になってしまいました。
 お昼に迷い込んで来たトンボさんです。
090728_1635~01
 金銅色の綺麗なトンボですが、上手く写せないので、チョッと捕まえて撮らせてもらいました。
090728_1750~01
 もちろん、この後は大空へ逃がしてあげました。

 次は、蝶々です。
090728_1645~02
 雨を避けていたのでしょうか?ジーーーッとしていました。

 探してみると、結構居るもんです。

 で、最後に、このツウショットです。
090728_1819~01
 カメ太の前(写真左隅)に小さく写っているのは、カマドウマの子供です。カメ太が野性を取り戻しても、こいつのジャンプにはついて行けないでしょう。

 で、もう一枚。危うし!鳥の卵を襲う蟻(アリ)か?
090728_1756~01
 イヤー、ジョークでした!卵は、石です。アリさんはおもちゃ屋さんで買ってきたものです。

 さて、虫・・・・・今日の作品も、虫です。
090728_1754~01
 佐藤正和さんの彫刻『ビソンノコギリクワガタ』です。
 本当に、こんな巨大なクワガタが居たら・・・・興味はあるけど怖い!ですね。

<追伸>
 昨日は、2本友人から電話がありました。
 1本は、門司港の友人からでした。癌と闘病中なのですが、経過が良いようです。少し、仕事もされているとのことでした。一安心ですが、無理をしないでほしいものです。

 もう1本は、転勤で鹿児島に行ってしまった友人から、大雨の様子についての心配の電話でした。湯布院は今のところ被害は無いようですと伝えました。中々、jこちらに来る機会が無くなったので、今度はいつ会えるのやら???まあ、元気にしていれば、その内に一杯やれるでしょう!

 二人とも電話ありがとう!
090728_0551~01
 ウ????ム、どうも冴えない景色です。今朝の御山は、豪雨で亡くなられたり被害を受けられた方たちへの哀悼を表しているかの様に見えます。
 現在は、曇りですが、明日くらいから、またお天気が懸念されるように成るそうです。心配ですが・・・。

 昨日の天使の卵も・・・・・。
090727_1308~01
 ヒトヨタケの仲間なんで、一日しかさいていません。そこがまた神秘的で良いのですがね。また、いつ姿を見せてくれるのやら??????

 落ち込んでいても仕方ありません!元気出して、楽しい一日にしましょう!

 さて、昨日の出来事です。
 ブログを書き終え、長雨の間買い物に行かなかったので、空になってしまった冷蔵庫の補充へ買い出しに。いろいろ買って5000円を超えてしまいました。普段は2000円くらいですので、倍以上です。まあ、何もしないでも、食べないと。仕方ないですね。
 お昼まで、ゴロゴロ。で、昼からは、誰か来ないかな??・・・・・ウウウウウウ???ン、そうだ暇そうだから、自己啓発だ!ということで、美術館をほったらかしにして、<ゆふいんのこともっと知ろう企画>に乗っかって、鳥越地区へ向かいました。
 と、いきなり目の前にヘリコプターが・・・・車を止めて、パチリ!
090727_1329~01
 ラジコンヘリで農薬を散布している最中でした。

 で、久しぶりに、【アルテジオ】さんを訪問。受付で手続きをして、館内を一巡。展示されている作品は、ほとんど外国の現代美術ばかりでした。ただ、何故か?藤田嗣治の油絵が二枚ありました。チョッとコンセプトが・・・・。それはさて置き、何せ高級な絵ばかりなので、この絵は○○円、こっちの絵は○○円・・・・・・何となく値踏みしながらの鑑賞になってしまいました。済みません!
 次に、【わたくし美術館】さんを訪問。わが美術館を造る前には、良く通い、館長さんにお話を伺ったものでした。現在は、館長さんが高齢になられたので、息子さんが継がれているとのことでした。
 二階に上がると、懐かしい絵に加え、見たことが無かった絵も、展示されていました。
 最後に、【夢二山荘】さんを訪問。今回の企画展<三奇才展>のお話をしました。

 帰り着いて気が付いたのですが、下のおばあちゃんの畑が、大変な状況に!
090727_1612~01
 トウモロコシ畑が、滅茶苦茶です。タヌキの仕業です。
090727_1312~01
 判るでしょうか?網で作った柵の下を掘って侵入したようです。
 しかも、こんなものは残して行きました。
090727_1313~01
 [タヌキの溜めク●]と云うのだそうです。猫や犬と同じように、同じ場所に糞をするのですが、猫や犬の様にあと土をかけないそうです。
 お電話で、状況をお知らせすると、夕方ご主人がいらして、柵を補強?
090728_0552~01
 罠を掛けて捕獲と云う手もあるのでしょうが、それはね?との返事でした。で、穴を塞いで、紡績糸で周囲を囲みました。イノシシは、こうするだけで、用心して近づかないそうです。果たして、タヌキにも効きますか?
 今朝見てみると、タヌキ来たみたいですが、効いた様です。いづれにしても、大変なようです。

 さて、今日の作品は、タヌキ?
090728_0628~01
 タヌキに見えなくもないのですが、タヌキではありません!米倉斉加年の水彩画『バラの佳人』です。(内緒ですが、誰かさんにソックリなんです!この絵。)
090727_0635~01
 御山から雲が湧き立っているようです。お天気が良くなるってことなのでしょうか?
 気温は上がっていないようで、網戸越しの朝の風は、少し冷んやりとしています。これが真夏の気温か?と言いたくなります。お陰で、お菓子屋さんへアイスクリームを買いに行く回数が減ってしまいました。もっとも、雨のせいでほとんど外に出ていませんが・・・・・。

 今朝、ゴミ出しで外に出ると、玄関の朝顔がおはようと言っているかの様に薄いピンクのお花を付けていました。
090727_0645~01

 昨日のブログにも載せましたが、湿度が高いようでキノコがたくさん生えてきていましたが、一年振りに妖精の卵ちゃんもいつもの場所にお顔を見せてくれました。
<朝>
090726_0733~01
<昼>
090726_1151~01
<夜>
090726_1553~01
 相変わらず、可愛いので時間を追って撮ってみました。
 寝る前に、笠が開いていないか見ましたが・・・・・。
 で、朝の様子です。
090727_0634~03
 もう、少し枯れかかっていました。それでも綺麗でしょ!
 この妖精の卵、PCで調べると、『キツネノハナガサ』と云うのだそうです。狐さんが嫁入りのときに差していくのでしょうか?それともキツネノカラカサ(お月さまに霞が掛って傘の様にぼんやり見えるのをそう呼んでいました。)に似ているからでしょうか?(地域によっては、絶滅危惧種に入れているところもあるようです。)

 このキノコを見ると、何故か?本で見たこの絵を思い浮かべてしまいます。
090726_1758~01
 アーサー・ラッカムと云うバイロスと同時代の挿絵画家の「月の夜」という絵です。私の中で、何かイメージが重なるのでしょうか?
 残念ながら、この画家の絵は持っていませんので、似たような????作品を今日の作品紹介にしてみました。
090726_1834~01
 ルイ・イカールのエッチング作品『イリュージョン(幻影)』です。
 ウ????ン、全然違うな?!まあ、これで堪えてください。

 ところで、昨日も雨!お客様は来ないだろうでしたが、「ゆふいんのこともっと知ろう企画」で、岩下コレクションの方がお見えになりました。で、<飛んで火に居る夏の虫>、失礼しました!ヒッツキボの様に、くっついて廻って説明させてもらいました。一巡の後、コーシーもとお勧めしましたが、ご遠慮されて次の施設見学へ向かわれました。 
 
 お昼からも、雨が止んだのを見計らって、今度は福岡からのお客様が来館されました。学生さん?のようなお若い男性でしたので、説明は?????でしたが、やっぱりヒッツキボになってしまいました。コーシーを飲んでいただいた後、MUNEさんへ行かれるとのことでしたので、雨がまた降り出したので、車でお送りしました。何せ、暇なもんで・・・・送迎付きになっています。

 今日は月曜日、私も「ゆふいんのこともっと知ろう企画」に便乗してみましょうかね?

<MG2成長日記>
090727_0637~01
 長雨のせいか?変化無しです。
090726_0531~01
 外郎(ウイロウ)か寒天の中浸っているかの様に、どんよりした空気が盆地全体を包んでいます。

 今日は、もう7月26日です。嘗て、こんなにいつまでも梅雨が続いたことがあったでしょうか?毎日毎日、こんなに雨が続くと、ノー天気な私でも、憂鬱になってきました。
 暦を見ると一白仏滅です。仏滅じゃあ由布岳も見えないか!です。
 このままだと、日照時間が足りなくなって、野菜やお米に被害が出るのではないでしょうか?
 景気も良くない、失業率も高い、給料も上がらない、これに食料品の値上がりと云うより供給不足が生じたら・・・昔だったら、一揆か暴動になりますね。政府のお偉いさん方、早めに対策しておかないと、選挙結果に響きますよ!なんてね。

 ところで、昨日は読書の予定でしたが、ほとんど屋根裏でした。一昨日の豪雨では雨漏りは無かったのですが、雨が小振りになったとたん始まりました。で、懐中電灯持参で屋根裏へ、梁に腰かけて、思案。で、上がったり降りたりしていて、チョッと踏み外しそうにもなってしまいました。ウ??ム、こんなんで死ねないな?!でした。ダンディズムを追及している私目????にとって、そう云う最期はチョッとですね。

 とりあえずの処置、と云っても屋根裏にバケツを置いてきたのですが、今日はそのバケツの回収です。また、天井裏ですが、落っこちない様にしないと・・・・本当に様(さま)になりません。
 一度、カラ????ッと晴れてくれると、充填剤が渇いて、たぶん雨漏りも直ると思うのですが・・・・。「OH!PLEASE♪??神様、お願いいだ?♪」って唄がありましたよね。確かタイガースでしたか?やっぱりこう云う時は、「神様!仏様!稲尾様!どうか天気にしてください!」です。

 でも良いこともありました。こんなメール便が届きました。
090725_1031~01
 シティ情報大分別冊『おおいた休日ナビ mini Docca(ミニドッカ)』・・・・平たく云うと湯布院の観光ガイドが発行されたと云うことです。コンビニで売っているそうですので、買いに行ってあちこちに配らないとですね。もちろん、わが美術館も載せていただいています。

 もう一つ、良いこととは云えませんが、どちらかで云えば悪い方かな??建物の周囲を見廻っていてこんなものも見つけました。
090725_1149~01
 良???く見てください。キノコがいっぱい生えてきました。 
 湿度もかなり高いようです。絵にとっては最悪ですが、今はソ???ッとして置いた方が無難です。
 収蔵庫から出すと、返って湿気を呼んでしまいます。

 さて、またまた気が滅入って来ましたので、作品の紹介にしましょう!
090725_1332~01
 伊藤晴雨の『はや太郎伝説』です。
 この絵の説明は一年ほど前のブログに書いていますので、此処では省きます。(検索で読んでみてください。)
 今日は、ドアップにしてみました。
090725_1400~01

090725_1400~02
 大狒狒と女性です。晴雨さんが描くと何となく色っぽいですね。これが晴雨さんの良いところでもあり、欠点でもあるのですが・・・・・。

 さて、折角の日曜日、でも雨と云うことなので、何をしましょうか?
 
