プロフィール

ヒゲ館長

Author:ヒゲ館長
◆書いてる人: ヒゲ館長

◆美術館の名前:
 花合野(かごの)美術館
<湯布院バイロス美術館>

◆開館日:不定
 (することが無い閑な日)

◆開館時間: ??
 (気が向いた時間だけ)
   
◆入場料:500円
(中学生以下無料)
※館長が気が向くと由布院で二番目に不味いコーシーが飲めます!

  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


今朝の気温は4度、お天気は曇りです。
090331_0619~01
 今朝は、〈ホーホケキョ〉とはっきり囀っている声で起こされました。お天気のせいもありますが、まだ辺りは薄暗い状態でした。恋人(鳥)を探しているのでしょうか?もっとも、他の地域ではひと月近く前からしっかり〈ホーホケキョ〉と囀っていたので、かなり遅れているようで、もう相手がいないのでは???
 湯布院の鶯さんは、晩熟(おくて)の様です。まあ、仕方ないのかな?です。と云うのも、昨朝のブログ様の写真を撮った時には気が付かなかったのですが、館を開けようとすると、蜂さんがご覧のように床にへばりついていました。
03300002_20090331085601.jpg
もちろん!傷つけない様に外に逃がしてあげましたが、動けないほどの寒さだったようです。
 しかも、外に出て改めて御山を見ると、何と何と!薄く白くなっているではありませんか!
03300006.jpg
 逆光?なので、写真では判らないかもしれませんが、いもりが城も薄く白くなっていました。
 用事で、出かけた時に見上げた倉木山の山頂も薄く白くなっていました。
090330_0926~01
 こちらも逆光で見えないのが残念でした。
 こんな調子で、由布盆地いつまでも寒さが続いているので、鶯さんも出遅れてしまったようです。恋人(鳥)探し頑張ってね!

 さて、昨日のお昼はこんなに良いお天気でした。
090330_1249~01
 御山も、クッキリハッキリしていました。
 
 下のおばあちゃんの畑の高菜が、すべて刈り取られていましたので、私の方も、又少し採って、漬けものにしました。
 で、気になるものを見つけてしまいました。と云うより気が付いてしまいました。
090330_1026~01
 モグラ君の穴(出口)が、少しづつ大きくなっているのです。と云うことは、夜な夜な、出てきているのでしょうか?????モグラって夜は穴から這い出す習性があるのかな??です。狸なら、夜に人に化けて、一升徳利を下げて、お酒を買いに出かけるのでしょうが・・・・・モグラは化けないでしょう!

 3時頃、娘がお土産を持って訪ねてきました。友達の結婚式の帰りだったのですが、自分ことは・・・・困った奴っちゃ!お前も、由布院の鶯かい!です。
 まあ、元気そうだったので、親としてはひと安心でした。

 まあ、下らない話はこれ位にして、作品の紹介に行きましょう。今日の作品は、バイロスアルバムマッペより『サロメの勝利』です。
090323_1102~01
 これは判りますね。サロメが踊りのご褒美に聖ヨハネの首を所望したという説話の一場面でしょう。
 朝っぱらから、女性の裸と生首の絵。嘗ての美人の同僚に、西野秘宝館と名付けられかかった所以はこのせいでしょうね。そう言えば、彼女まだ来てくれていないな???もう2年も経ったので、忘れられてしまったかな??まあ、良いか!

<おまけ>
090330_1854~02
 昨日の夕方のお月さまです。写メの限界ですが、実際は綺麗なお椀形の三日月?受け月でした。友人のお菓子屋さん?ギャラリー?【受け月】さんの名前の基になったお月さまのつもりで撮ったのですが、コメントによると今夜の月だそうです。
 この写真の時間で既に西寄りの位置でしたし、お天気の具合もあります。克てて加えて、今夜は駅ホールの作品入れ替えもあるので、この写真で堪えてください。

≪追伸≫
 このところ、朝のインターネットの接続状況が今一で、記事の作成が遅れてしまっています。朝一番でご覧いただいてる方、済みません。
スポンサーサイト
 今朝も小鳥の鳴き声で目が醒めました。10回に1回くらい≪ホーホケキョ≫と啼くので、やっぱり鶯だったのかと合点が行きました。気温は1度と、かなり冷たい朝ですが、清々しい空気が満ちています。お天気は晴れです。
03300003.jpg
 少し、写メをズラして、日の出前の光を撮ってみました。
03300001.jpg
 もう少し、由布山寄りに出てくれると、写メで撮りやすいのですけどね。

 昨日も一昨日の続きで草刈りに励みました。で、今年最初のこいつを見つけました。
03290001_20090330073436.jpg
 アマガエルくんです。朝の冷え込みにも関わらず、しっかり冬眠から眼を覚ましていました。
 と云うことは、蛇ちゃんも・・・・・草むらに入る時は気を付けよっと!山カガシしか見たことは無いのですが、マムシもいるそうです。

 で、草刈りも飽いて、次に高菜の漬けものに挑戦!
03290002.jpg
 二株ほど畑から抜いて来て漬けてみましたが・・・・・「揉む」って???どうすんのかな?
 とりあえず揉んでみて?お塩と唐辛子で漬けてみました。さて、結果はどうなんでしょうかね?

 と思案していると、裏のご主人が、羊歯(シダ)を持って来て下さいました。
03300002.jpg
 〈こごみ〉(草蘇鉄)と云うのだそうです。ぜんまいと同じで、新芽が食べられるのだそうです。観賞用に良いのではと頂きました。

 そんなこんなをしていると、お客様がいらっしゃいました。旅館に置いて頂いていたパンフをご覧になられてとのことでした。若いお二人でしたので、説明は抜き、コーシーを準備して、喫茶展示室でお待ちしました。
 コーシーを飲んでいただきながら、またまた悪い癖が・・・・ついついおしゃべりをしてしまいました。
 次回の特別展の宣伝もしっかりさせていただきました。小一時間ほど居られて、帰られました。ありがとうございました。

 さて、今日の作品紹介です。バイロスアルバムマッペより『ロヴィツイン』です。
090323_1101~01
 題名の『ロヴィツイン』って何?です。人の名前でっしょうか?ご覧のとおり、若い男性が、荒波の中何かを捕っているような??????天空から光が差し込んで、それを見上げています。
 全く判りません!
 今朝の気温は、2度。お天気は・・・・・今のところ曇りです。お天気は下り坂のようで、雨になるかも?です。

 書き始めたとたんに、ブログが固まってしまって、先ほどまで記事が書けなくなっていました。ようやく再開です。

03290001.jpg
 改めました、今朝の由布山のお姿です。
 
 昨日の高速道路の一律1000円への値下げ初日でしたが、思ったほどの効果は無かったみたいです。まあ、普通の土日でしたからでしょうね。皆さんの財布のひもは、中々緩められる状況では無いのでしょう。

 さて、昨日はブログを書き終わって、すぐに地域水道の水源に向かいました。私も15分ほど早めに出かけたのですが、既に皆さんはお集まりになり、作業をされていました。やはり山崎時間、30分前の集合のようでした。 
 決められた集合時間には、ほとんどの作業が終わっているような状況でした。
 そうはいっても、一応決められた時間に組合長さんの挨拶があり、残った若干の作業後に、一旦解散。総会は、30分後ということで、私も美術館へ戻りました。
 公民館での総会も、簡単に終わり、水神祭へ移りました。といっても、これも水神様への感謝を述べて、みんなで御神酒をいただくというものです。午前中のことでもあり、皆さんそれほど召し上がられませんでしたが、暇な私目は、しっかりといただきました。
03280006.jpg
 こんな御馳走でしたが、少しいただき、ほとんどが夕食になりました。

 こんな調子でしたので、夕方には二日酔い状態に、それでも玄関前の草が気になったので、少しだけと、草刈りをしました。
03280005.jpg
 ホンの30分ほどで、こんなに刈り採れました。今日はこの続きをします。

 さて、夕方。温泉は?????お酒を飲んでいたので、当然歩いて行くことにしました。
03280002.jpg
 途中、いろんなお花を写メで撮ったのですが、どうも画素数が大きかったようで、重たくいなるので、写真はパスします。

 今日は、PCの関係で遅くなったので、早速作品の紹介です。バイロスアルバムマッペより『復活』です。
090323_1059~01
 天使に導かれ、魂が天国から現世へと生まれ変わっている様子なのでしょうか?
 この写真では判り辛いですが、谷間に描かれている白い霞のようなものが、その魂だと思います。こうやって、生まれ変わっているのでしょうか??????

<おまけ>
03280007.jpg
 この花も咲き始めました。名前は・・・・・ケマン草だったかな??
 また寒い朝です。気温は1度、お天気は曇り。
03280001.jpg
 氷点下にはなりませんでしたが・・・・・いつまでも不順なお天気が続きます。しかも、今日は週末です。昨日の天気が少しずれてくれるといいのですがね?。

 今日から高速道路の料金が安くなるそうです。これを契機に、少しでも観光客が増えてくれるといいのですが、さてどうでしょうか?
 
 わが美術館も、ゴールデンウイークに向けて、特別展の計画を進めているのですが、切迫感に欠けている私、遅々として進みません。それでも、近隣の美術館へのポスター掲示の依頼は済ませたし、昨日はポストカードを作成しました。配布は、少し早すぎるようですので、4月に入ってからにします。
 報道機関への周知依頼も、戦略的には、4月に入ってからの方が良いと思っています。

 ところで、昨日はサラリーマン時代の職場の春の人事異動の内示がありました。知人も異動したようでした。私たち団塊世代の大量退職のせいで、異動も規模が大きいようです。あと2年ほど、こんな状況が続くのでしょう。この団塊世代が、退職後どう動くかで世の経済・文化などの流れもかなり影響されるようです。どう見ても、良い方向に向かうとは思えないのですが・・・・どうでしょう?

 世捨て人の私はお花でも見ていた方が良いようです。

 ということで、お花の写真を一枚。白花のスミレです。
03270002.jpg
 毎年、咲いていた場所に、山茶花を植えてしまったので、しまった!と思っていたのですが、全く違う場所に咲いているのを見つけました。
 で、一句。 
    「誰のため 気づかぬ場所に 咲く菫」
 梅の香・桜の華やぎに比べて、踏み潰されながらも、地味にひっそりと咲いた菫を詠んでみました。まるで、私みたいです??????
 
