プロフィール

ひげ親父

Author:ひげ親父
◆書いてる人:

【元】花合野美術館のヒゲ館長



  
 

   
  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


 今朝も、ご覧のとおりの雨になって居ます。
DSCN3432[1]
 その景色をボンヤリ見て居ると、雲間から僅かにお山が見えました。

 雨樋が詰まって、雨垂れの音が聞こえて居ます。
DSCN3428[1]
 雨音とこの雨垂れの音で、静かな高原の朝とは程遠い今朝の湯布院です。

 その雨垂れから逃げ出す様にカタツムリが這って居ます。
DSCN3427[1]
 庭の草を刈ってしまうので、隠れ場が失くなったのに、一体何処から来たのやら???
 そのカタツムリの歩みを目で追いながら、今朝も≪献体≫の文字が頭に浮かんでいます。

 私のブログなんかで、このことに触れるのは良いのか悪いのか?ズ~~~ッと、今書きながらも悩んでいます。
 実は、閉館の翌日に北九州の美人の先輩が急逝した訃報が入りました。
 北九州市役所に入職して以来の付き合いでした。私よりひと月位先に就職され、お歳は八歳くらい上だったと思います。あれから数えると43年の付き合いと云うことになります。職場を異動してからもOB会でズ~~~ッと繋がって居ました。退職し美術館を開館してから、何度もお友達と来てくれました。又、血液検査で通って居た病院が先輩のマンションの近くに移転したことも在り、帰りに立ち寄って朝食を御馳走になって居ました。その後、カミさんが退職して一緒に行動するようになってからは中々お目に懸らなくなりました。
 持病を抱え、身の回りに色んなことが起きましたが、愚痴を聞いたことが在りません。いつも元気な笑顔で迎えてくれました。そんな中で、何時だったか「裕ちゃん、わたし死んだら献体しようと思うの・・・。」「何で・・・・先輩がそう思っても、子供さんたちは、どうなの・・・?」「身体はボロボロで臓器移植は出来ないから、何かお役に立つって、これくらいしかないし、娘にも言って居るから・・・・。」こんな会話だったと思います。その時は、まだ現実味が無かったので、正直、フ~~~~~ン凄いな~~!位の軽い感じだったと思います。で、そのことは完全に忘れてしまいました。
 お通夜に駈けつけて、御顔を拝見しましたが・・・・何んとも実感が湧きませんでした。
 葬儀の日が、私の母の三回忌の法要でしたので、お見送りが出来ませんでした。で、友人に電話をして、≪献体≫を聞いてビックリでした。それ以来、先輩の死と献体が頭から離れなくなっています。
 ≪献体≫と云う言葉を初めて聞いたのは、私の上司のお父さんの葬式の時でした。ご葬儀に出席したら、ご遺体は無く、既に遺灰になられての葬儀でした。実は、一年前に亡くなられており、ご遺体がお父さんの御意志で献体にされたので・・と聞いてビックリでした。御親戚の方との間で色んなことが在ったそうですが、本人のたっての希望と云うことで納得してもらったと云うことでした。
 今回も、ご遺族には色んな想いが在ったこととお察し申し上げるしかないのですが・・・・。
 今日は、これでお仕舞です。
スポンサーサイト
 昨朝と同じ様な今朝の写真ですが、昨日は朝霧で、今日は雨です。
DSCN3421[1]
 今朝は、このお天気のせいで、丁度良い気温です.。で、ゆっくりとモーニングコーヒーを飲みました。
 
 5月末で閉館の形にしたのですが、中々思い切り(気持の整理)が尽きません。
 作品を整理せねば!でしたが、完全閉鎖は2年後だからと、一日延ばしで愚図愚図愚図・・・・・・・・・。

 ところが外から、風が吹いて来てしまいました!!

 作品を購入していたオークション会社から「何か出品していただけませんか!」のお誘いや閉館のブログをご覧になられた方から「作品、売ってもらえませんか?」の問い合わせなどでした。で、おまけが建物の後利用で「シェアハウスにしたいが・・・・。」です。
 急に、お尻に火が付いてしまいました!!!!
 と云うことで、オークション会社に取り敢えず7点ほど依頼し、ヤフオクに4点ほど出品してみました。この結果で、ドンドン工夫して処分を進めることになりそうです。

 さて、美術館の10年間、振り返れば・・・・・・その歴史が此れです。 
DSCN3424[1] DSCN3425[1]
 企画展の案内チラシです。
 最初のうちは、2ヶ月毎に企画を替えて居ましたが、季節毎になり、最期は気の向いた時に・・・・これが気力と体力の衰えをシッカリ表して居ます。
 喫茶展示室の壁にも歴史が・・・・来館された方からのお便りや写真です。
DSCN3422[1]
 こちらも、年を追うごとに少なくなっています。

 やはり10年と云う期間を区切って良かったようです。

 最後のメモリーが、開館から定期購読を始めた[アートコレクター]です。
DSCN3426[1]
 来館者に見ていただこうと見つけた冊子で、最初は季刊発行でした。二年目から隔月発行になり、毎月発行と部数を伸ばして来て、名前も[アートコレクターズ]と変更されています。我が美術館とは逆に発展したようです。
 この購読も今年の初めで打ち切って居ますが・・・・・暇にまかせて読み返してみましょうかね!