 まずは朝飯を食って、腹ごしらえをしましょう!
090725_0701~01
 遮光カーテンを引いた様に、低く垂れこめた雨雲が由布岳を隠してしまっています。
 昨晩は、一晩中日出生台の自衛隊の実弾演習を思わせるように、雷がドカン!ドカン!と連続で落ちていました。時折、障子越しに強烈な雷光も差し込んで来ました。これに呼応するかのように、雨も激しく降っていました。
 明け方には、若干小降りになったのですが、依然降り続いています。
 お陰で、薄暗い中でこのブログを作っています。ウ????ム、電気を付けよう!

 九州・山口には、今日も大雨洪水注意報が出されているようです。とにかく、情報には気を付けることにしましょう!

 さて、昨日から夏の特別企画【三奇才展】が始まりましたが、この天気です。まあ、お客様は望めないでしょう。大人しく本でも読みましょう!

 ところで、今日は本を読むとして、昨日のことを書かないと・・・でした。

 昨日は、またもや、アーでも無い・コーでも無いで、作品の入れ替え&名札が無いものの作成&玄関イベント案内の作成でした。で、出来上がったものがこれです。
090724_1204~01
 チラシを大きくし、説明も詳しくしました。まあ、こんなもんでしょう!
 で、気が付くとこんな処にカメタ太が、遠征していました。
090724_1203~01
 お風呂場に戻すと・・・・・。
090724_1203~02
 私が置いておいた銭湯セットを踏み台に脱走したようです。カメ太も進化してきたようです。でも、逃げだしたら、間違いなく生き延びることは困難だったでしょう。良かった!

 後は、ブログのネタ探し。で、見つけたものが三つ。
 まずは、朝顔です。
090724_1441~01
 昨日は、赤紫でした。
 次は、これです。
090724_1449~01
 ミズヒキにツボミが付いています。これで当分館内の飾り花は大丈夫でしょう。
 最後は、何とこれです!
090723_0759~01
 クレマチスにつぼみ発見!今年は駄目だろうと諦めたばかりでしたが、植物の生命力の強さでしょう!但し、つぼみは二つだけです。

 さて、今日の作品紹介にしましょう!まずは、作者不詳の創作人形『湖畔』です。
090724_1524~01
 【三奇才展】なのに創作人形?まあ、良いじゃないですか!だって、玄関に展示したので、来館された方が一番最初に目にするものなので。
 これから夏を迎えるので、これだ!でした。
 大雨で、各地に被害が拡がっています。早く、お天気が回復するようにとの願いです。

 さて、館内の見回りに行きましょう!
090724_0548~01
 先日来の宗教観からすれば、さしずめ今日の御山は、マリア様ってところでしょうか。
 乳白色と云うのではなく、もっと透明感のある白、優しさを含ませた白、そうホワイトオパールの中に御姿を写したかのように、静かに・静かに、佇んでいます。

 たった今、小さな雨音が聞こえ始めました。今日も雨でしょうか?先日の集中豪雨で罹災された地域の復旧作業、心配です。

 さて、この壮麗な由布岳の佇まいとは全く真逆の夏の特別企画 【三奇才展】が、今日から開幕します。
 展示する作品は、正に、わが美術館を象徴する≪下品(げほん)の美≫たちです。
 創作版画の世界で、棟方志功と同様に将来を嘱望され、その才能を更に開花させる途中、戦後の混乱期の中で餓死してしまった天才版画家。その奇行と奇怪な風貌から<風船画伯>と称された『谷中安規』
 希代の美人モデル【お葉】を巡り、竹久夢二や藤島武二と三面鏡に写したかのような人間模様を繰り広げ、<縛り絵の大家>と呼ばれた『伊藤晴雨』
 個性派俳優として茶の間で広く知られ、演劇の演出等も手掛け、その才能を遺憾なく発揮させる一方、その個性的な絵で、1975年・76年と二年連続でボローニャ国際児童図書展で大賞を受賞。現在も<憂気世繪師>として描き続けている『米倉斉加年』
 この三人の奇才の作品、約三十点を今回展示いたします。

 ということで、昨日も展示の準備でした。で、展示し終えた様子です。

<玄関>
090723_1406~03

<喫茶展示室>【谷中安規展会場】
090723_1407~03

<ロビー展示室>【米倉斉加年展会場】
090723_1406~02

090723_1406~01

<和室展示室?>【伊藤晴雨展会場】
090723_1407~01

<常設展示室>
090723_1407~02
 今回は、バイロスと同時代の作家の版画作品の展示です。

<図書展示室>
090723_1405~01
 特にテーマは無く、年度計画で展示の予定が無い絵を選んでみました。

<和室展示室?>
090723_1408~01
 日本画を展示してみました。

 まだまだ、ウ????ンです。今日も手を加えなければ!です。

 9月23日までの2ヶ月間の展示になります。是非来館お願いいたします。

 湯布院で2番目に不味いコーシーを準備して、待っていま???ーす!
 

<おまけ>
090723_0810~01
 昨日は、青紫でした。

<追記>
 北海道トムラウシ山での遭難の詳細が、少しづつ明らかになっているようです。
 私が学生時代、ホンの半年だけWV(ワンダーフォーゲル)部に属していました。その時に先輩に教えていただいたことがあります。それは『止める勇気を持て!』でした。
 現場での状況が、どうだったか?当事者でないので、何とも言えないのですが・・・・。
 今はただ亡くなられた方のご冥福と生還された方の心と身体の回復を祈るばかりです。

館長のつぶやき

090723_0548~01
 今朝は、ご覧のように濃???い朝霧で、何???んにも見えません。
 気温も、かなり低いのか?肌寒さを感じさせます。今見てくると、室内で22度、やはり低い!です。

 テレビの天気予報に映し出された航空写真を見ると、帯状の雨雲がくっきりと写っています。梅雨前線の雲の帯だそうです。まさか、この梅雨前線が消えずにそのまま秋雨前線に、何てことは無いでしょうが・・・・?。
 湯布院は、お盆を過ぎると一機に気温が下がるそうですが、今日が7月23日、あと3週間ほどです。今年は、アッと言う間に、秋になりそうです。

 昨日は、ブログを書き終えると、早速展示替えに取り掛かりました。ひとりで、ゴソゴソやっていましたが、中々進みません。
 11時頃、フト気付くとお陽さまが照っているような・・・・で、外に出て見上げると、何か変!
 日蝕の時間を、知りませんでしたが、午前中だと云っていたので、ウ???ン????取り敢えず、パチリ!(後で気づいたのですが、太陽の周りが真っ暗でした。)
090722_1054~01
 何か無いか探しましたが・・・・・無い!違うよな?で、作業再開。
 まもなく、応援の娘が到着し、その話をすると、「確か、今真っ最中じゃない!」で、大慌てで見上げると、今度は雲が掛っているので、欠けたお陽さまが見えました。まともや、パチリ!
090722_1116~01
 写メじゃ、やっぱり写せませんでした。でも、見れたので、満足!満足!でした。(どうも、最初に撮った時が、湯布院で一番欠けた日蝕の瞬間だったようです。)

 娘と日蝕で一騒動した後、早速、作業を再開。で、いきなり収蔵庫の換気扇の掃除でした。で、写真が、掃除で吸いだした鳥さんの巣の残骸です。
090723_0549~01
 掃除機の中は・・・・・・お見せできません!
 これで、ようやく収蔵庫に立ち込めた嫌???な臭いを除去することが出来ました。バンザーーーーイ!バンザーーーイ!

 で、出たり入ったりした掃き出しの網戸で見つけたウスバカゲロウさんです。
090722_1031~01
 たぶん、これが抜け殻?
090723_0549~02
 夜まで、ジ????ッと網戸にへばり付いていました。

 娘のお蔭で、かなり展示替えも済みましたが、まだまだです。
090723_0551~01
 今日も手伝えるとのことで、お泊りになりました。

 夜、夜食を買い出しに行き、石松温泉へ・・・・・・ウ???ン?駐車できないように。もともと、消火栓があるところなので、駐車禁止の印?でしょうか。これからは歩くか?川西温泉に行った方が良さそうです。反省!

 さて、ブログも書いたし、朝食を食べて、また始めますか!
090722_0626~01
 ウ???ム、今朝の御山は、綺麗ですね?。お天気は、雨なんですが、御姿を見せてくれました。
 先日来、御山を仏様に譬えてきましたが、さしづめ今日は観音様でしょうか。

 さて、昨日の湯布院は、降ったり止んだりのお天気でした。
 で、午前中は館内の点検と建物周りの見回りでした。と、駐車場の端に・・・。
090721_1125~01
 そんな天気の中でも、ご覧のようにモグラ君はトンネルを掘っている様でした。
 また朝顔も、健気に花を一輪つけていました。
090721_1119~01
 今日は、昨日までお花を付けていた蔓のお隣の蔓でした。

 見回りの後に、次回企画展のチラシと森の散歩道への掲載依頼文を作りました。
090721_1433~01
 作り終えたのが、丁度正午でしたが、この頃に雨が一番強く降り始めました。
090721_1218~01
 雨どいから、雨水が激しく噴き出していました。
090721_1219~02
 おばあちゃんの畑の端には、ご覧のように小川が出現、畑の土を削り取って流れていました。
 ブログの写真をゲット。さて、お昼にしようかでしたが、ウン!良い景色だな?と撮ってみました。
090721_1221~01
 ピントはワザと外しています。

 で、買い出しに行けず、昼食は非常食状態。
090721_1216~01
 写真のおにぎりと漬物だけでした。これが、何故か美味い!