 こんな記事の後の作品紹介が、これ?バイロスアルバムマッペより『ギロチンの一日』なんて!
090323_1058~01
 まあ、順番に紹介しているもんで、ご免ちゃい!
 で、これが何でギロチンなんでしょうね?当時は公開処刑だったようなので、処刑を待っている??マネの描いた『草上の昼食』に似た構図の絵です。くつろいでいるようにも見えるのですが、裸婦の顔は憂鬱そうにも見えます。やっぱり、良く判りません。 
 

 今朝は、もうじき地域水道の清掃と総会で、出かけなければなりませんので、記事はこれ位にしましょう。
 9時前に美術館へ戻って来ました。今日は黄砂のせいでしょうか?御山が霞んでいます。
 お天気は快晴、最高の様です。

 携帯を充電中なので御山の写真はパスです。
 
 で、まずは帰ってくる途中にトイレ駐車した【仙の岩】の写真です。
03270001.jpg
 ここでは、黄砂は感じなかったのですが・・・桜と岩山がとても綺麗に見えていました。日出生台を抜けきって、御山が見えた時には、「アレー?」でした。今の時期、仕方が無いのでしょうね。

 さてと、北九州に帰る途中で撮った写真を、ご紹介しましょうか。
 まずは、日出生台の野焼きをした後の景色です。
03250003.jpg
 一面、真っ黒い草原?になっていました。自衛隊の演習場って、どの位広いのか?
 次は、玖珠に出る前に在る牧場です。黒べこが、早速春の新芽を食べていました。これで丸丸と肥えると・・・・・・美味しいお肉ちゃんにされてしまう????考えない!考えない!
03250004.jpg
 
03250006001.jpg
 若山温泉です。桜を見ながらのお湯でした。これでお酒があれば最高でしたが・・・・。
03250008001.jpg
 お湯からあがって撮った、若山温泉の反対側の山に在る、〈幻の滝〉です。真中に鼻水みたいに写ってるのです。チョッと表現が汚かったかな?水が干上がると消える滝です。

 最後は、耶馬渓です。やっぱし名景ですが、観光客はさっぱりになってしまいました。
03250010001.jpg
 今の季節は、桜をはじめいろんな花々が咲き誇り、ドライブには最高のシーズンです。

 昨日は、とっても暖かかったので、91歳の義父と85?歳義母を連れて、桜観に帆柱山のケーブル駐車場に出かけました。五部咲き位でしたが、とても綺麗でした。あまり気持ちが良かったので、少し遠出したいと言い出したので、若松の海岸へドライブ。岩屋にある道の駅?で昼食にしました。義父母は大喜びしてくれましたので、良かった良かったの一日でした。

 さて、今日の作品紹介ですが、バイロスアルバムマッペより『誘惑』と題された作品です。
090323_1056~01
 画面から題名の誘惑の意味を読み取ることが出来ません。何か宗教的なことだと思います。
 
 今日から当分の間、バイロスアルバムマッペの作品を紹介します。
 今朝は息子を送って来て北九州です。で、由布山の写真はありません。
 昨日は、ブログを書き終えて、すぐに湯布院を発ちました。日出生台の自衛隊演習場の真ん中を走っている道路を通りました。演習場の中も、野焼きが行われた後で、一面真っ黒でした。写真に収めたのですが、こっちのPCではアップできません。とても雄大な光景が広がっていました。
 自衛隊のトラックについて行きながら玖珠の外れの帆足の庄に着きました。ここから深耶馬溪へ向かいました。山の中にぽつんとある<元祖 そば饅頭>のお店に立ち寄り、豊前のおふくろへのお土産に一箱買うと、私と車の中の息子にとおまけに作りたての饅頭を二個くださいました。「この頃はお客が少なくなって、商売も大変!」と、それでも元気良く話し掛けてくれました。「日出生台の中の道が良くなったので、その内にこの道も観光客が増えてきますよ!」と答えるとニコッと笑ってくださいました。車の中で美味しくいただきました。
 深耶馬を過ぎ、若山温泉に到着。料金を払って、早速に露天風呂へ直行。入口の桜が丁度見頃を迎えていました。温泉に面した川原には菜の花が咲き、姿は見えませんでしたが、鶯がすぐ近くでホーホケキョとさえずっていました。ノーーーンびりと息子とふたりの時間を過ごしました。露天風呂から上がり、山の中腹にある「幻の滝」も、空気が澄んでいたせいで、昨日はしっかりと見えました。
 これも写メで撮ったのですが・・・・。
 耶馬溪でも途中下車。いつ見ても良い景色ですが、昨日は桜も加わり絶景かな!絶景かな!でした。ドライブインの建て替えも進んでいました。
 豊前に着いたのが、丁度お昼だったので、【豊前宝来軒】でラーメンを食べてからおふくろに会いに行きました。もう93歳になりますが、元気でしたので安心しました。出来るだけ閉じこもらないように、ディケアに行くように言いましたが・・・。
 その後は、行橋にある【増田美術】ギャラリーを訪問、山崎朝雲の木彫や狩野芳崖の鷲図などの名品を見せていただき、北九州へ帰りました。
 夜は、91歳の義父を囲んでの食事で盛り上がりました。

 少しだけ、親孝行した?かな。

 で、今日の作品紹介です。古茂田守介さんのエッチング『貝と女』です。
03120012.jpg
 古茂田守介さんは、この作品の裸婦とサザエの主題で、配置を幾度も変えて、エスキース作品を制作しています。この作品もその製作途中の一つのようです?
 でも、何で裸婦とサザエの組み合わせなんでしょうか?まずそこが判りません。

<おまけ>
 掲載を忘れていた写真がありました。
090317_0907~01

090317_0906~01
 駅ホールの椅子と机が新しくなっていました。で、ホール入口にコーヒーコーナーも出来ていました。
 コーヒーコーナーは、磯崎新の建物に???????まあ、良いかとはいきませんが・・・・・。
 今朝も昨朝と同じ小鳥の声で起こされました。気温は5度、お天気は???曇りです。
03250001.jpg
 明日・明後日は、北九州なのですが、あの小鳥さん毎朝来てくれるのでしょうか?
 
 ご近所も花がいっぱいです。昨日は、館を開けた後、お花の写真を撮りに出かけました。
03240012.jpg
 まずは、駐車場に勝手に生えてきたお花でした。
 続いて、ご近所の花を四題ご紹介しましょう。
03240002.jpg
 しだれ桜です。見事ですね!

03240004.jpg
 これは李の花です。

03240008.jpg
 これは十月桜です。

03240005.jpg
 これが桜です。
 どれがどれか判らない状態で、一斉に咲き始めています。
 春を告げるかのように、お隣のツバメも帰って来ていました。盛んに軒下を飛び回っていました。巣造り?に、もう入っているのでしょうか?

 午前中はWBCを観ながら、畑を耕しました。
03240001.jpg
 御覧のように、少し拡げ、鶏糞と石灰を入れました。もちろん、この後土を混ぜました。

 フト気が付くと、畑の端にツクシが顔を見せていました。
03240006.jpg
 スギナを目の敵にして取ったので、去年に比べほとんど無くなっています。それでも、根絶は無理の様です。
 さて、今年は野菜作りどうなりますか??

 お昼過ぎ、WBCを見終わり、息子を【東勝吉常設館】へ連れて行きました。帰りに、またまたお花が一杯だったので、写メに納めてきました。
03240007.jpg
 あまりに綺麗だったので、撮らせていただきましたが、コブシの一種でしょうか?名前は不明です。

03240011.jpg
 水仙もこれ位群生させると見事ですね。

 さて、困った!作品紹介ですが、前掲の綺麗なお花の写真には似つかわないものです。多賀 新さんのエッチング作品『使者』です。
03120011.jpg
 お花の後に、死神じゃね。

 と云うことで、オマケを載せましょう。
03240009.jpg
 わが駐車場に生えてきた水仙です。まだ花びらを広げていません。
 小鳥のさえずりと明るい光に起こされました。昨夜の天気予報で云っていた通りに、少し冷え込んだ朝です。気温は1度、お天気は快晴です。

画像がアップ出来ません!再起動させてから、試してみます。少し時間がかかりそうです。すみません。

 残念ながら、出来ません!と云うことで、写真無しで書きます。

 昨日は、WBCの侍ジャパンの勝利を見届けた後、息子と街の散策に出かけました。もちろん、開けっ放しです。まず、六所宮へ、ひんやりとした空気の中、桜の花が咲き始めていました。観光客が2組ほど来られて写真を撮っていました。
 次に、今度はお寺、仏光寺へ行きました。山門横にちょっと変?な石仏が鎮座していました。写真を撮っていたのですが・・・・・残念ながらお見せできません。

 ドルドーニュ美術館へ廻ってみましたが、館長さんはあいにく、風邪でダウンされていました。次の【受け月】へ・・・・・・職員研修と云うことでお休み・・・何ちゅうことでしょうか?で、ブルーバレンへ、バッタリと梅ちゃんに会ってしまいました。「風邪どうですか?」と聞かれ、オ?ブログ読んでくれてるね、ありがとうでした。
 次に、山姥さんのお店を訪問、制作中でお忙しそうだったので、ご挨拶をして辞去しました。
 最後に、駅ホールを覗き、帰りました。
 連休後なのに、お客さんが沢山来られていました。ア?????溜息です。

 夕方、お風呂の準備をしていて、ウン??????お風呂セットが無い!??????そうか!川西温泉に忘れてきた!大慌てで、川西温泉へ。在りましたが、シャンプーが無くなっていました。忘れた私が悪いのですが、他人の使いかけのものを持って行くとは、不景気なんでしょうね。
 この川西温泉、以前は無料で24時間入れて、好評だったそうですが、深夜に騒ぐものが出たり、ビール瓶を割って、温泉に投げ込んだりするものが出たため、現在のようになったそうです。地域の宝、大事に気持ち良く使いたいものです。

 温泉から帰り、息子と二人での夕食、息子の大好きなトンカツを作ってやりました。久し振りの〈おやじの味〉、美味かったようです。今夜は、残ったトンカツでカツカレーの予定です。

 さて、作品紹介です。これはストックの写真を使えます。
03120010.jpg
 斎藤カオルさんの『白い日々』です。この作家さんにしてはシュールの色合いの濃い作品です。
 由布院ゆかりの芸術家 風倉匠さんの創られた句に「あるとみて みえる姿に かげはなし」があります。私の大好きな句ですが、この句が思わせる雰囲気と通じるところがある?様な作品です。
 どちらも、深層心理の中に見える【何か】を表しているかの様です。
 【何か】とは何か?一番先に思いつくのは、女性かな?次は、想い、憶い、怖れ、憧れ、哀しみ、愁い・・・・・・・懐かしさもありますね。貴方は、何を感じますか?