 今朝は、晴れの予報が当たって、朝霧になりました。(朝霧の日は晴れになることが多いです。)
DSCN3420[1]
 この朝霧のせいで、いつも由布岳を見ながら飲むモーニングコーヒーが寒かったです。

 昨日、散歩でこんなものを見つけました!!!
DSCN3417[1]
 ヤッター!スッポンだ~・・・・で、映像を確認したら、アカミミガメでした!!
 田んぼの畦に、ウ~~~ン、スッポン????
DSCN3418[1]
 鴨が屈んでいるのでした!!!
 なかなかスッポンは見つかりませんね~~~!!


 さて、今日は≪沖縄戦の慰霊の日≫です。
 7年前、初めて沖縄に先輩と二人で旅行に行った日です。丁度、麻生総理が慰霊祭に出席すると云うことで、那覇空港が厳戒態勢だったことを思い出します。
 ハイヤーをチャーターして、戦跡などを巡る2泊3日の旅でした。
 最後の半日は別行動にして、私は丸木位里・俊両画伯の描かれた渾身の作品『沖縄戦の図』を見に行きました。
 他に入場者も無く、ひとりでユックリ見れました。
 その先輩が、翌年の11月に脳梗塞で倒れ、闘病の後、去年の11月に亡くなりました。
 私にとっては、この日が来ると、この旅行が想い起されます。あれから7年・・・・・です。
 また、機会を作り沖縄を訪れて見たいです。

 
 今朝もご覧の様に雨です。
DSCN3415[1]
 辛うじて由布岳は見えて居ます。麓に一筋の雲が棚引いて居ますので、表題の一句でした。

 この雨、気温が低いので、ジトジトとして居ません。あまり梅雨の雨らしくありません。
 いつもの様に、パジャマ姿で外に出て、この景色を見ながらモーニングコーヒーを飲みましたが、寒くなって、早々に室内へ引き揚げました。

 ところで、一昨日の地震ですが、昨日は無事でした。でも、館内は一日この有様でした。
DSCN3403[1]
 いつ起こるかは???ですので、立体作品は怖いです。どうせ閉館して居ますので、当分この状態にして置きます。

 さて閉館後の状態です。
 取っ払った駐車場入口の看板です。一時は館内保管して居ましたが、こっそり飾りました。
DSCN3414[1]
 道路からは全く見えません!看板と云うよりメモリーです。
 で、建物入り口のお猿さんも庭のオブジェに移動でした。
DSCN3413[1] DSCN3411[1]
 で、その場所には、鹿の頭骨を飾って居ます。
 ご近所の方が、お山で見つけて持って来て下さいましたので・・・・・・フツーの家の玄関としては、チョッと変かな?

 館内も、展示している作品には値札を付けました。
DSCN3409[1]
 もちろん、これで売れるとは思って居ません。ほとんどはオークションで処分の予定です。
 美術館の閉館に合わせて、ブログも閉じたのですが、毎日10人弱の訪問を戴いて居ます。
 過去の記事にヒットして覗いて下さっているのか?再開を待っていて下さっているのか?理由は不明です。
 と云うことで、何せ暇を持て余していますので、気が向いたら記事を表題の【ひげ親父のたわ言】に替えて書くことにしました。

 で、まずはこの写真です。
DSCN3386[1]
 雨で見えない由布岳です。

 まあ、一体何日振りの雨なのでしょうか?
 季節は梅雨真只中と云うのに、全く雨が降りませんでした!!!

 で、地域水道の我が家ですが、水が出無くなったら、どうしよう??????を考え始めて居ました。
 昨日の夕方からようやく待ちに待った雨になりましたので、ホッとしています。
 この間、畑の野菜の苗が枯れたり、ご近所の持って居られる田にひび割れが入ったりと、異常事態でした。
 まあ、とりあえずは、良かったです。

 この恵みの雨に庭のアジサイも喜んでいます!!
DSCN3387[1]
 でも、ご覧の様にお花が少ししか付きませんでした。十年で初めてです。

 さて昨日、このブログを作り替えに挑戦しました!!!
 がががが・・・・結果は、ご覧の有様です!!
 元々、娘に作ってもらったので、改造が出来なくて当たり前ですが、当分このまま記事を書くことにしますので、悪しからず。

 もっとも毎日は大儀なので、気が向いた時だけ書きます。皆様も、気が向いた時だけ覗いて下さいね!!


<追伸>
 昨夜の未明(23:31)の豊後水道を震源とするマグニチュード5.0の地震が在りました。(湯布院は、震度3だったようです。)
 揺れにビックリして、一瞬去年のことが頭を過ぎって目が覚めました。起き出して、彫刻等を床に下ろす等のことはしましたが、幸いそれほどのことも無く、被害は在りませんでした。
 このまま、大きな地震に繋がらないことを祈るばかりです。
 ご心配をお掛けしました!!

Powered by FC2 Blog