 夕方、雨は小康状態になりました。で、少し早めに館を閉め、駅ホールへ作品入れ替えのお手伝いに出かけました。
090721_1758~01

090721_1801~01
 今回は、CROSS OVER ?由布院と世界のある日ある場所ー 石松健男写真展 (会期; ? 8月19日) アートフォーラムは、7月25日(土)19:00? です。

 手伝いの方がたくさん居られたので、少し早めに展示替えから帰り、一人ぽっちの夕食も済ませ、ボチボチ寝ようかと、カーテンを閉めかかると来客がたくさん来ていました。
090721_2135~02
 居ないと思っていたアマガエルさんです。やっぱり、居ました!
090721_2138~01
 クワガタさんです。一昨日のより一回り小さかったです。メスしか来ないな??
 その他にも、いろんな虫さんたちが網戸にへばりついていました。
 
 日付が変わった頃から、また強い雨が降り始めました。どうも虫さんたちは、このことを察知していて、わが家に避難して来ていたようです。

 さて、今日・明日は休館です。作品入れ換え、がんばりましょうかね!


 世捨て人になって以来、新聞を取っていないので、世事に疎くなっているのですが、ニュースを見てびっくりしました。直線距離にすれば100kmほど、ホンお隣と云っても良いくらいの処、山口県に大水害、特に防府は土砂に浸かってしまったかのような惨状に、唖然としました。特別養護老人ホームの建物のホールは土砂で埋まり、真中を川が流れているようでした。亡くなられた方、罹災された方に対しては、言葉がありません。
 今日のお昼からは、雨が上がると云っていましたが・・・・今はただ、行方不明の方が、無事救出されることを祈るばかりです。
090721_0603~01
 ご覧のとおり、雨雲が低く立ち込めているために、全く御山は見えません。
 昨日は、時折思い出したかのように雨が降るお天気でした。真夜中を過ぎると、風は無いのですが、雷を伴った強い雨となり、現在も続いています。既に、降り始めからの雨量は、かなりになっていると思います。この空模様から、今日一日強い雨が続くのでは?ですので、土砂崩れなどの災害が懸念されます。連休明け、通勤は勿論ですが、お仕事にもかなりの支障が・・・くれぐれも気をつけられますように!

 さて、昨日も雨間を縫って、ブログのネタ探し!まずは、この写真です。
090720_1341~01
 最近、体調を壊しているために、お酒を控えられているお菓子屋のご主人に頂いたクレマチスです。(先日の幼稚園の夕涼み会では、二人でたくさんビールを呑んでしまいました。)
 蔓は、ご覧のとおり伸びてきているのですが、花芽が付いていませんし、葉っぱも小さい?様な気がしています。今年は、お花は無理かもしれません。

 その傍で見つけたのが、こいつです。
090720_1344~01
 ゆのひらりんさんのお宅に出没しているクワガタ?じゃ?無さそうです!マークがありませんでしたので。

 ところで、先日から気になっているのですが、アマガエル君と天道虫さんが今年は全く見かけません。わが美術館から、虫やカエルが逃げ出している????ウ???ム、倒産・閉館・夜逃げ・・・不吉の前ぶれでしょうか?まあ、吉があっての不吉ですが、開館以来吉になったことが無いので、不吉も無いと思うのですがね?????

 それに、おばあちゃんの畑との境に、今年も野菊が咲き始めました。
090720_1347~01
 これって、吉兆でしょう!まあ、ものごとは考え様ってことですかね?

 昨日はその不安定なお天気を縫って、娘が遊びに来ました。夏休みを六日貰ったので、お友達と宮崎に行って来たそうで、お土産を持って来てくれたのでした。
090720_1947~01
 写真上部の小さな四角い包みは、<焼酎こんぺいとう>。右下の食べかけのケーキは、<マンゴーロールケーキ>。この他に、<マンゴージュース>等々がありましたが、カミさんが持って帰ってしまったので、写真が撮れませんでした。
 写真左下のCDは、娘が録画してくれた映画やテレビ番組です。

 2時頃に、カミさんと娘は、温泉へと玄関へ。と、お客様が入れ替わりにいらっしゃいました。『ゆふいんのこともっと知ろう企画』で来られた【山水館】の従業員さんでした。早速、館内をご案内。で、仕上げに湯布院で2番目に不味いコーシーもサービスしました。
 4時過ぎにカミさんと娘が帰ってくるのと入れ替わりに帰って行かれました。で、娘の一言、「また、お父ちゃんが話しつづけるから、帰るに帰れなかったんじゃ無い!」

 で、連休も終わり、カミさんは4時過ぎに、娘も6時過ぎに帰ったので、また一人ぽっちです。娘は明日また来てくれる筈???です。今日は、ヤフードームに、ソフトバンクの応援に行く筈です。私は、楽天の野村監督が好きなんですけどね!

 さて、今日で、開館二周年記念『ヒゲ館長の特選展』が閉幕です。次回は、夏の特別企画展『三奇才展』です。明日と明後日で、作品の入れ替えです。今回は、娘が手伝いに来てくれるとのことなので、助かります。

 と云うことで、作品紹介は無しなのですが、折角ブログをご覧いただいていますので、今回の目玉の写真を一枚、再掲します。
090207_0734~01
 平野 遼さんの『薪能』です。とっても良い絵です。
090720_0638~01
 今朝は、ご覧のように雲が懸っています。明け方に少し雨が降ったのでしょうか?草が濡れていました。お天気は曇りでしょうか???三連休の最後の日、<海の日>だそうです。海の記念日って云っていたと思ったのですが・・・・。
 海の日なんですが、世の中はお空の方に気が行ってしまっているようです。テレビも海の番組ではなく、皆既日食のことばかりのようです。

 湯布院も、海が無いので、単なるお休みってことになるのでしょうね?

 さて、この頃開館の準備を済ませると、ブログのネタ探しが仕事になっています。良く見れば、結構在るもんです。
 まずは、この写真です。
090719_1907~02
 ジャノヒゲの一種でしょうか?ピンクの海ぶどうの様な(沖縄の影響か?)お花が盛りです。
 その隣の耕したばかりの畑に、「何じゃこりゃ?!」
090719_1907~01
 足跡です。近くには野良犬は居ません。猫の足跡より大きい。と云うことは、たぶんタヌキだと思います。でも、わが美術館の畑には、タヌキ君の好きそうなものは無いのですが・・・・。
 
 たった二枚ですが、今日の写真は、これでお仕舞です。済みません!
 正直、ブログネタは、毎日毎日そんなにあるもんじゃ無いです。でも、出来るだけ慣れを失くし、感動の心を持ち続けることが出来れば、いくらでもあると云える・・・・かな??

 さて、昨日の美術館ですが、北九州からのお客様?がいらっしゃいました。もっとも、門司港の友人がお友達と一緒に訪ねてくれたのですが・・・・入場料をいただいたのでお客様です。(いつの日か?きっと友人から入場料をもらわなくても、経営できるようにしなければ・・・・・!)

 実は、一昨日に来たそうなんです。近くまで来て、場所が判らなかったので、電話したけど、出なかったとのことでした。ウ????ン、たぶん和室展示室?で、大の字になって、お昼寝をしていた時???油断大敵!でした。
 仕方ないので、その日のお宿へ向かったそうです。昨日は、宿泊した長湯温泉から念のため電話をしてくれたので良かったです。
 女性四人のなかよしグループで、時々集まって食事したり旅行したりしているそうです。今回は長湯の評判の旅館<翡翠之庄>に泊まったそうです。
 三時を回ってから着いたので、早速館内をご案内。説明&自慢話でした。湿度が高かったようで、かなり蒸し暑い中でしたが、熱心に見ていただきました。その上、少し?かなり汗ばんだ上にホットコーシーでした。コーシーを召し上がっていただきながらも、絵の話でした。フト気が付くと、五時前になっていました。次回の企画展の話もしていたのですが、それも見たいとおっしゃっていただけました。
 お泊りで来ていただいても良いのですが、女性だと三人が限界です。男性なら展示室に泊まってもらえるのですが、女性はそうはいかないので・・・・。
 でも、お待ちしていますよ!

 さて、今回の企画展最後の作品紹介です。大分在住の作家宮崎喜恵さんの日本画小品『杵築港』です。
080608_0701~01

 今日が、<海の日>と云うことで、この作品にしました。まあ、こじ付けです。海が大好きなのに、以外に海を主題にした作品は持っていません。いつかコレクションして置かなければ・・・その前に、サマージャンボを買いに行かなければ!でした。

<MG2成長日記>
090720_0641~01
 懸崖仕立になって来ました。
090719_0626~01
 今朝の由布岳です。昨朝の御姿が廬舎那仏だったら、今朝は不動明王の様です。
 ということは、その後の雲は、悪鬼を焼き尽くす火炎と云うことのなりますが・・・・?
090719_0627~01
 ご覧のように、不思議な形の雲が出ていました。もう少し良い角度をと探してるうちに、段々と形を変えてしまいました。残念!

 さて、昨日はとにかく暑い一日でした。それでも、午前中はお客様待ち。三連休と云うのに全く来ません。で、午後からは和室展示室?で大の字になってのお昼寝。すると、ウ??ン何処かから呼び声が・・・・「裏だよ!」と聞こえたので、行ってみると、下のおばあちゃんが「少しじゃけど・・・。」と袋に入った夏野菜をくださいました。
090719_0723~01
 トマト・胡瓜・ピーマン・ナスビでした。ありがとうございました。

 で、これでは遺憾!と奮起して、作りかけの裏の畑を耕し、2畝を起こして、また二十日大根と枝豆を植えました。
090719_0723~02
 これでも、まだまだたくさん種が残っています。さて、どうしたものか???

 夕方は、由布院幼稚園の夕涼み会に出かけました。
090718_1729~01
 何故か?今年は地元の人の出足が鈍いようで、いつまで経っても来ません。で、しびれを切らして、ビールとつまみを調達。
 陽が落ちて、提灯に灯りが点ると流石に皆さんもやってこられました。
090718_1938~02
 で、何度もビールを買いに走ることになりました。

 時間が押し迫ってくると、バザーの商品が余っては困るのでしょう?何度もアナウンスが入りました。で、値段が半分に。で、買ったのがこのグラスです。
090719_0637~02
 ミッキーの長いグラスです。これで、プレミアムビールを飲むと上手いだろうな?でした。150円でした。
 更に時間が下がると、半分の半分・・・滔々、どれでも5つで100円になりました。で、買ったものです。
090719_0637~01
 これでも500円にもなっていないと思います。スーパー顔負けの激安でした。

 帰りに、お菓子屋のご主人に誘われてお宅に伺い、おばあちゃんの手術後の様子をお聞きしました。お元気だと云うことで、安心しました。

 昨日も、こうして楽しい一日が終わりました。

 さて、今回の企画展も、余すところ3日です。作品紹介も残り2回になりました。で、今日の作品紹介は、吉田 博さんの『風景』です。
090719_0655~01
 明治9年生まれなので、日本油絵の草創期の頃の作家さんです。木版画にもすばらしい作品をたくさん残されています。
 この絵は、20年以上前にJAAオークションで手に入れたものですが、カタログの白黒写真で入札したので、状態が判りませんでした。70年ほど前の作品のため、残念ながらかなり傷んでいます。届いて、包みを開けた時の落胆の気持ちを今も覚えています。当時の私にとって、勉強代としてはかなり痛かったです。

<MG2成長日記>
 昨日、窓際に置いていたため、風で外に落っこちてしまいました。大慌てで拾いあげましたが・・・。
090718_1008~01
 元気がありません!
 今朝は少し回復してきたようですが????
090719_0650~01
090718_0549~01
 今朝の日の出の瞬間です。山並みに懸る雲を突き抜けて、夏の朝陽が輝きました。
 その30分ほど前の由布岳です。
090718_0513~01
 あたかも仏陀の後光のように御山の後ろが明るんでいます。由布岳が廬舎那仏に見えませんか!