 さて、明日は息子を豊前のおばあちゃんと北九州のおじいちゃん・おばあちゃんに会わせるために、連れて帰ります。どちらも高齢なので、機会があれば会わせておくことにしています。途中、お墓参りもさせておきたいので、明日と明後日は休館です。ブログは何とかしたいのですが・・・・・・。

≪追記≫
 ようやく、写真がアップ出来ました。良かった!
 今朝の由布山です。
090324_0638~01

 仏光寺の石仏と木の幹から生えていた花です。
090323_1315~01
 お顔が変?
090323_1316~01
 幹に咲いた花です。
 今朝は8度、お天気は曇り?雨は降っていないようですが、雲に覆われています。
090323_0615~01
 今日は、お彼岸明けです。三連休も終わりましたが、今度は春休みと続きます。段々、気候も良くなってきました。昨日、カミさんを駅まで送って行きましたが、小雨の中観光客が沢山うろついていました。この中のホンの一部でも、来てくれたらな?でした。

 さて、今日は昨日が雨でしたので、写真がありません。困ったな?です。
 で、先日北九州に帰った折に撮った写真でも載せましょう。
 北九州の神社ですが・・・・・・。
090319_1316~01
090319_1316~02
 入口には、りっぱな狛犬さんが鎮座していました。
 そのすぐ脇には、小さなお社が。
090319_1324~02
 大きな銀杏の木も立っていました。どこの神社にも、何故か?銀杏があるようです。
090319_1323~01
 入口に小さなお社があった理由が判りました。
090319_1316~03
 奥の院までの急な石段です。これではお年寄りにはきついでしょうね。

 登ってみました。途中、椿の花が沢山落ちていました。踏み付けない様に、オ???やっと着いた!
090319_1318~01
 本殿です。でも、何か変?
 近づいてみると・・・・・・・。
090319_1318~02
 何年か前に、崩れたようです。
 ご近所の方に、お聞きしましたら、「アー、上まで上がったの!」とびっくりされてしまいました。地元の人は本殿まで行かなくなっているようでした。もう、修復されることは無いようでしたが・・・・・村の栄枯を見守ってきて、自分も朽ちて行ったのでしょう。

 さて、今日の作品紹介です。谷中安規の【少年畫集】より『祭り』です。
03120004.jpg
 前掲の朽ちた神社も、この絵に描かれている神社のように、村の人たちがお祭りのために集まったこともあったでしょうね。

 今日の作品で、谷中安規の作品紹介は終わりです。
 今朝は、いきなり13度になっています。三連休最後の日曜日ですが、残念ながら雨です。
090322_0635~01
 この気温の変化に付いて行けなかったのか?風邪を引いてしまったようで、少し熱っぽく、ノドが痛いです。

 昨朝は氷点下でしたが、すぐに温度が上がり始めました。
090321_0840~01
 この写真では少し判り辛いかもですが、おばあちゃんの畑では、煙のように水蒸気が上がっていました。

 昨日の午前中は、陽気に誘われて、畑の準備で、土を起こし肥料と石灰を入れたりしていると、福山のOさんからお電話をいただきました。特別展の名称と現在成田の純心寺で開催されている作品展の様子のことでした。
 名称は『日本画家村田茂樹先生の【ホロコースト作品】展』と純心寺さんと同じ名称を使わせていただくことにさせていただきました。また、純心寺山での作品展は、非常に盛会だとのことで、こちらも頑張らねばと思いました。

 また、畑に戻ると、今度は団体のお客様がやってこられました。若くて綺麗な女性ばかりの五名様でした。
 大慌てで、コーシーの準備を済ませ、早速説明させていただきました。その後は、コーシータイムでした。
 と、可愛いお譲さんを連れたお母さんが後から摘み取ったばかりのツクシを持って、やって来ました。こちらは中をご覧になられなかったので、入場料は頂かずに、余ったコーシーをサービスさせていただきました。
 昼食の場所と近くに見る処は無いでしょうか?とのことでしたので、大杵社の大杉と六所宮等を紹介しました。
 美味しい昼食については、連休なので駅前には行きたくないとのことでしたので、インターへの途中にある『燻家』のポトフをお勧めしました。
 小一時間ほどして、大杉を見に行かれました。ありがとうございました。

 お昼からは、特別展の準備で大忙し、裏に引きこもってしまっていたので、お客様に気が付きませんでした。フト、ノートを覗いてみると、鬼が島文庫の館長さんが友人を連れて来られていた様でした。
 その友人さんは、何と息子の小学校の時の担任の先生でした。
 
 早々に連絡を入れて、息子が夕方の列車で着くこと、元気に大学に通っていることなどをお伝えしました。よろしくお伝えくださいとの伝言をいただきました。

 夕方、息子を南由布駅に迎えに行きました。
090321_1720~02
 この駅から見る由布岳は、一直線の線路の先にあるようで、写真になるとっても良い景色です。
 また、駅舎には、ご近所の方が活けられたのでしょうか?昨日も綺麗なお花が活け替えられたばかりでした。
090321_1719~01

090321_1720~01
 いつも、気持ち良く利用させていただきありがとうございます。

 さてと、今日の作品紹介です。谷中安規の【少年畫集】より『見世物』です。
03120009.jpg
 見世物小屋の光景です。舞台上では、水芸?それとも紙切り?画面右に子供が背伸びして、何かを受け取っているようです。それを覗きこむようなしぐさの子どもも描かれています。右端には、口上があっているようです。左端には、照明装置でしょうか?以外に細かく描かれています。

 さて、今日はどんな一日になりますか???開館してきます。
 いきなりPCへの写真の取り込みが上手くいかず、作成が遅れてしまいました。

 さて、今朝の気温はマイナス2度。まだ、朝霧に覆われていますが、お天気は晴れの様です。予報では最高気温が20度になると言っていました。体調管理が大変です。
090321_0634~01
 昨日の気温を見ていなかったので、どうなのかは不明ですが、気温が高いと中空に霧が懸り、低いと沈んで来るのでしょうか?
 それでも、昆虫たちの活動が活発になったのは確かなようで、今まで見れなかった光景が。
090321_0654~01
 判りますか?下のおばあちゃんの畑のお茶の木に、ご覧のように蜘蛛ちゃんが巣をたくさん張っています。

 で、わが美術館にも同じように春は来ているようです。
 私が植えたのでは無いのですが、彼方此方にお花が咲き始めています。
<菫(スミレ)>
090320_1304~01
 ちっちゃいけどたくさん咲いて来ました。
<菜の花>
090320_1307~01
 アプローチに咲きました。お花の横に花蜘蛛さんが潜んでいるのですが、写メを向けると隠れてしまいます。
<水仙>
090320_1308~01
 去年より数が増えてきて、変な処から生えてきたような?球根をモグラさんが運んでしまうようです。

 なんだかな??黄色い花が多いいようです。
 このお花さんたちを見て、一句。
  「今一度 花と咲きたや わが命」
 真っ赤に咲きたいのですが、黄色かな?黄色って【嫉妬】の色なんですけど・・・・。
 もう一句浮かびました。
  「この一輪 あの世の道への 供え花」
 なんちゃって!何か段々あの世に近づいて行っているような、俳句だけですよ!まだまだ頑張らねば。

 さて、今日の作品紹介です。谷中安規の【少年畫集】より『桜』です。
03120008.jpg
 この絵は、シリーズの中でも、ご覧のとおり、少し変わっています。白抜きで、街に桜の花が溢れているのはさて置き、画面左の富士山、画面中央の火の見櫓のような塔・旗・遊園地??画面右のお寺の塔・・・これらは風景と考えれば、まあそうなのか!です。でもその後ろに描かれた、飛行船?それに向かって中空に浮いた様に伸びている道、その上を自転車に乗った人物????
 この人物は安規なんでしょうか?
 何度見ても良く判りません。桜が見せる幻想(イリュージョン)を描いたのでしょうかね?

 今日から、特別展の準備です。
090321_0637~01
 福山のOさんに提供いただいたポスターです。まずは、特別展の名称から始めましょう!

<おまけ>
090320_1816~01
 【よっちゃりー】で見つけた竹の子です。さっそく買って来ました。可愛いですね!
 帰り着いた由布院の様子です。
090320_0911~01
 厚い雲が中空を覆っているようですが、霧でした。今、野焼の現場へ?登山口に行って手を合わせてきたのですが、濃い霧に覆われて全く見えませんでした。最初から、写真は撮るつもりはありませんでしたので、写真はありません。
 5mも視界の無いのに、登山口は、それでも車で一杯でした。登山の準備をして、登ろうとしている一団がいましたが・・・・・「山を甘く見たら遺憾ぞ!」と声が出そうになりましたが・・・・余計なお世話ですね。それでも、重ねての事故にならない様に気を付けてもらいたいです。

 さて、先日行ってきました福山で撮った写真を四枚お見せしましょう。
 ホロコースト記念館の外観です。
090318_1048~02
 とてもりっぱな建物でした。何年か前に移設され、建てられたばかりだそうです。
 次の写真は、村田さんが絵を描く契機となった以前の記念館のあった教会とアンネのバラが植えられていた(旧)記念館入口です。
090318_1051~01

090318_1052~01
 やはり、イメージ的にはこちらでした。
 次は、帰る前に慌てて撮った福山城です。
090318_1715~01
 福山駅の真ん前にありました。今回は、このお城に行く時間はありませんでしたが、またの機会に訪れてみたいものです。

 ところで、昨日下関美術館へ行ってきました。駐車する時に気が付いたのですが、彫刻が・・・・。
090319_1151~01
 こんなの前からあったかな?????
 美術館では、『香月泰男と1940?50年代の絵画』展が開催されていました。1955年頃から方解石粉を使用するようになったそうですが、これ以後の作品はやっぱり良い。同時代の作家の作品の中に松本俊介の絵が1枚ありましたが、これも良かったです。

 2日間絵三昧でしたので、疲れました。夜、誰かに電話して、呑みに行こうかと思っていましたが、止めました。私の酔っ払い被害から免れた皆さん、良かったですね。

 さて、今日の作品紹介です。谷中安規の【少年畫集】より『水遊び』です。
03120007.jpg
 川岸に造られた河川敷プールでしょうか?飛び込み台等の設備も作られていたようです。彼の幼いころにこんな風景が????私なんか、単なる川や海で泳いでいましたが、何処なんでしょうか?右側の汽車が鉄橋に懸ろうとしています。左奥には、煙突の立ち並ぶ工場地帯でしょうか?