 ところで、この写真のすぐ後、地震がありました。テレビのスイッチを入れて待っているとテロップが流れました。伊予灘沖が震源とのことでした。まあ、大きな地震で無かったので良かったです。

 さ???てと、毎日が日曜日で祭日の私にとって、今日からの夏休みも海の日を含む三連休も関係有りませんが、もしかお客様が増えるのではと、ホンのチョッピリ期待しています。
 お天気も、まずまずの様ですが、気象台の梅雨明け宣言はまだの様です。九州が、夏休みに突入しても梅雨が明けていない何て、嘗てありましたかね???記憶にないような?
 でも、夏休みです。昨日、買い物に出た帰りに、小学生三人がランドセルの蓋を開けっ放しにして、道端に座り込んでいました。きっと、通信簿の見せ合いをしていたんでしょう!今は昔の懐かしい・懐かしい光景でした。さて、家に帰って、お父さん・お母さんは、何と言うでしょうか??自然に、顔だ緩んで来ました。

 相変わらず、ブログのネタ探しに苦労しています。で、ウロウロ・・・・。防火用水池を覗きこんで見ると、アメンボーが飛行機虫を捕まえようとしていました。面白い様子でしたが、これは写真に撮れませんでした。で、目を移すと、隅っこの方に、ミズカマキリが二匹居ました。で、こいつ!こいつ!と一匹捕まえて、写メに収めました。
090717_1039~01
090717_1041~01
 北九州で、こいつを見ることは、まず無いです。もしかしたらタイコウチやタガメも湯布院なら居るかもしれません?
 ところで、この水棲昆虫も、昆虫と云うことなので、空を飛ぶのでしょうかね??まあ、良いですけど。

 他に何かとまたまたウロウロ。目を凝らすと、ジャノヒゲに花が咲いていました。
090717_1121~01
 本当に小さな小さなお花です。間もなく、真っ青の実を付けるのでしょう。

 もう一枚。
090717_1118~01
 目の前の庭木の支柱に、トンボ君が、さも写してくれ?!とばかりに飛んで来ました。

 どうにか、ブログになりました!

 昼間は、こんな調子でしたが、夜はアート委員会の会議でした。
 来年一月末に予定している自主企画展や22年度の駅ホールの展覧会の募集要項の検討などが議題でした。
 いろんな意見が出て、熱心な討議でした。

 と云うことで、作品紹介に移ります。今日の作品は、永 武さんの油絵『ONLY ONE』です。
090716_1507~01
 枯れたヒマワリを素材に、エロスを描いたものの様です。今が盛りのひまわりの時期には、チョッと合わなかったようです。
090717_0525~01
 今朝、5時半の様子です。雨雲が由布岳に懸っています。現在は、この雨雲が更に降りて来て、朝霧の様に盆地を覆ってしまっています。由布岳は全く見えなくなってしまいました。

 さて今日は、ほとんどの学校の一学期終業式だと思います。いよいよ夏休みです。わが美術館の現在の企画展も残すところ五日になり、夏休み向けの新しい企画展が始まります。現在開催中の開館2周年記念展は、テーマが無く、私の好みで選んだ作品の展示でした。で、今度は強烈な個性を持つ三人の奇才の作品をそれぞれ10作品程展示することにしました。ウーーーン、気づきましたが、これでは計30点程しかなりませんね・・・・バイロスを除いて50点程の展示スペースです。残り20点は、どうしましょうか????まだ、衆議院の解散ほどではありませんが、時間はあるので、考えて置きましょう!

 で、昨日の出来事ですが・・・・午前中は????ボケが出始めたのではありません!何??にも無かったと云うことです。
 昼からも????でした。で、4時近くになり、さて晩ご飯の準備でもと、短パンに履き替え、シャツ一枚になって、ウン?お客様?で、大慌てでまた来替えて玄関へ。「ゆふいんのこともっと知ろう企画で来ました!」「アー、どうぞ・どうぞ!」で上がっていただいき、とりあえず名簿に記帳していただきました。で、お仕事は?と見ると、ノーマンロックウエル美術館の方たちでした。
 早速、館内をご案内&ご説明でした。夕凪のせいもあり、館内は少し蒸していましたが、熱心に聞いていただきました。ひと通り説明を終えると、「コーヒーをいただきましょう!」との申し出でした。
 で、説明書をお出しし、「由布院で二番目に不味いコーシーです!」でした。暑い中、ホットコーシーをお出ししましたが、「美味しいですよ!」との温かいお言葉をいただきましたが・・・残ったコーシーを味見してみると・・・チョッと濃かった様でした。ありがとうございました。

 お帰りになられたら、丁度5時になりました。夕食の準備を済ませ、館を閉めて、石松温泉へ。歩こうか????で、車で行くと、やはり先客が居られ、駐車できませんでした。歩いて来るんだったな?と反省しながらUターンし、川西温泉へ。先日お会いした地元の方とバッタリでした。
 で、温泉に浸かりながら、お風呂の窓から見える横の壊れかけた御社のことをお聞きすると、「毎年5月15日に六所宮からの御神輿三台?(御神輿の数え方が判りません?)と地元の御神輿二台が此処に集まってお祭りがあっていて、その人頭に士官さん?(これも字が不明です?)が馬に乗ってやって来て、宿泊していたが、川の河川改修工事が始まって、失くなった…云々」のお話を伺うことが出来ました。たいそう賑やかで、芝居小屋も立っていたそうです。見れなくて、残念でした!

 戻ってくると、お菓子屋の奥さんが見えたので車を止め、おばあちゃんの手術の結果をお聞きしました。大手術だったそうですが、上手くいったとのことでした。ひと安心でした。

 何も無いようで、記事にしてみると、結構いろいろあっていたようです。

 と云うことで、今日の作品紹介です。林 重義さんの水彩画『青柿』です。
090716_1505~01
 この絵を載せるために、下のおばあちゃんの畑の柿の木を撮ろうとしましたら・・・・。
090716_1509~01
 トウモロコシに頑丈な柵が設けられていました。人間とタヌキの戦い?です。一応、柵の手前の畑には小さな青柿が沢山落ちてる写真なんですけど・・・・。

<MG2成長日記>
090717_0605~01
 摘み取った芽の横から新しい芽が出始めました。小さく小さく育ててみましょう!

<おまけ>
090716_1712~01
 先日載せたナスビのチョッと卑猥な突起、お味噌汁で食べちゃいました。まあ、ナスビでした!

緒方 拳の『草』

 今朝は、何と5時起きでした。というのも、これまた何と、寒くって眼が覚めてしまったのでした。気温は24度でした。ウ????ン、体感的にはもっとズーーーと寒い感じです。
 と云うことで、由布岳の時系列写真です。
<5時>
090716_0500~01
<6時前>
090716_0554~01
<6時10分>
090716_0609~01
 おそらく6時5分位が日の出だったと思います。雲が懸っていたため、既に昇った日の出の写真になってしまいました。

 さて、わが美術館玄関に植えた朝顔が咲きました。
090715_0806~01
 蔓も伸びきっていないのに・・・・健気な奴です。他の蔓にもツボミが付いています。次から次と咲いてくれるといいのですが?

 昨日は、次回企画展のチラシを作りました。
090715_1707~01
 相変わらず、パッとしませんが、私の技術ではまだこんなものでしょう。

 丁度、作り終えた頃に、【受け月】の芸術家さんが、ギャラリーの新しいチラシを持って来てくれました。
090715_1708~01
 菊池正剛さんの色鉛筆画で、会期は7/15?7/31までです。
 今回は会期が2週間足らずなので、早々にお昼過ぎにお伺いしました。
 お子様を愛情を持って描かれた作品でした。売り物ではないとのことでしたが、「これは売る訳にはいかないだろうな?!」が、正直な感想でした。一つ一つ、丁寧に描かれており、描かれたお子さんへの想いが溢れていました。
 見せていただいていると、芸術家さん(此処ではウエイトレスさん)が紅茶を持って来て下さいました。ありがとう&ご馳走様!でした。お礼と云う訳では無かったのですが、お菓子屋のおばあちゃんが入院されていると聞いていたので、お見舞いにケーキを買って帰りました。
 そのままお菓子屋さんへこのケーキを持参。と、「明日、手術です。」とのこと、ビックリでした。早く良くなって、元気な姿を見せて欲しいものです。

 ところで、昨日の夜のテレビ番組で、緒方拳さんの特集があっているのを偶然見ました。
 緒方さんは、辰巳柳太郎さんに憧れて、新国劇に入団。運良く、辰巳柳太郎さんのお世話をする付き人になれたそうです。
 が、緒方さんはこれに不満で、ある時に「俺は、演劇をやりたいんだ!」と怒鳴ったそうです。これに対して辰巳さんは、「演劇とは見て覚えるもんだ!」と呟いたそうです。[見て覚える]=役になり切る・・・役の心を掴むと云うことだそうです。
 と、次に島田正吾さんから認められ、今度は役の形を、手とり足とりで徹底的に教えてもらったそうです。
 この二つのことを、寝ながら反芻してみました。絵を描くことに対しても同じようなことが云えるな?!でした。描く対象を心で掴み、それを描けるだけの技術を持つ。技術が無ければ訴えられないし、心を掴んでいなければ感動を与えられない。そう云うことなのではないのでしょうか????
 で、今日の作品が、緒方 拳さんの書『草』になった訳です。
090716_0557~01
 今回の企画展の作品紹介では、既に一度紹介済みですが、敢えて載せました。
 この字、良く見ると、人懐っこい笑顔の緒方さんに見えてきました。
090715_0516~02
 今朝は早起きでした。日の出まで30分ほど、5時過ぎの御山の姿です。朝雲があたかも噴煙の様に山頂に懸っています。