 ところで、安規は、泳げたのでしょうか?
 今朝も北九州です。明日の朝、早起きをして湯布院へ戻ります。
 と言うことで、由布岳の写真はありません・・・・というところですが、一昨昨日の写真を載せましょう。
090317_1316~01
 今年一番の黄砂に見舞われた様子です。年々酷くなってきているそうですが、どうなってしまうのでしょうか?花粉症にも影響があるそうです。
 
 この写真の翌日に、野焼きで4名の方がお亡くなりになられたのでした。野焼きであがる乳白色の煙を見ながら、「今年も野焼きか!」と独り言を言いました。昨日載せた写真を撮って、暫くしたら煙の色が黒くなっていました。ウン?変だなーとは、そのとき一瞬感じたのを覚えています。救急車や消防車のサイレンは聞こえなかったと思います。
 野焼きは、土地の再生に大変重要な事だと聞きました。野焼きをしなくなった、否、出来なくなったところは荒れてしまい、人間を寄せ付けない様になってしまうそうです。今回の惨事で、野焼きがなされなくなっては・・・・・こんなえらそうな事を書いては、テレビのバカキャスターと同じ次元に落ちてしまいますね。帰り着いたら手を合わせに行く事ぐらいしか出来ないのに・・・自分が何も出来もしないのに・・・・・・反省です。改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。

 さて、昨日ブログに書きましたように、福山へ行ってまいりました。
 小倉駅から新幹線に乗ったのですが・・・・バカですねー、空いているなーと思って座ったら、喫煙車両でした。その上、アナウンスを聞いたら福山には停車しない列車でした。広島で乗り換えて何とかたどり着きました。
 改札出口で今回の目的の相手Oさんが待っていてくださいました。思っていたよりお若いのでビックリでした。私より1歳お若いとのことでした。挨拶もそこそこに、すぐホロコースト記念館へ直行しました。
 まず、今回の特別展では日本画家村田茂樹さんが描かれた記念館に展示されているアウシュビッツの遺品デッサンを展示予定ですが、その本画作品を見に行きました。
 その後、その元になった遺品も見せていただきました。感想は、省かせていただきます。小一時間ほどじっくり見せていただいた後、次はと・・・・何と、車でOさんのご自宅に伺わせていただきました。素敵な奥様に迎えていただき恐縮の行ったり来たりでした。
 わが美術館の簡単な図面やスナップ写真をお見せし、特別展への作品借り上げに付いて、というより、本当にわが美術館でやる事について本当に良いのかの確認をさせていただきました。
 正直、お断りも含めての訪問でした。まあしかし、Oさんの熱意の凄さが判り、これは「どげんかせんと!」と感じ入りました。
 ご自宅で、村田茂樹さんの作品をたくさん見せていただきました。どれもこれも凄い作品ばかりで、ため息ばかりでした。お金があったらなー・・・・・でした。
 昼食をご馳走になったあとに、美術館へ連れて行っていただきましたが、村田作品を見た後でしたので巨匠と呼ばれる方々の作品が、薄っぺらに見えて困りました。
 再度、ご自宅へ引き返し、またまた作品を見せていただいた後、特別展に使うポスター・チラシ・ポストカードをたくさんご提供いただきました。本当に有難うございました。そんなこんなで5時近くなってしまいました。駅へ向かう途中、5分だけと税理士をされておられるコレクターさんの事務所を訪問、ここでも3点作品を見せていただきましたが、「凄い!」の一語に尽きるものでした。
 作品は、写真に撮ることは出来ませんので、ブログには掲載できません。今一度、機会を作り、作品を見せていただきに来たいと告げて、福山を後にしました。

 Oさん、有難うございました。本当に充実した福山行でした。

 さて、帰ったら特別展の準備で忙しくなるなー!

 オッと、作品紹介を忘れるところでした。谷中安規の【少年畫集】より『盆踊り』です。
03120006.jpg
 昔は、と言っても私が子供の頃ですが、この絵のようにお盆になると新盆を迎える家に、地域の人たちが訪れ、家の前で盆踊りを踊っていました。今では、こんな風景も見られなくなり、公民館に集まって盆踊りが踊られるようになってきたようです。

 ところで、人間が人間になったのは、亡くなった家族を葬るようになったときからだそうです。この行為から、文化が生まれてきたのだそうですよ。

館長のつぶやき

090317_1456~01

090317_1457~01

 昨日の野焼きの煙です。これを撮っていた時には、まさかそんな惨事が起きていようとは夢にも思っていませんでした。
 北九州に帰ってきて、テレビのニュースを見てビックリしました。4名の方が亡くなられたとのこと、ご冥福をお祈りいたします。また、2名の方怪我をされたとのこと、早く回復されますように。
 
 今から、福山へ出かけますが、これだけは書いておかなければでした。
 今朝は7度もあります。日中はもっと暖かくなり20度を超す地域もあると予報で言っていました。
 今日は、【彼岸の入り】だそうです。いよいよ暦の上では、春です。
 お天気は、暦どおりに快晴!ですが、少し霞んでいます。黄砂のせいでしょうか?それでも御山は素晴らしいお顔を見せてくれています。
090317_0615~02
 お陽さまは、まだお顔が見えていません。

 昨日は、お天気も良く快適な一日でした。
 ブログを作成し開館の準備をすませた後、突然電話が。お菓子屋のご主人から、一昨日あった山崎地区の総会の議事録をパソコンのメモリーから印刷して欲しいとのことでした。早速に来られ、印刷をすませたあと、ジャガイモの植え付けの話になりました。で、わたしも裏の畑の耕しをし、鶏糞と石灰を入れました。小さな畑、しかもその半分だけでしたのですぐに済みました。

 で、一句 「彼岸入り 猫の額に 肥料入れ」 でした。

 洗濯ものも干し終わり、部屋に戻ると、玄関のチャイムが。また、お菓子屋のご主人かな?と出て行くと何と団体のお客様(7名)でした。スリッパを5足しか出していなかったので大慌てでお出ししました。
 門司港の友人が、「湯布院に行ったら、必ず寄ってよ!」とお願いしていてくれたお陰でした。
 コーシーの準備をして、早速説明に入りましたが、中のおひとりがとても詳しいお方で、ご質問に答えるのもタジタジでした。この様にお客様にお聞きしたことが、新しい知識に繋がって行くものなんですが、もっと勉強せねばと感じました。
 説明に熱中していて、フト気が付くと、お昼が近づいていました。「お時間はよろしいのでしょうか?」とお聞きすると、「いや、お昼を予約しているので・・・。」とのこと、またまた大慌てでコーシーをお出ししました。
 コーシーをいただいてもらいながら、コレクションのいきさつや美術館の名前の由来などのお話を楽しくさせていただきました。
 正午を少し回ったところで、昼食の予約を入れている【玉の湯】さんへ向かわれました。ありがとうございました。
 早速、友人にお礼の電話を入れましたが、抗がん剤の副作用が出ていた様でしたので、お礼だけにしました。早く良くなって顔を見せて欲しいものです。

 お昼からは、ブログの写真を撮りに出かけました。で、お花の写真です。
090316_1456~02
 お隣の神社の花壇のお花が咲き始めました。

090316_1459~01
 この黄色いお花は、蠟梅でしょうか?

090316_1501~01
 お菓子屋のご主人が大事にされている赤いお花のミツマタです。
 チョッと芸術に挑戦!アップで撮ってみました。
090316_1500~01
 お花が、下を向いて咲いているので、写メを覗かずに撮ってみたのですが、上手く撮れました。

 ついでに、お菓子屋のご主人に高菜の漬けものもいただいて帰りました。ありがとうございました。

 途中、カラカラと頭の上で音がするので、ウン??と見上げると、鯉のぼりの風車が春風に回っていました。
090316_1456~01
 もうすぐ、鯉のぼりの季節が来ます。

 で、一句 「薫風に 出番待つのか 風車」 でした。
 
 少しは上手くなっているのでしょうか?まあ、良いか!

 さて、今日の作品紹介は、谷中安規の【少年畫集】より『朝鮮』です。
03120003.jpg
 母親を早く亡くした安規でしたが、この原因となった父親の女道楽のせいもあり、家業も行き詰ったため、家族全員で朝鮮に住むことになりました。その後も父親の女道楽は治らず、中学校はどうしても内地の学校に行かせてくれと、家を離れることになったのですが、その朝鮮の様子を描いたものです。以後、朝鮮へ帰ることは無かったようですが、どのような思いでこの絵を描いたのでしょうか?

 ところで、今日の夕方北九州に向かい、明日朝一番で福山へ行ってきます。春の連休(ゴールデンウイーク)に開く予定の特別展の打ち合わせです。と云うことで、明日はブログは書けるかどうか?です。

 今日は、今からアートバスのバス停撤去のお手伝いに行ってきます。

 さて、一日ガンバロー!
 今朝の気温は、5度。お天気は晴れです。今朝は、何故か?えらく早く目が醒めてしまいました。で、夜明け前の写真を撮ってみました。
03160001.jpg
 灯りがチラホラ見える中、由布岳が雲に隠れていますが、聳えています。
 次は、30分ほど経って、丁度6時の時報に合わせた様子です。
03160003.jpg
 かなり明らんで来て、まだ山頂に掛った雲は外れませんが、御山もしっかり見えるようになってきました。

 ところで、昨日は朝が冷え込んでいたので、開館のために外に出ると霜柱が、ビックリするほど大きく育っていました。
03150002.jpg

03150003.jpg
 どうですか?九州ですよ!3月も半ばなのに、こんな霜柱が出来るなんて・・・・。

 で、一句 「春冷えの モグラ脅かす 霜柱」 でした。

 霜柱の写真、この下手な句を載せるためでした。済みません!

 さて、昨日はブログを書き終えた後、公民館へ向かいました。年度末の総会でした。一年間の行事報告や決算報告がされた後、役員の改選です。今年は、会長さんと会計さん組長さんの交代だけでしたので、去年よりはスムースに終わりました。ただ、今年度で婦人会が解散することになり、残念の声が沢山出ました。由布院地区でも一番最後まで頑張られていましたが、これも時代の流れの様です。
 
 アートバス最後の日でもありましたので、総会終了ですぐに美術館へ戻りました。お天気は最高でしたが・・・・・。
03150004.jpg
 ご覧のように御山も、応援してくれているようでしたが、この企画でもわが美術館は・・・・?

 どうしてかな??と悩んでも仕方ないと、裏の畑を耕しました。
03150005.jpg
 もう一度、土を反してから肥料と石灰を入れることにします。

 夕方、アートバスのポスターを外すとまた憂鬱感が戻って来ました。まあ、じっくりとでしょう。
 アートバスでは、実績を上げられなかったのですが、湯布院でも二つの大きな旅館の従業員さんが観に来てくれました。昨日は、アートコレクターとしても有名な彩岳館の会長さんが直々に来られ、ひととおりご覧になられ、「これならお客さんにお勧めしても大丈夫!」とお褒めのことばも頂きました。別な意味での成果はあった様です。10年は続けてみるつもりです、後8年で成果を上げなければです。まあ、それでも駄目だったら・・・その時に考えましょう。

 さて、気を取り直して、作品紹介に行きましょう。谷中安規の【少年畫集】より『運動会』です。
03120002.jpg 
 運動会の様子です。徒競争でしょうか?走っている子どもたち、賞状を受け取っている子ども、おおきな声援をおくっている親御さんたち。
 この光景は、今も昔も変わっていませんね。
 今朝は快晴です。気温はマイナス1度、薄い霜がおばあちゃんの畑に降りています。昨日の寒気が、まだ少し残っているようです。
03150001.jpg
 ご覧のように夜明け前の御山の様子ですが、天辺にだけ雲が懸っています。あの雲の下は、まだ雪の残った山頂がある筈です。
 昨日の夕方、見せてくれた御山のお顔は、ご覧のように雪化粧でしたので。
03140004.jpg

 昨日のこの雪には、本当にビックリさせられました。で、写メに撮ってみました。
 開館をすませた美術館の前庭には、薄く雪が積もっていました。
03140001_20090315065340.jpg
 郵便受けにもご覧のとおり雪が。
03140002.jpg
 その後激しく降り始め、9時頃には吹雪状態になってしまいました。
03140003.jpg
 一機の、一時辺り一面真白気になってしまいました。

 その後、雪は止んだのですが、お昼を過ぎてようやくお顔を見せてくれました。
03140007.jpg
 美術館の反対側の景色はご覧のとおりでした。
03140006.jpg
 まだ、雲が御山の上空を凄い勢いで流れていました。この風が雲を運んだようで、夕方には最初に載せた青空に映える御山の姿になっていました。

 で、一句 「彼岸前 まあだだよだと 名残雪」 

 さて、今日は山崎地区の総会がありますので、ブログを急ぎます。年度末の役員交代が主な議題です。早く決まればいいのですが・・・・。

 と云うことで、作品の紹介です。今日から版芸術に特集された谷中安規の【少年畫集】を掲載します。まずは、『公園』です。
03120001_20090312105712.jpg
 噴水のある公園で楽しそうにテニス?に戯れている男の子と女の子の様子が描かれています。
 7歳になる前に母親を亡くした安規に、こんな時期が果たしてあったのか?安規の想像or妄想の光景かは不明ですが。
 もし、右の男の子が安規だとしたら、左の女の子は???安規の腹違いの妹でしょうか。左利きだったようですが・・・・・・。
 今朝起きて、ビックリのビックリ!何と雪が積もっています。雪が降っています。窓から見えるご近所の屋根に白く積もっています。
03140001.jpg
 どうです、びっくりでしょう。現在、雪はハラリ程度の降り方です。ほぼ止んでいます。
 気温は1度、それ程寒くは無いのですが、由布山の上空には寒気が在るのでしょうね?見えませんけど・・・。

 アートバス試行の最後の土日ですが・・・・・?現在まで、わが美術館へこのバスを利用してこられた方は1組だけでした。折角の企画だったのですが、また乗り損なったみたいです。トホホ・・・・・です。 でも、0ではなかったので良しとしましょう!今日・明日で来られるかも????。

 さて、昨日は13日の金曜日でした。キリスト教では無いので、普通の日なんですが、私が40数年前、初恋の人にふられた日なんです。で、私にとっては縁起の悪い日になっています。今、その人は福岡で幼稚園の園長さんをなさっているそうです。
 その13日の金曜日ですが、何事もなくいたって平穏無事な一日でした。まあ、朝から雨が降り続いたので、お客様はいらっしゃいませんでしたけど・・・・それって平穏無事過ぎますかね?

 お客様?ではありませんが、[九州芸術の杜]の館長さんがチラシとポスターを持っていらっしゃいました。
03130001_20090314072500.jpg
 [九州芸術の杜]には、残念ながらまだ伺ったことが無いのですが、榎木孝明美術館・大野勝彦美術館・中村道雄美術館・前田真三/前田晃風景写真館・ギャラリー夢の五つの美術館があるそうです。5月の22・23・24日にこれらの美術館の作家さんが来館されるそうなのでそのPRのためでした。
 お話をお聞きした後、わが美術館もご覧いただきました。お忙しい中、私目の説明?自慢話にお付き合いいただき恐縮でした。帰り際に「自信を持って薦められる美術館でした。また、是非[九州芸術の杜]にもいらっしてください。」との言葉も頂きました。ありがとうございました。

 お昼からは所在なく、喫茶展示室でボンヤリしていて、外に目をやると。
03130002.jpg
 おばあちゃんの畑、いつの間にか春の準備が進んでいました。こりゃ?遺憾!と、肥料の買い出しへ一目散。
03130003.jpg
 鶏糞と石灰を買って来ました。雨が上がれば畑の耕しに精を出すことにしましょう。

 夜、一杯やろう!今日はお酒にしよう。と、お隣の奥さんに頂いた宇佐神宮の御神酒を開けました。
03130004.jpg
 さてと、電子レンジでお燗をつけ、チンとなったので取り出そうとして、ゲゲッ半分ほど手が滑って溢してしまいました。最後に、13日の金曜日がやってきてしまいました。まあ、神様が健康のために量を加減してくれたのだと思うことにしました。

 と、落ちが付いたところで、作品紹介です。今日から当分の間、谷中安規の作品を掲載いたします。
 まずは、『花』(少年世界桜之図)です。
03120005.jpg
 版芸術の桜特集の1枚です。2色?刷りの木版画です。良く見ると楽しい絵です。クリックして拡大してご覧になってください。
 画面右は、喧嘩が始まって、お巡りさんがやってきて、大騒ぎに。画面左は、桜の木の下での家族の写真撮影があっています。画面奥には舞台が設けられ、かくし芸が披露されているようです。空には飛行機が飛んでおります。形状から戦闘機?戦争の足音が聞こえる中でも、庶民が一時を楽しんでいた様子を描いています。
 この様に、谷中作品には物語が込められています。
 今朝は雨です。気温は9度、暖かい朝になりました。
03130001.jpg
 黒い雲が速いスピードで流れて行っています。上空には激しい気流があるようです。

 昨日は、お昼前にアートホールでボランティアをしてくれている梅ちゃんが4月11日から別府市で企画されている≪別府現代芸術フェスティバル2009 混浴温泉世界≫のポスターを持って来館してくれました。
03130001000.jpg
 この企画のボランティアもやっているそうです。で、先日ブルーバレンで開催されているこのプロモーション展を見に行った際に、来場者として写真を撮っていただいた件の取材も兼ねての来館でした。しっかりわが美術館も宣伝してくださっていますので、是非このブログも覗いて見てください。(http://mbw-yufuin.jugem.jp/)でご覧いただけます。私の鬱陶しい顔が見れますよ!(6/12)
 お昼を廻り、小一時間話をした後、次の要件で帰って行きました。

 お昼を済ませた後、ボチボチ畑の準備をと雑草取りをすることにしました。で、取った雑草をどうしようか?です。笹を切った崖にむき出しの部分があるので、そこの崩落止めに使うことにしました。駐車場の雑草取りで地面が緩んでしまった経験から、雑草の持つ力を活用することにしました。
03120001_20090313082710.jpg
 雑草を取った畑です。耕して、肥料を入れてあげないとです。
03120002_20090313073928.jpg
 抜きとった雑草は、すぐ下の崖の土留めで繁茂してもらいましょう。

 作業を終え、館に戻ると、エッお客様???御二人の若いお譲さんが、誰も居ないので、私を探し廻られていたようでした。済みませんでした。

 「裏で畑を耕していたもんで・・・・」なんて言い訳をしながら出て行くと、早速「友江久幸さんの絵は展示されていますか?」とのこと。今回の展示作品には入っていないので一瞬??????になってしまいました。「廃屋の絵ですが・・・・・?」「アア、出してきましょう!」とは云ったものの、はてさて何処に納していたかな??でした。とりあえず、喫茶展示室へご案内し収蔵庫へ、以外に早く見つけることが出来一安心!
 絵をお見せし、「友江さんの絵に何か?」「私の大伯父なんです。ブログで検索していて偶然見つけましたので・・・・」とのことでご来館頂いたそうです。ブログでの繋がりを有難く実感させていただきました。これからも、セッセセッセとブログを書くことにしましょう。

 まずは、コーシーをお出しし、お話を少し伺うことが出来ました。友江さんは、鴨居伶さんに師事されて、絵の道に入られたそうです。為に、と云う訳ではないでしょうが、描かれた絵には陰があり、見ようによっては不気味ささえ感じさせます。明るい絵を、との注文にも、やはりこのマチュール・雰囲気で絵がかれる姿勢を貫かれたそうです。
 兵庫県の芦屋に住まれていたため、阪神淡路大震災に遭われ、その際は命拾いをされたそうですが、その後に肺を痛めら、先年亡くなられたそうです。大震災の被害は、その後も続いているようです。

 絵を、じっくりご覧になられ、写真なども撮られたあと、館内の展示作品も見ていただきました。

 1時間ほど居られたあと、他にどこか美術館をと聞かれましたが、あいにく木曜日で、しかも5時を回っていたため、ほとんどの館がお休みか終了になってしまっていました。
 「また、この絵に会いに来て下さい!」の言葉に、「また来ます。」との言葉を残され帰って行かれました。

 と言うことで、今日の作品は、友江久幸さんの油彩画『風景(廃屋)』です。
11100006.jpg
 この絵の説明については、前回ブログで書いた記事を再掲させていただきます。

 【この絵には、日動画廊のシールが付いており、二紀会所属となっています。昭和8年生まれなので、御存命であれば現在75歳でしょうか。 
 この作品は、『風景』と題されています。廃屋を真中に大きく描いた絵です。このような建物にどこかであったな?と買いました。佐伯祐三の描くフランスの絵に似ていますが、あちらは今も人が住んでいる家で、こちらはチョッと前まで人が生活していたけれども、今では住む人が居なくなってしまったアパートという感じです。空家の状態が長く続いた家だったら、もっと傷んでいたり草にまみれている筈です。生活臭が少し残っているけれども、人の気配が無くなったという感じの絵です。】

 どうでしょうか?

 是非、またこの絵に会いに来て欲しいものです。

<おまけ>
  「草の香に 木の芽も出でよと 鳥の聲」
 草草が、一斉にお花を咲かせ始めたのに、下のおばあちゃんの畑の柿と栗の木は枯れ木の状態なのです。が、小鳥たちが群がって囀っていたので詠んでみました。

 「春来るも 花の芽持たぬ 天狗の巣」
 桜のつぼみも膨らんできたのに、テングス病に罹った枝には花芽が付かないので、詠んでみました。
 清々しい朝を迎えています。今朝の気温はマイナス2度、お天気は晴れです。
03120001.jpg
 薄いブルーの空に由布山が聳えています。気温は低いのですが、春を感じます。

 昨日は休館日、でもアートバスの関係で開館しました。それでも陽気に誘われて、街までお散歩に出かけました。もちろん、アートバスの到着を見てからです。
 歩く道には春が溢れていました。
03110003001.jpg
 クワーっという鳴き声に驚き、声のした方を観るとつがいの鳥さんが巣作りでもしているように岸部の草むらの中に居ました。

03110001_20090312072541.jpg
 いつものコースには、菜の花が満開に、とても良い≪春の香り≫がしていました。

03110004001.jpg
 幼稚園の遠足でしょうか?親子連れの一団が、楽しそうに川岸で遊んでいました。でも、なんでそっち側?こっちにいっぱいお花が咲いているのに・・・まあ良いか!