 昨日、市報<あらかしの森林通信7月号>が届きました。で、「ヘ???、ところ変われば品変わるだ!!」の記事を見つけたので、ご紹介しましょう。
 まずは、この記事です。
090714_0943~01
 「マムシの咬傷事故にご注意ください!」です。北九州だと家の近くでヘビを見たのが15年以上前、もちろんマムシなんかではありませんでした。マムシを見たのは、それより5年程前ですからもう20年以上前です。
 由布院の冬は厳しいのでヘビは居ないと思っていましたが、結構いるようです。但し、マムシは、こちらに来た時に、改築工事中にいたと聞きましたが、私は今だに見たことはありません。
 まあ、気を付けるに越したことはありません。

 次は、この記事です。
090714_0941~01
 何と、空家情報です。行政が空家の有効活用に関わる様になったそうです。
 市報ですので、市民が対象の様ですが、HP等に掲載されていますので、市外の方も情報を得ることが出来るようです。
 この情報をもっと早く知っていればな?、でした。

 ところで、びっくりニュースです。ウチのカメ太、何と虫も食べるようです。
 現在、カメ太はお風呂場で放し飼いにしています。餌は、主にレタスです。が、昨日洗濯をして洗った水を流すと、何処かからクモが出てきました。見ていると丁度カメ太の目の前へ。と、いつものスローモーな動きからは想像できないスピードで、咬みつこうとしました。残念ながら、クモ君の方が一瞬速く、逃げ遂せてしまいました。
 <残念そうなカメ太>
090714_1430~02
 <どうにか逃げたクモ君>
090714_1430~01
 カメ太君、いつもガサゴソやってるな?と思っていましたが、もしか虫を探していた?のだったかな。

 もう一匹!
090714_1132~02
 カマキリ君でした。アサガオの蔓の支柱を立てていて、腕に何かと払いのけたのが、このカマキリ君でした。ムカデのトラウマで、ご免ね!でした。怪我はしていない様でしたので良かったです。写メを向けると「何だ、バカ野郎!」って顔で睨まれてしまいました。

 さて、今日の作品紹介です。四方田草炎のデッサン『牛』です。
090714_0624~01
 お盆のお祭り?で、街中を牛が行進すると聞いていますが、湯布院でまだ見たことはないのですが、何処かで飼われているのでしょうね?

<MG2成長日記>
090715_0535~01
 小さく、卓上で育ててみようと、芽を摘んでみました。さて、どうなりますことか?
090714_0620~01
 昨朝とほぼ同じ時間の朝陽ですが、一段と強烈な煌めきで輝いています。梅雨明けの様です。(気象台はまだですが、わたしの感覚では間違いない!)
 
 昨日は、一日中暑かったし、蒸しました。暑いから、涼しい場所を探してウロウロ、で動くからまた暑くなるでした。陽が落ちても暑いままでした。しかも、石松温泉に行くとまた駐車場が塞がっていたので、Uターンし我が家のお風呂で我慢することになってしまいました。一昨夜開店したばかりのビヤガーデンも暑さで閉鎖。で、扇風機の前で焼酎をチビチビでした。夜になっても、室内の温度が下がらなかったので、滔々クーラーの登場になってしまいました。今シーズン最初のクーラーでした。夜寝る前にはスイッチOFFのため、夜中に何度か目が覚めて寝坊した訳です。
 まあ、長々と朝の御山の写真が昨朝と同じ時間になってしまった言い訳でした。

 で、写真を撮ろうと掃き出しの網戸で見つけたのが、これ!
090714_0621~02
 カミキリムシでした。またもやアサカミキリでないため逃がしてあげました。やっぱし、居ないな?!

 昨日は、暑さのせいで来客無し、で、またもや草刈り。先日の草刈りで燃料がなくなったし、そんなに伸びていないようだったので、まあ良いかと思っていましたが、ビヤガーデンで蚊が出たので刈ってしまいました。
090713_1252~01
 これで、蚊も大丈夫でしょう!

 刈り終わり、作業着の洗濯。ついでに台所マットも洗濯。
090713_1251~01

 で、洗濯石鹸が無くなったので、買い物へ。で、途中で、田んぼに浮かぶ御山を激写!
090713_1442~01
 これも由布院の売りの一つなんですが・・・・みんなお土産散策で帰ってしまいます。トホホ・・・。

 夕方、夕食の準備でもしようとしている処へ、お客様が。夢二山荘のN女史でした。先日、会長さんが来られたので、来て下さったようです。
 帰宅途中だったようで、お急ぎのご様子でしたが、私目はこれ幸いと自慢話でした。インスタントのアイスコーヒー(アイスはインスタントになります。悪しからず!)を飲んでいただきながらもペチャクチャ!でした。お急ぎの処、まことに済みませんでした。

 で、今日の作品は、そのN女史が気にしておられたブロンズの裸婦像です。
090714_0632~01
 公立or名のある美術館でしたら展示されることはないでしょうが、わが美術館、作者不詳・値段の高低は関係ありません。ヒゲ館長である私が気に入ったものは展示するのです。これ、全くの<ま・け・お・し・み>です。所詮サラリーマンコレクター、そんなに有名な人の作品や高価なものは・・・でも、見る眼は持ってるつもりなんですが?まったくの<つもり>です。
 この像、時々題名が変わります。最初は『河童』でした。次は、『無心』。現在は、『傷心』です。作者不詳ですから、題名も不詳。私目が、ゴッドファーザー(名付け親)です。

 さて、今日は・・・・・・何をしようかな??

<MG2成長日記>
090714_0621~01
 蔓が元気良く伸び始めた?かかか・・・・・。ボチボチ添え木が、卓上の飾りにしておくにはどうすれば???芽を摘んだらどうかな??
090713_0612~01
 昨夜のテレビ番組<ハリーポッター>のせいで、朝寝をしてしまいました。ご覧のように、朝陽が昇ってしまっていました。
 お天気は、晴れ。暑くなりそうです。

 さて昨日、開館の準備を済ませると、お隣の神社で夏の大祭の準備が始まりました。お手伝いに行こうとも思いましたが、担当地区があるそうで、総代さんにお聞きしたらお参りだけで良いとのことでした。・・・・・・・あまり出しゃばらない方が良いようです。

 お昼前に、門司港からお客様がいらっしゃいました。と云っても、友達なんですが・・・。で、頂いたお土産が、これです。
090712_1149~01
 何と、島原のソーメン一箱です。これで、今年の夏は大丈夫の様です。ありがとうでした。
 友人は、何度言っても、別府に泊り、わが美術館には泊まりません。気兼ねをしているのか?余程別府が面白いのか????周遊(はいかい)コースを決めているようです。
 癌が判明して2年程ですか、手術・抗がん剤の投与と一生懸命戦っています。前回・前々回は、もし運転中に何かがと、友人の運転での来館でしたが、昨日は自分の運転でした。8回の抗がん剤の投与が済んだので、経過観察になったそうです。顔はいつもと同じでにこやかな笑顔を浮かべていましたが、時折複雑な心情を吐露してくれます。私には到底推し量ることのできないことなので、聞いているだけです。
 彼は、ジッとしていることが苦手で、わが美術館に来ても、すぐに次の目的地に向かいます。今回は、1時間ほどゆっくりして?「また、来月来るは!」の言葉を残して、町内にある行きつけのお店を目指して行きました。来月も待ってるよ?!です。

 お昼を済ませると、お隣の神社の御触れの太鼓が聞こえてきましたので、留守の準備をして出かけました。
 祝詞が上げられ、榊が奉られ、御神酒が出て、30分ほどで無事に終わりました。なおらいも、出しゃばったらと遠慮しました。馴染んでくると、どうも面白くないですね。知らなければ、ドンドン押し掛けて騒ぐのですが・・・・・・。

 館へ戻って来ても、・・・・・・ブツブツブツ・・・・・でした。こんなことなら何と言われようと行けば良かった!反省!
 フッ切るために、雑草刈りをすることにしました。
 で、一時間ほど作業した結果です。
<駐車場>
090712_1814~01
<裏庭>
090712_1518~01
 但し、カヤツリグサは、ご覧のとおり残しています。
090712_1522~01
 で、作業を終え履物を脱ごうとすると・・・・逃げだしてきたカマドウマ君。
090712_1659~02
 行き場を失くしたようです。カヤツリグサに入って行きなさい!でした。

 で、この頃ハマってるのが、これです!
090712_1517~01
 卵と砂糖と氷で作るミルクセーキです。器が無いので丼鉢です。暑い時にはこれが最高です。昨日も作業の後作って食べました。一機に汗が引いてくれました。

 ひとごこちついて、草刈りの後を見ると・・・・・ウ?ム、次はこれか!
090712_1815~01
 庭木の剪定です。その内、気が向いた時にします。

 夕方、温泉へ。石松温泉の駐車スペースに先客が・・・で、Uターンして、川西温泉にしました。途中、平の公民館前にパトカーが。この頃よく停まっています。用心!用心!
 川西温泉に浸ると地元の方が来られていましたので、ご挨拶がてらに雑談。昔の様子等をお聞きすることが出来ました。ついでに吾輩のヒゲもお褒めいただきましたが、畑作りの話の中でカボチャを作りなさいになりました。その時出た話(都都逸?)が≪浮気男とカボチャの蔓はあたりかまわず伸びて行く≫とは、どうも私のひげを褒めた?のではなかったかな?

 帰って来て、今年初めての、ビヤガーデンでした。由布岳を見ながら、軒先に椅子を出して、昨日は焼酎の水割りとつまみ(トマト・枝豆・白ネギの串焼き・数の子の粕漬け)で一杯!最高ですねー。
 で、フト足元に見つけた枯れかかったキノコを激写!
090712_1831~02
 ウ???ム、良く撮れてるー!