 【やまんばさん】のギャラリーを訪ねてみましたが、お休み。次に、【ブルーバレン】を覗くと、アート委員のメンバーのお一人Hさんが店番をされていました。しばらく立ち話をし、【ドルドーニュ美術館】へ向かおうとしましたが、休館日で居ないのでは?とのことなので断念し引き返しました。で、今度は骨董品屋さんの【金次郎】を訪ねましたが、やはりお休み・・・・・いい加減戻らなければならない時間になったので、ここでお散歩は終了。
 帰る途中でビデオ屋さんによってビデオを5本(500円)購入。時代はDVDからブルーウエイの時代へ移りつつあるので、ビデオが1本100円で売られていました。
03110003.jpg

 帰る途中、プロペラの音に驚き、見上げるとヘリコプターが2機。
03110005001.jpg
 お陽さまに向かって行ってたので、「オー、撮ってみよう!」でパチリ。もう少しヘリが大きく写って居たらな?でした。

 帰り着き、昨日のカレーをチンしての昼食。丁度食べ終わった頃に、玄関から呼び声が。お隣の奥さんが団子汁を作ったのでと持って来て下さいました。
03110007.jpg
 お腹がいっぱいでしたので、少しいただき、夕食にすることにしました。ありがとうございました。

 器を返しに行って、館に戻り、フト振り向くとオートバイが停車。ウン、お客様????
 ヘルメットを取ると懐かしいお顔が、北九州から[けんし]さんが訪ねて来て下さいました。早速上がっていただき、コーシーをお出ししました。(本当なら館内をご案内した後に、コーシーをお出しするのですが、休館日なのでストーブを入れて無く、館内が冷え切っていたので、まず暖かいものをとのことからです。)
 しばし巷の話をお聞きした後、館内をご案内。ゆっくり説明しながら?自慢話をしながら廻りました。
 泊まって行かれませんかとお話しましたが、現職の身なので、次回は呑みに来ますとの言葉を残されて帰って行かれました。この次はゆっくり盃を傾けましょう!

 で、入れ替わりに今度は裏のおばあちゃんがやって来られ、「漬けものを持って来たよ!」と大根の漬物とほうれん草をくださいました。
03110002.jpg
 早速、PCで湯搔き方をチェック!沸騰したお湯に60秒とのこと。挑戦して、夕食に頂きました。カミさんが作ったものより、えらく美味い!材料が新しいとこんなに味が違うものだと実感しました。
 おばあちゃん、ありがとうございました。

 夕方、石松温泉に行こうと準備をして出かけようとすると、おばあちゃんはまだ畑で作業をされていました。お礼の声をおかけすると、帰りの準備をされているようでした。「送ってあげますよ!」
と言い、畑の入口に車を回すと、引っこ抜いたばかりの大根を「持って帰り!」と、またまたいただいてしまいました。またまた、ありがとうございます!でした。

 夕食は、お隣の奥さんからの団子汁とおばあちゃんからのほうれん草、お菓子屋のご主人に頂いたワインをいただきました。全部いただきものでした。皆さんありがとうございました。

 食事を済ませ、「オー、今夜は十五夜だった!」・・・・・月が無い!今日は駄目かな?
 しばらくして、また覗くと、「出た、出た!」
03110004.jpg
 八時少し前になってようやく出てくれました。

03110005.jpg
 更にしばらくして撮った満月です。

03110008.jpg
 アップに挑戦!オ??????、満月だ?!

 さて・・・・・今日も長すぎました・・・・・どうしようかな?写真だけアップしましょう。
03050008.jpg
 OKAPON?さんの木版画『水曜日』です。「水曜日には花を買い♪」って、何かで読んだ???唄に在ったような???まあ、良いか。
 私目がお花を買うとしたら≪友がみな 我よりえらく見ゆる時 花を買い来て 妻と親しむ≫(石川啄木詠)ですね。

館長のつぶやき

 今朝の気温は1度、昨日・一昨日と懸っていた朝霧はありません。お天気は曇りのようですが、昼からは回復すると予報で言っていました。
03110001.jpg
 久しぶりにパッとしない写真になってしまいました。

 その代りという訳ではありませんが、昨日は一杯写真を撮りました。
 まずは、朝霧です。
03100001.jpg
 お隣の神社の木立も霞んでいます。
 この後、霧が晴れてくると、小鳥がたくさんやって来ました。
 で、一句 「霧晴れて 木々に溢れる 春の聲」

03100002.jpg
 お陽さま撮れるのかな?撮れた!

03100003.jpg
 雲にチョッと隠れたお陽さまです。

03100004.jpg
 美術館とのコラボです。

 朝霧の写真、四題でした。美術館の開館の準備で外に出て、オ?、これは写真に撮らねば!と写メに収めました。
 
 次は、春二題です。
03100005001.jpg
 毛虫君、見????つけた!です。そう言えば草も伸びてきました。
03100006001.jpg
 大好きなオオイヌノフグリの青い花です。青い絨毯です。でも、蔓延って困るのですけどね。

 夜、見上げると満月????十四夜でした。で、今度はお月さまを四題撮ってみました。
03100006002.jpg

03100005.jpg
 チョッと芸術的に?撮ってみました。

03100006.jpg
 煌めいている?!って感じですね。大きい丸いお月さまを撮るつもりでしたが、こう写るとは。

03100008.jpg
 写メで撮っただけですが、時間によって煌めき具合が異なっています。温度の変化がこの違いを生み出すのでしょう。

 今夜が十五夜、果たして満月が観れるでしょうか?

 おまけの写真は、お菓子屋のご主人にワケギ(チモト)が大好きだとお話したら、早速持って来て下さいました。
03100007.jpg
 ネギも一緒に頂いたのですが、どっちがどっちか判りますか?
 正解は、左がワケギ、右がネギです。

 今日は、写真だらけでしたので、作品紹介はパスしました。

 さて、今夜は十五夜、狙ってみてください!
 今朝は、氷点下へ逆戻りのマイナス2度です。外は、昨日よりズーーーッと濃い霧ですが、明るくお天気は晴れの様です。
03100001001.jpg
 すぐお隣の家も、霞んでいます。

 さて昨日、東京神田神保町にある【版画堂】さんから、あたらしいカタログが送られてきました。
03090001_20090310070145.jpg
 【版画堂】さんは、良い作品を廉価で提供してくださっているのですが、早い者勝ちとなるため、欲しいものはすぐ電話しなければ間に合いません。
 もっとも、私は収入が無いので、送られてきたカタログは、来館者用として展示しています。時々ですが、「どうやって手に入れているのですか?」との質問があった時などにお見せしています。
 今回のカタログに掲載されている作品の中で、私の一押しのお薦め品は、加山又造さんの版画『鹿』です。
03090003001.jpg
 加山又造さんは、日本画の巨匠として有名ですが、エッチングの版画作品の方が優れていると私は思っています。もし、お金の余裕のある方はこの作品を是非ゲットしておくべきだと思います。残念ながら私には無理ですが・・・・。

 このカタログにひととおり目を通した後、奥で洗濯をし、コーシーでも飲もうとドアを開けると目の前にお客様が。私のビックリした様子に、お客様もビックリされていました。お客様が来られたのにビックリするような美術館て・・・・・・ありかな??
 ≪ゆふいんをもっと知ろう≫の企画書を差し出され、「これで来たのですが、よろしいですか?」とのことでした。もちろん、大歓迎でした。説明文とパンフレットをお渡しし、名簿に記帳していただきました。夢想園さんにお勤めとのことで、お話を聞くと、お菓子屋の奥さんに「とても良いので、是非行ってあげて!」と勧められてのことだそうでした。
 時間は大丈夫とのことでしたので、詳しく説明させていただき、更に湯布院で2番目に不味いコーシーも飲んでいただきました。
 2時間ほど居られ、「お客様にもお薦めします。」との言葉を残され帰られました。ありがとうございました。

 夕食の準備をしようと奥に引っ込むと、玄関のチャイムが。出るとお菓子屋のご主人が、奥さんの旅行のお土産を持って来て下さっていました。
03090002_20090310073733.jpg
 お隣の奥さんとご一緒された婦人会の旅行のお土産でした。お土産の焼酎とおつまみにとお漬物もといただいてしまいました。本当にいつも済みません。ありがとうございました。
 
 さて、今日の作品紹介です。何の脈絡もなく、武藤完一さんの木版画です。
03050010.jpg
 以前のブログにも書きましたが、題名が不明なので、手前の山が高崎山に見えるという理由から、勝手に別府と付けました。ただし、そうなると奥の山は?????まあ、良いか。
03090001.jpg
 今朝の由布院盆地は、ご覧の有り様です。久し振りに、濃???い、朝霧が出ました。と言うことで、お天気は全く?????です。気温は2度ですが、体感的には、かなり寒いです。

 さて、昨日は日曜日でした。久し振りにお昼にしようとカミさんと街に出かけました。もちろん、12時8分に到着するアートバスの乗客状況を確認してからでした。窓から見ていて、「来た来た!ダメだこりゃ。さて、出かけるか!」でした。
 石松温泉でお会いするおじさんに、「鳥居横の農協の食堂の牛肉丼は、上手いよ!」と聞いていたので、それを食べに行きました。たくさんのお肉と大きく切ったタマネギがだし汁たっぷりのご飯に乗った丼でした。チョッと甘目のお味でした。コロッケ定食は揚げたてで、とっても熱いため、猫舌のカミさんが苦戦していましたので、交換して食べました。

 帰り着いて、今度はお雛様の片づけです。何せ、何度急かしても、≪蛙の面にションベン!≫のふたりの娘。少しでも早くお嫁さんになって欲しいと、トットと片付けしました。少しは親の願いが届いて欲しいものです。
 で、飾り付けるときは、箱に入っていた段飾りの金具が、納す時はいつも????アーでもないコーでも無いと扱っていたら、偶然すっぽり入りました。で、今年は写真に撮っておくことにしました。
03080002.jpg
 来年は、検索でこの記事を探して、この写真を見て納すことにしましょう。(アッ!いま鬼が笑った。<来年のことを言うと鬼が笑う>って言いますからね。)

 で、一句 「早く嫁げと 祈る親心(こころ)の 雛仕舞い」

 そうこうしてるうちに、カミさんが帰る汽車の時間になり、南由布駅へ。見送りもせず、戻るついでに【よっちょくれ】で野菜の買い出しへ。里芋、ネギ、ちもと(わけぎ)を買い、お隣の花屋さんへ。で、2鉢購入。
03090002.jpg

03090003.jpg
 花の名前は????、お客さんがいつ来られても良いように!です。

 そう言えば、先日バラスを均していて「金はかけよるが、元は取れよるか?」「さて、いつになりますか?」何て会話をしましたっけ!≪いつか実も成る、花も咲く!≫です。ご近所の方が少しづつ盛り上げてくださっていますので、その内には・・・・・・・。

 夜、テレビを観ながらボンヤリしていると玄関のチャイムが鳴りました。大慌てで出るとお隣の奥さんが、「今、帰って来たので。」と、お土産を持って来て下さいました。
03080003.jpg
 焼酎です。つまみにと手作りのアラレも一緒に頂きました。いつもありがとうございます。
 婦人会の旅行で宮崎に行ったのだそうです。その婦人会も今年度いっぱいで解散だそうです。北九州の家の地域では、婦人会・老人会・子供会は既に無く、自治会にも入っていない人もいます。地域の繋がりが希薄になって行っていることが原因のようです。こちらは、高齢化が大きな原因のようです。
 『国造り』の根幹が問われているのでしょうが・・・・・。

 さて、今日の作品紹介です。藤森静雄さんの『狐のカミソリ』です。
03050007.jpg
 この作品も創作版画と呼ばれる木版画です。『狐のカミソリ』、彼岸花の別名ですので、この花が観れるのはまだ先です。

 今朝は、ブログ作成中にゴミ出し日だと気がついて、大慌てで出してきて、お隣の奥さんにバッタリお会いしました。お土産のお礼と毎年田んぼに造られている菜の花の「ゆ・ふ・い・ん」の文字のお話をしました。残念ながら、今年は天候不順もあり見送られたとのことでした。
 そんな立ち話をしていましたので、ブログのアップが遅れました。済みませんでした。
 パソコンの調子が?で、記事のアップが出来ませんでした。済みません!
 
 今朝の気温は2度、お天気は曇りの様ですが・・・晴れのような?????
03080001.jpg
 御覧の様なハッキリしないお天気です。陽が射していないので、肌寒く感じます。

 さて、昨日はブログに書きました様に、駐車場にバラスを敷きました。朝9時に4トントラックがバラスを積んで到着、降ろしてもらいましたが、やはり1台分では足りない気がしたので、もう1台分をお願いしました。お菓子屋のご主人と二人で、追加のトラックが着くまで、少しづつ均して行きましたが・・・腰が。
 「ゆっくりしましょう!」とのご主人の言葉で、休み休みしていると、お隣のご主人も出て来られ、「そんなこっちゃ、はよせんと後が来るでー!」と声が掛りました。で、3人で、均しにかかりました。そうこうしているうちに2台目も到着。1時間ほど作業して、流石に草臥れてきました。「チョッと休もう!」との声で、ビールをお出ししました。一休みの後、2時間ほどでやっとのこと平らにすることが出来ました。
03070001_20090308093000.jpg
 これでどうにか雨が降っても、糠るむことは無く、大丈夫だと思います。次第に固く締まってきて、雑草も生えなくなるそうです。おふたりさんのお陰です。ありがとうございました。ただし、私の腰は、痛てててて・・・・・・。

 草臥れ果てて、お茶にしようと裏に引っ込むとテレビで由布院の生中継があっていました。鳥越地区から金麟湖辺りの撮影を見ながら、「オイオイ、川南地区の方が本当?の由布院の風景だぞ?!こっちにも取材に来いよ!」何て叫んでいると、電話が鳴り、「今、お宅の中に居るのですが・・・・。」とのこと。大慌てで館に出るとお客さんでした。お詫びを申し上げ、「どちらからですか?」とお聞きすると、並柳の別荘地からだそうでした。早速館内をご案内させていただきました。ただ、アートバスで来られたので、次のバスの時間までとのこと。少し慌てての説明になってしまいました。コーシーをお出しし、時間が来てしまったのでお見送りしましたが、「この次は、もう少しゆっくりとお伺いします。」との言葉を残されてバス停に向かわれました。またのお越しを待っています。

 皆さん、わが美術館に来られる時は、ノー????ンビリと時間に余裕を持って、お願いします!

 お客様が帰られた後、御山を見ると、山頂に雪???。ホンの微かに白くなっていました。
03070002001.jpg
 上空には、寒気があるようです。この写真じゃ見えませんかね。

 夕方、買い物に合わせて石松温泉へ。着いて空を見上げると、飛行機雲が。やはり、上空には冷たいお空気が流れていたようです。
 で、【気まぐれ写真館】です。飛行機雲、3題です。
 まずはXマークです。
03070003.jpg

 次は、お月様とのコラボレーション。
03070008.jpg

 もう一度振り返ると、また1本増えていました。
03070007.jpg

 この後も、幾筋もの飛行機雲が少し暮れかかった次から次と空に描かれていました。

 さて、今日の作品は、須田剋太さんの木版画『弥勒菩薩』です。
03050009.jpg
 チョッと厳しいお顔の菩薩様です。あの飛行機雲の遥か彼方にある須弥山の山頂で、衆生をどうやって救うのかを考えておられるのでしょうが、世の中が段々複雑になり、勧善懲悪では物事を処理できなくなったので、このように厳しいお顔をされているのでしょうか?
 今朝は、曇りor晴れ?どっちでしょうか。気温は、2度です。
03070001.jpg
 少し明らんできました。どうも雲の多い晴れの様です。すっきりと快晴になって欲しいのですが・・・まあ、雨で無いのはありがたいです。

 昨日は、お天気は回復すると予報で言っていましたが、確かに回復はしました。
03060001.jpg
 写真で判りますでしょうか?陽の当たっているのは、湯の坪通りの辺りだけでした。「寂しーい!」

 この写真は、お昼過ぎにアートホールの女史から、「べニアをカットして欲しいので、居ますか?」との電話が掛ってきて、その作業が済んだ後に写したものです。女史は、「北側ですから!」との明快な回答でした。そうなんですが・・・・「お陽さま、もっと光を!」なんちゃって。

 夕方、お菓子屋のご主人が訪ねて来られ、「駐車場にバラス(砂利)を入れんね!」とのありがたいお言葉。即座に「お願いします!」でしたが、お互いバラスの量が????4トン車1台で3㎥とのことですが????で、知り合いの会社へ電話してくださいました。結局、2台分を持ってきてくれることになりました。はてさて、どの位の量でしょうか?
 ということで、今日はこの作業で一日経ちそうです。

 話が決まったところで、本当なら一杯になるのですが、昨夜は残念ながらカミさんが来るので、お出迎えの車の運転があるため、お預けでした。
 
 10時前に南由布駅に迎えに行くと、お空には朧月が出ていました。
03060002.jpg
 夜は、やっぱり寒いです。電車が到着する音に、「オッと、写真を!」と気が付きましたが、時すでに遅しで、電車はホームに入ってきていました。で、見送りの写真に挑戦!
03060004.jpg
 ホームの光が入ってしまいました。まあ、良いか。

 さて、今日の作品紹介です。創作版画界の巨匠、恩地孝四郎さんの『天南星』という作品です。
03050006.jpg
 具象なのに抽象を感じさせる作品です。何で、マムシグサを天南星と言うのかは?ですが・・・。

<おまけ>
 「春一休み 雨に消された 猫の恋」
 猫シリーズ第2弾でした。畑につけられた猫ちゃんの足跡が、雨のせいで消えかかっていたので詠んでみました。
03060001001.jpg
 今朝の気温は11度、暖かい朝です。昨日のお昼過ぎに降り始めた雨が続いています。でも、予報だと次第に回復してくるそうです。

 昨日は、残念ながら、お天気は一日は持ちませんでした。暦の上では二十四節季のひとつ、【啓蟄】だったそうです。で、何処の残っていたのかテントウ虫さんが2匹、ゴソゴソ這いだしてきました。
03050013.jpg
 トウホシテントウ虫さんでした。二星のテントウ虫さんはいっぱい越冬していましたが、トウホシテントウ虫さんは、初めて見ました。えさになる烏瓜はまだ芽を出していないので、どうするのでしょうか?

 こちらは虫ではありませんが・・・・・・・。
03050001_20090306074550.jpg
 モグラ君の小山です。この穴から、「もう春かな?]と顔を出したのでしょうね。

 花芽もご覧のとおりです。
03050003_20090306074919.jpg
 お天気がまちまちのせいか?お隣の梅も、木によって満開だったり、咲き始めたばかりだったりです。
 
 こちらのお花はこれから??
03050002_20090306074903.jpg
 年に二度咲く、十月桜です。今から咲き始めるようですが、その内に桜に取って代わられてしまうのでしょうね。

 昨日は午前中のお天気の良かった内に、裏の崖の木イチゴもどき?を根から引っこ抜きました。
03050004.jpg
 一時間ほどで、ご覧のとおり袋に一杯になりました。でも、蔓なので、伸び始めると一機です。
 最初の頃は、木イチゴだと思って、実のなるのを楽しみにしていたのですが、どうも違っているようで、実が成りませんでした。笹の上を覆うように繁茂してしまい、一昨年は大型のゴミ袋5杯分にもなりました。
 去年は、ある程度は早めに駆除しましたが、それでも2袋ありました。
 で、今年は根っこから引っこ抜けばと、それでも小型のゴミ袋に1杯になりました。実からと地下茎からの両方で増えるようです。作業を終えて、ホッとしていると雨が降り始めました。

 夕方、温泉に行こうと玄関に出ると、お手紙が届いていました。桑原盛行さんからでした。
03050011.jpg
 中には、池田20世紀美術館で開催される≪格子図上の旅○桑原盛行展≫のチラシが入っていました。是非行ってみたいのですが、何せチョッと遠い。個展に合わせて池田20世紀美術館自体にも興味があるのですがね・・・。会期は、4月2日から6月23日までです。

 さて、今日の作品紹介です。啓蟄に合わせた作品と探したのですが・・・無い。で、この作品にしました永瀬義郎さんの『黎明』です。
03050005.jpg
 辞書で引くと、<黎明;夜明け>ということだそうです。永瀬さんは、この作品を作られたとき、何の夜明け、どんな夜明けを見ていたのでしょうか?

 ところで、昨夜の夕食で、また【鬼平のしゃも鍋】に挑戦してみました。
03050001000.jpg
 少し近づいたのかな?ひとりでの一杯はあんまり美味しくありませんが・・・。

<おまけ>
 昨夜、テレビを見ていて、スバル自動車のCMが目に入りました。イエローストーン公園のような場所が、サンダーバードのテーマ曲に乗って、突然ゴルフ場に変わるんですが、ウ??????ン????他の自動車メーカーは、環境に優しいを売りにCMを展開しているのに、大渓谷をゴルフ場に・・・・どうなんでしょうかね?毎日、由布院の眺めを見ていると自然を破壊とは云いませんが・・・・スバルをマークにしている企業、チョッと違和感を感じました。

『東京全図』

 今朝の気温は1度、お天気は晴れです。
03050001.jpg

03050003.jpg

03050002.jpg
 朝靄が盆地に薄く懸っています。久しぶり?の天気に思えたので、嬉しくなって、三枚も載せてしまいました。このまま一日良いお天気でありますように!