 さて、今日の作品紹介です。星野真吾さんのデッサン?人拓?『作品』です。
090712_1540~01
 何を描いているのか?チンプンカンプンですが・・・・。

<MG2成長日記>
090713_0613~01
 蔓が伸びてきました。
090712_0526~01
 夜明け前、1時間程前の由布岳です。山頂付近に雲が残っていました。
 現在は、雲が取れてきましたので、もう一度撮ってみました。
090712_0559~01
 お天気は、晴れ間も見えてきましたので、回復してくるのではないでしょうか。

 さて、今日のブログは、まずはお花にしましょう。
 館内には、あちこちに豆盆栽らしきものをおいていますし、お庭で採れるお花も活けています。
 そのお花を二題。
090711_1653~01
 ネコマンマを壁掛けに活けてみました。以前は、たくさん咲いていたのですが、草刈りのため少なくなってきました。雑草も適当に咲かせてあげないと・・・・。名旅館無量塔さんでは、自然体のお庭造りと聞いています。わが美術館も・・・無理ですね?。
 次は、もう終わりかな?
090711_1635~01
 アジサイです。枯れた花が目立つようになってきました。梅雨も間もなくですね。沖縄行のお土産の折りヅルを添えてみました。
 
 次は、そのお花を庭に採りに行き見つけたもの二題。
 地味なお花です。
090711_0934~01
 美術館建物前の庭をこのカヤツリグサで一杯にしようと思っています。もちろん、雑草です。せいぜい20?位にしか育たないので、本当に緑のふかふか絨毯です。毎年、増え続けています。
 次は、何だと思いますか?
090711_0933~01
 小さな小さなキノコでした。
 目を凝らすと、まだまだ色んなものを見つけることが出来るようです。

 さて、次は本です。北九州で二冊仕入れてきました。
 まずは、2ヶ月ごとに発行される絵の情報誌<アートコレクター>です。
090711_0626~01
 開催中・予定の展覧会やオークションの情報満載の冊子です。現在のアートシーンを知るのに最適です。だからと云って、どうだと云う訳ではありませんが、来館されるお客様との会話には必要かな?と読んでいます。
 今回、気にかかった記事がこれです。
090711_0627~01
 金属で小さな昆虫を作っている満田晴穂さんという方の記事です。欲しいけれど・・・ますます、工芸と芸術の境が無くなってきているようです。
 その下の記事は、先般別府で開催された<混浴温泉世界>の中の[わくわく混浴アパートメント]でした。わたしも、この記事のとおり、「メイン展を食う程の存在」だった気がしました。

 もう一冊。
090711_0629~01
 <病気は自分で治す>と云う本です。まだ、読んでないのですが、現在の対象医療に対する根治治療についての考えのようです。「そうだ!そうだ!」と拍手を送りたくなるような題名です。

 さて、今日の作品は、小杉小二郎さんの油彩作品『コスチュームパリジャン』です。
090711_1637~01
 彼の若描きの作品です。この絵を購入した後、売れっ子画家になってしまったので、この一枚だけです。残念!

 今日は、お昼前に門司港の友人が来てくれると電話が入っていました。1時からはお隣の神社の夏の大祭です。ちょこっと忙しいようです。

<蛇足>
 俳句を三題
? 夏近し 逝き方教えぬ 道しるべ
? 白き朝 あと一息の 夏の吐息か
? 雨間から あれは夏かと セミの声

 還暦を間近に控え、死に方(逆にいえば生き様)を考える歳になりました。道しるべは、昆虫のハンミョウのことです。
 白き朝は勿論、朝霧です。昨日、セミが鳴いているのに気が付きました。
090711_0606~01
 今朝は、雨?が、降ってはいません。由布岳は、残念ながらご覧の状態です。今、テレビの天気予報では、大雨になると云っていました???。(私は、予報は信頼していませんが・・・。)

 北九州から帰ってくると、絵ハガキが郵便ポストに待っていてくれました。沖縄でお世話になったタクシーの運転手さんからでした。
090711_0610~01
 先輩からもらってきた写真のうちの2枚、右の写真に一緒に写って居られる女性が、その運転手さんです。ありがとうございました。
 ちなみに、左の写真に一緒に写っているのが、先輩です。こうした姿で、二人並んでいれば、胡散臭く思われてもおかしくないですよね。

 さて、今日はチョッと変なお写真を一枚紹介しましょう。
090710_1627~01
 ウーーーム、チョッと見ようによっては、卑猥に見える突起が、ナスビから飛び出しています。
 昨日、帰ってくる途中でいつもの野菜市場【よっちょくれ】で買ってきたナスビの中に入っていました。何で突起が出来たのか????
 で次は、普通のナスビです。何ちゃって!
090710_2024~01
 ?????何か変でしょう!判りませんか?
 実は、ちっちゃいナスビは、ナスビではありません!
090710_2022~01
 これで判るでしょう!
 判らない?
 実は、黒サンゴで出来た細工ものでした。良く出来ているでしょう。最初に紹介した突起の出たナスは本物の野菜です。そちらは自然が創ったものですが、これも良く出来たもんです!

 さて、今日の作品は、またまたバイロスの『蔵書票』です。
090710_2016~01
 何で?今日もですが・・・いよいよ紹介する作品が無くなってきたせいもあるのですが、次の写真をご覧ください。
090708_1319~01
 綺麗な風景写真でしょう。実は、この写真は、カレンダーの写真を写メで撮ったものです。
 北九州に帰り、トイレで用を足していて、壁の写真に気が付きました。で、パチリ!
 実は、この場所が問題です。何とこの写真の場所は、クロアチアです。今、海外観光の目玉になりつつある場所ですが、此処はバイロスが生まれた国です。
 バイロスは、1866年8月28日にクロアチアのザグレブと云う所で生まれ、10歳になるまで此の地に住んでいたようです。
 バイロスは、ほとんど人物を主題にしており、風景は描いていないようです。こんな素敵な風景の中で育ったのにです。と云うより、こんな風景だからこそ、描かなかった?描けなかったのかもしれません。だって、実際に目にしている素晴らしい風景を描く必要が無かったし、それ以上に描くことは無理だったからでは無かったでしょうか?
 
 ウ???ン、やっぱり死ぬまでには行っておかねば!!!!

永 武の『男』

090710_0929~02
 今朝は、北九州から帰って来ましたので、アップが遅れました。済みません!
で、御山の写真は、9時30分頃の御姿です。雲に隠れて見えません。お天気は、雨が降りそうな気配ですが、大丈夫みたいです。(この表現じゃ、どっちか判りませんね!・・・・ワザとです。)

 帰ってくる途中、トイレで仙の岩に寄りました。お便所が修繕され、掃除も綺麗に済んでいました。壁に穴を開けたり、水道管を聞きぬいたり、ゴミを散らかし放題にされても、地域の方たちが、一生懸命修繕してくださっています。ありがとうございます。
 見上げると仙の岩も清々しく見えました。
090710_0742~01
 もう、壊さないで、気持ち良く使って欲しいですね。
 (大和民族って言葉は消えたのでしょうか?民族の誇りを失って、自由だ!自由だ!を叫ぶのって、虚しい気がします。)

 お陰さまで、気持ち良く、また運転をすることが出来ました。
 少し進んだところで、道路端から何か動物が出てきました。大きさは子犬位で、歩き方がチョコマカ・チョコマカしていました。で、動物の横に並んで車を進めながら見ると、何と【タヌキ】さんでした。車を慌てて止めて、写真を撮ろうとしましたが側溝の土管に逃げ込んでしまいました。野生のタヌキは生まれて初めて見ました。正直、可愛かったです。でも、タヌキ君は、おばあちゃんの畑のトウモロコシを食べるのです。

 で、もうじき湯布院だ!の所で、今度は虫が目の前に降りてきました。曳かない様に股越して、車を止めるとカミキリムシ?で、写真にと思いましたが、動きすぎるので取り敢えず捕まえて帰りました。
090710_0905~01
 ご覧のように真っ黒けのカミキリムシ?でしたが、アサカミキリではない様なので、逃がしてあげました。

 ここで、話を大きく変えますが、北九州で美術館に行き、見た展覧会を紹介しましょう。何せ、スタッフに友人が居ますので、宣伝に協力です。
090710_0914~01
 現在、【浜田知明展】ー不条理とユーモアーが開催されていました。初年兵哀歌は、流石に見ごたえがあります。この他にも彼の代表作のほとんどが網羅されており、加えてブロンズ作品も沢山展示されていました。浜田知明さんの作品を一望できる良い機会だと思いました。生憎、明後日12日の日曜日までなのですが、まだの人は是非行かれてください。
 で、次回が、また良い!福冨太郎コレクション【美人画の系譜】展≪7/18?8/30≫です。
090710_0913~01
 是非、いつかは見ておかねばと思っておりました鏑木清方の『妖魚』が、やってくるのです。
090710_0913~02
 清方が、死ぬまで手放さなかった作品です。この絵一枚だけでも十分見に行く価値があると思います。是非、ご覧になっていただきたいと美術館スタッフの友人に代わりましてお願い申し上げます。

 さて、わが美術館の方の話に戻り、作品紹介です。
090710_0858~01
 永 武さんの水彩画『男』です。こう云う絵は、わが美術館でしか見れません!
 わが美術館の今回の企画展も、あと10日ほどです。次回、いつ展示するか判らない絵もありますので、是非、ご来館ください。

<MG2成長日記>
090710_0916~01
 滔々、文字の描かれた子房の部分が落ちてしまいました。
090710_0918~01
 長い間、ご苦労様でした!です。
 今日も、北九州なので、ブログはお休みです。

 折角、ご覧いただいたので、作品の写真を一枚。
090707_1331~01
 バイロス蔵書票です。
 今朝は北九州です。まもなく病院に行って、血糖値の検査です。遺伝的に糖尿病体質のようで、歳を重ねていくに従い、血糖値が上がって行くそうです。今年に入って少しづつあがり始めています。まあ、取りあえず一つ夢は叶えたので・・・。でも、人間中々ポックリとは逝けない様なので、できるだけ健康であらねばです。

 昨日も、お昼に一組お客様がありました。昼食の後始末をしていて、フト気がつくとご覧になられていました。大慌てで出ていき、「いらっしゃいませ!」の挨拶をし、コーシーの準備。で、「後で、コーヒーをおだしします。」とお声を掛けて・・・・・ウーーン、説明をどうしよう???。おふたりが別々にご覧になられているようなので、静かにしていた方が・・・。
 暫くすると、喫茶展示室にこられました。若い女性お二人、友達同志でのご旅行のようでした。
 「どちらからですか?」「愛媛からです。」「愛媛だと、足立美術館が近いですかね?」「エッ、まあ????」と。後で考えたら、完全に愛媛と島根を間違えていました。すみませんでした。
 で、コレクションについて少し?説明。お話のご様子から、美術館めぐりと言うわけでなく、何でも見てやろう!のようでした。
 で、観光案内図を持ってきて、此処と、此処と、此処を廻られたら?何て、余計なお世話をしてしまいました。これまたすみませんでした。
 もっとお話を、とも思いましたが、遠くから来られ、たくさん見たいでしょうから、我慢!それでも1時間ほど居られた後、次へ向われました。また来てください!

 作品紹介の前に、写真を一枚。
 お見送りした後、片付けを済ませ、外を見ると?????。
 090707_1334~01
 たぶんモグラ君の仕業でしょうが、おばあちゃんの畑に出来た<御神走り>??諏訪湖などに冬出来るあの<神渡り>の様に、土が神社に向って割れていました。

 では、今日の作品です。バイロスの『蔵書票』です。
090707_1332~01
 魔女の宅急便のような蔵書票です。ところで、魔女さんはどうして箒にまたがって空を飛ぶのでしょうか?まあ、バケツやナベを被っては飛べないでしょうがね!

 さて、病院に行って、散髪に行って、美術館に行って、友人を訪ねて、義父さんを見舞いに行って・・・・用事が一杯です。
090707_0555~01
 6時頃の様子です。朝霧のせいで全く見えません。
 次の写真は、1時間後の7時頃の様子です。
090707_0617~01
 かなり朝霧が晴れて来て、由布岳が雲の上に聳えているように見えています。

 昨日、ブログを書き終え、開館の準備を済ませ、ホッとしていると電話のベルが。先日、訪問頂いた【夢二山荘】の会長さんからでした。「今日、京都に向かうので、先日話した資料を取りに来れないか?」とのお話でした。早速、お伺いする旨を返事しました。
 で、留守の準備をし、車を飛ばしてお伺いしました。前回訪問した時は、生憎休館日でしたので、初めて中を見せていただきました。
 版画を中心に、夢二の絵や豆絞り等のグッズ、池田満寿夫のブロンズ等が、所狭しと展示されていました。
 ふと、一枚の油絵に目が留まり「この絵は何方の作ですか?」とお聞きすると、「宇治山哲平だよ!」でした。宇治山先生の初期具象作品でした。ビックリして見ていると、こっちへと奥の部屋に案内いただきました。そこには、何と30号ほどの一目で判る宇治山先生の作品が壁に掛けられていました。王朝シリーズに一枚の様でした。最近、手に入れられたそうで、素晴らしい作品でした。
 絵を見せていただいた後、色んなお話を伺い、私よりかなり上のお歳だと思いますが、そのエネルギッシュさに驚かされました。
 で、頂いた資料がこれです。
090706_1244~01
 米倉斉加年・池田満寿夫に加え、竹久夢二の資料も頂きました。
 お忙しそうでしたので、早々に辞去いたしました。ありがとうございました。

 美術館へ戻ると、車が入って来ました。梅ちゃんがお客様をご案内して来てくれたのでした。
 お客様が、子供が沢山遊んでいるような楽しい絵が見たいとのことで、連れて来てくれたのです。子供を主題にした作品を見ていただいたのですが、残念ながら、どうも図書館の方が良いような内容でした。で、鬼ヶ島文庫へ連絡しましたが留守の様で、図書展示室で絵本をご覧いただきました。しばらくご覧になられたあと帰って行かれました。

 夕方、今度は駅ホールのK女史が、「ゆふいんのこともっと知ろう企画」の資料を持って来て下さったのでした。ついでにと、お忙しい中を引き留め、館内をご覧いただきました。と、呼び出しの電話が掛り慌てて帰って行かれました。この次はゆっくりと見に来て欲しいものです。

 夜、寝ようとして気づきました。ウン、満月???
090706_2315~01
 十四夜のお月さまでした。
 今夜が十五夜で、七夕様ですが、北九州に戻りますので、写真が載せられません。悪しからずです。

 さて、今日の作品紹介です。山本丘人さんのデッサン『浅間は見えぞ』です。
090706_0554~01
 この作品、以前紹介していると思っていました。検索してみましたが、初めての様です。
 山本丘人さんは日本画の巨匠と呼ばれる方のお一人です。箱根・芦ノ湖畔にある成川美術館が沢山収集されているようです。まあ、わが美術館では巨匠の作品には縁がありませんので・・・・。
 この作品は、その人となりを感じたので購入しました。岸田劉生の切り通しとまではいきませんが画家が目指そうとしている姿が見える気がします。
 ただ、この絵の題名『浅間は見えぞ』の【見えぞ】の言葉の意味が????です。
 [見えた!]のか?[見えない!]のか?「That is question」です。
 目を凝らして見ても、道の奥に浅間山が見えるような?気もしますが、見えない様な?気もします。
 描かれた昇り下りのある道には、轍(わだち)が描かれ、その先が・・・・・です。
 浅間を自分の目指すものだとすれば、まだまだ先人の通ったであろう道には厳しいものがあり、ようやく姿が見えるとこまで辿り着いたとみるのか?いやいや、先人の通った道を辿って行きつつあるが、まだまだ目指す姿が見えてこないと見た方がいいのか?

 貴方は、どう思われますでしょうか?この絵の前に立って考えて見てください。そして、貴方自身は、今何処に居るのか?も考えて見てください。

<MG2成長日記>
090707_0556~01
 <Thank You>の文字の書かれた子房の部分が重いのか?茎が曲がってしまっています。でも、もうじきこの子房も落ちてしまうようです。双葉の間から新しい芽も伸びてきました。


<おまけ>
 チョッと気持ち悪い写真かも???
090706_1754~01
 防火用水池に雨ん坊が大発生です。今年は蚊(ボウフラ)が多いいのでしょうか?しっかり食べろよ! 

 更に<おまけ>です。
 わが畑の様子。
<トマト>
090706_1719~01
 コリャ?、実は秋になるな??

<二十日大根>
090706_1718~02
 二十日って云うことだと、もうじき食べられるってことなのかな?ウーーーム、無理じゃない!

<枝豆>
090706_1718~01
 完璧に秋のビールのつまみの様です。夏の分は【よっちょくれ】で買いましょう!
090706_0549~01
 6時前の由布盆地の様子ですが、何も見えません。今朝は、朝霧です。雨とどう違うのか?まだよく判りません。
 で、現在7時すぎの由布岳です。
090706_0657~01
 な????んと無く判るような?です。
 この写真の様子から判りますように、お天気は良いようです。(しかし、天気予報は当たりませんね!)

 昨日は、ブログに書きました様に、朝一番で大分川の河川整備=草刈りでした。
 雨の中でもすると云うことが、今回で判りました。たぶん来週の日曜日は夏の大祭、その後はもう夏休み、と云うことで順延が出来ないからだと思いました。

 で、草刈の写真になる筈なんでしょうが、そんな余裕は有りませんでした。それに、皆さんが一生懸命されている時に・・・何となく撮りそびれました。済みません!

 草は、これが草か?木じゃないと思わせるほど大きく繁っていました。特に、わが山崎地区の担当区域は、毎年中洲が大きくなってきているようです。堰堤よりもこの中洲の広さの方が広いようです。みんな、先日からの雨で寝てしまって刈り難くなった葦を、水に浸かりながら刈りました。本当に、みなさん御苦労さまでした。

 帰って来て、まだ草刈り機の燃料が残っていたので、ついでと駐車場の草刈りもしました。
090706_0601~01
 どうせ汗と雨でビチョビチョに濡れていたので・・・・それにシャワーを浴びてゆっくりしたら動けなくなってしまいそうでもあったからでした。

 燃料を使い切ったところで、作業を終え、お風呂場でシャワーを浴び、ついでに着ていた服の洗濯をしていると、お客様がいらっしゃいました。大慌てで洋服を着て、「いらっしゃいませ!」のご挨拶をして、コーシーの準備。
 上品そうなご夫婦のお客様でした。ご様子から静かな鑑賞の方がいいのかな?とも思いました。でも、コーシーの準備の後は、ウズウズ。で、少しご説明を・・・・。
 何が少しなもんですか、しゃべくり廻ってしまいました。で、展示しているものはさて置き、あれを出し、これを出し、の自慢話になってしまいました。
 時間は大丈夫とのことでしたので、コーシーを飲んでいただきながらも・・・・・でした。
 フト、あまりにお引き留めをしても、と気が付き止めました。毎月九重に来られているとのことでした。
「絵はさて置いて、貴方の話をまた聴きに来ますよ!」との言葉を残されて帰られました。これに懲りずに、またいらっしゃって欲しいものです。(少し、反省!)

 で、今日の作品は、そのお客様が見せて欲しいと云われた平野 遼さんの作品です。
090207_0734~01
 薪能を描いた屏風にビックリされていました。

 さて、草刈りの疲れが、明日くらいに出てくる????かも。

<余談>
 観光協会の企画で、「ゆふいんのこともっと知ろう企画」のファックスが送られてきました。旅館やお土産屋さん、飲食店などに勤められている方を対象に、湯布院を訪れてくださった観光客の皆様に、由布院の魅力の一つである美術館や博物館の情報をもっと的確に伝えられるようにとの企画です。今月いっぱいの予定ですので是非この企画を利用してもっと知っていただければと思います。

保田龍門の『乳』

090705_0645~01
 何と、今朝は雨。昨朝と良く似た写真ですが、これは雨雲の様です。
 しかも、今から大分川の河川整備です。町内総出で、大分川の草刈りです。濡れた草に滑って怪我でもしない様に気をつけないと、です。

 さて、昨日は朝霧が晴れた後、梅雨が終わったのかと思わせるような良いお天気になりました。
 で、ブログのネタ探しに近所をウロウロ。
 おばあちゃんの畑のトウモロコシが花だらけになっていました。で、足跡と穴。
090704_1134~02

090704_1134~01
 狸が来ているようです。「まだかな??」って見に来たんでしょうね。

 写真を撮った後、またまたウロウロ。
 と、ご近所の方に声を掛けられました。「何しょんですか?」「ブログのネタ探しです。」「竹の子、湯搔きよるから、要らんね!」「良いですか!」で、湯搔きたての竹の子にジャガイモと玉ネギもいただいてしまいました。ありがとうございました。

 チョッと中断して、草刈りに行ってきました。くたびれました。

 さて、続きです。お隣の神社でこんなものの見つけました。
090704_1137~01
 竹に生えた木の子(キノコ)です。竹に木の子って変じゃないですか?

 最後は、美術館に戻って来て見つけたカミキリムシです。
090704_1129~01
 綺麗なのもいるようですが、きったね?カミキリムシでした。
 アザミも気を付けて見ているのですが、アサカミキリは居ませんね?!