 さて、昨日はブログに書きましたとおり、アートバスのチラシの配布をお手伝いしてきました。
 三十ほどの旅館さんなどを訪問して、配布のお願いをしてまいりました。9時からお昼を挟んで14時まで、以外に時間が掛ってしまいました。

 で、ついでと云っては何ですが、わが美術館のパンフレットの配布も、一緒にお願いをしてまいりました。少しでも効果があれば有難いですが・・・・・・。

 廻って見て、ヘ???っと云う感想をあちこちで感じました。で、写メでホンの一部をパチリしてきましたのでご紹介させていただきます。
 まずは、さすが老舗旅館!
03040001.jpg
 無量塔旅館さんの玄関です。私みたいな貧乏人を寄せ付けない雰囲気でした。

 次は、下ってきた処にある香椎荘さんの玄関横で見つけたものです。
03040002_20090305072620.jpg
 県内最大の板碑です。由来等を書いた立て札が横に立っていましたが・・・・・この写真じゃ読めませんね。

 もう一度由布山に向かって登って行く道の行き止まりにキリスト教会がありました。
03040003.jpg
 こんな処に教会があったんだ!。そういえばキリシタン墓地もあったしな?でした。

 グル????ッと廻って、梅園さんの駐車場の上の斜面一面には、ミツマタがもう少しで満開と言う状況でした。
03040004.jpg
 ミツマタもこれほど沢山あると素晴らしい眺めになっていました。

 わが美術館の近くにある山光園さんの玄関横にあった古木の祠には、こんなものが!
03040006.jpg
 狸の像が・・・・・・ユーモアたっぷりのお出迎えです。

 最後は、香乃倉さんに咲いていた薄いピンクの梅です。
03040007.jpg
 くたびれた心を癒してくれるホッとするお花でした。

 どうでしたでしょうか?これ以外にもたくさん面白いものがありましたが、それぞれ旅館の敷地の中なので泊まらない限り、まず目にすることが無い由布院の風景でした。

 さて、今日の作品紹介は明治二年に制作された古地図、『東京全図』の屏風です。
03010009.jpg
 木版画で制作された大きなものですので、たぶん制作にはかなりの時間が掛ったと思われます。で、明治2年に完成したということから推察すると、おそらく江戸から東京に変わった直後の東京の様子だと思います。[官製]と大きく入っていますので、どこかの役所に飾られていたものだったようです。ヤフオクで手に入れたのですが、ボロボロなので修復も考えました。東京に行った折に、古書店でお聞きしたら、もう少し飾りやすい小さなサイズだと高く根が付くのだそうです。大きな屏風は、値がそれほど張らないものだとのことなので、止めました。それでも、前に座り、現在の地図と比べると時間の経つのも忘れてしまいます。
 コーシーを啜りながら、明治維新に想いを馳せるのも一興だと思いますよ。

<おまけ>
03040008.jpg
 下のおばあちゃんの畑につけられた猫ちゃんの足跡です。これを見て一句!
  「懲りもせず 通い続ける 猫の恋」

 まあ、猫も人間も似たようなものでしょうが・・・・・・。

山口源の『作品』

 今朝も雨。気温は4度です。
03040002.jpg
 空一面を覆う雲と、低く棚引く一条の雲が見えています。今日は一日雨の様です。ウ???ン何とも、正直憂鬱になります。駐車場は、常に水を含んでいるので、ビチョビチョに糠るんだ状態が続いています。

 さて、困った。雨が続いたので、使う写真がありません。
 昨日は、お菓子屋さんへインスタント食品(焼きそば・スパゲッティ・うどん)の買い出しに、いつも千円程度買うことにしています。朝と夜は作るのですが、お昼はインスタントが多いいです。この分は出来るだけご近所で買うようにしています。代金を支払うとおばあちゃんが、「青物は要らんね?]と声を掛けてくださいました。「まだ、いただいたのがあるので」と辞退してしまい、帰り道で反省!「ありがとう!」で良かったのに・・・・・まだまだ配慮が足りないようです。
 
 帰り着くと、丁度サニクリーンさんがモップの取り換えに来てくれていました。早速、新しいモップで館内を一掃除しました。お客さんが来なくても、何故か汚れるもんです。

 お昼過ぎに、アートホールのボランティアをしてくれているお譲ちゃんが、来てくれました。雨の中歩いて、湯の坪通りを廻って、来たそうで、靴の中までビショビショになったそうです。
 暇なもんで、詳しく、いつもより多めに説明してあげました。2時間ほど説明し、コーシーを出していると電話がかかりました。駅ホールからアートバスのチラシの配布を手伝ってほしいとのこと。もちろん、OKです。何とかアートバスを軌道に乗せたいものです。

 ということで、今日は朝からそのお仕事?に行ってきます。

 さて、今日は記事が無いので、トットと作品紹介に行きましょう!
03010007.jpg
 山口源さんの創作木版画のノンタイトル作品です。で、『作品』という題にしています。
 おそらく、木の芽を描いているものだと思いますが、ほとんど抽象画になっています。かなり深い掘りのようで、摺り後が凸凹になっています。
 日本の抽象画の歴史は、創作版画から始まっていると云っても過言ではないと思います。と言うより世界で一番最初に抽象画を描いたのは日本人だと思います。日本の絵画には分野を問わず、精神的なものが、言いかえれば『心』が込められています。心象を表現していけば必然的に抽象画に到達していったとしても、何の不思議はないでしょう。全てを排除し、表現を簡潔にしていった創作版画に最初に抽象画が生まれたのは当然だったのかもしれません。
 
 日本文学においても俳句という究極の表現が生まれたのも、必然のことだったのかもです。

 ちょこっと独断的すぎましたかな??

<おまけ>
03030001_20090304081634.jpg
 この風景を見ながら創ってみました。
 「白き雨 あと一息の 春の吐息か」
 ゴチャゴチャいう割に、なかなかうまくならないな?。ただ、湯布院に住まなければ、雨の色が【白】とは気が付かなかったでしょうね。
03030002.jpg
 今朝は、雨。気温は、1度です。今日はこの雲の様子だと一日雨の様です。
 外で、「ピヨピヨピー♪ピヨピヨピー♪」と鶯が鳴いています。いつになったら「ホーホケキョ♪」になるのでしょうか?
 先日、すこし近づいていたのですが、寒さが少し戻ったせいでしょうか?今朝は、まったく駄目なようです。

 とは云うものの、今日は3月3日≪お雛祭り≫です。
03030001.jpg
 娘は二人なんですが、このお雛様は次女が生まれた時に、義父から頂いたものです。長女のときはアパート住まいで、飾るところが無かったので、カミさんの友人から頂いた立ち雛を飾った?(記憶が・・・・。)
 ウ???、別な事を思い出しました。そう言えば長女が生まれたとき、あやしながら「絶対に嫁にやらない!」って言ってたな?。お嫁に行かないのはそのせいかも?
 「神様!あれは嘘です。嫁に出して下さい!」

 と言うことで、今日はついでに此処で作品紹介にしましょう。
03030003.jpg
 萩原光観の『河童』です。可愛い河童さんの呑んでいるこれは、『白酒』じゃなくて、本物のお酒かな?

 さて、話は突然変わります。ブログの写真撮って無いな?・・・・なんて一杯やりながら、どうしようかなと思っていました。と、突然テレビニュースで「シンガポールでマーライオンに雷が落ちて一部が壊れました。」と、頭と台座の一部が壊れた映像が放送されました。
 へー、そんなこともあるんだ。これこれ、ウ?ン確かうちにもあったな?。で、この写真です。
03020001.jpg

03020002.jpg

 上の汚くなったマーライオンは、新婚旅行で買ったものです。で、下のは????その時に貰った?それとも出張で行った時に貰った?カクテルを入れて呑んだのは憶えているのだけれどな?。(これも記憶が・・・・・・。)
 書いた様に、シンガポールには2度行きました。
 最初は、新婚旅行でです。新婚旅行は、最初ジャワ島のボドブドゥールを予定していたのですが、募集人員に満たず中止になってしまい、急遽変更したのでした。
 
そう言えば、結婚式の会場も、当初予定していたホテルが倒産して、急遽日にちと会場を変えたんだったな?。もっと遡ると、正月明けに婚約が解消になって、相手も変わって今のカミさんになったんだった。自宅が火事で燃え。職場も異動になり。ウ??ン、思い出せば、なんちゅう年だったのか!。まあ、翌年には長女が生まれ、次女が続けて生まれ、結果今の状態なので、良いのかな?否・否、まだまだ人生、どんなサプライズが待っているか?楽しみですな?。
 そもそもが、満州で兄姉が亡くなったことから、始まった人生です。その後も、大病もし、大怪我もし、何度も死にかかったですから、この先は何があるのやら。

 チョッと話が脱線し過ぎました。話を戻して、2度目は、出張でした。自由時間を利用して、新婚旅行で泊まったマンダリンホテルに行ってみました。当時はツインタワーの国際観光ホテルだったのですが、寂れてしまっていて、時の流れを感じました。(訪ねて行く時は、確か?の感覚で探し当てたのですが、帰る道が判らなくなってしまい、それでもこっちだろうと適当に歩いて、日本人を見つけて聞いたら、何と宿泊しているホテルの裏玄関の前でした。我ながら凄い勘です。)

 いつの日か、機会(&お金)があったら、もう一度行ってみたいですね。
 今朝はまたまた氷点下になりました。マイナス4度です。霜が降り、乳白色の朝霧が、薄く懸っています。
03020002001.jpg
 お天気は快晴。月曜日、お勤めの方は、お仕事の始まりです。明日はお雛祭りですか・・・・・ウ???、終わるとお雛様をすぐ片付けないと!娘どもが中々嫁に行ってくれませんから。どうも、全く相手が居ないみたいです。昔だったらお見合いなんですが・・・まあ、放っておきましょう!

 さて昨日、こんなものを見つけました。
03010001.jpg
 キノコなんですが、ニガクリタケではなさそうな?やっぱり食べない方が良いでしょうね。
 で、これから何故かお花の写真を撮ることに。久しぶりの【気まぐれ写真館】です。
 まずは、ミツマタです。
03010004.jpg
 房の先が開き始めました。
 次は、ナズナ?野の花です。
03010002.jpg
 庭にたくさん咲いている雑草ですが、豆鉢に上げてみました。昔、中村是好さんという俳優さんが作っていた豆盆栽です。中々良いんでナイ!
 次は、水仙です。
03010005.jpg
 以前住んでた方が植えていたのか?あちこちから芽を出しています。
 チョッと芸術に挑戦!
03010006.jpg
 山茶花の真っ白い花です。綺麗ですね。
 で、最後はやっぱりこれです!
03010003.jpg
 先日、泊まりに来てくれた友人が、来る途中でいただいて来てくれた梅の花です。玄関に生けさせてもらいました。とっても良い香りがしています。

 で、今日の作品紹介がこれになりました。
03010008.jpg
 作者不詳の博多人形『探梅』です。味わいのあるお人形さんですが、杖は桜です。失くなっていたので、私が作りました。

 ところで昨夜、9時だったか?盆地中のサイレンが鳴りました。ビックリして窓の外を見ましたが、火事の様子はありません。しばらく鳴りつづけましたが、どうも≪火の用心≫の警報だったようです。街部でやると苦情だらけでしょうね。で、ついでに三日月が見事だったので撮ってみました。
03010011001.jpg
 
<おまけ>
03010010.jpg
 陽気の続いた日々でしたが、昨日の午前中に見えた御山の山頂は少し白くなっていました。
 で、一句 「梅訊くも 微かに白き 由布の嶺」 。
 
 もう一句 「わが人生 あの世の道にも 関所あり」 です。

Powered by FC2 Blog