 さて、草刈りでくたびれたので、作品紹介にしましょう。今日の作品は、保田龍門のデッサン『乳』です。
090705_0647~02
 この絵は、去年の八月に紹介していますので、一年振りの登場です。その後も、この作者の作品を探していますが中々です。まあ、この一枚でお仕舞かも・・・です。
 
 ところで、今回の企画展も、あと2週間ほどになりました。ボチボチ次回の企画を考えねばです。と、昨日、夢二山荘の会長さんが来て下さいました。次回が、三奇人展なんですが、このうちのひとり米倉斉加年の作品を扱っておられるので、作品が足らなければ、貸してあげるよと云って下さいました。で、所蔵しているものをお見せすると、これだけあれば良いのではと云って下さいました。また、伊藤晴雨の恋敵の竹久夢二についても、いろいろ珍しいお話をお聞き出来、わたしのホラ話の材料が出来ました。お楽しみにしてください。

寺田政明の『塔』

 久しぶりの濃???い朝霧に包まれています。
090704_0559~01
 その霧の中、朝陽だけがくっきりと浮かんでいます。
 で、車を飛ばして狭霧台に行ってきました。
090704_0613~02
 相変わらず綺麗な雲海が眼下に広がっていました。いつ見ても素晴らしい眺めです。
 振り返ると、昇ったばかりの朝陽のまばゆい輝きが・・・・・・!
090704_0615~02
 どうですか?由布院に来られたら、これを見て欲しいのですが・・・こればかりは、天に祈るのと早起きしかありません。

 さて、綺麗なものを見た後に、何ですが・・・・・。
090703_1126~01
 ゲゲゲ・・・・です。何だと思いますか?
 実は、小腹が空いたので、去年の暮に撞いたお餅(凍らせていました。)を食べようと、電子グリルにかけたのですが・・・・・。
 待っている時間に、久しく俳句を創っていないな?!になってしまい、お餅が忘却の遥か彼方へ!
 で、その答えが、この真っ黒い物体です。トホホホホ・・・。
 で、その時に考えていた句です。
 ? ふと想う 何か忘れて 来たような
 ? 地に伏して 瀕すればこそ 志(こころ)あれ
 ? 散る命 アダンの丘に 草むして
 ? テポドンに 万朶(ばんだ)の桜 また聴くや
 ? 梅雨空に 鎌首もたげる 天南星
 どうでしょう、ひとつくらい良い句がありませんか?
 ?と?の句は、現在の心境を詠んでみました。
 ?は、沖縄を想い詠んでみました。
 ?は、この頃のニュースに危惧を覚えて詠んだ句です。
 ?は、恩地孝四郎の版画『天南星(まむし草)』を見ながら詠みました。

 ?の句のときに思い出せば、炭にならなかったのでしょうが・・・・・全く違うことを考えていたもんで。

 さて、今日の作品紹介です。寺田政明さんの鉛筆画『塔』です。
090703_1848~02
 由布院に五重塔があれば、朝霧の中、こんな風に見えるのでしょうね?

朝洋の『雨降り』

090703_0509~01
 日の出前の由布岳です。昨夜、普段より1時間早く寝たら、1時間早く目が覚めてしまいました。
 朝早いせいなのか?お天気のせいなのか?寒く感じます。
 で、次は日の出です。
090703_0547~01
 薄??く霞んだ空気の中に、由布岳が久しぶりにお顔を見せてくれました。
 どうしたのでしょうか?由布院を包む大気が、今年はいつまでもハッキリと澄んだ空気になりません。もうすぐそこまで夏が近づいていると云うのにです。もしか今年は冷夏?
 お陰で、私の気分の方は、下り坂・・・・・少しテンションが落ち込んで来ています。お天気屋の私は、正にお天気に大きく影響されてしまうのです。で、たぶんお昼になれば回復してくるでしょう?

 さて昨日は、フト思い立ち、久しぶりに美味しいコーヒーをいただきに行ってきました。音楽喫茶?「あーでん」さんで、音楽を聴きながらの一杯!です。もっとも、音については全く判りませんが・・・・。
  実は、先日届いた≪るるぶ≫を読んでいて、あーでんさんの記事を見つけ、オ??久しく行っていないな?。チョッと美味しいコーヒーの淹れ方を盗んでこよう!という下心?もあったのです。ところが、カウンターが塞がっていたため、椅子に座ることになってしまい、あーでんさんとお話もできない状態になってしまいました。まあ、これも在りか!(TO BE)で、大人しく????キョロキョロ&ウロウロと店内を見学。丁度、お客様はお二階にいらっしゃるのみでしたので。大きなオーディオ、その上の訳の判らない装置、何故かデッカイヤカン?、コントラバスとあーでんさんの撮った写真・・・・。以前二回ほど来ていますが、お客様が居らしたので、どれも近づいて見たことがありませんでした。
 お二階では、「都築映子作品展」?着物から洋服へ?も開かれていました。着物を洋服に仕立て直しているようですが、全くそのようには見えませんでした。とても、素敵な洋服でした。
 で、今回訪問して初めて気が付いたのですが、あーでんさんは、小物と一緒に、何と卵も売られていました。ウーーーム、みんな工夫しているんだ!でした。
 コーヒーを淹れていただいた後、お話をすることが出来ました。で、しっかり美味しいコーヒーの淹れ方もお聞きすることが出来ました。もっとも、根本的な問題、豆の違いは如何ともし難い壁ですが・・。何と云っても、うちは美術館なので・・・・です。
 
 ノーーーンビリした後、今度はブログのネタ探しです。
 と云うことで、今日は館の植木を紹介することにしました。
 まずは、今が盛りのアジサイです。
090702_1547~01
 近くのお庭には真っ白のお花のアジサイが咲いていました。アジサイは土壌の質で色が変化するそうです。どうしたら真っ白いアジサイに育てられるのでしょうか?良いな?!
 わが美術館の茂りすぎたアジサイで、次の二本を剪定しました。
 一本目は、ナンジャモンジャの木です。
090703_0518~01
 二年でこの大きさになりました。裏のご主人が花の咲くのを楽しみにしておられますが、果たして湯布院でお花を咲かせてくれるのでしょうか?
 で、その枝を挿木にしてみました。
090703_0514~01
 上手くつけば、 ナンジャモンジャの林に・・・・?
 次は、桑の木です。
090703_0517~01
 こちらは一年で、この有り様です。元々、此処に生えていたようですが、切り株だけになっていました。そこから出た芽のうち太いものを二本ネジ合わせて一本にしょうと試みています。
 この二本を昨日剪定しました。チョッと失敗しましたが、その内また茂るでしょうから?
 チョッと話が逸れますが、剪定に気づいた裏のご主人が、ようやく今年初めて実を付けたと云って桃をくださいました。
090702_1644~01
 摘果し損なっていた様で、小ぶりでした。味は・・・・・・?お隣のご主人は、「マヨネーズでも塗って、食べてください!」ウ??ム、砂糖かジャムの方が????

 最後にもう一つ、お菓子屋のご主人に頂いたクレマチスです。順調に蔓を伸ばしています。お花を咲かせてくれるでしょうか?楽しみです。もう一本のクレマチスの方は、残念ながら×の様です。

 さて、今日も昼から雨の予報です。と云うことで、作品は朝洋と云う刻銘の木彫作品『雨降り』です。
090630_1145~01
 傘の部分が欠落しています。まさか木で傘は彫っていなかったでしょうが、どうなっていたのか気になる処です。

 さて、落ち込んだ気持ちを盛り上げに・・・・開館することにしましょう!
090702_0615~01
 今朝も、御山は姿が見えません。でも、感じからしたら、今日のお天気は、曇りくらいじゃないでしょうか?
 天ケ瀬温泉の様子がテレビニュースに何度も出ていました。人の被害は無さそうでしたが、旅館などはひどい状況の様です。カラ梅雨に思われたのに、一転して大変な状況です。梅雨前線は北上しているようですが、今度は関東・東北が心配になります。

 その雨のせいで、わが美術館は例の如く雨漏りでした。で、漏りだす前に、天井裏に昇り、シートに溜まった雨水をバケツで取りました。まあ、少しだけでしたので良かったです。

 こちらは、どうだったでしょうか?
090701_1845~01
 モグラ君の穴にも雨水が流れ込んだようですが・・・・・。トンネルの中を大慌てで逃げ回ったのでしょうね。まさか、溺れてはいないと思います?

 昨日の昼からは、それほどひどい雨では無く、降ったり止んだりの繰り返しでした。で、止んだ時に来ていた鳥さん夫婦です。
090701_0922~01
 チョッと判り辛いですが、写真右下に写っています。この鳥さんが、わが美術館の作品収蔵庫の換気扇に巣作りをした張本人です。とても恥ずかしがり屋で、カメラを向けるとすぐ逃げ出してしまいます。

 ところで、昨日は雨の中に、お客様があった様です?
 と云うのも、ブログに書きました様に9時過ぎに銀行へ先月分の売上の入金に行っている間に来られたのでした。
 まあ、雨だし、朝のうちならと、銀行と【受け月】さんで開催されている芸術家さんの個展を見て、買い物を済ませて帰って来たので、1時間ほど掛ってしまったのが・・・・・。
 せめて、買い物を後回しにしていたらな?!でした。感想を書いていただくノートにも何も書かれていませんでしたので、どの様な方だったのか????済みませんでした。

 で、その寄り道の一つ、【受け月】さんで開かれている芸術家さんの個展『神品実亨(こうじなみゆき)展』です。
 今回は、ベニヤ板に描いた新作でした。今までの作品とは、全く表現方法が違っていました。今までは、色のバリエーションに力を入れていた様でしたが、今回は【線】でした。太い鉛筆の描く痕跡で表現しようとしていました。DMに使われたこの絵は、とうとう鉛筆でもの足らず、彫刻刀でベニヤを彫ることでの表現になったそうです。
090702_0624~01
 また、画面を汚すと云うことにも挑戦し始めたようで、キャンパスにベニヤを使ったことは大いに成功したようです。
 小品の版画やデッサンにもこの線が生きてきていました。ベンシャーンや松田正平の線とまではいきませんが、良い味が出ていました。
 中学?高校?の頃に描いたと云うりんごの絵はセザンヌに傾倒していたという、そのまんまでしたが、この具象作品も魅かれるものがありました。
 これからも、いろんな表現方法に挑戦して行ってほしいと思いました。
 
 さて、作品紹介です。河童の第二段です。今日の作品は、石橋一寛さんの陶人形『女河童』です。
090702_0632~01
 やっぱり、檻に入れとかないと、何処かで悪さをしそうです。

<MG2成長日記>
 昨日のブログに書きましたが、MG2で少し遊んでみました。
090701_1346~01

090701_1349~01
 どうですか?ウ???ン、でしょうか?他人のことをガタガタ云う割には貧弱ですね!


Powered by FC2 Blog